2015年12月24日

10年間の自分の介護をふりかえる (介護は家々によって事情が違う)


10年間の自分の介護をふりかえる

(介護は家々によって事情が違うから複雑)



介護が楽だった原因

●自力で起きて食べていた

●オムツせずに自力でトイレに行っていた(死ぬ直前まで)

●認知症でも騒ぐことがなかった

介護が苦しかった原因

●自分一人しか介護する人がいなかった

●他者の助けがほとんどなかった

●一時自分が病気になった



介護というのはその家々によって親子関係でも夫婦関係でも違っている、一様ではないのだ。人間の不幸はみんな違っているというときここにも現れている。幸福な家庭はみな同じだが不幸な家庭はみんな違っているのである。
だから介護の事件でも一様に数式や統計のように見ることはできない
人間はそもそも数式化したり統計化したりできない存在なのである。
個々の事情があり家族の事情がありともかく人間ほど複雑なものないのである。
ただ共通していることはある。自分の経験でも二人を介護で見るとき限界がくる
その時普通に親戚の助けがなかった近くの嫁が殺人になった。
それは夫が病気になり義理の母と二人を一人で介護しなければならなくなったからである自分も一時そうなることを恐れていたが一人は早く死んだのでならなかった。


そのことを考えるとつくづくぎりぎりで助かったなとふりかえる、その原因を母が死んでから理解した。それは母が92-3才でもまだ頭がしっかりしていて買い物もできたし一人で生活できたことにあった。
事情があって家が二つになってしまったが母が自力でまだ生活できていたことだった。
なかなか92才とかなるとできない、そしてもう一人が早く死んだことで救われた。
なぜなら母は姉が死んだあとすぐやはり認知症になりわからなくなったからである。
つまり早く姉が死んで母がその時自力で生活できたから二人でも自分はなんとかやれた。だから今になると母のことには不満でも母によって助けられたなとつくづく思う。
それが母には介護でも五年間くらい尽くした。
その介護にしても他の人と比べると楽だったのである。
ただ自分は男であ家事もできないし生来なにかずぼらであり社会性もないから苦しんだ。

母の介護が楽な方だったというときまず母は自分で起きて食べていた。それからトイレにも行っていたし家での最後でも水だけしか8日間くらいしか飲まなかったときでもポータブルトイレでしていた。だからオムツをしないということも介護される人にとっても介護する人にとっても楽なことなのである。
オムツになると本人も楽ではない精神的にかなり落ち込むのである。
そういう経験が病気になり自分もなったからわかっている
それで最後の一カ月くらい管で小便をとるときそのことが理解できず毎日のように病院で騒いでいたのである。そのことからもいかに管で小便をとることが嫌なものかわかる
認知症になっているから理解できないから余計にそうなった。


介護というのは自分でベッドでも起きて食べている、トイレを自力でしている、この二つができれば楽な方になる、脳出血の人が多いがこの介護がひどいのは三食食べさせることが手間になるのである。
それで病院では人手が足りないので家族にしてくださいとしている人がいる。
そのことを自分は恐れていた。三食食べさせることはかなりの手間であり他のことはできなくなると思っていたからである。
それがなくてすんだのでふりかえれば母の介護は他の人と比べて楽だったなふりかえる
それは母ががんばってくれたからだとも思うようになった。


そして今になると姉も早く死んだのでそのことでも助かった。
自分は特別二人には良くしてもらったので介護もしたので孝行できたなと終わってみれば満足している。なぜなら何もしてやらなっかたら自分はかなり後悔していたろう
これだけ良くしてもらって何もしなかったら自分自身に対して責めるようになった。
それなく自分も良くしてもらったけど恩返しできたなと満足して墓参りして供養もできるそして思い出も残り後味悪いものとはならなかった。
介護でも殺人とかなったら一生悔やまれるだろう、そこに介護のむずかしさがある。
ただ個々でも家庭でも親子関係でも夫婦関係でもみんな違っているから一様に考えられないのが介護問題なのである。


介護では自分の場合はほとんど他者の助けはなかった。それよりその弱みにつけ込まれて責められたのである。
介護は自分だけではない、なにか一人にまかせられるのが多いのである。
その助けがないことは事件がこれからも多発する原因なのである。
だから在宅介護しろといってもそういう余裕がない家族になったとき施設の方がいいというのもわかる。
家で介護するということは人手と金が必要になる。どちらも欠けてはできない、金だけでもできない、介護は二人だと楽になる、代わって交代でできるからである。
そして家で介護するにしても手伝ってもらうにもよほど親密な関係の人でないとできない10年とかその家で働いているとかなにかそういう人でないと家で働くことはむずかしい
特に今の時代はそういう関係を作ることはむずかしい


それで金がないから新聞配達して稼いで三食食べさせているとかなると辛いだろうなとつくづくみる。
もうすべてが介護に労力が費やされる、他はなにもできない、息抜きすらできないとなる介護の間は実際にのんびり遠くへの外出もできなかった。
常に一人しかいないから心配になるからである。二人いればこういうことはなかった。
そういう家庭が増えるときますます介護の事件は増えてくる
介護は楽に見えても負担が大きいのである。
そして介護を経験した人は介護をやりたくない、介護から離れたい気分になる
その時期が長いからそうなる、自分は介護をした、今度は他の人が苦しむ番だとも思ってしまう。もし助けられたならそういうことはない、たいがい親戚すら助けないからである十年とか二十年とか介護したらもう介護にかかわりたくなくなるのは自然な感情なのである。
ただ介護した人は介護する人の苦しさはわかる、経験ない人は何でも他人の苦しみはわからないのである。

タグ:介護の事件
この記事へのコメント
13年、家で仕事をしながら一人で母親を介護しました。その間、母から学ぶことに、徹底して努めました。それが母親と自分をなんとか支え続けることができた理由です。
Posted by あん at 2016年02月24日 19:35

あん様へ

13年間は長いですね
ご苦労さまでした

介護で母から学んだことがあるということは
介護する人もされる人も無益だとはならなかった

自分も今では二人を介護したけど
ふりかえり親孝行できて良かったと思う
自分は特に良くされたのでその恩返しが
できたということで満足している
何もしてやれなかった後悔していたろう
介護しているときは嫌だと思っていても
死んでみるとまた人間は気持が変わる
みんなそれでもっと良くしてやれば良かったとかなる

それにしても13年間は長いですね
介護の問題は長さにあった
自分は10年だけど実際は一人は二年半であっけなく死んだしもう一人は五年だった
それも終わってみれば短いともなる

ともかく介護の問題は長いことにある
もし50代とかで仕事もやめることになったりすると辛いことになる
それぞれの条件が違いますから

自分にはそういうことはなかった。
経済的には余裕があった
一人だったことが苦しかった
介護の問題は金だけでも解決しない
それぞれの家庭の事情があるし
親子の関係も違っていますから

ともかく13年間ごくろうさまでした
そういう人が他にもいますから
介護が終わるともう介護にかかわりたくない
という人も結構いる
自分にとっては自由がない、毎日拘束されたことがつらかったです

小林


Posted by 小林 at 2016年02月26日 09:56
「自分にとって自由がない、毎日拘束されたことがつらかった」この思いからどうやって自分を解放できるか考えました。
そして寝たきりの母親のすべてを解かろうとしたのです。
母とは何か、歳を取るとは何か、病とは何か、介護とは何か、生―死とは何か、もう無限に考えることがあり、13年間では足りませんでした。
今も考えつづけています。
Posted by あん at 2016年03月04日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170501245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック