2009年10月10日

南相馬市原町区萱浜と鹿島区大内の原初は湿地帯

南相馬市原町区萱浜と鹿島区大内の原初は湿地帯

sakuraimapsea1.jpgoouchichimei1.JPG
クリック拡大

●萱浜も湿地帯だった
萱浜という地名は古くからあった。だからその地名をとって相馬氏が姓とした。
胤往の曾孫・胤久(五郎左衛門)は萱浜村(南相馬市原町区萱浜) に移り住み、萱浜を称したという。金場門馬氏の祖・門馬胤久(五郎左衛門)が行方郡萱浜村を知行して萱浜を称した

相馬の門馬家
http://members.jcom.home.ne.jp/bamen/ichizoku91.htm

萱浜地帯は地図を見ればわかるように谷地とか渋佐(しぶさ)となっているのはしぶさは砂のことである。海が近いから萱と砂の地帯だった。赤沼とかも沼でありここももともとは湿地帯であった。日本は海の近くは湿地帯だった。北海道の釧路湿原のようになっていたのだ。巣掛場などという地名も残っているから鳥や獣をとっていたのかもしれない、湿地帯であり生業は狩猟などだったかもしれぬ。新田川には一面に萱がなびく光景もあっている。海から鵜の群れが飛んできていた。真野の草原は有名だけどここもそうかなと思うかもしれない、ところが日本全国こうした光景はどこでもあるのだからめずらしくないのだからあえて特別真野の草原は都から見て面影にしてまで見る地かとなると疑問なのである。それは前にも書いた。この萱浜の地形を見ると
桜井古墳がやや高台にありそこから海へと湿地帯が広がっていたのである。川と湿地帯の海に面して桜井古墳があった。泉長者の泉も高台にある。それが何を意味しているのか?桜井古墳の前の方にも小さな古墳がある。桜井古墳が川の側であり海に面していることが特徴なのである。もしかしたら船着場みたいなものだったかもしれない、海から目印となるものだったかもしれない、場所からするとそうなるのだ。海の近くにある古墳は瀬戸内海の五色塚古墳なども海からの目印としてあった。海との関係が深かった。ここの古墳から東海系の土器が発掘されている。東海系の人たちがここに移住したのか何か関係はある。東海からどういう経路で来たかわからない、ただヤマトタケルの伝説で原町史談なる本によると《原町市高》は多珂神社の当て字で竹水門は《高川》(現太田川)の河口(湊)の事とあるとあるからここではないが河口が湊になることがあった。上陸した地点がここだとかなると桜井古墳もそれと関係しているのかもしれない、いづれにしろ歴史は地理でありそれと同時に地形を読むことが大事なのである。この地形は実際に路査しないとわからない、高低などがわからないからだ。萱浜はあとで越中からの移民が移り住んだ。ここは海に近く湿地帯であり開墾する地帯が広く残っていた。条件の悪い地帯だった。移民は条件の悪い地帯を開墾させられた。相馬では真宗系の墓が必ず目立ってある。移民が相馬に根付いて六万石の実りとなったのである。


●鹿島区の大内からも湿地帯

鹿島区の大内村の地形は後ろは山に沿ってある。そこから海の方や右田の方を見晴らすとやはりそこも広大な湿地帯だった。真野川の流域でもありここに不思議なのは曽我船という地名が残っている。ソガとはさかのぼるという意味でここに船がさかのぼって来たからだという、それは伝説的地名であり真野の入江がありそこに船がさかのぼって来るからその地名がついた。これが本当だとすると万葉時代からだから相当古いとなる。真野の入江というのは確かに塩崎(しおのさき)が入江になっていて船着とかがあったのだから船が来ていた。それはいつの時代なのか?地名としても残っている。草原(かやはら)は入江のことであり港だったという説も書いた。ともかく大内村は前は広大な湿地帯だからあそこに村が最初にできることは地形的にわかる。小島田というのもその湿地帯のなかに島のようにできた田のことかもしれない、つまり地形をイメ-ジするとき原初の状態をイメ-ジする必要があるのだ。大内村は閑散としているから古い村とも思えないがやはり古いのだ。第一曽我船(そがふね)とか伝説としても地名が残っていること自体古いのである。

豊臣時代に北郷に田中城代として田中忠次郎郷胤、その配下に滝迫館
大内館、杉の館、赤柴館(栃窪村)があり戦争の折りには各館より出騎していた。(鹿島町誌)

大内に南館下という地名があるのはその時のものだろう。館は中世から戦国時代の地名が基になっている。
大内にも家が少ないように見えても館があった。その館を中心に村が形成された。この頃は田中城が中心であり今の鹿島の町があるところではない、田んぼになっいるところに城が館があってそこが中心となっていたのだ。町はあとで街道沿いにできるのが多い、江戸時代になるとそうである。その前は中心は館であり城であった。だから今から見ると辺鄙な所に多いのである。いづれにしろ歴史も地理であり地形を見ないとわからない、地理とか地形は何度もその地を踏まないわからないから歴史も理解しにくい、高低差や距離の感覚がわからないのだ。

南相馬市原町区萱浜から鹿島区大内へ(実りの秋の俳句)
http://musubu.sblo.jp/article/32818579.html


注意-著作権について
千葉氏一族について詳しく書いている人から著作権違反の指摘があった。その後メ-ルは来ていない?ここは引用するとき注意が必要。長いのは駄目なのかもしれない、短いならそうでもないかもしれない、それはあくまでも歴史的事実であり創作ではない、でもあれだけ詳しく書いているとやはり著作権があるのだろう。だから二三行とかならいいのだろう。あとは詳しく知りたければリンクすれば問題ないのかもしれない、ただ著作権にはいろいろありめんどうである。特にインタ-ネットではまた本とはちがっているからむずかしいのである。ただここの千葉氏のサイトは相馬郷土史関係で良く書いているから一言御礼と挨拶が必要だったのかもしれない、お世話になっていますとか必要だったのかもしれない、あれだけ詳しく書いている人はそれだけ功績もある。ただ自分だってインタ-ネットでいくら書いてもコメントもまれだしインタ-ネットでは何か功績としてほとんど認められないのが問題なのである。もちろん金にもならないから何で書いているのかわからなくなるときがある。ただ無料でひたすら提供しているだけだとなるからだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32819399

この記事へのトラックバック