2021年01月29日

記憶に残る旅ー機械に頼ると記憶に残らないからあとで損になる


記憶に残る旅ー機械に頼ると記憶に残らないからあとで損になる

gpsmap1.jpg

週間新潮ー2月4日号

gpsreal1.jpg


これには共感した、現代から旅がなくなったということを書いた
それはあまりにも便利になりかえって旅か喪失した
GPSで案内されてもその土地の実感は地理は自ら手探りのようにして進むことで得られる
道とは未知のことであり未知なるがゆえに魅力がある
この道を行けば何があるかわからないということで道に魅力がある

それで私は気ままに自転車で近くでも行くとそうなる
坂を上ったり細い一日一人も行かないような道がありとか近くでも発見されない道があるそこが魅力ある場所だと感じる
そして道が分かれている時、どっちに行こうかなというとき旅になる
電車とかなるとレールが決まっているから自らその方向を選択することができない
決められたルートを行くだけになるから最初は電車の旅をしていたが飽きた自転車の旅にしたのである

日永きやいづこへ行かむ分かれ道

阿武隈高原は特別変わった風景もなかったが気ままに道を自転車でどこまでも行くのにいい、そんな記憶が残っている

にわか雨お堂に休む一人旅

なんかこの時お堂の役割りを知った、お堂は雨をよけたり旅した人ても休む場所としてもあったのだ、それは時代劇で見る光景である
その役割りがわからなくなったのは車の旅とかなったからである
歩いていた旅だったら今でもこういうふうににわか雨で雨宿りする場所が必要になる
現代では旅が便利になりすぎて経験できないのも皮肉である
近くでも自転車で行けば旅になるのだ
それで最近トラック運転手だった人が仕事をやめて自転車で近くを回っているので良く合うのである、何か足も悪くしたらしく自転車で近くでも回ることが仕事になっていたのである、他の同級生も脳卒中になったけど軽くすんで自転車に乗るようになった
ただ近くしか行かない、運転手だった人はかなり遠くまで行っている

ともかく旅をふりかえると何か最初は電車の旅だった、だから本当に全線を乗ったという感覚にもなる、だいたい十年費やして乗った、だから自分は恵まれていたのだ
要するに遊びが人生だったのである、遊戯三昧だったのである
それで鉄道に思い入れができてたまたま無人駅で車掌のような真似をしたのである
私は鉄道が好きだからそうなったのである
その後は船で旅した、日本の航路ならたいがい乗ったのである
東京から沖縄まで貨物船のようなもので一週間くらいかけて行ったことがある
その時船ならそういうものしか沖縄に出ていなかったのである

旅のことで大事なのは記憶に残る旅をしろということを書いた
でも記憶をするということは便利な機械とか利用すると記憶されないのである
だから電車でも車でも記憶する旅になりにくいのである
そして旅したなという実感も残らないのである
私は船で名古屋まで行きそれから自転車で奈良まで行ったのである
その時は本当に長い旅であり一週間以上かかっていた
その時は秋だったのである、途中で秋燕がたくさん飛んでいた

秋燕あまた飛べるや奈良へ行く

それから奈良について飛鳥に行きそこから二上山に夕日が没るのを見た
それは本当にはるばると来て見たから何とも言えないものとして心に残ったのである
その行程は遠かったからである、ただ体力がないのでこの時が一番長い旅だったかもしれない
それでも苫小牧から稚内までも自転車で行ったらこれも長かった

稚内6月に咲く桜かな

雨しとと稚内に着き桜かな

6月になっても稚内に桜が咲いていた、それだけ桜前前線はあった
そこまで行く行程も長かった

郭公のひびく北の地旅つづく

ともかく旅で意外なのは記憶に残る旅をしているかどうかなのである
機械に頼ると意外と忘れている、だから江戸時代のように歩いて旅した人は旅を記憶している

一歩一歩かみしめ歩む旅なれやいづれは死なむ人の身なれば

何か人生の最期にはみんないとおしいものとなる、なぜならもう旅もできないともなるからだ、現実に私はここ十年は介護とかに追われ旅していない、できなかった
でもこれだけ旅したのだから贅沢すぎたともなっていた
ただこんな旅をするのは普通はできない、そういう時期は普通は学生時代だけだったとかなる、会社員になるとできない、そういうことをしたら自分のように社会からはずれた人間になってしまうからだ

ともかく地理を知ることは本当に難しい、それは坂を上ったり下りたり手探りのようにして前に進む、車で飛ばして過ぎ去るのではない、歩むことは体に記憶されることなのである、その時辺りの景色とも人間は一体化するのである

草臥れて宿かるころや藤の花 芭蕉

こういうことも歩いて旅しないとできない句なのである、ただ私は歩く旅はしたことがないのである、歩くと相当に疲れるからである
だから歩く旅は新鮮な経験になるけどその労力が大変なのものになる
だから昔の旅を経験することはその時代により便利な時代になっても労苦になる
つまり演出して作りだすことになるからだ

会津にそ城は遠しも街道に虫の音聴きて夕暮るるかな

白河街道は人も車もあまり通らないから記憶に残っている、そこは旧街道になって寂れていたから余計にそう感じた
鉄道の通る表の通りだとそうは感じないのである
ただ街道というのは何か今では裏道ともなり人もあまり通らない淋しい道になっている
それがまたいいのである

旅人の昔も行くや芒かな

何かこんなふうに道でも街道には今でも魅力を感じる、それで相馬なら陸前浜街道の日立木からの松並木の道が旧街道でありここを歩いて行くべきだとなる
でも実際は六号線の国道を行っている、そこはまるでベルトコンベアーのようにトラックなどが行き来する道であり情緒がないのである
でも便利だからどうしてもその道を行くことになる、遠くなるとやはり早く行ける道を選ぶからである
そして後でふりかえると何か記憶として残らないのである
そうなるとこうしてふりかえり記憶したものを書けないともなるのである
どこを行ったかも記憶しないことは行ったことににもならないとなる

それは意外と人生にとって損失だったことを知る
なぜなら老人になると記憶に生きることになるからだ
それは旅だけではない、自分はこういうことを経験したと常に老人は語るからである
仕事のことでも語る、するとそうして記憶して語ることが人生だったとなるからだ
この老人の人生はどういうものだったかというときそれはその人の語ることによってわかるのである
だから戦争の経験をした人などはその経験があまりにも強烈であり忘れられないものだから語る、私の姉は従軍看護婦だったので死ぬ直前までシンガポールのジョホールバルのことを語りつづけて死んだのである
認知症でもそうして若い時の記憶に刻まれたことは忘れないのである
それで千回も聞かされたのでうんざりしたのである

とにかく老人になるともう何も行動ができなくなる、体力的にもそうだし精神的にもそうである、するとこれまでししてきたことを語ることになる
だから老人が意外とプログとかyoutubeですら向いていることもある
若い世代はまだ人生を語ることができない、でも40代くらいになると結構語ることができる、それで面白いとなる
そういう場としてもインタ−ネットは有益なのである、ただそれもまだ一部であり利用されていないがこれからはネットの世代になるから老人になり語ることになる
そこで大事なのは記憶されたことなのである
もし記憶されないなら語ることもできないからである、旅のことでもそうである
記憶されなかったら語ることもできないのである
だから記憶される旅をしろとなるのである、それにはあまりに便利な旅は機械を頼った旅は記憶されないということである、そうなると老後は行動できなくなるから豊かなものにならないともなるのである
なぜなら自分自身が今でも旅したことをたどっている、それは自転車で旅したことが記憶に残っている
でも電車となると記憶に残っていない、それは電車でも景色が流れて行くだけで記憶に残らなかったからである
第一A地点からB地点へ電車で行ってもその風景が記憶しにくいのである
それは早すぎるから脳に記憶されず消えてしまうからだともなる
でも電車でも駅のことを覚えているのはそこで停止しているから記憶に残る

逢隈(おおくま)に電車止まりて蝉の声

ここは阿武隈川を渡る手前の駅である、新しい駅である、でもここで三分くらい電車が交換で待つからその三分間が記憶に残る
それは前の新地駅でもそうである、ここで六分くらん交換のために待つから記憶に残っていた

新地駅六分待ちて虫の声

新地駅は津波の後は高架橋の高い場所になり虫の声は聞こえなくなったのである
新幹線とかなるとまず自然とから遊離するし早すぎで途中の景色すら記憶に残らないのであるそれで何も残らなかったとなってしまう

タンポポや新幹線に次の駅

途中が過ぎて次の駅にしても遠いのである、途中はとばされてまっていたのである

インタ−ネットになるとあらゆる記事でもその感想を書くことができる
これまでは一方的に読まされるだけだった、こうして感想とか答えることができる
それがメデアとして変わったことである
メデアを自ら持ったということなのである
ただインタ−ネットだと数が多すぎて読まれないのが多いのである
津波とか原発事故では相当に読まれた、でもそれも十年も過ぎると関心がなくなり読まれなくなったのである
その時々読まれるもの関心が変わるからである
でもこうしてあらゆる記事でもその感想を書くことができる
対話的になる、様々な記事でも意見でも知識でも相互に深化できるからいいことである
ただ著作権の問題が出て来ることも確かである






山中伸弥が「人類は滅ぶ可能性がある」とつぶやいた「本当のワケ」 チームのほうが誘惑に弱くなる―大衆民主主義は全体主義になる


山中伸弥が「人類は滅ぶ可能性がある」とつぶやいた「本当のワケ」

チームのほうが誘惑に弱くなる―大衆民主主義は全体主義になる

ところがチームになって、責任が分散されると、慎重な姿勢は弱まって、大胆になってしまう。たとえルールがあっても、そのルールを拡大解釈してしまう。気がついたらとんでもないことをしていたというのは、実際、科学の歴史だけでなく、人類の歴史上、何度も起きたし、これからも起こりえます。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67554?page=6

チーム化することは団体化することである、人間は団体化すると個人の責任感とか希薄になる、そして団体組織化することは力を持つことであり権力を持つことである

なぜ民主主義が危機になっているのか?

要するに議員を選ぶにしても何にするにしてもすべて数で決まるからである
その数を集めることがすべてでありそこに正義も不正義もなくなる
数が多い方が正義なのであり何であれ数が多いことで決まる

カルト教団であれ選挙の時は利権団体の票が優先されるにはまとまった票が得られるからである、個人の一票など意味ないしあらゆることで個人は無視されるのが民主主義だともなり危機になる、アメリカの大統領でももう選挙に不正があったとして暴力になる
数の多さで決めることにみんな疑問を持つようになったからである

そしてナチスは民主主義の選挙から生まれたのである、とにかく数を集めれば票を集めればその正当性が得られるからだ、そして全体主義になった
もう全員がハイルーヒットラーになったら誰も逆らえない、止めることもできなくなったのである
そこに民主主義とか選挙でも決して正しい判断をするものではないことがわかる

赤信号みんなで渡れば怖くない

まさにこれである、巨大な数となり集団となるのが大衆民主主義なのである
それはギリシアのボリスの一万とかの民主制とはまるで違ったものになる
それでまたナチスはラジオから生まれたという説がある
人間が集まるとなると限度がある、でもラジオだと何百万人にも向かって訴えることができる、それが今ならテレビであり戦前は新聞で朝日新聞が戦争をあおったとなる

現代の大衆民主主義がそうした危険がつきまとっている
数がすべてになりその真意など関係ない、善悪も関係ない、数が多いことがすべてであり正義なのである、要するに数が権力化するということである
それが創価でも他のカルト教団でも宗教がからんでくると余計にそうなる
逆らう者は罰当たるとか地獄に落ちるとか何百万人の人の念がそうなるから怖いのであるそれはカトリックなどでも異端者が火あぶりにしたのと似ている
宗教の歴史の暗黒が見主主義で再現されるのである
そういう歴史があるから政教分離の法律が生まれたのである

数が多いことが正しいのではない、数が権力である、こうなっていることが怖いのであるでも民主主義はすべて数で決まる票の数で決まるとしたらそうなるのである
確かに暴力で決めるのではないからいいとなる、民主主義とは完全な制度でもないのだから暴力で決めるよりはいいとなる
でも数の多さで決める時、それは全体主義になる、そしてナチスのようになり最悪となるのである、それは歴史が証明している
共産主義もまた全体主義であり反対者は粛清されて何千万が殺されたとしている
共産主義はあからさまに反対する者は許さない、死刑にされる
民主主義は反対する者があってもまた数がすべてなのだからいづれは全体主義になる
それがナチスであった、それは数がすべてだということによっていたのである

数が多いということは責任が分担される、一票の責任は選挙では十万分の一くらになるから誰に投票しようが責任などないのである
もし一人十票とかなれば責任が生じる、でも実際は投票するのに責任を感じる人はほとんどいないのである
一万くらいのボリスだったら直接選挙であり一人一人が責任を感じていた、でも大衆民主主義では誰を選ぶにしろ責任など感じないのである

責任が分散されると、慎重な姿勢は弱まって、大胆になってしまう。たとえルールがあっても、そのルールを拡大解釈してしまう。気がついたらとんでもないことをしていた

こんなことが科学の分野でも起きていた、でも科学の分野なら科学こそ真理なのだから科学の真理に反することはいくらチームになってもできないはずである
それでもチームになると責任感が薄れてしまう、チーム化する団体化する組織化することはすでに権力化することである
すると正しいか正しくないかより権力が力を優先されて決められるのである
それによって大きな過ちが生まれる、チームでみんなでしていることが決めたことが正しいとなるからだ

原発事故でもそういうことがあった、地域の住民は金になればいいとしかない、すると危険だからやめた方がいいという人は一人もいなかったとなる
なぜならみんな金が欲しいからそれに逆らうことはできなかったからだ
反対したらその地域に住むことすらできなくなっていたのである
でも事故が起きて逆に住民が故郷に住めなくなったのである
この教訓は大事である、ナチスでも国を逃れた人がかなりいたからである
反対したらその国にすら住めなくなった、回りが一時創価の会員だらけになったらこれも全体主義になりそれに逆らう者は住めなくなる
そういうことが起こることがありえたのである、他でも数があらゆることで優先される
マスコミでも視聴率を稼ぐことが最大の目的である
それで宣伝費で稼ぐ、みんなが見ないことには宣伝できないからである

民主主義とは何かとなればもう大衆民主主義であり数がすべてであり数ですべてが決められる、そうなると理由などない、数さえ集めればなんでもできる正しいとなり逆にナチスになり全体主義になる、少数者は完全に無視される
それはインタ−ネットでも起きている、いかに視聴率をとるかがyoutubeなどでも最大の問題になる、とにかく見る人が多ければ影響力も大きくなりやはりテレビのように宣伝費が入るからだ
だからインタ−ネットでも営利が入ってきて視聴率優先になったのである
つまりマスコミ化してきたのである

田中首相が数と金が政治だと言ったのもそうである、選挙は数で決まりまた金をばらまいて票を得るからそうなっていたのである
現実民主主義でもそうなのである、政治とは数と金なのである
それは大衆民主主義ではそうならざるをえない、膨大な数によって決まるからである
そこで正しいとか正しくないとかは追求されないのである
そこでマスコミがテレビが馬鹿な大衆相手に導く、大衆にはむずかしい理屈など言っても無駄だとなりハイルヒットラーになった
つまりいかに大衆を操作するかがマスコミの問題でありそれで視聴率をとり宣伝費をもらうということだけが目的となる
大衆民主主義は容易に全体主義になる、それは数がすべての世界だからそうなる

posted by 天華 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層