2022年05月28日

大陸は人種が混交し混血した (ウクライナとかの戦争の原因の背景ー遊牧民を理解しないとわからない)


大陸は人種が混交し混血した

(ウクライナとかの戦争の原因の背景ー遊牧民を理解しないとわからない)


 混交して混血する大陸の民族

 なぜウクライナの大統領ゼレンスキーがユダヤ人なのか
 プーチンの顔にモンゴルータタールの血が交じる
 モンゴルはウクライナまで攻めて来た
 その猛威にヨ−ロッパは震撼する
 タタールの軛ははロシアの起り
 トルコは突厥でありモンゴルと近接する
 遊牧民は中央アジアに跋扈して領土を拡大する
 羊を追い大騎馬軍を率いて大陸を進軍する
 インドの原住民はドラビダ族
 そこにアーリア人の侵入あり
 その彫の深い顔はギリシャ彫刻のよう
 仏像はアレキサンダーがもたらしたヘレニズム文化の所産
 スリランカの男性は顔だちが白人
 名前はフェルナンドにしてポルトガル人の王の名なり
 大航海時代にヨ−ロッパ人の侵入あり支配される
 中央アジアに東西の対立
 様々な民族が部族が混交して鬩ぎ合う場
 血を流し争いまた混血してきた歴史
 それはウクライナでも再現する
 兄弟とするウクライナでもせめぎ合い争う
 中国の始皇帝は白人らしい
 遊牧民、騎馬民族の末裔なれ
 始皇帝陵兵馬俑の大軍団の威容
 それが中国の地下に眠っていた
 遊牧民は広大な草原を砂漠を移動する
 そこで異民族と出合い熾烈な戦いとなる
 その興亡は繰り返される
 スラブ民族はスラブは奴隷の意味と
 ローマ帝国の辺境となる地域は 野蛮人とされ
 文化なき世界とされゲルマン人もライン川で区切られる
 スラブとはヨ−ロッパの源流から外れた劣った民族
 でもフランスのナポレオンとドイツのナチスであれ
 ロシアに攻め入り寒さに敗れて撤退する
 その犠牲者は一千万人以上ともされる
 ナチズムはアーリア人の優秀さを主張してジェノサイドする
 ユダヤ人は固陋にその血を守り神の民として遺民とてし残される
 民族と民族の熾烈な妥協なき争闘の歴史
 ゲルマン人の荒々しい血がローマに侵入して滅ぼす
 スラブ民族主義が西のヨ−ロッパに挑む
 東欧諸国の成り立ちはいかにここも遊牧民に由来する
 地球は陸の国より歴史が始まる
 大陸、砂漠、草原が始源となり世界史は形成される
 アラーの神は砂漠の神でキリスト教も同じ
 アブラハムを共通の祖として一神教なり
 日本は極東の島国にしてその歴史よりはずれる
 島国で敵味方塚あり敵をも戦い終われば供養する
 大陸は民族絶滅ジェノサイドになる
 他国に侵略して支配されざりし島国日本
 しかし今グローバル化は進展して孤立はならじ
 鎖国はもう成りたたじ世界大戦に巻き込まれる
 日本民族の存続すら危ういともなる
 世界はまた動乱の時代となり
 日本は深刻にその行く末が問われる


●日本人のアイディンティティは村

戦争の原因という時、日本国内なら村同士の争いである、入会権がありその争いで大名がかかわり戦国時代になったという分析もある
また水争いもあり村同士が争う、日本だったらそうした地域間、村の争そいになる
そして日本で一番怖いのは村八分なのである
そうなると村で暮らしていけないからである、最近地方に田舎に東京から移住する人達が増える、特に退職した人など田舎でのんびり暮したいとなる
でも日本だと人間関係でむずかしいのは村が生活の基本にありそれでうまく適合できないのである、ある人は回りに親戚がいて誰が家に入ってくるかも監視されている
そこに女性が入ってきたらすぐに話題になる
田舎では誰も見ていないようで常時監視状態にある
それで都会から来た人は同じ移住者の住む別荘地帯に住んで楽になったとしている
日本人のアイディンティティは村にある、狭い村にある
それで日本人の姓は必ず村に由来している、これだけ姓が多いのも日本にある村の地域名が姓になっているから多いのである

でも大陸では違っている、一地域名が狭い村の地名が姓になることはないのである
あくまでも血統であり血統集団が一族でまとまる、だからその姓はハウスブルクとあればそれが国の名にまでなる、確かに日本でも平氏源氏は血統としてまとまる集団である
それは地域名ではない、でも多数の姓は村の地名に由来している
そして日本人が理解できないのは大陸の遊牧民なのである、羊を飼い広大な地域を移動する遊牧民のことが身近に接しないから理解できないのである
その人たちは住んでいる土地をアイディンティティとしない、羊を追って草を求めて広大な地帯を移動するからである、するとどうして一体感を持つのかとなると血統だとなる
日本だと村で一体感をもち先祖は山にいて村を見守り春になると田植えの時期に先祖が山からおりてくるという感覚は遊牧民にはないのである
それは広大な地域を移動しているからである、だから別に村八分になってもその村自体もない、ここが嫌なら別な地域に移ればいいとなるだけなのである

●大陸は民族同士が混血する文化も混血する

そして大陸で理解しにくいのは国の成り立ちである、それはその土地もあるか人種が深く関係している、人種と一族である、それは必ずしも土地に所属しているのではない
人種としても民族としても顔だちとかも違っていて区別される、さらに言語も違っていて区別される、だから不思議なのは一体ロシア人とウクライナ人を一見見て区別できるのか普通はできないと見る、それで外国に日本人が行くと必ず中国人に見られるのと似ているまず中国人と韓国人と日本人の区別は顔をみただけでは区別できないからである
でもプーチンの顔はタタール人の血がモンゴルの血が入っている
スラブ民族というが大陸では人種が必ず混血しているのである,ゲルマン人でもスラブ系の民族が住んでいたとかある
ヨ−ロッパの歴史はローマ帝国の継続としての西側とかゲルマン人とかスラブ系の遊牧民の対立がありそれが今日まで継続している,ウクライナでも一時モンゴルが攻め入りモンゴルと混血した、ロシアがタタールの頸(くびき)となったときもそうである
なにかプーチンの顔はモンゴル系統が入っているように見える
モンゴル系統というときアジア系統の血が入っている、つまり人種的には白人系統とアジア系統の混血でありスラブ民族のオリジナルは別にあるとしても広域的にはそうなる
ゼレンスキー大統領がユダヤ人だというきこれもわかりにくい、ロシアとかウクライナのユダヤ人はまた違っている、ユダヤ人の血を受け継いだものとも違う
ユダヤ教を信奉するものがユダヤ人だともなる、だからユダヤ人といってもいろいろあるとなる、人種では人間は分類できないのである

人種としてはゲルマン人とかアングロサクソンは強力な民族でありイギリスとかその延長のアメリカ人がそうでありそれが世界支配をしたとなる、それはゲルマン人と北方人が主流となったものである、ともかく大陸だと多様な人種があり民族がある、何か世界の人種をアフリカの黒人からペルーとかメキシコとか南米から一列に並べてみたら不思議になるそこでは必ず混血民族がいる、つまりAという遺伝子がありBという遺伝子がありその中間に混血してABという遺伝子の結合があるとなる、それがプーチンの顔にある,スラブ人の顔だともなる、大陸では国境は明確に定められない、地続きなのだからそうなる
すると民族間でも交わり混血になる、そして人間は混血すると異種の人種と交わる時
それが刺激となり種が強化されるようである、だから混血すると美人が生まれるとされるつまり大陸では人種でもそうだが混血する、ヨ−ロッパの文明がイスラム文明を取り入れて発展したというのもそうである、文化も混血するのである
ヨ−ロッパの言語も混血していることが明確である

●人種よりも言語の相違が理解できなものとなる

スラヴ全体に関する様々な学問をスラヴ学という。その語源となったスラヴ語本来の「スラヴ・スロボ」は、「言語」「言葉」を意味するもの[注釈 2]である[要出典]。近隣の(非スラブ人)の人々は、スラブ人によって "nemets" と呼ばれ、これは「ミュート」「話すことができない」という意味である。

人種の前に人間は言語によって区別される、言葉が通じないともう意志疎通もできないからである、そもそもなぜこれほど多様な言語が人間にはあるのか?
それはバベルの塔の崩壊で意志疎通ができなくなった、様々な言葉で話すようになり意志疎通ができなくなったことに由来している
つまり言語が通じないことは意志疎通できなくしたのである
人種の相違より言語の相違が需要だから神は言語によって人間を分断して罰したとなる
ただ言語でも印欧語は大陸の共通言語として認識された、だから何かしら似ているから
言語でも理解されやすい、文法も同じだから構造的にも理解しやすいのである
スラブ語にしてもヨ−ロッパとの共通性があり理解しやすいのかもしれない、なぜヨ−ロッパとかロシア辺りでも英語を話す人が多いのか、それは何か共通した言語の基礎があるからだとなる、ウクライナ人でインタービューされる人がたいがい英語を話しているからだともかく人間を人種で分けるとういことがあるが言語で分けるというのもある
言葉が違うともう人間は意志疎通できないからである
それでギリシャでは言葉を通じない人をバルバロスとしてた野蛮人としたことでもわかる

バルバロスは、「聞きづらい言葉を話す者」または「醜い言語を話す者」の意で、バルカン半島東部(ギリシアの北東)のトラキア地方に住むトラキア人や、ペルシア人のことである。由来としてはギリシア人から異民族の言葉は「バルバルバル」と聞こえたからといわれている

人間は人種だけではない言葉の相違で分けられる、言葉が通じなければ野蛮人ともされるのである、だから言葉は人間にとって人種よりも大事なアイディンティティを形成するものとなる、別に人種が違っても流暢に日本語を話せるとその人は日本人のようにも思えるからである、そこで中国でも多様な民族がいて一つにまとまらない、あれだけの人口と民族をまとめることは至難である、そこで中国では常に民族ごとに分かれて国が形成される

●中国は漢字で意志疎通し文明を作った

 胡(日本語の訓みは「えびす」)とは漢民族から見て北方民族(北方にいる異民族)を主とした異民族のことで、中国史では、匈奴・羯・鮮卑・l・羌の五つの民族を言いう。彼らの多くは騎馬遊牧民であった。厳密に言えばこのうちのl・は北方民族とは言わず、

中国は常に多様な民族が混交して争い統一しては分裂してきた、それで言語も違っているその統一するために漢字が生まれたとなる、まず人間は言葉は音が基本であり文字は後から生まれた、幼児でも母親のしゃべる音から言葉を習得する、でもこの音はその時ネティブとして自然に頭に入るのだが大人になるとそれができなくなる
だから外国語を学ぶとき音より文字から学ぶとなり日本では翻訳文化になったのである
中国でも読み下し文とか文字から漢字から学んだのである
直接中国人とは話すことがないからそうなった、それで日本がヨ−ロッパから学んだ時も翻訳文化になったのである、実際中国人と意志疎通するときは漢字を書く、すると通じやすい、でもその音は聞き取りにくくしゃべることもできないのである
だから大きな国を統一するには共通の言語が欠かせないのである
これは人種の壁より大きいともなるから人種にこだわるのは問題だとなる

大陸の歴史をみれば必ず民族間の抗争がありジェノサイドがある、それだけ多様な民族が大陸には存在したからである、何故ロシアとウクライナが兄弟のような同一民族だとするとき争うのかとなる、言語も共通したものが多いだろう、言語でも文化でも宗教でも人種でも共通しているのである、それでロシアがかえってオリジンの国としてこだわる
つまりウクライナとロシアはもともと同一民族であり一体だとなる
それで欧米側に西側に所属することを許さないとなった
ヨ−ロッパとかはロシアでも言語的にヨ−ロッパと共通性がある、ロシア語はギリシャ語が基になっている、音は別にして文字はギリシャ語が基になっている
宗教でもギリシゃ正教が波及して変形したものだからである

●日本語は孤立語であり島国として閉鎖された国

日本はなぜ大陸の歴史や地理を理解しにくいのか?

それは日本人が極東の島国として一つの孤立していたからである、でも仏教とかは取り入れたのである、その孤立したことでわかるのは日本語の由来が未だにわからない
どことも共通性がない言葉なのである、アジアに探してもそうでありそれで中東に由来を求めたりする、ユダヤ人の言葉と似ているとかシュメール語に由来していとかにもなる
でも依然としてその由来が不明な謎の言葉なのである、そのことが日本が大陸から隔離された孤立した文明だったということの証明なのである、まず大陸だったら鎖国など絶対にできない、陸つづきなのだから常に異民族が侵入して来る

大規模な民族の移動もあるからだ、第一ウクライナで何百万人も移動したということが驚きになるからだ、日本では海に囲まれているからそういうことができないからである
だから日本には人種的なも問題もないし言語が違うということもないから一体感をもてたとなる、でも混血しないから人種的には弱体化したともなる
アメリカとかなると人種差別がある、日本にはない、でもその反面様々な民族が人種が混血することは種が強化されて文化でも新たなものが作り出される

そもそもなぜ戦争になるのか?

その原因は複雑であり多様である、だからなぜ兄弟でもあるとするロシアとウクライナが過酷な戦争になるのか?そのことが理解できない、同じ民族なら言語も共通しているなら争うことがないと思うからだ、ただ西側の関係でそうなったという、それも言える

エゴだけで引き起こされるわけではない。むしろ、危機意識が高く、犠牲的な精神の高い者によって引き起こされる場合の方が多い。戦争の原因は、観念論者が言えような独裁者の夢想や野心と言うより、人民の切実な問題が、隠されている事の方が多いのである。

第三の経済

独裁者の夢想や野心と言うよりというときプーチンの夢想や野心からウクライナ戦争が始まったというのはやはり違っているだろう、そこには複雑な背景がある
でもウクライナでも国を守る犠牲的な精神が発揮されて抵抗した、またロシア側ではロシア人が住んでいる地域はロシアのものだということで戦争になった
そこに国同士のエゴだけではない、ただ犠牲的精神が高い方は士気があるのはウクライナだったともなる,ロシアにはそれがないとされた、ただ両国が和解できない何かがあったとなる、それを知ることは日本という閉鎖された島国ではわかりにくいのである

posted by 老鶯 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層