2021年01月17日

みちのくに冬深む(家に死者を偲ぶ短歌十首)


みちのくに冬深む(家に死者を偲ぶ短歌十首)

houseman111.jpg


地の底に眠り入るかな冬深む

地の底に地上の音絶え冬深む

地の底に記せしものや冬深む

地の底に隠さるものや冬深む

みちのくの王の眠るや冬深む


冬長く母はありなむ我が家になほともにしも籠もりけるかな

六〇年我が家に嫁ぎこの場所に母はありにき冬深むかな

我が一人家を守るや冬深む母なほここにありしと見ゆる

我が家に今日もいつつも冬深む亡き人なほもここに偲びぬ

しんしんと冷える夜かな我が一人家にしありて亡き人しのぶ

もの言わぬ死者にありしもなほ家を離れずここに堅くあるかな

我が一人家に籠もりて冬深む姉と母なほここにありなむ

死者なほも家にありなむ冬深むストーブの火のあたたかきかな

みちのくや芒の枯れて蕭条と老いあわれ過ぎゆくときの遅かるべしかな

ふるさとに根付きし樹々の争そわず今日も通りて冬深むかな 
                          

何か家のことを書いてきた、家族のことを書いてきた、家族がみんな死んで一人家にいるするとかえって家族のことや家のことを思うようになったのである
母は私の家に嫁いできたけどあまりいいものではなかった
いい待遇はされなかった、そしてもともと目立たないからいるかいなのかわからないような存在だった

なぜ自分が今こうして死者を偲ぶようになったのか?
それは六〇年とか長い間一緒に暮らしたからである、その長さのためだったのである
結婚して外に出た娘とか息子でも一緒に暮らさないと疎遠になる
私は特殊な事情で一緒に暮らしていた、ただ姉から比べると内向的で目立たなかった
だからその存在を意識しなかったのである

でもつくづく嫁は女と家なのである、つまり死んでも依然として家にいる、家と一体化するのである、そのことは生きている時は感じなかった
死んでから感じたというのも不思議である、死んでから存在感が増すということがある
生きている時は空気の様なものとしてあるから意識しないことがある
いなくなって意識するということが人間にはある
見慣れたものでもそれを意識しない、でもそれが無くなるとあったものがないなとかえって強く意識することがある、それと似ている

別に母でも死者でも理想的な人でない、欠陥があり生きている時はいくら母でも肉親でも嫌な所がある、だから理想化はできない、でも死ぬと死者は何も語らない
何か死者は堅くなっている、石のようにも感じる
それは死者が口をつぐんで語らないからである、語るのは生きている人なのである

冬深むというとき今頃が一番季節的に合っている、ものみな静まり家に籠る
本当に私は旅にも行かないし外に出ない、冬になると自転車だと寒いと出にくい
だから家に毎日籠もっているだけだとなる
ただ雪国ではないから寒さがゆるみ風がないと出かけるのである

冬深むというときみちのくが合っている、枯野の風景がみちのくにあう、西になると東京から西なると家も多くなり人も多くなり騒がしくなるからだ
みちのくは未だ荒野の風景がある、それで心を休めるのがいいのである
みちのくは癒しの空間でもある、東京にいるだけですでに心も消耗して疲れるからである
ただみちのくと言っても広いから一つのものとしては語れない
それぞれの県でも地域でも特徴があるからだ、ただみちのくということで一つのアイディンティティの場にはなる

みちのくの王の眠るや冬深む

これは平泉の藤原氏の長(おさ)だともなる、冬深むみちのくに深く眠っているとなる
そこは京都のような都ではない、荒野の中に埋もれた小さなみちのくの都なのである
その相違が大きいとなる

ともかく冬は休みのときである、活動を停止するときである、自然もそうである
ただ冬(ふゆ)は増ゆであり増えるなのである、野菜でも冬の方が育つと言っている
それは実際に農業している人から生まれた言葉なのである
季語はたいがい実地に生活する感覚から生まれたからそうなる
風流ということではない、日々の生活の中から生まれたからである

現代は活動が過剰になっていた、それでコロナウィルスでそれを止めた、つまり冬は休む時であり英気を貯える時期でもある、それが都会にはない、活動が止まることがない
それで疲れるのである、人間も自然の産物だから自然に合わせて生きるべきなのである
ただ農業は本当に骨がおれるからしたくないとなる
でも実際は農業を知らないと実感しないと田舎というのがわからないのである








死者は家に住み続ける (家の価値は建物だけではない、精神的価値が大きい)


死者は家に住み続ける

(家の価値は建物だけではない、精神的価値が大きい)

houseman111.jpg

テレビで東京の空家問題をとりあげていた、東京でも空家が増えている、ますます空家800万軒にもなるという時代である
ある人は都会の人は家を買うべきではない、飲み食いして寝るだけのものに大きな金を払うべきではないというのもわかる
ただこの人は独身でありおそらく家で家族と過ごした時間がなかったのである

最近自分が家のことを考えるようになったのは家族がみんな死んだからである
そして一緒に暮らした時間が60年とか長かったからである
それで家族がみんな死んでから何か家を前より意識するようになった
それまでは大きな家でも一室を与えられるだけであり家のことをそれほど意識しなかったのである

でも死んでからここに母が百才まで生きて座っていたとか姉がも座っていたとか死んでから依然としている感覚になる、死者の存在は簡単に消えない、それも家の中にいる感覚になる、そこに思い出があり記憶があり暮らした歳月がある
今やそういうものは家とともに記憶として残されているだけである

建物という時、その機能とかに注目する、でも家には家族共に暮らした記憶の場所なのである、そして老人になるとその生きた記憶の方が大事になり価値あるものとなる
それは見えないものである、記憶とは心の中にあり具体的な形として見えないものにもなる、ただ家があると建物があるとそこで営まれた歴史があり歴史的建造物として残される家も小規模であるが私的なものでも歴史的建造物なのである
家々には必ず歴史があるからだ
ただ家々となると公共的なものではないから私的なものだから歴史的建造物になるのはわずかだとなる

ただ本当に不思議なのは人間が家であれ60年もそこにいれば一緒にいればその存在は簡単には消えないものだと思った
母が座った場所に自分が今座っている、するとそこに母がいる感じにもなる
それで嫁は女+家だということを実感する
そして嫁になった女性でも賃貸とか住宅に住んでいる人は嫁になっていないと見た
一人暮らしでも家に住んでいない人は賃貸だと思い入れがないのである

家の価値は最初は家という建物にある、快適に過ごせるかとかの機能にある
でも時間がたつにつれて家は一緒に暮らした記憶の場所となる
つまり建物に付加されたもの、精神的価値が大きくなる
ただまた不思議なのは家には依然として死者がいてその死者がなお家を支えているという感覚にもなる、そしてその死者とともに残された跡を継いだ人が一緒に家を支えているという感じにもなる
家を通じて死者を背負っているという感覚にもなる、だから家には遺影がどゃでも飾っていてそれで家は継続しているのである

何か人間と家は一体化する、時々家の方が大きく偉大なのかとすら思える
家があるからこそ自分が支えられているとかまで思う
家という建物の方が偉大にも感じるのも不思議である
家というのはそれだけ人間にとって単なる建物ではないのである
日本人にとっては特に家は単なる建物ではない
江戸時代でも侍でも御家中と言っていたのはそのためである、家来でも家のものとなっていたのである

ただ家の価値は外から見たら機能的なものとしか見ない、それは別にそこに家族として暮らした思い出もないからである、その思い出を歴史を受け継ぐこともないからである
都会だと田舎と違って機能的な価値が大きくなる、でも何代も住んでいる家とかなると違ったものになる
いづれちしろ家のことを間借りしているようではその価値がわからない
これまで自分自身も大きな家に間借りしていた感じだったのである
まさに間を借りていたとなる、でも家族がみんな死んだ結果家全体を受け継ぐことになりまるで違ったものになったのである

家族が死んでも家があるからそこに家族もなおいて家を支えまた生きている人とともにいるという感覚になる、墓には死者はいない、家にはなお死者が生き続ける場所だとなる
それで嫁が女に家となるなのである
つまり家を受け継がない女性には何か存在感がないのである
家にはその時々で使い捨てる消費するものではない、家は継続してゆくものである
それは二代くらいでもそうなのである、もう何でも買って消費するとなっているが家はそういうものではない、一時的にそこで食事して寝る空間ではないのである

それは間借りした部屋であり家に住むという感覚にはならない
だから家がない女性は間借りしている感じになる、存在感が薄いのである
嫁に家と一体化した女になっていないのである、その人は夫もいないから余計にそうなる
それで原発事故とかで住む場所がなくなり家に住めなくなったというときみんな家をただの建物だとみている、別に他に補償金をもらったのだから建てたからいいじゃないかとなる、現実に家を建てられない人もいるからだ

でもそこで失ったのは家という建物だけではない、そこで暮らした思い出とか記憶が奪われたのである、だから老人は帰りたいとなるし残っているのは老人なのである
親が施設に入っても家に帰りたいとういとき家で暮らした思い出の場所に帰りたいのである、施設はそういう場所ではない、機能的なものだけであり一時的に老人を世話する場所だからである、家とは性質が違っている、そこに精神的価値はないのである

人間は精神的価値を軽く見るしまた見えないのである
そもそも思い出とか記憶は何か金になるとかない、建物とか土地なら価値になる、金になる、ところがこの世には金にならない価値がありそれが逆に大きな価値となることがある老人になると確かに金の価値は依然として大きい、でも精神的価値も重要になってくる
それが老人は誰でも自覚する、なぜならもう生きる時間がないというとき時間が最も価値ある者ともなるからだ
これまで生きた記憶が思い出が何より価値あるものとして自覚されるようになるからだ

空家の問題はそれが建物として不要になったということにあるがそれだけではない
家にはモノとは違った精神的価値がありそこに思い出があり記憶かある
銭湯屋だったというときそこでくつろいだ人や何か思い出がその建物にあるともなる
それは飲み屋でもなんでもそこに人の営みがありそこに思い出が生まれ価値あるものとなる、人間はただ飲み食いして寝るというだけではない、それに付加して精神的価値が生じる、付加価値が生じる、それは金にはならないものなのである
でも人間として生きることはこの付加価値、金に替えられらないものがある
それが最後に老人になると思い出とか記憶になる
それはもう二度と作れない、経験できないからそうなっているのである
だからつくづくそこに一時でも過ごすことは貴重な時間だったと老人になり意識する
でもはその時間は永遠に帰ってこないのである