2016年06月21日

自転車屋のことなど (それぞれの人生でふりかえるもの)


自転車屋のことなど


(それぞれの人生でふりかえるもの)


話を聞いておきながらネット通販で買われてしまうのは、 
その差額に見合うだけの話をできなかったから、かもしれないよ。 
ちゃんと説明したつもりでも、 
事前にネットで予習された内容と同じだったら価値ゼロですから。

しかし貧乏人相手に売り上げ作るのは大変だよ。 
生活必需品の自転車ではなく趣味の自転車に嵌ってる客の方が金離れはいいな。 
ママチャリ買えるくらいのパーツを買ってくれる。


自転車屋には実質的に免許ないに等しく、 
その腕の良し悪しはピンキリなわけで、 
部品のもつマージンを食いつぶす整備を 
やっても、高級品なら客にバレないわけ。 
修理できなくても、 
修理でかえって調子が悪くなっても、 
安物だからといって済ませることが出来るし。


最近の自転車屋の増え方見たら戦国時代みたいですね 
京都ですけど、半径50メートル以内に色んな自転車屋がひしめいてる地域がありますよ 
イオンに、あさひ、地場の自転車チェーンが二つ、昔からやってる自転車屋 
明らかに供給過剰だと思うんですけど、体力ある所はここでちょっとでも勝負しないと生き残れないと踏んでるんでしょうか



自転車はすでに20台くらいのったかもしれない、ヤマハの電動自転車は三台目だから高いのはスポーツタイプは全部のっている。もう一台はハナソニックである。これは毎日買い物に使っている。婦人用の作りであり遠出にいいというがそれもできるがかえって日常の買い物に使えた。スポーツタイプではないからだ。
ロードは8万の一台買ったけどこれは使えないものだった。ロードは高いものと安いものでは相当な差がある。
それがヤマハのYPJ-Rにのってわかった。これ自体がバッテリーなくても相当に高級な自転車に思えた。走りが全然違うからである。
軽く前の倍の速度がでるし乗っていて疲れないからこれは長距離にはいいと思った。
だからこれで遠出をためしてみたい、ただ早いから危険である。スピードは坂ではひかえいた方がいい。
一回頭を売って死ぬような経験をしている。前の歯が三本折れた。それは新しい自転車を買ったばかりのときだったのである。
その事故を起こした場所はいつも走っている普通の場所だったのである。
自転車でもなにか事故はどこで起きるかわからない、危ないところでも起きない時は起きない、意外なところで起きるときは起きる。

自転車屋が駅前にあったのは引き込み線があり荷物を貨物列車で運んでいた時代があった物流が駅中心の時代があった。それで駅前通りがあったのである。
引き込み線というとき、原町紡績に原紡に母が十年勤めていたけどそこの門に引き込み線があった。鉄道輸送が主だかそうなっていたのである。
原町でも駅前通りが繁盛したが今はどこもシャッター通りになってしまった。鹿島で駅前通りができたのは新しいのである。
広い通りがそうであり実は脇に細い道がありそこに商店があった。角屋(すみやーかどや)とかある時は道の角でありそこが場所がいいので繁盛した。
その頃は車がない歩きの社会だったからそうなる。自分の家も店屋だったが道の角にあって場所が良くて一時繁盛した。
かつて繁盛した裏町通りである。裏町にどこでも小さな店があり繁盛していたのである。今や自分の町では店屋があるのかとなる、隣が市だからみんな買い物は車で行くからそんな小さな店は消失した。
なにしろ歩いて買い物するとなる街内でも遠くには行けないのである。
その頃は自転車すら貴重品だった。一生に一台使いいつも丁寧に磨いていたのである。
戦後十年くらいの市町村を再現するといかに変わったか驚く。
ほとんどその記憶となるものすらなく消失しているからである。
ただそこには何か人間的なもの人間臭いものが満ちていたことは確かである。

今自分の街ではもう一軒しか自転車屋が残っていない、その人も病気だとかなるといつやめるかもしれない、今でもやめたらあとが困ると言って原町とかで修理してもらっている人もいる。でも自転車を買ってもらわないとしてくれないとか言われたという。
商売になればみんなそうなる。だから京都では自転車が増えて競争してつぶれているとかなると都会と田舎はそれだけ差がある。
ただ田舎のことを考えるとなぜ自転車がやっていけるのか不思議である。
こんなことを調べるのはネットが向いている、修理がその主な収入だというとき自転車はそれなりのスキルがないとできない、ここの自転車屋はバイクも修理している
田舎だとなんでも屋にならないと商売できない

自転車屋が他の商店とは違い一応まだ成り立っているのはスキルをもっているからである自転車を買っても必ずあとで修理がありパンクもあり世話になる。
だから通販ではあとで困るから自転車は一回買ったがあとは買ってない
つまり自転車屋は街の技術者であり買うだけではすまされないので成り立っている
他の仕事は例えば書店などは今は自分の街には一軒もなくなった。
なぜそうなったのかというとまず書店などはなんのスキルもいらない、売る本が何かもわからない、理解していない、第一商売で売るものを知らないで売れるわけがない
ただ配られたものを売り売れなかったら返せばいいとかなっているのだからなんのスキルもいらなかったのである。何の苦労もないのである。
自分の売る本の説明ができないのだから楽でありこんな商売はなくなっても当然だと思うこれはネット通販とかでとって変わられたのも当然だとなる
ただ物を右から左に運ぶような仕事は機械にとって変わられる、スキルが必要ないからである。

自分はバッテリーを安いものがネットにあったけどこれも住所とか書かなければならないからめんどうでやめた。それより一軒ある自転車に世話になるので買うことにした。
その自転車でもなくなること自分が困るからである。
そしてネット通販にも疑問がある。そこでは誰がもうけいてるのか?
東京に拠点があるのが普通であり地方には金が回らないとなればますます地方は衰退するすると地方に住んでいる自分でもみんな困るのである。
ただそうはいってもやはり何かメリットがなければ商売は成り立たない、地方でも田舎でも自転車屋でもスキルがありサービスが受けられるということで商売が成り立つ
ただあらゆるものが全国ではない、グローバルな競争を強いられるとき何か特徴がないものは消失する。味噌だっていろいろな味噌があり地元で作っていても自分はいちいち出汁(だし)を入れるのがめんどうでしていない、なぜなら家事に追われているからである。
だから自分は家事をするというとき何を買うかであり料理することではないのである。
その買うものを知る買うものを選ぶことが仕事になっているのである。それだけ物が増えているからである。料理に使うものの種類が多いからである。

いづれにしろいろいろ老人になると過去をふりかえる、自転車も自分の人生の一部だったとなとふりかえる、自転車旅行も相当にしたからふりかえる、そうして回想するのが老人の仕事になる、それを創作に結びつけて作品化するのが仕事である。
それぞれの人生は郷土史でもありその一こまなのである。
自分が自転車にこだわるのはそれが自然とマッチするからである。風を感じたり暑いときは木蔭を行くと涼しさを感じたりする。車だと遮断しているから感じないのである。
これは実際は贅沢である。仕事には今や車が不可欠だからである。
ロードは走っていて一番気持いいものだった。これなら遠出しても負担がからないかもしれない、何か今までの乗ったものと比べると新幹線に乗った感じなのである。
ママチャリとかは普通車でありクロスバイクとかちょっと早いのは急行列車でありさらに特急列車ににたものがあるが今回のロードはバッテリーつきだから新幹線に乗った気分に例えられる、最後に乗るのが新幹線だったということにもなる。



タグ:自転車屋
posted by 老鶯 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治維新-明治以降
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175773009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック