2014年07月11日

津波被害者と原発被害者が一緒になる混乱 (一番かわいそうな津波被害者は隠される)


 
津波被害者と原発被害者が一緒になる混乱

(一番かわいそうな津波被害者は隠される)

今回の津波から原発事故の被害では津波被害と原発被害者が同時に起こり混乱した。
今でもその混乱状態はつづいている。
仮設でも津波被害者と原発被害者が一緒に住んでいる
それで補償金などで反目しあっている
宮城県とか相馬市などだと津波被害であり原発事故の被害者にはならない
その代わり補償金ももらっていないので不満がある
南相馬市を例にすると

津波被害者と原発被害で避難生活(小高)

小高の人にも津波被害者はかなりいる。それと同時に避難区域になったので避難生活をしている。
ところが津波被害者と原発事故の被害者は別なものなのだが一緒になってしまった。
小高でも津波被害者がそれなりにいるが一万二千くらいの人口があり津波被害者は一割くらいかもしれない、あとの人は家もあるし家族も普通にある。
一方津波被害者は家を流されたり半壊になったり家族を失った人たちもいる。

自分が「小高の人は帰れ」と言ったとき、津波被害者と原発被害者を一緒にしていたのである。津波被害者は家も流されたりしている人がいるのだから帰れないということがある一方で原発被害者は家も土地もあるのだから警戒区域は解除されたのだから帰れと言ったなぜならただ補償金をもらうために仮設で遊んでいるかだけだからである。
そして南相馬市全体で考える時、南相馬市で土地を供給して住まわせることに限度がある土地不足が深刻なのである。だから小高区の土地を活かしたいということがある。
必ず仮設の人が土地がないかとたずねるからである。
一部復興住宅も小高に建てているのはそのためである。
南相馬市全体で考えれば小高を無人化できないのである。

津波被害者と原発被害者は一緒になった結果、混乱している。
原発被害者は別に家族を失ったりしていない、警戒区域では家には住めなくなったが
小高では住めるようになっている。
原発事故では避難するに当たって関連死があったから家族が死なないというわけではないただ津波の被害者は死んだのとはまたそれとは違っている。
かわいそうだというときどうしても津波の被害者には言える。
でもそれが原発事故の被害者になると全部がそうとはならない
土地も家もあり家族も死なない、仮設で狭い暮らしが不便だけど補償金がたんまり入ってくるからかえっいいという状態の人もいるのだ。
だからそういう人を全部かわいそうだとするのには問題がある。
何か何でもみんなかわいそうだとなって外の人も応援した。
実際はその被害が二十三重になりこの辺は複雑なのである。

津波の被害者でも船主とか漁業組合員は今度は東電から多額の補償金をもらいつづけられる。でも同じ海岸にそって住んでいても漁業にたずさわらない人はもらえないのである。これまた不公平があり不満がある。ただ津波の被害には同情される。
結局津波被害者が多数の原発被害者のために少数者のようになってしまっている
仮設でも原発被害者が多いから外から来ても津波被害者との区別はできないのである。
かわいそめうだというとき津波被害者が優先されるべきだった。
その人たちは家も土地も家族も失っているからである。
ただいっしょくたくに津波被害者も原発被害者もされてしまったのである。

イワキでは双葉とか大熊とか原発事故の避難者が多額の補償金もらっているのに俺たちはもらえないと不満になっているのもわかる。
津波の被害者の方がかわいそうなの人たちなのである。
それが原発事故の被害者や避難者があまりに多いのでその声がかき消されてしまったのである。
鹿島区でも津波の被害者が同じ仮設に入っているが小高の人は原発事故で補償金をたんまりもらっているが俺たちはもらえいないという不満があるのもわかる。
かわいそうだというとき津波の被害者の方だからである。
南相馬市はそうういことでも何か混乱状態がつづいているのである。

南相馬市の行政ではこうした全体を視野に入れて補償金問題にあたらねばならなかった。でも何もできなかった。だから互いに反目しあいばらばらになっている。
ただ住民も小高は小高、原町は原町、鹿島は鹿島と共同性がない。
結局合併したのはいいものの前の合併前の状態にもどってしまったのである。
ただ南相馬市となったのだから今こそ南相馬市としての全体の構成と統一を計らねばならない。それは行政でも市民でもそうした意志をもたねばならない。
でも個々人の欲望が先でありそんな南相馬市の全体のために犠牲になれと言ったり指示に違うこともないだろう。
だからこそ若い人はこんな都市は嫌だと流失しているだけなのである。

前にも書いたようにそもそも日本ではそんな市民意識が育っていないだろう。
ただ村意識が基盤になり市民意識となるとない
ただ南相馬市となった以上、合併したのは市民としての南相馬市を作ってゆくということにあった。ただ一緒になるのではない、そういう意義もあった。
だから南相馬市全体を視野に入れるということが必要となる。
だから小高の人は損したようでも南相馬市の一員なのだからイワキのように双葉や大熊の人たちが露骨に責められることはないのである。
そうならやはり自分たちは補償金をもらえばいい、南相馬市のことなどどうでもいいとはならない、現実に小高は住みにくくなってもやはり南相馬市であり行政でも予算をそこにつぎこむし南相馬市として活かさねばならないからである。
こういう緊急事態に南相馬市民とてし協力しあえればそれなりに南相馬市が合併した意義があり将来の市のアイディティティもつくられてゆく、ただ現実はかえってばらばらになってしまっていることが問題なのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101593443
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック