2023年10月31日

学歴コンプレックスの異常さ 【大学を出ない人は大学を異常に誇大化している】


学歴コンプレックスの異常さ

【大学を出ない人は大学を異常に誇大化している】


バブル期に有名国立大学を卒業、一流と呼ばれる企業に就職した「かつては自慢だった息子(56歳)」と暮らす及川清子さん(仮名・84歳)の場合。息子さんが人生につまづいたきっかけは「学歴コンプレックスの上司によるパワハラ」だった。

 「入社当時から目をつけられていたようで、二言目には『●●大卒のくせに』とか『●●大卒だもんな』などと因縁をつけられていたようです

私が死んだら息子はどうなるの…解決しない「8050問題」のあまりに辛いリアル

そもそも大学を出ていない人は大学がどういう場所だか大学は何なのかわからないのである。何か大学というだけで偉いというふうに見ているのかもしれない。そして何度も理系と文系のことをわかりやすく説明しても同じ大学なのかと見ているのかもしれない。つまり大学というところはどういうところなのか理解できないのである。

そして高校出の人はとにかく大学出た人に対してコンプレックスを持っている。大学でもいろいろあるのピンからキリまである。私自身は三流の文系大学を出ていて何の勉強もしていない。だから文系大学のことはある程度理解する。文系にはそれほど差がないようにも見えるのである。ただ私は理系となれば評価している。私自身が化学式とかそういうものが苦手でありそういうことを知り得る人は特別な人がこと見ているからである。

でも文系となると何かそこに大きな差はない。だから文系の一流大学でも優れた人と思えないのである。そして文系は独学できるのである。本を読めばいいのである実験などしなくてもいいからである。私自身こうして色々書いているとしても殆ど独学であり大学を卒業してから興味を持ったものはあり勉強したことを書いているのである。

なぜ学歴コンプレックスが起きてくるのか。それは大学が出てない人が大学のことがわからないからである。文系だとそこが遊びの場だということも理解できない。だからなぜここでその上司が学歴コンプレックスになっていたのかよくわからない。その部下が一流大卒だったから余計にそうなった。でもそういう会社で上司が学歴コンプレックスになっていることが理解できない。
とにかく人間は何かしら劣等感を持っている。その劣等感も大学学歴コンプレックスというとき大学という名前だけなのにその名前に幻惑されてコンプレックスを持っているのである。三流文系大学の場合私など大学で何も学んでいない。むしろ職人として体力であれ植木職人であれその技を身につけた人の方が自分自身でわ優れていると思っているのである。
第一大学は出たからといってその人は何ができるのかもし私は大学の建築学部学部などが出て設計などができれば別である。それで大工さんでも一目置くということがありうる。でもそうでなければ何コンプレックスを持つのか理解できないのである。ただ大学という名前に幻惑されているだけなのである。

とにかく人間は何かしらコンプレックスを持つ。絵が上手い人を見れば羨ましい歌がうまい人がいればそれも羨ましいとなりまた体力でもある人は羨ましいとなる。人間はみんな何か不足しているのである。才能にしても極一部のことであり職人であれその才能もれっきとした才能でありそういうことができることは羨ましいとなるのである。そんなこと比べていたらこの世の中キリがない。

でもこの劣等感の怖さはこの上司が学歴コンプレックスを持っていたように相手を別に学歴が高いからといってイジメていたことなのである。ここに大きな問題がある。例えばヒットラーは画家になりたかった。その才能もあったが実らず政治家になってしまったのである。そして抽象画などは絵ではではないとして禁止したりしたのである。
このように劣等感というのは誰にでもありでもそれが極端になると恐ろしいものとなる。例えば創価の池田大作は大学が出ていないとかコンプレックスを持っていた。なぜならその部下が東大とか出ていた人が結構いたからである。それでコンプレックスを持ったのでそのために世界中の大学に金をばらまいて名誉博士をの称号を手に入れた。それが何十もであり異常な執念をもってそれを手に入れた。一応富士短期大学卒はなっていた。なぜそれほど学歴にこだわったのか?それはおそらく戦前とかなると大学は特別な所であり社会のエリートだったからである。
戦後は大学も大衆化したのである。

そもそもそんな劣等感を持つ必要もなかったのである。それなり文才もあり詩を書いたりまた政治的才能もありだからこそ会長にまでもなったのである。でもなぜか学歴コンプレックスに陥っていた。それはやはり大学というものはどういうところかわからないから過大に評価していたのだと思う。ほかの人でも大学を出ない人は大学はどういうところかわからないからかえって何か幻想を抱いているのだと思う。

確かに東大とか出ていれば劣等感を持つのもあり得る。でもそのほかそんなに劣等感を持って持つって相手ではない。社会に出ればわかるわ多様な才能の人はいくらでもいる。学歴とは所詮学校で学んだこと受験技術に優れたことでいい大学に入ったというだけかもしれない。要領は良いということもことがあるかもしれない。何か私が反省すれば学び方というのは問題だったのである。自分なりに興味を持ち探求する心があればおのずと勉強する受験のために強制されて勉強するのは勉強ではない。だから学問とは学び学ぶまるなのだがとうということがまた重要なのである。この世には様々な疑問がありその謎を解いていくことが学問なのである。だから学問は受験のためなのではないさまざまな自然現象とか社会のことを知るためでありそれは数限りなくどんなところにもある

大学で評価できるのは医者とか理系なら専門職業として就職できる。とても文系はそうゆう明確な知識を大学で身に着けていないのである。だからどうしても文系はたとえ一流でも大して差がないとみるのである。それで文系大学はいらないというのも理解できるのである。文系は独学できるからである。第一大学に行っても授業に出なくてもいいということが不思議だった。大学教授でも授業に出ないのである。休講というのは結構多いのである。大学の先生の仕事は研究であり学生に教えることでわなかったのである。だからゼミの教授と1 2回あったのあとは何も教えられてもいないだから奇妙だけでも私は大学の教授になりたかった。授業もするわけでもないただ自由な時間は与えられている身分なのかと見たからである。

結局人間はどんな人でも劣等感をもたない人はいない、なぜなら何かしら必ず欠けているからである。確かに頭がいいとしても体力がないとかがあり劣等感を持つ、あらゆることに優れた人などいないのである。要するに何か優れているというよりいろいろな色があり色が違うということである。花ならばみんな個性があり色も違っている。でもフラワーアレンジメントするときどんな花も必ず争うことなく調和するのである。人間にはそいうことがないのである。俺はお前より優れているとなり優劣を競っている
それが度を越していて危険なものにもなる。そして遂にヒットラーのように度を越したものになり一番偉いのは俺であれ従いとなる。そういう人が組織団体のトップななり人々を従い奴隷のようにされ崇めさせるようになるから怖いのである。
いずれにしろ人間は調和しない、常に争い競い熾烈な地位争いもあり平和そもそも戦争状態ではなくても人間界にはないのである。そこに絶望がある。この世から人間から劣等感をなくすことができないこと絶望なのである。






posted by 天華 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育心理学など