2018年10月27日

駅で三人くらい車の運転やめた老人に出会った (その人は車の運転やめたことを後悔)


駅で三人くらい車の運転やめた老人に出会った

(その人は車の運転やめたことを後悔)

死ぬまで運転を続けていても、1000人に1人程度、逆にいうと一生死亡事故を起こさないドライバーが1000人中999人ということになる。

75歳以上の免許の自主返納件数は29年11月末時点で約23万2千件となり、28年(16万2千件)の1.4倍に増加。

駅で三人くらい車の運転をやめた人に出会った
今日もその人はまず駅前の自転車屋によった,自転車を直すためだった
次に駅に来たのは車の運転をやめたので駅がどうなっているのか見に来たのかもしれない車の運転をしている人は電車の乗り方も知らない人が結構多いからだ
そしてその人は80才であり

車の運転をやめて失敗だった

と後悔している

75歳以上での運転をやめさせるのは政府の方針である
でもそうなると今まで運転していた人は不便になる
自分はもともと車がないのでそのことがわからないが今の社会は車社会なのである
だから車のことを知らない人は社会のことを知らないとまでなる
実際自分自身がそうだった、車がないために肝心なことを知らないことがあったからだ

そして75歳以上でも特別事故が多いというわけではないのである
そこに政府が無理やり免許とりあげる強行な政策がある
それが問題なのである

ただこういうことで高齢化社会になると車に乗らない人が増えてくる
するとやむなく鉄道を利用する人も増えることがある
ただ鉄道の最大の問題は駅からの足がない
だから高校生は自転車で駅まで来たり親が車で送り迎えしているのである

車の免許の自主返納した人が23万人いるのは多い、ではその人たちの足はをとなるのかとなる、鉄道だけでまにあうのかとなるとならない
鉄道は駅からの足がないから不便なのである

駅でみていて不便だったのはスーツケースとか荷物を運ぶのが苦労なのである
重い物を階段を上りもちあげて運ぶのが苦労なのである
それで老人は前もって荷物を宅急便で送っていた
ただ相馬市にはエレベーターが気づかなかったがあった、新地も震災以後新しくなりエレベーターができたから鹿島駅より小さいのに便利になったのである

無人駅の鹿島駅はいろいろ直したけど一番の問題はエレベーターがないことであることに気づいた、でもこれは費用がかかりすぎるからできない
でもこういう面でも改良しないと鉄道は利用しにくいのである

道路と鉄道の予算を比較してみると2001年には道路予算は11兆8000億円に対して鉄道は1500億円で全体の1・3パ―セントにもならない
鉄道予算の半分は新幹線、残りの半分が地下鉄やモノレールなど都市交通の整備
地方鉄道の予算はさらに少ない
地方鉄道に関してはここ何十年の間、ほとんど投資が行われていなかったため
過去に蓄積したストックを細々と使ってきたのが実情です

どうする?鉄道の未来(鉄道まちづくり会編)

鉄道はそいうことなのだろう、新幹線でも道路に比べると格段に使う費用が違っている
また鉄道には地方交付税も使われていない、鉄道は公共的なものだから採算だけでは計れないというのがこの本で述べている
つまり公共的なものだから利益だけでは計られないとしている

鹿島駅でも外観は明治の時に作られたときから変わっていないのである
その変わっていないことで撮り鉄が鉄道マニアが写真をとりにきている
だいいち明治から変わらない建物だということが鉄道に投資されていないことだったのである
最近やっとドアを直したりして改善した、無人駅化してもそれなりに改善した
しかし問題はエレベータ―が設置されないことが最大の問題である
でもそこに投資するにはJRだげでは無理である
自治体がかかわる必要がでてくる
ただそのためにはもっと利用者が増えて市民でも要望があれば考えることになる

駅で気づいたことは駅には実際は広場のような機能があり外部との交流の場であり玄関にもなっていた、駅の印象が大事になることに気づいた
常磐線では名取の空港に行く人が意外と多い、来る人も多い
それは名取から空港に直接行ける路線ができたからである
もう一つはいわき市と常磐線が復興して結ばれればまた乗客が増える
つまり交通はこのように結ばれないと利用価値がなくなくなるのだ
だから名取の空港と鉄道で結ばれたことは利便性が生まれ鉄道を利用する人が増えるとなる

この本でも高齢化社会になり鉄道が見直されると述べている
それは駅で実感した、その一つが75歳以上の人が免許を返納して鉄道に関心をもち利用するようになる、高齢化社会には鉄道の価値は高まるとなる
それで公共的なものとして投資が必要になる、それはJRだけではできないことなのである

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184788381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック