2018年08月26日

駅の半自動の新しいドア (大阪の人と話する)


駅の半自動の新しいドア

(大阪の人と話する)

autodoor2.jpg

autodoor1.jpg
開けるとき矢印のところまで開けないとまたしまるので注意

鹿島駅のドアは前はさびついて重くあきにくかった、それで駅の人に直すように言ったら直したのだがまだ不十分だった
今度は半自動にしたと聞いた、完成したのは電気式ではないが
確かに半自動である、写真の矢印を越えると自動的にしまる
でも開けるときは矢印のところまであけないとまだ自動的にしまる
でも軽くなったから楽である

駅は何か改善している、改善するところがある
新しいドアは寒くなると必ず閉めるから直す必要があった
でも改札口は直していないから風が入れば寒いとなる
見にくい所にあった電車料金表も下に置いて直した
上を見上げてわかりにくかった、それは駅の人が自発的に直したのである。
原町行と仙台行きのホームがわからない人がいると言ったのは自分でありそれも表示したのだが何かわからない人がまだいる

今日駅であったのは大阪の人である
何かマラソンして高速のサービスエリアの近くの寮に帰ると言っていた
それで大阪のことを話した

「大阪の人は気楽に誰にでもはなしかけるんだよ 
道がわからないときは東京じゃ、そっけなく方向だけ言うが大阪の人だと
いっしょに行きますかとかなる、おせっかいなんだよ、誰にでも話かけるんだよ」
「大阪の人は言葉からして違っているからな、気楽にしゃべれる言葉なんだよ
東北人は硬い表情の人が多いから近寄りがたいということがあるからな」
「大阪人はおっせいだしせっかちなんだよ、東京の人は信号わたるにしても
赤になってからだけど大阪人はその前にわたるんだよ」
「東京人と大阪人は違うよな」
「大阪は大阪人の街なんだよ、だからおせっかいにもなる」
「大阪弁だと通じやすいよな」

その人はまたしきりにここはいいところだよ、大阪では24時間休みがない、ここは6時ころなると店もしまる、人もいい人が多いとか言う
確かに都会と東京大阪と比べると田舎の夜は静かだし真っ暗である
何か大阪の人とは何人もあった、他にもあったが、ここはいい、田舎はいいと言う人が多かった、大阪とこの田舎ではその相違が大きい
ただ田舎がいいというときここがいいというとき一時的に田舎を見ているからである
田舎の悪い点もありそれは住んでみないとわからないのである
つまり一時的に滞在するような人はそういう悪い面を見ないのである、見えないのであるただ老人になってからは田舎で生活する方がいい、どうしてもあんなに混雑した所にいるのは向いていないからである。
それでこれからは田舎は限界集落とか騒いでいるが逆に田舎に移り住む人も増える
田舎の良さを見直す時代になる、でも限界集落のような所には移り住むことはできない
この辺だったら一万であれとなりでも4万くらいの都市があるから生活するにもさほど困らないからいいのである



タグ:大阪の人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184268444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック