2018年01月09日

2018 abstract forest


2018 abstract forest


fireforest222222.jpg

fireforestt345.jpg

Burning forest in the setting sun
foreststarrr12245.jpg

sunsetforest1222.jpg
Multilayered forest that sinks to the earth

deepforest111.jpg

roubokuuuu111.jpg
a dead tree



なぜこの抽象画が作れるのか?絵の才能も全くないのに作れるのか?
それはインターネット上にある無限の写真や絵や創作品を変化させているからである。
それだけの量がインターネットにありそれを変化させるからいくらでも作れるとなる
自分の才能とは全く関係ないのである。
創作しているのは世界中の人でありその世界中の人の作ったものを変化させているだけなのである。
だからこれがオリジナルな創作なのかとなってしまうのである。


Why can you make this abstract painting? Can you make a painting without any talent?
That is because it changes infinite photographs, pictures and creations on the Internet.
That amount is on the Internet and it makes it possible to make it as much as you can change it
It has nothing to do with my talent.
It is people all around the world who are creating and changing only what people made around the world have made.
That's why it's an original creation.
タグ:abstract forest

風で運休でこれから困る電車利用


風で運休でこれから困る電車利用

今日は昼間風で遅れたと表示がでていたら時間が伸びて赤字になりやがて運休になった
鉄道の問題はこの風による運休である
なぜなら毎日のように風が吹く季節になったからだ,去年もそうだった
新地から高架橋になったから風を受けるためになる

一人は足をひきづって歩いて来た人がいた、30分遅れるよと向かい側のホームに行って連絡した,スピーカーで連絡するのをJRで忘れていたのだ
それをインターホンで言ったらスピーカーから遅れをアナウンスした

でも足ひきづって歩いていた人はそのまま向かい側の待合室にいた
その人は歩くのがひどいから階段を上り渡るのが苦労なのである。
だからその人はそのままいたのだろう。
でも3時間くらいすぎて行ったらいなくなっていた
いくらなんでもそんなに待っていられないだろう。


それから仙台方面に行く人が駅に来て困った,バスで行くということで原町駅にインターネットから連絡した,原町駅から仙台のバスがまだ出ていた,もう鹿島には止まらない
それで行くことにした

何か案内することは駅にある,無人駅でもある,ここは結構まだ人の出入りがある
東京方面に行く人も多いからだ
この風による電車の遅れはこれから必ずあり毎日のようにある
去年もそうだったし今年も同じである。

あの足をひきづって来た人のようにこういうとき駅員がいないと困ることはあるなと思った,つまり無人駅では困ることは必ずある
こうした緊急事態がつづくこと余計にそうなるのである。

今日は知っている人が原町駅に行って帰ってきた
図書館に行ったという,他の人も一緒だった
何か暇な人が高齢者が図書館に行っているみたいだ
あそこは休めるようになっているし駅前だから便利なのである。
他でも図書館が高齢者が集まる場所になっているというのもわかる
高齢者のたまり場になっている
あとはゲートボール場に高齢者が集まる
ただあそこは車をもっていないと行きづらい
車のない人は電車で図書館で暇つぶしとなっているのかもしれない

自分は本当に図書館に行っていない
家事で忙しいし図書館に行く余裕がないのである。
そして調べ物はインターネットでしている
自分が疑問に思うことがインターネットに出ているのでそこから議論を深められる
図書館ではなかなかそういうことができない
だから図書館というのはただ本を読む場所ではなく高齢者とか学生とかのたまり場になっているのかもしれない,今はあまり本を読む人が少なくなっているからだ
ただそれにしても往復400円かかるからそんなに毎日は行けないだろう。

駅が不便なのは買い物ができないことである。
六号線の道の駅にスーパーがありイオンも離れているからだ
自分は買い物ののために自転車でいつも行っている
駅は利用しない,でもこれから高齢化が進んでくると電車を利用する人が増える
車は危険になるからだ,ただ駅の不便なのは駅からの足がないことである。
だからある都市では駅とか通りとかに老人を住まわせた,そこから食事でも買い物でもできる,車を利用しないコンパクトシティを作ったのである。
それは高松市であった,そんなことも高齢化社会では必要になる
ただあそこまでするとなると容易ではないし簡単にまねできないと見た

20代で人生は決まる (人生のチャンスは一回しかない)


20代で人生は決まる

(人生のチャンスは一回しかない)


あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。伝道者の書 12章1節

20代という期間はその1年1年が数千万、数億円くらいの価値があると思います。

正社員就職を目指すなら、まず優先すべきは1年でも若いうちに勝負をつけることです

人が最も良いパフォーマンスを発揮するのは、「最適な環境」で、「最も得意なこと」にコミットしたときである。

●青春時代は必ず過ちを犯す
●人生を決めるチャンスは一回しかない
●60代以降はカルマの清算が強いられる
●光陰矢のごとし 無常迅速

人生のバターンは決まっている,それは推理ドラマのテーマとなる,若い内は必ず過ちを犯す,そのエネルギーがあふれて無謀になり過ちを犯す,そして後で悔いる
若いときは暴走しやすいのである。それだけエネルギーが噴出するからである。

そして20代で30代で人生の勝負はついてしまうというのは本当だと思う
ここでビジネスとかで言われるが人生そのものでも20代で勝負がつく,人生は長いから
そんなことないと思っているがみんな年とればわかる
たちまち時間は過ぎてあとは死だけが現実になる

肝心な求道でも20代にしないならもうできない,神を知ることはできないのだ
これは重大なことである。神を求めるのは年取ってからはできないのである。
そしてチャンスは一回しかない,人生は長いから何度もチャンスが来て立ち直れるとか言われるがそれほど人生は長くはない
一回の賭けで決まる,自分もそうは思っていなかったがふりかえればそうである。

また人間は経験を積むにしてもいろいろなことができない,自分は50代で海外旅行していなければできなくなっていた,なぜならその後は介護とか病気になり十年は費やされて時間は消失したからである。自分のように会社に勤めもせず自由に生きたものでも人生は短い,これくらいのことしかできないのかとつくづく思った。
人生は長いから後でやれると思うとできない,老後は自由に生活してやりたいことをやるとか計画するとできない,病気になったり介護になったりまた新しいことについていけないとかなる

人間の時間は限られている,どんなに自由時間が与えられてもたちまち消失するのが時間だったのである。だから時間に万金の値があることを年をとれば知る
金があっても時間がなければあらゆることは身につかない,学習するにしても時間が必要であり金だけではないからでてある。時間が貴重なのである。
そして若いときでないと体力を使うことはできない,登山でもなかなかできなくなる
つまり冒険するのは若いときしかできない,それだけ若いときの価値は大きかったとなる
だから10代から20代は本当に大事だった,その時間を活かした人は成功したのであり幸福だったとなる,若いとき臨んでも苦労しろというのもそうである。
そういう経験が人間を作る,人間はあまりにも恵まれていたら後で苦労する
だから人間は金とかでは金持ちと貧乏人の差がある
でも時間は平等に与えられている,金持ちが特別長い時間を与えられているわけではないだから時間を活かせば貧乏人でも何かしら身につくし一角の人間になりうる
金持ちでも時間を活かせなければ浪費すれば放蕩などしていればもう人間は作るチャンスは消失するのである。

そして60代以降はカルマの清算が強いられる,若いとき成した過ちでも清算を強いられる時間がたってもそういうことは消えないからだ,そこで悔いるのだが遅いとなる
カルマとして苦しみとして現れるのである。
それはどんな人でもカルマを積まない人はいないから60代以降は過酷になる
自分の十年間はそうだったからである。
人生とはこのように同じ道をみんな歩む,それは人間にカルマとして課せられたものだからである。例外はないのである。
ほとんど数式ともなっているのだ,
結局それは人間が今だけではない、長い間そうして綿々とつづいてきたのが人間の生である。そこに教訓が生まれて格言が生まれ宗教哲学が生まれたのである。
庶民の諺でもそうである。そこに普遍的な真理があったことに感嘆するからである。
それは今も通用していることは人間の本性は今も環境が変わっても変わらないからである人間の欲が消えたわけではないから同じことをくりかえすのである。

タグ:20代