2018年08月15日

人間は二つのものを同時に得られない (得るものがあれば失うものがある)


人間は二つのものを同時に得られない

(得るものがあれば失うものがある)


人間はつくづく二つのものを得られないようにできている
才能だってそうである、一つのことができてもあらゆる才能はない
知能に優秀な人がいても体力がない、体力があるとしても知能に劣るとかなる
一般的にはそうである、でも知能に優れて体力も優れている人もいる
そういう人はうらやましいとなる
なぜそんな人がいるのかと不思議になる

人間はそもそも二つの能力を兼ね備える人はいない、何か優れていることは何かに劣っていることにもなる、知能でも知的なものでも何かに詳しくなれるとしてもいくら天才でもあらゆることに詳しくなれる人はいないのである
なぜ天才でもそれほど成果がでないということもある
それは人間の生きる時間が限られているからである
あらゆることに優れた人はいないのである   
天は二物を与えずである

そしていくら天才でも天分があっても発揮できない人が本当に多い
時代によって環境によってできない、そしてたいした才能もないのに環境とかに恵まれてそれなりに才能を発揮できる人もいる
だからいくらいい天分をもっていたとしても才能があっても発揮できないことがつくづく多い
この人は医者であり文学的才能もあり武道家でもあったが病で病室にとじこめられて最後は早死だった人もいる
どうしてそうなったのかわからない、いくら恵まれてもそうして無念に死ぬ人もある
たいして才能なくても何かそれなりに才能を発揮したとなる人もいる

いづれにしろ何かも備わった人はいない、何かに必ず人は欠けている
神だったらオールマイティである、神だけがそうであり人間は何か欠けている
その人が活きるかどうかはまた時代と環境にも影響される、だから優れた人でも何も力を発揮せずに終わることもある
たいして才能がないのに時代によって英雄にされたりする
明治維新ではそういうことが起きた、その時代が英雄を作ったのでありその人間ではないのである
現実に現代のような社会になるとそんな英雄は生まれ得ようがないからだ

人間は国によっても地理によっても運命づけられている
国によって地理によって恵みも違う、日本は海に囲まれて海の幸に恵まれているとか海が防壁となって侵略されなかったとかなる
でも逆に海によって閉ざされて大きくなれなかったとかともなる
それぞれの国にそうした地理的制限が必ずありその地理的制限の中で生きてきたしそこで歴史や文化を作ってきたのである。
一つの国であらゆるものに恵まれた国はないのである

この辺でつくづく感じたことは漁師がいたとしてその人たちは実は東電に漁業権を売り渡していい生活をしていたのである
それはどういうことなのか?二つのものを得ようとしたのである。
東電に漁業権を売りいい生活をする、もちろん魚もとるのだがそれは別に魚をとることだけに専念することではない、東電の補償金で事故前も事故後も十分だったからである
要するにここでも二つのものを得ようとしていたし実際に得ていたのである
でもそれができななかった、原発事故でそうなった
確かに船主などは事故前も事故後も補償金を十分にもらえるから変わっていない
でも周りからなんで漁業関係者は手厚い補償金がもらえるんだとうらやまれることになった、事故前からそういうことはあったにしてもそれはしかたないものとして容認されていたしそのことについて文句をおおぴらには言えなかったのである。
事故後がそうはいかなかった、周りの目が厳しくなったのである
そんなことが許されるのかとなった、そのことは前にも書いた

この辺では漁業関係者だけではない、二つのものを得ようとしていたのである
原発で金を得て豊かになりたい、その気持ちが非常に強かった
そして原発で豊かになりまた一方で自然とともに生活をするとかなる
両方を得て生活したかったのである
現代人は二つだけではない、ABCDと欲しいものがあればみんな欲しいとなっている
欲が限りないのである。そこに落とし穴があった

人間は何かを得れば必ず何かを失うという法則のようなものがある
江戸時代をふりかえると貧乏だけどそこに景色もいいし車もないからのんびりしていいと今では見る、でも現代は豊かになってもそうした景観は破壊されている
義理人情すらない金だけを求める殺伐とした社会になっている
それは江戸時代にあったものが失われたからである。
その代わりに豊かになった、贅沢できる時代になった
時代的にもなんでも良くなったというのではなく何かを得れば何かを失っているのである原始時代の生活が悪いかとなるとそうでもない、狩猟でも何でもその生活は今と違って興奮するものであり面白いものであったともなる
鹿を獲止めてそれをみんなで食べるとき充実感があったとなる
でもそういう生活を失った時今度米が食べられるとなったがそれで狩猟時代にあったものは失われたとなる

人間は何かを得ると必ず何かを失っているのだ
青春とかはたちまち過ぎて失う、あっというまに白髪の老人老女になっている
でもまた老人になると何でも深い見方ができるとか経験からいろいろなことがわかるとかなる、そういう知恵とか悟りとは若い時は得にくい、だからいくら本読んでも理解できないことが多いのであ

要するに人間は二つのものを同時に得られないようにできている
青春には体力があるが知恵はなく深い見方ができない、それで芸術なども深く鑑賞できないのである。
だから二つのものを同時に得ようとすることが間違っていたのである。
二つのものは得られない、都会で豊かな生活ができるが田舎には田舎の良さがある
自然の中でゆったり暮らすとかある
でも田舎では給料も安いと質素な暮らしする、都会のような贅沢はできないとなるが田舎には田舎の良さがありそれで満足するとなる
しかし今や田舎ではその両方を得ている、でも本当はそういうように世の中はできていない、飯館村などでも原発事故で住めないようになっても多額の補償金をもらった
ありあまる金を得た、でも何かを失った、他の避難区域でもそうである
何か常に二つのものを得られないのである。

でも人間は二つも三つも四つも得ようとしている、その欲が限りないのである
宗教などは本来は世俗に分かれていてこの世のものを得るものは天のものは得られないとなっていた、でもカルト宗教団体でも宗教は世俗でも聖なるものでも一緒になっている
政教分離というとき政治と宗教は別物であり一体化すべきではない
でも人間は世俗的なものと天なるものも得よとしている
この世のものも天国的なものも得たいとなって活動しているのが実体である
この世の欲を認めているし宗教団体の方がこの世の欲を増進させているのだ
だからどこでも何百万人もの会員がいる
それだけ数が多いことは世俗化したことなのである、だからこそ増えるのである

人間は二つの物は得られない、そこにこの辺の問題もあった
原発で豊かになりたい、貧乏は嫌だ、農業とか漁業とかでは今は豊かになれない
ただその二つのものを得ようとしたとき両方失うということもあった
第一人が住めなくなるということはもう最悪である
何でもいい故郷に住めればいいとなる、いくら豊かになっても故郷に住めなくなればもう終わりだとなる、それで事故後は蝋燭でもいいから家族一緒に故郷で暮らしたいとまでなったのである
人間は二つのものを同時に得られない、どんな国でもそこには良いことと悪いことがある貧乏でもそうである、その中で良くしようとするのがいいとなる

本当は漁師は魚をとり供給することで故郷に生きる
農民は米や野菜を作りそれで生活する、農民は米や野菜を漁師に提供して互いに豊かな生活となる、でも魚をとりさらに東電に漁業権を売り渡して富を得る
そこに問題があった、そしてその両方も失うということがある
確かに別に補償金もらって同じように豊かな暮らしができてもそれが回りから許されないものとして見られるようになった

金があってもそれですべてが満たされるない、金があることで失うものがある
人はまずその金に目をつけるからだ、それで本当の愛は得られないとなる
金でなんでも買うことはできないからである。
金がなくていいということではない、金ですべてが得られることはない
愛などでも買うことはできない、金がいくらあっても買うことはできない
人はただその金を求めるのであり愛は関係ないからである
金を得て得るものがありまた失うものもある
つまり両方を得ることはできないのである
今の時代ほどう豊かな生活をしている時代はないがそこにたりないもの失ったものがあるいくら科学技術が進歩したとしてもこれは同じなのである。
進歩とは何か新しいことを得ることだがまた同時に何かを失うことなのである
そうなると進歩がすべていいものとしては働かないことを知るべきである
核を発明したことは科学技術の進歩である
でもそれと同時にその核によって甚大な被害があり核戦争になり人類が滅びることにもなるとしたらそれはいいものではなかったのである。
むしろ進歩しない方が良かったとなるのである 

結局個人の人生でも国でも世界でも歴史が残すのは教訓である、失敗したとしてもそれが教訓として後世に残される
それを鑑みて今生きることの指針にする、人間は過去から学ぶことはできる、そして未来は実は過去からくる
維新とあれば明治維新でありこれは実はもともとあったものを改める新しくするという意味である
全く新しいものではないのだ
ともかくこの辺では津波とか原発事故で後世への教訓を残した
それはここだけではない、他でも世界でも教訓とすべきものとなった
ここでは様々なことが問題となりそれを解決する方法もなくなったからである


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184174875
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック