2016年07月29日

知的障害者大量殺人と高齢化社会の共通問題 (生きている時から社会からその存在が消失していた)


知的障害者大量殺人と高齢化社会の共通問題


(生きている時から社会からその存在が消失していた)


でも日本人の多くはどうも実感がわかないんだよな。 

被害者の顔も名前も報道されないから、どこか別の世界の出来事のように思える


今回の事件はこれだけの大量殺人であり残虐なのに反応がそれほどでもないのはなぜか?
やはり知的障害者としてすでに生きている時から社会から抹殺されていたような状態にあったためだろうか?
死んだ人の名前も出ないということは死んだ人がどういう人かもわからない
どういうふうに生きていたのかそもそも社会的に存在していたのかもあやふやである。
山の中に隔離された施設だということもそれを示している。
それは社会的にはあってはならないもの、隠されるべきものとして隔離されていた
親自体があまり語らないことでもわかる

第一親族がもし普通の人がこれだけ殺されたら大騒ぎになり泣きじゃくったりその理不尽を訴えたりする、それがほとんどないということがこれだけの大量虐殺でも何か社会的に関心がもてないないのか?
外国のテロの被害者でも名前があげられみんなで国民全部で追悼している
バングラデッシュのテロで犠牲になった日本人は政府の要人がその遺体を迎えて国民が戦争の死者のように迎えた、英霊ではないがやはり日本国民にとってその死は大きな意味をもっていたのである。

今回はこれだけの大量殺人なのに何か死んだ人でも家族でも反応が弱い、これも不思議な現象だとなる。
それはなぜなのか?子供が死んだらその将来を奪われたかとか、この人は若くて結婚するところだったとか、生きていればその将来を未来を奪ったと訴える
それがないということは知的障害者であるがゆえに生きているときもすでにその存在が消失していたためなのか?
誰も家族すら見放して山の中に隔離されて蓋をされてないもののようにされていたとなる誰もそういう存在を見たくない、家族すら見たくないのである。
それ故にこれだけの人が死んでいるのに死んでいる人の名前すらでとないし生きていれば何々できたのにその未来を奪ったと訴えることもない
そもそもこういう重度の障害者には未来そのものがあったのかとなる
要するにその死はやはり現実に生きている時からすでに社会的に死んでいたような状態にあったからではないか?

そのことを自分の身内で認知症になって感じた。生きているときはいろいろ社会的にも活躍していた活発な女性だった。
でも退職したときから家事すらもなにもすることがなくなった。50代で役所をやめたかその後の老後が長かった。役所で働いているときとかは社会的に忘れられるということはなかった。もともと活発な女性であり優秀な女性だったからである。
それが退職してから何もしないからいつしか社会からも忘れられてしまっていたのであるこのことは人間にとって知的障害者だけではない、大きな問題をはらんでいる。

なぜなら大量の老人が実際は今でも社会的に無用化していることなのだ。
社会的に無用化するとその人たちは社会から消える、存在しなくなる
社会的に意味のないものとなり今回殺された知的障害者と同じになるのである。
だからこれは別に知的障害者だけの問題ではない、今の高齢化社会自体の問題なのである無用化した特に延命治療するとか認知症になった人とか負担をかける人は抹殺しろということである。それは家族でも社会でも何の意味もないものでありただ負担をかけるだけの存在だとなる。だから今回のように抹殺しろとまでなりうるのである。
毎日老人は死ねとネット叫んでいる若者もそうである。
高齢化社会は確かにかつても老人は無用だ何の役にもたたない、家族の負担になるだけだと捨てられたとかあるがそれはまだまだ老人はその頃数は今と比べれば極端に少ない
それより子供の間引きの方がかなり行われていたことは確かである。

ともかく高齢化社会の問題は様々あるが社会的に無用化されて社会的に存在させられない、社会的に意味ないものとしてただ社会に特に若い世代に負担をかけるものとしてあるから知的障害者とは違っていても同じ問題をかかえているのである。
子供とか若者が死ねばその未来を奪ったとか訴えるが老人が死んでも負担が消えただけだとなる、それは今回の知的障害者と同じものがあるのだ。
別に老人が少ないならこういう問題があっても社会的問題までにならない
「無用の用」とか老人も何もしないことでも存在感があるんだよとか認められる
これだけ老人が多いとそうはいかない、社会的負担が大きすぎるからである。

いづれにしろ人間は生きながらもう死んでいるということは大きな問題である。
生きているとき死んでいるのだから死んでも誰も関心がないとなる
そんな人生きていたのとなり今回のように殺されてもその存在感がないのである。
社会的に無用でも意味なくても家族の中で意味あることがある。
それないとしたらなんなのだろうとなる。
自分は介護して家族は最後まで意味あり大切なものとしていた。
それが今回のようにないとしたらその人たちは生きながら死んでいたともなるのではないか?
だから死んでもそれほど騒ぐ人もいないとなりたちまち忘れられるとなる。
この事件は高齢化社会と老人問題と認知症問題などと共通しいるから関心をもったのである。


posted by 老鶯 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

精神病の妄想の謎ー植松聖は異常なのか病気なのか? (認知症の妄想とは違っている)


精神病の妄想の謎ー植松聖は異常なのか病気なのか?


(認知症の妄想とは違っている)


認知症は謎である、本当に不可解なのである。精神病の一種といえばそうなる。
同じ症状があるかだ。症状として最初に妄想があった
毎日夜になると「誰かがいる」と騒いでいた。
それが冗談ではなく真剣なのである。
「誰がいるのか言え」と毎日せまってきて困った
誰かがいると言っても答えようがないからだ
その妄想は本人は確実にいるという確信をもっている
だから他人にもいると言わせたいとなるのだろう。
「いない」と言っても無駄である。それを否定したらかえって危険になる
天井に虫がいるとかなんか認知症の人は妄想を見る
「いない」ということは相手を怒らせる、そして危険になる
だからその時は心静めるために水で飲ませるとかお茶でものませるかとなる
つまり心を静める作用が必要になる、その時興奮しているからそうなる
この妄想は精神病の特徴としてあるから認知症でもある
ただ普通の精神病と認知症はまた別なものだが何か共通性はある


これを知的障害者の大量殺人の植松聖にあてはめるとこの種の妄想なのだろうか?
ありえないことをあるとした妄想なのだろうか?
これも良くわからないがヒトラーが現れたとか殺人を指示したとかなると妄想だろう。
カルト宗教団体はたいだい誇大妄想の思想をもっているしそれが異常だとは見ない
オウムでもオウム王国を夢見てそのためにはそれに逆らうものは殺してもいいとなっていたからだ。この種の妄想はまた個人的な妄想とは違っている集団的な妄想となるとそれは社会で正常とみる、現実に創価などでも他の宗教団体でもそれをとがめられることはないからだ。むしろそうした集団によって批判すれば社会から排除されるのである。
マスコミでも何でもむしろ積極的に支持して金をもらっているからだ。
東電とか政府で原発の「安全神話」を作ったのも妄想であった。大東亜戦争も妄想の所産だったともなる。日本が神国だというの妄想だったとなる。
ヒットラーのナチス帝国も妄想である。
だから植松聖が何かカルトと同じような妄想に陥っているのは異常とも言えない
ただ個人的にそれを主張したから妄想だとされているだけである。
これが集団的に主張されれば妄想ではない、現実にヒットラーはナチス帝国となり実行したからである。
ニーチェが言っているように個人も狂っているが集団も狂っているとなる

正常なのか異常なのかの判別がしにくいのは普通の社会でもある。
ただ認知症の個人的妄想は明らかに病理現象としてわかりやすい
ではヒットラーがどうのこうのとか人類の平和のためになどと誇大妄想の思想が異常かというとそうでもない、カルト教団でも左翼でもそういうことは言っているからである。
だから植松聖が精神異常なのかどうかわかりにくいのである。
そして殺した相手は無差別ではない、特定の知的障害者である。
殺人の目的が明確なのである。

要するにこうした重度の知的障害者は安楽死させた方がいいとか老人でも延命治療などしないで安楽死させた方がいいとかの問題は常に言われてきたからである。
それゆえに医者で安楽死を実行した人もいたのである。
それは人間の命にかかわる重い問題だからアンタッチャブルになっている
知的障害者もそうである。
そもそも意思疎通ができないというとき人間ではないとなるのか?
実際に身内が死ぬ一カ月前に意識不明になったとき確かにその時は確実に死んでいた。
仮死状態になっていた、でもその前に正気に戻ったのである。
そのことで自分は救われた、わかってくれたんだなと介護した甲斐があったと思った。
だからやはり人間は意思疎通できることが大事なのかと思った
知的障害者とは意志疎通ができないということが致命的になるのか

何か植松聖の不思議は異常なのだけど正常だという面がある。全く支離滅裂ではない、
精神病ならそうなっているだろうか?そこが謎なのだけどまともな面がある。
でも5億円を要求するとか何か不可解な言動があり理解できない
自分はみんなのためにいいことをしたのだから報酬をくれとなるのか?
その辺が理解しにくい、「この人は人間なのか?」というとき何が人間なのかという問題提起でもある
認知症の介護でもそういう問題が起きている、一体どうなったのだろうと自分も悩んだ
ただ認知症は確かにそうした精神病的症状がでてもなんか不可解なのだけど時々正気にもどる、最後は特に正気にもどる、だから意思疎通できないとはならない
これは個人差があり家族の事情があり定型化できない。

つまり植松聖は意志疎通できないから人間ではないと言って殺した
何か意思疎通できれば人間だったのかとなる、でも他にも介護している人がいて意思疎通している人もいるだろう。すると植松だけが意志疎通できなかったのかとなる
認知症の介護でも意思疎通できない人とできる人がいるだろう。
ただ何か異常にしても正常として扱う面が大きいから単なる異常者の犯罪ともならないのだろう。
動機にしても突拍子がないものでもない、理解できないことはないしそう思っている人が常に言っている人がネットには多数いるからだ。それを代弁して実行しただけだともなるる、だから簡単に異常者の精神病としてかたづけられない複雑な問題となっている。
認知症にもこれと同じ問題があり老人問題についても延命治療でも無駄だとかあるから現代の課題であるからだ。

タグ:妄想
posted by 老鶯 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層