2016年09月27日

実りがもどり秋らしい秋を感じる (日本の美は四季にあることを再確認)


実りがもどり秋らしい秋を感じる


(日本の美は四季にあることを再確認)

asagawoooo111_FotoSketcher.jpg

hagisusuki1234.jpg

秋あざみ七八輪が同じ場に

外からの来る人へりて燕去る

農家あれ前田に実りもどるかな

萩薄あわれや田舎の道暮れぬ

秋の蝶二羽舞いつつ雨しとと

朝顔や垣根はみだし美しき

図書館の秋や郷土の本並ぶ

図書館に本の手ざわりた秋となる

akiazzzznl234.jpg

南相馬市で贅沢なのは駅前の図書館である、あれには相当な金がかかった、前の市長が建てたことで反対もあった。あのような立派な図書館が必要なのかということもあった。
すでに十何年前とかなるとその時は駅前の活性化のためだった。
駅前はシャーター通りになって淋しくなってしまったからである。
六号線側はレストランが多いし活気がある。喫茶店もあるがコンビニの前るき喫茶店は暗いのである。何か喫茶店は立地が影響する、なぜならただ食べるだけではない、くつろぎたいということがあるからだ。この食べることだけのと喫茶店のような感覚の店とはかなり違ったものなのである。

食べるだけになると何か騒々しくなるのである。軽い食事ならいいが腹を満たす食事になるとうるさくもなるから嫌なのである。
この二つのものはもともと一緒にできないものだったが喫茶店だけではやっていけなくなり喫茶店はどこでも激減したのである。
コーヒー一杯で安いチエーン店の喫茶店は都会にある。
原町のモスバーガーは軽食と喫茶店が融合しているからいい、あそこは本当にわからなかったのが大失敗だった、近くでもこういうことはある

例えばこの辺では医者が少ないがそうした情報も結構わからないのである。
医者となると原町と相馬市になる、それから新地の新しい渡辺病院ができた
でもなかなか病院の情報もわかりにくいのである。
生まれたときから住んでいる場所でもわからないのである。
まず郷土史を興味ない人は故郷の歴史も知らない、石神の人は深野の生まれでも隣が押釜村であることも良く知らない、その名すら良くわからないとかともなる
今の時代は何か外国のことはニュースでも流すから知っていても肝心の隣の村のことは知らないとかなっているのだ。

結局それも広域社会にグローバル社会になったからだとなる、仕事でも復興事業にたずさわったのはほとんど外部の人である。
復興住宅を建てた人は九州から北海道までの会社から来ている、除染関係ならわかるが建物を建てるのになぜそんなに全国の人がわざわざ来ているのかわかりにくいのである
建て売り住宅は仙台の会社の人がきていればわかりやすいし納得する、仙台は仕事でも交流があるからだ。
ユニットバスの工事をするのは仙台の会社である
瓦を直したのはいわきの会社である。その時地元で仕事をしていたが忙しくてできなかった。
ともかくこういうふうに広域化する社会は何か今までの社会とは大きく変わっているのである。
広域化することはやはり地元でもそうであり広域的に働くとなると仕事を求めるとなる地元から故郷から出てゆくということは普通にある

そういう社会であるときどうしても今回のような原発事故のようなものが起きれば離散しやすい、外に出やすくなる、それは津波の被害地でもそうであり人口が流出して離散してゆくのはそういう社会だからでもあった。
なぜなら三陸では明治の大津波でも今回と同じような被害があっても漁業するために人はとどまり住んだからである。要するに漁業を生業としているからその土地を離れられないのである。今なら広域的に仕事を求めるからそうはならない。
ただこの辺で漁業関係者が成り立っていたのは補償金を事後前も事故後ももらっていたからである。あれだけの被害でも経済的には以前として恵まれたものだったのである。

ただ人間は生物の一種だからやはり樹や石のように定着して生を深めることができる
文明はエジフトのピラミッドのように定着しないと生まれないのである。
遊牧民から生まれない、なぜなら一つの場所に長く留まらないと何でも構築できないのである。
つまり何かを作るにしても時間がかかるし何かを自然を理解するにも時間がかかるからである。


俳句にすると秋あざみは同じ場所に七八輪咲いているというだけで何が芸術なのかとなるでも地元に定着してみるとき何か味わい深いものを感じるようになる
秋あざみが今年も同じ場所に咲いているなとなる、それは人間を見ている、同じ場所にやはり人間が住んでいるなともなる
あまりにも変わりすぎたらそういう感覚がなくなるのである。旅は変わりすぎて深く見ないのである。特に現代は早すぎるから事物を良く深く見ないのである。
だから記憶に残るものも少なくなる、今からするとせっかく旅してもったいないとなった
ともかく今日も蒸し暑いけど秋にはなっている、萩薄というとき秋の七草であるが女郎花は見かけない、この辺は荒地になったこともある。七草はみんな咲いている所は田舎でもなかなかないだろう。これはやはり日本的美的感覚なのである。

薄というとき何か老人の白髪に見えるのである。そして萩というときは優雅な花であり宮廷にもにあう花である。
そして垣根からはみだして咲く朝顔が美しい、それは木とマッチしているからである。
外国だとこういう風景はなかなかない、塀は完全に外界から見えない防壁になっているからだ。的に侵入を防ぐものだからである。日本では垣根だというときそれほどの外敵に備えなくてもいいということがあった。外国のように絶えず異民族と戦うということがなかったからである。垣根からはみだして咲く朝顔には何か日本的なもの感じる
日本の自然の美しいのは四季があるからである。それは都会では味わえないのである。
ただ一時この辺は原野化したから実りの稲穂がなくなったから秋の感覚も消えたようになった。今は実りもかなりもどったので日本の秋らしい秋を感じたのである。
タグ:日本の秋

障害者の大量殺人の次はに老人の大量殺人?ー看護師による殺人 (思いは必ず実行されるから怖い)


障害者の大量殺人の次はに老人の大量殺人?ー看護師による殺人

思いは必ず実行されるから怖い

9月20日、横浜市神奈川区で死亡した八巻信雄さん(88)の体内からは、消毒液の成分が検出されているが、18日に亡くなった別の入院患者、西川惣蔵さん(88)の体内からも、八巻さんと同様、界面活性剤の成分が検出され、死因も中毒死だった。 
一方、この病院で勤務する看護師が、FNNの取材に応じた。 
病院に勤務する看護師は「結構、立て続けに亡くなっているので、珍しいですね。(病院の)4階はおかしいという話が。呪われているんじゃないかとか」と話した。 
看護師によると、病院では、7月から9月に、およそ50人の高齢者が、同じ4階で死亡しているという。 



みんなが「障害者はお荷物」「障害者を長生きさせることはない」「障害者は産まれなくても良い」と障害者を罵り続ければ、 
障害者を殺しまわる人が出てきた 

みんなが「老人はお荷物」「老人を長生きさせることはない」と老人を罵り続けていたら 
老人を殺しまわる人が出てきた 

犯人はみんなの意見に感化されたのか、みんなの意見は世間の代弁だったのか… 

とにかくみんなの意見が犯罪者の考えと連動している…ということは明らかだと思う 

犯罪者は2ちゃんねるに集まるということなのか?


人間の思いは念は怖い、一見ただ思っているだけだから害がないとみんな思っているし別に思っただけで犯罪にもならない、すでに心で殺意でもわけば犯罪だと宗教だとなる

思ったことは必ず行為となる

そして思いの怖いのはその本人が思った時、それが関係ない他者に影響するというのだ。誰かが殺したい、殺したいと思っていると誰かが意志の弱い人間に伝播してその人が代わって実行されるという。だから思いは現実のエネルギーとして他者に伝播されるから怖いのである。
思いが思いとしてととまることなくなんらかエネルギーが伝播して行為として現れる

障害者なんか生きているだけで負担だ、家族も負担だ、死んだらどれだけ楽になるか
何であんなのが生きているんだ、死ぬのが一番本人にとっても家族にとって社会にとってもいいことだ

老人はなんで国民の税金をあんなに使っていきているんだ、なんでそんなに活かそうとしているんだ、延命治療なんか無駄なんだよ、税金の無駄使いなんだよ
安楽死させろよ、それが当人にもいいし家族も楽になるし社会にもいいんだよ
もう老人のために金は使うな、若い者の未来が老人によって奪われているんだよ

老人は死ね、早く死ね、死ね、死ね、なぜこんなに老人ばかりなんだ、早く死ね、死ね・・・・・・・


こんな声があふれている、特にインターネットになるとそうした本音がいたるところに出てくる、それが意外とまた相乗効果になって思いが増幅されて社会に拡散して誰かが本当に行動する
そこに確かにネットの危険性があった、インターネットによって憎悪もグローバルに拡大したというのもそうである。ネットだと発言が自由だから必ず何事でも対立がある。
その対立が日常的になるのである。たいがいは今まではそうした対立があってもおさえられていたのである。ネットがなければなかなか拡散することはできなかったのである。
その反面マスコミによって一方的情報で洗脳されていたのである。
今やマスコミさえマスゴミとしてこきおろされているし絶えず批判の対象になっている

ともかく人間の思いは必ず行動として実行されるから怖いのである。
借金している人はもう頭の中が借金を返すことしかない、ともかく何であれ金が欲しいとなるだけである、こういう人は本当に怖い、そういう人が自分の病気の時苦しいときに来たから最悪だったのである。
もう殺人者が来たと同じだった、最初は事情がのみこめなかったがあとは家族ぐるみで自分に借金の要求、金の要求になったのである。
だから借金自体が大罪でありもう犯罪者なのである。殺人犯が自分の病気のとき苦しいとき来たと同じだったのである。
もう自分が死ねば金が入るとまで思うようにもなっていた。そういうことは遺産争いで普通にある。金をめぐってはそれだけ人間が恐ろしいものとなる
何十万の金でも人は殺されているからである。

現代社会は豊かになっても人の思いが乱れている、欲はかえって豊かな生活でも増大している。金があれば欲望をかなえるものがある社会だからである。
そうなると常に金が欲しい金が欲しいという思いにみんな占領されているのである。
金持ちすら金があってももっと金が欲しいとなっているのが今の社会である。
要するに人間の欲はきりないということである。

今世の中に満ちている思いは異常な状態かもしれない、そうした思いが世界をおおうようになったらとをなるのか?それは目に見えないにしても地球を宇宙を作った神にも伝わり影響する、それで地震や津波や大災害が起きてくる
ノワの洪水も起きてくる、そういう末世に今や来ている

国際問題でも中国でも韓国でも日本を憎悪することをあおる、それが一三億人の中国人の思いとなったとき怖い、日本なんか滅びてしまいから滅ぼしてしまいとなる
そういう思いが怖いのである。だから反日というのは簡単に見過ごせないだろう。
一方でアメリカはどうなのか?アメリカ人の思いは何なのか?
別にアメリカ人は日本を恨んではいない、中国や韓国のような反日はない、それはアメリカが日本を支配しているから手下になっているからだともなる
だから今度は日本が中国の属国に手下になれば反日はなくなるのである。

いづれにしろこの思いは怖いということをみんなが自覚すべきである。
自分が半年間、金が奪われたことである人を恨み呪いつづけた。
その半年後に地震が来て津波が来たことも不思議だった
その念が影響したのかとも思った。自然に人間のなんらかの思いや念も影響するのである
いづれにしろ老人は死ねとかネットでの若い人の思いがこうした老人の大量殺人につながった、障害者の大量殺人もそうである。それを大規模にしたのがナチスかもしれない、つまり思いが念が現実化するから恐怖なのである。
動物には何か人間のような悪い念はもてないようである。人間の思いとか念は特別強いのである。
動物は人間に殺されて死んで食われてゆくから恨んでいるともみる、それで供養したりもしている、でも動物自体がそれほど恨むという思いがあるのかどうかわからない
ただ動物となるとやはり哺乳類とかなると人間とにているからそういう感情をもっているともなる、猫でもそうだけで飼っていると人間化してゆく,何か人間のことを察するようになる、人間の心をみるようになる、その心に反応するようにもなるからである。

こうした障害者や老人の大量殺人は結局起こるべくした起きたのである。それは世界的に共通である。そういう思いが世界中にあるということである。
それだけ社会に深刻な影響を負担を与えるからそうなる
認知症の介護でもそれを自分は経験している、でも二年半くらいで認知症の介護は終わった、でも障害者となると一生なのである。その長さもあまりにも負担だとなる
認知症の場合、人によって違うが何か介護する動機をもてるのである。
自分の場合、家に尽くした人だから恩返ししなければならないと懸命に介護したのであるでは生まれつきの障害者に知的障害者でも世話するとなるとその動機がもてるのかとなるただ自分が生んだというだけでその負担を一生負わなければならないからだ。
それもあまりにも過酷だとなるのである。

ともかく病院は一番簡単に人を殺せる場所なのである。外国で大量殺人があったしそれでも立証するのがむずかしいという、病院は医療ミスが常にあってもなかなかわからない、高齢者などが死んでもただ寿命で死んだというだけで問われないし家族も問わない人が多いのである。身寄りがない人だと余計に殺しても実験台にされてもわからないのである。家族が何か言うこともないからである。
病院は密室化して非情な場所になりやすい面がある
それと看護師でも医者でも高齢者はこれから故意に殺すということがありうる
それを許す社会状況もあるからそうなる、だから障害者や高齢者の大量殺人はこれからも起きてくる、自分は病院に二回一人で入院したから恐怖を覚えた
南相馬市立病院ではそれほどでもなかったが相馬総合病院では看護師の扱いがひどかったからいい印象をもたなかった。
一人の看護師でもそういう人がいるとその人にとっては悪い評価になる
親切にされた人はまた違った印象をもつのである。
医者は一日二回も回診していたのだから南相馬市立病院よりは良かったのである。
ただ看護師でももうそういう病人とか高齢者にばかり接していると嫌になる
何かストレスがたまり親切にできなくなってくる、そういう過酷な現場でもある。
自分の場合は別に重病でもなかったのだから嫌になるという患者ではない
だから不親切にされたのが今でも心に残っている

そして病院に対しては何か嫌だなという気持ちが大きくなっている
要するに病院という場でも弱者と強者となる場だからそうなるのである。
患者に対して医者や看護師は逆らえない強者になる、すると従わざるを得ないのである。それは自分が病気になり苦しんで介護しているとき借金を要求してきた親戚の人もそうだった、自分が身寄りがないとなんとか弱点をついて責めてきたのである。
相手も金をとるために必死だったからそうなった。
弱者になるとわかるけど弱者とは逆らえないのである。医者や看護師には逆らえない、従わざるを得ないのである。、だから殺されるとしても簡単に殺されてしまう
そうなっても結局殺人なのかどうかも立証するのがむずかしいとなる

それは弱者が相手だからそうなっているのである。
人間はいかに弱者に対して非情になれるかということがある。
弱者になったときその人間の本性が現れるから怖いのである。
そして強者は弱者を支配するようになる、弱者は何も抵抗できないという立場に置かれるそれが患者とか医師、特に病院内ではなりやすいのである。
ただつくづく人間はいつも強者でありえないのだ、必ず一生の間で弱者になる、特に最後に弱者になる、その時弱者となって弱者の気持ちがわかるとなるのである。つまり看護師だって看護される身になるし医者も患者になる、その時弱者になった痛みを理解できるのである。
そうなるのはすでに時遅しともなっているのが人間である。孝行したいときは親はなしとか言われたのもそうである。
親が死んでみないと親のありがたみもわからないのである。

やはりこの事件の解明はなぜ殺したかという動機だろう。何か看護師同士でもめていて恨みがあった形跡もある、とすると動機は何であったのか、殺人の動機というとき犯罪の動機というとき、一つだけではない、いろいろなものが重なって犯罪になる
なんらかそうして犯罪になる動機がかさなっていった。
この動機の解明は大事だろう、それは病院ではまた同じようなことが起こりうる高齢化社会だからである。看護師がそういう状態になる、患者を殺すような状態にある、そういう動機をもつというとき他の人にとって危険になるからである。
犯罪の焦点は動機にある、動機がなければなかなか犯罪者を特定しにくいのである。




posted by 老鶯 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 老人福祉医療問題

2016年09月26日

抽象画(山々の無限の変容) an abstract picture (infinite transformation of the mountains)


抽象画(山々の無限の変容)

an abstract picture (infinite transformation of the mountains)

mmmmmttttsss1.jpg

mmmmmmmmyuiuytt122.jpg

mmmmmmmmyuiuytt1223355.jpg
太陽の沈んだ後

rrrrrrrrrrrmmmmm1234.jpg

mmmmmgggg12345.jpg

mmmmmmmroadd1.jpg

road leading to the recesses of these mountains?


こういう芸術があるのか?他人の写真とか絵を変化させる芸術である。
おそらくこれはパソコンだからインターネットだからできたことである
まずインターネットだとコピーしやすいし変化させやすい、それは文章でもそうである。他人の文章を自分の文章にとりこめるのである。
それは他者が読んでもわからなくなるからだ。
なんかこれもそれとにている、ただ山を描いているのは無数にあるけど自分のように変化させたのがリアリティがあるというのも不思議である。

この山の変化は写真でもまた別なものとして山を現す
この変化はソフトでパターン化しているから一回コツがわかれば大量生産できるのであるだからこれは科学実験とにていたのである。
芸術を創作しているという感じでもないのである。
要するにパソコンから生れた新しい芸術なのである。



It is art to change a photograph and a picture of another person whether there is such an art.
Probably, as for it which it is easy to copy it when at first it is the Internet and is easy to change which is to have been made the Internet because this is a PC, even a sentence is so. I can take a sentence of another person in one's sentence.
This is because it loses it even if others read it.
It is mysterious that what I changed like oneself though there is innumerable it is in reality as for merely picturing a mountain in that there is some this in it.

If know an art once because this change to show a mountain as another thing again is soft, and the change of this mountain patternizes even a photograph, can produce it in large quantities; therefore this was by a scientific experiment.
It is not a feeling to create art.
In brief, it is new art born from a PC.

posted by 老鶯 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 抽象画の部(abstract)

NHKの「縮小ニッポン」を見て (原発事故周辺と同じ状況)


NHKの「縮小ニッポン」を見て

(原発事故周辺と同じ状況)

arechiiika1.jpg
この辺でも山側はこんな状態になっている



NHKの「縮小ニッポン」でもう行政サービスはできない、限界だ、ということで住民自身がなんとかしてくれと住民が行政サービスを肩代わりする自体になった。
そこでまた問題なのがその住民が高齢化していることである。
でもその高齢化でも村を消滅させるなり何なり住民が考えてくれ、住民が決めてくれとなった

現実に荒地化した領域が広い、もう老人が多く田畑は放置されているし跡を継ぐ若い人もいないからだ。
それがこの辺と原発事故の結果として起きた状態とにている、一旦は耕作できないから全体が荒地になった、その後回復して言ったが山の方になると荒地化している領域が広いのである。
前々から言っていたけど何かこの辺の状態は未来を先取りした極端な現象として現れた
それは原発事故があったにしろ何か農村地帯はそういうことになる状態が全国的にあったのである。

そして夕張では市長の月給が手取り一五万だというのも厳しい、それは何を意味しているのか?公務員でももうそれしか払われないということになる
公務員は恵まれていると盛んに言われて今はうらやましがられているけど人口が減り少子高齢化してゆくとどこでもそうなってゆくのでてある。

なぜこういうことが原発事故周辺とにているのか?
最近南相馬市の市長も避難区域になった小高区の人たちに自分たちが自助努力して復興してくれと言っている、つまり行政でもやはり限界集落のようにもう援助できないということなのである。
限界集落というとき何事も限界になるということである。行政サービスも限界になるしその他のことでも限界になる。もう村でも町でも維持するのにぎりぎりになる
縮小してコンパクトにすることも強いられる、村だと山村だと奥の方に家が点在しているから行政サービスするにしても能率が悪いしインフラを整備するのにも手間とか金がかかる、それで住民が水道の点検サービスをしていた。メーターを見て歩いていた。

何か農村だと家が点在していて成り立っていた。それは農業中心だから土地があって農業がありうるからだ。それで小さな村も成り立っていたのである。
でもそれが荒地が増えるともう土地利用ができない、点々と家があることがかえってもう農村を維持できない状態になった
跡継ぎもいない老人だけがそうして孤島のようになった家に取り残されたのである。

だからこの辺でも避難区域になった小高辺りでも他でもそうした旧来の農業というのを変えざるをえない、コンパクト化というのは集約化なのだろう
それは飯館村辺りでは学校も小中一貫校として村の中心地の草野に作りそこに復興住宅も作る、何かそうした集約化が必要になる
小高辺りでも街があるけどその回りの広い地域が荒地になっている、それを今までのように点在している農家で維持できないのである。
帰るのは二割くらいとなると維持できない、農家では草刈りとか共同でしていたし共同の作業が強いられるからである
だから集約化した農業というとき会社組織のようにして運営するとかなる
個々に点在した農家ではもう維持できないからである。

少子高齢化というのは田舎だけの問題ではない、東京辺りでもそうである。財政的にも区が運営できなくなる、また年収が二〇〇万くらいの若者が多くなりその人たちは結婚できないから子供をもてない、それも影響して高齢化してゆくから福祉でも財政負担が増えてくるからである。
要するに今までのように行政で福祉関係でもサービスができなくなる
それが極端化したのは夕張である。高校すら維持できない、それで未来がないと外にでてゆく、学校すら維持できなくなるのが少子高齢化社会だとなる

こうした少子高齢化とかによる問題では国土利用をどうするのかということもある。
国土が全国的に荒廃してしまうことである。森に還えればいいじゃないかというけど一旦人が住んだ地域は自然の森に還ることはない、荒廃した地域になるのである。
ただ村でも消滅させるのもしかたない、それも住民の判断にまかせるというときそこまで追い詰められている、村がもう自分たちの代で終わってもしょうがないという決断も迫られているのである。
それでもできるだけ縮小してこじんまりとしてまとまって残る村は残るとなる
それは何かこの辺の原発事故周辺とにている、町や村がもう維持できるのか?
二割くらいしか帰らないとしたらもう維持できるのか?回りは荒地化して放置される
行政でも何でもできるわけではないから住民で自助努力して決断してくれとなる
南相馬市だったら小高は負担になるからだ。

原発事故周辺では確かに補償金をもらったとしてもそれは一時的なものである。
それが財政的に寄与するとしてもそうである。いつまでも補償金は払えないからである。するといづれは財政的に苦しくなり限界集落のような問題に直面する
でもこの辺では個々にもらう補償金に今のところは潤っていた。
それがまた地域の分断になった。つまり原発事故は広域的な問題であった、でも個々にすれば補償金をもらえばいいとなってしまった。
要するに市町村の未来を考えるとき全体の広域的視点が必要だった。
でも人間は市町村全体を考えて生活する人は行政の人ならいるだろうが普通は私的利益を求めて生活している

でもその私的利益追求すら市町村が立ち行かなくなったら追求できないのである。
何でも私的利益の追求になった時代がかえって全体的なものを志向する視点が共同性が失われた、その矛盾が社会に現れたともなる
全体的なものを志向しても個々の利益を追求するときそれと対立するからである。
個々人にすればともかく補償金を多くもらえばいいとなる、それを共同的に利用するとなりにくい、土地にしても自分の土地だから自分の土地から利益を得たいとなる
でも小高の街を見ればわかるけど空家だらけでありそれには所有者がいても街は成り立たない、だれも利用しない空家としてあっても町としては何の役に立たないとなってしまっている。でも所有権があるから市の方では何もできないということもある。
だから何か上からの改革を強制的にしないともう市町村でも成り立たなくなる
このうよに激変化した世界では今までの旧来のように発想していたのではできないのである。
こういう激変化した世界では明治維新のように若者が活躍できるということはある
老人はどうしても保守的でありそうした激変化した社会についていけないのである。
それで女川では老人は何も言うな、口だすな、若い世代にまかせろとして新しい街作りをはじめたのである。それはあまりの激変でそうせざるをえなかったのである。

タグ:限界集落
posted by 老鶯 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2016年09月25日

福島第1原発事故 ダム底に高濃度セシウム たまる汚染、募る不安


福島第1原発事故


ダム底に高濃度セシウム たまる汚染、募る不安


この辺で一番心配なのは水である。だから真野ダムの水を飲んでいるとなると不安だったただこの辺では飲料水は水道水のは飲んでいない、買って飲んでいる
その分金がかかるとなる、こういう点で被害は広範囲であり一地域に特定されないものだった。
飯館村は南相馬市でないから別だとはならなかった。
飯館村から泥として真野ダムなどにセシウムなどが堆積された
しかし泥に付着しているから水があれば水にまじらないのである。
それで安全だとしているが渇水時にはその泥がむきだしになるし泥が流れるから危険になる。
なぜ泥をとらないのかというとこれも大変な作業となるからである。
第一泥は飯館の森から絶え間なく流れてきているしその泥をとめようがないのである。
除染が効果がないというとき放射性物質の位置を変えているだけだというのが現実なのである。だから金をかけても徒労だとなる
気休め程度にしかならないともなる
そしてセシウムだけではない他のプルトニウムとかストロンチウム何か危険なものも堆積していることの不安なのである。
そしてそうしたものを微量でも吸い込むと癌になるとか言われるのも不安をあおる
微量でもというのがどれくらいなのかわからないからである。

セシウムが泥に付着してたまるというのは前から言われていた。
飯館村のホットスポットがあり佐須辺りで泥に20マイクロシ-ベルもあったのには驚いた
これだけの放射線量がある泥が流れだして真野ダムとかにたまっているのである。
それは継続して流れだしてたまっているのである。
だからこの辺では真野ダムの水を利用しているから不安になっていた。

セシウムなどの放射性物質は川を通じて泥となり流れて河口に堆積するから河口では阿武隈川でも放射線量が異常に高かったのである。
その泥が海に流れだすから今度は海に影響して魚や貝にも影響するのである。
川でも飯館村でとぎれるわけではなくつながっているからその影響は広域的だったのである。
だから何か放射線量で区別して補償金をそれに応じて払うということが問題だったのである。
隣がもらっているのに三〇キロで線引きされてもらえないとかあって泣いて訴えている女性がいた。
地図を見ると松が房ダムは相馬市でも放射線量が同じように高い、でも相馬市には何ら補償金が支払われていないのである。
相馬市でも市内でも南相馬市と同じく高かったのである。
ただ相馬市は全く無視されて数万もらって終わりだったのである。

だから飯館村が南相馬市と合併しなくて良かったというのも何か疑問なのである。
飯館村は特別被害が大きかったからしかたないにしても放射能汚染は南相馬市にも影響が大きかったのである。土地を切り離しては考えられないものだったのである。
広域的に考えるべきものであり飯館村は飯館村でやればいいとはならないのである。
土地を売って金をもらって外に出た方がいいと言う人もいる、でもその土地が今度はどう利用されるのか?放射性廃棄物の処理場になる
それも困ったことなのである。

広域的問題だというとき双葉であれ大熊であれ浪江であれその個々の地域の問題ではない、広域的な問題として対処することがなかった
現実に今度できた原町の復興住宅には大熊であれ浪江の人も入っているからである。
いわきでもそうだが南相馬市でも入ってきていることはすでに広域的な問題として対策をたてるべきものだった。それが放射線量とかで区別して補償金でも分断されて協力できないものになった。
最初から補償金をもらえるならもらえるだけもらへとなっていた。
広域的視点で考えることはなかった、そこで互いに協力でなない分断されたものになったのである。
なんらか被害地の市町村の代表が町長でも市長でも集まり対策を考えることもなかった。
だから互いに反目しあうような状態になったことは不幸だったのである。
金を多くもらった人にしてもそれで幸福とはならなかった
事業している人が「仕事をまわしてくれないか」と仕事仲間に言ったら「あなたは何億の補償金もらたんだ、仕事しなくてもいいだろう、いい身分だよな」
こんなふうに言われるのは補償金のために分断されたからである。
南相馬市でも三つの地域に分断されて協力できなものにした。

これももしかしたら江戸時代ならかえってうまくいっていたかもしれない、相馬藩の問題として取り仕切ることができた。
なぜなら被害があった地域は相馬藩内が主だったからである。
相馬藩の問題として役所でも対処できたかもしれない、その時強力な指導力を発揮すれば互いに反目しあうということもなかっか。相馬藩の天明の飢饉のときはそういうことがあった。ともかく原発には広域的視点が欠けていたのである。事故が起きてそれを知ったのである。
まさか福島市とか郡山市とか白河まで影響するとは思わなかったからである。
そこが原発事故の盲点だったのである。
posted by 老鶯 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2016年09月24日

高倉村の老夫婦から山村を考える (生業があってこそ田舎だったー限界集落のことなど)


高倉村の老夫婦から山村を考える


(生業があってこそ田舎だったー限界集落のことなど)


高倉村の老夫婦


国見山の麓高倉村押釜村
押釜村に紙漉き一六戸
個数数十軒相共に暮らしぬ
水清らかにその生業厳しも
高倉村社も古りぬ碑も古りぬ
草刈りする老人あり
今草茫々と草に埋もれぬ
ここに共に暮らす日の長しも
街より離れて遠く
秋の蝉鳴く声ひびきあわれも
この山里に長くも暮らし
やがてここに死すや
岩のごとくここにとどまれや
その裔も見守りてあれや
しかし悲しも里は荒れにけるかな
虫かすかに鳴きて老夫婦
ここにありしもあわれかな


大同元年(806年)4月20日に社殿を造営し、文安年間(1444年〜1449年)に藩主相馬氏から神田一環十八文の寄進を受けた。

福島県南相馬市原町区押釜前田

、伊弉冊尊、熊野高倉下命、武甕槌神を祀る

押釜村に高座(たかくら)神社があり高倉村はこの押釜村から分村したものなのか?
押釜村の方が古く一六軒も紙漉きしていた家があった。野馬追いにも14騎もでているが高倉村は4騎しかない、押釜村は相当に大きい村だった。
ただ地元に住んでも押釜村というのがなじみがない、地理的にどれくらいの広さなのかわかりにくい。ただ山際にあり水に恵まれていたし紙漉きの材料となる木もあったから盛んになった。石神村も新田川があり紙漉きしていたという家を知っている
江戸時代は結構紙漉きをしている家が多かった。相馬の山上にも紙漉き沢という地名が残っているし全国的に紙漉きは大きな産業になっていたのである。
ただ紙漉きの仕事は冬に冷たい水を利用するから相当に辛い仕事でありそれで醜い女性を養女にもらい仕事をさせたというのも今だと想像もできないことだった。
税を納めるとき米でたりない分は紙で納めてもいたのである。

押釜(おしかま)という地名も変わっている。

「カミ」「カメ」「カマ」「カモ」などの読みを持つ「上」「紙」「神」「亀」「釜」「鎌」「鴨」「加茂」などは古語の「噛む」「削れて土地がなくなる」の意味を持ち、浸食・崩壊地域、洪水や津波などの自然災害が起きた場所を示している場合があります

釜というと原釜とかあり海側のものかと思うがそうでもない、鎌田などはよくある地名である。カマは噛むからきていて噛まれたような場所、押すは押されだから何か山側の土砂崩れとか崩壊しやすい所から名付けられたのか?
押釜村の前田という所は村の中心地にあることが多い、大原村の前田もそうでありそこに住んでいる人を知っていた、そこも山側にあった
なぜ山側の方が村の中心地だったのか?何かそこにも理由がある。

自分が高倉村であった草刈りしていた老人は高倉でも奥でありおそらく明治以降開墾に入った武士の裔かもしれない、綿津見神社がありこれにも社名がないのも不思議である。
ただ屋根に妙見の星印があるからこれは八沢浦にも明治以降武士が土着して社を建てた
何しろ四〇〇人以上の武士が職を失い各地に農業するために土着した。
北海道にも移住したことは知られている

自分はこうして山の村であれ海の村であれそこに人間の生活の原点がありひかれる、
ただそこには代々暮らしが生業があった。もしその生業がなくなりただ会社が街にあり通うだけだとなると何か村として活きていなともみる
高倉村であった老人はあそこで長く暮らしていた人である。
でも明治以降移った人の裔かもしれない、かえって奥地は開墾に入った人が多いからだ。それより押釜村は古いのである。ただあの辺の地理が把握しにくいのである。
江戸時代は村が生活の単位でありその村の数も多いのである。
村というとき何か一軒一軒が存在感がある、それは大都会とは違う。
確かに貧しかったのだが何か村には人間としての暮らしの重みを感じるのである。
だから限界集落とか山村が消失してゆくことはそうした人間の原点の暮らしが消失してゆくことであり何か大きなものを失うことにもなる
もちろん自分もそういうところで暮らすのは厳しいしできない、ただ何がそういう村に愛着を外から見ても感じるのである。街と山の暮らしは違っているからである。
相馬藩では海と山の暮らしが江戸時代からあった。その前からもあった、それが多様性を作り出していたのである。

原発事故の酷いのはそうした飯館村を中心にして山側が被害をが大きかった。
原町区でも山側は大原村でも半分が避難区域になったからである。高倉村辺りも放射線量は高かったし国見山でも7マイクロも山ではあったから高かったのである。
ともかく原発事故前からこうした山村とか農村地域は農業は金にならないとか跡継ぎがいないとか老人だけがしているとか言われてきた。
それは時代でありどうにもなちらないことでも何か農村でも山村でもそこに他にない都会にないものがあり価値があるものがあった。
ただどうしても金の世界になると金にならないことは価値がないとされるのである。
そして現実は農業はもともと厳しいものだから跡を継がないというのもわかる
その時綿々とつづいた山村であれ農村の暮らしは失われるのである。

一方で農業に魅力を感じ山村に移り住む人もいる、紙漉きをしている人もいる。
それは何なのか?やはりそこに山村でも生業があり人間の暮らしの原点があり魅力を感じる、草むしりに魅力を感じている人がいたのも不思議である。
草むしりが癒しとなるとしてそれで草むしりをさせて金もらっているというから時代である。農業とか山村でもそこには都会にはない人間の生物の原点の暮らしがあったからそうなる。都会で暮らせば便利でも人間が自然の中の一生物であるという感覚すらなくなってくる。一種の機械の部品のようになってしまうからである。
つまり価値は必ずしも金だけでは計れない、でもその金の価値があまりにも大きくなったことで農村や山村は捨てられてゆく、農業は自然とかかわることでありそこから実感としての自然を知るのである。それは花鳥風月として自然に接するのとは違うのである。
ただ自分の場合は農業をしていないから本当の自然とコンタクトしていないのである。
それだけの体力もないとなる、農業でもそれだけするのにも相当な体力を消耗する
すると知的な方面には働く余裕がなくなのが現実なのである。
お前は外から農業を見ているからそんなことが言えるのだ、実際に草をむしり畑で田んぼで働いて見ろとなる。
それでもなんか農業は逆に金がないとやれないとまでなる、知っている人は農業していても種とか肥料代がないと援助したからである。
農機具を利用するとなるとさらに金がかかるのである。意外と金のかかる仕事なのであるだから農業で利益を出すということは相当な苦労なのである。
梨農家とかはこの辺で多いがそういうものは現金収入になるが他はかなりむずかしいのである。

いづれにしろ都会の人はインフラとか金がかかりすぎるから限界集落のような所はなくすべきだという。でも何か田舎に来てもそこに田舎を感じなくなるだろう
すると何か都会の人でも失ったもの感じるかもしれない、農業もない田舎が田んぼも畑もない田舎が田舎なのか?ただ別荘のようなものがあったら田舎ではないのである。
代々の暮らしがあり生業があったとき田舎なのである。
それが原発事故などで失われたことはやはり日本の損失なのである。
でももともと農業とかは常に金にならないから地元でもやりたくないとなっていた。
そこに原発事故が起きて一挙に若い人も山村から田舎から流出したのである。

posted by 老鶯 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2016年09月23日

抽象画(山々ーリアリティを作り出す)


抽象画(山々ーリアリティを作り出す)

I create the reality such as the representational painting in an abstract picture

mmmmmmmppppp11.jpg

mmmmmpppppsss1122.jpg

redmountain345.jpg

redmountainnn111.jpg
赤岳


mmmmmmbbbbbrrr111222.jpg

mmmmmmmmbbbbb2334.jpg

mmmmmmmmbbbbbb11111.jpg

mmmmmmmmmmmsss2345.jpg



山でもこれは抽象画にしても具象画でありリアリティがある
なんかアートは現実よりリアリティがあるものを作りで場合がある
自然では感じないものを芸術で現す

第一この自然は現実よ見たものではない、でも現実にありうるものとして見ている
そもそも自然を人間はいつも見ているものでも見ていないのである。
だからこういう場面も作り出したものがありうる
あまりにも多様な自然を人間は見ようがないからである。

山々のひきしまった感じがこの抽象画にはでている、これもインターネットに原画があるが変化させてわからなくなっている、つまりまるで別なものになっているから著作権にふれるかもしれないものもあるがもう全く別個の作品になっているものもあるのである。

Even if this makes an abstract picture in the mountain, it is a representational painting, and some art with the reality shows the thing which does not feel a thing with the reality in nature with the case in making it than reality by art

This the first nature does not watch even the thing that in the first place human beings always watch nature which but I watch as a thing possible practically which is not the thing which I watched reality.
Therefore such a scene is because the human being cannot watch too a variety of nature which may have the thing which I created.

This which the compact feeling of the mountains is reflected on to this abstract picture has original picture in the Internet, but because I change it and lose it that is it becomes different at all, there is the thing which may touch the copyright, but there is the thing that it is in a work already different at all.
posted by 老鶯 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 抽象画の部(abstract)

2016年09月22日

石原慎太郎はなぜ批判されなかったのか? (巨大権力は必ず闇が生れる- 原発の闇、都議会の闇、ゼネコンの闇、銀行の闇、カルト宗教団の闇・・・・)


原慎太郎はなぜ批判されなかったのか?

(巨大権力は必ず闇が生れる-

原発の闇、都議会の闇、ゼネコンの闇、銀行の闇、カルト宗教団の闇・・・・)

慎太郎が秘書の栗原と組んで、秋葉原再開発、築地市場の移転、東京オリンピックの招致と、大型工事を必要とする政策が次々と生み出され、その工事の多くを受注した鹿島はおいしい思いをした。もちろん、栗原の仲介で慎太郎にもキックバックが回っているに違いない。 もうひとつ、鹿島との関係で深いのが、石原が副知事に招聘した右翼活動家の浜渦武生。彼は、石原とどちらが親分でどちらが子分か分からないくらいの関係で、石原の極右体質は浜渦の影響も大きい。浜渦は、弱者(障害者、高齢者、女性、外国人、貧しい人、失業者)といわれる者すべてが嫌い。週に2・3回しか登庁しない石原知事に代わって都庁を支配した。しかし、当時からマスコミは、このような石原・浜渦の強権的な体質に恐れをなして、批判的な記事を一切書こうとしなかったのです


石原慎太郎はなぜあれだけ力をもったのか?あれだけの横暴なことも許されたのか?
マスコミさえ恐れて何も言えない、そんな力を石原一家だけで財力でも何でももてるのだろうか?何か背後に組織ももっていないのになぜだろうとなる
ただいろいろな組織とは団体は関係していてその力を利用していた。
良くテレビで普通だったら視聴者からも顰蹙をかうことを堂々と言うのにマスコミからは批判されない、苦情も来ないというのも不思議だとなる。
何か石原慎太郎だけは特別扱いだったのである。そういうことを回りでも許していたのである。
石原慎太郎のしたことは前々からいろなことで批判されていた。別に批判されないわけではなかった。

東京銀行の無駄使い

尖閣での寄付はなんだったのか

いろいろあっても批判されないのはなぜだったのか?

公明党と一緒になって財布代わりに使った「新銀行東京」ともありここではう創価とも関係していた。
石原慎太郎は巨悪だったのである。でもその巨悪がなぜ許されていたのだろうか?
マスコミのほとんどは今も恐れていて同じである。
それほどの力をなぜ大きな組織に属してもいないのにもてるのだろうか?

ただ今回話題になった都議会のドンの内田とかはなぜまたそんな力を持てたのだろうか?
これもまた謎だから闇のドンとされる、これは闇であり石原慎太郎は常に表に出てその力を誇示していたのは違っている、特にネットウヨとかにとっては祭り上げられる存在だったのである。小気味よくはっきりと在日であれ何であれ左をこきおろしていたから人気だった。でも尖閣の金はどこにいったのだろうか?そういうことも今は問われている
東京銀行にしても巨額でありそれは創価とも公明ともかかわっているがあいまいであり何も問われない、これも検察が入っていいような問題でもあった。
でも検察も今は力がなくなんの働きもしない、無用化しているのである。
検察は何のためにあるのか?もう東電の事故でも誰も責任が問われないように検察や官僚はただ自分の利得を追求する天下り先を確保するためにだけの存在に成り果てたのだろうか?そこに巨悪はのさばりやがて原発事故のような甚大な被害を国民に与えることになる

結局戦後七〇年すぎて日本はあらゆることで曲がり角に来ている、これまでの組織も何か機能しない、それでそうした官僚機構であれマスコミであれこれまで権力をもっていたものが批判される、何らかのそうした規制の権力が弱体化してゆく
マスコミの信頼は地におちた、芸能人の馬鹿騒ぎを提供するだけだとかなっている
肝心なことはもう追求されない、マスコミを信用している人は減っているしインターネットの方に情報は移っている
「原発の闇」「東京都議会の闇」・・・・の闇がなぜ生じるのだろうか?
やはりそこが巨大な権力が欲が動く場だからである。
権力が何かといったら人間の欲望のことである。それが巨大な組織が関与するから闇になる
創価にしてもなぜあれほど権力追求なのだろうか?それは権力が人間の欲から生れるし欲をかなえるから宗教でも装い実際は欲を追求しているのである。
公明党がなぜ東京銀行にかかわったのか?そこには巨額な金が動くからである。
そこにかかわれば金が入る自由にできるという思惑があったとなる

つくづく権力とか金とかは怖い、一個人でも多少の金でも怖い、自分の経験でも遺産が多少入ってもそこにその金を目当てに事業に失敗した親戚が自分が病気にもかかわらず損なこと関係なく恐喝してきたから怖い。その時自分は弱者になっていたからどうにもならなかった。自分の弱点をついてきたのである。一人は金目あてに実際に盗みとなった。
「金をくれ」ときてそれを実際実行したのだから驚く、こんな人が近くにいるのか?
田舎にいるのかと驚いた、その人たちは金に追い詰められていたからそうなった
相手も金を得るために必死だからそうなった。
銀行もまたにていたのである。これも自分の失敗だった、投資信託などに手を出したが結局手数料が入り証券会社でも銀行でも損はしない、損をするのはそれ信託した人なのである。銀行も実際は金が動くから今はなかなか金を貸してもうけられないからそういうことでもうけることに必死なのである。だから何か勧誘するにしても一旦金をそういう場にあづけるとやめにくくなる。ヤクザまがいになりやめさせないというかそういうこともあるそれもやはりもうける場が銀行に少なくなっているからである。
投資信託の手数料が大きいのである。金をあづかっていても貯金されていても銀行は今はそれでもうけることがむずかしいからそういう方に力を入れているのだ。

原発だって東電は国並の権力を金をもっていた。三兆円の資産があるとか驚きだった。
するとそこに政治家であれ官僚であれ検察であれマスコミであれ地元の人たちであれ群がるのである。マスコミに流れた金も巨額なのである。
だから「安全神話」が作られたのである。何かここでも石原慎太郎のような力を得ていたのである。確かに原発批判している人は左翼系でいたがそれも何かSF小説のように架空のことのように危険性をされていた。
何か大きな声として国民には届かないのである。出版はされていてもそうである。
要するに情報は権力によって操作される、権力というとき政治家であれ官僚であれ検察であれマスコミであれもっている、記者クラブでもそういう権力をもつ人の許可がなければ得られない、だから一個人など何の力もないのである。
そうすると大きな声になるのは権力をもつものによって決められことになるのである。
原発が今でもなぜやめさせることができないのか?それもやはり今度はさらに大きな背後のアメリカの命令でそうなっているとかなる、アメリカ実質上の日本の政府を動かしているとなる。原発がアメリカの政策だからやめさせることができないのである。
日本は敗戦国だからアメリカに対抗できない、逆らえないのである。
それも日本が敗戦から七〇年過ぎて国家の変革期になったのである。
そして日本がこれから真に独立国になるとしたらこれは戦争になったときのように相当な覚悟が必要になる。アメリカに守られていたことから脱することは相当な危険にさらされるからである。そういう日本国家自体の曲がり角にきて津波や原発事故や都議会の闇なども暴かれたのかとなる、なんか時代の節目にきていることは確かなのである。

タグ:権力の闇
posted by 老鶯 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

限界集落化した津波や原発被害地 (将来のモデルケースになる場所なのか?)


限界集落化した津波や原発被害地


(将来のモデルケースになる場所なのか?)



自給自足ってよくリタイアする人間とかも言うけど 
はっきり言って若者以外出来ないんだよ実際 
畑や田んぼ耕すのも体力勝負だし井戸水や川の水だって安定的ともいえない 
病院のお世話にならない頑丈な体に自給自足のための食料を作る体力に 
さらに知識まで必要なのに年寄りが見よう見まねで出来るようなことじゃない 
死に物狂いで若者がやって何とか出来るレベル 
言い換えたら年寄りは本来そう言う自然界においては動物の餌になる存在だからな

経済基盤が田畠だった中世ならまだしも 
主軸が生産流通に移ってしまって 
今はそういった「過去人が住んでいた」だけの土地は、存続させる価値がない 

自然に溶け込むってんなら病気になってもその辺の薬草食ってそれでも治らないなら 
そのまま死んでいくのが自然の摂理だからな 
病気は病院行きたいとか行政サービス受けたいとか 
遊ぶ場所も欲しいとかそんな話は通るわけがない

海外の先進諸国では人々を都市部に集める政策をむしろ推進しているほど。 
そして都市部では自家用自動車は邪魔で迷惑なので、自動車を減らして自転車と公共交通の為のインフラ整備に取り組んでいるほどだしね。

だからフグスマの汚染地域とか復興させなくていいんだよ 
仙台の近くに集団移転させろ 

いま過疎地言われてる所はほぼ開拓集落で 
しかも昭和入ってからの土地だから農業やるにも条件はかなりきついところが多い 
仕事の選択肢は水田がダメなので実質酪農のみといっていいだろう 
肉牛乳業が羽振り良ければそれでもやりたい人が居るかもだけどまあ現状では無理だな 

これから求められるのは、徒歩回遊性の街作り 
都市間移動は、各種交通機関で事足りる社会へ 

歴史的建造物は保存しつつ、 
郊外宅地は田畑に戻し、限界集落は山野に戻す 

自動車に執着している地域ほど人口減少が激しいというのが皮肉だね。 
人(歩行者自転車)よりも自動車を優先するする地域に未来は無い。

離島や国境付近はしかたがない 
だが、この前の台風10号で被災した岩手の村のように 
集落が2、3軒しかないところに道路を整備したり 
無理やり復興させても、 
未来の子供たちの税負担が圧し掛かるだけだ

あっさり消滅してくれたら楽だけど、一番若いのが78歳とかいう集落でも 
その78が95まで生きたら、たとえ住んでるのが1人しかいなくてもゴミ収集もいるし 
水道管も道路も直すし、ガス、電気もいるし、訪問介護の人も通うし、福祉タクシーも必要になるのがな 

過疎化 ←若者が生まれ育ったふるさとを捨てた地域 

生まれ育った人達が捨てるような地域に都会の人が移住するわけがない

もはやコンビニ完備だし 
ディスカウントストアも沢山 
だから個人の商売は成り立たず 
公務員と病院だけが繁盛してるというね 
過疎地獄しかない

東北の連中 
二言目には大震災の愚痴しかこぼさない 
一生瓦礫の中に埋まってろやって思った

気持ち的に寂しいけど社会的にはいいこと 
限界集落まで何億もかけて道路や電気、水道を維持する余裕は今の日本にはない 

田舎へ戻るのはやめたほうがいいですよ。 
お父さんの代の人が亡くなられたら、 
地域に誰もいなくなります。 
行政や民間サービスの対象外になるでしょう。 
生活していけません。 

地方の過疎地域は、自然に還っていくのです。


戦後の町村合併のとき中学校は人口8000人ないと維持困難と見られてた。 
割ったら強制合併(併合)でよかったんだよ。合併先は原住民の投票で決めさせる配慮温情あればいい。 
ミニ町村にも校長いて教師職員いて議員も教育委員もいる。全く無駄だ。 

人口3,000人くらいの過疎の自治体にも公務員が数十人いて議員が十数人いる。しかも、退職者にはたっぷり年金を払っている。

田畑の手入れ・草刈り等しない人は、自治会長から電話で手入れをしてください!!と注意の連絡があるかと 
草ボーボーだと周りの田畑まで、大量に草の種がとんで、草だらけになる上、害虫の発生、水利問題等が発生します。



原発避難区域になったところはなにか前からも書いてきたけど津波や原発事故だけでそうなったのかという疑問である。
農業では食べていけない、漁業では食べていけない、林業はなきも同然、結局何にに頼るのとなると原発だった。
双葉とか大熊とかなるともう東電の町になっていたのでありそれで町も維持できていた。だから原発事故で一挙に崩壊してしまった。
もし昔のように貧乏でも自給自足的な生活をしていたら町でも村でもこんなに町や村自体がなくなるということなどはありえなかった。

限界集落というときこの辺はそうではなかったが何かこの辺では津波や原発事故でそういう状況になった。津波の被害地では三陸などはもともとこの辺より過疎化していたから
急速に限界集落化して人も住めなくなり町も村も維持できなくなる。
三陸などでももともと漁業にたよる貧しい漁村だったから明治の津波の大被害でもやはり生活しなければならないから漁業をするために海側に住んだのである。
その頃は今のような便利な生活ではない、電気などもまともにないし車もない生活なのである。
ということはインフラ整備に電気であれ水道であれ道であれ漁港にしても粗末なものだろう。だから国に頼ることもそれほどなく前のような生活をつづけたということがいえる
人間はいろいろなものをもちすぎると一旦こんな大災害にあうとそれを再建することが容易でなくなる
逆説的になるけどかえって何もっていないなら最低限のもので間に合うのだから再建するのは楽だとなる

病院もないから医者も看護師もいらない
弱って病気になったら死んでもらうほかない
もちろん介護などはしないから介護士も施設もいらない
水道もないし電気もないとしたら原発などという危険なものもいらない
石油を危険な中東から買う必要もない
道路も車がないのだから作る必要も整備する必要もない
家も掘っ建て小屋のようなものからはじめるとすると金もかからない
水道費もいらない、電気代もいらない、車代もいらない、ガソリン代もかからない
燃料は炭くらでまにあわす、あとは輸送は場所とかリヤカーを引っ張るとかなる
肥料は人糞でまにあわすとか草を肥料にするとかあるものでまにあわす

こういう生活は戦後十年はそうだった、子供のときがそうだった。
自分の家はまず水道もいならか水は近くの井戸水をもらっていたし風呂はバタなどを買って鉄砲風呂で燃やしていた、風呂は父親が手作りしたものだしトイレの便は近くの農家の人が肥料として汲んでいた。
その生活は江戸時代の継続だったのである、今の暮らしからする信じられない簡素なものだったのである。電気を使ってたとしても裸電球一つしかないとしたら電気などいらないから原発など危険なものもいらないとなる。
つまりそういう生活だったら再建するのはかえって楽だとなる
何もないのだから何も新たに作る必要もないのだから楽だとなる
そういうふうに人間は江戸時代の継続として戦後十年まで暮らしていたのである。

もしそんな暮らしだったら別に津波であれ原発避難区域であれすぐに再建できたのであるだから三陸とかでも明治の大津波でもやはり漁業に頼る他ないから危険な海側に住んで元と同じように生活していたのである。
限界集落というところでも別に自給自足の生活だったら村自体が消滅することなどなかったのである。ただその暮らしは厳しい、でも村自体が消滅するようなことはなかった。
村の生活は厳しくても維持されてきたのである。
かえって現代の便利な生活を贅沢を求めてきた結果、原発を誘致してそのために住めなくなった、村や町が消滅する危機に瀕したのである。
ただこれはここだけの問題ではない、限界集落と言われるこれから少子高齢化で日本全国の問題なのである。この辺は極端な現象として早めに現れたのである。
だから高倉の農家の人が時期が早まったというのはそういうことを予測していたのである
いづれにしろ良くコンパクトシティ化するほかないとかも言われる、飯館村なんかは草野辺りを中心にコンパクトシティ化する、でも人口が半減したりするとその維持をどうするのかとなる、もともと飯館村は県でも最低の収入しかなかったからである。
コンパクトシティ化するというとき今は国から援助がありできる、ところが今度はその施設でも維持するのに相当な費用がかかる、その負担するのは村民になるからだ
でもそれだけの税金を村でとれるかというとできなくなる、今は国とか東電とかの援助があるから補償があるからできる、でもこれからを考えるといつまでも援助は出ないから苦しくなる。

ではなぜ車から徒歩だ自転車を足に使いというときそれも時代の流れとして提案することになる、日本が少子高齢化で縮小してゆくときそれにどう対応するのかとなる
人口3000人となると議員に払う給料だってまかなえないから数人で四五人でいいとかなるしあらゆるところで節約縮小になる、そもそも大きなインフラを建物でも建てるとそうした小さな村では飯館村のようなところでは維持費がかさみ、維持できなくなる
今は援助があっていいとしても将来的には問題なのである
飯館村は補償金の問題で南相馬市と合併しなくて良かったと今は言っているが将来的に人口が半減とかするともう村自体を維持てきなくなるから南相馬市と合併するほかないと今度はなるかもしれない、今は財政的に豊かになっているが将来はそうならないからである
ともかく限界集落のことで言われることはこの辺では現実のものとしてあり見本のようになっているのである。だから具体的にどうするかということを真剣に様々なことで問われている場所なのである。

タグ:限界集落
posted by 老鶯 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2016年09月21日

秋の日に高倉から小高に行く (小高に帰っているのはほとんど老人だけ)


秋の日に高倉から小高に行く


(小高に帰っているのはほとんど老人だけ)


minoriiiiiinew22223.jpg
takakuuura111.jpg
高倉の奥の一軒家

min0riiiiii1111_FotoSketcher.jpg
クリック拡大


安政の墓や古りて実りかな

虫の音や高倉に残る老夫婦

秋日さし旧街道をたどりゆく


隣家の庭に朝顔咲くを見つ雨しととふり家にこもりぬ

夜のふけて鈴虫すみて鳴きにけり星も清らにきらめきまたたく

ワレモコウ秋薊咲き野菊かな実り戻りぬ村一つすぐ

駅前に花植え飾り揚羽蝶舞ふも淋しも小高の通り

人住まぬ家のありにし誰住むと小高の街や秋となるかな

小高にそ人の帰りぬ少なしも通りに人や秋となるかな

イノシシの街中歩むと今はなし人のまばらに帰る街かな

モスバーガー中に休みて花映えぬふ安らぐ一時ここに得しかな

mossssss111.jpg




昨日は雨であり一日こもっいるほかなかった。隣家の庭に朝顔が咲いている、秋の雨がしとしとふる、窓からその花が見える、別に隣とは仲悪いわけでもないし話もしているからいい、隣とは何かもめやすいことがある。ただ隣でも実際は花だけを見ていれば問題ないとなるのだ。


高倉から小高に行ってきた。安政の墓というのがあった、木幡家であり安政から墓碑が記されていた。高倉には老夫婦が残っている農家がいた。
実りがあるというときそれは江戸時代からつづている。実りの中に墓があるというときそれは継続を意味しているのである。だいたい墓地は必ず江戸時代からはじまっている
なんらかそこが墓がないとしても人を葬った所なのである。
田舎では実りがないということは生活の継続が絶たれることなのである。
それはただ米を収穫して食べるということだけではない、生活の文化の継続ともなっているのである。だからこの辺では原野化したときはそれがなくなったからとまどったのである。原野化したなかに墓がある風景は何か歴史の継続を絶たれた風景だったのである。

ワレモコウに秋薊に野菊が咲いて実りがあって何か田舎は調和している
山側にゆくとまだまだ原野が多い、それでも実りは増えてきた。
山からおりてきて浜街道にでる、秋の日がさしてその道をたどり小高に出る
ただ旧街道というときはわからない、いろいろな新道ができて旅に出たときはわかりにくくなる。ここだってここが旧街道と意識しないかぎりそう思わないのである。
ただ漠然としては昔の道はわからないのである。
自らが意識させない限り昔をたどることはできないのである。
浜街道はいつも意識しているから地元でわかっているから秋の日がさして近くでも旅した感じになるのである。

小高の駅前の希来というところでおばあちゃんがいたので話した。
結構長くいた。

「人が帰っていますか」
「そこの家は子供いて鹿島まで通わせている」
「そうですか、子供もいたんですか」
「帰って来ているのはほとんど年寄りだな」
「人は前よりいるみたいだけど」
「それでも淋しいよ」
「年寄りは若い人が帰ってくるというけどどうかな」
「なかなかむずかしいな」
「年寄りだけ帰ってきてどうなるなのか、街が成り立つのか」
「あそこもあそこの家も帰ってきているのは年寄りだけだよ」
「確かに前よりは住んでいる人がいるみたいだけど」
「それでも少ないよ」
「なんか知り合いの女性が夜が暗くなるので嫌だと言っていました」
「それは言えるな」
「夜に来てみると灯がともることでどれくらい住んでいるからわかる」
「夜は淋しいよ」
「なんかここに来てみると帰る気がなくなるのがわかるな」
「私も帰るけど帰るのは老人だけだよ」
「今はどこに住んでいるの」
「原町の仮設だよ」
「原町だったら便利だから帰りたくなくなる、家も建てた人もいるしな」
「そういう人もいるな」
「それにしても家が空いていることがもったいないんだよ」
「誰か住めといってもな」
「市の方では空家バンクで住まわせようとしているようだが」
「イノシシが前は通りに出てきていたよ」
「誰も住んでいないと家が荒らされる」
「ハクビシンとかも出てきて家にすみついた」
「山の方で50匹もの猿が出ていたとか」
「空家にしておくのは良くないよ」
「駅前に花植えてきれいでいいよ,蝶々がとんでとまっていたよ」
「小高には高校もあって駅を利用する人がいたからな」
「鹿島よりはにぎわっていたんだよな」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

駅前の希来というところでずっと話していたら確かに前よりは住んでいる人もいるし車の通るのも多い、ただ店は開いていないから同じである。
コンビニ一軒と双葉食堂は繁盛している、除染関係の人が寄っているからだ。
双葉食堂は鹿島の仮設でも繁盛していた、ともかく外にいつも並んでいたからである。
小高でも昼間は10人も外で並んでいたから同じだった。
メニューはでもラーメンとうどんしかなくご飯はないのである。
それでも四人くらいで客をこなしていたのである。
ともかく前よりは人が住んで人がいるからいいが何か老人だけでありこの先どうなるのかという不安があるしそれは予想されたことだった。
でも全然子供がいないというわけではない、前は街から離れた所に帰る高校生もいたからである。でもあれだけの空家があり住まないともったいないと思う
ただ来年の三月には仮設も撤去しはじめるので家ある人は帰らざるをえなくなるだろう。そこでまた変わってゆく、でもなんか以前として小高に行ってみると帰る気がなくなるというのが現実なのかもしれない、市の方でもみなんに帰ってもらいたいのである。
そうしないと市の方でも困るので桜井市長が帰って復興に力を尽くしてくれと言うようになった。そして市の方でも小高が負担になる、財政的にも負担になる
そのことで南相馬市民全体の問題として小高がある。
ただ浪江であれ双葉であれ大熊であれ原町の復興住宅に入るようになったというとき広い原発事故の被害地として共有しているのである。
だから原発事故は一地域の問題ではなかったのである。

帰りは原町のモスバーガーで休んだ、あそこに20年も知らないのは大損失だった。
喫茶店として利用できたからである。最近喫茶店がない、食事するのではなく軽いもので何か話したりする場が必要なのである。そういう内装になっている
もう喫茶店だけではやっていけない、でも前からあそこは喫茶店としても利用されていたのである。
喫茶店があるとしたら何か街中というより景色のいいところで休めたらいい。何か自分は今までも喫茶店で思索したりしていたからである。
盛岡は喫茶店がいい場所にあった。川が二つありその側にあったからそれが付加価値をもたらしていたのである。
あそこは景色は良くないにしろ花が映えていたから安らぐ所だった。


2016年09月19日

希薄化した国家への意識、喪失した愛国心 (愛国心の基は郷土愛)

希薄化した国家への意識、喪失した愛国心


(愛国心の基は郷土愛)


明治維新から太平洋戦争までは国家中心の社会だった。だから愛国心を説くまでもなく日本人は愛国心をもっていたのである。
その愛国心は対外的に欧米列強に対抗するために愛国心が天皇中心に盛り上がり形成された。愛国心とか国に誇りを感じるのは対外的に形成される
第一江戸時代には愛国心がない、封建制であり藩中心の社会だから日本国自体意識しようがないのである。
ただ参勤交代などで江戸に出れば全国から藩の侍が集まるのだからそこに交流が生れたがあくまでも藩を越えた交流は生れない、藩同士で協力するということはないのが封建時代である、もともと戦国時代には藩同士が戦争していたのだから殺し合ってもいたのだから仲良くできないのである。常に敵であったし城や城下町の作りは常に敵に備えるように作られていたのである。

相馬藩が飢饉になったとき相馬藩内では協力している応援もしている
飯館村は高地であり寒冷地だから相馬藩内では飢饉になったとき応援して援助しているが伊達藩は何も援助しないのである。
だからこれだけ全国的に何か災害があったりすると協力しているのはありえないことだったのである。
ただ熊本県では東日本震災で東北は地震があるから危険であり会社は熊本県は地震がないから安全だから来てくださいと宣伝していたことが今回の地震で批判されたのである。
でも江戸時代だったらそれは普通のことだったのである。もともと敵国なのだから敵国が不利になるのは力がそがれるのは有利になるからである。
それで明治維新のとき薩摩長州の同盟によって江戸幕府が倒されたがいかに藩同士が同盟することがむずかしいかを証明していたのである。
江戸時代は藩は敵対していて協力関係にないからである。

だから江戸時代までは日本国の意識は希薄だった、日本国があるとしても庶民レベルで俺は日本人だという意識している人はまれだろう。俺は日本人だというとき外国人がいて日本人だと意識するけど鎖国していたら外国人もいないのだから日本人として意識しようもないのである。
人間の歴史をさかのぼれば愛国心というけど最初は極めて狭い範囲内で自己を意識していた。それはトーテム信仰となった部族意識である。
俺は犬族だとか猿族だとか熊族だとかなる、部族意識は国意識になっていた。
その部族同士が争っていたのである。それは日本でも同じだった、だから邪馬台国とか日本最初の国家が生れたということは相当な歳月を要したしそこに日本の原点があるということでそこがどこにあったとか詮索しつづけているのである。
日本の国家が実質的に形成されたのは蝦夷との戦いでありそれは大規模な戦いであり
それは西と東の戦争でもあった。なぜなら征夷大将軍というときそれは蝦夷との戦いに由来しているからである。この蝦夷は謎であり物部氏を中心として渡来人がいて手ごわいものとなった。それは日本を二分する戦いでもあったのである。

その時大和朝廷が生れていた。その大和というときそれはヤマトという山の戸口という意味の奈良の一地域だったのである。その一地域から大和という国が生れたのである。
だから国というとき何かというときそもそも日本全国を国として意識していないしできない、交通も発達していないから庶民レベルでは大きな国は意識できない、
明治になってから鉄道ができて日本国を意識しはじめたというのもそのためである。
関所もなくなり日本全国を行き来できることになり日本という国を藩から脱して意識するようになった。
それから日本は日清日露太平洋戦争と外国で戦争することで日本人を意識するようになった。戦争のときはやはり一番日本人を意識する、なぜなら日本のために戦い死ぬのだから当然だとなる、そういうことは戦争でしかありえないことである。
だからいろいろあっても戦争では一番愛国心とか国家意識が命かけているのだから燃え上がる、つまり民族としての同胞意識が最高潮になる、これは戦争を経験した人でないと理解できない、戦友というときそれは50年過ぎてもでも忘れられないものとして強い絆があった。

それが戦争に負けた結果、今度は一転して国家意識が否定され希薄化されて君が代すら否定される,天皇すら否定される、その変化の仕方があまりもに大きかった。
日本は敗戦によりアメリカに支配され属国化された、それは今でも継続している
アメリカには逆らえない、実質の支配者はアメリカだとなっている。
原発もそうだったのである。原発はアメリカしか知らないものがある、原発の技術はアメリカが握っていて日本人は知らないという、その証拠が原子力空母である
あの技術は最高のものであり日本人には作れないということでも証明されている
肝心の一番重要な原発のこと核のことは日本人の技術者は知らないというのである。
そしてアメリカの日本支配のためにアメリカはそれを教えないという。
日本敵国だらか教えないという、政治も経済も戦後は以前としてアメリカの支配にある
そして結果的には日本の独立はない、独立国として何もすることができない
インドも中国も北朝鮮すら独立国だが日本は独立国ではない、アメリカの属国してしか存在し得ない、原発がやめられないのはアメリカの核政策がありそれに従わねばならないからである。

日本の愛国心は明治維新から太平洋戦争のときは強固にあったのである。
それは庶民のレベルでもあった。挙国一致体制になっていたのである。
それが戦争に負けた結果そうした愛国心は失われた。
それに変わるものとして日本の誇りは何になったのか?
経済成長と技術で誇ることだったのである。だから戦後は団塊の世代でも企業戦士となり会社人間となり猛烈に働きアメリカに物質的に追いついたのである。
日本が誇ると言うとき何か戦前とは違う、高度成長のときはソニーの製品だとか今でもトヨタの車は技術的に世界で優れているとか売れているとかが自慢になる
日本はノーベル賞をいくつもとっているがアジアでは日本だけだとかが自慢になっているのだ。そして原発だって日本の技術が優秀だからと言われてきたのである。
原発に関してはアメリカに及ぶものではなかったのである。
戦後の日本人の誇りは戦前とは違う、国家意識というのは喪失した。

愛国心というとき誰でも日本が誇りだというときニートのネットウヨでももてるのであるそれより日本国内でも評価するというとき職業による方が多い、第一愛国心は何かに優れていなくてももてるからである。
でも優れた職業人には誰もなれないのである。大工だって職人だって優れた人には簡単になれないのである。簡単なようでみんな優れたものになれない、必ずどこでも不適応者がいて人間には差が生れているのである。
外国でも日本人だということは意識されるが「あなたのプロフェショナル(職業)なるは何ですか問われる、医者だとか言えばグローバルに能力の高いものとして尊敬されることになる、あなたは何人かよりグローバル化するとき何に対してプロなのかとはいうことが問われ誇りになるのである。
そしてグローバル化は多国籍企業でありますます企業の方が国家より世界で認識されるものとなる、ソニーとかグーグルとかアップルとかの会社員だとか言うと何人より凄いなとなってしまう社会なのである。
グローバル化は国家意識を希薄化させているからこれは世界的な共通なものなのである。
何か愛国心を強調するのもわかるのだがグローバル化した社会では容認されないものがある。そもそも愛国精神というけどそれが何なのか?
愛社精神なら生活がかかっているのだから庶民レベルでは具体的でありもっている
でも一方で郷土愛というときこれも希薄化しているのである。
なぜなら郷土愛というのも仕事自体が郷土の中でだけあるものではない、広域化してグローバル化している、グローバルに品物も入ってくるし地震で瓦が壊れたけど直したのは磐城の会社だったし今度風呂場が壊れたので直してもらうのは仙台の会社だったり復興住宅で驚くのはなぜ佐賀県から札幌とかのナンバーがあり全国の人がかかわり仕事している
地元の人だけではもう人手もないし技術もないから作れないのである。
建て売り住宅でも地元の人は大工でもかかわらないとなる

自分の家は橲原(じさばら)に同級生のキコリがいてその人が材料を提供してくれたのである、すると何か故郷を意識するのである、今は材料すら外材が多いのだからそういう意識もないのである。

天皇の御製歌(おほみうた)一首

あをによし奈良の山なる黒木もち造れる室(やど)は座(ま)せども飽かぬかも

右は、聞かく「左大臣長屋王(ながやのおほきみ)の佐保の宅(いへ)に御在(いでま)せる肆宴(とよのあかり)の御製(おほみうた)なり」といへり。

これとにていて何か郷土に生きる誇りがここに生れていた。それはその土地でとれたもので作ったからこそなのである。


グローバル化すると広域化すると故郷意識、愛郷心も希薄化するのである。
今回の震災で原発事故でも復興の仕事に携わったのは外部から来た人たちなのである。
地元の人は何していたかというと補償金でパチンコ屋通いでありギャンブルで遊んでいただけなのである。
だからこういう社会の変化もあり簡単に若い人は外に流出したということもある
故郷に愛着するのは老人はそうだがこういう広域化グローバル化社会ではそうはならない浪江の人は会社が二本松に移動して家族も移動したとなるからだ

自分は郷土史を探求してきたからそこから自然と歴史を合わせて郷土愛というのが生れた自然とのアイディティテイを形成してきた。でも普通は今は会社員なのだから愛社精神はあっても郷土愛というのはもてるのかとなる。
郷土愛というのは何に基づいているのかというのも明確ではない、歴史というとき親が生きた地であり先祖が生きた地でありまた自然がありその自然とアイディンティティ化するそれが郷土愛となる、海であれ山であれ樹であり石であり岩であれそういう自然と一体化するとき郷土愛が生れる、また郷土で共に働くということで郷土愛が生れる、それが郷土芸能とかここでは野馬追い祭りとかなる
早乙女の田植え踊りとか祭りも村の人たちが共同で働くから生れたのである。それは農業中心の社会だったからそうなった。
でも実際の生活は現代では会社中心であり郷土に根ざすものは少ないのである。
愛国心は大和という国が生れたときもともとは一地域であり郷土愛だったのである。

やまとはくにの まほろば たたなづく 青がき 山ごもれる 大和しうるはし

そういう美しい自然がありそこにまほろばがありそれは郷土愛であり国家意識とはまた違っている、国家意識というとき外国に対して強い優れいてるとかが強調されるからであるそれはまた郷土愛とは別物なのである。
だから国家を意識する愛国心というのはグローバル化社会では希薄化する、会社社会になると競うのはいい製品を作るとか会社自体を繁栄させることであり国家を繁栄させるのとも違うからである。
ただ会社とかグローバルの多国籍企業の問題は車なら車を作るだけでありそれは自然とは関係ないとか歴史とも関係ないとか全体の一部のことでありそこだけを取り上げたら日本はトヨタの会社となり地方でも部品工場になってしまうのである。
郷土というとき狭い地域でも全体のことであり一部のことではないのである。
もう原発事故では双葉とか大熊とかは明らかに東電の会社の一部となり社員化していたのである。あれだけ大きな会社だったとは知らなかったからである。
それだけ今の企業は巨大化して郷土すらのみこむものとなっていたのである。
そのことが結局郷土自体を破壊してしまったのである。

そもそも東京などでは東京を愛するなどありえるのか?あのようなマンモス都市を愛せるものなのか、そこには郷土もなにもない,第一土すらないのだから郷土という感覚もないそこに自然の美しさもない、そこに育まれるのは何なのか?
会社化した部品化した人間しか育たないだろう。そもそも一千万の大都会となると世界でも何かアイディンティティをもつことは不可能である。
江戸時代の江戸は百万都市でも回りに自然があり富士山が美しく映えていたのである。
それは浮世絵を見ればわかる、江戸にはまだ自然の中にあったのである。
戦前でもまだ自然が残っていて愛郷心もあったしその愛郷心が愛国心となっていることもあった。愛国心の基は愛郷心なのである。それがこの歌に如実に示されているのである。

posted by 老鶯 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治維新-明治以降

秋の長岩(八沢浦の長岩は松は消えたが残っている) (人が住みその長岩と一体となる)


秋の長岩(八沢浦の長岩は松は消えたが残っている)


(人が住みその長岩と一体となる)

nagaiwa111.jpg
この時はまご松だ残っていた、今はない


八沢浦八景(長岩の晴嵐)  雲晴れて入日移らふ長岩の松にしぐれを誘ふ浦風


長岩の津波のあとにも残りつつ住む人あれや秋となるかな

長岩の松はなしかもなお残り住む人あれや秋の日暮れぬ

八沢浦湊部落の消えにけり誰か訪ねむ秋となるかな

八沢浦妙見の社あわれかな津波の後にその跡とどむ

海老の浜たたずみあわれ家もなし悲しむ人のなおありしかも

海老の浜津波に残る樹のあわれ痛々しくも傷痕とどむ


津波から五年半すぎたけどなおその傷跡は深い、ここで家族を失った人はやはりまたそうでなかったものとの差も大きいのである。
それは地元でもそうである。結局人間は人の悲しみとか苦しみを自ら経験しない限りわからないのである。自分も十年間苦しんできたけどほとんど他人はそのことをわからない
それはみんなもそうなのである。他人の苦しみにはいろいろありわからないのである。
あの人何苦しんでいるとなる、一人暮らしの人はあんたは家に介護する人でもいたんだから良かった、誰でもいた方がいいんだ,自分は誰もいないから不幸だという人もいる
介護したことがないからそう言っているのである。
他人の苦しみはいろいろあり他者からわかりにくいのである。

津波から5年半過ぎてもなおお悲しんでいるとしてもなかなかわかりにくいのである。
ただ時間が過ぎるとまた状況も変わってくる、八沢浦の長岩は八沢浦八景の歌として残っている、その岩は津波の後も残っている、ただ松は枯れてなくなった。
長岩の松として歌われていたその松は消えたのである。
おそらく右田の一本松も宣伝しているが枯れてしまうだろう。
海老の浜にはまだ津波にも残っている枯木が痛々しくある
右田浜は工事で変わり果てて家があったこともわからなくなる
海老浜はまだ家が多かったからここがその跡だということは近くの人は感じる

ともかく長岩が残りあの近くに人が住んでいた、あの辺は人の住めない地域だが人が住んでいた。畑がありそこに人がいた、暮らしがそこにあった。一部に実りももどった
でも津波が来た広い範囲にはなにもない原野である。
妙見の社があったがあれば明治維新後武士が入り祀った場所である。
明治行こう400人以上の武士が開墾に入った、中には北海道に移住した人もいた。
城勤めの人がそんなにいたのかとなる、ほとんどは郷士であり農民だったのが相馬藩だからである。ただ飯館村の飯樋(いいとい)には60人もの役人が塩を扱っていたからそれだけ役人が相馬藩でもいたのである。

いづれにしろ人間と風景とか自然と一体となっているのが田舎である。
自分はそこに一番魅力を感じてきたのである。都会では高層ビルとかと一体となるのか?
あんなもの見上げて生活して死ぬのは嫌だなとなる
つまり自然とアイディティテイ化することが本来の人間なのである。
だから長岩が江戸時代から知られていたというときそこに住む人もその岩と一体化するのである。長岩が津波の後にも残りここにまた暮らしがもどったなと感じるのである。
それはここだけではない、津波の被害にあった広い範囲でそういうことがあり原発避難区域でも起きているのである。
暮らしがまたもどればまたその自然も活きてくるのである。
普通はなにもなければそういうことは意外と意識しないのである。
津波とか原発事故は何か悲劇だったのだけど何か大事なものを意識させたことはあった。故郷など当たり前にあるのだけどそれも意識されてそのありがたさを知るとかなった。
そうなるとこの辺はやはり今までとは違う意識でこれから生きるということはありうる
故郷は大事なものなんだなという思いがここには受け継がれるということはありうる

2016年09月18日

自助の精神が失われて復興ができなくなった原発避難者 (桜井市長もそのことを言うようになった)


自助の精神が失われて復興ができなくなった原発避難者


(桜井市長もそのことを言うようになった)

sasasas1.JPG

darkness duaでそのことを引用して言っている

津波とか原発事故の被害地域ではこういうことに陥っている、それは前も書いたが過剰な援助でもう自力で何かを復興をやる気をなくした。全部ではないにしろ全般的にそうである。
一カ月百万とかもらったらどうなるのか?そういう人も家族が多いといたのである。
もともとこの辺は給料が安いから原発の補償金の方がずっと高いものとなっていた。
そうすると補償金をずっともらっていた方がいいとまでなる
補償金をもらえるのが当然でありボランティが来て援助されるのも当然であり俺たちはかわいそうなのだから同情されるのも当然でありそれに異を唱えるのは糾弾されるべきだとなる、自分にもそういう人がいたのである。傷口に塩ぬって楽しいかとか責めてくるしそれに同調する人が原発避難者にはいる
それはマスコミでもそうであり一方的にかわいそうだとなりそのことしか伝えない
そのかわいそうな人たちは何していたのか?
毎日パチンコ屋通いであり競輪でありギャンブルで遊んでいただけなのである。
そのことで桜井市長も避難者に苦言を言うようになった。

俺たちはかわいそうな被害者なのだ、これほど現代で強い立場になることはない、この被害者意識は国際関係でも中国と韓国がいつまでも責めてきて日本から金をまきあげることでもわかる。それはもう日本を責める、金をまきあげる口実になっている
あの戦争にも複雑な事情があり日本に一方的非があったわけでもないのである。
そんな事情はもうどうでもいい、日本を徹底的に悪者として責めれば得だとなってそうなっている、結局事実とかも現代の都合で曲げられてしまう、歴史も曲げられてしまう。

この辺でさらにやっかいなのは放射能問題である、これも避難者に対して何も言えないものを作り出した。子供をもっている親は特に女性は放射能を恐れる、それに対して何も言うことができない、親が帰れとは言えない、それで実際は姑と離れて暮らすのがいいと帰ってこなくなったということもある
放射能が怖いから帰れないといえば親もどうにもならないからである。
でももし補償金がそんなに出なかったらもうしかたなく住みつづける人もいたろう。
背に腹は変えられないとなるからだ。
手厚い補償金をもらった結果、かえって外に出て家を建てるとかして帰ってこないとなった。補償金がみんないい方に働かなかったのである。地域の和も破壊されたしみんなで協力してやろうとかも失われた。
浪江の工場経営者の人が仕事を南相馬市の人なのか頼んだら断られた
「あんたは何億補償金もらったんだ、仕事などしなくてもいいじゃんないか」
こうなるのも補償金で和が保てなくなったのである。
もしそうでなかったらこういうときこそ助け合うべきだとなっていたのである。
そういうことは全般的に言えたのである。

南相馬市の鹿島区の議員が小高区の避難者の所に言って親切にする、その人は鹿島の人たちの気持ちを全く知らなかったのである。
そして自分が鹿島の人たちが補償金で不満があると言ったとき怒っていたのである。
一般的に小高の人たちはそういう気持ちである。そこに根深い対立が生れたのである。
それはみんなそうである、俺たちは被害者なのだ、かわいそうな援助される人間であり
そんなことを良く言えるな、それでも人間なのかとなる。
それをマスコミでも常に応援するから余計にそうなる
そして自立の精神は失われ俺たちはかわいそうな人間であり援助されるべきでありもうこれだけの被害なのだから生涯援助されるべきであり国民年金しかもらっていない人も多いから補償金として年金を増額して補償されるべきだと主張する
それも老人が多いから特にそうなったのである。

確かに最初避難して一二年とかに避難者を批判するのは酷だった、でも五年半過ぎたのだからこうした批判もあって当然だし考えを変えねばならない時期である
ところが一旦こうして補償されるともうそれが当然のようになりそれに頼り自立の精神が失われる、農家でも三年も農作業しないと体がなまりなまけくせがついてできないという特に老人が多いから余計にそうなったのである。
この辺は六五歳以上の比率が30パーセント以上とか他より急速に高くなった、何か買物しているのでも目立つのは老人なのである。

そして常に農業でも跡継ぎがいないとか言われてきた、跡継ぎがいないということは自分もそうだが深刻なのである。世代の連続性が失われることである。
それで確かに老人なら地元で故郷で死にたい、死に場所としての故郷が実はあった。
このことは意外と若い人にはわからないが年取ればわかる、でもそうさせるのは世代の連続性があるときなのである。
つまり若い人がいて老人もいてかなうのである。老人ばかりだったら支えるも者もいないとなるとそうはならないのである。

この辺は様々なことで自立の精神が損なわれた、補償金でもそうだし和が破壊されたことでもそうだし放射能汚染でもそれを口実に使うということも若い人にあった
そして現代の時代もあった。回りは便利な生活して便利な生活になれているときあえて不便な生活を困難を選ぶ人はまれだからである。
確かに女川では外から入ってきた若い人は困難を覚悟で入ってきた。だからその若者には感心したのである。
戦後の焼け野原から開墾に入ったのは仕事も何もないからであり貧乏が当たり前の時代だからそうなった、選択する余地がないのである。どこに行っても条件が悪いのである。
今は回りが便利な生活をしているのにあえて不便な生活を選ばないのである。

ただ援助されていいことはある、飯館村では小中一貫の学校を作る、そこに何十億という援助がされるからできるとか国からの大きな援助があるから新しい構想の街作りができる、飯館村は草野中心にコンパクトシティ化するのかもしれない、草野の広い土地に復興住宅ができる、何か今までとは違う新たな試みが援助があるのでできる
飯館村などでも塩の道にそう家では新しい倉を建てたとか補償金で喜んでいる人もいる
福島市にも家を建てた人もいる、福島市に家を建てることは土地が高いから相当な額になる。でもそれが補償金でできたのである。

ともかく原発事故は今度は原町の復興団地に大熊とか浪江の人たちも入るのでそのことでも広域的な問題だった。福島県全体の日本全体の問題ですらあった。
避難した人たちが移ってくればその人たちを通じて被害が広域的であり一小地域の問題でなかったからこそ狭い範囲で原発の是非を決めること自体間違っていたのである。
狭い範囲で大熊と双葉とかの住民のエゴで決められるものではなかった
被害がそこにとどまれば文句は言わないが全体に及ぶのが原発事故だったからである。

避難指示解除前日の7月11日、小高区の住民有志が南相馬市役所内の記者クラブを訪れて「福島第一原発事故の避難指示解除に当たって、桜井勝延市長の歴史的責任を問う」と題した文書を記者に手渡した

いつまでも除染のことを言ったらきりないと思う、本音はもっと補償金をもらいつづけたいということである。地元だって今になると原町区と鹿島区の人たちはそう思っている
いつまで補償金で遊んでいるんだと思っているのである。
いづれにしろ補償金はどこかで打ち切らざるをえないのである。
原町区と鹿島区でも30キロ圏で区切られたから補償金で対立することがあった。
今になると原町区と鹿島区は一致している、もういい加減小高の人たちは帰って復興してくれとなる、いつまで補償金もらうつもりだ一生なのかとなってしまうからである。
小高区の問題は東北電力の原発がすでに工事がはじまる予定だった、そのこともやとり小高区の責任になる、それも南相馬市に合併する前だけどこれもまた広域的に決められない原発の問題があったからである。小高のことは小高で決めるというわけにはいかないのが原発だったのである。

タグ:原発避難者
posted by 老鶯 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2016年09月17日

山の抽象画を変化させるソフトの使い方を発見 夕暮れの山々(mountains in twilight)


山の抽象画を変化させるソフトの使い方を発見

夕暮れの山々(mountains in twilight) 

I find how to use software changing the abstract picture of mountains


mmmmmmhhhh112344554666.jpg


mmmmmmhhhh112344554.jpg

mmmmmmmppppp11.jpg

mmmmmbbbbbb44456.jpg


これはペイントショップではない、別なソフトで加工したら山の抽象画が大量生産できるつまりソフトを使いこなせるようになると抽象画が無限に作り出せる
それは変化だからである、その変化が無限なのである。
ただ著作権が問題になるかもしれない、オリジナルなものとあまりにも似ているとそれはあなたの創作品なのかとなる

これもインターネットにあった山の抽象画を変えたものだからである。
自分のオリジナルなものではない、他者の創作品を変えたのである。
でも何かソフトで変えたものの方が見栄えしているのも不思議である。
別な作品のように見れる不思議がある


The change that is because it which an abstract picture can create endlessly when this can produce the abstract pictures of the mountain in large quantities if I process it by another software which is not a paint shop that is I become able to manage software is a change is infinite.
It is only when I resemble a rest that it is the original that a copyright may become the problem whether it is your brainchild

This is because this is the thing which changed the abstract picture of the mountain in accord with the Internet.
I changed the brainchild of the others who were not one's original thing.
But it is mysterious that something which it is soft and changed does a look.
There is a wonder to be able to look at like another work


posted by 老鶯 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 抽象画の部(abstract)

秋の蝉(十年以上買物が仕事だったー昨夜は一六夜)


秋の蝉(十年以上買物が仕事だったー昨夜は一六夜)

izayoiii1.jpg
一六夜の月


秋の蝉なお一つ鳴き買い物に

一面に夏菊や蝶三羽舞う

家事十年男一人やめぐる秋



秋の蝉一つ鳴きにつ買い物に男一人の暮らしやあわれ

十六夜の月の薄雲に光るかな無月の後に微笑むごとく

微笑みつ去りにし女の面影や十六夜の月雲間に光る


買い物というとき介護の前からもしてたから20年くらいしているかもしれない。
家事というとき意外と料理が主だと思っていたが実際は買い物が主になる
何か料理するにしても材料を買う必要があるしいろいろ買わねばならない
すると今は買う種類が多いのである。どこになにがあり何を買っていいかとなる
それが一番わかりにくいことだったのである。

自分が仕事したというときこの買い物だったのである。だから買い物難民とか言われるけど買い物が不便なところは現代では苦しい、だんだん体が弱ってきたら近くにスーパーがないとまた苦しくなる、何かやっと歩いているような老人も買い物に来ているからである手押し車でも買い物に来ている人はいる、自分の母親90過ぎてもそうして買物していた。
ともかく家事というとき買物が一番時間がかかる、特に介護のときは買物から何からいろいろあったから忙しかったし時間の余裕がなかった。何かにいつも追われていたのであるただ人間は人の苦労がつくづくわからないのである
知り合いの人は妻が死んで一人暮らしであり大きな家にいるから淋しいといつも言っている、そしてあんたは介護している人でも家にいたから良かったんだよと何度も言うのである。

それは妻を介護する経験をしていないからなのである。こういうことは常にある
仕事だった人の苦労など経験してみないとわからないのである。
なんか自分は主婦ではない主夫になっていたのである。
その知り合いの人は買物はせずに親密な女性に頼んでいる
何か男が買物や家事を嫌うということは前はあった
そんなものは女性がするものだというのがあった。
でもその人は糖尿病だから手のこんだ料理はしている、自分はほとんど買ったものですましている、料理は女性でもうまいへたがあり簡単にできないものである。

朝顔に我は飯食う男なり 芭蕉

朝顔というのはイメージすると妻とかの女性なのかもしれない、でも一人身だから淋しく黙々と飯を食う男なんだとイメージする、何か人間は男女があって調和している
女性がいないと男性だけだと淋しいものとなる

ともかく秋になった、十五夜には月が出ない無月だった。昨日は一六夜(いざよい)であり薄雲に満月が光っていた。最近は曇りがつづいている
なぜいざようなのか不思議である。

ほほえみつ去りにし女の面影や十六夜の月雲間に光る

これってもしかしたら恋の歌なのか?女性の魅力は何かこの微笑みにある。
ただ肉体的なものにあるだけではない、肉体と関係なく人間には女性を慕うものがあるのかもしれない、男女の関係はやはり死ぬまで消えないものなのだろう
若いときはどうしても肉体的なものを求める、それでかえって覚めた眼で女性を見れないのである。

ガラス越し身をきよらかに照らしゐる十六夜の月は香のある如し      小林みどり

これは女性的な感性なのだろう、月に香りを感じるということはそんなにないだろう。
いざよいはいざなうでありいざなうには女性が男性をいざなうということがあるかもしれない、女性の微笑みもそうである。

タグ:一六夜の月

2016年09月16日

心が補償金で分断された原発事故の被害地 (そもそも土地は分断できない、つながっているから)


心が補償金で分断された原発事故の被害地


(そもそも土地は分断できない、つながっているから)


「あん時は参ったよ。地権者は『米を作るよりも儲かる』ということで貸すことになった。しかし、仮置き場の周りの土地の地権者たちには1銭も入らないから、怒ってしまった。それに、のちになってわかったんだが、20キロ圏内の地域は環境省の管轄で、あっちは1反当たり年18万円。今度は市に提供した地権者たちが騒ぎだした。まあ、金のことになるとみんな勝手だよな」

 ある区長は、そう言ってボヤいた。

なぜこういうことが起きているのか?原発事故の被害はある地点ではない、広域的に起きている被害である。それで30キロ圏内とか放射線量で一地域でも分断するとか南相馬市内でもいくつもに分断されて補償金が支払われた。
30キロの境になった人では隣がもらっているのにと泣いて訴えていた女性もいた。
そもそも放射線は全体に広域的に汚染しているし影響がある。
被害に関してはそんなに差がない場合がある
30キロで区切ること自体が問題だったのである。

飯館村でも南相馬市とは関係ないと思っていたけど実際は土地はつながっているし仮置き場にしてもそこから放射性物質が雨に流されて泥とともに流れてくるかもしれない。
そういう危険性はあるし真野ダムにも放射性物質が泥とともにたまりづづけているしそこから下流に流れだしてくる。
それは大地でも川でもつながってるからそうなる、それで飯館村の人が土地を売って補償金をもらって他に移りたいというときそこが仮置き場にされまた政府のいいように使われる、何も用がないとなると放射性物質の永久の置き場にもされる
もうそこは住民のものでないとするとどうされようがとめることもできない
原発を建てるときも一地権者と県の許可でまず建てられるというのも恐ろしいことだった
土地の私有というのは明治以降認められたがそれによって入会権などがあった土地を共有するという感覚を失った、何でも私有権を主張するようになった。
信じられないのは自分の家の海の前にも権利があるとして訴え補償金を要求しているのである私道でも避難区域になったところは補償金を要求してもらっているのである。
一区画の土地が私有されることによりその土地は自分のものだから売るのも何するも勝手だとはならない、常に回りと関係して土地はあるからである。
土地はだからそもそも私有化することが合わないものだったのである。

賠償金の問題でも全体としてつながっている土地を放射線量だけで点のように分断して政府や東電が補償金を出すということ自体が間違っていた。
そんなことで分ける必要がなかった。そうした結果補償金で地域は分断されてしまった。あいつが多くもらってこっちはもらえない、放射線量など隣なのだから変わらないのにとなった。小高区と鹿島区の争いでもそうである。
つまり小高は確かに避難区域になったのだから多少は多くなってもしかたがない、それがあまりにも手厚いものとなり差別されたから一致して協力できないものになった。
もし同じように補償金を配分すれば小高であれ原町であれ南相馬市は分断されなかったし協力していたのである。
みんな同じ地域であり放射線量の多寡で分断されるようなものではなかった。
放射線量では同じように影響がある、飯館村だって雨がふれば南相馬市に泥となって放射性物質が流れてくるのである。
結局こうして補償金で分断された影響の方が大きかった。
心がばらばらになるとき和が保てずにその力は大きくそがれ一致して復興する意欲も失われたのである。

それは大熊とか双葉とかでも広い範囲でもそうである。それぞれの町や村や区で他でも
仮置き場でもそうである。それだって回りのことを考えれば田んぼにも影響する
回りに影響がないとはならない、田んぼもつながっているからである。水が流れることでつながっている、そういう中に仮置き場があることが問題なのである。
そして仮置き場にした土地の所有者にだけが金が支払われるとういのも問題だった。
回りの土地もやはり一体としてあるからである。
何かそういう配慮がなされなかった。それも私有権が強固に与えられ社会になったからだともなる、土地は共有であり私有になじまない面があったのである。
海だってそうである。漁業権者だけが勝手に所有できたのかと釣りしに来た人も言っていた。海は誰のものなのか?それも所有できないものである。
この海は自分たちのものだ、組合のものだとして東電に売り渡した、そんな権利があったのかとなる、それは土地のものみんな協議するものだったのである。

会社も問題だか明治以降は戦後の民主主義では組合もまた利権化していたのである。
東電を批判するが電事連は大きな組合であり核兵器には反対していたけど原発は推進していたのである。
そうして様々な団体がカルト宗教団体でも利権化して運動したのが民主主義だったのである。そこに弊害が生まれたのである。
そうした利権化した組合とかには農協でもそうだが反対することはむずかしくなる
それは巨大であり権力をもっているからそうなる
そのことが原発事故が起きた原因でもあったのである。
それらは権力をもっている故にタブー化するからマスコミでも批判はしないし誰も批判はできないのである。そのことにより大きな事故であり国家的な暴走も過ちも起きてくるのである。

ただもともと金が絶大な力をもつようになったときすでに現代の社会が分断されていたともなる、金さえあればなんとかなるという社会である。共同性が失われていたからそうなったともなる、農業は金にならないとか後継ぎがいないとかは別に原発事故が起きたらかではなく前からそうだったのである。
ただ高倉の農家の人が時期が早まっただけだったということを言っていた。
姑と一緒に暮らしたくないからこれ幸いと出て行ったとかも言っていた。
だからすべてが原発事故のためなのかというのも疑問なのである。
それは別にここだけの問題でもない、日本全体の問題でありグローバルな問題でもある
ただここではそういう問題が極端なものとして早めに現実化しただけだとも言える
浪江でもそうだが飯館村でも草野に家が集中してその回りは無人化する
何かコンハクトシティのようになる、それは少子高齢化では人がまとまって暮らす方がいいと言うのもここでは現実化しているのである。
それが将来の街作りでありい生き残りになるからである。

posted by 老鶯 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2016年09月15日

抽象画(山々-various mountains of abstract picture)


抽象画(山々-various mountains of abstract picture) 

twined mountain

twinedddmmmm23323.jpg

mounnnnnttttt455676766.jpg

ounnntttt12654332new.jpg

mounntainnnnn1234567.jpg

mounnntainnn123.jpg

mounnntainnn123444.jpg

silvermountainnn11.jpg

クリック拡大



これらもインターネットにある山の抽象画を変化させてできた。
山とかは具象画でも常にモチーフにされる、山は多様でありとても現せきれないものがある、それは川をテーマとして抽象画を作ったと同じである。
ただ山の場合は山として具象画として見えるものとして作っている
これは山だなと明確にわかる。

抽象画だと何かわからないものが多い、そういうものが抽象画だとなるが変化させた場合これは山だなと思って山をイメージして作り直す、すでにほとんど自分は何も手を加えない、まず自分は具象画を描けないからである。
ただ変化させてこれは山だなと思い多少を手を加えるだけなのである。

These changed the abstract picture of the mountain in the Internet, too and were able to do it.
Mountains made a motif are always various, and even a representational painting is the same at all as a mountain when it with the thing which I cannot show features the theme of a river and made an abstract picture.
I only know it definitely when this making as a thing to see as a representational painting as a mountain in the case of a mountain is a mountain.

When such a thing that there are many things not to understand when is an abstract picture is an abstract picture, it is, but when change it, think that this is a mountain, and remake it in the image of a mountain; oneself does not already add any hand almost; is because at first oneself cannot picture a representational painting.
I can change it and think that it is a mountain and only only add a hand with the number. 
posted by 老鶯 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 抽象画の部(abstract)

マスメデアからインターネットの情報摂取の変化 (知らないことが致命的になる社会)


マスメデアからインターネットの情報摂取の変化


(知らないことが致命的になる社会)


インターネットとかの情報環境で何が変わったのか?
テレビとか新聞とかのマスメデアは一方的なメデアである
一方的に情報を操作して大衆向きに放送する
放送する方では視聴率を最大の問題にしているからそのためのために放送する
最大公約数のような放送をする
最近テレビを見るなというときそれはテレビが一方的なメデアであり
知らずに洗脳される、自ら考えることをなくさせるからである。

それと違うのがインターネットのメデアである。
ここでは今度は絶えずマスメデアで流す情報を本当なのかという疑問をながかける
それが実際にやらせだったということがある、貧困問題でもそうである
実際は嘘だったということが暴かれた
第一その情報をどこまで真実なのかわからないということがある
一方的にそういう情報を流されても調べようもないからである。
テレビを見るなというとき知らずに根拠のない情報に洗脳されるからである
ああ、こんなに貧乏な人がいるんだな、かわいそうだなとかなる

それはあらゆる面でそうなのである。原発事故の避難者についても常にかわいそうだねとなることしか放送されない、だから実際は複雑であり地元でも補償金でもめているのは事実でありそこは隠蔽されている、マスコミでは原発避難者は常にかわいそうだとなっているからそういうことで批判するとなんだお前は冷たい奴だなと批判される
でもそういう事実があることも知らせるのが公平なのである
マスコミはどうしても一方的にな報道になりやすいのである

インターネットのメデアはこれもいろいろ問題がある、あまりにも情報が多すぎることなどその信憑性など実際はどう利用していいのかまだわからない面がある
インターネットは確かに様々な意見があり知識がある、でもそれの是非を自分で判断するとなるとこれもまた大変なことだとなる、一方的なマスコミの判断にゆだねるのが楽だとなる、第一みんながそんなに暇でもないしそんなに多すぎる情報から取捨選択する時間もないだろう。

インターネットの問題は過剰な情報の海にほうりこまれる、すると確かに出版社とかの人が言うようにインターネットには編集がないという、それは納得する
様々な情報があってもそれがばらばらになって何が嘘なのか本当なのかもわからなくなるそういうことを個人で判断するとなると考えるとなると普通はめんどうになるから
ただ専門家の言うことなどをそのまま鵜呑みにするようになる
専門的なことになると判断することが素人ではむずかしくなるからだ。

今話題になっている貧困問題でなぜそうなっているのか?
ある女性はセクハラなのパワハラなのかやめさはられた、会社ではそうした人が実は会社にとって有能な人なので会社にとって重要な人ではないその人はやめさせられた
それが会社社会の現実なのかということを知る
一方で今新たなリストラが行われている、会社の中核と思われていた中年世代が40代、50代がリストラされている、それは印刷会社の人であり電子化しているからその電子化に対応できないから中年世代がリストラされる
この二つの問題をリンクさせると編集すると会社は今やグローバル競争にさらされているから生き残るためには有能な人間を必要としているらそうでない人間はコストとなるから切り捨てる、それが会社として生き残るためだからそうなる
一方で最近人手不足が騒がれるがそれは誰にでもできる底辺の仕事が多いのかとかなる
有能な人も人手不足なのだがこの人手不足と底辺層の人手不足が違っている
有能な人の人手不足は別に常にあったし確保するのがむずかしい、底辺層の人手不足は誰にでもできるものでありだから外国人で補うともするのである。
これはyoutubeの二つの情報を編集したことになる

インターネットは膨大な情報がばらばらになってある、一つのキーワードから探して無数に情報が出てくる、まずキーワードで情報を探すなど今まではできなかった。
キーワードで探すということはその人の関心から探すのだから常にオンデマンドなのである。買い物すらキーワードで探し現実に買うオンデマンドになっている
だから個々人が求めるものに答えるのインターネットだとなる、そして個々人の求めるものが多様化しているからそれに答えるとなる
マスメデアは個々人の求めるものには答えない、一方的にマスメデアが選択しで与えるのである。何が重要か重要ではないかもマスメデアが決めるのである。
だから選択することも自ら考えることもできないようにしているのである。

インターネットの特徴は何か自分で情報を求めないとそれにあったものはでてこない
最近郷土史で「紙漉き」のことを関心をもって調べたらそれにマッチしたものが出てきて感心した、それは意外な紙漉きの事実があったかである。
江戸時代になるが紙漉きは冬の冷たい水を利用したり重労働であり過酷だったから醜い少女を養女にして奴隷のように働かせたというのである。こういう事実には驚いたのである紙漉きというと何か今になるとロマンチックにイメージしたりするが全く違っていた事実があった。
この知識はやはり自分が紙漉きについて調べて関心をもったから出てきた。
何か強い関心をもたないとインターネットではそれについての知識は得られないのであるそしてその事に関してもいろいろな人が語るから編集が必要になるのである。
するとプログでも読む方にしても関心がある人なら要約されているから自分で調べることもなく時間を節約やることができるのである。
インターネットは調べるのに手間であり時間がかかるからである。

マスメデアとインターネットでは極端に違ったメデアでありそこにも問題がある
その中間のようなメデアも必要となる、なぜならインターネットを一日見ているような暇人はまれである。何か要約したようなものが必要になる
マスメデアはそれをしていたがそれがマスメデアが一方的な洗脳メデアとなっていたのである。だから一方的にマスメデアで選ばれた人が発言する、その他の人は発言できない、そこでも偏りができる、編集するにしても公平にはならない、マスコミの意向によって編集するから偏るのである。

人間は知るということは大事である。知らないことが致命的になる。
モスバーガーが原町にあったのにいつも20年間あの辺に喫茶店がなかったので探していたのにあそこを知らなかったのが大損失だった。
それがなぜかと考えたら自分は車をもっていなかったから寄ることがなかった、車でのみ入れて販売される場所だと思っていたからである。
車をもっていない人は車について知らない、車を利用してできることを知らないということは相当な車社会ではハンディを負っているのである。
別に車がなくても生活はできるが車をもっていればそれだけ生活範囲が広がるのである。ただ車でばかり生活していると何か失うことも確かである。
車は風とか光とか蝉の声でも虫の声でも何か自然を感じない、だから俳句とか短歌を作るとなるとそういう生活は自然を遮断するから向いていないともなる
つまり歩くことと自転車の旅でも相当に違ってる、歩くことで感じることを経験しないと江戸時代などのことも俳句でも理解できないと思う、歩くことで感じることは今や新鮮なのである。

知らないことが致命的になるということはいくらでも起きている
この辺ではそのことを痛切に感じたろう。
津波のことでも原発事故でももともと知らないということが致命的になり命まで落とした知らないことは命にかかわっているのである。
原発事故でも地元の人が政府とか東電の言うがままであり安全神話を信じていて自分達では調べることもしなかった。
一方新潟県の巻町では学者を呼んで自分たちで調べて原発を作らせなかったのである。
だから放射能のことなど核のことなど知り得ようがないということでもなかった。
ただ自分たちで知ろうとしなかっただけだともなる
第一原発にしても吉田所長が復水器のことを知らなかったというのが意外だったのである所長が知らないかったらそもそも事故があったりしたら何もできないとなる
実際に何も指示もできないということがあった。
何であれ知らないことが致命的になるのである。
またいろいろなことを調べてもインターネットで調べても個々人で判断することもむずかしい、病気のことでも自分でもそうだったが知識の迷路に陥ってゆく、ある人は民間療法など
を信じてかえって病気を悪化させるなどいろいろ問題が起きる
つまり知ったとしてもそれを判断することがむずかしくなる

今の社会は複雑であり知るべきことが無数にあり対応できないのである。
自分が車にのらないからモスバーガーが喫茶店として利用できるのを見逃していた。
それも20年間もである、そういうことは例えばインターネットなどめんどうだから知らないでいいやともなるがそうなると自分のように車を持たないで知らないことで大損することにもなる、だから現代社会にすでに車を持たないと運転できないとかまたはインターネットを利用できないとなると適応できなくなり大損失になるしそれが命にもかかわることもある。
投資信託でもそれがなかなかわかりにくい、ましてや株のことなどもわかりにくいからだまされやすい、銀行の人が貯金しても利子がつかないからとすすめられるとどうしてものりやすい。でもそもそも投資信託の仕組みすらわからなかった。
外国の国債を買うと元本が保証されない、それも怖いことだと思ったし投資信託でもそうでありそういうなにか危険なことを知らない、それを知ろうとするとこれもめんどうになる、現代はともかくそうした情報社会でありそのために様々な問題が生れ混乱してくる
グローバル化してさらに情報社会になり事の真偽がさらにわかりにくくなる。
第一外国のことになると理解することがさらにむずかしくなるからである。
ただこうした情報社会では知らないとお前の自己責任だとされるのである。
だから知らなかったではすまされない時代になっているのである。

2016年09月14日

秋の蝉(末期の目で見る自然ー自然な死を受け入れる)



秋の蝉(末期の目で見る自然ー自然な死を受け入れる)

akisemiii1.jpg

蝉一つ死して拾いぬ里の道

秋の蝉今年もここに鳴きにつつその声聞きつここに死になむ

夜をこめてしきり雨ふり虫の鳴く声のひびきつ朝明けむとす

白々と木槿の咲きて雨しとと今朝の静かに我死なむかな


我々人間は人間獣である為に動物的に死を怖れてゐる。所謂いはゆる生活力と云ふものは実は動物力の異名に過ぎない。僕も亦人間獣の一匹である。しかし食色にも倦あいた所を見ると、次第に動物力を失つてゐるであらう。僕の今住んでゐるのは氷のやうに透すみ渡つた、病的な神経の世界である

芥川龍之介の末期の眼というけど35歳で自殺した、その年で末期の眼とかあるのだろうかそれは無理をしたものである。ただ天才となると凡人にはわからないものがある
啄木の不思議は27歳であれだけのものを短歌を書けたのかということである。
それは老境のものだったのである。20代でそんなふうになるはずがないのだが結局死というものを明確に病気で感じたからそうなった。
だから若いから延々と死の未練を歌ったのである。やはり自然な死ではないからそうなった
ところが人間もやはり60代とか70代となるとだんだん死というのが自然なものになってゆく、

しかし食色にも倦あいた所を見ると、次第に動物力を失つてゐるであらう

このことが自然な死を受け入れる一番の要因になる、人間の命はやはり本能であり欲望があるからつづいている、それは個々人で差があるが欲望の強い人は老人になっても本能的な欲望は消えない、かえって熾火(おきび)のように燃えあがるのである。
だから週刊誌で老人の性の特集をしているのである。
人間の本能というか動物の本能でもそれだけ強いものであり簡単に消えないものである。人間はともかく快を執拗に追求しているのである。老人になるとかえって食にこだわる。こってりしたものは食べないにしても味にこだわる、これも快の追求なのである。
それが本能であり生きることだからである。まず誰も苦を求める人などいないのである。
ただ人間の自然な死はありうる、やはり人間の動物の本能が消えてゆくと自然な死にいたる。ただ人間の場合は本能というか動物的欲というかそういうものだけではない、様々な欲がある、名誉欲とか名声とか何かそういうものを求めるのが動物と違っている。

人間は老人になれば人によるが自然な死に向かう、すると末期の眼で自然を見るようになる、今回の短歌でも別に自分が今すぐ死ぬわけではないが何か死を受け入れて自然を見ているのである。別に病気でもないし死期が近いわけではないがやはりだんだん死に向かう心境になる。
だから死に場所を意識する、動物が象などが死に場所があり死ぬときそこに行くということはやはり本能的に死を意識するからだろう。猫も死ぬときは消えるとかいうのもそうかもしれない。だからそういうふうに人間は死期を迎え自然に死を受け入れて死んでゆくのがいいのである。

そうはいっても現代の問題は死というのがどうしても病気になると苦痛があり簡単に死ねない、そして延命治療などほどこすと最悪である。死にたいのに死なされないというのは最大の苦しみを与えることにもなるからだ。
だから自分の母親は百歳まで生きて何か苦痛もなく死んだから最後だけは望みがかなったのである。眠るように死にたいといつも言っていたからである。
百歳まで生きるとなると老衰だから苦しみがないのである。
人間はその前になんらかの病気になり死ぬのである。母は病気が死ぬまでなかったのである。

つまりもう60代は元気だけど70代以上になると高齢化でも死を意識するし死が身近なものになる、そこで死に場所が問題になるのである。
意外とこのことが見逃されている、死ぬのはどこでもいいとはならない、やはり長年なじんだ場所に死にたいとなる、故郷で死にたいともなる、それでこの辺は原発事故などで住めなくなり他に移り老人には酷だったということは確かである
そういうことを親に対して気づかう人もないだろう、親を故郷で死なせてやりたいと思う子供がいるだろうか?
それは別に原発事故がなくても親と子が離れて住んで最後は故郷ではなく子供のいる所で死ぬ人も多い、近くではそうだった、葬式のために一時もどってきたが子供の住んでいる所で死んだのである。その人も長年親しんだ故郷で死にたかったかもしれない、ただ別に故郷でなくても長年親しんだ所ならいい、それがたいがい相当な老人になり体が不自由になってから子供の所に引き取られるからその精神的負担が大きくなる

いづれにしろ自然な死を精神的には受け入れるようになる、でも肉体的にはそうはいかないのが問題なのである。死んでもいいなと思っても肉体が生きていれば生かそうとするのが現代だからである。そして家族を二人看取ったが簡単に人間は死なせることができない、延命治療だといっても認知症でも人間は馬鹿になったともいえない、人間として生きているし時々特に最後は正常になることがある。それが怖いと思った。
これも不思議な現象だった。人間が生を全うするというときそういうふうに最後までわからないことがあるからましてや他人の医者やその他の人で簡単にもう死んでもいいだろうともならないのである。社会的には延命治療など金がかかるからさせたくないということがあるが家族にするとそうでもないのが矛盾なのである。

とにかく自然な死を受け入れるばそんなに生に固執しなくなり死んでゆく
でもまだまだ自分がすぐ死ぬということではない、ただそういう心境になったということである。

2016年09月13日

国レベルでもカルマの法則が成り立つ (他者であれ他国であれとばっちりを受けるのが怖い)


国レベルでもカルマの法則が成り立つ


(他者であれ他国であれとばっちりを受けるのが怖い)


カルマ(業)というとき個人→家族→小地域→国→大地域(アジア、ヨーロッパ、中東など)→人類となる
なぜ戦争が起きるのか、なぜ近代化した以降大規模な戦争が起きたのか?
今までにない多数の人が死なねばならなかったのか?

ソ連 2000万人
中国 1000万人
ポーランド 540万人
ドイツ 530万人
日本 290万人

ソ連は軍人の死者が多い、中国人は民間人が多い、ドイツや日本も軍人が多い。
なぜこれだけの人間が死なねばならなかったのか?
それには理由があったのか?ソ連はなぜ2000万人も死んだのだろうか?
中国は内戦の結果死んだ数も多いだろう。それから粛清があり死んだ
ポーランドはナチスの虐殺があった。

こういう大規模な戦争となるとやはりその大地域のまたは国のカルマが関係しているのかとなる、日本だったらアジアのカルマがありそのカルマを背負ったとかなる
ヨーロッパは複雑でありソ連もまた歴史的対立とかカルマがあり犠牲が大きかった。
第二次世界大戦は世界的カルマの総決算の様子を示していたのかもしれない
ハルマゲドン的な戦争だったのかもしれない、なぜなら人類的にこんな大きな戦争は経験していないからである。またこれだけの犠牲者を出したこともなかったからである。
国民国家が世界で生れたとき大規模な戦争に発展したのである。
だから日本の戦争の責任論でいろいろ言われるけど大局的にみると人類の業としてのハルマゲドンだったのかもしれない、日本はアジアと日本のカルマを背負い約300万人が死んだ。
ただアメリカはなぜこれらの国からすると犠牲者が少ない、ということはアメリカだけが人類的カルマを背負わない国だともなる、でもその後アメリカは戦争したのでありやがてそのカルマが返り何か大きな犠牲が出るかもしれない、その将来はわからないがアメリカのカルマも日本に原爆落としたようにかなり重いからである。
だからそれに見合うカルマを受けるかからもしれないのだ。カルマとは因果応報だからである。

なぜカルマを考えるよになったかというとここ十年の家族の介護やら自分の病気やらで自分がさんざんな目にあったからである。
それでこれは何なのだろうと考えざるをえなくなった。するとこれは自分のカルマであり家族のカルマだったのかとして納得する他ない、いくら相手を責めても自分が背負ったカルマ(業)だったのかと思う。
それは家族のカルマであったがまたカルマというとき必ずしもその本人家族だけでなくても他人のカルマも受ける、例えば犯罪は毎日起きているけどそのために苦しんでいるのは何なのだろうとなる、ある人はなぜ強盗が入り殺されたとかある、その家は金持ちであり家政婦を二人も雇っていたのである。でも家政婦は殺されない、主人が殺されたのである金をもっているが故にカルマをもちその人は殺されたとなる、金をないこともカルマであり苦しいが金を持ちすぎることも実際は怖いことなのである。

遺産争いがあり骨肉の争いがあり金があるところには権力をもつ所ではその奪い合いで争いになる、そういうことが自分にも起きたから怖かったとなる
他者のカルマも自分は受けたがこれも怖いことである。強盗だったら殺されている人もいるからその身になれば怖いことである。
必ず何か事件があり当事者でなくてもかならず親戚とか近くの人にとばっちりがゆく、隣が火事になれば自分の家も危険になる、だからこのとばっちりも怖いのである。
国でも北朝鮮のような国があると必ずとばっちりがあり何かの調子でミサイルが飛んでくる恐怖がある。他者のカルマを受けることは本当に怖いことなのである。

カルマを積まない人はいない、家族も地域も、国もカルマを積んでいる。
地域というときなぜ相馬藩内の地域に津波や原発事故が起きて人が住めなくなるほどの被害にあったのか?
これも地域のカルマがあったのだろう。原発となると別に相馬藩内だけではない東京も関係しているし国も関係しているし原発は世界中にあるのだから人類的カルマとして原発があるのだからここだけの問題ではない、カルマではない、でもここがカルマを具体的に受ける場となってしまった。
例えば飯館村などは原発とは関係していない、それなのにとばっちりを受けたのである。カルマの怖さは関係ないと見えてもそうした他者であれとばっちりをうけることなのである。
誰かが借金してそれが犯罪につながりその犠牲者になる人もいる。他者が借金したのが悪いといっても誰がそのためにとばっちりを受けるから怖いのである。

ただカルマというのは誰でもどの国でも地域でもありカルマを清算するとそのあと平和が訪れる、戦争の犠牲もそのあとに生れたものにはさほど影響しないしかえって日本はその後高度成長をすることになった。それで団塊の世代は恵まれた時代だったし自分も恵まれたのである。それは戦争でアジアの国のカルマを清算したからかもしれない
ただその犠牲者が300百万人だったからあまりにも大きかった。
でもその結果として日本はその後70年間は平和が保てて経済発展して今日にいたっているのである。
そして今度は戦後70年過ぎて今度はそのカルマを後の世に残すことになる、それもいい面と悪い面がある。膨大な借金を残したとか団塊の世代は経済的に得しているとか若者から批判を浴びるときそうである。団塊の世代もカルマを残し若い世代がそのカルマを受けているのである。
それが親でも必ずカルマを残しているのと同じである。
親のカルマで子供が必ず苦しむことになるのである。
親の因果が子に報いになるのである。

人間が生きることはカルマを背負い生きることである。すべてのカルマから解放されるのは死ぬときしかないだろう、カルマというときある人のカルマが重くある人のカルマは軽いとかもならないのかもしれない、なぜなら金持ちの家に生れて楽してもそれがいつまでつづくかわからない、ある時家が没落することも良くある、すると貧乏になると辛いことになる、もともと貧乏ならいいが金持ちから貧乏人になるのは辛いのである。
それが今貧乏人が増えたというとき中産階級が没落したとき言うときそれが起きているのである。物があふれているのにその物も買えないという餓鬼のような貧乏が起きている。戦後十年くらいは物そのものがない貧乏だったが物があふれていて買えない貧乏というのも辛いとなる、目の前にうまいものがいくらでもあるのに買えない食べられないというのも餓鬼地獄みたくなる

ともかくある時カルマを個人であれ家族であれ地域であれ国であれ清算するときがくる
その一つが大規模な戦争だったり何か国家的破産だったりする、日本だっていつまでも膨大な借金をかかえて成り立つのかとも言われるからだ。
何か借金でも積もり積もってどうにもならなくなり破産として清算される、その時国民は塗炭の苦しみを味わうのである。
借金している人はカルマにカルマを積みどうにもならなくり犯罪になったりするから怖いのである。国家的破産になるとこれも怖い、それは戦争にもるなからだ。
その突破口として戦争が選ばれるのである。
北朝鮮などが怖いのは破産したりするとミサイルを日本に打ち込んでくる、そういう非常に危ない国家である。近いか必ずそのとばっちりを受けるから怖いのである。
それは親戚に事業を失敗したとかなるとやはりとばっちりを受ける、何らか他者のとばっちりを受ける、それが怖いのである。それは国レベルでも同じなのである。

タグ:国のカルマ