2010年06月22日

磐城市四倉(抽象画)

yotukuraabs1.jpg
クリック拡大

yotukuraglass1.jpg


磐城市の四倉を詩で書いたけど抽象画にしてみた。イメ-ジとして大きな砂浜と白い波が四倉の特徴だった。だからまず白い波の部分がイメ-ジとして浮かび上がる。あとは色の効果をだすだけである。いろいろいじってみた結果、グラスができた。
最近津軽ビィドロがなどガラスの花瓶を買ったけど夏はガラスの花瓶が涼しくていいと思った。

抽象画も第二芸術にしろ自分なりに絵を楽しめる、これは絵の才能がなくても技術的に規則的に加工しているだけである。それでも絵の感じになるからやっている。この抽象画には無限の変化を作り出せるから不思議である。機械的にやっているのだから同じものができても不思議ではないが同じものではない、みな違っているから創作なのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39094912

この記事へのトラックバック