2007年09月22日

地名は実益からつけられた


地名は実益からつけられた
http://musubu.jp/somagappeijiji.htm#jitueki

 
地名はまずそこに住む人によって必要なものとしてつけられた。だから方角地名だけでも意味があった。私の住む所でも上町と下町があり下町は土地がかなり低い、それで私の住んでいるところが洪水で二度も被害を受けた。一番土地が低いところだったからだ。それが新しく変わった地名はそうした土地の事情とは何の関係もないものだった。下町とい住所はもともとなかったにしろ上町と下町に分かれていたのはそれなりに意味があったのだ。こういうことはどこにでもある。その土地に住む人にとってカミとシモというだけでどの辺に住んでいるかわかるからだ。
 
陸奥の真野の草原(かやはら)も萱がなびいている美しい場所だから憧れたというものではなかった。これは歴史的地名でありそんな名前を地名にはつけないのである。全国で美里という名前をつけたのは最悪だった。その土地の人にとっても他から見てもまた美里かとなる。美しい国というのと同じである。美しい国という言葉より実益から名づけられたのが地名だからである。
 
これは本サイトの連続して書いてきた「地名談義」に書いた。ここは一番アクセスがある。毎日10くらいあることは他にない、それがすでに3、4年くらいつづいているからだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17459766
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック