2014年12月16日

年の瀬ー雪ー冬の雨 (盆栽が目立つ仮設住まいも四年にもなる)


年の瀬ー雪ー冬の雨

 
(盆栽が目立つ仮設住まいも四年にもなる)

bonnsaiii1234.jpg

bonnsaiii123.jpg


枯菊や盆栽の木の根露かな
盆栽の手入れの人や年の暮
盆栽や仮設に四年冬の雨
盆栽の根元に雪や手入れかな
年の瀬やカラスに肉を食われけり
年の瀬や一軒また急ぎ建つ
寒雀三羽やみな一人者
冬の雨今日も買い物介護かな
冬の雨老いて作れる畑かな
葉牡丹に実る野菜や雪の朝
今朝の雪新し石に映えにけり

それぞれに盆栽見ればその形様々なれや冬の日暮れぬ
仮設住みはや四年にもなり盆栽のここに見につつ年も暮れなむ

habotannnn11111.jpg

snowstoneee111.jpg


プログはその時々を書くのに向いている。こういうメデアはもてなかった。
俳句とか短歌だと毎日変化を書けるから向いていたのだ。
もう原発事故から四年にも来年はなる。仮設に住む人も長いと思う。
仮設の前に盆栽を並べている所がある。あればどうしても日々往き来すると見る。
あの盆栽は相当に価値があるだろう。
一つ一つを見ると良くできているなと思う。みんな違っていて個性がある。
盆栽に興味がなくても毎日あのように見ていると人間は自ずと興味を持つようになるのも不思議である。
盆栽が外国で人気だというのもわかる。ただ盆栽作りは相当にめんどうだから誰でもできるわけではない。日本人の感覚として庭でもそうだが盆栽でもミニチュア化するのが得意であり文化なのだろう。大陸のような広さではまず盆栽というものが生まれようがないからだ。茶室にしてもそうである。
なんかあのような長屋のような仮設に向いているということを発見した。
日本には長屋文化というものがあったからである。
今日は朝わずかに雪が降った。盆栽を手入れしていた。

ただもう四年にもなると仮設もそろそろ終わってもいいとなる。
仮設は一人くらい風流の人が住んでいるならいいがあんなに多いと回りから見ても嫌になる。
だから新しく建った家はんの前に松一本が立ち朝日が海の方から昇るとき、新しい生活がはじまったなとなる。それでも新しい家を建てた人は少ないだろう。
だから仮設すまいの人はその後どうなるのか?
小高に帰らない人はどうなるのか、そういう問題が切迫してくることは確かである。
やっぱり田舎では家と田畑があり資産をもっているのが安定している。
だがこの家に金がかかる、家を維持するのに金がかかる、リホームしたりするとさらに金がかかるし古くなるといたんでくる。
家というのは資産でありこの資産を維持するのに金がかかるのである。
田舎で普通に暮らすにはある程度の資産がないとできない
田舎でアパート暮らしなどは向いていないしみじめである。

ともかくこの辺の仮設で印象に残ったのはあの盆栽が並んでいる風景だった。
今日は雪が朝ふった。でもすぐにやんだ。それから冬の雨になった。
人間はどうしも同じ境遇の人が集まりやすい、男性も女性も独り者だと集まる。
男性で困るのは家事のこと特に料理がわからないことなのだ。
簡単なことがわからないのである。家事にも年季か必要なのである。

今年は結構寒いのか年もおしつまった。
コンビニに自転車とめて二回カラスに食われた。カラスは抜け目がない、常にねらっていたのである。人間もぬけめがない、油断もできない、田舎ももう今は信用できない。
はっきり言って人間の方がどれほど怖いかわからない、カラスの盗み食うのは知れてい人間だと財産を奪われてしまう、そういう経験したから本当に人間は怖い、あまりにも警戒しなさすぎだった。
とにかく年の瀬になったなと思う。今年も終わりだが今年も家事に追われたかたづけに追われた一年だった。未だに家がかたづけられない、本のかたづけが一番の問題なのである本は物のように捨てられないのが困るのである。本は中味の書かれたものが大事である。それを捨てるわけにはいかないから捨てられない。時々また読み返したりしているからである。でも本も増えるともう読みきれないし利用できないし整理できない。
通販でまた本を買うことが増えたのである。通販でいろいろ必要になり毎日のようにアマゾンで買っている。
やはり何か書くにはそれなりの本かそろっている必要があるのだ。


今年は一回しか仙台に行かないし近くでもほとんど原町相馬市しか行っていない。
家で過ごすことがほとんどである。そうなると家が居心地いいようにしたいとなる。
介護もしているとなるとなかなかその余裕がない
ただ老後はもし家にいる時間がこんなに長くなると住み心地がいいようにしたくなる。
そういうことは自分の家は広いからできる。ただ家が広いと掃除だけでも手間であり
毎日家の中をめぐっているだけで時間が過ぎるものだと思った。
冬は特に冬ごもりになるから余計に外に出ないからそうなるのである。



タグ:盆栽 年の瀬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106762752
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック