2020年12月09日

冬景色 冬籠もる 冬紅葉(桜井古墳を冬にめぐる)


冬景色 冬籠もる 冬紅葉(桜井古墳を冬にめぐる)

ichoutree11.jpg

sakuraiwinter222.jpg


sakuraikofunnn111.jpg

sakuraikofunnm2.jpg

fuyumomijitree1.jpg

fuyumomijisakuraipark1.jpg

fuyumomijitomb1.jpg

このレンズは前と後ろがぼける
だからこのレンズはボケさすにはいいとなる



みちのくや心にしみぬ冬景色

みちのくへ上野を離れ枯野かな

ふるさとに我が老い家主冬ごもる

寒鳥の鋭く一羽朝に来る

我が親の残せし家に冬ごもる  



(桜井古墳)

冬日さし公園歩む老夫婦

誰が眠る墓地を尋ねて冬紅葉

冬椿桜井古墳を囲み暮る




国に住む時の長しも我が命ここにありなむ冬深むかな

みちのくへ秋の夕日や我が帰る電車急ぎてひびきけるかな 


日のさして冬の紅葉の映えにけり桜井古墳のここに鎮まる

主二人桜井古墳に眠るかな棚引く冬の雲に閉ざさる  

落葉踏み桜井古墳主(ぬし)二人長くも眠る新田川の岸




みちのくというとき上野を電車が離れるとやがて夕日が車窓から地平線に沈んでゆく
その時の印象が忘れられない、だんだん家も少なくなってみちのくへ帰る
そういうことをくりかえしてきた、みちのくというときやはり一つの原風景となる
ただみちのくと言っても広い、どうしても秋田とか青森はみちのくともならない
岩手県辺りまでだとなる、実際芭蕉が旅したのは岩手県の平泉までだったからである
ただみちのくは一つのアイディンティティの場所になっていることは確かである
風土としても歴史としてもそうである、その冬景色が心にしみるとなる

桜井古墳の方を回った、冬紅葉がきれいだった、写真もうまくとれた
なかなか紅葉がきれいな所がこの辺にないと思ったがあった
相馬市の城跡の冬紅葉もきれいだった、ここはさらにきれいに映えていた
写真もうまくとれた、これはやはりレンズが影響している
このレンズが安い二万もしないものだった、でもこのレンズは前と後ろがボケてとれる
それが特徴みたいだ、レンズと写真が深く関係していることを知った

なぜここに原町市にこの大きな桜井古墳があるのは謎である
この古墳をみれば原町がこの辺の中心だともみる、でも実際は隣の鹿島が古代の中心地でもあった、真野郷があり「みちのくの真野の草原(かやはら)」笠女郎の万葉集の歌は鹿島区の真野地域とされるからである

いづれにしろ桜井古墳には二人の遺体が棺にあった、つまりこの辺で勢力があった支配者が二人いたとなる、それで共に葬られたのかとなる
それはわからないにしても二つの勢力がありその融和のために一つの古墳地葬られたともみる、それは謎である    

埋葬された人物は、古墳の立地や築造年代からも新田川流域を治めていた浮田国造の初祖・鹿我別命だったと考えられる[5]。しかし、2箇所の棺の痕跡は何を意味するのかなど今後究明すべき点も多い。

浮田とは鹿島区でありここが国造(くにのみやっこ)が置かれたのだから一番古いとなるではなぜ原町市にここにその初めの祖が葬られたのかとなる
そこに密接な関係がありそうなったのである

この二人の主というとき自分の家にも二人の女性がいて家を支えて来た
だから一人というのではなく夫婦でも二人であり二人がともに協力して支えるということはある、何か歴史という時、人は死んでもその後にその死者のことを生者がかたり昔でも一つの織りなす物語となるのである
人間の歴史は今だけで作られていない、過去から延々として人は生きて死ぬことを繰り返しているのだから死者もそうして物語の中に生きつづけるのである






政治経済科学のバランスをとる判断 (原発事故とコロナウィルスの相似)


政治経済科学のバランスをとる判断

(原発事故とコロナウィルスの相似)

原発事故でもそうだったがコロナウィルスでも同じようになことが起きている
総合的な問題として起きている、一科学分野のことではない、社会全体の問題として起きている、社会全体から解決することを要望されている
政治と経済と科学とか総合的なものとして解決することを要望されている

原発事故でも実際は科学だけの問題ではなかった
その背景に政治の問題があった、それはアメリカとも関係していたのである
背後にアメリカの力が働いて原発が作られていた、原発を作ったのはアメリカとの関係から作られたのである、それで読売新聞の正力松太郎は原発を会社のために誘致したとされる、アメリカのCIAのエージェントとなり誘致した
あとは中曽根首相とかに受け継がれたのである

科学的には日本ではそもそも原発を核を操作する技術がなく未熟だったがあえて誘致したのである、それで湯川秀樹博士が時期が早いとして反対したいきさつがあった
だから物事は科学だけでは決まらない、政治判断があり経済判断がある、そして科学判断がある、コロナウィルスも似ているのである

原発の場合は科学判断では日本では技術的に未熟だから誘致する時期ではないのに政治的判断とか地元の経済を優先して原発を作った
そこに科学判断はないがしろにされた、つまり科学者は御用学者となり危険性があっても「安全神話」でそれを権力で隠したのである

コロナウィルスとの相違は原発は核はもともと危険なものとして科学者でも認識されていた、科学的にすでに研究して放射線がどういうものか知っていた
でも政治的経済的判断が優先されたのである、科学者は御用学者となり政治的経済的判断に従ったのである

今回のコロナウィルスは原発の核とは違って未知なものとして襲ってきた
専門家も実際は何なのかわかっていない、ワクチンにしても効果がわからない
だから専門家の言うことも信用できない、それで40万人が死ぬとか突拍子もないことを言って恐怖に陥れたりする
何か科学の時代になると専門家が大きな力をもつ、でも専門家でもコロナウィルスについてはわからない、憶測で言っているのが多いのである
そしてマスコミはやたら恐怖をあおるだけで視聴率を稼ごうとしている

ただ感染者が増えてくると科学的判断で自粛とかなる、医療崩壊ともなりそうなる
でも政治的経済的判断で経済活動を止めることはできない、なぜなら自殺者が増えているからである、日本の場合は死者数でも少ないのだからそれくらいの数なら経済活動を止めるべきではない、人の移動でも止めるべきではないとなる

それは

政治的経済的判断>科学的判断

こうなっているからである、つまり科学が絶対的なものではない、絶対的なものとして通用しないのである、今回はそもそもコロナウィルスが専門家でもわかっていなし未知だから余計にそうなっているのである
ワクチンでも信用できない、わかっているのは高齢者がかかりやすく重症化して死に安いことである、その他のことは良くわからないのである
そのわからないことが不安を増大させているのである、その不安に便乗して不安をあおり視聴率を稼ぐのがマスコミだとしている

要するに政治的経済的科学的判断のバランスの問題になる
科学的判断が専門家の言い分が強調されれば自粛とかになりそれで自殺者が増えるとなるから危険になる
一方で政治的経済的判断が優先されると感染が拡大するから抑えろとなる
原発は政治的経済的判断が優先されて大事故になった、科学的判断があったが津波でも十数メートルの津波がくると警告していたがコストがかかる、経済的政治的判断で備えることをしなかったのである

いづれにしろ科学的判断を突出させるとロックダウンとかの処置をしろとなる
そうなると経済的に困窮して自殺者が増えるとかなりその方が大問題だとなる
もう医療崩壊になるから患者を受け入れられないともなる、するとコロナウィルス感染者だけではない、他の病人も死ぬともなる
その選択をどうするのかという問題になる,バランスをどうするかということである
ただ原発の場合は政治的経済的判断を優先させて失敗したのである
「安全神話」は強力な政治的経済的判断があり作られたものだからである

では今回のコロナウィルスではどうなるのか?

何を優先させるのか?科学的判断を優先させるにしてもそもそも今回はコロナウィルスでも科学者でも専門家でもわからないのである、だから判断しようがない、ワクチンでもあくまでまだ効果があるかどうかも明確ではないのである
ただ過剰にこういうとき期待されているとなる

となると何か科学的判断を突出させたりまた政治的経済的判断を突出させたりするより
相互のバランスをとるということが大事になるのかもしれない
要するに報道とかでは科学的判断から危険をあおりすぎる
政治的経済的判断で経済活動を止めないことも必要なのである
ただ原発の場合は政治的経済的判断が優先されて大事故になったのである
「安全神話」は政治的経済的判断から作られたのものであり科学的判断はないがしろにされていたのである

こうなると何かに偏り突出するのが良くないとなる、バランスが大事だともなる
政治的経済的科学的判断を並行して進めるということになる
これらのどちらかに突出すると偏ると全体のバランスが崩れる
そしてマスコミのように恐怖があおられ平静さを失う、マスコミの問題は一方的な見方で恐怖をあおりそれで視聴率を稼ぐことだから問題なのである
posted by 老鶯 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層