2007年04月12日

春の海(海岸線に沿いて)

yonomosaku.jpg

seaharusa.jpg
springtide1.jpg

ukeharu.jpg

jizouyamasa1.jpg

samrintuba1.jpg

そちこちに鳥の羽ばたき朝桜

余が森(夜ノ森)と相馬藩主や春の暮

桜見ず昨日死ぬ人におくやみを

老杉の残滓を留め落椿

真新し今朝三輪の落椿

背の青きイソヒヨドリや春の海

沖に船見慣れぬ鳥や春の海

春の海はじめて来る請戸港

I am at UKEDU port for the first time
and look forth the spring sea

春の日や鵜の飛びわたり請戸港

春潮や鴎百羽の群れ騒ぐ

春草や街道来たりて高瀬川

山桜ひそか散りにきこの道を行く人まれに地蔵祈りぬ



夜ノ森の桜並木はそれほどでなかった。木が小さいからあまり見映えしない。でもそれなりに桜並木がつづいているから一度くらいは見てもいい、写真で見た方が美しく見えることがある。実際に見たらきか小さいからそれほどの桜ではなかった。写真はやはり錯覚を作り出しているのだ。桜を見ず死んでしまった人がいたのには驚いた。その人とは顔合わせたことが何度もあったからだ。それが突然消えてしまうことが死の驚きである。そして自分もいつか消えてしまっているのだ。ただ自分は死なないと思っているのが人間なのである。

rousugiyaku.jpg

焼けた老杉があった。なんとか消火しようと努力した旨が書かれてあった。この焼け跡がまだ生々しいからこれは一つの最後の老杉のドラマだった。そしてこの焼けた老杉が認知症の人に見えたのである。まだこれだけ虚ろになってもその跡を生々しく残しているからだ。認知症も過去だけは鮮明に覚えていて最後までなおこんな焼けた老杉でも樹齢二百年くらいの老杉の貫祿は残しているのだ。

背が青いのは間違いなくイソヒヨドリだった。これは望遠鏡で見たから間違いないしインタ−ネットにもでていた。それから黒い帽子をかぶったような鳥もみかけたがこれはわからない、ここは熊川を下ったところだった。

大熊町から双葉に向かった。新山とかを通り浪江に旧街道を行った。高瀬川に出て浪江から請戸港に行った。請戸港に行ったのははじめてだった。近くでも行かないところはあった。たいがい今までは遠く行っていたから身近なところを行っていなかったのだ。

今日は快晴で海も回ったし気持ちのいい日だった。やはり春が日本では一番気持ちいいときである。BD1は軽快に走った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17459204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック