2020年12月25日

コロナウィルスでなぜ医療崩壊が起きるというのか? (医者は患者を思わない、政治家は国民を思わない、ただ利権(金だけ)


コロナウィルスでなぜ医療崩壊が起きるというのか?

(医者は患者を思わない、政治家は国民を思わない、ただ利権(金だけ)

今何がコロナウィルスで混乱しているのか?   
       

医療崩壊というが医者はそもそも患者のことを思わない、金を出さなければ動かない

政治家は国民のことを思わない、票と利権である

マスコミは視聴率ええるためにあおる、やはり宣伝費をもらうためにそうなる
                                                                            
今の社会は利権と金でがんじからめにくなっている、金が出ないと動かないのでる
医者でも常に金をまず考える、金を出してくれそうしたら動く
医師会とかでもそうだろう

どういうことかというと患者が来る、金がない患者はお断り診ないとまでなる
患者より先に金のことを考える、でも医は仁術というように苦しんでいる人がいれば金の前に治療するのが優先される 、それもないのである

今の時代どうなっているかというと苦しんでいる人がいる、その苦しんでいる人を助けることはしない、その前にその苦しんでいる人からいくら金をとれるのかとか苦しんでいるから弱っているから今が金をとるチャンスだとなる
金を出したら多少助けてやるとかなる、頭の中は金しかないのである
それはみんなそうである、まず金になるのかとかしか人を見ないのである
その人が苦しんでいてもそうなのである   

いろいろ複雑なことはあるにしろ現実の社会がそうなっているのである
それは自分自身が親の介護と自分の病気で痛いほど知ったからである
自分が苦しんでいる時、自分の家に来た人は金しか考えないのである
それで大金は盗まれたとかまた借金で苦しんでいる人から脅迫もされたとかなる
人間の悪質性は何かこうして苦しむ時とか混乱してくる時起きて来る
震災でも火事場泥棒とかいたしそういうことを自分の家でも経験した
もしかしたら医者とか医師会とかは火事場泥棒にもなっているのかもしれない
それは言いすぎでも金をもらわなければ動かないということになっているのこれまでの現実だからである 

人間社会には何かもう戦争の時のように損得で考えられない事態が起きる
でもそういう時でも人間のエゴとか悪辣性はかえって表にでてくる
相手が苦しんでいる時とか弱くなったとき責めやすいからである
他人の苦しみは蜜の味とも菜、コロナウィルスで職を失ったとか倒産したとかどん底に落ちる人がいると思えば依然として株が上がって笑っている人たちがいるのもそうである
他人の苦しみなど関係ないとなっているからだ

ところが緊急事態のときは例えば水が飲みたいというとき金をだしたらやるとかにならない、とにかく水を飲ませようとするだろう、でも金を出したら水を与えてやるとかにもなっているのだ
それほど金の社会になっている、親子でも金の関係になる、そして金の切れ目が縁の切れ目となる、人間を金としか見れないのである
それがあったとしても金だけを求めて解決しないことがある
何より先にまず助けねばならないときがある、金のことは後だということがある
でも現実は緊急事態でも金が先だともなる
今は緊急事態である、だから金がどうのとか政府が金をだせとか要求できない面がある
それよりまず患者を助けるとか何か手を打つ必要がある
でも金をもらわなければ動かないというのが現実なのである

人を見たら金と思へとまでなっている、こいつからいくら金が出るのか得られるのかしかないのである、それで親でも死んだら何もしてくれない、金にならないとかなり墓参りすらしないんとなる、事情があるにしろそういうことがある
死者を供養しても一文にもならないからである
でも金ぬきで人間はやらねばならないことがある、それが現代ではできないのである
そういう社会にシステムになっているからである
過酷な資本主義社会のシステムになっているからである

だからこういう社会は意外と緊急事態に弱いのである、震災の時は絆が盛んに言われたけどそれで社会が変わった訳ではない、コロナウィルスだって本当は絆が必要になる
互いに助け合うことが求められている、それは医者だからどうだとか政治家がどうだとかではない、みんなで助け合うということが危機を乗り越えるものとなる
それが現代社会ではできなくなっている、戦争は悪いにしろ国家一眼となって命をかけて協力しあったのが戦争でもあった
私の姉でもで従軍看護婦とかでもそうである、それは命がけでも懸命に看護していた
そういうとき金がどうのこうのとかはない、ただ命がけでみんな必死になり戦っていたのである、要するにそういう緊急事態でも無私が求められていたともなる
犠牲になっても国のために戦うということが求められていたのである
戦後は全くそういうことをないし経験していないのである

ただエゴと金だけを求める社会になった、金の関係しない人間関係がないのである
別に金のやりとりが金がすべて悪いとはならない、それは人間生活に不可欠である
でも金だけではどうにもならない、無私になって尽くすことも要求される
それが医者でも誰にもできなくなっている
そういきう社会に生きるのが日常になったときまた緊急事態になってもやはり誰も金無しでは動かない、ただ看護師でもコロナウィルスに感染したくないとなり高給にしても来ない、つまり緊急事態では命がかかってくれば金でも動かないということにもなる

とにかく政府も政治家も利権である、金である、医者でも医は算術である
そうしして緊急事態に対処できない、国民のことを思へと言っても目前の利権とか金に心を奪われる、それで平気で多人数でパーティとかしているのである
政治家自体がコロナウィルスで危機感もないのである
そうしたら国民も危機感がないとなる
もちろんこれはただの風邪だから大騒ぎすること自体間違っているという科学者もいる
それならそれで何か政府でその方針を定めて国民に言うべきだとなる
でもおかしいのは厚労省は感染症を二類からはずさない、それは結核で苦しんできた経験があり厚労省の身勝手でインフレインザ並みにしないという
厚労省も官僚も自分たちのことしか考えないというなる、自分たちの属する省庁のことが国民より優先されるとなる

それは原発事故でもそうだった、すべてそこに利権とエゴがからみ崩壊したのである
東電の天下り先として官僚があり検察でも海上保安庁でも警察でもそうだった
マスコミでも自分たちの利権として東電を原発の危険性を追及しなかった
それで原発が爆発した時、朝日新聞からマスコミの幹部が中国に招待されていたときだったのである
もちろん地元でも巨大な利権となりそれで危険は無視されたのである
ただコロナウィルスではある地域が利権になることはない、それが違っている
でも何かやはり利権第一であり金でありそれに縛られて身動きできなくなっているともみる
ただ今の時代に医者でも看護師でも犠牲になれとは言えない、お前がやれとまでなるからた、でも医者というのは特別尊敬されている唯一の職業だし金も入る地位にある
それは緊急時にも命をかけてでも働くといかことでそうなっていたともみる
実際に消防士でも火事になれば危険でも火事場に行く、そして自衛隊でも戦争になれば戦場に送られる、そういう契約である、そうしなかったらなぜ税金を払っていたのかとなるからである

いづれにしろコロナウィルスでも収支がつかないというとき現代社会そのものの問題として現れたともなる、原発事故でも収支がつかなくなった、10年過ぎてもそうである
核のデブリとかも取りだせない、避難区域には人は帰らないとか復興はしていないからだその原因も利権のみで金のみで動いた人々の結果としてそうなったともなる
それが最悪の状態になりとりかえしのつかないことになったのである
コロナウィルスでも似たものがある、なにやこうやしているうちに利権でしか金でしか動かないという時、何か致命的な最悪の結果となってしまうかもしれない
ただ実際はただの風邪だとして終わるとなれば杞憂だとはなる
てもその結果はどうなるのか誰も先がわからないのである
確かなことは日本でこんな簡単に医療崩壊するということであった
それが最も納得しがたいことであった、なんら危機には備えてなかったということにもなる、日本は危機に弱い、人間は危機に弱い、何か未知なもの急激に襲われるものに弱いのである、その時今回のように社会は混乱状態になるのである




posted by 老鶯 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188249751
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック