2015年03月12日

春の朝(海老浜は津波の後に見晴らしが良くなった)


春の朝(海老浜は津波の後に見晴らしが良くなった)

doveeee123.jpg

tubakipppppppp123.jpg

パノラマ写真ークリック拡大


海広く朝鳴きあいぬ雲雀かな
春の朝山鳩二羽や平和かな
イヌフグリ津波の跡の海老の浜

海向かい観音様や朝日さし供養の碑かな鶯の鳴く
椿咲き海広ろかに見渡して津波の跡の海老の浜かな
海老の浜津波の跡に春の霜我が踏みにつつ残る松かな
三十人ここに死ぬとて春の霜津波のよする跡凄まじき
広々と海広がりて阿武隈の奥に雪の嶺春の朝かな

今日は昨日よりあたたかい、それでも春の霜でありまだ寒さはあった。
海老の浜は津波で家がなくなり見晴らしが良くなった。
今までにない景観になった。
松原もないから海か広く見えるようになった。
海老はもともと高い所にあったから見晴らしがいい。
でもこんなふうに広々と見えなかったのである。
家がないとこんなに景観が変わるものかと思った。

椿が咲いていてそこに海が広々として見える、あれは自生の藪椿である
景観的にはいいからあそこを海浜公園にすればそれなりに観光地になる
いづれはあのままにしておくことはできないから公園化するほかないだろう。
見晴らしがいいから気持ちいい
そういうとここで死んだ人を思わないのか死んだ人からするとまだ受け入れがたいだろうでもいつまでもそのままにしておくわけにはいかないだろう。
海老浜は烏崎より公園化しやすい、烏崎は火力発電所で景観が悪くなったからあそこは魅力がない、海老浜は前より景観的に良くなっているのだ。

防潮堤を高くして海が見えなくなるということで問題になった。
確かに海が見えないと海側に住んでいる魅力がなくなる
観光に来てもつまらないとなる
松原はなくなったのだが景観的にはまた違ったものとして魅力がでてきた
海が広く見えて阿武隈山脈が見える。
蔵王連峰も右田の方から見えたのである。

津波で景観が変わったのでそのことをずっと報告してきた。
椿は家並みに隠されて見えなかったのである。
意外は家が見晴らしを悪くしていることに気づいた。
何か家がなくなるとこんなに見晴らしが良くなると思わなかった。
家といってもあそこはビルなともないからである。
都会で景観を悪くしているのは家が密集してビルが建て込んでいるからである。
ビルがなくなり家も少なくなると見晴らしが良くなる
江戸時代は東京でもビルもないから富士山が見えて見晴らしが良かったのである。


タグ:海老浜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115008086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック