2018年07月27日

野馬追いの旗は分類できない (どこの家から村から出るのかわからないから)


野馬追いの旗は分類できない

(どこの家から村から出るのかわからないから)


鹿島(北郷の旗)
kashimakitahata1.jpg

kashimahatagggg1.jpg


kashimahata44.JPG

鹿島村


kashimahata33.JPG

屋形村


原町(中の郷の旗)

haramachinaka111.jpg
haramachihata22.JPG



小高郷の旗

odakahatakabe11.jpg

odakahatohara1122.jpg

odakahata11.JPG
鳩原村

oniyuriodaka11.jpg





鬼百合や小高よりも野馬追いに
                                                        
いきりたつ馬4頭や日の強くさして肌光り野馬追い迫る

いづこより野馬追いの旗ひるがえる雲雀が原に会しけるかな

今日は涼しいので小高まで行った,どこの家に旗がたつのか見たいと思ったができなかった、なぜなら野馬追いは500騎出るとしても相馬藩内で人口でも所帯数でも多い
500騎は500所帯なのである。
1000所帯の1パ―セントが10所帯である、一万の一パ―セントが百所帯である
すると5万所帯で500所帯となる時、一パ―セントなのである。
だからそれだけた野馬追いに出る家は少ないのである
何か野馬追いに出る家が多いように見えるが実際は野馬追に出る家を探すこと自体むずかしいとなる

そして野馬追いの旗は種類が多いし数が多いし分類できない
家に立つ旗でも他の村の旗が混じっている、だからわかりにくい、何本か立っていてせ他の村の旗の場合もある、原町では「八」の旗は大内村にもあったからどこの村なのかわからなくなる、津波や原発事故で家自体が移動していてまたわかりにくくなった
小高の人の旗が鹿島に家を建ててそこに旗が立っていたからである

いづれにしろ野馬追いは行列の前に家に旗がたったときからはじまっている
でもその家を見て歩くことはできない、広いしできない、みんな旗を立てているわげでもないからだ
とにかく野馬追いの旗はどこの家から村から出るのかわかりにくい、神旗争奪戦が終わって帰り馬を追って行けばわかる、でもみんなそれぞれ違った方向に行くのだからわからなくなる

鹿島では街中に三軒くらい立った、わかりやすいのは只野氏は霊山から南北朝の争いで逃れた武士の末裔である、只野氏は郡山の多田野村が由来であり杉の紋が旗印である
あとは菊の紋は天皇に由来するから南北朝時代のものである
それはわかりやすいのである。後は本当にわかりにくいのである。

小高の鳩原村には牧場があり馬が四頭いた、白い馬もいた、神馬なのかもしれない。
鳩原村には何軒かで人が住んでいた、前よりは人が住んでいる、もう三年くらい行っていなかった、今日は涼しいので行くことができた

野馬追いは旗祭りなのだけどその旗の由来がわからない、どこの家から出てくるのか?
どこの村から出てくるのがわからない、広いしわからない、それも一年に一回だからほんの一部しかわからない、それが問題なのである。
posted by 老鶯 at 19:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 野馬追い関係
この記事へのコメント
申し訳ありませんがもう少し野馬追い関係してる人間に話しを聞いてからブログにあげたほうがよろしいかと、八の旗は鹿島区の方の旗ですよ
Posted by at 2019年02月19日 16:33
インタ−ネットは共同研究の場所です

私自身の書いたものには相当不備が間違いがあります

だからその間違いを指摘してあなたの見解を語るべきでしょう

それはプログなどでできます

だから今はどうしてもプログに書いて批評なりをすべきでしょう

コメントだけではなかなか短い文になるしわかりにくいからです

とにかく正直野馬追いの旗は数が多くてその由来など私にはわからないです

その点指摘されてご教授してもらえば知識が深まるでしょう

Posted by 老鶯 at 2019年03月08日 09:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184018473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック