2023年04月09日

残る花(今年は桜が早く咲き早く散った)


残る花(今年は桜が早く咲き早く散った)

花吹雪一人この道我は行く田舎なりしも装われにけり
朝からに風の荒らしも桜花あらかた散りて残る花かな
風荒く夕べなお吹き唸るかな今日もこの道残る花見ゆ
夜の更けて残れる花のあわれかな田舎の闇の深くもあるかな
近くとも心離るれば遠きかな春の荒らしや花は散りにき

私の短歌のテーマは桜でもあった、だからかなり桜については短歌を作った、西行も桜の歌を作り続けて死んだ
桜は日本を象徴する花である。桜に日本人の心にもなっている。
桜に日本人は人生をも投影してきたのである。

今日は朝からも風が強かった、ビュービューと唸って吹き付けていた。夕方も風がやまず吹き付けた。
今年の桜は早く咲き早く散った、遠くの桜を見ないうちに近くの桜は散った。リホームで忙しくして見にいけなかったともなる
大河原の千本桜を自転車で見に行ったとき全部すでに散っていたのである。その時なんともいえぬ感慨があった
あれだけの桜をわざわざ遠くから苦労して見に来たのに無情にも全部散っていたからである。
それだけ桜は散るのが早いということである。
ただこれからでも山形とか岩手の方に行けば見れるかもしれないが今年は散るのが早い、だから意外と桜はどこでも咲いていても見れないのである。

ともかく近くても嫌だとなりその女性は男性のもとに行かなくなった、老人であり別に若い時とは違う、それも金の問題だったともなる、人間は心が離れると近くでも遠くなるのである。それもわびしいとはなる。人間の関係も切れやすいのである。
田舎だと闇が深い、だから田舎では静かな生活とかに適合できな人もいる
にぎやかな所を好む人もいるからである

プログだと毎日報告できる、それで俳句とか短歌を出すには向いている、季節が日本だと変わりやすいし天候でも刻々変わっているからである。
別にプログだとこうして一行ですら書いて出せるのが強みでる
そこに臨場感がでてくるのだが読む人はどうしても何日か遅れて読むとなる。ただプログだと日にちが記録されるからあとでふりかえるのにはいいのである。

とにかく桜の短歌を集めて歌集を出したい、それはアマゾンでできる、一冊でも本を作ることができるようになったからである
それでこれまで書いたものが増えすぎたのでまとめる必要があり
そのために時間がかかるのである。

この世に生きることの無常 (老人になると何もいらないとなるーただ死があるだけになる)


この世に生きることの無常

(老人になると何もいらないとなるーただ死があるだけになる)

人間は老人になると否が応でも人間の真実を示される。
それはもう死んでこの世にいなくなるということが冷酷な事実として突きつけられるからである
そして人間とはこの世に存在するのはわずかなときだということを知る。人間が逢うにしても一時のことである。それは別に優れた人だけではない。ありふれた庶民ですら否応なく自覚されるのである。それはもう死ぬということが目の前に来ているからである。そして人生をみんな振り返り何だったのかということを考える。

一般的には現在は金を求めて金のために追われて働いて来た。それが何の為なのかということは問わない。なぜならみんな日々の食を得る為に必死だからである。
だからあとは飲めや歌えやで騒い死ぬことを考えないのである。
でも最後に老人になると死が目の前にありいろいろあっても結局死ぬだけだと自覚させられる。
そして一体人生とは何であったのかとなる。

私の親はいつももう何もいらないといっていた。それは最後にみんなそういう気持ちになる。いろいろなものが欲しいというものがなくなってしまう。それでも実はかなりの金を貯めこんでいて残していたのである。それを自分は知らなかった。
しかしその金も突然認知症になり銀行からおろせなくなったのである。この時ほど驚いたことはない。自分が働き貯めた金がおろせなくなったのである。人間は実際は死ぬまで金にこだわっている。その金もいらないとなっていたのである。
それよりもそんなふうにして貯めた金を銀行からおろせなくなったのである。そしたらなぜ金にこだわり金を求めて働いてきたのかとなる。自分の金が自分のものでなくなってしまったのである。そんなことがあるのかとただ驚くばかりだった。
何もいらないと言うならその金でも自分にでも誰かにでもくれれば良かったと思うのある。

人間は生きている限り金を一番大事なものとして生きている。それは老後でも同じである。でも金を持っていても銀行からおろせなくなったのである。それもあまりにも衝撃的なことだった。
人間の最後は実際はこの世から消えてゆくのだからこの世のものを財産でも金でもあの世に持ってゆくことはできない。この世に財産をたくわえてもあの世に持ってゆくことはできない。そのことでキリストは天に宝を蓄えなさいと言った
なぜなら最後はこの世のものを何も持っていけないからである
この世に巨万の富を積んでもそれをあの世には持っていけない。
この世に積んだ富はさびて腐敗して朽ちる。
文明でも何か偉大なようでもエジプト文明であれ砂に埋もれピラミッドは何なのか結局墓場になる。マヤ文明でも高度なもであった。でもジャングルに埋もれて謎を語るだけである。そこも墓場だったのである。
つまり巨大都市でもその繁栄もやがて墓場と化すかもしれない、そしてそれは謎になるのである。

でもこの世に生きている限りこの世の富に幻惑され執着している
だから大工さんでもいろいろ家のことは心配する、また一般的に他人になると財産を金を心配する。何かその分け前を得たいとかにもなる。
また医者だとその体を心配する。体を見るがその人間の心はみない。宗教とはこの世のもの財産であれその身体であれそれを見るものではない。神は人の心を見ていると言う時そうである。
神は何を見ているのか人の心を見ている。その財産とか金とかではない。でも人間は財産とか金を見ているのである

でも最後には人間をもう何もいらないとなる。ただお金もためてきたがそれもいらないとなったのである。
この世に生きることはすべて一時的なものである。
そして家のことを心配してもその家すらいずれは消失する。そもそもこの世に生きるのはわずかの時でありだからこそ一時的に泊まる宿に過ぎない寄留者にすぎないとなる
この世にいくら執着しようともみんないずれは死んでゆく。
そしてあの世に何も持ってゆくこともできないのである。

要するに人間はそもそも何も持てないのである。ただ一時的に神に与えられたものを利用しているだけである。借りて利用しているのである。人間はそもそも何も所有できないのである。すべては神のものであり神から与えられたものである。

「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。主が与え、主が取られたのだ。主のみ名はほむべきかな」ヨブ記

まさにこれである。
そして人はこのように一時的に仮の宿に泊まってやがては旅立ち去ってゆくだけである。それが老人になると否応なく自覚させられるのである。
でも老人になった自覚させられても死のことを突き付けられてもそれを解決できない、それで若きうちに神を知れという教えがいかに重要なことかを知る
なぜなら若い時こそ飲めや歌いやであり死のことなど無視しているからである。カルト教団でも全くこの世のことしか関心がない、この世の欲に返って他の人より執着して追求している
だからそれがどうして宗教なのか全く理解できないのである。