2011年06月14日

南相馬市鹿島区右田に残った松


南相馬市鹿島区右田に残った松

dalia12323.jpg

koinoborikawa.jpg

家がなくなった人がここに鯉のぼりを置いたのか?
ふつうこんなところにこいのぼりをしないから


maturoots1112.jpg

playomocha111.jpg

stonwild222.jpg

stonwild11.jpg

migita,atuuu123.jpg
クリック拡大

前畑にダリヤ明るし朝に映ゆ


凄まじき枝折れあらわ凛々しくも津波のあとに残る松かも


今はなき右田の松原防波堤崩れ打ちよす浪の音かな


なぎ倒す松数しれず根のあらわその一本のまた残り見ゆ


家はなく庭石残る茫然と石も驚く津波なるかな


もともとは庭にありにしその石の荒野に残りあわれなるかな



右田の松原は松が太いからいい松原だった。あまり注目されていないがいい松原だった。松川浦よりいい松があった。松川浦の松は細かったのである。だからいい松原とは思わなかった。ともかく今回の津波では松の被害が甚大である。どれだけの松がねこそぎ倒されたか数しれない、何十万本の松が津波で根こそぎ倒された。松原は防潮林として植えていたからその松がすべてなぎたおされた。津波の威力をそこでまざまざと見た。陸前高田市では7万本の松の一本が残ったがそれも危うくなっている。あの辺この辺より津波が激しかった。街自体が壊滅した。まるでポンペイの跡である。この辺でも磯部とか烏崎はそうなった。街とか村ごと一瞬にしてなくなったた恐るべきものだった。身の毛のよだつような津波の猛威だった。


右田だとしょちょう行っていた。駅近くの踏み切りからまっすぐな道だったが家は少なかった。
それでも家はあった。一千万で最近リホ-ムして売り出していた家があった。あの家を売った人は運が良かった、命も助かり財産として価値あるとき売ったからである。海老にあった喫茶店などをしていた別荘も1200万で売り出していた。それも土地だけは残ってももはやあんなところには誰も別荘は建てない、別荘は海側に建てる人はなくなる。日本では結構津波のことを考えず別荘を建てていた。こんな金銭的な大損失はいくらでもある。一瞬にして家も土地も財産もなくなった人たちが何万人といるからめずらしくもない。


あそこに大きな石のある庭があった。その石はどこにいったのか?写真のよりもっと大きい石だった。庭の石も津波によって流された。庭の石は荒野の石とは違う。人間の情がうつった石になっている。ペットと同じである。石に情がうつらないというかやはり庭の石は人間化した石なのである。いづれにしろ以前として異様な光景は変わっていない、これも何年かたつとそんなものかと日常化するのだろうか、それにしても一本残った松はまるで戦場で必死に生き残った侍のようである。なぎ倒された松、殺された松は部下だったのだろうか?凄まじい津波の猛威にたえて残った一本の松、痛々しくもしかし凛々しい松である。これを画家が絵にすれば名作になるかもしれない、一幅の絵になっているのだ。右田の松原は消えただ今はこの残った松の英姿を見るだけである。


前畑や前田というときなんともないようだが農家だったらまず前田が前畑が映える。そこが昔なら生活の拠点となったからである。今は遠くの会社に通うから自然な生活が失われた。前畑や前田を生活の拠点にすることが自然な人間の生活である。あそこは田中城があったところでありあそこまでは津波が来なかった。その手前まではきていた。やはりあそこは高くなっているから城が作られた。あとは低く湿地帯だったのである。


ともかく前田や前畑が生活の拠点となるのは自然であった。車や交通の便がよくなったから遠くが生活の拠点になる、それは人間にとって不自然なことである。都会では今回の地震で帰宅できない人があふれた。そして自転車通勤した人は帰れたのである。便利なものに頼っていると災害のとき困る。便利なものに頼れば頼るほどそうなるのだ。原発の事故もそうだったのだ。その災厄は何百年つづくとか土地まで耕せなくなった。津波の荒野に原発事故の放射能汚染の荒野の世界である。こんなこきになるとは誰も想像もしなかった。でもそれが今の現実なのである。

 

posted by 老鶯 at 17:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 地震津波水害関係
この記事へのコメント
鹿島区の様子がわかってありがたい情報です。うちのせんぞは右田ですから、福島高校の体育館に避難していた人もおりました。
今回の震災・津波・原発事故を通して。貴君のサイトを読み出して。膨大な郷土史ブログも、古いものまで通読しつつあります。
詩集「海望廃墟」以来ですね。
鹿島で著作らしきものを発表していたのは森鎮雄氏ぐらいでしたね。ただし歴史とはいっても、限られた狭い分野だけなので、しかも、ネット時代には無縁の世代なので、いまや小林兄の時代が到来した感があります。
鹿島という鉄にかかわる神にゆかりのみちのくの土地ですが、仙台を本拠にした作家が「アテルイ」を主人公にした雄大なロマンを小説に書きましたが、渤海など外国勢力との連携によって、大和政権の征服戦争に対抗する物語でした。
たしかに福島県浜通りは大和朝廷の北上の過程で発展した地帯ですが、そのような壮大な歴史まで見通しのできる視野を持った先達たちは皆無でしたね。
貴君の壮大なブログが耕し続けている相馬郷土史プロジェクトの構築を、毎日見守っております。
Posted by どみんご at 2011年06月14日 18:47
>うちのせんぞは右田ですから、福島高校の体育>館に避難していた人もおりました。

そうですか、あの辺は自分の散歩コ-スでした
あそこの松原はいい松原だった

松原だから松風が気持ちいいところだった
あんなふうになるなって信じられないです
Posted by プログ主(小林) at 2011年06月14日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45981480

この記事へのトラックバック