2014年12月23日

原発事故は神からの罰(詩) (過去の貧しさも忘れることの危険)



原発事故は神からの罰(詩)


(過去の貧しさも忘れることの危険)


人間はいつしか過去を忘れる
過去にどんな暮らしをしていたか
その貧しさも忘れる
醤油も使わない
味噌も満足に使えない
そんな生活がありえるのか
醤油や味噌や塩や砂糖はあまり捨てる
しかしそれらは貴重なもの
その貧しさはもう想像すらできない
しかし確かにそうして生きてきた人達がいた
ランプの灯で過ごして時
その前は蝋燭である
燃料は山でとれる薪であり
一本一本大事に燃やしていたろう
なんでもあまり捨てるものはない
江戸時代は蝋燭の燃えかすを拾う職の人もいた
その時すべてがもったいないとなる
今電気は煌々と照らし夜中も明るい
エアコンやらすべて電気をふんだんに使う
もう百倍のエネルギーを使っているだろう
もっと電気をもっと便利にもっとうまいものを
もっといい新車をもっといい家をもっともっと
その欲望は限りなくとどめることができない
原子力発電もいいじゃないか
景気が良くなり金がもらえるんだよ
危険なことはない政府のオスミつきなんだよ
電気はいくらあってもたりないんだよ
電気がなければもう何もできない
金もいくらあってもたりないんだよ
この世の中金なんだよ
金があればなんでも手に入れられる
今の世の中金がなかったら誰も相手にしないよ
しかしその富がどこから来たのか
天からふってきたのか
労せずして富が得られるのか
紙幣をすって富が得られるのか
あらゆるものを買って捨てる生活
もったいないという言葉もすたれた
大量生産大量消費の生活
そんなことをしていて地球が許してくれのか
森すら消失して環境が破壊されている
そして人間は過去を忘れたとき災いが来る
災害は忘れたころにやってくる
人々は津浪のことを400年過ぎて忘れていた
そして大津浪がやってきて大被害にあった
人々は飢饉があったことなども忘れている
食料がなくなるなど考えない
しかし飢饉もまた食料不足も来るかもしれない
人々は戦争の悲惨さをいつしか忘れる
その時戦争をまたくりかえすかもしれない
人間は同じ不幸のカルマをくりかえす
過去を忘れ再びカルマが襲う
自然災害でも人災も過去にあったことがまた起こる
昔の貧しい時代がもどってくる
ものがたりない、ものはもうない
貧しい時代にもどりものを大切にするようになる
もう限りない欲望は充たせない
人間の限りない欲望は神から拒否される
原発事故で故郷が消失したように
それは神からの罰だった
限りない欲を求めて故郷に住めなくなった
限りなく人間の欲望を充たすことを神は許さない
原発事故は神が下した罰だった
現代の文明に下した罰だった
そして文明は崩壊して元の原野になった
そこには誰も住めない・・・・・・
放射能の毒は二万年消えない・・・・


人間と過去にあったことを忘れやすい、醤油や味噌も満足に使えないということが想像すらできない、そんなもの今は一番安い、ありあまっている、食料でも捨てている。
ただそういう昔の生活を忘れるとき今回のように原発事故か起きて故郷にも住めなくなるような罰を受けたのである。
個々人でもみんなブラックだというとき、なぜこんなにみんな欲望が強くなったのかということである。
欲望はきりがないのである。金でも常に増えることを願う、人間の心理として一億円あったとしてももっとふやしたい、増えると消費も増えるのである。
ただそうした消費社会がいいのかとなると疑問である。
それは明らかに自然に反しているし自然破壊にも通じているしそれが神から自然から復讐されるのである。

原発事故はやはりそうした人間の限りない欲望から生まれたのである。
それは個々人の欲望も原因になっていた。
一人一人を見てもなぜこんなに欲望が深いのかとなる。
多額の借金までして贅沢をしようとしているのが現代である。
昔の貧しい生活からするとその差が大きすぎるのである
それを象徴していたのが醤油や味噌を満足に使えない貧乏だったのである。
醤油をご飯にまぜて食べる話を聞いたけど醤油は贅沢でありご飯にまぜるだけでうまいものとなっていたのである。醤油ご飯は贅沢だった。
ご飯と梅干しの食生活であり味噌汁さえ毎日のようにはとれない
味噌が高いとなればそうなる。

戦後十年は卵も食えなかった。高度成長化したときまるで社会が変わってしまったのである。
人間は過去を忘れるときそれが再び災いとなって襲ってくる。
自然災害でも災害は忘れたころにやってくるとなる。
人間は過去を忘れやすいのである。
そしてその忘れた過去が再び再現される、カルマが再現される
津浪も忘れていたから襲ってきた、飢饉もないというけど食料不足がやってくるかもしれない、戦争だって人災だけどこれも忘れているとまた戦争が起きる

なぜなら人間は食料不足になって食料のありがたさを身にしみてしる
戦争があって平和のありがたさをしるからである。
人間の歴史上に起きたことがカルマのように再現される
原発事故もすでにギリシャ神話で予言されていた
プロメテウスが神から火を盗んだとき過酷な刑罰を受けたのである。
その火とは今では原子力だったのである。
現実にその刑罰を受けたのがこの辺だったとなる


タグ:原発事故
posted by 老鶯 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107991858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック