2021年06月14日

グロ−バル化を交通の歴史からふりかえる (輸送量高くなり物価もあがる、グロ−バル化は終わる)


グロ−バル化を交通の歴史からふりかえる

(輸送量高くなり物価もあがる、グロ−バル化は終わる)

ブルームバーグ): 世界的な海上貨物輸送費の高騰は思いの外、人々が毎朝飲むコーヒーや子供のために購入を考えている玩具など幅広い日用品価格に早く反映される可能性がある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b52d278a03963f34130203a2c32d276a13cff312

グローバル経済を批判して来た、それがウッドショックで外材が入らずに国内の木材が高騰している、また輸送量がコンテナ不足とかから高くなり日用品で高くなる
輸送量が物の値段に入ると高くなる、ただそれが意識されないのである

この辺の農家で梨農家がいる、その梨をリヤカーで相馬市まで運んでいたという
15キロくらいある、するとその労力は大変なものになる
でも相馬市は人口が多いのだから売れるとなる
経済は内輪で回っていたのが普通でしる、私の家で店をしていたときも近くの農家から野菜とか仕入していた、それも姉が自転車で運んでいたのである
その自転車でも昔だからいい自転車ではなかった、つまりその時車もないのだから近間で物を回すほかなかったのでしる

それで例えばテレビがない時代にニュ―スを見ていたのは映画館だったのである
必ずドラマを見る前にニュースを見ていたからである
そのフィルムは蒸気機関車で運ばれてきたのである
情報すらそうしてフィルムを運んで手間かけてみせられていたのである
テレビがない時代に映像を動画を見ることは特別なことだったのである

1時間半ものの映画だとフィルムが5巻必要だったから、大体1巻が15分くらいかな。1970年代前半までは、1時間半の映画にフィルムが9巻必要だったんだよ。1巻あたりが10分たらず。10巻だったとすると、9回フィルムを切り返さなくちゃいけなかった
https://liginc.co.jp/277492

裏方で大変な作業をしていたのである、第一これだけ重いのだから運ぶこと自体が大変だった、つまり情報は物として運んでいたとなるのだ
その頃駅中心の街だったというのはどこも同じである、物流の拠点が駅になっていたからである

明治三七年に入ってから、これまでの馬車鉄道にかわって登場した市街電車が大量輸送を可能にしたことは、〔浅草〕六区興行街の転身をうながす引金のひとつになった。東京電車鉄道が敷設した浅草橋―雷門、上野広小路―雷門間の路線は、赤毛布の盛り場から市民の娯楽センターへと、浅草の性格を変貌させる。旧市街に居住する市民が夜になってからも、気軽に浅草を訪ねることができる条件がつくりだされたのである。
http://www.cmn.hs.h.kyoto-u.ac.jp/CMN6/fujioka.html

東京だと電車鉄道ができて浅草の歓楽街が発達したとなる、車もない時代は電車が交通になり足になったのである

人間社会は交通と密接に関係している、すべての道がローマに通じるというときもそうである、道というインフラがローマ帝国を作ったのである
シルクロードとかもそうである、絹を運ぶ道が中国を栄えさせた
そして海が道となったのが大航海時代でありそれがグロ−バル化の先駆けとなった
ただその時はヨ−ロッパ中心のグロ−バル化だったのである
船によって海を道とすることによってグロ−バル化がありえたのである
それでアジアは植民地化されてきたのである

次は明治時代は鉄道によって築かれた時代ともなった、鉄道が全国に通じたときそこに関所はない、どこにでも自由に日本中を行けたということが大きな変化だったのである
だから鉄道で全国の見知らぬ人と乗合すということは不思議な経験だったのである
藩内で生活していた人たちが気軽に関所がないのだから遠くに行けるようになったからである、でも実際は荷物をのせるのが主役であり乗客は脇役だった
もともと北海道とかなると鉄道ができたのは石炭を運ぶために作られたのである
石炭は今の石油と同じだったのである、それで高校でもコークスというストーブを使っていたのである
常磐炭鉱があるように常磐線でも石炭を東京に運ぶものとして作られたのである

そして原町紡績には原町駅から機関区となっていた駅から引き込み線があった
そこから生糸が横浜へと運ばれてアメリカなどに輸出されたのである
そうなっていたのは輸送は鉄道が主役でありあらゆるものが鉄道で運ばれていたからである
そして駅から網の目のように森林鉄道が発達していた、だから高瀬川のところにもトンネルを掘った森林鉄道が走っていた、そして葛尾村の方まで通じていたのである
木材とか石材を運ぶものとしてそうなっていた
だからその時意外と地方の村はかえってにぎわっていたのである
ただこの時代からやはり東京中心の経済が加速されていたとはなる
東京に運ぶためにこうした交通網ができたとなるからだ
そういう因縁はフクシマの原発に受け継がれていた、東京に電気を送るために作られたからである、東京はやはりそれだけ大きな都会となって人口が密集したからである
私の姉は看護婦免許をとるために東京の新宿で試験を受けたとかある
つまり地方ではそういう資格をとる試験を受ける場所もなかったとなる

ともかくこうして歴史を振りえると運ぶことの発達が世界を変えたのである
それがもうここにきて頂点に達した感がある
何か運ぶとういことがもう限界にきた、それがかえってマイナスに働くようにもなった
世界中の人々がモノでもヒトでも何でも運ばれて交流することはいいことだとされた
でもそこにも負の面が大きくなったのである
からたここにきて世界全体でも限界現象が起きてきた、そこにコロナウィルスが世界中に伝染した、それも交通が発達しすぎたから人々が飛行機などによって同時間で接触するからたちまち世界中に広がった
つまりグロ−バル化が負の面をもたらすことに気づいたのがコロナウィルスだったのである

グロ−バル化の負の面が目立つようになった、世界市場とかいうのも実際はもう機能していない、マネーゲームとか金融資本主義とかなりそうした中で株取引でもギャンブル化したりまともに機能していない、というのはグロ−バル化になるともう誰もその実体経済を知りうる人はありえないということである、あまりにも巨大すぎるからである
だから天変地異のように恐慌とかが襲って世界中が混乱する
要するにあまりに巨大なるが故に機能不全に陥る、だから株などは機関投資家のプロでもわからないというのはそのためである、必ずしももうけていないからである
それはとてもグロ−バル経済など知りうる人は一人もいないとなるからだ
もう人間で作りだしたものが操作不可能になったのである

だからもう人間の手では制御できずに自壊するともなる、そういう時期にきている
いろいろい経済について専門家が言っても誰もわからない、株になるとそこは博打場にもなっている、そんな経済が成り立つのかとなる
経世済民が経済の語源だとして民を救うなどありえないのである
だからコロナウィルスで窮地に追いやれても株が上がってもうけ笑っている人がいる
また数パーセントの人がアメリカの富の半分を得ているとかもう経済は破綻しているのである、そうなると誰も真面目に働こうとしなくなる
数パーセントの濡れ手で粟で金融でもうけているとかなんとかになり真面目にこつこつ働くことが馬鹿らしくなるのである

だからどうしても新しいシステムが世界で必要になっている、その大きな変わり目に来ている、この世界的システムが機能しなくなり自壊しつつある
次なる世界システムを作らなければならない大きな変わり目にきている
その時世界的大きな激変が起きて大きな痛みをこうむる
だから何をしようとしても財産でも守れないかもしれない、戦後の焼け野原のような極端なことが起きるかもしれない、その時私の母は東京で前の夫が事故で死んで補償金をもらった、それで一生楽に暮らせると言われた
でも預金封鎖になり故郷に買ったわずかの土地しか残らなかったのである
紙幣は本当に紙くずになったのである
それと同じことが起きるかもしれないというときそれは世界的な大変化の時代になるからだとなる、だから個々人で財産を守ることはむずかしいとなる
全体が世界が国家が変わる時それに個々人では対応できないとなるからだ

ともかく家にいながらにしてアマゾンとかで何でも買えるとか家にいて情報でも何でも手に入る時代である
そして個人でも放送局となっている時代である、テレビ局にさえなっている
出版社にもなっている、そこで仲介するメデアが必要なくなる
第一プログのようなものでも意外と写真でも表現できるから表現力があると思った
つまり個々人がメデアをもった時代になったのである
これは大きな変化である、コロナウィルスで巣籠り生活になってさらに促進された
家にいながらにして仕事でもなんでもできる時代になったのである
だから別に田舎にいても情報弱者とかにならない、ボタン一つ押せばアマゾンから次の日には配達されている

それで早いなと感心する、この変化が大きいものだった、それは歴史をふりかえればわかる、情報伝達するにしてもどれだけ大変なものだったか?
それがボタンを押すだけでできるとなった時代である
私は車をもっていない、すると8キロしか離れていない原町より東京からアマゾンで配達されるものが安く早いのである、これも奇妙なのである
するとアマゾンが普及すると媒介する仲介する店はいらなくなるとなってしまう
だからなんらか店でも時代に即したものとして変化を要求されている
それは銀行でもそうだしあらゆる面でそうなったのである

戸を出でずして天下を知り、窓まどより窺(うかが)わずして天道を見る。その出ずること弥(いよ)いよ遠ければ、その知ること弥いよ少なし。是を以て聖人は行かずして知り見ずして名(あき)らかに、為さずして成る。(老子)

これは今の時代を予言していたのだろうか? 巣籠り生活を予測していたのか
家にいながられにしても情報を得られるからだし家の中で何でもできてしまうとなるからだ
ただ世界は実際にその地を踏んだりしないと理解できない、ただこれはグロ−バル化の批判なのである、何かこれも逆説を語っている

その出ずること弥(いよ)いよ遠ければ、その知ること弥いよ少なし

意外と人間は灯台下暮らしであり近間をかえって知らないのである、狭い範囲でもそこに世界があるともなる、世界の問題がつめこまれているともなる
それは人間だから共通のものが世界中にも適応されるともなるからだ

posted by 老鶯 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治維新-明治以降

2021年06月13日

車がない人は通販が便利‐メデア(仲介)はいらなくなる (鹿島から原町でも送料がとられたから)


車がない人は通販が便利‐メデア(仲介)はいらなくなる

(鹿島から原町でも送料がとられたから)


なぜ買い物がアマゾンとか通販に向くようになったのか
それは自分の場合は車がないということである
車で買い物に行けない、するとアマゾンでも通販がいいとなる
量販店から近いのに運んでもらうのに3000円とかかかるからだ
それなら通販の方がいいとなってしまう
ただ車がある人は運べるからいいのである

ただ問題は設定とか何か不具合とかでうまくいかないときがある
キャノンの印刷機を設定するのに苦労したからである
何かわからなくなったけどなんとか設定できた
前にもこういうことがあった、いろいろやってみて設定できた
何かパソコンは説明書を読んでもわからないのである
いろいろ操作してなんかわからないけどできたとなる
これが設定ができないと使いないとなるから困る、それが不安なのである

でも今仲介する電器店の役目は何なのか?

それはこうして操作できないとかソフトがインストールできないとかそういう使い方がわからなくなるとき聞きたいとなる
でも今やメーカーでも直接教えるからそれも必要がないとなる
それでどうしてもメデアというのが仲介するものが必要なくなる
メデアというとき新聞でもテレビでも出版社でも銀行でも何か仲介するものであり
それだインタ−ネットだとじかに読者や視聴者に向かって伝えるとなると
メデアは必要ないとなる、youtubeとか個人でもテレビ局になるときがそうである
インタ−ネットは作者が直接伝える、何かを新聞でもテレビでもない、出版社でもない
仲介するものはインタ−ネットのグーグルだとかなってしまった
ただ依然としてグーグルとかが仲介の役目をしている
だからトランプ大統領の発言を禁じることができたのである

とにかくパソコンは設定するとか使い方がめんどうなのである
確かにプログなとは簡単である、これなどはコンテンツを作ることに時間をかければいいのである、放送する内容が問題になるからだ
操作する手間がかかったらとてもできないとなる
ただ自分の場合、ワードプレプログをしようとしているがなかなかできない
何か年になると新しいものができなくなる、結構手間になるからだ
ワードプレスはいいようで安全が確保されていないようだ
それも困るのである

車をもっていない自分でも車で配達してくれる人がいる、アマゾンで配達している人は
ずっと同じ人がしている、おそらくこの辺一体の配達を担当している
また別な配達の人も来る、だから配達の仕事は増えたのである
もうその配達する人が定住もできるとなる
それだけ配達する量が多いから定住しても生活できるとなる

ただ通販でも弱点はある、量販店で実際に商品を手にとってみると大きさとか重さがわかる、カメラだとこれが大事だとわかった
どれだけの大きさなのか重さなのかが問題なのである
それはインタ−ネットの画面からはわからないのである
だから中国製のカメラが手に取ってみて軽いというこがわかり軽いものも必要だと実感した
というのは私は車がないから自転車にのせるとがさばる、それも荷台もない自転車だから困っていた、それで重さとか大きさとか持ち具合とかが大事なことを知ったのである

自分は車がないけど通販だと車の恩恵を受けているのである
車がなくても通販なら何でも安く買えるとなる、でも通販が全部いいとはならない
どうしても買ってみて合わないとかがあり失敗がある
パソコン関係だと設定ができないとかある

キャノンのG6030はいいものだった、これも量販店では注文してもかなり遅くなるとか言っていたがアマゾンで注文した二日後に配達されたのである
本当に早いとなる、8キロくらいしか離れていない隣の街の店屋の方が配達が遅くなるというのも変なのである、そして配達料がとられるのも損だとなってしまう
だから買い物でも仲介するものはみんな苦しくなってくる
ただそれでも現物を見たり触ったり持ったり着たりしないと商品のことがわからないということがある、これは通販ではできない、だからまだまだ実店舗は必要だともなる

でもメデアは仲介するものはこれだけ通販が便利になるとやがて消失してゆく
ただ別な仕事が生まれる、操作とか設定とかがわからないとういことがあるからだ
それを教えてもらいたいとしても量販店では教えないのである
結局そうしたことは自分自身でやる他ないのである
私はなんとか自分でやるほかないのでやってきたのである

2021年06月12日

夏の日、立葵、(幅広き街の道)


夏の日、立葵、(幅広き街の道)

tachaoiroad1.jpg
立葵は明るい陽射しにあう、梅雨の時期に合わない花である

flowerperple111.jpg

声高に鳥のさえづり幅広き道に映えにき立葵かな

我が歩む常なる道に山鳩の葉群れの陰にとまり見ゆかな

雨ともし溜池ありて流れ来る水の音聴く田の畔歩む

赤々と夏の夕陽の没りゆくに声の限りに雲雀鳴くかも

我が庭に二色の花藍色に紫の花色深め咲く


この頃暑い、それで熱中症気味になる、老人は汗がでない、自分は特に出ない、すると熱中症になりやすくなった、この熱中症は甘くみれない、一二回痙攣起こしたからである
それで死ぬということもありうる
それでアマゾンで熱中症を警告する機械を注文した
知っている人は汗かいて嫌だと言うけど汗をかくのは体温調節するから健康なのである
ただその女性は腰が悪いと常に言っている

いつもの土手の道を歩くそこの木に山鳩がとまっていた
それを写真にとった、カメラは軽いのと重いのとでは相当違った感覚になると思った
重いととっさの場面をとりにくいのである
だからこの一万の中国製のカメラは優れている、でも大きいし持ち運びにいいとはならない,ズームも弱いからだ
ただこれだけ大きくても軽いということはカメラとして優れていると知った
何か一眼レフは重いからだ

六号線に出る幅広い道はめずらしい、どうしても日本の道路は狭くなる、アメリカとか中国だととちが広いから広い空間を活かせる、それで啄木の歌があるのは札幌だとなる

幅広き街の 秋の夜の 玉蜀黍の焼くるにほひよ

北海道は日本では平原のような所があり大陸的だからである、それで梅雨の時期はいつも行っていたからぜいたくだった、梅雨も嫌だし暑さも嫌である
ただここでは海からの風は吹いて涼しい、ただ右田浜の松原がなくなったことは残念である、あそこでいつも休んでいたからである

何の鳥か一羽しきりさえづっていた、街の中に鳥が来て鳴くということは回りに自然があるということである、でも店とかはほとんどないのである
あそこはツルハのための道路だともなる

今年は雨が何かこの辺でともしい、ぱらぱらとしか降らない、それで田も一部乾いているとも見る、でも溜池がありそこから水が流れて来る、その音を聞いて安心はする
いくら雨が降らなくても水は山の奥で流れている、水をためる機能がある
だから丸森のようにソーラーパネルで山全体をおおったのは危険ともみる
木がないから水をためられないし大雨で土砂崩れもおきやすいとみるからだ

夕陽が赤々と映えて沈んでゆく、何かそれはもう人生の終わりに輝く太陽ともみる
その時雲雀がしきりになく、つまり人生の最期に声の限りに歌うのである
それで今私はそうして旅したとかを回想して作品をまとめているのである

庭にまた一つ花を植えた、この花はなかなかいい、色合いがいいのである
庭作りはやはり老後の楽しみにはいい、生け花などもいい、巣ごもり生活にもいい
ただ花が高いのと庭が広くないとそれなりに楽しめないとはなる

裕がない人は人を助けることができない (余裕なき現代はみんな疲れ、人を思う余裕すらない)


余裕がない人は人を助けることができない

(余裕なき現代はみんな疲れ、人を思う余裕すらない)


人間は何か余裕がないと他人に対して親切になれないし助けることもできない
余裕はだから意外と大事なのである

●時間

●空間

●金(経済)

●健康問題

これらでも余裕がないと人間は自分のことが精一杯で他人のことを思うことすらできない
時間ないんだよ、ここは狭くて窮屈だ、金がないんだ、金が欲しいんだ
俺は病気なんだよ、他人のことを思うより自分の病気のことで精一杯だよ

こうなっているとどうしても余裕が生まれないからギスギスしているし他者に親切になれない

なぜその人は病気だけど仕事している、それでわずかの金でも後から払うとか貸してくれという、でもそれには応じない、そういうお願いする人はいつも金がないのである
だから相手が病気でもそのことを思わない、それより自分の金がないことで苦しめているのがその人だともなってしまうからである
その女性は米を買うにして自転車を直すにしてもそうして金で苦労している
そういう人は相手を思う余裕がないのである

ところが金でも余裕ある人間は病気なのに良く仕事しているなとか同情する
それで多少金がかかってもいいやとなる、奇妙なのはその金のない人に金を与える
その金は病気でも仕事している人に回ってゆく
なぜそうなるのかというと金に余裕があるからそうなるのである
相手が病人でも金のない人は同情しないともなる、なぜなら余裕がないからである
だから意外と余裕がないと相手を思ったり同情したりできないのである

それで自分が病気になり親の介護になったとき来た人は事業に失敗したり金がなくて苦しんている人だった、また原発事故で避難して来た人もいた
こういう人達そもそも余裕がないから人を助けることなどできないのである
大きな負担を背負っているのだからとても他人のことを思うことすらできない
なんとかしてくれとなっている人が他人が苦しんでいることも見えないのである

だから余裕がなければ愛とかいたわりとか同情とかもできない、それより自分をなんとかしてくれとなっているからだ
金に余裕がない人は金を与えることはできない、また苦しんでいる人は自分のことで精一杯だから他人のことに気がまわらないのである

だから助けてもらいたいというとき余裕のない人が来たり余裕のない人の所に行っても無駄だとなる
現代人は何か昔から比べればいい暮らしをしていても余裕がない、心の余裕がもてない
それが何か世の中をギスギスしたものにしている、まず時間の余裕がない人も多い
日本だと国土が狭いから空間的余裕がない、そして時は金なりと資本主義社会で時間に追われる、常に人は何かに追われている、一番は金に追われている
それば贅沢して金に追われている人も多い、借金しても家建てたり高い車を買ったりと金がないのにそうしている人も多い、するとその人たちは金に追われるのである
だから余裕がなくなる

こうしてこの世で余裕がない人がまわりで多くなると実際は住みにくい社会になる
現実になっている
ただ不思議なのは別に金がなくても余裕ある人はいた、そういう人はでも特別の人であり悟りを開いたような人とかなり例外だとなる
今は特に金がないと余裕がもていない、それだけなんでも金のかかる社会だからである
金を払わなければ水も得られない、もし井戸水だったら井戸水が枯れなければ水は得られるとなるからだ、現代は金がないと水道が止められるのである
そもそも昔はその日暮らしの人が多かった、江戸時代は宵越しの銭は持たないとなっていた、その日のうちに金は全部使ってしまうということである
そうなったのはそんなに金を貯えることができなかったからである
日銭暮らしが多かったのである、その日その日を暮らすのが精一杯だったのである
そうなると余裕がないとなるがそうでもなかったとなるのが不思議だとなる
今は一億円たくわえても安心とかにもならない、それはなぜだろうともなる

金でも贅沢しようとすると今は限りない、するといくらあっても金に余裕がない!

こうもなっているためだともなる、いい家が欲しい、車が欲しい、いいものを食べたい、・・・・きりなく欲しいというものがありそれで金に追われるともなる
ただ貧乏になるとその日の金に追われる、何か贅沢するのではない、その日の食べるものを得るために追われるとなる
貧乏暇なしにもなる、だから忙しく金に追われるというとき必ずしも本来はそうしなくてもいいのにしているから時間の余裕もないとなる、現代人は昔に比べると豊かな暮らしているが忙しいし余裕がなのである

私の母はまず一緒に遊んだこともない、暇なし働いていた、それは若い時からそうであるだから何か暇で余裕ある姿を見ていない、店もしていたから食事中でも立ったりしていたそれが嫌だった、でもしかたないということはあったし責められないことはあった
そうして一生働き詰めで終わった、そして花などいらないと自分を怒っていたのである
それはそういう事情があるにしろいい人生だとは思えないである
それはそういうふうに強いられた結果であり母だけの責任ではないにしろ何か全く余裕のない人生も嫌だとなるしそういう人といるのも嫌だともなる

その正反対として余裕のある人生を送れたのが自分だった、何か高校とかまでは勉強でも強いられて嫌いになった、でも大学は時間に追われることがなかった良かった
ただそのために大学が遊びの場になり勉強しなかったことを後悔している
自分の場合は母と反対に余裕がありすぎた人生だったのである、それも問題だとはなった私は旅するかただ家でじっとして黙想しているだけだったからである

だからそういう環境にあったことが奇妙であり不思議だったとなる
それでやはり引き籠もりとなり異常化した人間になっていたのである
ただそうして黙想していることで自然と山とか木とか石と一体化した詩を書いたりしていたのである
自然は山でも木でも石でも沈黙している、すると人間も沈黙しないと一体化できないのである、だから自分は禅宗に座禅して沈黙の業をしている僧と似ていたのである
でもこういう生活は本当に別に寺で修行僧になっていれば異常でもないが日常の社会生活では異常になるのである

ともかくそういうにしていることは余裕がないとできない、なぜなら必ず金を稼げと強いられるからである、そんなことして何になる、一銭の金にもならないとなるからだ
なぜ引きこもりとか多いのかというと親がいて一応食べていけるからそうしている
ということは親でも金に余裕があるから養えるとなっている
もし余裕がない時代だったらそんなことありえないからである
ともかく人間にとって余裕は意外と大事である、そもそも余裕があるから学問でも芸術でも生まれた、暇とはスコーレでありスクールになっているからだ
学校とは暇があって生まれた場だったのである、でも今は学校は全くそうしたものとは違う、受験に追われ膨大な知識に追われる全く余裕のない場なのである

でも余裕なくさせているのは社会がそうさせている、それが何か無駄なものののためにそうさせられる、強いられる、それで団塊の世代の猛烈企業戦士に全員がなったよりそこからはずれて別なことを余裕もって追求する人もいていいと今になると思う
それが自分自身だったのである、ただそのために親の介護とかで四苦八苦した
ただ全員が企業戦士となって猛烈に働くだけの人生は良かったのかとなるとそうでもない何か今になると仕事は遊びだとか好きなことをしろとか価値観が変わってしまったのである、だから猛烈な企業戦士とかは嫌われる時代にもなった

これも奇妙だと思う、それでおそらく団塊の世代は確かに遊び上手の世代ともされた
いろいろ趣味をもっている世代である、でも一方で猛烈企業戦士として会社員として働いた人も多い、とにかく時代によって価値観が変わってくる
それは戦争が終わった時、日本はまるで違った世界に価値観に生きることにてったからだそして戦争から70年過ぎた時、また価値観が大きく変わる
金だけに追われて忙しく生活するのが嫌だという人もでてくる、それは少数でもやはり前よりそういう傾向が大きくなっている、すると時代の価値観が変わった見るのである

2021年06月11日

脳卒中,糖尿病、ガン や介護で苦しむ人 (その負担は大きくみんなが苦しむ高齢化社会)


脳卒中,糖尿病、ガン や介護で苦しむ人 

(その負担は大きくみんなが苦しむ高齢化社会)


年齢階級別自殺者数は、「60歳代」が4,325人で最も多くなっています。次に「40歳代」が4,234人、「50歳代」が4,181人、「70歳代」が3,508人、「80歳代」が2,457人。中高年齢層(40歳代〜50歳代)と高年齢層(60歳代〜80歳代)で二分しているのが現状です。

自殺の原因・動機に限定すると、約7割が健康問題。国立精神・神経センター精神保健研究所の資料によると、高齢自殺者の90%以上がなんらかの身体的不調を訴え、約85%が入通院による治療を受けていたと言われています。

高齢者虐待の問題は見て見ぬ振り?「地域包括ケアシステム」の大義名分で在宅介護が増えれば、虐待も増えかねない!?  

虐待者の約6割が息子or夫。特に男性にとって、介護は大きなストレスに!?


私の家族も死にたいといい本当に死ぬところだったが危機一髪でまねがれた
それだけ病気の問題は老人の大きな問題なのである、病院で虐待されたからこれも経験ずみである
これだけ老人とか病人増えればもう世話する人も嫌になる、老人嫌いになるのもわかる
老人と病人に使われる社会、時代となってしまうからである
これが高齢社会の最大の暗黒なのである、自殺したくなる気持ちもわかるとなる

糖尿病の人が半年も入院していた、最近また入院した、薬代に10万かかるとか聞いた
それは保険がきかない特殊な薬だからである
糖尿病は結構金がかかる病気である、百万くらいまたかかるとかも聞いた
糖尿病も日本では5倍とか増大した、食習慣が変わって欧米型になったからだとされる
太る人が多いからである、ただやせた人もなるから一概に言えない
まず半年も入院していたらうんざりする、私は一か月入院してもう限界だったからだ
ただ糖尿病とかでもなかなか経験しない病気は理解しにくい
そもそもあらゆることで他人のことは理解しにくいのである
職業が違うと理解しにくい、住んでいる場所が違うと理解しにくい、男女になると根本的に理解しにくいとかなる

ただ病気の場合は家族が病気になるとその病気を治してやりたいとかで詳しくなる
それは家族の一人が認知症になったことでその病気に自分が詳しくなったことでもわかるこれは介護してみないとわかりにくいのである、何か医者すらわからないものだった
そのために四苦八苦したが病気について理解が深まった

とにかく病気になっている人が身近でも多い、脳卒中、ガン、糖尿病が目立つ病気であるあと心臓病になっている人もいる、肝臓が悪くて死んだ人もいる
それが不思議に78歳の歳で4人死んだ、狭い範囲でそうだったのである
だから78歳になると急激に老いるというのもわかる
この年は鬼門なのである

現代では脳卒中でも糖尿病でもガンでも簡単に死なないということはある
でも実際は隣の女性は何か急に死んだ感じになる、その人はガンだった、もう一人の人はガンでも依然として仕事をしている、だからガンでも簡単に死ぬ人と死なない人がいる
最近やはり78歳で死んだ人は病名はわからないが一か月前くらいまでスーパーとかで見かけたがみかけなくなって一か月もしないで死んでいたのである
だから簡単に死ぬ人は死ぬ、死なない人はなかなか死なない

高齢化社会の暗黒面はやはり病気になる人がどうしても多くなることである
その負担が大きいのである、治療費でもかかる、介護になるとさらに金だけではない人の労力がかかり金だけでみれないことがある、それで自分は四苦八苦して苦しんだ
遂に近くで認知症になった母親を殺した事件があった
それはオムツをとりかえることで暴れたから殺したとしている、だからそれも同情する
もう限界になっていたのである
また施設に入れたとしてもその後金を要求されている、その人は収入が少ないのに仕送りしているのである、これも負担だと思った

とにかく老後の問題で金の問題も大きいが健康が一番の問題になる
病気になったらもし寝ているだけになったらいくら金があってもどうにもならない
確かに治療費とかで必要でも根本的に健康が回復しないとすると何もならない
そして老人の病気は治りにくいし死につながっている
人間は必ず病気で死ぬ、老衰は病気ではなく自然死だとなるがほとんどは病気で人間は死ぬ、だから最後に死ぬ前に病気でみんな苦しむのである

ただ簡単に死ぬ人もいるがなかなか死なない人もいる、ガンでも簡単に死ぬ人が二人知っている、でもなかなか十年くらいでも死なない人がいる
だからガンでもいろいろな癌があってそうなる
治療が手厚くなり医療が発達するとやはりなかなか人は簡単には死なない
でもその負担がまた大きくなる、それがなにしろ今度は団塊の世代が75以上になると病気とか介護になる人が増大する、それが若い世代の負担になる
それは国民的負担にもなる、これが高齢化社会の最大の闇黒である
ただ病気をしなければ長生きは悪いとはならない、何か成せる時間が増えるからである
ともかく何か一つのことでも理解するのに時間がかかるからだ
特に自分などは何かを理解するのは遅かった、でも時間をかければたいして能力がなくても理解できることが増えてくるのである

私の母親は百歳まで生きて老衰のようにして死んだ、ただそれでも五年間は寝たきりで介護しなければならなかった、でも比較的楽だったとふりかえる
なぜならポータブルトイレに死ぬ一か月前とかまで自力で行っていたからである
これがオムツとかなったら耐えられないとまでなり殺してしまった息子のことを同情するヤングケアラーのことが問題になったがこれも残酷だとなる
老人のために自分の人生が犠牲にされるとまでなる、若い時に成すべきことができないとなる損失は大きいとなる
そういう人が近くにまたいたのである、だから病気と介護は常に誰かしら関係しているのである
ただ自分は特殊な事情で特別良くされたからできたともなる
他の人はそういうことがない、すると介護もしにくいとなる

老人の問題はこれから何を生きるのかというより何を生きたのかともなる
これから何かしようにもできない、ただこれまで何をしてきたかが問われる
何か木を庭に新しく植えたがこれも成長するには時間がかかるとなる
でも若い時なら十分に時間があるから庭作りが好きなら時間をかけてできるとなる
ただその時金がないとできないとなる
その人が立派な庭を作ったのは若い時でありその時金もかせいだから500万かけて作った、その石作りの庭が立派なのである
もしかしたらそれが人生の一つの成果なのかもしれない
私の家でもそうである、家族が働いて苦労して残した物だからである
それをただ自分は享受しているだけだとなる、そういうことは常にある
死んでから何を残したのかということがある、家とか庭が死後も残されたものだとなるからだ

でも老人になると何か時間をかけることができなくなる
小さな畑で野菜作りした人も遅かった、体がついていかず放棄したからである
体が丈夫な時にしていればそうはならなかったのである
要するにこれまでしていたことをするとなる、だから津波でも原発事故でも老人は復興の力となりにくいとはなっていたのである
木を植えるにしても育つのに十年とかかかるからである、それで何かを新しくするより
今でしてきたことを回想するとかになる
確かに60の手習いとかもあるから一概には言えないが基本的にはこれまでしてきたことの延長しかできないとなる


2021年06月10日

最後は記憶したことが人生となる―心に印されるものの怖さ (記憶をしたものの整理に追われる)


最後は記憶したことが人生となる―心に印されるものの怖さ

(記憶をしたものの整理に追われる)


何度も言っているけど人生とは最後は何を記憶したかになる
その記憶はみんな違ったものになるからそれぞれの人生の結果は多様なのである
だからどんな人でも何かしら語るべきものがあるとなる
なぜなら違った経験をしているからである
それで老人からその経験を聞くことはどんな人でも参考になる
失敗の経験でも参考になる
つまり事の真相は経験している時はわからない、時間がたたないとわからないことがあるからだ
それで何か事件が起きてもその時に真相はわからない、時間がたって判明して来る
歴史的な事件でもそうなのである、明治維新が何だったのか、今になると否定的に見る人もでてきているのもそうである
ただ歴史的なものになるともう50年くらいすぎると遠い過去になり不明になりやすい

私が経験したことは勤めたこともないのだから限られている
ほとんど旅に費やされたということである
ただその経験でも何か歴史を見ることでも役にたっている
地歴が科目となったように歴史と地理は不可分なものとしてあったからである
そして記憶たどる旅をしているのが時分である
いくら記憶が人生だとしても人間の記憶力は本当に弱い、それで記憶するために写真でとっておくとかメモを書くとかしないとその記憶自体があいまいとなり思い出せなくなる
それでこれまで書いたものが膨大になるので整理している
毎日整理するのに追われている
プログはインタ−ネットでは何か記録するのに優れているのだ

sdメモリーとかこれだけ小さいもの記録する量が映像でも驚くほど記録できる
そのメモリーは格段に進歩したのである
人間だったら脳にこんなに記録できないのである
それで自分の書いたものすら忘れていて読み返してみてこんなことを書いていたのと感心している
おそらく歴史でも文字ができて記録できたということで歴史が生まれたといのもわかる
それだけ文字の発明は人間にとって大事なものだったのである
それでエジプトでは神聖文字が生まれたのである
文字が神聖なものにヒエログリフになったのである

とにかく人間最期は記憶したことが人生になる、それで私の姉は従軍看護婦で4年間シンガポールの向かい側のジョホールバルで苦しんだからそのことを死ぬ間際まで語り死んだその前に千回もそのことを語っていた、認知症になっても過去のことは忘れないからである、特に印象に残ったことは忘れないのである
そういう戦争ということはもう経験した人しかわからない、いくら映像で見ても残されたものを見ても読んでも実感できないからだ

そして何か経験したことでも後からその意味がわかる、経験したことを後から深く考察してその意味を知ることにもなる
それは歴史的大事件でもそれが起きた時はわかりにくいのである、でも後から解明されて真実が明るみに出される
隠されていた悪が暴かれることがある、いくらその時は隠されても遂に明るみに出される若きの至りとかで若い時に力まかせにした悪行でも暴かれて老人になってから良心の呵責とかなり苦しめられる

人の行った行為はみなカルマとなる

それが隠されたり忘れ去れることもない、神は見ているとまでなる
そうなると本当に奔放な若い時の行動も悔いるとなる
そういうドラマも多いのもそのためである
警察につかまるとか刑罰を受けるとかではない、そういうことと関係なく良心の呵責に苦しむことになる
だからどんな人でもカルマをつまない人はいないである

原発事故とかでもそうだった、それを追求してきたが「安全神話」を作った人々は共犯者であり悪人だったとまで暴きだされた、ただその責任はとっていない
東電に天下りして金を得ていた官僚とか高級国民なども責任があった
でも責任は誰もとっていないのである
でも十年過ぎ二十年過ぎとかなりその悪が暴かれる
悪が暴かれないのはその時の政権によって隠されるからである

オリンピックのJOCの経理部長が自殺したのも大事件でもその真相は何も語られないし騒ぎもしないのは上からおさえられているからだとなる
何か都合の悪いことが出てきて今の政権が追及されるからだとなる
そして人間の歴史とは何かとなれば罪の歴史だったというときそうなる
絶え間ない殺し合いの歴史だったとも見れるからである
戦争自体が罪でありどっちが正しかったということはないからである
日本とアメリカの戦争でもアメリカが正しかったとはならないからだ
それで歴史は勝者の歴史となっている、勝者が記したのが歴史だとなっているらだ

その人の一生は何なのだったのか?

それは記憶されたものともなる、何が脳に記憶されたのかとなる
それは各人か違っている、その人の経験と学習から脳も作られるからだ
人間の脳とか性格とかは遺伝子的に決められているのかとなると人間の場合はそうはならない、人間は人生の経験の中で作られていく
何か臆病とか気弱な人でも一瞬の行動で勇気ある人にも変わる
たいがい英雄とか天才は生まれつき優秀だったからそうなったともみる
天才の場合はそうである、でも一般人でも人生を経験してゆくなかで変貌することもありうる   

だから人間がすべて生まれつきで決まるわけではない、そうして人生の経験の中で神が関与することもある
それは不可解なものである、そもそも人生そのものがそれぞれか小説より奇なりともなっているのだ
聖書が理論とではない、実際に起きたことを記したものでしる、そこに必ず神の関与がありそれを記したのである、だから奇跡を信じなければ理解できないのである

では人間が死んだらそうした記憶とか記録とかも全部消えて空になるのか、もしかしたらそれば消えずにあの世にもってゆくものかもしれない、なぜならみんな消えるとしたら
それぞれの人生が無意味なってしまうだろう

神があなたは何を見て何を聞いて何を見ましたか?

そのことはあなたの心に脳に記されている、それを神の前であからさまに示されるともなる、そうなると怖いことになる
その時心に記された悪も暴かれる、それがまざまざとして可視化される
つまり死ですべてが消えるわけではないとなると怖いのである
もちろんそういうことをありありとイメージしたら本当に悪いことなどできない
だからこそ平気で生きていられるとなる
死んで裁きがあるということをありありと思う人はいないからだ
だから平気で悪を犯して罪を犯しているともなる

何か悪いことをしましたとかなっているのである、ただそれが死んだ後にあの世で暴かれるとなると怖いとなる、そういう恐怖心があれば簡単に悪は行わないし心にも思わないとなる
そうした裁きとかは個々人になる、人は神の心を見ているという時、集団の心は見れないからである、いろいろな集団に属していてもそれで罪を裁きを逃れられない
要するにそうした宗教団体とはこの世の隠れ蓑であり死後は何の効力もない、個々人の罪は消えないとなる

いづれにしろ自分は今や記憶をたどり記録をたどり整理している
それが膨大なものだから苦労している、つまり分厚い一冊の本のように整理するとなる
人間の一生はいづれにしろどんな人でもそれぞれ一冊の本にもなる
ただ表現力のない人は読者に感銘されるものを書けないとなるだけである
旅をしてもその時見たものを経験したものを回想して深化する、それができれば充実したものとなる
だから旅でも記憶されるような旅をしろと言ってきたのである
それは車では無理だと言ってきた、電車でもそうである、歩くか自転車の旅でないと旅というのを記憶してたどることはできないともなる
ただこれは外国では無理だからそうとはならない、国内の場合は記憶する旅をすらなら歩くか自転車でないと記憶に残らないともなる
ただ自分も最初は電車旅行でありそれはある目的地に行くのにはいいが旅を経験するには歩くか自転車でないとできないのである

2021年06月09日

グロ−バル化ボーダレス社会で歪めれた世界 (その土地土地の生態系が無視されて文化が生まれない)


グロ−バル化ボーダレス社会で歪めれた世界

(その土地土地の生態系が無視されて文化が生まれない)

自立を目指すということは境界線を閉ざすとういことではなく、それをうまく管理することである、各地域社会は各地域内の生命の営みの調和と一貫性を損なうことなく互いの境界線を介して交換活動を行う能力をもたなねばならない


健全な生活と地域社会と人間の幸福には「場所」と境界線が不可欠だという認識だ
そしてその認識が今度は多様性を賞賛し、人間と地球の利益のための国際協力を支持すると同時に、地方の独立性を守ろうとする新しい「建設的ローカリズム」を生み出している
(  ポスト大企業の世界ー貨幣中心の市場経済から人間中心の社会へーデビット・コーテン)

●自然の境界としての生態系の境界

●人為的人工的歴史的境界

●二つ合わせた境界

グローバル社会とかはボーダレス社会をめざした、境界を廃止することを目指した
多国籍企業となると境界があると障害になるから廃止されるのがいいのである
多国籍企業とはその土地とか風土とか国土とかを無視する、それが障害になるからである工業化すると国土とかとは関係なくなる、国土は無視されるのである
電気でも原発を地域に作る時、その土地のことは生態系などは考慮しない
一旦事故になったら空気、水、土、森とかが放射性物質に汚染されて住めなくなった
それはその土地の自然や風土の生態系を無視して作られたからである
つまりその土地の生態系など無視して破壊してしまうのである

グロ−バル化がなぜ危険なのか、それは人間も生態系の中でしか生きられないからである生態系を無視して生きられないのである、そして生態系にはそれぞれの土地に国土にあり境界がもうけられていた、それでコロナウィルスでもウィルスが風土病と言われたようにその土地特有のものとして生まれていた
それでもそのウィルスはその土地内でとどまっていた、でもグロ−バルにボーダレスになりたちまち世界に広まったとなる、人から人へと伝染するから人の流れが無制限になればボーダレス社会になればとめることができない
江戸時代でもコレラが長崎から入り日本中に広まったことでもわかる
それだけ伝染力があるのがウィルスである、でも全く秘境として閉ざされていた桧枝岐とかは伝染をまねがれた、城のある会津の城下は蔓延したのである

人間はその土地土地の生態系の産物だともなる、食料もそうであるが人間も生態系から離れてありえないのである
人間の体そのものがその土地土地の生態系から長い時間をかけて作られてきている
なぜ日本人に糖尿病とか前立腺癌とか他の癌でも増えたのか?
それは欧米型の食事になったことが影響している
そもそも体の構造が欧米人とアジア人とか日本人では違っているからだ
欧米人は余分な糖分を脂肪に買えるとかりそれで太っているとか肉を消化する酵素がでるとかある、アジア人に日本人にはそうした体の機能が備わっていないのである
日本人はもともとやせている人が多かった、太る人が増えたのはやはり食の影響である
痩せる体質でも食の影響で栄養をとりすぎると太るからである
それが何らかの病気をひきおこしている、食べるものが人間の体を作るからである
つまり人間も生態系の産物だとなる
日本人はもともと肉食はわずかしかしていなかった、でも明治維新後外国にまねてに肉食が増えてきた、それが影響して体でも心まで影響されたともなる

これは体とかの問題としても現れた、精神的問題としては国々の文化が破壊されて喪失したともなる、文化はcultureでありculitivateから来ている、その土地を耕すことから生まれている、その土地土地に根ざしたものが文化なのである
それはその土地土地を耕すことで長い時間をかけて育成されてきた、ヨ−ロッパてもワインでもその土地の名がついていてそれぞれ別な味を作ってきた
それは日本でも同じである、農産物でも果物でも味が違ってくる
それはその風土から土地から育成され作られるからである
外国で河があれほど重要なものとなりヒンズー教でガンジス河が聖なるものとなったのもそうである,河が生態系として風土として国を作ってきたともなるからだ
それで日本ではそうした大河がないから外国を基本的な所で理解できないとなっている
父なるラインとかエジプト文明はナイル河の賜物とかが理解できないのである
日本はむしろ山の国であり海の国だからそうなる

グロ−バル化とかボーダレス社会は人間の多様性を失う統一された規格品を作り売るのにはいいが多様性である文化は失われる
それが様々に影響したのが現代だとなる、コロナウィルスもこんなに急速に広まったのもそうである、日本人に欧米人と同じ病気が増加したのもそうである
食べもの自体がそれぞれの国の文化の基本となっていたからである
その食べ物の影響で日本人は欧米人と同じになり病気も同じく増えたともなる
それで世界から和食が見直されるのもわかる、和食は健康的なものだったとして見直されたからである

ヨ−ロッパはエジプト文明とかペルシャ文明とか中国文明と違って多様性がある
その源でありギリシャでもその国土が地勢が多様なのである
山あり海あり島々があり多様な自然風土である、だからそこでボリスが生まれ民主主義の発祥の地となったとなる
一方でエジプトとかペルシャとか中国でもその地勢は平坦でありあまり変化がない
ただ共通しているのは長大な河があるとなる、そういう所は大帝国が生まれて圧制にもなる、その点イタリアなどは山があり海に面しているとか多様な地形がある
それで都市国家が生まれたともなる、ただローマ帝国もそこから生まれた
そのローマ帝国もアジア的専制とは違ったものであり土地土地の自主性を重んじた共和制とかになった、ペルシャとか中国の様な強烈な専制政治ではなかったともなる

とにかくヨ−ロッパは多様性がある、都市国家とかがあり地方都市が栄えた
小さな都市が国家となり自治が発達した、それは河を通じて商業が発展したからだともなる、その多様性がヨ−ロッパの文化を作って来た
ベルギー人が俺はベルギー人だというときそういう小国でも自負があるのはそのためである、ただヨ−ロッパでは絶え間なく戦争があったとなる
ただ多様性がある所に文化が生まれるがペルシャとか中国になると大帝国となり圧制となる,一将成って万骨枯るとなる、中国は今でもそうなのである

そして不思議なのはなぜヨ−ロッパには天才か多く輩出したのかとなる
それはやはり大帝国ではなく小国に地域的に分立した都市国家体制がそうしたともなる
地域の風土からまた歴史から独自性が生まれて天才を作り安い要素があった
天才と言ってもそれはやはり歴史とか風土と深く関係して生まれているからである
そういう天才が集まりルネサンスが生まれたともなる
その天才が生まれる基盤があり多様な地域があり生まれたとなる
天才という時以外と大都会から生まれると思っているが大都会から生まれない
地域の小都市が生まれている、これは何を物語っているのか?
小都市国家に何か独自性を育むものがあったとなる

大都会になるとそういう基盤がなく一千万の大都会から天才は生まれなかった
第一フィレンツにしても五万くらいの都市国家であり小さいのである
それなのにあれだけの芸術が創造されたなのである
今の大都会だと文化が生まれないのである、天才も生れない
日本でも何か文学関係でも地方の富裕層が生まれている、太宰治は豪邸に住んでいたし
宮沢賢治も金持ちの家で自由に才能を伸ばすことができた
そしてその土地に根付いた農業指導者だった、つまりそのバックグランドが田舎であり土地に根ざして文化が生まれともなる
どうしても大都会となると政治都市であり商業都市になり工業都市となってしまうからである
そしてそれだけの人口になると大衆群衆となり人間は統計的数字でしかなくなる
大衆を相手にするとき本来の文化は消失して消費が主になる
何か独自に作りだすものがない、民衆は民謡とか文化を作りだしたが大衆は作りださない宗教でもカルトとなりただ数を増やして社会を威圧することだけになる

飛鳥、奈良とか京都とかなると文化都市でもあった、それは規模が小さいからなりえたともなる、その都市が巨大化すると文化は生まれない、自然と遊離した人工的世界となる
グロ−バル化とかボーダレス世界からも何か世界の人が交流するのだから新しい文化が生まれように見える、でもグロ−バル化とは地域性を喪失させる
するとその土地を耕すcultureは生まれないのである
そして経済のみが優先される貨幣が世界を均一化するともなる、すべての価値が貨幣で計られるからである、世界市場化して金の力が増大する
そこで極わずかの人がアメリカを中心に数パーセントの人たちが莫大な富を得るのであるでもフィレンツのように芸術家のパトロンともならずその莫大な富で文化が生まれていないのである、アメリカには文化がないからである
映画が確かにアメリカが産みだした文化とはなる、でもそれも大衆的であり本当の文化は生まれていない、作られていないのである
ただコンピュターはやはり文化を作る基ともなったことは確かである
とにかく芸術的分野とか哲学思想とかの分野ではみるべきもきがない、ただ工業と技術と商業の実用主義の社会になる

いづれにしろグロ−バル化とかボーダレスの世界は何か文化的には不毛なのである
ただ大都会そのものが文化を生まない、そこはカオスでありもう文化を産む基盤を失っている、文化とはギリシャのポリスとかヨ−ロッパの小都市国家から生まれてきたことでもわかる、巨大化するとそこは政治国家になる、それが中国である
中国にも文化があるか大帝国を作るから政治軍事国家となりやすい、14億人を治めるには政治軍事力を前面に出さないと統一できないからである
そういう政治軍事国家からは大帝国が生まれても文化は生まれないとなる

健全な生活と地域社会と人間の幸福には「場所」と境界線が不可欠だという認識だ
そしてその認識が今度は多様性を賞賛し、人間と地球の利益のための国際協力を支持すると同時に、地方の独立性を守ろうとする新しい「建設的ローカリズム」を生み出している

これを目指すべきなのだが地方の問題は経済の衰退が影響している
ヨ−ロッパの都市国家には貿易などで富が生まれていたからである、やはりある程度の富か生まれないと文化も醸成しにくいのである、そのアンバランスがあり国家自体が歪になっているのである

コロナウィルスがグロ−バル社会をを変える
(人間には境界が必要でありそれぞれの風土に適応して生きるのが自然)


2021年06月08日

戦争、津波、原発事故、オリンピックの失敗 (先が読めずに大失敗、大損)


戦争、津波、原発事故、オリンピックの失敗

(先が読めずに大失敗、大損)

failex1.jpg


start222.jpg

オリンピックのことでもめているけどそもそもなぜ戦争でも津浪でも原発事故でもそうだったけど大失敗大損失となったのか?
この原因が明確なのは先が読めないことだった、戦争するにしても誰も大敗北になるとしてはじめたのではない、勝つと思って始めたのである
それが300万人の死亡となり大損害になった
これも先が読めないからである、そもそも人間の失敗の要因が先が読めないことにある
思わぬことが起り大損害となる

ただそれを始める時点ではそんな大損害になることは予想しないのである
戦争などは相当に危険なものであり殺し合いなのだから戦争を始めたら大勢の人が死ぬということは予想できる、でも日本では奢りもありアメリカと戦争を始めた
結果として300万人も死んだ、それは全く予想外のことだった
もしそういうことを予想したら戦争など始められなかった
でも戦争を始めたときはこんな結果になるなど誰も思っていないのである

結局これらのことで失敗して大損害になったのは先が読めないということである
オリンピックを決めた時は国民は喜んでいたし賛成していた
原発でも実際は金に成る言うことで積極的に誘致されたのである
それは故郷に住めなくなるとまで予想できない、ありえないと思っていたからである
津浪でもあんな大津波が来るとは予想していない
すべて予想できないことで大損害になった

でも津波とか原発事故でも科学者は十数メートルの津浪が来ると東電に警告していた
でも東電は耳を傾けず大損害になった、とりかえしのつかないことになった
ただ本当に戦争であれ津波であれ原発事故であれそれを決めた時はそういうことを予想しないで始まったのである
それで大事なことは先を読んで実行することなのだがそれが人間にはできないのである
ただ科学者は十数メートルの津浪が来るということを科学的に予想して警告していたのである、でもそれに耳を傾けないで何の対策もしなかったのである
それにはコストがかかるとかの問題が常にあり備えることがなかった
今になってやっと防波堤を作ったのである

何か始める決断して始める時、つくづく人間は十分な検討などしない
金になるからいいじゃないかしかないのである、原発でもそうでありオリンピックでもそうである

それをしていいのかどうか十分に検討もしない!

戦争となれば相当な国民的議論も必要だがそれもしない、原発でもそれを誘致するにも地元ですらしない、ただ上からの命令で土地所有者と漁業権者と県の許可で簡単に作られたのである

戦争になったら3百万人死にますよ

アメリカは核兵器をもっているから一瞬で大量殺戮されますよ

もし事故になったらふるさとに住めなくなりますよ

これらのことが起りうるとしていれば国民でも賛成はしない、でも国民的議論にもならない、上からあおられてマスコミが賛同して戦争に突入したのである
それをあおったのは朝日新聞だったとされる
原発でもそうだがマスコミは巨大な権力に使われるものであり権力に対抗することをしない、それは今でもそうである
原発事故が起きた時マスコミの幹部が東電によって招待されていたときだった
朝日新聞の幹部も招待されていたのである
そうして電事連からでも800億円とかの金がマスコミに流れていたのである

こういうことはオリッピックでも言えるのである、IOCとかその利権にあづかる
それでバッハ会長がぼったくり会長だと世界から批判をあびた
巨大な利権金儲けとなったがオリンピックになったのである
ただオリンピックでも失敗したのは先を読めないことだった
コロナウィルスを予測した人は世界で一人もいない、過去にウィルスの流行があったとしても忘れていたとなる、それは津波でもそうだった
でも津波については科学者が警告していたのである
仙台の若林とかの地区で津波が来ると大被害になるとか警告していた
でも不動産会社の人にそんなことを言うな土地の値段が下がるとか言われて言えなくなった、そういうふうに常に経済的利益がかかわり危険を言うなとなる

だから大事業を始めるときは相当に全員で検討する必要がある
なぜならその時点では何も問題ないとしても後から大きな問題となることがある
原発などはそうだった、オリッピックだとそこまで大きな問題となるとは思えなかった
でもオリッピックが本当に日本でその時必要なのものかどうかまたオリッピック自体の意義を深く検討するとかしなかった
つまり何か大事業を始める時、それが本当に必要なかどうか深く国民的にも議論などしないのである
国民の税金をつぎこむにしても国民自体で議論することすらないのである

●国民的な合意にいたるものとして意義を深く検討する

●十分な危険のありうることを知ってはじめる

戦争にしてもオリッピックでもそもそもそこにどういうい意義があるのか検討もしない
上の命令に従うだけだとなる
原発の場合はただ利益になるかしかない、利益になるからいいとしかない
ほとんど検討されないのである
だから大事業を始めるときは相当に慎重にしないと大損害になる

戦争をしない

原発を作らない

オリンピックをしない

かえてこの決断の方が否定されてむずかしいということも知るべきである
勇ましく戦争しろとか利益になるから原発を作れとかオリンピックでインバウンドで観光客が外国からいいとか肯定的なことのみが語られる
大事業をはじめるときはそうである、でもそこにもリスクがあることを知るべきだった

ただ人間の弱点は先が読めないとういことである

それが株でもそうである、なぜ今になってこんなに株が上がったのかというのも予想外だった、それで失敗したとなる
人生そのものも先が読めないからあとで後悔して失敗する、時間がこんなに貴重なものだったのかとかは先が短い老人になって気づく
何が大事なのものか気付けないのである
だからたいがい老人になって人生は意外だったとなるのである
つまり予定通りにならないのが人生でありまた社会なのである
予想することをほどむずかしいことはない、もしそれができたら株でも億万長者になっている、機関投資家でも先が読めないから大損するのである

それで聖書が予言の書というとき予言をする人が予言者の言を記録したものだともなっている、ノワの箱舟でもそうである、大洪水が来るとかいうことをノアが神からの宣託があり聞いた、それで箱舟を作りはじめた
それを信じる人はいなかった、だから笑いものになっていたのである
でもそれを笑っていた人たちは水にのみこまれ死んだのである
その予言者が現代では科学者ともなったのである

ともかく大事業をはじめるとき人間は深く検討しない、そんなことやめろということがかえってできなくなる、そして戦争のように暴走して300百万人が死んだのである
何かをしろという何かをするなということが人間にとってむずかしいことなのである
何かをするというときみんな興奮して賛同する
でも何かをするなというとき弱気だとかなり責められる
でも人間は何かを検討するとか考えるとかなると行動できなくなる

あるべきかあらざるべきか

やるべきかやらざるべきか

こうしているとただ逡巡して行動に移す決断ができなくなる、これは個人的なものであるが個人と大事業をみんなでするのは違ったものである
大事業の場合は国民的なものになる、だから本当は国民的なもの全員がかかわり大被害にもなるとしたら相当に慎重にならざるえあいなのである
でも重大な大事業でも深く検討すらなくはじめられて後で大損害になる

本当に戦争をするべきなのかするべきでないのか

本当に原発を作るべきなのか作らないのか

オリッピックをするべきなのかしないのか

こうしてよくよく検討したとき簡単に大事業はすすめられない、でも意外と300万人が死ぬとかも予想しないて原発事故でもこんな大被害になることも考慮しないで大損害になるオリッピックでもそうである、この場合は肯定が多く否定は少ない
それでも今になってこんなに騒いでいる、オリッピックをやめた方がいいとしているのに今の政府は自民党では決行しようとしている
それはオリッピックを誘致するときよくよく検討もしない結果なのである
ただ経済的利益を優先するだけだからである、それは原発でも同じだったのである
それで今になって大損害になると騒いでいるのである

今になるとすでに遅いともなっている、やめられなくなっていたのである
だから大事業をはじめるときは始める時が大事でありそこでの決定があとあと尾をひく
やめれなくなるのである
だから余程大事業をはじめるときはみんなで深く検討しないと後の祭りだとなる
今になってはやめることもできないとなっていたからである
でも実際は大事業でもはじめるときはあまり検討もしない議論もしないのである
その時やめろとかしない方がいいという声はおさえられる
どうしても経済的利益を優先するからそうなる、でもそれが経済的大損害だけではない
原発なら故郷に住めなくなるという致命的な大損失にもなるのである


posted by 老鶯 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2021年06月07日

金まみれのオリンピック(日本の経理部長が自殺)


金まみれのオリンピック(日本の経理部長が自殺)

オリンピックも金まみれになり本来の趣旨とはかけ離れたものになった
世界平和の祭典でなく金まみれの汚れた祭典になった
そこに莫大な金が動く、するとその金を目当てに欲深い人たちが群がる
そもそもオリンピックを主催するIOCの会長がぼったくり会長と世界から批判されたことでもわかる
オリンピック利権になりオリンピック貴族になっていたのである

巨額な金が動くときそこに良く深い人たちが群がる、それは原発マネーとも似ていた
それで相双リテックの幹部に巨額の金が回り何十億という金を幹部で山分けしていたのである、それでタニマチとなって野球にその金を使っていた
何かスポーツとかでも裏で金が動き汚される
どうしても金によってあらゆるものが汚される、宗教さえ金によって汚される
第一賽銭箱などをもうけてそれで金を投げて何か神様から良くしてもらうということ自体間違っている、ただ祭りとかは長い伝統があるから何か意味あるものはある
神様にわずかの賽銭を与えても何も得られない
その金は神社の神主のものとなるだけである

何かオリッピックには崇高な理念があるとして宣伝されてきた、でもそんなものはなくなっている、巨額の金が動きその金に群がる人たちのものだということである
純粋にスポーツで何か人間の理想を追求するものでもない
ただアスリートとか選手は幹部とかオリッピックで金も得る人たちの道具なのである
そこに人類的意義などないのである、百メートルでわずかに早くなったとして何の意義があるのかとなる、明らかにもう限界が来ている
それで一秒ではなくそれより短い単位で優劣を決める、そんなことして何か意義があるのかとなる

何かオリンピックは金まみれになったとき、すでに役目を終えた、アスリートは選手は金儲けに使われるピエロだともなる、そういうふうに見られることがアスリートの本来の
姿ではないだろう、でもアスリート自体が金のためにしているということもある
プロ選手と同じ感覚になる、第一そうして訓練しないととても勝てないからである
それも金のためだとか有名になり金を得るためだとかなる

何かグロ−バル化して巨大化すると巨額の金が動くとなるとそのこと自体が金まみれになり本来の趣旨から離れてしまう
参加することに意義があるとかはもうない、選手を道具にして見世物にして裏で金儲けのために幹部たちがやっている、そこに国もかかわってくる
政治の道具になったりする、だからローマのコロッセオで剣闘士が戦う見世物ともなる
別にプロならそういうふうに割り切ってやっているのだから批判はできない
ただオリッピックには何かきれいごとがありそれで平和の祭典とかされていることに問題があったのだ

東京オリッピックの時は日本が戦後復興したことを世界に示すために意義があったとなる
その後はオリッピックはもう意義を失ったいたのである
金まみれの利権のためのものでありその道具とされたのが選手達だとなる
テレビの放映権が莫大であり会社の宣伝費用も入る、それでオリッピック貴族が生まれた原発でも何億という金をもらっていた人と同じである
原発も金のなる木でありオリッピックも同じだったのである
つまり金まみれになり汚れたものとなってしまった
崇高なものは何もない、ただ利権を金を得るためのものであり選手はその道具となっているだけである、国の威信がかかっているというときも政治の道具として使われたとなる

それでしきりに菅首相とかが苦しい政権運営が強いられているからまた裏金のことで追求されるからそれを隠すために強行するのだというのもわかる
政治家の勝手な都合で強行されるとなると迷惑であり国民にとってもそれでコロナウィルス拡散したり外国人が来て拡散したりする、ただ混乱が目に見えている
それでもなぜ強行するのか?政治家の都合でするのが許されるのかとなる

とにかく人間社会は金で汚される、神聖なものも金で汚される、遺産相続でも骨肉の争いとなる、またハエエナのように死体をむさぼるとまでなる
そういうことを経験したから金によって人間が変わる、金だけが目的となりその屍をむさぼるとまでなる醜さが現れる
死者を弔うということすらなくなる、それは表面だけであり欲しいのは金であり財産だとなってしまうのが人間なのである

オリッピックもそういうものであり自殺者まで出しているのだからもう汚れたオリッピックであり金まみれの利権オリッピックであり本来の趣旨はもうない
何かギリシャではじまったオリッピックは神聖な神に奉納するという側面があった
だからオリンピアに行くと神殿の柱となった石が残っている、それが大きいのである
だからそこに立っていた神殿でも建物でも相当に威厳があるものだったとなる
だからその時代のオリッピックはその社会にとって意義があるものだったのである
それがグロ−バル化して世界のオリッピックとなったときそうした意義は失われた
ただ金まみれのものとして選手が利用されるだけともなった
だからオリンピックはもう今までの様には見ない、何か金まみれの汚れたものであり
一種の選手を使ったショーでありそれで得するのは利権にあづかる人たちだったということが見えてきたからである、また政治家に利用されて悪を隠蔽するためにも使われともなった、だから今までのようにはとても見れないとなったのである



posted by 老鶯 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2021年06月06日

中国の影響が大きくなる 中国が科学技術で急速に日本に追いついた理由


中国の影響が大きくなる

中国が科学技術で急速に日本に追いついた理由

広角レンズがついているのと軽いのである

デジカメ デジタルカメラ コンパクト 4K 4800万画素 ビデオカメラ 3インチ180度反転スクリーン ウェブカメラ機能 自撮りカメラ 16Xデジタルズーム

FUNSHION ビデオカメラ 2.7K YOUTUBEカメラ ハンディーカメラ カムコーダー 1080P&60FPS 4200万画素数

funsionとは中国の会社である、その会社のカメラを一万で買った
大きいから広角のレンズであり広角に撮れるのがいい、だから意外だった

これが軽いのが良かった!

大きいけれど軽いのである、これだけ大きいと普通重くなる、だから今持っている日本製のソニーの一眼レフのカメラは重くて困っていた
なぜなら写真撮るとなると車がないから自転車だと荷台もない自転車だから困る
気付いたことはこの軽いとういことがカメラでも重要な要素であることにこのカメラをもって気づいた
だから一万でこんな持ちやすいカメラを中国でも作っているうといことで驚いた
中国製は安いけどいいものがないという印象だったからである
一万でこれだけのものを中国でカメラを作っていることに驚いた

何か最近中国の影響がどこでも感じられる、それはグロ−バルにそうなったのである
田舎が関係ないかというとやはり中国人が最近近くの空家に何人が同居しているのがわかった、ただなぜ日本に来ているのか、中国でもう働いた方が金になる時代だと思っていたからである
ベトナム人も何人か一万の町に来ている、それからネパール人の女性はFUKUSOに裁縫工場に来ていた
駅でベトナム人労働者を斡旋していたのは仲介していたのは中国人だった
中国人の女性もFUKUSOで働いていた、それはハルピンとかである、元の満州とかである
そこなら隣だともなるから近い、飛行機で三時間くらいだから中国は実際はかなり身近なのである、ということは中国人は人そのものが気軽に日本に来る距離にもある
グロ−バル化した世界ではモノだけではない、人間も流入してくる
中国人の女性と結婚した人も知っている、その女性もハルピンとかである

もちろん中国人と仕事している人もかなりの数になる
それで大阪の人が中国は一発あてる売れる量が多いからもうけも大きいと言っていた
中国から船で帰る時、同船したのは他に神戸の人で中国語がしゃべるれ人だった
それからモンゴルに一年間羊を飼うことを学ぶために一緒に暮らした人だった
その人は冬は厳しいので一回りやせると言っていた
その人は北海道で羊を飼う仕事をしていた、NHKのテレビにも出ていた
その人は大学の畜産学部をででいてそういう仕事につこうとしていた
結婚する女性も同じ大学なのか一緒だった

ともかく現実問題として中国でかかわる人が増えている、小高の人が中国人の女性と結婚していた、また小高出身で中国人と商売している人を紹介した
千葉県に住んでいる、こういうふうに中国とのかかわる人が日本で増えたのである
アメリカとかかわるとしても遠いからアメリカに行きまたアメリカから日本に来る人は限られている、軍人が一番多いとなる
それで在日の人でアメリカ国籍をもっている人がアメリカ軍の人と接してアメリカを語る何かこうなると本当に今誰しも片田舎で否応なくグローバル化しているのが現実である
おそらく外国人の男性は原発関係の仕事をしているかもしれない、そこは金になるからだ
中国の影響は日本だと密接になる、

コンパクトフラッシュ、SDカード、メモリースティック Proなど、フラッシュメモリー業界において数々の特許を生み出した。

同社のNAND型フラッシュメモリの製造は東芝(当時)と共同で投資を行った、三重県四日市市の「キオクシア 四日市工場」で行っており、パッケージングを中国・上海の自社工場で行っている

このカメラがTFというカードを使えとあり注文した、これはサンデスクの製品だったのか何かわからないかここの会社のものでありアマゾンに注文して買った
そこのコールセンターは中国人の女性だった、Dellのパソコンを買うとき相談したのもコールセンターの女性は中国人だった、その人は本当に日本人と同じくしゃべるのである、かなり専門的な相談にものれるから案内している
何が中国人とどこでも接することになる
要するにパソコンとかカメラでもグロ−バル化して作っているからそうなる
アメリカの技術から日本の技術でも入り中国で技術が進化して安上りに作る
工業化はグロ−バル化社会で発展してゆく
だからもう日本と中国の技術の差はなくなり中国がアメリカでも日本でも猛烈に追って追いついてきたのである

本当に十数年前とか中国に行った時から比べると驚きである、なぜならその時は物価は中国では十分の一とかになっていた、ただ三回目では北京とかでは高くなっていた
もう中国の上海とか北京とかなると日本と物価の差はなくなった
また日本に観光客が増えたのは日本が物価が安いからである、外国では物価が高くなっていたからである、つまりかつて日本が外国の物価が安いと海外旅行した同じように物価の安い日本に観光に来るとなったのである
そして高級品の店に入るのは外国人だとなってしまったのである
日本人は夜の部でスーパーの食品が安くなるときねらって日本人が買いにくるというのもそうである、高い買い物は外国人がするようになったのである
その中に爆買いした中国の金持ちがいたとなる

ともかくこんなに急速に中国が変わる進歩することは驚きである、交通が発達したグロ−バル化では急速に発展した国に追いつく、ヨ−ロッパから船で一月かけて来るような時代ではないからである
そして中国の怖いのは人が流入して日本にもすみつく、北海道で土地が買われてそこにもに中国人が住みつくということがある、そしてやがて中国の領土にする布石だという人もいる、それが中国人の他国をのっとるやり方だとしている

中国で恐ろしいのは人口があれだけ多いから移動するエネルギーがものすごいのである
蝗のように移動して食い荒らすということともにている
地方の農民は家畜のように貨車に積み込まれる家畜だったとしている
なぜなら車掌は鞭をもっていてつめこんだからである
その人口の多さと移動するエネルギーがすさまじいのである、それを盲流というのもわかる、それが巨大なエネルギーとなって中国大陸を席巻するからである

日本は今やこうして中国がかつての中国ではない、新幹線も走っている科学技術大国にもなる,その時日本はまさに龍となった中国に飲み込まれるともなる
それで中国の一省にもなるという人がいるのもわかる
アメリカの一つの州が戦後日本だと言われた、でもアメリカ人が大挙して日本に住むとういことがない、遠いから間接的影響にもなっていた
中国の影響は中国人とも密接に交わるし直接的だから違ったものになる
つまり中国人優位の日本社会になりうるということである
ウィグルのようにもなりうる、そういう大きな時代の変化が急速に来たとなる

右翼だと中国を敵視して排斥する、攘夷となるが明治維新の時代とは違う、その時の中国はアヘン戦争とかで疲弊していたのである、西欧列強のアメリカの植民地になっていたのである、だから全然違った時代になっている
そこを見誤ると日本は苦しい立場になる、ただ日本というのは中国の巨大化とアメリカの衰退とまたロシアの強権な態度で迫ることとか小国化するとき大国の狭間でかじとりを強いられる
最大の脅威は今やアメリカとかではない、中国になったのである
武漢ウィルスとか中国発のウィルスがコロナウィルスだというときもそうである
何でも中国発となりそれが脅威となってゆくのである

三日見ぬ間の桜かな

これがまさに中国だった
posted by 老鶯 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2021年06月05日

大学で遊びギャンブル人生で終わった人 (大学で20代で方向が人生の方向が決まる怖さ)


大学で遊びギャンブル人生で終わった人

(大学で20代で方向が人生の方向が決まる怖さ)

gamblelife1.jpg

daigaku11.jpg

70代男性、老後無年金・無貯金でギャンブルまみれ人生の実態
https://www.youtube.com/watch?v=Lk0WLlUHWoc

lofestage1.jpg

30までの時間は長く感じられる
30過ぎる急速に早く感じられる、時間間隔は相当に違っている
子供の一日は大人になったときより十倍も長い感覚になる
30前までも長く感じる、30過ぎると時間は過ぎるのが早くなり40で
おっさんになり白髪がはえて老人に向かっている
もう60を過ぎて70とかなるともう死ぬだけだとなる
明日は死んでいるかもしれないという感覚である



この人は地方から上京して大学に入ってもそこから人生が狂ってしまった
大学のまわりが競馬場とかパチンコ屋とかがありそれでギャンブルにのめりこんだ
学業はそっちのけになった、バーとかでアルバイトしていた人もいた
そしてそれがどっちが本業かわからなくなるからこうなったのである
何か高校から大学への変化が大きいのである、そのギャップが大きいのでこうなる人も多い、変なのは学校というと毎日学校で授業を受けるものとなっていた
でも大学になると授業を欠席しても何のとがめもないのである
ただ一年に一回単位をとる試験がある、それを受かると単位が取れる
その単位をとるにしていい加減なものだったのである
私立の文系となると何か遊びの場になっていたのである

そうなると学校に行かず授業も受けず遊んでいる人が普通にいる
そして授業に出ないことで威張っている人がいる
授業に出ないことが自慢する、だから一日中マージャンしていた人がいた
そんならマージャン教室に入った方が良かったとなる
一体大学に何しに来たかわからなくなる
そういう人が結構いたのである、特に私立の文系などはそうである
団塊の世代ではマンモス大学であり授業でも千人とか入る講堂でしていたとか
高校とは全然違ったものなのである
すると何か暇をもてあましギャンブルに興じるともなる
私もパチンコを覚えたりして遊んでいたのである
こうして何のために大学に入ったのかわからなくなる

私の場合は創価とかカルト教団に費やしたのもそうである
それも何もするこことがないのでそうなったともなる
でも私の場合もともと求道精神があってそうなった
でも創価でもカルト教団など宗教の看板をかかげても全く宗教とは関係ない
ただ毎日が選挙運動の駒として使われるだけだった
あとは御利益を得るために祈る、そしてあらゆる欲は是認される
その欲をかなえるために毎日祈っている、禁欲とか一切なくむしろ欲望を強くして
かなえるために祈るだけである
だからこそ人があれだけ集まるのである、その数は票となり圧力団体となり利権団体となる

ただ青春時代は危険な時代である、変な方向にも行きやすいのである
大学でも自由だから変な方向に行くようにもなる
ギャンブルとか女遊びとかで費やして終わる人もいる
そういう場所が大学だというのも異常だったとなる
理系の大学だったらこんなことありえないのである

とにかく20代頃から変な方向に行ったものはそのまま一生変な方向に行ってもどれなくなる、それが怖いことだったのである
現実この人は大学でギャンブルをおぼえそこにのめりこんでそれが人生になってしまったそれを自分でぱ悔いのない人生だったとしているがそれが他人に誇れるのか?
そんなことが自慢になるのか、誰もそんな人のことを感心する人はいないだろう

ただ本当に20代頃からこうして変な方向に行く人はそのまま一生変な方向へ行き一生そうなってしまう怖さである
大学ですでにギャンブラーになりそのまま一生そうなってしまったのである
まずニートなども良くみかけるけどそういう人も20代でなるとそのまま一生ニートであり無職で人生が終わる
それが自分自身もそうだったからである、一生無職で旅して終わったとなるからだ
ただ自分の場合は学問とか芸術に興味をもち追求していたのが違っていたとなる

いづれにしろ今やそれぞれの人生がなんであったのか問われる
もう団塊の世代でも75となり死んだ人も一割以上いるし身近で同年代の人が死んでいる
78歳くらいの人が近くで二人死んだ
三人の男性はみんな死んだが78だった、何か78歳は鬼門の年だともみた
78歳になると急激に体が弱っていくというからそういう年なのである

人間は20代で30までほぼ決まるというとき30過ぎて40になると白髪がでてきたりしてすでに老人にも向かっていたからである
50になるともう人生も終わりに近づくとかなる、それだけ時間が過ぎるのが早かったのである
その時間の貴重さが若い時はわからないからくだらないことに時間を費やして浪費している、そして老人になってみんな悔やんでいる
急速に時間が過ぎてゆくことが自覚できないからである
それが人生の大きな落とし穴だったのである

そして絶対に時間を元に戻すことはできない

青春時代も二度ともどってこない

右左と分かれ道があり右に行ったものは右の方向に行き左に行ったものは左に行きその方向をもう変えることができない、その方向を決めるのが20代なのである
正社員となるのも20代でありそれ以後はなりにくい、そしてニートとかなると一生ニートなのである、それで最期に親が死ぬと厳しいことになる
そのことを自分は親の介護で経験したからである

ともかく同世代の人が次々に死んでゆく、するとその人生は何だったのかと問われる
弔(とむら)うとはその人生を問うということなのもわかる
一体この人の人生は何なのだったとか問うことになる
カルト宗教団体であれ共産党であれある団体組織に属した人はその属した組織団体が人生だったとなる、でも個々の人生があり何か不思議なのは人が死んだ時は個々の人生が問われる、創価であれ共産党にであれまた他のカルト教団に入っていたということで自慢にならない、そこで評価されたのはただ一票となるとか数として数えられることだからであるでもその人の人生となると個々の人生として評価される
日本民族の一員として死んだといっても誰も世界で評価しないだろう
一例としてもし芸術作品を世界に通用するものでも残したら評価されるとなる

この人の一生は何なのだったろう?

これが問われるのである、でも死に方に成仏することにこだわるがそれはあまり関係ないようにも見える
なぜなら近くで死んだ人はその人生は本当にいい加減だったからであり罪深いともなる
でたらめな人生であったからだ、それでみんな嫌っていて葬式もなく終った
近くでも誰も惜しむ人もなかった、でも死ぬときは簡単に死んだのである
迷惑もかけず死んだのである、だから死にざまより人間はその人がどういうふうに生きたのかが問題になる、成仏するというときむしろその人の人生が有意義なものとなっていたとき成仏する、だから死にざまとは生きざまのことでありどんなふうに死ぬのかとはさほど関係ないとみるのである

それにしても人生も終わりになると本当に短い、あっという間だったとさえなる
そんなに短い時間しか人生にはなかった、そしてみんなわずかの時間この世にいるだけである、そしてこの世から消えていく、すると人はなんのために人と出会ったり別れたり
そもそもなんでこの世にいるのかもわからなくなる
一瞬の泡のように生まれて消えるともなる、人生とはそんなものかとなる
何かもっと重々しいはずであるとなるが現実はその生は何するにしろはかないとなる
有名な人もみんな消えてゆく、何か手にとる本が30年前とかなりその作者はほとんど死んでいるのである、すると死者が残した物は本でありその他その人の人生を知る術もないのである
だから死んで何が残るのだろうともなる
本でも残している人はいい方である、普通人は家族でも死ぬと急速に忘れられてゆく、何か定かでない幻のようになってしまうのである、家族でない人はそんな人いたのとなってしまう
その人の存在すら本当にこの世に存在していたのかも定かでなくなるのだ

石は千年動かない
その場に千年変わらずある
人間は百年くらいで消える
すると石の方が人間より
存在感がある
人間は百年も過ぎたら
みんな消えてしまうのだから

こんなふうになってしまう、それだけ人間の一生は短いからこうなるのであ

大学で遊びギャンブル人生で終わった人 (大学で20代で方向が人生の方向が決まる怖さ)


大学で遊びギャンブル人生で終わった人

(大学で20代で方向が人生の方向が決まる怖さ)

gamblelife1.jpg

daigaku11.jpg

70代男性、老後無年金・無貯金でギャンブルまみれ人生の実態
https://www.youtube.com/watch?v=Lk0WLlUHWoc

lofestage1.jpg

30までの時間は長く感じられる
30過ぎる急速に早く感じられる、時間間隔は相当に違っている
子供の一日は大人になったときより十倍も長い感覚になる
30前までも長く感じる、30過ぎると時間は過ぎるのが早くなり40で
おっさんになり白髪がはえて老人に向かっている
もう60を過ぎて70とかなるともう死ぬだけだとなる
明日は死んでいるかもしれないという感覚である



この人は地方から上京して大学に入ってもそこから人生が狂ってしまった
大学のまわりが競馬場とかパチンコ屋とかがありそれでギャンブルにのめりこんだ
学業はそっちのけになった、バーとかでアルバイトしていた人もいた
そしてそれがどっちが本業かわからなくなるからこうなったのである
何か高校から大学への変化が大きいのである、そのギャップが大きいのでこうなる人も多い、変なのは学校というと毎日学校で授業を受けるものとなっていた
でも大学になると授業を欠席しても何のとがめもないのである
ただ一年に一回単位をとる試験がある、それを受かると単位が取れる
その単位をとるにしていい加減なものだったのである
私立の文系となると何か遊びの場になっていたのである

そうなると学校に行かず授業も受けず遊んでいる人が普通にいる
そして授業に出ないことで威張っている人がいる
授業に出ないことが自慢する、だから一日中マージャンしていた人がいた
そんならマージャン教室に入った方が良かったとなる
一体大学に何しに来たかわからなくなる
そういう人が結構いたのである、特に私立の文系などはそうである
団塊の世代ではマンモス大学であり授業でも千人とか入る講堂でしていたとか
高校とは全然違ったものなのである
すると何か暇をもてあましギャンブルに興じるともなる
私もパチンコを覚えたりして遊んでいたのである
こうして何のために大学に入ったのかわからなくなる

私の場合は創価とかカルト教団に費やしたのもそうである
それも何もするこことがないのでそうなったともなる
でも私の場合もともと求道精神があってそうなった
でも創価でもカルト教団など宗教の看板をかかげても全く宗教とは関係ない
ただ毎日が選挙運動の駒として使われるだけだった
あとは御利益を得るために祈る、そしてあらゆる欲は是認される
その欲をかなえるために毎日祈っている、禁欲とか一切なくむしろ欲望を強くして
かなえるために祈るだけである
だからこそ人があれだけ集まるのである、その数は票となり圧力団体となり利権団体となる

ただ青春時代は危険な時代である、変な方向にも行きやすいのである
大学でも自由だから変な方向に行くようにもなる
ギャンブルとか女遊びとかで費やして終わる人もいる
そういう場所が大学だというのも異常だったとなる
理系の大学だったらこんなことありえないのである

とにかく20代頃から変な方向に行ったものはそのまま一生変な方向に行ってもどれなくなる、それが怖いことだったのである
現実この人は大学でギャンブルをおぼえそこにのめりこんでそれが人生になってしまったそれを自分でぱ悔いのない人生だったとしているがそれが他人に誇れるのか?
そんなことが自慢になるのか、誰もそんな人のことを感心する人はいないだろう

ただ本当に20代頃からこうして変な方向に行く人はそのまま一生変な方向へ行き一生そうなってしまう怖さである
大学ですでにギャンブラーになりそのまま一生そうなってしまったのである
まずニートなども良くみかけるけどそういう人も20代でなるとそのまま一生ニートであり無職で人生が終わる
それが自分自身もそうだったからである、一生無職で旅して終わったとなるからだ
ただ自分の場合は学問とか芸術に興味をもち追求していたのが違っていたとなる

いづれにしろ今やそれぞれの人生がなんであったのか問われる
もう団塊の世代でも75となり死んだ人も一割以上いるし身近で同年代の人が死んでいる
78歳くらいの人が近くで二人死んだ
三人の男性はみんな死んだが78だった、何か78歳は鬼門の年だともみた
78歳になると急激に体が弱っていくというからそういう年なのである

人間は20代で30までほぼ決まるというとき30過ぎて40になると白髪がでてきたりしてすでに老人にも向かっていたからである
50になるともう人生も終わりに近づくとかなる、それだけ時間が過ぎるのが早かったのである
その時間の貴重さが若い時はわからないからくだらないことに時間を費やして浪費している、そして老人になってみんな悔やんでいる
急速に時間が過ぎてゆくことが自覚できないからである
それが人生の大きな落とし穴だったのである

そして絶対に時間を元に戻すことはできない

青春時代も二度ともどってこない

右左と分かれ道があり右に行ったものは右の方向に行き左に行ったものは左に行きその方向をもう変えることができない、その方向を決めるのが20代なのである
正社員となるのも20代でありそれ以後はなりにくい、そしてニートとかなると一生ニートなのである、それで最期に親が死ぬと厳しいことになる
そのことを自分は親の介護で経験したからである

ともかく同世代の人が次々に死んでゆく、するとその人生は何だったのかと問われる
弔(とむら)うとはその人生を問うということなのもわかる
一体この人の人生は何なのだったとか問うことになる
カルト宗教団体であれ共産党であれある団体組織に属した人はその属した組織団体が人生だったとなる、でも個々の人生があり何か不思議なのは人が死んだ時は個々の人生が問われる、創価であれ共産党にであれまた他のカルト教団に入っていたということで自慢にならない、そこで評価されたのはただ一票となるとか数として数えられることだからであるでもその人の人生となると個々の人生として評価される
日本民族の一員として死んだといっても誰も世界で評価しないだろう
一例としてもし芸術作品を世界に通用するものでも残したら評価されるとなる

この人の一生は何なのだったろう?

これが問われるのである、でも死に方に成仏することにこだわるがそれはあまり関係ないようにも見える
なぜなら近くで死んだ人はその人生は本当にいい加減だったからであり罪深いともなる
でたらめな人生であったからだ、それでみんな嫌っていて葬式もなく終った
近くでも誰も惜しむ人もなかった、でも死ぬときは簡単に死んだのである
迷惑もかけず死んだのである、だから死にざまより人間はその人がどういうふうに生きたのかが問題になる、成仏するというときむしろその人の人生が有意義なものとなっていたとき成仏する、だから死にざまとは生きざまのことでありどんなふうに死ぬのかとはさほど関係ないとみるのである

それにしても人生も終わりになると本当に短い、あっという間だったとさえなる
そんなに短い時間しか人生にはなかった、そしてみんなわずかの時間この世にいるだけである、そしてこの世から消えていく、すると人はなんのために人と出会ったり別れたり
そもそもなんでこの世にいるのかもわからなくなる
一瞬の泡のように生まれて消えるともなる、人生とはそんなものかとなる
何かもっと重々しいはずであるとなるが現実はその生は何するにしろはかないとなる
有名な人もみんな消えてゆく、何か手にとる本が30年前とかなりその作者はほとんど死んでいるのである、すると死者が残した物は本でありその他その人の人生を知る術もないのである
だから死んで何が残るのだろうともなる
本でも残している人はいい方である、普通人は家族でも死ぬと急速に忘れられてゆく、何か定かでない幻のようになってしまうのである、家族でない人はそんな人いたのとなってしまう
その人の存在すら本当にこの世に存在していたのかも定かでなくなるのだ


原発事故と蛙(童話風に)


原発事故と蛙(童話風に)

この辺は津波と原発事故で田畑は原野化した、草ぼうぼうとなった
それから十年は早くもすぎた、田んぼは耕地整理で広くなった
広くなると機械が利用しやすい、今は何でも機械でする
田には水が張られその畦にはタンポポが咲き水面に朝の光りがまぶしく反射する
苗が植えられた田だもどる
ふるさとの山の影がそこに映っている

そして蛙が声高に鳴く

[ケロケロケロ、ケロケロケロ]

 ここは俺たちの生きる場所なんだ
 ここで俺たちは生きるんだ
 ここに生きる喜びがある
 ここが俺たちの生きる場所なんだ

蛙の鳴く声はひびきわたる、十年過ぎてようやく復興したと蛙の声が喜びに鳴きひびく
それは長い時間だった、今でもまだ回復していない避難区域がある
そのまわりの田畑は草ぼうぼうとして荒地化したままである
でもここではようやく元に回復した
その時蛙はここにまた生きることの喜びに鳴いている
蛙も人とともに生きる生き物である、それが生きられなくなった
その悲しみは深かかった

確かに今は田んぼで米をとることはそれほど重んじられていない、だからこそ電気社会になり原発が作られたのだ
それで電気会社に勤める人は田畑が草ぼうぼうになっても何にも感じないということがあった、それは昔と違って農民が全体の一割にも満たない社会になったからである

でも田舎では蛙も人とと一体となり生きているのだ、生きる仲間なのだ
それが都会とは違う、蛙も田舎に生きる一員なのだ
蛙の鳴く声が聞こえない田舎は大きなものが欠けることになる
都会なら何も感じない、田畑が回りにないから感じない、田舎では蛙も人間の仲間でありともに生きるものなのだ

その蛙の鳴く声はひびきわたる、力強くひびきわたる
  
  [ケロケロケロ、ケロケロケロ]
 俺たちはここに生きる仲間だ
 ここが生きる場所なんだ
 ここに俺たちは生きるんだ
 みなんと一緒に生きるんだ
 ここが俺たちのクニなんだ

こういうふうに感じたのは一旦田畑も草ぼうぼうとなり蛙の生きる場所も奪われたからである、そのために一段と元の田畑に生きることの喜びを感じて鳴いたのである
何かありがたみは奪われたり失われたりしないと感じない、尊ぶこともない
日頃あるものは特別のものにならない、親でも友人でも死んで二度と逢えなくなる
そうしてかけがえないものとして思い出される
人間は失ってみてその本当の価値を知る、当たり前にあるものの価値もしる

 人よ、今生きる場所を尊べ
 ともしきをうれえるなく
 その与えられた土地を耕し豊かにせよ
 神はそれぞれの土地に富を与えている
 それぞれの国に富を与えている
 だからそれを尊び耕せ

外に良いものを求める前にその住む土地土地に良いものを見いだせ、何か良いものがありその良いものがまだ見出されていないこともある
ここで我々は学んだ、何が価値あるべきものなのか、我々は反省しなければならない
我々は外に求めすぎたのだ、それ故にかえって内にある良きものを見失っていたのであるそれで神はこの地にある良きものを奪ったのだ
それはその土地であり放射性物質に汚染されないきれいな水でありまた土地である
それなくして人は住むことすらできなくなったのだ
そして若い世代は子供たちはここから消えた、もう跡を継ぐ人もいなくなった

我々の過ちは何であったのか?それを深く反省すべきである
電気がなくても人は死にはしない、暮らせる、でも空気と水と土と木が汚染されたら生きていけないのである、その土地は放棄せざるをえないのである
我々はその基本となるべきものを軽んじていたのである
それ故に神はこの地を罰したのである、またこの地のみならず地球を汚染するものを罰する、世界の人を罰する、それを知るべきである、神を畏れるべきである

人の技(わざ)はわざわいにもなる、人の技には呪いが隠されている
それが全面的にいいものとはならない、危険がある
それを無制限に信じることは危険である、人間の知恵は神の知恵に及ばないからだ
そこで大きな事故となり大きな災いがふりかかる
そして人類が滅亡すらする、それを畏れるべきである
汚染した土地は元にもどらず次の世代の子どもたちも住まず荒野と化する
神に呪われた地となり人は住めなくなる、そのことを肝に命ずべきである

夜に満天の星がかがやき蛙の鳴く声は大合唱となりひびきわたる
その声は天に向かい神に向かってもひびきわたる
そしてさらに星が輝きをまして空に満ちる、その復興を天も神も喜ぶ



posted by 老鶯 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2021年06月04日

歴史時代劇「ポロス〜古代インド英雄伝」を見て (人間にとって共通のテーマを追求している)


歴史時代劇「ポロス〜古代インド英雄伝」を見て

(人間にとって共通のテーマを追求している)

polosking66.jpg

porosriver2.jpg

porosriver3.jpg

polosriver55.jpg

porosriver4.jpg


河をめぐっての攻防である、川に誓うということはありえない
山に誓うということはありうるが河に誓うということが理解できないのである


アレクサンドロスはすぐには川を渡りませんでした。川の反対側にはポロス率いる大軍が待ち構えているからです。アレクサンドロスは毎晩、少しずつ兵を送ってポロス軍を撹乱します。ポロス軍が疲れてきたころ。アレクサンドロスは嵐の夜に一部の精鋭部隊を率いて上流に迂回して川を渡りました。マケドニア軍が川を渡ったことに気がついたポロスは息子の部隊を送りますが、返り討ちにあってしまいます。息子は戦死しました。
https://rekishi.sseikatsu.net/poros/

雄牛 oxen 浅瀬(あさせ、英: ford)

オックスフォード大学はここからきている、牛が浅瀬を渡る意味である
イギリスは島国でも河が大きい、また深いから川を渡ることが容易ではない
それで浅瀬を探す、アレキサンダーも河を渡ることで浅瀬を探していた
また川を盾にして守るボロスが言う、いかに河が天然の防御となっていたかわかる
riverはまさにライバルである、両雄が河を挟んで対峙して攻防があった
それがこのドラマで演じられる、それは河が大きいかから河を障害となるからである
日本でも大井川などがあり橋をかけなかったとか橋を作れなかったとかあり防御としての河があった、でも外国のように大きな深い河がないから違っていたのである
とにかく河のことがわからないと大陸のことはわからない
ガンジス河がインドを象徴しているようにナイル河でもそうである、中国の黄河でも揚子江でもそうである、ドイツのライン河でもその河が理解できないということが日本人が外国を理解できないものにしている        

このドラマは何かインドとかの歴史を知るのにはいいと思った
インドの歴史などなじみがないからである、このドラマはスペクトルであり美しい映像で繰り広げられる、80億円もかかったというから一場面を作るのに一億とか軽く使っているそして興味深いのはドラマの内容でも何か人間の普遍的な問題を提示している

porosking1.jpg

ダスユに育てられたプルがパウラヴァ国王となり義理の兄(スメル)に命をねらわれる、それを母の王妃が殺される寸前にとめて殺してしまう
それでプルの王妃となったダスユの娘のラチが兄は謀反者ではない、ダスユの人たちも猛反対する、それで殺したプルの母親を責めて罰することを願う
その裁定はプルにまかせられた、プルにしても裁くのは母親でありラチにしても兄の無実を証明したい、これはまさに骨肉の争いになる
でもプル王はラチに母親の裁定をまかせた、そしたら7日間猶予を与えて証拠を示したら罰するとなった

ここの裁判で何か問題だったのか?それは骨肉を離れて真実を示すことである
そうしなければ双方が納得しない、公平にならない、もしそのままにして公平な裁判が行われなければ国は分断してしまうのである、分裂してしまうのである
またアレキサンダーの外敵に一眼となって向かうためにインドが統一しないと強大な敵に立ち向かうことができない、そこで家族を越えた国家への忠誠と愛国心が説かれる
それは一人の傑出した僧がそれを言って実行する、これは創作でありまたプルの物語も実際は不明である、ただこの物語は人間の普遍的な課題を追求している

つまりどうしたら国をまとめることができるのか?

それをまとめるのが王である、王とはただ力だけでは治められない、公平な裁定が必要なのである、一方的になると必ず不満が残り分裂する
そのために法律が生まれたのである、法の起源は宗教的なものから発している
モーゼの十戒でもそうである、つまり人間集団をまとめるには何が大事なのかである

ただ力で治められるのか?

そういうことが常にある、今起きているマンミャ―の軍事政権に反発するのは力だけで治めようとするからである、そういうところから民主主義が生まれてきたことは確かであるまた法律の起源をそういうことにある

何をもって人民を治めるのか?

暴力なのか?

それではできない

すると何なのか、公平になるにはどうするのか、それが問題なのである
どんなに軍事力があって強くても力だけでは人間社会は治めることができない
それは覇権国になったアメリカでもそうである、何か力があるからその力に任せて何でもできるかとなるとできない、王様は何でもできるものではない、何か理にのっとてっいるとか公平でありそれで信頼さられる
だからここでは一族とか血縁とかを考慮すると大きな国を治めることはできない
その大きな国を治めるのは公平が必要であり法律も必要になる
人間の社会は血縁だけではまとめられない、血縁を脱したもので共同することで団結して国が生まれる、その国をまとめるのは力ではなく公平さでありそこに法律が生まれた
文明というのはcibilizationというとき血縁共同体ではなく市民共同体の意味だからである、それも血縁を越えた大きな共同体になるからだ
そしてアレキサンダーという強大な外敵に対抗するには挙国一致が必要になる
何かそれは明治維新とも似ているのである
天皇には姓がないのは氏族が力をもっていたらその氏族をまとめることがでない、それで平家と源氏が争う、もし天皇がどちらかの姓に氏族に属していたらまとめるとができなから姓がないである

とにかくグロ−バル化するときただ力だけで治められのか?

アメリカは力でなんでも押し通すことができるのか?

中国は力で世界を治めることができるのか?

何かそういうことがグロ−バル化で起きている、グロ−バル経済というときそれは経済の原理だけでありそこに欠けているものがある
つまりモラルがないとかの問題がある、モラルなき経済でありその経済だけでは集団をまとめられないのである、経済の原理だけでは治められないのである
人間が求めるのは常に公平なことである、そこに不平等があると必ず反発があり分断され分裂してしまうのである
そうなるとアレキサンダーのような外敵に大敵に立ち向かうことはできないのである

家族愛があり一族への愛がありでも国家への愛が愛国心がありそこに公平さが問われ
ドラマが展開する、だからこれは普遍的な人間の物語でありどこでも同じことが起きる
ただ地理的に外国の河が理解できないことは違っているが人間の物語はヒストリーは共通したものがある
でもインドとなる理解しにくいしなじみがないのである
中国の歴史だとなじみがありわかりやすい、権力争奪のあからさまな争いであるからだ
それが三国志になったのである、インドは謎が多すぎるのである
ヒンズー教などもわかりにくい、仏教の基になっていたとしてもわかりにくいのである
それは結局河のことがわからないことにも通じているのである


夏の日の俳句十首(田舎の小径)


夏の日の俳句十首(田舎の小径)



countrylane111.jpg

natuazami111.jpg

夏あざみ十輪ほどや草深し

oldgate11.jpg

newmidou11.jpg

flower10kind2.jpg


クリック拡大で鮮明に


復興や声高に鳴く蛙かな

十種類花の買いにき夏の雲

門に松庭の奥にそ白菖蒲

黄菖蒲や新築の朝の御堂かな

トオスミの沼にひそむや隠さる径

ホトトギス街中に鳴き夕べかな

野の道に黄菖蒲映えて夕日影

そちこちに老鶯鳴きて田舎かな

人知らぬ木陰の径や田舎かな

畑にそポピーの赤く夕燕

夕燕交差し飛ぶやポピー赤し



田んぼに声高に蛙が鳴くというとき復興を感じた、でも田んぼでも原野化しているのもまだ多い、それは前から農業が後継ぎがいないとか原発事故だけではない
いづれは耕作放棄地になるともなっていたのである
この際あきらめたとなる、あとは耕地整理で広い田んぼにする工事をしている

田舎の魅力が小径にあるというとき田舎にはそうした小径が多い
そこを散歩するなり自転車で行くと涼しいし気持いいとなる

昨日は花丸に花を買いに行った、荷物をつけられる自転車だと原町までも結構楽ではなくなる、それで困っている、あそこは花の種類が多い
シラネアオイとかも売っていた、あれは北海道に咲く大きな花である
でも高山植物は庭に植えても根付かないだろう
花を見るには北海道がいいとなる
それで梅雨の季節にはいつでも北海道に行っていたのである

そのようにいかに自分が恵まれていたかをふりかえる
それも家族に恵まれたからだとなる
だから家族の影響は人間にとって本当に大きい
家族によってその人間形成が左右されるともなるからだ

ホトトギスが街中にも鳴いていた、ということは街があってもやはり自然の影響がある
まわりは田畑であり街中にもホトトギスが来るとなる、それは原町でもあったからそこはそれなりの大きな街でも周りは田畑だからそうなる

大内村のあの家は古風な作りでいい、蔵があり松があり門がありその奥に白菖蒲が咲いていた、その隣に古い御堂が新しくなっていた
この御堂は800年代のものであり坂上田村麻呂に由来しているからこの辺では相当に古い薬師堂だった、ということは大内村はそれだけ古い由来がある
それを証明しているのがこの御堂なのである

2021年06月02日

なぜメデアがマスコミが問題になるのか? (メデアは仲介するものー直接に聞いて見た情報でないから)


なぜメデアがマスコミが問題になるのか?

(メデアは仲介するものー直接に聞いて見た情報でないから)

massmedia111.jpg

メデアとは仲介するものでありメデュウムというとき中立という意味になる
メデアというとき何か人づてに聞くうわさ話とかもそうである
ある人を通してそれを聞くからである、直接話を当人から聞いているわけではないから
それを全部うのみにすると間違いやすい、それで噂話しは尾ひれが必ずついてだんだん
ありもしないことが大きなものとして広まる
ということは個々人でも媒介する仲介する人となるからである

またメデアというとき何か銀行とかがメデアとも見なかったが
やはり仲介するものだからメデアだとしている
それで銀行の営業を通して株とか投資信託とかを頼んだこと自体があくまでも仲介者する人を頼んだので失敗したともなる
なぜならその銀行であれ証券会社であれあくまでも仲介者であり直接株式に投資するというのではないからである

だから仲介者に手数料がとられる、そこで銀行であれ営業の人はまず手数料をどれだけ多くとるかということしか考えない
それで転売を常にすすめるのである、売ったり買ったりさせるたびに手数料が入るからである、そもそも長期間で株はみないともうからない、でもそうなると銀行であれ証券会社であれ手数料がとれないから転売させるのである
リーマンショックの八年前の株が元にもどり上がった時、その金をJ=REITに回したのもそのためである、それ以来銀行の営業の人を信じられなくなった
ただ仲介してくれるのだから手数料はとられる
そもそも株式市場に参入するには仲介者がいなかったら素人はできない
だからその仲介する者によって左右されてしまうのである

今クラウドファンディングが普及して来た、クラウドとは群衆のことである
なかなか長距離の折り畳みの自転車がない、でもそれが欲しいという人が多くなる
群衆化するとそういう人がそういう自転車を作る人たちに直接投資する
するとそういうことは銀行から金を借りてしていたのだが直接投資になる
それでメデアを介さない生産する者と消費する者とは直接結びつく手法がインタ−ネットで生まれたとなる
銀行に金を借りる必要がないからである、そこでメデアとなる仲介者の役割が喪失して
銀行の役割りがなくなる、投資先も金を借りてくれる先がなくなる
そういうことで銀行は窮地にたたされる

マスメデアとかマスコミはメデアでありそれがマスメデアとなる
そもそもあらゆるニュースはマスメデアによってマスコミによって報道される
個々人が伝達者ではない、でもそれも仲介者だからフェクニュースとかでも広まる
マスコミでマスメデアでとりあげるとそれが個人の噂の伝達より巨大な力をもつから
第三の権力までなった
何か現代社会はこうして仲介するものが大きな力をもった時代である
それは社会が村単位とかではない狭い単位ではない大きな単位になったからとても情報でもメデアを仲介するものがないと伝えられないからである
だから報道の役割か大きくなった、でもそこでマスメデアがマスコミが大きな権力をもつことになったのである
とにかく個々人でも直接接して聞いた情報ではない、仲介者の意のままにも報道される情報なのである
会社が宣伝費を払いマスコミにマスメデアに商品を宣伝してもらう、その媒介となるのがメデアだとなる、だから金をくれる会社の悪いことは言わないとなる

それで商品でも消費者が直接その商品を評価するときはマスコミでもマスメデアでも介さないからかえって的を得ている、信用できるとなる
例えは電器の量販店でも消費者が欲しいものを売るのではない、その店で売りたいものを売るとういことがある、店もやはりメデアであり、商品を売るメデアだともなる
だから常にこうしてメデアによって曲げられる社会にもなっていた
消費者は弱い立場になっていたのである

とにかくこの世で直接の知り合いとか直接に逢って話しして得られ情報は限られている
その他の膨大な情報は何かメデアを通して得られたものだとなる
だからマスコミとかマスメデアを通してしか情報を得られないとしたらメデアが大きな力を持つことになった
ある人が意見を言うにしてもメデアをマスメデアをマスコミを通して言う時、これも歪曲されるのである
仲介するものが無色透明でもない、中立でもない、会社から宣伝費をもらっているとき
その宣伝する会社の商品を悪くは言えないのである

なぜ民主主義がなりたたくなっているのか?
それは民主主義といっても一万くらいのギリシャのポリスで行われていたのである
それは直接民主主義であり顔も知っているしどういう人かも人づてではなく身近に接している人の間で行われていた、それが何百万票とか何十万票とかになるともうその人個人がどういう人なのかわからない、人づてに聞くだけである
だからその票になるまとまった人数が投票してくれる組織団体があって決まるとなる
個々人より自民党とか公明党とか立件民主党とか共産党とか党に投票している
個々人がどういう人なのかなどわからないし個々人の票は無力なのである

それは利権団体民主主義になる、小選挙区制だと余計にそうなったのである
狭い範囲なら個々人のことを知っていたからその個人に投票していた
もう現代のように規模が大きくなると個人は何の力もない、むしろやはりマスメデアとかマスコミが媒介して伝えるものが大きな力をもった
第一名前すら知らないとなり芸能人が参議院議員でトップ当選していたのもわかる
それはマスコミでマスメデアで一番名の知れた人だったからである
それで東京都知事になった青島とかは俺は選挙運動しないと言って選挙運動もしなかったが当選してきたのである、それはマスコミのマスメデアの力でありその人に何かできる能力などなかったのである

いづれにしろ村単位の社会からグロ−バル化社会になると情報に左右される
それを左右するのはマスメデアでありマスコミでありそうなるとNHKがあれだけ力をもったのはまるで神殿で信託を述べるような聖職者ともなる
何かマスコミが重大なことでも決めるとなってしまう、宣託するものがマスコミだともなった時代であった
それでNHKを常に批判している武田邦彦氏がNHKの人はいかにも善人のような顔している
でも実際は違うといういう、確かにラジオの時代は顔が出ないから顔で判断できなかったテレビがは顔が出るから何か悪人に見える顔とか美人でないと出せないともなる
見映えが良くないと出せないとなってラジオで人気だったNHKのニュース番組に出ていた人がやめさせられたということがずっと前にあった
どうしても顔が出ると顔から判断するからそうなったのである

その結果として映像が大きな力をもつようになった、そのテレビの映像でも真実を伝えるものではなくフェクニュースをマスコミでも作って問題になった
油まみれの海鳥が世界に放送されたときイラクは悪者にされて世界に伝えられたのであるそれほどの影響力をマスコミがもった、それは誰も世界となると現実に接することもできない、その当事者から直接聞くこともできないからそうなる
世界が拡大するとかえってフェクニュースでも真実になりやすいのである
そもそも嘘なのか真実なのか確かめようがないからである

2021年06月01日

立場が変われば見方が変わる(相互理解の難しさ) (男女でも見方が変わる)


立場が変われば見方が変わる(相互理解の難しさ)

(男女でも見方が変わる)

近くの人が80過ぎた人がしきりにいう、先生になぐられたことを根にもっていたのであるその先生も近くの人だったがじっと前に死んだ
その頃普通に学校は先生は生徒をなぐったり虐待していた
私も学校でそうさせられた記憶がありそれが心に残っている
何か人間を人間として見ないのである、奴隷のように見ているのが先生だった
またそうして厳しい先生が地域でも家族でもいい先生とされてもいた
今は逆に虐待だとか煩くなっている
ともかくそうしたことは意外と忘れない、根をもつことになる

ただ同世代の女性と話ししたらそういう厳しい先生の方がいいのだとしきりに言う
今は子供をあまやかしているという、これは女性から見た見方だと思った
女性はなぐられたり廊下に立たされたりしない、かえって笑っているだけだったとなる
そして厳しいししつけをするのがいいとされた時代だとなる
それで加治将一のyoutubeで団塊の世代の同期の人が子供は口答えするな、何も言えず飯を食えとしか言われないし何かというと殴られたとか言っている
その人は8人兄弟だというからそうもなるのかもしれない
でもそういうふうに地震、雷、火事、親父とか威張っていたのが昔の親だったのである

女の子にはそういうことがないからかえって厳しい方がいいとその母親となって年老いた女性は言ったのである、ところがその人には三人の息子がいるが一人は絶縁にもなっている、母親は苦しんでも何の関与もしない他人と同じなのである
そこには何か事情があるにしろ育て方にも問題があったのかともみる
ただ貧しい底辺の人だからそこにも問題があった
たいがい家庭では父親はこのように威張っていた、それが普通だったのである
だから大人になった時もそういうことを忘れない、それでその恨みを言うようになる
私の場合は早く父親が死んだからそういうことがなかったのである
もし生きていたらかえって恨んだりしたかもしれないのである

教育とは何か?それは自主性を育むことなのだが家庭でも学校でもそれができない
強制と体罰にもなる、人は何らかの才能を持っている、でもそれが伸ばせないのである
それは自主的に学べる環境が与えられないことにある
もしそれぞれか自主的環境が与えられれば自ら学ぶようにもなる、その時こそ学ぶことが身につくことになる
だから私の場合は大学を卒業していからの方が勉強したのである
大学ではほとんど勉強していないかったからである、勉強に興味をもてなかったからである
結局その後どうなったかとういうと就職もできないからアルバイトとか流れ作業のような底辺での仕事しかなくそれが嫌になり家庭環境に恵まれて旅ばかりしていたとなる
別に旅がもともとしたいというのではなかった、仕事に興味をもてないし就くこともないからそうなっただけである

結果的に旅ばかりしていれば自ずと地理に興味をもつようになった
また外国にも50代で行ったからさらに地理に興味をもつようになった
地理はまずいくら本を読んだり教えられたりしても興味をもてないのである
実地にその場に行かない限り興味をもてないのである
例えは詩とか作るにしても意外とその前にいろいろな体験をしておくことである
それで有効なのが登山とか旅とかになる
山を詩にしようとするとき山を知らなければならない、するとその詩を作る前に登山でも必要になる、でも登山となると体力がないので私は40代前にやめたのである
詩を作るというとき意外と体力がないと作れないとういことがある
なぜなら軟弱だったらとても荘厳な山を詩にすることができないのである
自然そのものが軟弱だったら詩にできないことがある
ただどうしても詩人というと体が頑丈な人は少ないと思う
ただ体が頑丈な詩人もいる、そういう人はまた別な感性に欠けるともなる

いづれにしろ立場が変わると見方が違ってくる、それで相互理解がむずかしくなる
男女間でもそうであり地理でもそうである
韓国から見た中国大陸からみた日本と日本から韓国や中国を見る感覚は正反対になる
日本は島国として韓国と中国をみる、それが固定観念となり世界を見誤るとなる
どうしても日本は島国でそうなりやすいのである
地理的に巨大な大陸的なものを理解できないのである
だから日本の太平洋戦争は無謀になった、西安まで日本軍が行っていたことに驚く
そこがどれだけ遠い場所かそんなところまで行っていたことは本当に無謀だったとなる
満州にしてもその広さを知らなかった、またアメリカでもその広さを知らなかった
知りえようがなかったともなる、それはその国の地理とかそこに住む人の立場を理解できなかったからだとなる
結局人間は自分の住んでいる場所がどこであれ中心として世界を観ているのである
だから必ずそこでその住んでいる場所が違うから見方が違い誤解が生まれるのである

人間が意志疎通ができないというときそもそも男女間でそうである
なぜこれほど離婚が多いのか、私の所に来た人が離婚が多いことに驚く
小高の人で二人離婚している、最近では67くらいになって離婚した
なぜか自分の家に来た人は離婚が多い、二回離婚した人もいる
熟年離婚も本当に多いのである、それだけすでに男女間でも意思疎通ができないということである
江戸時代でも離婚が多かったという時もともと男女の間でも意思疎通がうまくいっていなかったともなる
それは男女で基本的に相違が大きく社会でも世界の見方でも違っているからだとなる
その落差が大きいからどうしても離婚になる

また現代だと無数の職業がありその職業が違うと相互理解がむずかしくなる
それで鉄を作る人とか木地師とかは神秘的な存在になり伝説にもなった
天狗とかなんとかにされた人も何か意志疎通できない人だからそうなった
それより江戸時代なら隣の村の人との交流でも麦つきに来た若者が蛇だったとかされる
つまり隣の人すらなじめない異様な人とされたのである
それだけ隣の村同士でもなじめない交流しない世界だったのである
だから飯館村の大倉村と佐須村が明治になって合併できなかったのは民情が違うからとなっていたのである、民情が隣の村同士でも違ったのかとなる
それだけ人間が相互理解することは立場が違うと地理でも隣村ですら離れている相互理解が難しくなっていたのである
現代でも実際は相互理解することは本当にむずかしい、確かに情報が膨大になやりとりすることができても現実問題として相互理解する意思疎通することはむずかしい
グロ−バル化すると油まみれの一羽の海鳥でイラクを誤解したようになる
テレビの映像からだけでは実際は理解できないからである

人間が理解しあうことがどれだけむずかしいかは男女間で三分の一が離婚していることでもわかる、また立場が違うと見方が変わるからである
人間はそれだけ多様な立場がありそれで誤解も多くなる、現代はこれだけ複雑になると職業が多様化するとさらに理解がむずかしくなる
何か専門用語を弁護士でも科学者でも使うと理解できなくなる
まるで外国人と同じになる、現代とはこれほど他者を理解することがむずかしい時代はなかった、江戸時代なら農民が大半だったというときそこで理解しやすかったのである
侍にしても農民から税をとって生活していたから農業を理解することがあったからだ
現代はもう無数の職業がありさらにグロ−バル化すると理解不可能になったのである
ただ物が入ってきても相互に理解しているわけではないのである
そこでグロ−バルな争いにもなり世界大戦にもなったのが20世紀だったのである

posted by 老鶯 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育心理学など

2021年05月31日

丸森に見るソーラーパネルの危険 (山ごとソーラーパネルになっていた)


丸森に見るソーラーパネルの危険

(山ごとソーラーパネルになっていた)

solorpanel2223.jpg
山が全部ソーラーパネルになっていた
これは危険である

丸森のメガソーラー建設計画 山林開発に広がる反対論
https://kahoku.news/articles/20210117khn000020.html



鉛などの有害物質を含んだゴミがそれとは知らずに近所に捨てられている――。
総務省は9月、少しぞっとする内容の報告書を公表しました。名指しされたのは太陽光発電用のパネルです。

太陽光パネルは電極やシリコンを何層も強固に接着してできています。分離してリサイクルするのが難しく、20〜30年の寿命を迎えると産業廃棄物の処分場に埋め立てられるのが現状です。
総務省によると、パネルに含まれる鉛やセレンなどの有害物質の情報を処分場に提供していない業者は調査対象の8割に上ったそうです。
https://plaza.rakuten.co.jp/guidedog/diary/201712260001/

平野部に建設するのが理想ですが、日本では土地が限られてしまっているので、そういった場合には森林を伐採して、そこにソーラーパネルを設置する事も多々あります。

人工的に斜面を作ったエリアを法面(のりめん)と呼びますが、「雨が降った際の水路の設計」「植生マットの貼り付け」「根まで伐採しない」等を通常行います。

これらをしないと土砂災害の原因となります。
対策をしていても土砂崩れのリスクは高いものとなってしまいますし。

実は、斜面の草や木の根っこが雨を吸い取り、また 根っこ大きくなるので、地盤が安定するのです。

ソーラーパネルを設置する場合には、どうしても伐採しないといけないので、地盤が緩くなるリスクが高まってしまうのです。

排水溝も作らなければ、土が流されてさらに崩壊します。
https://taiyoukouhatudenrogu.com/dosyakuzure/



丸森で相馬市の宇多川をさかのぼって入ってきた所の山がまるごとソーラーパネルになっていた
山で斜面とか一部なのだが山がまるごとソーラーパネルになっている
そういうものはあまり見たことがない、丸森はソーラーパネルが多いのかもしれない
人間が人工的に作るものは人間の営みはもともと自然破壊なくしてありえなかった
焼畑なども神鳴りなどで発火して森が燃える、するとその灰が肥料になり作物が育ちやすくなる
そういう自然の作用を見て焼畑が最初の農業として広がった
飯館村の佐須は焼畑の意味であり全国にそうした地名が多い
これも大規模になれば森を破壊するのだから自然破壊につながる
農業すら自然破壊だった、森を破壊して田んぼにしたからである
それでこの辺で津波の時、松原が根こそぎ失われた、それは江戸時代からあったもので
幹が太いものだったのである、だからもったいないと見た
でも松原が純粋自然のものではなく人工的な人為的なものとして作られていた
稲作のために塩害から防ぐものとして松原が作られていた

そして自然ではないということは不自然だから松原は津波で全部流されたとなる
なぜなら自然林となると混合林であり一種類の木だけがある森はないからだ
それで津波の後で松原は実際は津波に弱いことがわかった
根を強く張らないからである、また砂地のような所だと地盤が弱いということもある
松原は人工林であり自然林ではなかった
また杉林も人工林であり自然林ではない、木材として利用するためにいいから人工的に植林して作りだしたものである
それでもともと自然林であったものが破壊された
何かこの辺の森でもぶな坂とかありブナの木があった

ブナの果実は多くの哺乳類の餌として重要であり、中世ヨーロッパではブナ林で養豚が行われていた[6]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%8A

bunaki1122.jpg
ブナは腐りやすく分のない木の意味

ぶなは分の無い木、役に立たない木の意味で和製漢字

ブナは木材としては役に立たないから人間側で無駄なものとされてこの漢字が生まれた
でも自然で無駄なものはありえないのである
それはあくまでも人間側からの見方でしかなかった
現実に果実は熊でも他のものでも役に立っている
ただ木材としては用途がないので無駄なものとされたのである
そういうふうに人間側からの見方だけになると自然の連環を生態系を壊すことになり
危険なものとなる
それが津波で松原が根こそぎ全部破壊されたりする、つまりもし混成林だったら津波を多少防げたとうこともある
津浪に強かったのは竹だった、なぜなら竹は根が強く張るから根こそぎ流れることがないからである、それで助かったという所もあった

とにかくあのように山ごとソーラーパネルにすることは危険である
木がないことは保水能力もなくなる、木は根を張り山に水を貯える
それで雨がなく乾燥していたとき山に入ったらきれいな水が山の奥で流れていたとき感動した、山にはいくら雨が降らず干ばつのようになっても水が流れていたことに感動した
山には保水能力がある、それを山ごとソーラーパネルにしたら保水能力もなくなり
なんらか田んぼとか農業にも影響してくる

ただなぜこれほど全国的にソーラーパネル化しているのか?
それは農業が田んぼなどが耕作放棄地になっているからである
零細な農業などが後継ぎがないとして継続されず放置される
この辺では原発事故以後耕作放棄地が多くなった、もともと跡継ぎなどがいなとか割にあわないとかで放置されるようになっていた、そしてそれに原発事故が拍車をかけたのである
そして田んぼは耕地整理で広くしている、すると余計に小さい田んぼは放置される
そこかソーラーパネルになりやすいのである

丸森でもソーラーパネルが増えたのは木材として利用されないからである
江戸時代などは米沢藩と伊達藩と相馬藩で三つ巴で木材をめぐって熾烈な争いがあった場として知られている、それだけ森が広く木材が豊富にとれる場所だったからである
今でも森が深いのである、それで森に迷い入り出れなくなった恐怖を経験した
ただ最近ウッドショックとかなり外材が入らなくなり家が建てられないとか騒いでいる
そして日本の木材が高騰しているとかなる
そうなると丸森とかでもまた他でも日本の森が見直されるとなる
つまりグロ−バル経済の危険は何かあると輸入できなくなることなのである
だから経済の基本は地産地消なのである、もちろん全部とはならないけど基本はそうしないと何かあると外部から入ってこなくなる、特に外国が相手だとそうなりやすいのであるだから過度なグロ−バル化は見直すべきなのである
何かコロナウィルスとかはそういう過度なグロ−バル経済による自然破壊とも影響している、生態系に反するものとして人間が暴力的に機械でも熱帯の森でも破壊する
そうしてそういう生態系の破壊からコロナウィルスのようなものが出て来る
それでそうした自然破壊に歯止をかけるためにコロナウィルスが神がばらまいたのかともみるのである



posted by 老鶯 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2021年05月30日

分去や追分の地名を偲ぶ(丸森ー大張村の詩) (機械化すると人間の情が失われる)


分去や追分の地名を偲ぶ(丸森ー大張村の詩)

(機械化すると人間の情が失われる)


街道の分岐点をいう。そこまでは一本であった道が二つに分かれ,それぞれ異なる方向に進みはじめるところである。追ってきた牛や馬を,どちらか一方の道に〈追い分ける〉ことから生じた名称と言われている。〈追分〉という地名は今も各地に残されている。その代表例として著名なのは長野県北佐久郡軽井沢町の追分で,中山道と北国街道の分岐点であった

わかさ(逆引き)

ことに昔の本陣だつたままの家作りの牡丹屋や桝形の茶屋の古びた美しさや、その村はづれの分去れのあたりの山々の眺めなどをなつかしんで
ふるさとびと (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)

おえふがまだ二十かそこいらで、もう夫と離別し、幼兒をひとりかかへて、生みの親たちと一しよに住むことになつた分去れの村は、その頃、みるかげもない寒村になつてゐた。
ふるさとびと (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)

わかされ(逆引き)

その翌日、英夫君は二時の汽車で帰るというので、昼飯を早目にすませてから、お別れに村の西のはずれの、分去のところまでぶらっと散歩に行った。
雉子日記 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)  

分れる、去るからこの地名が生まれた、こういう地名が生まれたのは何か人々の思いが残されたものとしてある
追分というのが追ってきた牛や馬を,どちらか一方の道に〈追い分ける〉ことから生じた名称と言われている
これも牛と馬が人間と一体となりあったから生まれた地名だとなる
そういう昔の生活を偲ばないと地名の意味を知ることはできない

つくづく私は自転車で旅するとき必ず道を行くと道が二つに分かれる
そういう場所にどっちに行こうかとなる、だから分かれ道が一つの思案する場所になる
江戸時代辺りだと電車も車もないのだから道を行くから必ず分かれ道がある
その分かれ道が心に残る
そして分れ去ってゆくということ、道行きで道連れがあっても別々の道を分かれ去ってゆく、その時今のように再び逢うということがなくなることも多い
だからこそ分かれ去りには人の思いが残ったのである
そこで人はその後姿を見て見送ったのである

現代とこうした感覚がなくなった、電車でも車でもない、機械は何か人間的なものを奪うことが常にある、それで老子は鍬まで否定したのである
機械は悪いとかではない、人間的なものを奪うのである、鉄道とかに愛着がある
鉄道は何か車と比べると人間的なものとして残されたとなる
それは駅舎に待つ時間がありまた人が出会い分かれる場所としてまだあった
しかしそれも無人駅化するとか鉄道から車時代になると失われたともなる
車は便利でもどうしてもやはり人間的なものを失ってゆく、そして鉄道の駅舎とか鉄道自体が昔の暮らしを偲ぶ回顧的な場所になった
新幹線でもそれが早すぎて何か人が出会い分れるとか見送るとかの時間がなくなるのである
つまり時間の感覚が相当に違ったものになっているのだ
どうしても車で来ても車を見送るという感覚になれない、そこに肝心なのは人間の情が失われたことなのである
江戸時代とかを理想化するわけではないが明治時代でも戦前でも義理人情とかが日本人にあった、でもそういうものも機械化がすすむと失われてきた
それはやはり機械化とかいろいろ文明化して失われたとなる

旅だけではない、農業だったら昔は田植えでも協同作業でありみんなで田植えをした
村総出でみんなで村の田植えをしてそこに人間の結びつきがうまれた
機械化するとそういうものもなくなり村の結びつきも失われてきたともなる
機械化文明化で失われたものが相当にある
ただそれに気付いていないのである、何か現代が情がなく冷たくなったというとき
社会が変わったためだともなる

例えばその人がいつも言っている、道端で倒れても誰も助けてくれないという
それは車社会になると道端に倒れていても見えない、突っ走ってゆくだけだとなる
車だとそれは人間ではない、物体なのである
だから人間と人間が情を交わすことがなくなる
旅しても旅は道連れともならないのである、それは鋼鉄の物体なのである
そこに閉ざされて人間的交流を拒絶しているともなる
だからキレる人間が多くなったという時、車自体がキレるものなのである
それで突然自転車に向かって「馬鹿野郎」とか突っ走ってゆく
それも車から見れば自転車は邪魔者であり目障りになっているからである
歩行者でも車社会になると目障りになることがあるからだ 
人間が車をもつこと車社会が人間をいかに変えてしまったかを知るべきである

 足柄の御坂に立して袖振らば家なる妹はさやに見もかも

 袖振らば見ゆべき限り我れはあれどその松が枝に隠らひにけり

 石見のや高角山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか

人が分かれる時こうして袖をふる、それは何か呪術のようなものがある
そういうことになったのは人が別れる時なかなか会えなくなるということがあった
遠く解かれて逢えなくなるということで別れを惜しんだのである
それもその別れる姿とかその景色とかのなかに人と人で出会い別れるからそれが心に残るものとなった
車だったらただ車という物体が去って行くというだけになる
また逢うにしても今ならいつでも逢えるとなり逢うことの重みがなくなったとなる
こうして現代は機械化したりして何か人間的なものが喪失していったのである
要するに機械化することは人間も機械のようなる
そして遂にはロボットが人間の友となる、機械が人間の代わりになる
でも機械にはロボットにはいくら知識があっても情をもてないのである

そもそも古来キリストでもお釈迦さまでも宗教は愛とか慈悲を説いた時、最も重んじたのは人間の情愛のことである、それが機械化で失われたのである
その行くつく先が人間はいらない、ロボットが人間の代わりをしてくれるということなのである、ただロボットには肝心の情が愛情などもてないのである
ロボットがすべての代わりをしてくれないのである
底地機械化の盲点がありそれで情がなくなった世界は最も冷酷な社会にもなりうる
ロボットなら情がないのだから平気で人を殺戮できるマシーンになる 

それも恐ろしいことなのである、だから機械万能社会になることも危険なのである
ただ人間社会はそういう便利なこと機械化から逃れられない、どこまでも追求してゆく
でもそれが人間のパラダイスになることはない
そのことはみんなすでに情なき社会で苦しんでいるかでもわかる
すべて機械にロボットにしてもロボットには情がもていないのである
だから病院には機械装置で囲まれて人間をみるにしてもそこに情がない世界になるから
嫌だとなる
今でも医者とか看護師でも情がないということがありいくら医療が発達しても病院は怖い場所だとなり病因では死にたくないという人も多いのである
最先端の技術で治療されても情がない世界は怖いということである
人間をただ物体のように見ることがあるからだ
そういうことを経験すると病院では死にたくなとなる

いづれにしろ旅でもそうだがそもそもあらゆるところで機械化してゆく、するとそこに欠けたものが何かわかる、すでに見えてきている、情なき冷酷な世界である
すでにそういう社会になっている、あらゆる場所で機械化自動化される、そこに情なき世界になる、人間はみんな物体になり人間として扱われないとなる
人間の相手をしてくれるのはロボットだけだともなってしまうのである
つまりロボット化することは人間もロボット化することなのである
道具に機械に頼ると人間もやはりその道具や機械によって人間性を奪われると警告していたからである 

隠されし村

七曲の道を上り来て
山中分け入りて一村ありぬ
春の日に迷い入るかな  
八重桜咲き山家あり
ほのぼのとして陰に休む
山腹に石によりシャガの花咲く
また一つ山の家の古りぬ  
粗末な墓のいくつか草にうもれぬ
かくして川張り村を初にたずね
一本の木の下に石二つ
夫婦石ともあれ
ここの暮らしのいかに
かなた白石城への道
こなた梁川城への道
旅行けば道は分れぬ
ここに古くも暮らしありしも

大張村で白石の方に行く道と梁川へ行く道に分かれていた
その時二つの道からその方向への街を意識した、分かれ道は旅情を覚えるのである
つまりどっちに行こうかというときまさに未知(道)なるものへ旅しているからである
これが電車だとそういうことはない、規程路線を行くだけである
また車だとそうならない、ただ方向を変えて突っ走るだけだとなる
分かれ道があったとしてもあまり歩くとか自転車と違って旅情を感じないのである
ただ私は車で旅していないからわからないから車については語ることができない

丸森は阿武隈川あり蔵王が見えるし森か深いしそこに隠された村をがあるとか魅力があるただ一山二山とか全部ソーラーパネルになっていたので興ざめした
それよりもし台風などがきたら木がない山だから水が一気に流れだして来る
それで恐怖を感じた、丸森はソーラーパネル化されている、反対している村もある
何かこうして自然も破壊されて人間の情も喪失してゆくのは現代の文明のためである
それに反対しても社会状況で反対できないとなる
                                            
阿武隈高原の回想の旅の短歌 (阿武隈高原の魅力は幾重にも分かれた道にある)


2021年05月29日

人間評価の基準は何なのか (佐藤優を推奨した鈴木傾城の疑問、有力者の背後に組織団体がある)


人間評価の基準は何なのか

(佐藤優を推奨した鈴木傾城の疑問、有力者の背後に組織団体がある)

satoyu1.jpg

前に佐藤優を創価のプロパガンダとして批判した
それがなぜヒットラーを批判できるのか,ナチズムを批判できるのか?
また毎日読んでいるダークネスの鈴木傾城もこの本を推奨しているので失望した
ただこの人の言っていることはまともであり人気があるのもわかる
毎日読むプログはないから読み応えがある
純粋の右翼である、右翼の大物に傾倒しているのもわかる

でも今日のプログでこの本を推奨していることには疑問だったしなぜなのだろうと思った人間は結局どうして人を評価したり判断したりするのか?
どういう基準で判断するのか、個々人はどうして判断するのか?
大勢の人はそもそも何かの判断基準をもっているのだろうか?
また何をもって判断基準にしているのか?

ナチズムとかがなぜ生れたのか?

そもそも個々人は判断基準をもたない、数が多いということが正義になった
だから民主主義から選挙から正当な手続きをえてナチスが生まれて支配されたのである
なぜなら今でも民主主義とは数になってしまったからである
数が多いことが正義でありすべてになったからである

そうなると創価のように何が何でも数を集めることに奔走する
数を集める選挙がすべてになる、一番早く選挙運動するのが公明党である
もう二年前から選挙運動であり日々の活動が信仰でも一票を獲得するための選挙運動なのである
現実に座談会では池田大作先生のためと座談会に集まりみんなで祈り選挙に勝つことを祈願する、それが日々の活動なのである、池田大作はヒットラーと似ている
そこで活動する人はナチスのヒットラーユーゲントともなる
そして会員が何百万いるといっても全く活動しない、座談会にも出ない人がまた百万以上とか膨大なのである、それが幽霊会員でありその幽霊会員を票に結びつけるのがまた幹部の日々の活動なのである

すべては選挙に勝つため!

これしかないのである、信仰とか内面の問題など全く考慮しない、そんなことしていたら票など集まらないからである、あとはすべて御利益なのである
利益になればいいという御利益利権団体になる
つまり創価こそナチスであり池田大作はまぎれもなくヒットラーなのである
その創価のプロパガンダになっているのが佐藤優であり池田大作の礼賛の分厚い本を出している
そういう本を出せるのも背後に創価があって指示されるからだ
会員が買ってくれるからである

何か人間を評価するときどういうことで基準にして評価しているのか?

これが問題である、まず一人の人間を評価すること自体困難を極める
その人がどういう人なのか知ることがむずかしいからである
ただ基準になるのはある団体に組織に所属していることで人間を分類することである
左翼団体もあり右翼系団体もあり宗教団体もありそれでその人を判断の基準にする
鈴木傾城は右翼でありすると右翼団体があり右翼団体としてみる
その発言も右翼団体をもちあげるものとなる
ただそうして左翼であれ右翼であれ団体に所属しても個々人はまた違ったものになるが
一つの色に染める、人間は何の団体組織に所属しているかでみる
会社員だとどういう会社に属しているからでその人間をみる

津田大介とかは左翼でありこの人が推奨されるのは左翼の団体に所属する人たちだとなるまたこの左翼系統は在日と連携しているともなる
在日ネットワークがありこれが良くわからないにしても強固の団体のようである
なぜなら在日と言っても日本人と同じだから日本語も日本人と同じ話しているのだから
日本人なのである、だから在日の人には本を出している人とか大学教授とかマスコミとか主要な分野で力をもっているのである
NHKも在日に支配されているかともいわれる、だから在日というのは裏で操作できる実力者集団とかとされる、ただこれも明確には見えない
とにかくこの在日の人では相当に優秀な人も多いのである
個人的にもそうである、アメリカ国籍をもっていて在日の人がいる
これも私には理解できなかった、こういう人は俳優でもいたし結構いるのかもしれない

ではなぜそうなったのか?

日本人でありたくないということがあったのかもしれない、それでアメリカ国籍にして日本人として生活しているとなる
例えば在日ネットワークがかなり社会的圧力団体になっているのはこの辺で小説家として柳美里とか小高に生活している
その人がアメリカの賞をもらったりまた芥川賞とか直木賞とかもらったりする
そして南相馬市の市役所にその賞をもらったことで南相馬市として名誉あることとして
そのことを宣伝している

でもなぜ公の役所でそういうことができるのか?

これも疑問なのである、何かあると小高の人でも動員されると嫌がっていた人もいた
他に原発を訴える詩人とかいてもそれは左翼系統で支持されたりまた何か原発事故を利用して有名になろうとしていた、アメリカとかフランスとかから賞をもらったというときそれはその作品とかとは関係ない、政治的配慮でもらったのである
原発が一番あるのはフランスでありまたアメリカでもある
するとフランスとかアメリカが批判の対象にもなる、でも批判はしない
その責任は追及しない、ただ自分が有名になればいいだけなのである

つまり何か強制されているというのは在日ネットワークが背後にあったりそれで人々はそれに従わざるを得ないということである
ただ正直その人の本は読んでいないから評価できない
つまり公的なことでもそうした団体組織に動かされるのである、そういうふうに佐藤優とか津田大介とかが個人ではない、背後に団体があってそれでその代表として大きな力をもつことになる、たいがいその人の評価は背後の団体で決まっているのである
またその背後にそうした団体組織がなければ発言すらできない
それで武田邦彦氏が原発に反対すると右翼系の組織から排除されると言っていた
というのはあれだけ右の発言をしているのに原発反対だとその仲間になれないとしているからだ、ということはその人は個人として発言しているからそうなるのである
ただ個人として発言すると拒否されて公的な場所から排除されるのである

つまり人間の評価の基準は背後の組織団体があって決まっている

こうみるしかない、それが左翼であれまた右翼であれ創価であれ在日であれ他の宗教団体であれその団体の支援があり個人も主張できるとなる
私は右翼でも左翼でもないのである、右翼的発言もあるし左翼的な発言もある
でもどちらの応援もないし所属してもいないのである

とにかくそもそもナチスというのは今世紀最大の問題でありまた日本の戦争でもなぜ三百万人も死なねばならなかったのか、それが20世紀の最大の問題であった
それはグロ−バルに起きたことであり社会が世界で均一化した結果でもある
だいたい世界的にみんな同じような生活をするようになったからである
例えば戦争でもこれほど大量殺戮化したのは日本がだったら武士とかヨ−ロッパでも貴族とかが戦士となりその選ばれた戦士の戦いだから限られていたのである
それが国民全員が戦士となったのが国民国家となって戦ったのが20世紀のグロ−バル化社会だったのである

当然なそうなると国民全部が戦士として戦うか何千万と世界で死んだのである
またナチスが生まれたのはそうした社会になってそうなったのである
大衆化社会とかゲッベルスの宣伝とかその時はテレビもないのにラジオがナチスを作りだしたというのもそうである
今ではテレビが力ももち大衆洗脳装置となっているとかなる
そういう情報社会になり一見みんな誰でも自由な発言をできるようで実際は個人ではできない、背後に組織団体があってその代表として発言しているのである
第一マスコミでもそうである、誰でも発言は勝手にできない、その人選はテレビ局がしている、また番組をNHKでもNHKの意志があり編集している
必ずマスコミでも何の意志もない発言はしない、それはNHKの幹部が方針を決めるのである
中立なようでそうではない、また報道するものとな報道しないものを選択しているからである

ともかく何かを評価の基準にするのか、それは例えばNHKに出るだけですでにその人は大きな力をもち評価される、その評価はNHKによって決まるともなっているのだ
私の評価基準は創価の内部を知っているから創価をもちあげる人は評価しない
それは背後に団体があり組織があり発言しているからである
田原総一朗なども創価をもちあげる、それはその団体の一員とも化しているのである

いづれにしろ大衆装置として新聞があったりテレビがあったりマスコミが力を持った
インタ−ネットになると確かに個々人が発言しているがこれも背後にある組織団体が左右するともなる
だから名古屋の知事のリコール問題もそうした右翼と左翼のしのぎあいであった
組織団体同士の戦いでありそこに不正があったとなる、その組織団体の代表たちの戦いでありその代表に津田大介とかあったとなる
とにかく知識人には問題が多いのである、それは結局その個人というのはない、背後に組織団体がありそれに利用されているとことあるからだ、数が多いといことが正義でありそれが民主主義を歪めてそこからナチスが生まれたからである
だからむしろ多数は信じるなともなる、原発事故でもそうだったのである、それで「安全神話」まで作られた
権力とか多数で物事が決められるとき危険なものになる、民主主義が多数がすべてを決めるから最も全体主義にもなりすいものだったである

小竹海広、伊藤春香、津田大介やらをなんとかしろ


posted by 老鶯 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2021年05月28日

竹の子、菖蒲、夏の山、薔薇(夏の日に近辺を回る)


竹の子、菖蒲、夏の山、薔薇(夏の日に近辺を回る)

pepplerose111.jpg

hikagecho1.jpg

紋見るや夏の日影に蝶一つ

ayamehaka1.jpg

ushigoess1.jpg



竹の子のここに伸びなむ力かな

校庭に若き等の声若葉かな

ゴミとして捨てらる蟻のあわれかな

草深し墓地にあやめや文久と

押し車畑を行くや菖蒲咲く

野の道に桑の実食べて甘きかな

一時の牛越城や夏の山


我が庭に牡丹の継ぎ咲き絶えじかも栄もここにつづくべしかな

薄紫の薔薇の二輪を我が植えてまもなく散りぬはかなかりけり

薄紫二輪の薔薇の散りにしも心にとめぬ我が庭なれば

田の道に夏の日影やなおさして我が走り行く悪路なれども



庭に薄紫の薔薇を植えたが一時咲いてすぐに散った、これは根付かなかった
何かそれで源氏物語のことを思い出した

「紫」の名は古今集の雑歌

「紫のひともとゆゑに武蔵野の草はみながらあはれとぞみる」

女性は関係ないにしろ紫とは上品な色なのである、この感覚である

牡丹だけは二十年なのかそれ以上なのか咲き続けている不思議がある
種が落ちてまた今年も二輪くらいは咲いたからである
こうして同じ場所に咲き続ける、そうしてこの家の栄もつづけばいいとなる
でも空家化してくる、それが問題なのである

今は菖蒲(あやめ)の季節であるが散り始めた、桑の実はどこにでも鳴ってきる、これが甘いのである、だからこうして無料で食べられるものはマナだとなる
理想的にはこうしてマナを食べて自由にどこにでも鳥のように行けたらいいとなる

今日は晴れたから朝と晩に自転車で近くを回った
昼間は日射病になるから行けない、晩方はすずしくて気持ち良かった
そこに竹の子が生えていた
何か自分自身が生きている土地に竹の子がでてくることは力強いと感じた
竹の子は食料にもなるからだ
でも今は食料でも地元でとれたものをほとんど食べないのである
スーパーで外から来たものを食べるだけだとなる

そうなると本当に田舎に地元に生きても何か力が湧いてこないともなる
そういうことが本当はグローバル社会の問題でもある
本来はなるべく地元のものを地産地消がいいのである
グロ−バル経済が一見いいようで何かそれが本来の自然に生態系に基づいて生活していないからすべていいものではなかった
それでコロナウィルスが生まれたと言う科学者もいるから共感した

ここに地元に竹の子が伸びる、それを食べる、何かそれは遠くから来てスーパーで食べるのと同じようで相当に違っている、その竹の子を食べたらその土地の力を感じるだろう
そういうことに農業の意義があったとなる
でも現実はもはや不可能になっている、自分自身すら米は会津の米がうまいと他でもブランド米を買って地元の買わないのである
どうしてもうまいのを食べたいからそうなってしまったのである
グロ−バル化というとき外国まで食料を輸入する依存することは相当に問題なのである
竹の子は夏の季語であった

原町の牛越城は5年間しかもたなかった、その後は相馬市の城に移った、中村城である
でも5年間でも城ともなっていたのである
だから歴史ともなる、その歴史があるから普通のただの山ではないとなる
だから必ず歴史を知らないと深い見方ができないのである










福島県の奥の細道の俳句(自作)―芭蕉の跡をたどる

                    
福島県の奥の細道の俳句(自作)―芭蕉の跡をたどる

okunohodomichihana1.jpg


(白河の関所跡)

みちのくの細道たどる草の花

関所跡昔行き交ふ虫の声

いわれ聞くしのぶもちずり木槿かな

幻やいづこに咲くや花かつみ

(医王寺)

医王寺に着物の女人落椿

医王寺の白壁に春の日影かな

夕月に藤の花かな鐘なりぬ  

(飯坂)

飯坂の夕ぐれあわれ花に雨

雨しとと桜に橋や湯の煙  

飯坂へ電車通うや菖蒲かな

国見町弁慶松や秋の暮  

春日さす下紐の石ここに暮る

甲冑堂忠臣の嫁菖蒲かな



場所の記憶として俳句を作った、これも錯綜した記憶となった、草の花というとき秋である、その時は八溝山を自転車でぬけて白河の関所に来た
ともかくその行路の記憶も定かでなくなった
ただ延々と草の花が野菊の花が咲き続いていたのである
そうして白河の関所跡に来たのである
多少は「 卯の花をかざしに関の晴着かな 曾良. 」みちのくというときまだ拓けていない地としてありそれで野の花をかざしてみちのくに入ったというのがそうである

奥の細道といっても何か記憶に残ったのは白河の関所と白河の小峰城である
ただ前にも書いたがどうしてか芭蕉は城のことを書いていないし俳句にしていないのが不思議なのである、城というと一番目立つからである
二本松でも城のことは書いていないのである、だから忍者説がでてくる
城は隠密のように探るところであり風流の場所でなかったからだとなる
そもそも芭蕉の俳句に城の俳句がないことが謎だからである

 等窮が宅を出て五里計*、檜皮の宿*を離れてあさか山*有。路より近し。此あたり沼多し。かつみ*刈比もやゝ近うなれば、いづれの草を花かつみとは云ぞと、人々に尋侍れども、更知人なし。沼を尋、人にとひ、「かつみかつみ」と尋ありきて、日は山の端にかゝりぬ。二本松*より右にきれて、黒塚の岩屋*一見し、福島に宿る。
 あくれば、しのぶもぢ摺りの石*を尋て、忍ぶのさと*に行。遥山陰の小里に石半土に埋てあり*。里の童部の来りて教ける、「昔は此山の上に侍しを、往来の人の麦草をあらして、此石を試侍をにくみて、此谷につき落せば、石の面下ざまにふしたり」と云。さもあるべき事にや*。

芭蕉が求めた花かつみはヒメシャガのことだという、シャガの花の紋様があるからその名がある、何か神秘的な花となりそれを求めたとなる、みちのくだとそういう花があってふさわしいともその頃見ていた   

とかくして越行まゝに*、あぶくま川*を渡る。左に会津根*高く、右に岩城・相馬・三春の庄、常陸・下野の地をさかひて山つらなる*。かげ沼*と云所を行に、今日は空曇て物影うつらず。すか川*の駅に等窮*といふものを尋て、四、五日とヾめらる*。先「白河の関いかにこえつるや」と問。「長途のくるしみ、身心つかれ、且は風景に魂うばゝれ、懐旧に腸を断て、はかばかしう思ひめぐらさず*。

 風流の初やおくの田植うた 

 此宿の傍に、大きなる栗の木陰をたのみて、世をいとふ僧有*。橡ひろふ太山もかくやと閧ノ覚られて*、ものに書付侍る。其詞、
栗といふ文字は西の木と書て、
西方 浄土に便ありと*、行基菩薩*の一生
杖にも柱にも此木を用給ふとかや 。

 世の人の見付ぬ花や軒の栗 

 
 栗の花が花と言えるのか?
何か花かつみはヒメシャガであり卯の花とかまた私の俳句では草の花とかそして栗の花とか何か変わっているとはなる
あまりばっとした花でないからみちのくにふさわしいのかとなる

しのぶもちずり石は有名である、私が訪ねたときは秋であり回りの村の家に木槿が咲いていた、それも似合わっていた、この辺は福島の市街からかなり離れているから家が点々としかないから今でも往時を偲べる

医王寺というと場所が寄ったのは五月であり

月の輪の渡しを越えて、瀬の上という宿に出る。佐藤庄司の旧跡は、左の山際一里半ばかりにある。飯塚の里鯖野と聞いて、尋ねたづね行くのに、丸山というのに尋ねあたる。これが庄司の旧館である。麓に大手門の跡など、人が教えてくれるのにまかせて、涙を落とす。
 またかたわらの古寺に一家の石碑を残す。中にも、ふたりの嫁の墓標が、まずあわれである。女なのにかいがいしい名の世に聞こえたものであるわと、袂をぬらした。堕涙の石碑とさほど差はない。
 寺に入って茶を乞うと、ここに義経の太刀・弁慶の笈をとどめて寺宝としている。

笈も太刀も五月に飾れ紙幟
   (おいもたちも さつきにかざれ かみのぼり)
   
この佐藤氏は相馬藩の前に磯部中心にして支配していた館もあった佐藤氏である
磯部館から後で相馬の道の駅の鬼越館に移動したのである
高潮で被害にあったからだという、それは慶長津波の前なのである
でもその鬼越館のかなり前まで津波が来たのには驚いたのである
佐藤氏は塩手山の下に二軒ほど佐藤氏の家があった、そこはやはり福島市の方から来た佐藤氏が祖先なのだろう、ただ佐藤氏はとにかく普通にあり多いからまぎらわしくなる
佐藤氏は福島市から医王寺の義経の家来でありその子孫が相馬の方に移り磯部館に住んだとなる
佐藤庄司というとき相馬藩内に庄司建設がありそれが由来となる、姓からたどるとそうなる  

佐藤庄司と義経伝説

治承の昔(1178年)信夫の荘司、或いは湯の荘司といわれた佐藤基治公が当地の大鳥城を居城とし、奥州南部の広域を収めていました。
 源義経公が旗揚げをした折、基治公はその子継信公・忠信公を側臣として遣わしましたが、兄継信公は屋島の合戦において義経公の盾となって能登守教経の矢を受け亡くなり、弟忠信公は頼朝公に追われた義経公を京都堀川の館から脱出させるため、義経公の身代わりとなって討ち死にしました。
 その後奥州に入った義経公一行は醫王寺に参籠し遺髪を埋めて二人の法要を営みました。また、兄弟の奥方「若桜」「楓」の二人は、息子二人を失い悲しみに暮れる老婆「乙和御前」を慰めるため、甲冑を身につけ兄弟の凱旋の勇姿を装い姑の心を癒したといいます

 嫁の墓標とはこのことである、医王寺はそれだけ古く謂れある古寺とはなる
何か白壁がありそこに着物を着た女人が静々と歩むのが絵になっていた
それから藤の花が咲いていたとき行ったと思う

そして飯坂に行った時、雨しととぬれていた、飯館からさらに山の方に道がつづいていたただそこから街道の方に回った、その道は今の道路になっている
下紐の石があったからそこは古い道である
飯坂には電車が通じている、それはいかにローカルのローカル線になっている

「湯に入りて宿かるに土座に筵(むしろ)を敷てあやしき貧家也」(温泉に入った後、宿を探したものの粗末な家しかなかった)
どうやら散々な滞在となったようですが、それには理由がありました。当時の飯坂には「農業や商業に関係のない旅人に宿を貸してはならない」とのお触れがあったのです。一介の旅人にすぎない芭蕉らに土間を貸し、筵を敷いてやったのは、飯坂の人の精一杯のおもてなしだったのかもしれません。

このことは自分は何度も経験している、自転車旅行だと嫌われる、汚いこともある
何か遊び人だとも見られる、だから嫌われるのである
待遇されるのは保養に来る金持ちである、そして今は旅人はいないである
それで江戸時代でも仕事でない人は断れたというのわかる
江戸時代はそういうことは今より相当に厳しいからである
何かただ旅する人は理解できない人だったかもしれない、でも僧になると恰好をしているとそういうふうには見れないことはあった
芭蕉自体有名な僧に習っているからである

飯坂に着いたのは桜が咲いている時だった、その時雨がしととふり濡れていた、
そこに湯の煙があった、いかにも飯坂らしいとなる
国見町には弁慶松があった、この弁慶とか義経にまつわるものは多すぎる
北海道まで義経伝説化ありモンゴルに渡ってジンギスカンになったとか言われる
福島県内での芭蕉の寄った先はこのくらいである
ただ須賀川とかのことは良くわからない、奥の細道といっても今は車の道でありなかなか往時を偲べないからである                               
それなりに春とか秋に行っているから記憶をたどり俳句を作ったのである

この下紐の石は用明天皇の皇妃玉世姫がこの石の上でお産の紐を解かれたという伝説が、乳神様と共に伝わっている。

立ち返り 又やへだてん 今宵さえ 心も解けぬ 下紐の関橘 為仲

元文3年(1738年)4月、山崎北華は『奥の細道』の足跡をたどり、甲冑堂を訪れている。

ここから先に甲冑堂がある、それは「佐藤次信忠信が二人の妻の姿なりとて。各甲冑を帶したり」である、ここから白石にいたる

鐙坂。鎧碎(よろひこわし)。鐙摺。の石は。さい川の入口なり。道細く右は山にして。左に大石あり。一騎打の難所。實に鐙も摺る程なり。此所右の方に一宇有り。よりて見れば。佐藤次信忠信が二人の妻の姿なりとて。各甲冑を帶したり。如何なる故に此所に在るにや。殊に女の甲冑を帶したる姿。いと珍らし。古き像にて。彩色の剥げて。下地なる胡粉の白く見えたるは。 

甲冑堂忠臣の嫁菖蒲かな

この先は白石城下となる、結局こうして旅をたどるとき記憶の旅になるが旅は車とか電車だと何か連続性もなくなる、歩いてでもじっくりと昔の道の行程を歩む
そうすると脳にも記憶が残るのである
そこで私は自転車の旅をつづけたのである
その記憶はかなり年月がたっても残ることがある
それゆえにこうして記憶をたどる旅をして俳句を作ったりしているのである

医王寺の写真

福島県の奥の細道 (芭蕉は城をさけていた-忍者説の由来)

2021年05月27日

証券会社(銀行)の営業マン・アナリストの話は信じるな (手数料商売になっていることが問題ー転売をすすめるのはそのため)


証券会社(銀行)の営業マン・アナリストの話は信じるな

(手数料商売になっていることが問題ー転売をすすめるのはそのため)

mediabank1.jpg

最初に断言しておきますが、株式投資をする上で、 証券会社の営業マンと付き合う必要はありません。 ネットトレード全盛の今、なぜわざわざ証券会社の支店に電話をかけて、 高い手数料を払って株取引しなければならないのでしょうか? 「証券会社の営業マンはプロなのだから、相談するのは当たり前じゃないか」 というあなたは、証券営業という仕事を全く理解していません。 証券会社の営業マンは「株や投資信託を販売するプロ」であって、 「運用のプロ」ではありません。 彼らの仕事は、株や投資信託などの金融商品を買ってもらい、 手数料を稼ぐことです。 あなたが銘柄選択で悩んでいようが、 株取引で損していようが知ったことではありません。
https://bit.ly/2SA3huL

個人投資家については、特に投資の適合性への配慮が重要である。
したがって、投資推奨等の対象となっている証券、特に複雑な仕組
みの新しい金融商品については、リスクを含め商品特性が十分理解
できるよう情報を提供するという姿勢が必要である。
https://www.saa.or.jp/ethics/pdf/kiritsu.pdf

昨日来た大和証券の営業の人は名刺に証券アナリストとなっていた
何か確かに地銀の営業の人よりは専門的知識がある、でもこの専門用語を使う時煙にまかれるとなる、そこで素人は理解不可能となる
例えば原発などでも専門科学者と話ししたら専門用語がでてきたとき理解不能となる
するとあなたは何もわからないから従えばいいとなる
法律に関しても専門用語がありそれを理解することは不可能になる
そうして現代は専門家に支配された時代という指摘がある
専門家とはいたるところにいる、医者でもそうだし科学技術の職業となるとみんな専門家なのである、だから専門用語を使うのである
それだからこそイリイチが専門家のことをあれだけ批判したのである
人間は専門家によって無能にされている、結果的に専門家に支配されここでは原発事故で大被害になって住むことすらできなくなったのである

証券会社の営業マン・アナリストの話は信じるな

この説明は的を得ている、私の株とか投資信託とかの経験では地銀であれ銀行であれ証券会社は客から手数料をどれだけとるかが目的になっている

その例が何度も言っているけどリーマンショックの時、半分になった株を地銀の営業の人がJ=reitに勝手に回したことである

なぜそうしたのか?

とにかく売らせて別な金融商品を買わせればそこで手数料が入るからである
その手数料が額が大きくなると大きな儲けになる、決して損はしない、客が損しても
自己責任になるからである

証券会社の営業マンは「株や投資信託を販売するプロ」であって、「運用のプロ」ではありません

販売と運用は違うとなる、運用とはどれだけその人にとって有利な商品と運用をすすめることである、そこで手数料がとられるのはやむをえない
でも全く客のことは考慮しない、銀行と証券会社の利益を手数料を第一にしてすすめているからだ
だから何か常に一つの金融商品を売ったり買ったり転売をすすめる
つまりそうしていると必ず手数料が入るからである
リーマンショックの株を8年間くらいそのままにしていた
ところがそのことがかえって良かったのである、それが元にもどり上がりはじめたとき
J-reitに売りそのJーreitが暴落したのである
この時から私は銀行の営業の人が信じられなくなった
でもそのことがかえって次のもうかる株を買えなくさせた
ギャンブルでも必ずもうかるともっともうけたいからまた賭けるとかなる
でも最初から損すると賭けにくくなる
それでわざわざ最初に博打場の胴元はもうけさせるとかある
それが人間の心理だからである、だから株が人間の心理と深く関係しているというのはそのことでもあった

何が株でも投資でも歪めているのか?

そこに仲介者(メデア)を通しているからだ!

もし株でもパソコンとか使いデイトレだ―のように自力でやれる人ならもうけることは可能だしそれはすすめられる、それでも損することはある
それはその人のまさに自己責任なのである

ところがメデアを通すと仲介者(銀行、証券会社など)を通すと歪められるのである
情報にしてもマスコミから放送されるので真実が歪められるのと似ている
それでマスメデアがマスコミが報道する権力をもっているから支配できるともなるのだ
都合のいい情報のみを出して都合の悪い情報は出さないとなるからだ
その情報とは例えば何でも第一次の直接情報ではない、マスコミを通じて加工された編集された情報なのである

視聴者は直接その場面を見ていない

直接取材する本人と話ししていない、聞いていない

このことから歪められものとなる、それはNHKでもそうなのである、NHKの放送をすべて鵜呑みにはできないのである、そういう嘘の情報でも流していたことがあるからだ
だからインタ−ネットでも直接本人が話すことに真実があるともなる
ただここでも問題があるにしろ本人が直接話せるのがネットだからそこに真実があるともなる、ただこれでも直接面と向かって話すわけでないから信用できないことはある
でもそういうツールとしてインタ−ネットが生まれたということが大きい
私の言っていることで嘘はついていない、じかに接してそれを報告している
インタ−ネットの時代は一人一人が放送局にもなる
だからすぐに個々人が報道の対象にもなる、悪いことでも個々人に指摘されたり買い物でもすぐに評価されたりする、それは的を得ていることがある

それで銀行もメデアであり仲介者でありそういうメデアはなくなる

こう指摘する人がいた、銀行がメデアということがわからなかった、でもクラウドファンディングはまさに銀行とかが融資するのではなく直接融資だからそうなのかと見た
つまりもう銀行を通さない投資の世界が成立してきたのである
銀行の出番かなくなり窮地にたたされて銀行もこれからどうしていいのかわからず模索する時代となった
第一いくら貯金しても利子も得られないとしたら銀行とは何なのだろうとなる
何の役割りがあって存在するのかとなる、存在理由がなくなっているともなる

とにかくなぜ株とか投資信託とかを銀行でも証券会社でもすすめるとき危険なのかは
手数料をとることを目的にしているからである
そこでまともな運用を目的とてしいない、その人にあった適切な運用を教えるのではないし買わせることもない、そこが問題なのである、客の運用より販売で手数料をとることが優先されるのである
客が知りたいのはどうしたら適切な運用ができるからである
それは証券会社でも銀行でも教えないのである

ただそうはいってもそのすすめられたものがすべて悪いとかはずれるというのではない
そもそもの目的が手数料をとるということになっているからである
手数料をとるためには転売するのである、自分の成績をあげるのにもどうしても売り買わせる必要があったからでとなる
別にリーマンショックで上昇していたなら株を売る必要もなかったのである、チャートをみる力があるのだから銀行の営業の人は知っていたからである
そこが一番の問題点だったのである

だからといって今回のように株がこんなに上がるということもあり株とか投資をするなとは言えない、そのための条件を満たす人はしてもいいともなるし
銀行でも証券会社でもすすめられたものが全部損するということはないのである
ただそれをできる人はメデアに銀行と証券会社に頼らずに株のトレイドが売り買いができる人だとなる
結局それをするとなるとパソコンの画面を一日見ていることになる、するとその他のことは何もできなくなるから時間がもったいなとなる
時間の活用こそ最も人生で大事なことだからである
一生デイトレダーで大金持ちになったとしてもそれで人生が実りあるものとはならないからだ

いろいろ職業のことを考えるとどうしても今や銀行とか証券会社はいいものに見えないのである
それで建設会社とか住宅関係の人はまともだというときそうとも思った
その人は大工として庭師として優れている、デザイン力もあり力仕事もできるから何か自分には驚きである、その人に問題があるのだがそれで金をとられても無駄だとはならないしその人を評価できる
その人はアーティストだとも見た、仕事が芸術作品を作るのと共通していたからである
銀行とか証券会社の人はあまり評価できない、ただそういう仕事は資本主義社会は必要なのだから全部否定はできないのである
投資するとかは資本主義社会の基本にあるし株式会社ではみんなそうして投資して回しているからである

だから二回投資信託を株をすすめてきたときその時買っていれば大儲けしたのだから
銀行でも証券会社でも別に全部が悪いとならないし責めることはできない
ただ最初の失敗がありそれが自分の場合は脳にすりこまれて買うことができなくなったのである、ただ地銀でも証券会社でも途中でまた転売をすすめたかもしれない
何か一つの金融商品でも長く置かないのである、転売をすすめて手数料をとる
だから8年も株を放っておくことはありえなかったのである
そうしたらそこから手数料がとれないからである、でもわかったことはそうして長期的にみればいくら半分に下がったとしても株は必ず上がるものだということを知ったのである

でも銀行と証券会社はそういうことはさせない、必ず転売をすすめる
買わせては売らせて手数料をとるということは一番の問題だったかもしれない
でも株はそうして常に変動するものだからそう言われればまかせるほかない
そして自力でデイトレダーのようにできないのだからどうにもならない
すると老人は向かないし9割が貯金したままだとなるのである
それでも今は貯金自体が大きなリスクになっている、そのことでまた悩むのである
それも日本経済が衰退するばかりだからとなる、そうなるともう個々人の力ではどうにもならないともなる
原発避難区域では5000万の家を置いて600万の中古の家を買って小高から原町に移ったという人がいる、それだけの資産でもゼロになってしまったのである
これももし日本全国にあてはまると日本自体の価値が低下すると個々人の資産も低下してゆくということになるのとにている
そうなると日本自体の経済力を上げない限りどうにもならない問題だともなる



posted by 老鶯 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

unknown world


unknown world


rockway111.jpg

Trilliumi is blooming by strict rocks
in the depth of the mountains


rockmmmm111.jpg

unknownworld12.jpg

jyomonjin1.jpg

jyomonman.jpg

japanese ancient man-jyomonjin

2021年05月26日

株は人間の心理と深く関係している? (人間は一回損するとまた損すると思う)


株は人間の心理と深く関係している?

(人間は一回損するとまた損すると思う)

chartsyki1.jpg

何か株を知っている経験のある富裕な人が株が心理の問題というとき自分もそう思った
景気とは気のことだというのもそうである
みんな景気いいと思えば景気良くなり景気悪いとみんなが思えば景気が悪くなる
そういうことは確かにある

またなぜ人間の心理と深く関係しているかというと

一度損した失敗した経験は脳に深く刷り込まれる

株で一度損するとその損したことが頭にいつまでも残る、また損するのではないかと不安になる、実際はそうではなかったのだ
最近の株高を見てもわかる、こんなに上がるのだったら前にすすめられたとき買えば良かったとなる、買うチャンスが二回あったからだ
今はやりのAI関係とかGAFAとかの株を奨められたとき買えば良かったとなる
また一年前だったかすすめられたとき株を買えば良かったとなる
こんなに上がると思わなかったからである

なぜその後自分は株を買わなかったのか?

それは例えばリーマンショックの時半分になった株が元にもどり上昇した
その時チャートでも上昇傾向になっていたのだから普通は売らない
その時地銀の営業の人はその株を売ってJーreitに回した
そしてJ-reitが暴落したのからまねがれたのはそもそもそういうふうに地銀の営業マン
が信じられなくなったからである、そこで値下がりする前に売って助かったのである
チャートのグラフが上昇傾向の時はそもそも売らないからである

ではなぜ売ったのか?

J-reitを売って手数料をとるためだとなる
常に銀行でも証券会社でも頭にあるのは手数料をとることである
それで客のことは二の次三の次になる
客の利益のことより銀行や証券会社の利益が優先するからそうなる
その判断を地銀の営業にまかせたた自分自身の責任もある
そもそも責任をとるのは客であり地銀でも証券会社でもとらない

こういう経験した結果として何かその経験が頭にすりこまれて買う気がなくなったのである、この人は顧客より自分の銀行の利益であり証券会社の利益でありそれが優先される
何かだから常に買ったり売ったりさせる、その度に手数料が入るからだ

今回のもそうである、チャートで上昇傾向にあるから短期間で百万とかでも勝って売ればもうかるとすすめる
ところがそれも手数料をとるためのものだとみてしまう
なぜなら短期間で売ったり買ったりしていればその度に手数料が入るからである
確かにそれはいい方法にしても地銀とかにしてみれば手数料とるための方便だともみてしまう

だからこういうことを経験すると何か地銀の営業の人は信用できないとなる
この経験があとあとまで尾を引く

地銀の営業の人の一回の失敗があとあとまで尾をひく

つまりそれが頭にすりこまれる、次もまた損するのではないかということで手を出せなくなる
これは本当にその人が悪いというより人間の心理と深く関係していることがわかった
だから株は人間の心理の問題というのもわかった
例えば道を行きどこかでつまづいたりする、その経験が深く脳に刻まれる
するとまたその道を行くことを警戒するとなる
またつまづくという恐怖心が脳にすりこまれるのである

別に株は上がったり下がったりするのだから全部銀行とか証券会社が悪いというものではない現実に一年前でありその前にでも買えばこんなに株が上がったのだから大儲けにもなったなるからだ
ただその時、前の失敗のことが頭にすりこまれてまたそれを簡単に変化させることができないのである
それは人間の心理の問題である

そして株は老人に向いていないという時こうして目まぐるしく変わることに老人はついていけないということである、株の変化が最近特に激しいからである
そうなると一日中株の投資の上がり下がりを追って売ったり買ったりしていなければならない、そういう人がいて大儲けしている人はいる
でもそれもまた疲れる、他のことが何もできなくなるとなる
それも時間の無駄とみる、だから自分は地銀の営業の人にまかせたのである
でもそれが間違いであったと知ったからやめたのである

ともかく老人は変化に弱い、、だから株には向いていないと思った、投資でも向いていないと思った、貯金が一番向いているのだ
でも利子もつかない時代になると貯金も安心できない、そうなると老人は困るとなる
最近はめまぐるしく変わりすぎるからだ
正直津波原発事故コロナウィルスでも変わりすぎた
そして株とかやるとまた変化が激しい、それで老人には株は向いていないと思った
株は短期と長期があるにしろ短期でもめまぐるしく売ったり買ったりするからめんどうだとなるし長期だと先がないから向いていない

要するに人間は何をするにも時期がある

なぜそもそも自分が大金を投資につぎこんだのか?

それをふりかえると思わぬ遺産が入り何の考えもなしに大金を投資したのである

私は全然株のことも投資のこともその時わからなかったのである
その後インタ−ネットで勉強しただけである
そして投資信託の分配金で一か月数十万になるとか読んで決めたとなる
他の記事を詳しく読んでいないで決めたのである

これは何故だったのか?

結局これは別に知識なくても投資をする時期だったからだとなる
投資の知識ゼロでも投資する時期だった、そして遺産が入ったことでそうなったのであるだから何をするにも時期がある
投資するにも時期がある、投資は若い時からしているべきである
例えばなぜ醜男(ぶおとこ)と美女が結婚しているのかとみる
それはその時たまたま同じ職場にいたとかの偶然の出会いでそうなったともみる
何かいろいろ考えることもなくその時二人が出会ったとういことが大事なのである
その時期に出会ったということが大事でありそれでそうなったともみる

そして人間は時期を逸したら何もできなくなる

つまり自分の大金の投資も別に得する損する知識があるないとか関係なかったのである
ただたまたま遺産が入ってそういう時期にあっただけだったのである
その後は失敗したからもうからないという頭のすりこみが強く株をする気もなくなったのである、それでまた逆に失敗したともなるのだ
なぜ老人が株に向いていないのか、それは長期に見れない、株は長期にみればもうかるものなのである、それはリーマンショックで経験しているからである
そして老人は短期の株の売買より長期の方が向いている
一見短期が向いているようで向いていない
老人の心理を理解できないということも問題なのである
老人は先が短い、長期の投資はできないし短期でも向いていない

要するに株とか投資に向いていないのである
一番向いているのは貯金なのである、ただ今は利子がつかないから投資しろとなる
でも老人の心理を知れば株は向いていない、だから営業の人でも売りにくいとなる
そもそも短期で売ったり買ったりするのに老人はついていけない
老人は先がない、とういより老人は死がもっとも身近なものとなるときそうして生き馬の目をぬくような株取引には向いていないのである
ただこれだけ株が上がったという時、株でみんな損することはない、だから株なんかするなと言えない、若い人は株は投資はするべきだと思う
少額でも訓練していれば後で役に立つからだ
そもそも株をしなければ資本主義のことがわからないだろう
だから株をすることは勉強にもなるからである


空家化少子高齢化で日本は縮小化して空洞化 (自分の家の10メートル以内の家の状況)


空家化少子高齢化で日本は縮小化して空洞化

(自分の家の10メートル以内の家の状況)
lonehouse1.jpg

近くの子どもの時から知っている人が死んだ、その人は評判が悪い人で相手にする人がいなかった
最近姿を見ないと言っていた、犬を飼っていたが犬もいなくなっていた
生活保護で子供いないし親戚関係もなくなっていたと思う
なぜなら若い時その息子は自殺したからだ
その原因が親にあるとしていた、とにかくみんなから嫌われていた人間だった
ただその死んだ人の親はいい人だったのである
本当に今ではまれな馬鹿正直な人だったのである
それで自分の家族が認知症になった時助けてくれたのである
そのことは良くわからなかったが後でわかったのである
その親はいい人だったとみんな言っていたのである
本当に今の時代には金だけを追う時代では本当に見かけないおそらく旧時代の人だったとなる、ただ別に大正生まれでもみんな今は金だけになった
その人はなぜか違っていたのである、だからそんな人がもういないと見ていた

その人が死んだのいつだったのか、組に入っていても連絡もない
葬式も通夜もないのだろう、前にその人の妻というか同居していた女性がいた
その女性は仙台辺りから連れてきた女性だった
その女性は階段から落ちて死んだのである、これもなんか変だともみた
人間はそんな簡単に死ぬのか見たからだ
それで変なうわさもたった、とにかくその人は嫌われていたし貧乏である
ただ農家であり広い敷地がある、でもその土地でも自分のものでないらしい
だからあばら家みたいな家に一人で住んでいた
でも子供の頃から知っている人でありびっくりした、一時は一か月くらい入院していた
退院して一か月前とか見かけていた
それが死んだというので驚いたのである

死に方としては良かったなと思う、何か介護されずに簡単に死んだからである
おそらく延命治療などしなかったのだろう
あとは福祉で市の方で始末してくれたとなる、何か葬式もしないのかとなる
その人の奇妙なのは金がなくて6万貸したことがある
墓も私の同じ墓地にある、その墓をみたら死んだ親の名前が墓に記されていないのだ
それは金がないから墓に親の名前も記されていないかったのである
これも奇妙である、つまり名前も記されていない墓となればそれがその人の墓と言えるのかとなるからだ
こうして親不孝な人だったのである

この人が死んで隣の人と話ししていたら20年以上住んでいた人の家が空家になっていたことにきづいた、引っ越したという、ただすぐ近くに新しい家を建てたからだ
でも二十年以上住んでいた人が急に空家になったのも驚いた
その家は同じ組だった、話ししたこともないが空家になったということが驚きだった
その家の庭は広く家賃は四万だと聞いた、とにかく庭が広いとみていた
でもあまり庭は手入れしていないからもったいないともみていた

そして図にしたように自分の家の回りが連続して空家化していた
引っ越した家の隣が前から空家であり持ち主はいるが誰も住んでいない、壊れそうな空家である、次に隣の家の人がみんな死んで更地となっている
その隣はまた親と息子が死んで空家となった、何かわからないが息子は若くして死んだ
その後に親が死んだのである
そしてその裏の農家だった人が死んだ、そこは農作業していた庭が広い、だからその一帯の家を壊すと広い空き地になる、駐車場にとかするのにはいいとなる
公園にすらできるとなる

これで考えたことが最近隣の78歳の女性の人が死んだ、その夫も今は病気である
孫が買い物などに一緒に行っている、でも息子がいて嫁がいるがかまわない、前から同居しても別々の暮らしだったからである
死んだ女性とは自分の庭に咲いている花のことなどで話ししていたことがあった
何か突然死んだので驚いたのである
とにかく何か今は介護時代だからそう簡単には死なない死ねない時代である
それがこうして簡単に死ぬ人もいる
その人はとにかく嫌われいたし介護する人もいないからそうして簡単に死んだことは救われたともなる、人間はそんなに簡単に死ぬ人もいる
死に方としては良かったなとつくづく自分は思う

こうして自分の回りの状況は日本の縮図である

何か自分の隣近所を見ただけでこれが日本の縮図だと思った
空家が全国で800万になるとか少子高齢化とか一人暮らしの増加とかがそうである
組には一人も子供がいない、子供が遊ぶのも見かけない、老人が増え少子高齢化であり
空家が増えて耕作放棄地が増えて介護する人が増えて次々に同期の人も死んでゆくとなる同じ世代の人が次々に死んでゆくともなる
とにかくこの年になると死が現実化しては身近になる
あの人も死んだ、次は誰なのかとなる、自分の番だということが切実になる
それより原発避難区域が極端であり空家だらけとなる
そして5000万で建てた新築の家も誰も買わないともなる

人間が死ぬとういとき死んだ時は誰でもその人がなんであれ思うことがある
この人はどうだったかとかなる、それにしても人間の死で常に思うことはあっけないとういことである、死んでしまうと呆気ないということが常に感じる
ころっと死んで消えてゆくことである
こんなに簡単に人間が死ぬのかと常に思うからである

posted by 老鶯 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2021年05月25日

除染専門会社へ県で土木事業を請け負わせた問題 (トリチウム放出には県民投票を!日本には民主主義がなかった)


除染専門会社へ県で土木事業を請け負わせた問題

(トリチウム放出には県民投票を!日本には民主主義がなかった)

seikeicolona1111.jpg

政経東北5月号

koronakouji1.jpg



このことで除染専門会社が普通の土木事業に参加した、でもその技術はないのにそうした除染のために作られた会社であり入札させるのはおかしいとしている

ではどうして自治体で技術力もない除染専門会社に受注させているのか?

これは自治体の問題であり責任ではないか、技術力もないのになぜ受注させているのか
そこが疑問なのである
誰かが政治家でも力があって受注させているのかともなる
第一そんな技術力がない会社に受注させないだろう
それで後で地元の業者にしりぬぐいさせている、そんなことをわざわさして手間をかける必要がないとしている
地元の業者に受注させればいいとなる
でもそこに除染専門会社が入れるのはなぜなのか、何か安くできるからだとしたらそれは自治体の責任になり行政の責任になる、問われるべきは行政だとなる
議会で議員が追及すべき問題だともなる、そこで議員も問われているとなる
なぜ追及しないのかとなるからだ

それで相双リテックは除染専門会社であり清水建設の下請けになった、何の技術力もないのになった、そして幹部に何億も金が支払われた、それは陰で大物の政治家が働いたからだと追求している記事があった
その相双リテックの宣伝が政経東北の裏表紙を全面的に飾っていた
つまり政経東北はこういうことがわかっているのだから相双リテックの不正を追求できるがしていないのである、それは宣伝費が相双リテックから得ているからだとみられてもしょうがない、宣伝費をもらった会社は追求できないとなる

ただ政経東北では知事をトリチウムの海の放出で批判している

処理水海洋放出は県民投票で決める

まず内堀知事は県民投票を行い、その中で議論を尽くすべきである
漁業関係者のみうがステークホルダー(利害関係者)のように扱われているが様々な形で影響を受けるとすると県民すべてがステークホルダーとなる

ステークホルダーは、極めて広い範囲の人・団体が対象となるが、大きく分けて「直接的ステークホルダー」と、「間接的ステークホルダー」とに分類できる。直接的ステークホルダーとは、主にユーザーや顧客、株主、従業員、取引先、金融機関などを指す。企業やグループに直接関わりがあり、影響を与える又は受ける人・団体を指す。間接的ステークホルダーとは、従業員の家族、労働組合、公的機関、地域社会などの、間接的に影響を受けるステークホルダーを指す。

このことは私自身が追及して述べていたことである
漁業組合とか船主が事故前も多額の補償金をもらっていた、漁業権を盾にしてもらっていた、そして漁業組合と東電の交渉だけで決められて
ここで言うステークホルダーの範囲はそこに住む住民にもかかわり福島県民にもかかわり広くなれば海全体を汚染するのだから世界の人にもかかわるとなっていたのである
それが漁業組合と船主とかだけの交渉となったことに問題があった
それで海は誰のものかとういことで追及して来た

そもそも内堀知事は政府の言いなりといっているのもそうである
要するに政府の下僕として遣わされた人だともなる、だから県民の意向は考慮しない
ただなにか県民投票というのもなじみがない、県民意識もそれほどない
第一いろいろあっても議論の場もない、すると報道するのは福島民報とか民友とかでありテレビでも報道しても一方的であり関心をもたないのである
民主主義でも本当は県民でも市民でも町民でもまず地元の問題を議論する場すらない
また重大なことを知らされることもない、それで重大なこともあずかり知らないところで決められていたのである
つまりそういうふうに民主主義が機能していないから上の人のやりほうだいとなっていたその象徴が安全神話の形成だったのである
どうせ原子力のことなど地元の人は知らない、関心があるのは利益だけだ、だから金を与えればいいのだとなっていた、それを受け入れたのも地元住民なのである

何かそもそも市政でもさらに県政とかなると一庶民など発言する場すらないのである
私が今こうして発言できるのはインタ−ネットができたからである
政経東北は確かに今の問題をわかりやすく切り込んでいることは言える
でもまたそれでも一方的になる、そこにも矛盾と利害関係があり
相双リテックの法外な除染の利権を報道せずに裏表紙に会社の宣伝をしているのである
だから何かそうなるとそうした悪を追求できるのかとなる
宣伝費をくれるなら追求しないとなるからだ、それは他の新聞でもテレビでも同じなのである、もう大きな組織集団として権力をもっているものは追求できない
相双リテックなど小さな会社でも宣伝費をもらえば追求しない、だからとても巨大な権力組織団体は追求できないとなる
その時悪は増長してそれが大きな被害となってゆく、悪は常にそれを指摘しないと増長してゆく、そして止められなくなり大事故とか大被害となったとき気づくのである
それが原発事故で判明したことなのである

だから私自身もインタ−ネットで発言できることによってジャーナリストの端くれとなり目覚めたのである、まずこうして発言できなかったら目覚めることもないしただ上からの言いなりだったとなる
まず本など普通出版できないしマスコミで発言などできないからである
私の本は個人というだけで地元の図書館に置くことすら断られたことがあった
ただその本は重に郷土史でも個人は取り扱ないとして拒否されたのである
こうして一個人など何も発言できなかったのである

日本には民主主義はなかった!

日本は20年から1つ順位を下げて67位となった。慣習や経済的利益に阻まれて記者が権力監視機関としての役割を十分に果たせていないなどとした。

つまり日本にはお上の言いなりであり有権者でも個々人は発言もできなかったのである
マスコミで発言できるのは極一部のマスコミのお気に入りでありマスコミの言いなりになる人だけである、NHKでもそうである、NHKが指導するのでありNHKの言いなりになる人が発言できるだけなのである、NHKが報道はとりしきるとなる
NHKの意向に反する者は拒否される、そして何も起きないならいいがそこで大きな被害が
国民に及ぶことがある、それが戦争の被害だったり原発事故の被害だったりまたコロナウィルスでもマスコミがとりしきるとやたら危険をあおるだけであり真実が見えなくさせられるのである、第一統計が出ていない,データーがないということで優秀な学者も判断できないとしている、隠蔽されたりしているからそうなる
日本には本当に報道の自由がない国だったのである、一応見かけは自由なようで自由がない、厳しい規制の社会なのである
ただインタ−ネットがそれを打ち破る強力なツールとはなるがそれもわからない
なんらかまたここでも規制がかかったり脆弱なものがあり一個人だと発言が制限されるとなるからだ



posted by 老鶯 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

「生活困窮」の原発避難者が急増 今になり原発事故の責任の重さが住民に問われている


「生活困窮」の原発避難者が急増

今になり原発事故の責任の重さが住民に問われている

sekei55.jpg
政経東北5月号


この辺でシシドスーパーの隣に復興住宅がある、そこに主に浪江の人たちが住んでいる
そこで良く出会う人がいる、大工をしていたという、でもやめたという
だから暇でいつも川を見ている
家とか土地があり補償金はそれなりにもらったから困らない
でもその額が例えば5000万としても多いかどうかはわからない
なぜなら土地と家で5千万も前のような家を建たればかかるともなる
建売住宅だと2500万である
とにかくその補償金でも高いとも言えないかもしれない
ただ一億円くらいもうらとそれなりに補償されたとなる
それだだけの財物補償された人は少ないともなる

そして意外と今原発避難者の生活困窮者が増えたのはなぜなのか?

●補償金をぜいたくで使ってしまった

●思った以上補償金がもらえなかった

こういうことが理由となる、その人は小高の人でありもともと金使いが荒い
でもそれだけの仕事ができる稼ぐ人だからとやかく言うことはできない
補償金で贅沢したという時、やはり高い車を買ったとかはそうである
一時レクサスを買ったとかで話題になった
だから金使い荒くなって金がなくなったという人もいるのである
そして移住先で仕事がてきないとかもある、また仕事をしないということもある
つまり何かこの辺ではすべて原発事故が原因であり東電や政府の責任としているが
住民の責任もあったことが見逃されている
何か全く住民には責任がないともなっている
住民の責任が自覚されていないのである

そもそも原発は受け入れた時、大きな責任が住民に生まれていた!

大きなリスクを負う、責任を負うことになった!

ここが見逃されているし自覚されていなかった、それが事故で否応なく自覚されたのである、住民の責任もいかに大きく重いものだったか自覚させられた

人間はつくづくいい面と悪い面をもたらすことがほとんどである
いいと思うものが悪いものに変化する
そのことは自分自身の介護で苦しんでわかった
自分は親に一番良くされたのである、だから親は自分にとって一番いいものだったのである、でも認知症になったとか二人の親を介護するために死ぬほどの苦しみを味わったのである
ここでもいい面が悪いものとして作用するようになったのである
でも結果的にこの場合は総合的にはやはり自分にとって親は他の人たちと違って特別いいものだったのである、だから今でも感謝して供養している

原発でもそういうことがあった、原発は地元の住民にとって悪いものではなかった
それで経済的にはうるおったしそこで働いて豊かになったからである
だから誰も反対する者はいなかった、今でも東電を責められないというのはそういうことがあるからだ
ただ事故になった結果それが反転したのである、そして住民もその責任の重大さを否応なく自覚させられたのである

そこには大きなリスクがあった!

そのリスクによって大損失となった、その重大な責任が自覚させられて負うことになったその責任は「安全神話」作った東電とか政府にもあった
リスクがあるとういことを説明しなかったからである、ただ安全神話をおしつけるだけだったのである、そうして安全をかえって備えなかったのである

そのことは銀行の投資信託とか株を営業の人にまかせて買わされて損して失敗したのと似ていた

確かなことは銀行は絶対に損しない!

手数料だけが確実に取る、その額が3パーセントとか大きい

銀行は全くリスクをとらないおいしい商売なのである

そして地銀は投資信託とか株式のことを専門ではないので知らないのである
でもすすめるのは手数料が高いし絶対に銀行が損しないからである
ではまかせた客に責任がないかとなればある

あるないにかかわらず責任はまかせたにしろ知らないにしろ自己責任だとなる

つまり知らないではすまされないのである、自分の金が勝手に奪われのは自己責任だともなっていた

原発でも同じである、そこに住んでいる人が原発のことを知る必要があった
でも「安全神話」で知らされなかった、少なくとも銀行の場合はリスクは言っていたのである、原発の場合はリスクは言わない、絶対安全だとしか言わなかったのである
言わせなかったのである、マスコミでもなんでも権力で口封じしていたからである
そして政府とか東電では責任はとらない、それは銀行とも似ている
その幹部でも責任はとらない、誰か刑罰になったとかいうとならない
何か幹部の財産でも没収されたかとなるとならない
これも本当におかしいのである、というのは例えば司法関係の人も東電に天下りしているしそれで告発もできない、裁判もできないともなったのかとなる
誰一人として重い責任を自覚した人はいない、というのは自殺した人が政府で東電の幹部でも一人もいないからである、会社でも政治家でも何か賄賂とかあると秘書が自殺したりする、でもそういうことも起きなかった
これだけの大事故でもそうだったのである、誰も重い責任を自覚しなかったいうことである

今原発避難者が生活が困窮しているというとき原発を受け入れた責任を身をもって受けているともなる、それが全部政府とか東電の責任ではないからだ
地元の住民にも広くみれば原発を受け入れた日本国民の責任だったともなる
例えは戦争で三百万人も死んだ、その責任は誰にあるのか?
全部が政府とかマスコミとかいろいろあってもその責任は国民全部にあるとなり300万人が死ぬことにもなったのである

そういう自分自身にも責任がなっかとなるとあった
ただ30キロ外だから責任がそれほど課せられなかったとはなる
でももっと関心を持つべきだったと反省する、それだけ重大なものだったからである
とにかく人間は意外と責任を自覚しないのである
ではどうしたら責任を自覚するのかというと苦しむ時なのである
それはカルマでも同じである、カルマを意識するのは苦しむ時なのである
苦しんでカルマが清算されるからである
だから補償金で贅沢したというのは一面おかしなことだった
酷ではあるがもっと苦しめばその責任の重さをカルマを自覚したとなるのだ
その苦しみによって原発がどれほど危険なものだったかを自覚できたのである

それでもっと苦しんで原発の恐ろしさを知るべきであり知らせるべきだともなる
一旦原発事故になったらあのように悲惨なものになり責任を負わされるとういう証人になるからだ
それが補償金が何億をもらったとかかえっていい暮らしができるとなれば原発はただいいものだったとなるだけであり誰もその責任を自覚できなくなる
それで何か補償金で贅沢してまた苦しいから補償しろとかいうのも勝手だともみる
ただ飯館村は原発の恩恵を受けていないから例外だとはなる
ても飯館村の人でも原発で働いていた人がいたのである

要するに人間は何であれ必ず責任が課せられている、それがカルマなのである
何か行った行為にカルマを産みだしてカルマは責任として負わされそれが苦しみとなってはじめて自覚されるのである、もし苦しみがなかった自覚できないからである
ただ得をすればいいというだけ決めるとこうして重い責任がカルマが課せられていることを自覚できない、でものちのちそのカルマが苦しみとなって現れる
私の場合は親の介護でその苦しみが現れた、でもトータルでは親の恩恵の方が大きかったから感謝して供養しているとなる

でも原発の場合は恩恵より苦しみの方が大きくなったとみる
それが今生活困窮として現れている
現実に復興住宅に住んでいる人で金がなくて夜電気を消しているとか金がなく苦しんでいる人がいる、財物保証が少ない人だったからだろう
双葉町の人がコンビニに強盗に入っというのも理解できないことだったが何か補償金を
遊びに使ってなくなったのかもしれない、そこまですることがありえないからだ
やはり十年もすぎると貯えもなくなる、補償金も打ち切られとかなってそうなった
そして苦しむことでその責任を自覚させられているともなる


posted by 老鶯 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連