2021年09月18日

集団就職の時代 (時代の変化は常にありその時代の苦しみを負う人間―過去のテレビドラマを見て)


集団就職の時代

(時代の変化は常にありその時代の苦しみを負う人間―過去のテレビドラマを見て)

日本の敗戦まで農村では農業は跡継ぎの長男のみが相続していて、田畑を相続できず食えない農家の次男・三男は戦前まで軍隊で養われていた[12]。次男など年少の男性は家督を相続した兄である長男の扶養家族となっていた。次男以下は農業の手伝いをするという社会だった
https://binged.it/3tOr1Kt

彼ら・彼女たちがときにわずか15歳で経験した労働現場は、現在から見ればあまりに過酷なものでもあった。だが、著者はその過酷さを単なる「残酷物語」として安易には描かない。
https://bunshun.jp/articles/-/3136

実際の集団就職でも、彼女と同じような落胆を味わった少年少女は少なくなかった。それゆえ、転職する者も多かった。夢破れて郷里に帰った者もいた。ほんの一握りの若者だけが、失意を噛みしめながら、石にかじりつくようにして出世や独立を勝ち取った。中卒が「金の卵」だったのは、1955年から65年までの10年間にすぎないが、この時期に生まれた膨大な出郷者たちの物語は、戦後の若者像のひとつの元型を形成している。
https://webronza.asahi.com/culture/articles/2014030800001.html

自分が本当に将来やりたいことや、自分に向いていることを、本当に確信している若い人が何人いるのだろうかということである。自分の中にある隠れた能力や願望、自分さえ気付いていない自身の良さや魅力を、どれだけの人がしっかりと掘り出せているのだろうかhttps://ameblo.jp/kashii-hayato/entry-12339125558.html



人生をふりかえると何だったのか?集団就職というのもそうだった
中学校で三分の一くらいが集団就職していた、三分の一は高卒でありあと大学に行ったのは一割くらいである、50人学級として5人くらいだとなる
三分の一とかではない、五分の一くらいかもしれない、私は同級生でもそのことをわからなかった、どういうことなのか理解していなかった
その時常に先生が心配して言われたのは高校に入れないということで受験勉強しろということだった、だから受験勉強をしたしそれが嫌だった
なぜそうなったのかというと数が多いために教室が用意されない騒いでいたからである
好きで勉強していたわけではないからだ、高校に入ってたとしても自分は集団に向かなかった、だから学校嫌いでありやめようとも思った、でも勉強できなくても東京の私立大学に入った、その大学でもFらんと似たようなものだった

大学で良かったのは偶然なのだけどもともと体力もないし向かいなのに運動部に入ったことである、それで我がままな自分が鍛えられたことで良かったのである
自分は一人っ子であり我ままに育てられた、そして何かその時故郷に田舎にいるのが嫌であり東京に憧れていた、それより家を脱出する願望があった
結局ふりかえる親元を離れたことが自立するには良かったのである
別に経済的自立ではないが精神的自立するのに良かったのである
またカルト教団で運動したがこれが大学生活になったもの馬鹿だったとなる

そもそも奇妙なのは大学生活というのは遊びの場だったのである
講義に出ないことを自慢していたのである、マンモス大学であり大講堂で千人も入るとかで授業している、それで授業に出ない人が多かった、真面目な奴は嫌われていたのも不思議である、つまり高校とはまるで違ったものだったのである
だからパチンコばかりしているとかで身を持ち崩した人もいる
それから学生運動の時代であり学生運動ばかりして勉強もしないということもそうだった大学とは一体何なのだろうとふりかえる
要するに極端に自由になりそれが遊びともなり遊興人間とか学生運動でも実際はそれは真剣なものでもなかったのである

集団就職した人から比べると大学に入るだけで恵まれていたからである
そういうことで学生運動でゲバ棒をふりまわしていて警官とかと衝突したが警官の方が大学出て恵まれているのにと甘いやつらだとして抑えこまれたのである
確かに一人くらい死んだとしても本当は死を賭けた真剣さや思想に殉じるものはない
マルクス主義など洗礼を受けたがそれも本当に真剣なものとはならない、一種の病気のようなものである
若い時は簡単に社会が変えられると思うからである、頭でっかちになるからである
理論だけが先行するからである
これに比べると反体制としてミャンマーとか他の紛争地帯では多数の人が時の権力と戦う時死んでいる、ミャンマーでもアフガニスタンでもどこでも相当数が反体制とか反権力になれば死ぬのである

それがわかるのはみんな大学を卒業したら大企業であれ就職して猛烈な企業戦士となって働いた、その時ちょうど高度成長時代であり日本が鰻上りに成長した時代だったからである、そうなれば別に貧困から脱することができるようにもなった
マルクスの階級論など関係ないのである、貧困な日本でもみんなが豊かになり中産階級が生まれたからである
そんなことで学生運動など何だったのか忘れられたし意味もなかったのである
ただ何か知らないけど青春のエネルギーは爆発させたというだけである

ともかく集団就職というとき大学にいたとき自分自身もアルバイトしてそういう下町の小さな工場を知っている、そこで寮のようなものがあっても粗末なものでありそこに押し込められていた感じである、そこで今の寮のようなものを整備できていなかった
そごで油まみれで働いていたとなる、単純作業をが多かった
一日ドリルで穴をあける仕事などである、大学からその後大学出ても無職でありそんな仕事ばかりしていたから仕事自体嫌になって私は引きこもりになったのである
ただそういう貧乏な時代に引きこもりとかニートはいなかった
そういう余裕がまだ家にはなかったからだ

ただとにかく急速に高度成長時代に入り金回りがみんな良くなったのである
あらゆる所でそれこは波及していて小さな店でも工場でも会社でも成長して豊かになったのである
それは中国と同じである、中国の十数年前は本当に中国は貧乏だった
それで地方の農村から出稼ぎの人達が海側の大都会に出稼ぎに大挙流れてきた
それがまるで流民なのである、中国では飢饉となると人口が多いから流民化する
火車(汽車)にまるで貨車に詰め込まれる家畜と同じだったのである
そういう所にまきこまれて死んでしまうといこともある、実際に混んで車掌が鞭で打っていたからまさに家畜だったのである
何か今でも社畜なんだよなとか会社員を言うが本当に中国では家畜だったのである
そもそも中国では人民は対して家畜と変わらないことがあったからである

あの高度成長時代は何だったのか?
ふりかえるとそのことで日本が優秀だったということではなかった
電機製品がたまたま売れたのである、アメリカとかで売れたことにより高度成長時代になった、日本の技術が科学などが優れたということでもなかった
何か発明したわけでもないからである、ただ先んじて電器製品が売れたということである今になると韓国でも中国でも台湾でも同じものを作っている
その質もたいして変わらなくなったのである
たまたま先んじたことで高度成長があっただけだとなる
その後バブルが崩壊して三十年も低迷している、それは日本が何か発明するものとかもともとなかったからである、そういう力もなかったからだとなる

いづれにしろもう一つの時代を生きて終わったとなる
集団就職もその一つの時代を象徴していたものでありそれも歴史にもなった
何か・・サスペンス名作選 地方記者立花陽介・・・このテレビドラマは常に過去を回想して地域を話題にする
この前は学生運動のことをテーマにしていたり今回は集団就職のことをテーマにしていた能登に勤めて集団就職してうまくいかなかった人のことである
母親は息子が辛いと言ったとき我慢しろと言った、そのことを悔いている
帰ってこさせればいいと言っていた
その人は印刷会社に勤めていた、その時の仕事が活字拾いだったのである

活版の組版では、まず必要な活字を集める(文選(ぶんせん))、集めた活字を原稿に従って配列し、行間・字間を整えて配置する(植字)、大部数の印刷には複製版をつくる、の工程がある。活字は総数4万種以上あったといわれるが、普通の印刷では6000〜7000種程度であった。これを活字ケースに収め、ケース台に置く。活字の配列は、音別分類もあるが、普通は部首別である

ドラマで集団就職した人はこの仕事をしていた、ところが時代が変わり首になり新しい印刷会社に勤めようとしたがこの技術があってももう時代が変わり採用されなくなった
何か今でも子供の時、ソロバン習ったが役にたたなくなった
今やコンピュターでしてしいるからこの技術がなくては印刷もできない
活字を拾っていたとするその手間はあまりにも大きいとなる
今やインタ−ネットの時代になると印刷などしない、即時に通信になる
この差が大きいのである、だから新聞のように一軒一軒新聞を配るとかは江戸時代の駕籠なのかとも思ってしまうのである、そんなものはもう過去のものなのである
ただ新聞紙は焚き付けとかに役立っていた、風呂とか便所とかでも使っていた
まだその時トイレットペーパーなどもないし風呂でも焚き付ける風呂であったからだ
電気も裸電球一つであり水道すらなかった時代だからである

このドラマではワープロを使っている、でもこれには通信機がついていない、それで新聞社の東京の本社にしょっちゅう打ち合わせに行っている、私は通信機付きのワープロを使っていた
今だと即時にインタ−ネットでも資料でも送れるし写真も送れる、動画も送れる
そうなるとテレワークもできてそんなちしょっちゅう東京の本社に行く必要ないのであるこうして常に人間は時代の変化を受ける、技術革新の影響を受ける
このドラマは三十年前から四十年前でありそこから過去を回想する
すると戦争でもまた語る人が若いし学生運動とか集団就職のことでも語られる
ただ時代がたつにつれてそれが遠い日のことであり忘れ安くなる
でもわかったことはテレビドラマも一つの歴史として映像で残しているのかとなる
これは映画とは違う、映画はあまり日常的なことを話題にしないからである
ただ映像を見ても今とたいして変わりない、テレビ画面は本当にぼやけている
その差があるが街並みなどたいして変わっていないように見える
posted by 老鶯 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治維新-明治以降
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189005234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック