2018年03月27日

fortuneとは(財産を得るのは運なのか)


fortuneとは(財産を得るのは運なのか)

運、幸運にもこと、幸運、果報、繁栄、成功、出世、運勢、(将来の)運命、富

富とか財産を得たいというのは誰でも思っている,ではどうして富が得られるのか?
毎日勤勉にこつこつ働いて貯蓄してゆくことが正道だとなるのが普通である。
金が富が棚からぼた餅のように落ちてくるなど期待するなとなる
こつこつ働いてこそ富は得られるのだ,そうすべきでありただ何もしないでなまけていて富は得られない,そう普通には言われる

一方でなぜここでfortuneが財産が運なのかとなる,運の作用で富が得られということも人間社会がはじまってからあった
例えば株式投資などでも運の作用が確かにある,あらゆることを考慮して投資できないからである。そこに思わぬリスクがありそれが予測できないのである。
いくらチャートを見ていても例外的に動くこともあるからだ
だからこれも運が関係しているのかとなる,その時代の影響もある
常に世界情勢でも動いているからその変化の中で経済が株でも影響されるからである。
そうしたものを全部をみぬいて投資することは不可能だとなるからである。
そこで運だともなってしまう。

自分は全く働いて金が得てえない,ただ親の財産があり暮らしてきただけである。
ただその暮らしは最低限のものである。旅をしたとしても金も最低しか使っていない
何か贅沢などしていない,だから自分で百万の金を使ったことがないから今でも使えないのである。そうして金を使わないものは大金が入っても使えないのである。
そういう習慣が身についているからそうなる

運というのはどこでも作用している,親の影響も大きく親によってその将来も左右される生まれた親によって大きな差が生まれるからこれも運だとなる
そういう星の下に生まれたとなり運だともなる
だから人間には宿命論が生まれる,そういう定めに生まれるカルマがありそうなったのだとなる

ただ一方で人間の運は決まっていない,どんな親に生まれたとしてもそれですべてが決まる訳でもないとかある,そして人間を作るのは生まれつきで天分で決まっているかとなればそうでもないのである。
その人生も必ずしも親によって決められるものでもない
天才とかはたしかに例外的にいたとしても人間の人生を決めるのはその人であり親でもないし環境でもないことがある
ただその人の人生がどういうふうに展開するかは本人でもわからないし他者でもわからないのである。

事業をはじめて失敗したのは時代だとか運がなかったとか言うがそもそもその事業の計画がずさんすぎたということがある,でも成功すると確信していた
失敗したら運が悪かった時代が悪かったとか言い訳するのも自分勝手だともなる
すべてがそうして運でもないし生まれつきでもないし親によって決まる訳でもない
投資でもそうである。何も知らないで銀行にまかせたのが悪いということがあったからだそれは運でもない経験もないのに銀行がプロだと思いまかせたことに失敗があった
だからそれは運ではない予測できたことだから自己責任だとなる

なんらかで人間は自己責任があることは確かである。でもまたそこには運がある
その運がわからないのである。
この辺で確かに原発事故などで被害があったがそれで大金を得た人もいた,それも運だった,一方で津浪で無惨に死んだ人もいる,それも運だったのかとなる
死ぬ人と死なない人がいたからである。
海岸に住んでいた人は運が悪かったとなるのか?
それより原発事故も運が悪かったから不可抗力だったとなるのか?
津浪は予測できなかったとしているが実際は予測していたが備えをしなかったとなると運ではない
それで東電には責任があったと賠償が請求される

ただ間一髪で助かったのは運が良かったなとか常にある,それはやはり何かしら運が関係しているのか?
つまり人間にはどうしても不可抗力なのもがあり予測できないことがある
だからこそ運で決まるともなる,様々な要素があって株が決まってくるからもうどんな人も予測できないからである。
だから運だとなってしまう,ギャンブルももうかるのも損するのも運だとなる

運がなければどんなにこつこつ努力しても金持ちにもなれないし才能ある人間にはなれないともなる,もともと天分がなければ才能はありえないともなる
もしでも人間が生んですべてが決まるとしたら努力もしなくなるだろう
どうせ努力しても無駄だとなってしまうからである。
ただ努力をしつづけるのはやはり運だけでは人生は作れない,富も幸運ももたらされないから努力するのである。なんらか精進しなければ何も成せないということはある
物作りでも日本人は精進して励むからこそ品質がいいものを作る

人間は運だけに頼っても富は得られない,また努力だけでも幸運は富も得られないことは確かである。ただ運は常に人間社会では左右していることも確かである。
なぜなら天候というのも必ず左右している,桶狭間で信長が勝ったのは天候のせいだんたとか他にもモンゴルの船が台風で沈んだのも天候のせいだったとかなると運がそこに左右したとなるからだ
でも人間は信長でも運を呼びこむということで決断したことで勝利を得たとういこともある、運が左右しても座して待っているだけでは運は開けない
果断に決断して運が開ける,人が英雄となったときは時代の影響がある
そこにも運が左右している,明治維新でもあえなく死んだ人が多い,英雄として残っているのはわずかだとなるからだ

世代的にも運不運がある,まず戦争の時に生まれたらもう最悪である。3百万人が死んだ
そうなるともう死ぬ他ない,死ぬのが人生だとなってしまう
つくづく団塊の世代などは戦争の後に生まれたから幸運だったとなる
高度成長時代も運が良かったともなる,そういう時代であり環境があり団塊の世代は恵まれていたとされる
どんなことしても時代の影響がありまねがれないからである。

正直この世では運というとき神の采配が神が運命に加担している,それは聖書の世界ではそうである。何か事を成すことは人の力ではない神が加担して介入して事が成されたとしている,とすると運を作るのは神だとなるからだ
そうなると宿命論になるがただ宿命によって人間が決まる訳ではない
努力でも精進することでもまたはこつこつ働くことでも研究することでも積み重ねることで人間が天才でも成し得ないこと成す場合もあるからだ

人間の社会が不可解だというとき不可抗力なものがあり未来がわからないのである。
それで運だとなる,でも何も求めないものは何も得られないのである。
求めなさい,さらば与えられるだろうとなる
求めるということは人間の意志であり運ではないのである。運とは何もしないで何かを得るとういことだからである。
何も求めないものは何も得られないのである。それは運ではない,求道心がないものがそもそも悟りとか信仰にいたるわけがないのである。

ただなんらか人生でも歴史でも神の介入がある,そこで歴史を解きあかすことも人間にはできないし人生にもできないのである。
いろいろ言っても将来のことが未来は神の手中にあるとなる
未来をにぎっているのは神であり人間にはないとなる
それは神が万能だからそうなっているのである。
人間はいくら科学技術を発展させても駆使してもそれで社会が良くなるということではない,現実に原発事故などがあり不孝にしたからである。
神のみが最終的に人間の運命をにぎっていることは否定できないのである。
これはいくら人間が努力しても無駄だとなる
神のみが一瞬にして世界も滅ぼすことができなるからである。
神の御意にかなわないとしたら世界を一瞬で滅ぼす,そのことは予言されているからだ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182811773
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック