2017年04月27日

小池のため池の除染 泥と水を分離していたー真野ダムはできない?


小池のため池の除染

泥と水を分離していたー真野ダムはできない?

newkoikerrr1.jpg

tameikejjj1.JPG

tameikeeeejjjj2222.JPG


小池の安養寺のあるため池でなにをしているのかと思ったらその下の方で泥と水を分離しして放射性物質をとりのぞく作業をしていた
最近ため池の除染をはじめた、セシウムは泥についているから泥と水を分離して泥を放射性廃棄物としてとりのぞく、その下に放射性廃棄物場がすでに広く作ってある

除染でもあのような作業を見たのははじめてである。
市に聞いてみたら農林課でしているという、田んぼの関係だとそうなる
なぜそうしているのかというとため池から泥と共にセシウムが流れだすからである。
泥についたままセシウムが流れだすからそれで米を作ると米が放射性物質を吸い込むからため池も除染しなければならない、これも大変な作業と見た
横浜とか相模のナンバーのが来ていた。

まだあのため池は小さいからできる、でもため池は多いし大きなため池もあるからそこまでやるのかとなる、ただため池も汚染されているのだとはじめて思った。
ため池までは注意していなかった、ため池はやはり田んぼでその水を使うから実際は危険なものとなる

米が放射性物質に汚染されている写真を見た、確かに白くなっていて米粒が汚染されていたのである。そういうものを食べると危険になる
放射性物質の汚染は計っているから安全だというがそれでも不安になる
それを証明していたのがため池の水も汚染されるから米も汚染されるのである。

ともかく本当に放射能汚染はあらゆるものを汚染する、やっかいなものである。
一番この辺で原発事故があってから心配だったのが真野ダムの水だったのである。
なぜなら飲料水として利用していたからである。
それは相馬市でもそうである。真野ダムは大倉であり飯館村だから余計に汚染されているからである。
自分も飲み水はペットボトルの水を飲んでいる、たいがいこの辺ではそうだろう。
すると相馬市だって被害者になるのである。

その一番心配な真野ダムはこのように除染できるのかと市に聞いたらその計画はまだないという、あそこは大きすぎてできないだろう、でもこのように明らかに泥にセシウムは付着しているのである。
例えば樋の下が屋根から集まったセシウムで泥に付着して放射線量が7マイクロシーベルとか高くなったのである。
ホットスポットでも飯館村の佐須村で泥が20マイクロシーベル以上あったのである。
その泥が真野ダムに流れていけば当然真野ダムの放射線量は高くなる
真野ダムの泥には相当な放射性物質、セシウムが泥に付着しているのである。

水は影響ないとしても何らかの影響はある、だから安心のためにはここのため池しているように泥と水を分離しなければならない、そして泥に付着したセシウムを廃棄することが必要なのである。
でもそれはあまりにもおおがかりになるからできない、森が除染できないと同じである。つまりお手上げだとなる、いかに放射能汚染がめんどうなものかわかる
完全な除染など不可能なのである。ただ時間がたって30年でセシウムなら半減するとかなる、でもプルトニウムは二万年消えないとかなるから恐ろしいのである。

posted by 老鶯 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179573167
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック