2022年01月04日

公明党の闇、遠山議員の逮捕のyoutubeの解説 (新聞、テレビは権力と結託して利益を得るもので衰退)


公明党の闇、遠山議員の逮捕のyoutubeの解説

(新聞、テレビは権力と結託して利益を得るもので衰退)

koumeisoka111111.jpg


遠山議員一個人でしたのもはなく公明党組織がかかわりしたことだと説明している
ということは創価でも組織的にかかわったことにもなる
なぜなら創価と公明は一体だからである
だからこそ外部から今度は罰当たる地獄に落ちろとか言われるのである
日頃常にそういうことを言っているからである



このyoutubeはわかりやすかった、要点は突いている
元ジャーナリストのプロだからだろう、公明党議員が遠山が逮捕されたことを説明していたがなるほどなと納得した
公明党が長い間自民党と一緒に活動している内に自民党と同じくなったという
私はそう見てない、そのことは前から言ってた
そもそもここで説明では公明党が組織的にしていたのでありそれは創価学会も組織的に加担していたと同じなのである
公明党は創価学会とは別だというけどそのことは前に書いてきたけど創価というのは選挙が信仰の戦いであり選挙に勝つことが仏法の勝利と位置付けている
だからあらゆるか活動が結局は選挙に勝つことであり堂々と幹部は権力を奪取すると公言しているのである
それが理論的にも王仏冥合として正当化されているのである
だから権力をとることは教理に反しないのである

そして不満分子を集めて御利益、御利益、権力、権力とか地位を奪いとか金になるとか
御利益御利益しかないのである
こういう団体が当然遠山議員のようになるのは必然である
365日そうして活動しているのだからその延長として当然賄賂でもなんでも御利益になることを容認することになる
ここでは実際一個人ではなく公明党ぐるみで行っていたことなのである
それを説明していたからわかりやすかった

そういう地位にあるといろいろ相談に来る人がいる、するとその人に利益を与えるのには権力をもっていないと地位を持っていなとできない、それが自民党は元々できていた
だから自民党と一体化して権力をもち分けてもらいその権力で御利益を配分する
そもそもそういうために組織化して団体化したのである
それが宗教団体になっているから偽善になりおかしくなっているのである
何か御利益があるんだとみんな入ってくれるからそうして利益を配分することでも強いられる、何か信心など関係ないのである

ただ関係あるのは罰当たると地獄に落ちるとか絶えず言っている
そうした悪党でもそういうことを常に言うし集団でも脅すから悪質なのである
つまり創価とは悪僧集団なのである
ただもし自民党のようにあからさまに権力を利用して政権を維持するというのであれば
その悪はわかりやすいのである、創価とかカルト教団のわかりにくさは宗教を看板にしていることである、もしここは暴力団ですよという看板を出していればわかりやすいが宗教を看板にしているからわかりにくくなる
またそこに入ると人も御利益を権力を得たいという人達が入ってくる、動機は信仰など求めていないのである、ただカルトだからいろいろな人がいる

人間の社会がわかりにくいのはこうした偽善とうのがあり何がなんだかわからなくなる
そうして結局陰謀論になって終わるのである、悪は見えないからそうなるのである
悪でも美名の下に隠されているからだ
それでこの世を支配するのは闇の主ーサタンだと言われるのである
日本の戦争でもどうして戦争になったのか、それも明確にわからなくなっている
いろいろ追求してもそれも闇の中にあり闇に葬られるとなる
戦争でも宗教になると聖戦とか日本は神の国であり勝つとかなる
でもどんな戦争でも戦争自体は人を殺すのだから否定される、ただ旧約聖書の時代は神が関与したものとして別だったのである
でもモーゼの十戒でも殺すなとしたが他民族はこの法は適応されなかったのである

人間の複雑とか問題はこうした偽善が多すぎることなのである
何か善を装うからわからなくなる、だから親鸞のように俺は大悪人だというときそういう人は宗教家だったとなる、でもみんな善人になっているからわからなくなるのだ
人間は本当にジキルとハイドである、特にカルト教団と宗教に関係している人はそうなりやすいのである
信仰を説いても裏ではただ権力をとることであり自分の欲望を実現したいだけだとなる
そこに自己矛盾になっているのである、表は善人ぶり実は悪人だとなる
だから私は大悪人だというときそういう人は本当は大善人だともなる

いづれにしろここのサイトも急所をついている、山口県の自民党の争そいでもわかりやすかったし大阪で読売新聞が大阪府と役所と結託して収入を得ようとしている
それもわかりやすかった、新聞はもうネットとかに宣伝費をとられて経営できなくなっている、それで役所と結託して収入を得よとしている
それは福島民報がそうである、県で出資が半分していて後は創価の聖教新聞を刷っているこんな新聞社が何か県民の命にかかわるようなことを報道などしない
だから原発でも何らその危険性など報道しない、むしろ県がすすめているのだからそれに従うだけだとなる、大阪でも読売新聞が福島民報と似たようになっているからだ

原発の父」と呼ばれる正力松太郎は、独占的な通信網欲しさから原発を日本に持ち込み、田中角栄は利権目的で原発を利用した。こうして日本の原発は、その本来の目的とは乖離した、いわば不純な動機によって増殖を続け、そしていつしかそれは誰も止めることができないものとなっていた。
www.videonews.com/marugeki-talk/532

このyoutubeでも意外と急所を突いているし報道している、こういう報道が意外と今までのメデアはマスコミはしていないのである、だから報道はこんな二人くらいでもできるものだということだったのである
私でもプログでも一応報道できているのだ、すると自分が何かメデアもって力を持てたともなり何か報道しているうち使命感のようなものが生れてくる
何か社会にとって小さいにしても役割があると思えてきたのである
今までのネットだとそういうことはあまりなかったと思うがyoutubeとかで相当に普及したのである
誰でも報道できる報道局になれるということこれが報道で大きく変わった
今までだと報道は六局とNHKしかできなかったからだ
この変化は大きいと思った、公明党の内部ことなどあまり報道しないだろう

常にマスコミには権力団体から圧力がかかるからできなかったのである
このyoutubeでは読売新聞であれ仲間となると批判はしにくい批判できないとしている
仲間とな利権を得るから批判できなくなる
つまり原発でも東電とか政府とか電事組合とか専門家とか一体化した権力であるからこうして強力な原子力村が形成されたから誰も批判などできないようになっていた
内部告発もできない、だからこそ「安全神話」が生れた
また戦争では天皇を神として勝つとして三百万人が死んだのである
こういうふに批判を許されない強力な権力ができあがるとそれが国民に恐ろし災いをもたらすことを本当は国民が自覚すべきなのだがそれに対して無関心だった
そしてナチスなどが席巻して信じられない犠牲者が死者が出たのである
つまり権力を監視して権力の肥大化するのを止めることが必要なのである
でもマスコミもメデアもその権力と一体になり加担していたからもう批判はできない
批判したものは特高が来て刑務所に入れられたとなる

でもどうしても権力側につくと得だから権力を操作する者になりたいとなる
だからこそ創価は常に権力奪取とか公然と叫んでいたのである、だから遠山議員のような人が出てくるのは必然だったのである、革命で権力をとったら重要な地位につきいい暮らしができるとして活動しているからである
それは共産党でも同じである、それは中国を見ればわかる、結局人間は権力にこの世の栄華が欲しいから権力に魅せられるのである
それを公然と宗教の仮面をかぶって求めて日々運動しているのが創価なのである
創価と公明党が別のようにみるが全然違う、全く一体なのである
そもそも政治と権力は切り離せない、政治家が権力を握るものとなるからだ
そして権力腐敗する絶対的に腐敗するとなる

たがら報道する職業は権力と癒着しなことが求められる、でも実際は新聞でもテレビで
莫大な金がかかるからできなかった、それがyoutubeだと個人でも報道局になれる
プログだって新聞にもなる、だから自分自身こうしてプログで書いているうちにジャーナリスト精神が生まれてきたともなる
ジャーナリストでも今までは新聞社とかテレビ局とかに属していない限りなれなかったからだ、それが二三人でもまた一人でもテレビ局になり新聞社にもなることが変わったのである
ただ取材とかなると相当に手間であり権力がないとできないともなる
だからこそ権力と癒着して権力者と仲間となった真実が報道されなかったのである

つまりマスコミとかマスメデアは権力側につくものであり癒着していてただ利益を得るということだったから真実は報道されない、するとそのことで県民でも国民でも原発事故で大損害を受けることになったのである
だから奇妙なのは報道に向いているジャーナリストは隠者がいいというのも不思議だったでも隠者だったら情報を得ることがむずかしい、必ず人と接しなければ得られないからである、ただ利益と関係ないということで中立になり公平になることはありうる
また人間の習性として仲間をもてば仲間が優先となり忖度して仲間の利益を計ることになる
すべての団体でも組織でも会社でも公的なものでもそうである、どうしても仲間意識身内意識をもちその利益が利権が優先される
それはそもそも家族というのもそうである、家族も一つの強固な仲間であり団体であり組織でもあるからだ
だから意外と家族でも公平になりえないから家族だと犯罪でも証人になりえない、家族に忖度するからなれないのである
だから公平であることはほとんど不可能にもなる、だから神しか公平になれないとなるのである
つまり仲間を持たない組織団体に所属しない隠者が公平になりうるというのも逆説である


posted by 老鶯 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189248164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック