2023年11月30日

俳句の英訳の試みー意訳になるー一つの英語の言葉の意味がわかりにくい 【神の手に万物一つに結ばれる冬】


俳句の英訳の試みー意訳になるー一つの英語の言葉の意味がわかりにくい

【神の手に万物一つに結ばれる冬】



神の手に万物結び冬に入る

神の手に万物一つに結ばれる

物言わず万物硬く冬に入る

冬に入る万物硬く結ぶ合う

深々と万物硬く根ずくかな

冬に入り万物整い神ましぬ

石と石組まれ重なり冬に入る

人の業休まむ時や冬に入る


the almighty of God control 
complete over nature.
strong and perfect in winter
as all united one

all silenced nature in winter
deeply rooted in the earth
Strict and solemn 

one by one 
built in stones
all united one
winter come

God exsist 
all united one
in order
in winter

Presence of God
with no working man
a state of inaction
objects at rest in peace 
quiet in winter


She rested her eyes on me and smiled.
 彼女は私に目を留めてにっこり笑った.

何故ここにrestが用いられているのか?目が留まるでstayにもなるのでは、休むということが理解できない。rest には停止する意味があるからその目線がその人物に停止したとなるのか?

one by one 
built in stones
all united one
winter come

本質的な成分、あるいは特質として存在するさま
(existing as an essential constituent or characteristic)

この俳句を説明すればこうなる。そもそも詩の翻訳はできない、詩は言葉の芸術であり言葉の意味を深く知らないとできない
漢字にしても中国人の漢字が意味しているのと日本人の漢字は同じ漢字を使ても意味を違ったものとして使っているからだ

いずれにしろ詩の翻訳は不可能だしコンピューターでも翻訳できない、詩とは高度な言葉の芸術だからである。
外国語になるとこのrestのようにただ休むというののでもないからである。
ただ外国語で表現すると何か感覚的に違ってくる。漢詩でもそうだが韻を踏むということで有利ではある。どうしても日本語は冗漫になるからである。

ただ私の語学力で翻訳は無理でありただ意訳することで英語の表現にすると無駄なものが省かれて引き締まるとはなる。
おそらくこの俳句を英訳しても英語を母国語とする人たちには余りに平凡でつまらないとなるだろう
俳句は日本の季語から成り立つものだから基本的にそれがわからないと理解できないからである。
意訳すればただ平凡な説明にもなってしまうからである


隠栖の老いの棲家や冬の星


The old man retires
at the hidden house
a star in winter

ここでも隠栖の表現が英語ではただ引退したとなり何か平凡になる。
外国人には漢字の意味がわからないからまた漢詩でも訳してももその真意が通じないのである。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190675179
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック