2008年11月11日

秋深し(石の顔)

stoneface2222.jpg

石二つ顔の二つや秋深む

自然は人間の顔になるというとき都会のビルの谷間で生きる人間は非人間的なものになっているのだ。ロボット化や数字化してしまっている。石だったら岩だったら一つ一つに表情がある。そこに目をつけただけで人間の顔になっているのだ。人間の顔も無数の表情がある。一人一人違っている。一つは剽軽な顔になりもう一つは真面目な瞑想しているような顔になっている。人間の非人間化はうるおいのなさは機械化画一化されるたことなのだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23612892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック