2023年04月09日

残る花(今年は桜が早く咲き早く散った)


残る花(今年は桜が早く咲き早く散った)

花吹雪一人この道我は行く田舎なりしも装われにけり
朝からに風の荒らしも桜花あらかた散りて残る花かな
風荒く夕べなお吹き唸るかな今日もこの道残る花見ゆ
夜の更けて残れる花のあわれかな田舎の闇の深くもあるかな
近くとも心離るれば遠きかな春の荒らしや花は散りにき

私の短歌のテーマは桜でもあった、だからかなり桜については短歌を作った、西行も桜の歌を作り続けて死んだ
桜は日本を象徴する花である。桜に日本人の心にもなっている。
桜に日本人は人生をも投影してきたのである。

今日は朝からも風が強かった、ビュービューと唸って吹き付けていた。夕方も風がやまず吹き付けた。
今年の桜は早く咲き早く散った、遠くの桜を見ないうちに近くの桜は散った。リホームで忙しくして見にいけなかったともなる
大河原の千本桜を自転車で見に行ったとき全部すでに散っていたのである。その時なんともいえぬ感慨があった
あれだけの桜をわざわざ遠くから苦労して見に来たのに無情にも全部散っていたからである。
それだけ桜は散るのが早いということである。
ただこれからでも山形とか岩手の方に行けば見れるかもしれないが今年は散るのが早い、だから意外と桜はどこでも咲いていても見れないのである。

ともかく近くても嫌だとなりその女性は男性のもとに行かなくなった、老人であり別に若い時とは違う、それも金の問題だったともなる、人間は心が離れると近くでも遠くなるのである。それもわびしいとはなる。人間の関係も切れやすいのである。
田舎だと闇が深い、だから田舎では静かな生活とかに適合できな人もいる
にぎやかな所を好む人もいるからである

プログだと毎日報告できる、それで俳句とか短歌を出すには向いている、季節が日本だと変わりやすいし天候でも刻々変わっているからである。
別にプログだとこうして一行ですら書いて出せるのが強みでる
そこに臨場感がでてくるのだが読む人はどうしても何日か遅れて読むとなる。ただプログだと日にちが記録されるからあとでふりかえるのにはいいのである。

とにかく桜の短歌を集めて歌集を出したい、それはアマゾンでできる、一冊でも本を作ることができるようになったからである
それでこれまで書いたものが増えすぎたのでまとめる必要があり
そのために時間がかかるのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190279507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック