2020年04月27日

(春の日)蔵王が八沢浦の奥から大きく見えた


(春の日)蔵王が八沢浦の奥から大きく見えた

zaommm1111222.jpg


ここはもう一回行って写真をとる
ただ今日のように快晴でないときれいにとれない
大きなカメラをもってまた行ってみよう
ここは蔵王を見る穴場である


喫茶店隠さる山陰シャガの花

少年の走るやつつじ赤く映ゆ

春の山見えてなじみぬレストラン



田起こしのトラクターの音ひびきつつタンポポ畦に咲き満ちるかも
                                                
タンポポのいたるところに咲きだして燕飛び交い休みなしかな

大きくも蔵王の迫り山桜ここに咲くかな夕日さし暮る        

相馬の城跡たずね残る花一人二人や歩み去りにき 
                                                                  

八沢浦の行ったことのない道を行くと蔵王が大きく見えて鹿狼山も見えた
山が見える場所は不思議である、山は場所によって見え方が違う
山が大きく高く見える場所がある、ビューポイントがある
ヒマラヤでも3000メートルまで上らないと高く見えない、
また富士山でも同じである、何か小さく低くしか見えないことがある
だから山は見る場所によって相当違って見えるのである

北海老の山陰の喫茶店は本当に隠された場所にある、ただ二回ばかり行っただけだった
でもあそこはいつも通っている、今も開いているのかどうかわらなくなった
何か喫茶店が好きである、それも場所がいい所にあるのがいいのである
今度は宇多川の岸にある喫茶店を見つけた、そこも場所がいいと思った
そこにも今度入って見よう
どうしてか原町にいい喫茶店がないのである
いい場所はあるが喫茶店はないのである
喫茶店を回って楽しむのもいい、それにはやはり場所が良くないとだめである
何か食べるとなるとまた別である 

レストランといってもまるまつである、時々入る、相馬市と原町だといろいろある
あそけでカレーの弁当を400円で特別に出していた
この近くでは650円であり800円もして出している
これは高いと思った、ただまるまつのは特別である
期間限定である、ともかく料理がめんどうなので原町と相馬市は一人暮らしだと楽になる定食とかも手ごろなものがあるからだ、とにかく料理はいろいろそろえたり皿まで洗ったりとめんどうなのである
そこに時間がとられると他のことができなくなるのである

とにかく桜は散った、余花の季節で在りつつじとか山吹も咲きだした
田起こしとかあり暮らしがあると活気がでてくる、だからいつまでも放射性物質の廃棄場があるのかとなる、目障りなのである
小高とか浪江とかなるとこうして当たり前にあった田起こして田植えして畑で野菜を作るとかない、そこに暮らしがないと何か活気でない、飯館村では特にそうである
空家があり何か幽霊でも棲んでいる感じだった
別荘のようなこじんまりした家をみんな建てたがそこに人が住んでいないから村全体が活きていない、死んだようになっているのである

新聞とかの構成はばらばらで理解しにくい (それはネットのようにリンク〈関連)づけがされないから)


新聞とかの構成はばらばらで理解しにくい

(それはネットのようにリンク〈関連)づけがされないから)

newslink111.jpg

ばらばらになりリンクして連関させて読めない

だから記憶にも残らない

ただシリーズものだと連関して継続して読める

でもそれは本で読んだ方がいいとなる


新聞とか本とか雑誌とかテレビでもメデアによって伝え方が違う
それはインタ−ネットができてから見直すようになった
人間は常に何かを知る時比較しないとわからないのだ
白い石があったとしてもみんな白い石だとしたら白い石だと自覚しない
そこに黒い石とか茶色の石とか交じっていて比較してわかる
人間でも自分を知るには他人と比べる時なのである
またなぜ日本にばかりいるとかえって日本のことがわからない
それで外国暮らし人は外国と比べて日本を見るからかえって見えるのである

メデアでも本でも新聞でもテレビでも長い間親しんできた
だからそのメデアが当然だと見ていた
でも何かおかしいなと新聞を見て気づいた
日刊新聞だが日刊現代とかだがその内容ではなく新聞が配置するものである
大きな見出しで分けられて見るのだがでも一社の新聞が編集して作る
でもそれが読みにくいというか理解しにくいというか記憶もしにくい
何かばらばらに記事が書かれていて統一性がない
その中にエロとか広告も混じりさらに統一性がなくなる

かえってインタ−ネットの記事が読みやすい、ヤホーでもmsnのニュースでもあらゆる所から記事を引用して解説を読むとわかりやすい
今はどうしてもコロナウィルスの記事が多くそれについて関連しているからわかりやすい
つまり関連させることリンクさせるとわかりやすい

人間の関心は多様である、でも新聞とかテレビとかでもそうした多様な関心は無視して
発行する会社の方針で編集している
だから様々なものがばらばらに新聞にのせる
その記事同士はつながりがない、リンクだと関連して読めるから内容を深めて読むことができる
そして知識を深めるということはそうして関連したものをつなぎあわせてより深い知識にすることである
それが新聞とかテレビとかではできない、一方的に作る方で編集されるからである

だからどうしてインタ−ネットの記事の解説を私は引用してその記事の内容をより深く考察している、それは引用でも自分が主体となっているから著作権違反にはならなん
何かこうしてインタ−ネットでは引用することが容易なのである
新聞とかでも雑誌とかでもめんどうになる、でも時々は引用している
インタ−ネットで読める雑誌を切り取り引用している

インタ−ネットの特徴はもともとパソコン通信から始まったからレスがレスポンスが大事だった、だから対話的メデアという特徴をもっていたのが今までのメデアとは違っていたのである
自分なりに理解を深めるには必ず本を読んだとしても自分なりの解釈が必要になる
それで必ず何かコメンとする習慣をつける、それがインタ−ネットではしやすいのである
とにかくリンクするというときA⇒AB⇒AAB⇒AAC⇒・・・・とかなる
何かAというエレメントから連環してリンクして理解を深める
それでその場限りのばらばらの新聞の記事が特に日刊現代とか夕刊フジとかだと頭が混乱して理解できないし脳が整理できないのである

インタ−ネットでもやはり何かを一貫して追求している時理解しやすい
私のプログでは津波とか原発事故のことで一貫して追求してきた
次にコロナウィルスでも一貫して追求してきた、それは原発事故と比べて追及して来た
その他自分の場合はテーマが多すぎることがあった
それで読む方にすると読みにくいということがあったかもしれない
ただ何か相手に読まれるというより自分の日々の記録として書いているということもあった
ただ最近は家事とか忙しくて対話はほとんどしていない、対話となると人間は簡単にできないように思う、すぐにコメンとされても相手のことがわからないからである
だから何か自分の場合一方的になってしまったのである

人間はただ「習うより慣れろ」である、機械でも使いこなすには結局なれるほかないのである、それが能力というよりは慣れることの方が大事になる
それで若い人は最先端の技術に機械や道具にふれて慣れるから有利になる
それで50くらいから人間は新しいものを受けづらくなる
それでどうしても若い人の方が時代に適応するのである
私がパソコンをしているのはワープロをしていてワープロで通信までしていたのである
だから早い時期からしていた、それは富士通のオワシスで親指シフトで日本語の文章を打つことができて今もやれているのだ
このパソコンでも基本はテキストであり文章を書くことにあるからだ
これがないととてもローマ字入力ではスムーズに文章が書けいないから挫折していたとなる

とにかく現代はメデアの変化も激しい、youtubeなどでもそうである
そこにはテレビには出せない人たちが自ら放送している
今までのマスコミには出せない人たちがいて編集している、すると真実が見えなくなる
ただあまりにも多様になると情報を追いかけるだけで時間が消えてゆく
ただ今やインタ−ネットでスマホなしでありえない世界となった
コロナウィルスでテレワークとか通信で学習とかなるのも時代なのである
むしろ通信で才能を伸ばす子供が若い人たちが出て来ることは確かである
通信の世界から天才が生まれることがありえる
学校では生まれないITデジタル天才が生まれる可能性がある、一部は生まれている
ただアナログがすたれることはない、人間はやはり対面的に全人間としてのコミ二ケーションが必要だからである
ただ正直旅したからといって親切に道すら教える人はいない、だからみんなスマホを見ているのである
人は意外と道を教えるのでもそれが強制でなければ金でももらえなければまともに対応しないからである、つまりいい加減になるのである

いづれにしろ新聞でもテレビでも何か伝えられないものがある
それは作る方の一方的メデアだからである、それを摂取する方の立場に立っていない
そして営利事業だからどうしても万人向きに作るから芸能とかスポーツとかあらゆるものを混交させることが何か理解しにくいものとなっていたのである