2018年10月20日

南相馬市の原町の泉官衙跡から発見された木簡の嶋□をたどる (宮城県小田郡嶋田郷なのか?)


南相馬市の原町の泉官衙跡から発見された木簡の嶋□をたどる

(宮城県小田郡嶋田郷なのか?)

mapkayahara111.jpg

wakuya12344.jpg
mapmiyagikodai1.jpg

大崎平野の江合川のラインの南岸が前方後円墳の北限と考えていいです。
つまり古墳時代半ばの5世紀までにヤマト王権の影響力が及んだ範囲は、江合川までといえるのです。



 オモテ面には貢進者である「嶋□郷□□里」(地名)の「□□白人」(人名)という名が記されており、裏面には、ほとんど判読できないが、進上された物品の種類や量が記されていたものと思われる。

ここにも確かに郡衙があった。ではこの嶋□郷 □□白人とは何を意味しているのか、□□里は久慈郡に真野里あったように草原というのも真野郷草原里だったかもしれない、里は文献にのらなくてもかなりあったのだ。それが地名として残っているかもしれない、原町に郷としてなくても大田とあればここでは大田里になったのかもしれない、久慈郡に真野郷があり真野里があった。同じ郡内にあったとすると真野という広がりが各地にあったのか不明である。

神護景雲三年
十一月二十五日 陸奥国牡鹿郡の俘囚、少初位上・勲七等の大伴部押人が次のように言上した。
 伝え聞くところによりますと、押人らの先祖はもと紀伊国名草郡片岡里の人ということです。昔、先祖の大伴部直が蝦夷征伐の時、陸奥国小田郡嶋田村に至り、住みつきました。その後、子孫は蝦夷の捕虜となり、数代を経て俘囚とされました。幸い尊い朝廷が天下を治められるめぐり合わせとなり、優れた武威が辺境を制圧しているのを頼みとして、あの蝦夷の地を抜け出てから、すでに久しく天皇の徳化のもとにある民となっています。そこで俘囚の名を除き、調庸を納める公民になることを申請します、と。
これを許可した。

この人は遠田郡の人である。遠田郡の隣の登米郡に行方郷があったからこれは明らかに相馬の行方郡の人が移動したのだ。黄金がとれたのは遠田郡の小田である。その小田に嶋田村があったということは泉廃寺跡の嶋□郷は嶋田かもしれない、その他遠田郡には真野公遠田郡で真野公営山47人が賜姓された。こう考えると嶋□郷は嶋田郷であり□□白人は高麗白人かもしれない、高麗福信という人がいたからだ。つまり製鉄や黄金をとる人々が渡来人中心にして移動してきたのだ。



嶋田神社−神八井耳命(奈良)

神武天皇の子の神八井耳命について、意冨臣・道奥石城国造等の祖と記されており、石城国造は皇別で多臣の一族という系譜を持つことになります。

神武天皇−神八井耳命の系統に嶋田神社がありそれが陸奥の真野郷に関係していた
嶋田郷とするとここから出ているからである
多(おお)氏は渡来人とされ神武天皇の系譜にあり大和朝廷の統一の大きな力となった

日本国統一大和王権の成立前には日本には国がない、すると渡来人でも自由に入ってきたそれが後に蝦夷(えみし)となって大和王権に対立するようになった
ともかく蝦夷というのは異民族という感覚になる、大和王権が成立した奈良辺りには規制の勢力が存在して渡来人は入りにくかった
でも蝦夷の地域は入りやすかったとかなるし移民として開墾に従事させられたということがある、もともと日本の原住民は縄文人でありそれに異民族の渡来人が入りその渡来人でも日本で二分化したのである

東(あづま)の国の陸奥(みちのく)の小田なる山に 
    金ありと奏(まう)し賜へれ御心を明らめ賜ひ 
    
すめろきの御代栄えむと東(あづま)なる陸奥山に金(くがね)花咲く 

  天平感宝元年五月の十二日、越中国の守の館にて、 
  大伴宿禰家持がよめる。
  
小田郡は後に遠田郡となる、その遠田郡に真野公遠田郡で真野公営山47人が賜姓されたその小田郡に嶋田郷があること、そして石巻に真野公と記された木簡が発見されたこと
北上川をさかのぼり登米(とよま)に奈女(なめ)が行方(なめかた)郷があったことなど産鉄族の真野氏の移動があった、真野氏も渡来人だとされている
製鉄関係では渡来人が技術者であり深くかかわっていたからである
そして前方後円墳の北限が今の小牛田の京銭塚古墳だとするときその辺は大和王権に組み入れられた、それは史書に記されているから歴史としても中央で把握していたのである

ootoomoezo1.jpg


この大伴家持が陸奥に実際に来たのかどうかは不明である
ただ笠女郎(かさのいらつめ)は家持に恋して慕っていた

陸奥(みちのく)の真野の草原(かやはら)遠けども面影にして見ゆといふものを
(笠女郎)

ではこれが一体どこなのか?それを考察してきた
南相馬市の鹿島区には真野郷という古代郷名がある、でも石巻の真野には真野という地名があっても古代の郷名としては記されていない,とはいか真野公という木簡が発見されたし萱原という地名もある、江戸時代から石巻の真野の萱原がその場所とされていたのである、それには何か根拠があってそうなっていた
南相馬市の鹿島区の真野は最近になって発掘があり金銅双魚佩などが発見されてここが真野の草原だということが言われるようになった
ただそれは確定されたものではない、鉄道だと石巻線で涌谷がありそこから砂金がでた
天平という字も発見された、桃生郡からは貞観という碑が残っている
多賀城が陸奥への蝦夷の平定の最前線基地としてあった

ただ間違いないことは草原−萱原はカヤハラは萱が茂っている場ではない、地名なのである,第一日本の古代はその頃は一面がどこでも萱原の景色でありそんなもの珍しくもないのである、だからわざわざ萱が茂っている所だと面影に見ることはないのである
ただ慕う人を真野の草原という遠い地に行っても面影に見えますよということである
それは大伴家持のことなのである

そもそも笠女郎の笠は渡来人であり沙弥満誓の娘なのである
ともかく古代史では大和王権統一の過程には渡来人が深くかかわっていたのである
大和王権ではそうした渡来人を陸奥に移動させた入植させたのである
それは製鉄の技術者であったからだ、湧谷の小田で砂金がとれたというときもその砂金をとる技術をもっていたのは渡来人だったからである

奈良の都で聖武天皇が大仏建立を進めていた時のこと、鋳造は終わったが表面に鍍金する黄金が不足して、その完成がおぼつかなくなり、天皇が日夜悩んでいた天平二十一年、陸奥守であった百済王敬福が陸奥国小田郡で、我が国で初めて産出された黄金九百両を献上した。天皇は大いに喜び、敬福を従五位上から一躍七階級昇進させて従三位に任じ、宮内卿とし河内守を兼ねさせ、河内国交野郡内にも広大な土地を与えた。現在枚方市域にある百済寺跡や百済王神社は、こうして交野に営まれた百済王家の居館群の跡をとどめるものである。

百済の王家の出に連なる者だがその前は伽耶国があり伽耶は百済に併合された
伽耶からはツノガノアラシトが日本に入ってきた、これは伝説的人物だがその足跡は津軽まで記していた、なぜならツノガノアラシトのツノガとは敦賀(つるが)とか津軽はなまったものである、そして相馬藩内に荒氏が多いというときその系統のものなのである
伽耶(かや)の系統はあとで消されて歴史から消された、それでその系統の神社が祭られていたがそれも不明になった
相馬市の松川浦の津波からも残った津神社はつのみつ神社も渡来系の産鉄族のツノガノアラシト系統だったのである、ただそれは不明にされてその出自が隠されたのである

ただ真野の草原がどこかというと小牛田とか湧谷の小田とか桃生郡とか石巻の真野の萱原とかは大和王権に服した地域でありだから真野の草原は石巻だと遠いとなるがそこが湧谷とか桃生郡とか小牛田の京銭塚古墳とか前方後円墳の北限となっていることでもその線が丁度大和王権に服した地域ということで史書にも記されているから遠いとあるがありえないことではない、ただ多賀城の更に北になりそんなに遠くではありえないとういのもわかる 
距離からするとどうしても南相馬市の真野郷の草原なのかとなるがここには地名がないのでそれで確定しないのである

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184730937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック