2022年02月03日

末世化している日本と世界 (警察、医者、公務員、教員、創価(カルト教団)…などが嫌われるのはなぜ)


末世化している日本と世界

(警察、医者、公務員、教員、創価(カルト教団)…などが嫌われるのはなぜ)


自殺考え「先生ら殺そうと」 散弾銃立てこも医師殺害



沖縄で若者が暴徒化 SNS拡散で未明に300人集まる

東海道新幹線の焼身自殺事件、犯人の男性は年金に不満!
「年金が少なく、生活できない」


介護をめぐって医者を銃殺

この二つの事件は何を語っているのか?やはり事件は世相を表している
ただ猟銃で医者を殺したというのは医者は悪くない、ただ高齢化社会を象徴していることは確かである
なぜなら92歳の母親とこの息子は二人で暮らしていたからである
そして延命治療しなかったからと怒って医者とか看護師とかまで銃で撃ったからである
自分も自殺したいからと自暴自棄にもなっていた
また金もなかった、猟銃を買う金もなかったのである、二万だけ払ったとかある

ただ事件の背景として金の問題も大きいがそもそも銃をもって危険な扱いをしていたと
仲間が言っていて怖かったとしているからその人自身の問題もあった
高齢化社会で年金の問題はつくづく大きいと思った
働くこともできないと年金が唯一の頼みとなるからだ
だから高齢化社会にとって年金は命綱だとつくづく思った
そのために新幹線で

年金が足りないと自殺

この人の気持ちが本当にわかる、現実に年金が4,5万しかもらえない人がいる
国民年金だと多くても六万くらいしかもらえない人がいるのだ
厚生年金でも15万くらいが平均である、それでもたりないとなる
猟銃による医者殺害事件はこうして金銭的に追い詰められた人のとっぱちりを受けたと犠牲者だともなる
とにかく人間は追い詰められた人間が一番怖いのである
食べ物がないとなれば襲ってくる、殺されるとまでなる、それは動物と同じである

これから追い詰められる人間が増大する

年金がまともにもらえない、生活保護も最低限の保証がない、生活保護が十万くらいもらえるかというと7万しかもらえないとか実際は年金四万もらってあと一万とかもらえるだけだとかなる人もいる、医療費無料でもない常に三割くらい自己負担だとなっている

生活保護はもうもらえない、崩壊する

それが見えている、氷河期世代になると生活保護では生活できない、飢え死にするかもしれない、それで現実に凍死したとか暑くて熱中症で死んだとかある
クーラ―もないからそうなった、特に最近暑くなっているからである
おそらく福祉関係はもう予算をつけられない、崩壊してゆくかもしれない
余りにも高齢化社会になり病人が多すぎるからである、そこで手厚い医療を受けているがそれもできなくなる、もう一部できなくなっている

米騒動(こめそうどう)とは、米の流通量の減少や価格高騰によって民衆が米を入手しづらくなることが要因となって起こる、騒ぎなどのことである。

打ちこわし(うちこわし)とは、江戸時代の民衆運動の形態のうち、不正を働いたとみなされた者の家屋などを破壊する行為のこと。「打壊」、「打ち壊し」、「打毀」、「打ち毀し」などと表記されることもある。

こういうことが起きてくる、米騒動打ちこわしは大正時代にも起きている

昨今の物価高でも庶民の生活が苦しくなると物騒になってくる
現実になっているのである、金持ちの家がねらわれて襲われ安くなる
そして金持ちの家は不正して金をためていたとか見られる
特に公務員に風当りが強くなる、楽して儲けているとかうらやましがられるて怨嗟しているからである
この経済の停滞衰退は大きな問題となる、物価高は年金暮らしとかに大きな負担となるからだ、ただ暴徒化するとなると若い人の方がなりやすい
それで沖縄で高校生が暴徒化したのがそうである
今まで警察署を襲ったなどあまり聞かなかったのである
日本人は我慢強いとかされていたのである
でも世相が変わってきた、これから暴徒化することが増えてくるかもしれない
そこで襲われるのは警察とか医療関係者とか一部の金持とか特権階級である

●嫌われる職業

そもそも警察、医者、公務員、教員、創価(他のカルト教団)・・などは嫌われる
なぜなら警察は庶民をみんな犯罪者と見ている、仕事自体が習性でそうなっているからだだから傲慢であり権力をもっているからいつも強制的になり上から目線になる
医者でもいつも相手にするのは病人であり弱者であるもし強者なら下手なことすると攻撃されるとなれば怖いから上から目線で扱えないということもある

でも相手は弱者ではあり抵抗できないとなるから命令で強制できるのである
だから猟銃で殺されたとういのは医者が悪くないにしろ日ごろから医者は弱者を相手にしているから言うことを聞くものだと思っていた
これは医者が悪くないにしろ何か現代を象徴するものでもあった
とにかく介護の問題は必ずみんな経験する、私はもう老親二人の介護で死ぬ思いをした
自分自身も介護中に二回手術もあり入院した、そこで孤軍奮闘するだけだった
誰も同情もしないし病院では看護師に虐待されたりさんざんな目にあった
これも楽した自分のカルマとしてこうなったのであり他者を責められない

でも警察とか医者とか公務員とか教員でも公務員でも創価とか
他のカルト教団でも嫌われるのはなぜか?

そうした職業が権力をもっているからである、強制できる力をもっているからである
逆らえないという力をもっているからである、そしてそういうみんな公務員だけど得する仕組みになっているからだ、たいした仕事をしていないのに給料が高いと特権があるとかなり民間から責められるのである
それは自分の家族に公務員がいたからそれを知っているのである、公務員は得するようになっているのである、おそらくそのために自分が得した結果として苦しんだともなると見る
医者がそうでないようでやはり強制する力をもっている、一旦入院したら勝手に退院できない
それで病院から勝手に逃げた人がいた、自分も家を空にして大事なものがあって一時病院を出ようとしたができなかった
現代でぱ医者とかは相当な権力者でありこ権力団体のなのである
医者は地域でも必ず有力者になっているからである

創価とかエホバとかカルト教団が嫌われるのはその人たちも権力をもって集団で組織で動き会員獲得を強制するようにもなる、まわりを会員にして強制する力をもつようになる
もし批判すると集団で責めてくる、質が悪いのは罰が当たるとか地獄に落ちるとか脅迫する、悪質な脅迫団体にもなっているからだ
これは悪質な宗教を利用した強迫団体なのであり本当は法律でとりしまらなければならないのだ、それが自民党でも票が欲しいとして結託するのである
また票で権力を操作できるとして毎日選挙運動しているのである

●宗教は外見より心を見る

そも宗教の宗祖を見ればわかる、キリストに何の権力があったのか?
枕するところもない宿無しだった、シャカは洞窟で民衆から食べ物を与えられて布施で
修行した乞食でもあったとなるからだ、どこに権力があるのかとなる
何の権力もないのである、もし宗祖を見習えばそんな権力集団が宗教とはならない
日蓮にしてもあばら家で貧困の中に一生を終わっている
カルト教団とは宗教利用した強迫団体であり犯罪集団にもなるのだ、現実公明党議員が逮捕されたから検察がまだ司法権力をもっているが活きていたとなる

結局「悲しむ者は幸い」だというとき悲しむ人とは誰なのか?
そういう特権既得権者ではない人だとなる、その人達は権力の恩恵にあづからないからである
ただもう今は末世である、こういうとき日蓮の時代のように様々なこと自然災害でも疫病でも戦争でも起きる、また食料不足にもなり奪い合いにもなる
そういう不穏な時代になっている、だから末世なのである
悪いことが次々に起きるのだ、そういう時期でありこうして膿みをだした後に平穏ないい時代が来るとなる
とにかくこの世がそもそもいつも火宅の世であり地獄が一定なるべしというのが現実だったのである

高度成長時代とかは特別恵まれた日本の歴史でも例外的な時代だったのである
これから末世であり様々なことで不穏になり事件でも起きる
それがどのくらいの期間続くかわからないのである
ただそういう時期だから様々な自然災害でも凶悪事件でも暴徒化すたり食べ物がないとかなり人々から平和は消えて犯罪者がふえる
生活保護が犯罪者にならないらうにするためだとしていたがそれも日本が貧困化して金がないから払えないのである、そうなると抑制もできないとなる
だから本当に怖い時代になる、安心して暮らせない時代になる
そしてこういうときさらに大きな自然災害でも世界的に見たら戦争でも起きるかもしれない、こうなると余り長生きはしたくないともなる、もう高齢者は生きることが辛くなるからだ、そうした世の中を生きることが体力的にもないとなるからだ

ただ意外と老人は気楽なのはこの世とはもう生きる場所ではない、去る場所だとなってしまったことである、liveとはlieveなのである
この世とはこの先長く生きるとなると苦しくなる
てもこの世から去るというとき重荷がおりた感じになる
それで私の母親の死に顔は笑ったようなものになった不思議ある
苦しみから解放されたのである、いつでも楽に死ねたらなと言っていたがそれだけは願いがかなったとなる
死とは何であれ苦しみからの解放なのである、成仏とかなんとかこだわるがそもそもそういうことは関係ない、なぜなら出鱈目に生きた人が楽に死んでいる
だから成仏とかではなくどういう生き方をした方が問題になる
最後に老人になるとそれが結果として現れるのである

●ボロを着ても心は錦

それが外見ではなく内面的に心の状態として現れる、それで宗教とは外面的なことてはなく社長になったとか地位を築いたとか金持ちになったとかそうした外見ではない心の内面のことである、外見から見ただけではわからない
その人はなぜか金が入る女性である、でもその心は普通ではない歪んでいる
その夫も奇形化している、別に結婚して子供も大学まであげているから外面的にはいい家族だとなる、でもそれも普通ではない、奇形夫婦に見えた
でもその人は金もあるしいい家族に見えるのである

神は人の心を見ているという時外見を見ないのである、見えない心を見るのである
それは人間には見えないが神には見えるのである
だからいくら外見が良くても神は評価しないともなる
でも世間で評価するのは外見なのである、ボロを着ても心は錦ということにもなる
それで「悲しむ者は幸いなり」となる
外見が良くても一見悲しむことのない人は何か心は歪んでいるともなる
地位があり金がありこの世で特権を得て楽しているということで悲しむことがないからだとなる
でもこれはむずかしい、なぜなら悲しむ者が幸いだと悲しんでいる人が思わないからである、むしろ恨むものとなっているのが普通だからである
そういうふうに自ら納得することは簡単にできないのである、これを理解するのは相当にむずかしい
第一そうして苦しい暮らしに満足する人などいないからである、宗教だとただ心の問題を重視するからそうなった

ただなぜ鎌倉時代に日蓮とか親鸞とかの念仏とかか盛んになったのか?

それはもう生きていても何の救いもない、食べるものもない、餓死者が道端に倒れて道を作っていたとんいう絶望的なものだったのである、するとどうなるのか、せめて来世に極楽に行って楽したいとなるだけである
望みは今世にはない、来世の極楽で過ごしたいというだけになる
そしてその時代にまず字を書いたり読める人は僧侶階級とか特別な人であり一般庶民は字も読めないのである
すると題目を唱える念仏を唱える、それならできる、そうして一心に唱えて地獄の世から来世の極楽に行くことを願ったのである
それしか望みがなかったのである
そもそも病気になっても医者にも行けないのだから題目でも念仏でも唱えるほかないからである

いづれにしろ今は末世である、これから様々な艱難が来る、自分にしてももうなぜ自分自身のことや家族でも地獄になった
回りでも津浪だとか原発事故だとか次々に災難が押しよせてきた、そしてコロナウィルスが疫病が襲った
正に鎌倉時代の末世現象なのである、何かカルマが積もり積もってそれが現象化する
それは個々人でも家族でも地域でも国家レベルでもそうなる、次々に災難が押し寄せて来るのである


posted by 老鶯 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2022 abstract river


2022 abstract river


riverssssss1.jpg

flowuzu111.jpg

newyearppp111.jpg

waterfallbig11111.jpg



なぜ抽象画大量にできるのか?

その謎は人間の能力があるようでないことかもしれない
そもそも人間がイメージできることは限られている
人間が能力があるようで思った以上ないのである
天才とかまれにいても普通はない
自分自身は全く絵の才能がないのである
でも絵を作れることが不思議になる

それはコンピュターの助けがあってできている
つまりAIがイメージを作り出しているのである
だからARTとは技術のことだと理解したのである
人間にない能力を技術力で発見したということである
そこには限度があるにしろやはり人間の創造だとなる

コンピュターの今まで違う特徴は人間の頭脳と深く関係している
だから頭脳を強化したり頭脳の代わりをしているのである
それがコンピュターの発明でできるようになったのである
人間の記憶力とかもコンピュターで補強される
とにかく人間は忘れやすいからである
そうして人間と機械が一体化する時代がくる

頭脳にマイクロチップが埋められて記憶の補強をしたりいろいろできるようになる
ただすべて機械でコンピュターでできる時代は来ない
なぜなら人間にかできないものが依然として残るからである
感情的なもの情的なものはコンピュターとか機械にはもてない
コンピュターに愛をもてなど言ってもできないからだ
するとコンピュターにはロボットでももてないもの人間にしかないものが価値あるものとなる

Why can we do a large number of abstract paintings?

The mystery may lie in the fact that we don't seem to be capable of it.
There are only so many things that we can imagine in the first place.
It seems that we are capable of so much, but not as much as we think.
There are rare geniuses, but usually no geniuses.
I myself have no talent for drawing at all.
But I find it strange that I can make pictures.

It is made possible with the help of computers.
In other words, AI is creating the image.
That's why I understood that ART is a technology.
It means that technology has discovered abilities that humans do not have.
There is a limit to this, but it is still a human creation.

A different feature of computers is that they are deeply related to the human brain.
That's why they enhance the brain or replace the brain.
The invention of computers has made it possible to do this.
Human memory is also reinforced by computers.
This is because humans forget easily.
The time will come when man and machine will become one.

Microchips will be implanted in our brains to reinforce our memories and do other things.
However, the time will not come when everything can be done by machines and computers.
This is because there will still be things that cannot be done by humans.
Emotional things, can't be done by computers or machines.
You can't ask a computer to love you, because it can't.
Then, what is valuable to a computer is something that even a robot cannot have, something that only a human can have.

Translated with www.DeepL.com/Translator (free version)

2022年02月02日

将来鉄道の廃線になるのが多いのに驚いた (鉄道は駅名が心に残るー東北の廃線となる路線)


将来鉄道の廃線になるのが多いのに驚いた

(鉄道は駅名が心に残るー東北の廃線となる路線)


東北地方において将来廃止が予想される路線を示したマップである。東北地方では、
JR 線は奥羽線、花輪線、釜石線、気仙沼線、五能線、左沢線、山田線、石巻線、大船渡線、大湊線、只見線、男鹿線、津軽線、田沢湖線、磐越西線、磐越東線、米坂線、北上線陸羽西線、仙石線、仙山線、東北線八戸線の  路線、公営、市営鉄道は津軽鉄道線、いわて銀河鉄道線、フラワー長井線、阿武隈急行線、会津鬼怒川線、会津線、弘南線、秋田内陸線、十和田観光電鉄線、青い森鉄道線、大鰐線、鳥海山ろく線、南リアス線、北リアス線の 14 路線の将来廃線が予想されるという結果となった

鉄道維持可能性シミュレーション結果に基づく 考察


茶色は私が乗った路線でありほとんど乗っているのである


鉄道は危機的状態である、これだけの路線がなくなるということはショックである
私はこの路線をたいがい乗っている、赤線の所は乗っている
花輪線とかは相当に運営するのもむずかしいと肌で感じた
そして何か鉄道というのは不思議に沿線の景色より必ず駅名が心に残るのである
そのために地名に興味をもったのが自分だった

花輪線だと兄畑とか小屋の畑とかの駅名が心に残った、その時は駅は雪に埋もれていた
そして

花輪線に好摩(こうま )に駅があり

霧ふかき好摩の原の停車場の朝の虫こそすゞろなりけれ  啄木


こうま」の地名由来を和語の範囲の中で解釈しようとしても無理があるようです。

やはり、この地名も、次のようなアィヌ語を語源に持つ古地名として考えるべきであると思います。
「こうま」は、=アィヌ語の「ク・オマ・ナィ(ku・oma・nay)」
=「仕掛け弓・そこにある・所」になります。

こうまはクオマからきていて漢字をあてた、そういう地名は北海道に多いしまたアメリカの地名にもインディアンの名付けたものから地名化しているのとにている

渋民(しぶたみ)…

「しぶたみ」も、アィヌ語を語源に持つ古地名であり、次のような解釈があると思います。

1.「しぶたみ」の語源は、=アィヌ語の「スプ・タ・アン・ムィ(sup・ta・an・muy)」→「スプタムムィ(suptammuy)」で、その意味は、
=「渦流・そこに・ある・淵」になります。

原町の萱浜の近くに渋佐という地名がある、これもアイヌ語由来なのか、萱浜はもともとカイ浜でありカイと北海道のカイでありカイというのは民族名である
するとこの辺にアイヌが住んでいたのか?
ただ渋いとかあり渋民とかありこれは普通にある地名である、だからアイヌ語をあてるのはむずかしいとなる
そもそもアイヌ語というのは日本全国の地名をアイヌ語にしたことがあったが今では否定されている、青森と岩手とかなるとアイヌ語らしいとなる
ナイというの川でありそれは青森県とかに共通して多いのである

左沢(あてら)沢線というのにも乗った、あてらとはあちら側であり向かいの岸だとなる要するに川を意識するとき向こうの河岸を意識していた、川を渡ることがありそうなったとなる

ここで将来廃線になるのが仙山線とか仙石線とかがあるのかとなる
仙石線だったら仙台から石巻まで通じている、ここは相当に仙台市が拠点として郊外になるから乗る人が多いからどうしてなのだろうとなる
仙山線は山形の方に行く線であり途中山寺がある、これもやがて廃線になるのか?
今はあまり乗っていない、それよりバスの方が便利になっているのだ
だから今は高速バスを利用する人が多いのである、自分でも利用したからである

ただバスの旅は情緒がない、鉄道には情緒があるというか相当にパスとは違ったものである、だから鉄道は文化になもなっていた、人間の歴史として刻まれていたのである
そこには様々な人間のドラマがあり鉄道はそうした歴史があって貴重だった
でもそれがなくなるとそうした歴史と思い出も失われることになる
それが淋しいとはなる、ただ代わりにバスもあるし車もあるからそれほど困らないかもしれない、鉄道の問題はそのメンテナンスとかに電気とかなると相当に労力でも手間でもかかることが問題なのである、単なる道だったらそういうことはないからである

ただ山田線とか磐越東線でも極端に便数が減ったのである、一日数回とかしか出ない
数回というとき朝晩の通勤とか一日4回なのかそれくらいしかない
少なくとても一時間に一回くらいの便数がないと不便になる、利用しにくい
それで私はいわき市から郡山市に行くのにバスで行くほかなかった
便数が極端に少なくなり待っていられなかったからだ

それにしてもこれだけの線がなくなることはもう鉄道自体がなくなるともなる
ただ利益をあげているのは新幹線でありその新幹線につなぐものとしてローカル線があるまた常磐線だと名取の飛行場につなぐものとしてもある、なぜなら名取から飛行場までの線ができたからである
そして名取の飛行場から大阪へ飛行機で行く人が結構いたのである
大坂となるとやはり飛行機の方が便利になるからだ

鉄道というとき日常ではなく観光路線にもなっている、五能線とかがそうである、観光路線として残しているのもある、日常的にはみんな車だからである
ともかくこれだけの路線がなくなるということはいかに鉄道自体も消滅してゆくのかとなる、利益が出ないから消滅するともなる
結局みんな車をもっているのだから車が足になっているから鉄道が消滅しても別に困らないからである、そうでないならばみんな騒ぐから廃止することはできないのである
観光路線だけで維持するのはむずかしい、現実にコロナウィルス騒ぎで観光客も来なくななったからである、鉄道を利用する人も減った、それも経営的苦しいとなった

ただ鉄道に私が思い入れがあるのはやはりそれだけ鉄道で旅したからである
それで今思い出す旅をしている、でも思い出すのもあいまいとなってゆく

霧ふかき好摩の原の停車場の朝の虫こそすゞろなりけれ

つまり霧深いというときまさに遠い過去は霧の中にありあいまいとなる
ただそこで虫がかすかに鳴いている、その音に耳を傾ける、まさにそれが記憶なのである

新地駅数分止まり月照らしかすかに虫の音我は聴き待つ

新地駅は前は虫の声とは聴いていた、あそこで必ず6分くらい交換の待ち合わせをしていたからである、でも津波の後は高い場所に新しい駅を作ったから虫の音も聞こえなくなったのである
こうして待つということが人間的な時間を演出していたのである
それは駅でも同じである、その駅に時計までなくなるというのは何なのだろうと思う
もう駅は維持できずに無人駅化してゆく、時計すらない、ただまだ駅には必ず待つ時間がありそれでそこで遠くから来た人と私はボランティアのようなことをして話していたのである、駅に多様な人が来ていたのである

常磐高速のSAにも行くがあそこにはそういう人間的なものがないのである
ただその人の出入りする人数になると何十倍にもなる、駅でぱ待っているのは昼間だと数人であり一人の時もある、もう日常的には駅は閑散としている、使われていないのであるそれでも駅を維持するには掃除とか必要でありゴミ箱があったが撤去された
ただ外のトイレは立派なのである、障害者用のトイレは広々としているから贅沢である
健常者のトイレはかえって狭いのである、その障害者用の立派なトイレを毎日掃除しているのが障害者だというのも奇妙である

ともかく鉄道の旅は長いから愛着がある、でもこれだけの路線が将来なくなることはショックである、もう鉄道は新幹線くらいしかた残らないのかともなる
これも淋しいとなる、北海道だと半分がすでに消失した
もう北海道だと路線が維持できない、すでに私が旅したときから半分は消失したとなる






2022年02月01日

駅から時計も撤去、ゴミ箱も撤去 (鉄道は極力人へのサービスを減らすーこれも車社会の弊害)


駅から時計も撤去、ゴミ箱も撤去

(鉄道は極力人へのサービスを減らすーこれも車社会の弊害)




駅員もいない
切符切りもいない
時計もない
ゴミ箱もない
時刻表もない
喫煙所もない
売店もない

(´・ω・`) もはや駅は電車の止まる公衆便所だなw

JR東海は合理的過ぎてつまらん企業だが、
JR東はケチ臭すぎてサービスが落ちていく一方なんだな

維持費がかかるからって、そのうち駅もなくなるぜ

客が勝手に時計置いとけば
その人は救世主になれる

いらないインフラは撤去だろ
信号なんかもそう
多すぎる
歩道橋とかも
通学路とか一部のぞいて撤去して一時停止や横断歩道に置き換えろ

この企業、長期的に見たらいろいろとやばそうだな

駅の時計って特別仕様で高いんだよな
普通の電波でいいだろうに

乗客が、明確に批判しない限り
JRは、あれもこれも省略する気だ

たぶん、「まさかこれは、省略しないだろう」
というものも、省略してくる

そこの駅の住民が
何を省略しても、物分かりのいい住民だったら
そこの駅の沿線民が、不便を背負えば、いいじゃないか
てことで
何も言わないやつ、ばかり、なんじゃないの?山梨はw

手元の細かい表示物を見るのが苦手なお年寄りにやさしくないJR東日本
この企業もう終わってんなあ

公衆電話もゴミ箱も灰皿も椅子も無くなってしまった
ちょっと座りたいと思っても有料で喫茶店に入るよう仕向けられている

非常に時計が必要な商売をしておきながら、コスト削減とは。
流石にやり過ぎという感があるな。
というか、そこまでコスト削減しないといけないというのが情けない。

駅員もアウトソーシングだからだよ
いまやJRの正規はなにもやってない

いろいろ面倒くさいのはわかるけど、
駅にゴミ箱や時計がないのは不便だよなあ

時計にしろゴミ箱にしろクレーマー対策は見え見え
どこまで責任回避体質なんだよ

駅構内の時計不要言い出すような経営陣だと
そのうちに車両メンテも不要言い出しそうで怖いな

色んなところから日本の衰退が見えるな
そのうち外国のように時刻表もあてにならなくなる。

ほんとにJR東日本って利益優先すぎて自分の事ばかりだよな
電車内の飲食やノーマスクを野放しにしてないで乗客の身になれゴミクズ

そのうちベンチもトイレも撤去されるんじゃない
「だって掃除に労力かかるしメンテナンスにお金かかるし、撤去したら良い事だらけ!俺って頭いい!」ってw

サービス業がサービスやめたらお終い
自由だから何をやってもいいなら業務もやめればいい


駅の看板も取り外そう!
スマホで見れば何駅かわかるんだし、メンテに労力とお金がかかってムダ!
って言い出すよw

老人になるとスマホや腕時計の小さな数字にピントを合わせるのが苦痛なのでホームのでっかいアナログ時計は助かる
高齢者だらけの5ch民なら同意しろ

いやマジで時計は残せ
これから年寄りがさらに増えるのに時間確認にいちいちバッグからスマホ出せってか?
ゴミ箱撤去といいコスト削減に血眼になりすぎて市民の利便性を疎かにするのやめろ

大きな時計は遠くからでも見えるし便利なんだよな
腕時計もしてないからないと不便

とにかくインフラの質をこれ以上落とすのはやめろ
国家の体を成してないぞ
ベンチもゴミ箱もない街、時計のない駅、こんなの近代国家じゃねえよ

スマホ、関係ないやろ。
時計も置けないほど、貧乏になった日本。

時計のメンテナンスさえ出来ないのに、車両や設備のメンテナンスが出来るのかね。

日本の衰退が誰の目にも見えて来たな。
時計がほしいなら自分で買えよ、自治体。乞食か。

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1643672848/



この5chが面白かった、要所をついている
鹿島駅のゴミ箱なくなったのを報告したがこれは全国的なものでJRの方針でそうなっていたのである
なぜそうなったかというとゴミ箱のゴミを片づけるのに商工会に頼んでいた
すると金を払うようになりやめたのである
ゴミをかたづけてもらうだけで金を払うのが馬鹿らしいとなった
私はゴミ箱がどこにあるのかと聞かれたので教えたりした
ホームにあったからだ、何か駅というのは初めての人には簡単なことでもわからないのである

一番わからないのは上りと下りのホームのことがわからなかったのである
そんなこと簡単なようでも初めての人にはわかりにくくなる
それは自分自身でも波立海岸がある久ノ浜駅で経験している
表示板がなかったからである、鹿島駅でも駅長に表示板がないから行き先をホームを横切る跨線橋(こせんきょう)の入り口にあった方がいいと言ったらしてくれたのである
ここで論議しているように地元の利用する人が何も言わなければ不便なままなのである
私は一人だけでそこでたまたまボランティアのまねごとをした結果こうして欲しいと言ったらしたのである
だからJRでも何もしないということはない

ただ今回のゴミ箱の全国的撤去は不便だとしても回復しないだろう
JRの方針であり一駅のものとして実行したのではないからだ
ゴミ箱は駅には不可欠でもあった、なぜなら駅で弁当を食べたりしていた人がいた
するとそれあなげる場所がないのは困るからだ
駅は休憩所にもなっているからである

ただこうして何でもなくなるのはJRの経営が厳しい、乗客が減る一方だとなるからそうなる、でもそもそもJRは人にサービスするという心がない、経営がないのである
それはみんな言っているからである
ただ線路の補修とか安全は日々計っている
でも人へのサービスはもともと関心がなかったのである
だから経営が苦しくなれば無駄なものは極力省くとなる

そしてまずJRとか会社ではよそ者がかかわることが嫌うのである
それで時刻表を自分で作って置いたが拒否された、またゴミのことでもゴミを投げるゴミ箱のことを聞かれてホームに入ったのでしかられた
監視カメラがあり見ていたのである、無人駅でも今は見ているから注意すべきだと思った
時計すら置かないというのはこれも意外と管理することがむずかしいからだとしている
つまり駅のような公共的場ではずさんにしておけない、正確に時計でも運行しなければならない、時計が遅れたりすると苦情が来るからだ
自分が作った時刻表でもこれが間違っているとJRに苦情が来るので拒否された

そしてとにかく余計なことをしたくない、金のかかることは極力省くようになった
今鹿島駅に高校生の見守り役の人がいる
これはJRでは駅の業務をするなと契約してさせている
なぜなのか?それは駅の業務をさせるとJRで金を払うようになるからだろう
それでゴミ箱のゴミをなげるのを商工会に頼むとき金を払っていたからである
高校生の見守り役は市で金を払っているのである
だからJRでは金を払っていない、外のトイレも掃除は障碍者施設の人が毎日していてその金も市で払っている、ただ駅内の掃除は外部に頼んでいた

とにかくJRでは・・するな・・するなになる

そのうちベンチもトイレも撤去されるんじゃない
「だって掃除に労力かかるしメンテナンスにお金かかるし、撤去したら良い事だらけ!俺って頭いい!」ってw

本当にこうなっているのだ、それがますますエスカレートする何もなくなってしまうかもしれないというのも冗談ではないのだ
ただそれだけ鉄道の経営が苦しいからそうなる

でもこのことは日本衰退の象徴であり外国から来て無人駅だらけで時計もないのかとなる後進国なのかとかなる
そもそも鉄道だけではない、日本が衰退してあらゆるもののサービスがなくなってゆく自治体すら消滅してゆくのだからゴミ投げるにも有料となったりあらゆるもののサービスが低下してゆく、少子高齢化でもありそのことが鉄道にも影響しているのだろう
鉄道は車社会でそうなったのであり鉄道会社だけに責任があるとはならない
鉄道の乗り方さえ知らない人がいるからだ
それだけ車社会になっていたのである、でも最近80歳くらいで車の免許を返上した人が増えた、それで鉄道に乗りに来た人がいた
だから高齢者の足として利用することもありそこで時計もないということはどうなるのか?

日本というのは貧困化もそうだがあらゆることでサービスでも低下してくるし維持することもできなくなる、医療でもそうである、日本は再び後進国化しているのである
中国とかの方が進んでいてましだともなっている
あらゆるインフラも維持できなくなる、そして電気でも水道でもガスでも石油でも高くなる、それを利用することすらできなくなる、なぜなら毎月電気水道ガス代を払えない人がいるからだ、基本的なものすらまかなえなくなっているのだ

鉄道関係はまたコロナウィルスで打撃を受けた、、またオミクロンで打撃になり回復しない、どうしても遠くに行くことがしにくい、弱り目にたたり目となる
常磐線はなくならないと思うけど経営するには厳しいだろう
仙台とつなぐために常磐線はなくすことはできないだろう
でもこうして鉄道だけではないあらゆるものが日本で衰退してゆく
自治体でも消滅してゆく、それが原発事故の避難区域で起きた、そういうことが実は全国的に起きて来るのが日本なのである
鉄道の駅の無人化と空家の増大もリンクしている、自治体か空家だらけとなり空洞化してゆく

ただ大正時代とかなると鉄道があっても客として乗る人はまれだった
簡単に乗れるものではなかった、汽車賃が高かかったからである
今は移動するのに不便なことはない、車があるしまた津波と原発事故で鉄道が閉鎖されたときでもバスが仙台市まで通ったから不便はなかったし今でもバスはでているのである
こうして鉄道の代わりになるものがあるから鉄道にそもそも関心がないのである
そのことでゴミ箱を撤去したからといってみんな騒いだりしないのである
車関係でこんなことがあったらみんな騒ぐが鉄道は利用者が少ないからしないのである
そういう背景があってどうにもならないとなる