2016年10月27日

原発事故の被害は隠蔽されやすい (作業員が800人死んだとかも証明されない謎)


原発事故の被害は隠蔽されやすい


(作業員が800人死んだとかも証明されない謎)


東北大学医学部附属病院が、 
 福島第1原発について「極秘情報」が 
外部に洩れないように緘口令を敷いている。 

それは、福島第1原発の大事故現場に送り 
込まれた作業員(約3000人)のうち、 
すでに800人が放射能により死亡しているのに、 
 東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、 
 外部に洩れないようにしているということだ。 

 患者たちは、一旦、東北大学医学部附属病院で診察を受けた後、 
 新潟県内にある分院に移送されて、 
 静かに死期を迎えるまで過ごす。 
 放射線治療を受けても、手の施しようがないからである。 


   
この情報は新聞に出ていた。9人くらいは死んだのは名前もわかっている。
でも800人も死んだとなると誰も信じないだろう。
それでも原発で作業していればどれだけの放射線をあびるのか?
双葉とか大熊を通るとバスでも7マイクロシ-ベルトと出る
原発内部で仕事していたらどうなるのか?
その数も多い、何千人という単位で仕事しているしもともと原発は数が多くないとできない、なぜなら一分しか仕事できない、一分して交代して仕事する
それだけ放射線量が原発内部では高くなるからだ。
だから作業能率が悪い、働く人員の数が必要になる
3000人くらいがかなりの被爆したことはまちがいないだろう。
そのうち800人死んだのかとなると実際は確かめようがないだろう

原発で働いていた人に聞いたことを書いたが

「仲間がみんな死んだ」

その意味がはっきりしない、一緒に働いた人が死んだのか?それを確認したのか?
ただ憶測で言ったのか?

人の話も全部は信用できない、オランダの大使館に勤めていた人は車が高い「一千万」するというときそれはいつのことだったのか?
これもどういうことなのかわからない、別に高級車だと一千万の車は今でもあるけど普通車ではありえない、でも直接聞く人の話には必ずしも嘘とは言えない何かがある。
その人がまた直接人から聞いたりしているからだ。

福島医大で放射能汚染で死んだ作業員がホルマリン漬けにして保存されて研究材料にされているというのは本当かもしれない、福島医大とか東北大学とかは国の機関だからそういうことができる、原発はもともと隠蔽されてきたからでてある。

住所がわからないということはそういう人たちなのか、ホームレスとかそういう人たちを集めたからなのか?そういうことは確実だから800人死んでも身寄りがないのだからそのままにされたのか?

ただ病院というところは本当は相当に怖い所なのである。


大口病院では、今年7月から9月の間に約50名の患者が亡くなっているにも関わらず、中毒死事件発覚後に亡くなった患者はゼロという奇妙な現象が起きており(27日時点)



これも病院で起きた不可解な事件である。50人も死んでもしも殺されたとしたら大問題なはずだがそうはなっていない、遺族も騒いでいないのである。
外国でも医者とか看護師が50人とか100人とか300人とか殺したという例がある。
病院は大量に人を殺せる場所でありそれが外部にもれにくいのである。
病院は今では死体処理場でもある、毎日人が死んでいるのだからめずらしくもない場所である。一人また死にました、早くかたづけてくださいと後は病院関係者は関心がないのである。あの人看護したけど死んだけどどうなのとかない場所である。なぜなら次々に死ぬ場所だからである。大学になると研究材料にしか考えない場合がある。
そういう体質があるから放射能汚染で死んだとしてもそういうことがしやすい場である。だから単なるデマとするにも納得できないということはある。
なにしろ多数の人が働いた場所だからである。

福島医大で放射能汚染のことを調査したりしている、甲状腺でも被爆でも調査している。それは国に委託されてしている、でもそこから真実がわかるのか?
ここでも隠蔽されているかもしれない、福島医大と国が直接かかわっているからである。国にとって悪い情報は出さない、だからその調査結果も信用できないともなる
ただその調査することだけで膨大な金がかかりそこも利権になっている。
なんでこんなに調査の分厚い小冊子が何回も送られてくるのか?
自分は面倒だから一度も出していない
その調査の費用は福島県全部でしているとしたらそれだけで莫大になる
除染でもそうだがそれがどれだけ効果あるのか、これも莫大な無駄だとという人もいる
それも兆単位の無駄だというとき見逃せない、それはみんな国民の税金から出されているからである。

原発の被害はこれからも隠蔽ささればわからない、事故との因果関係は証明しにくい。
10年後であれ、20年後であれガンになってもその因果関係は極端なものとして現れない限り証明しにくい、今でも被害が訴えにくいのは原発事故で死んだりしていない、一人も死んでいなと外から言われるからである。
放射線でバタバタ百人単位くらいで死ねばその被害がはっきりしているから訴えやすい、でもそれがないからたいしたことがないとか見られるのである。
なんだあいつら避難民は補償金で毎日遊んでいるだけではないか?
現実そうなっているから被害を外に訴えられないことがあったのである、今もそうである
posted by 老鶯 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177442378
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック