2011年09月09日

日本の天地とともにあった万葉人 万代までと願った日本の自然が原(発事故でげがされた)


日本の天地とともにあった万葉人

万代までと願った日本の自然が原発事故でげがされた


吉野川巌と栢と常磐なす我れは通はむ万代までに


皆人の 命も我れも み吉野の 滝の常磐の 常ならぬかも


吉野川巌と栢と常磐なす我れは通はむ万代までに


かはづ鳴く吉野の川の滝の上の馬酔木の花ぞはしに置くなゆめ


天地とともにもがもと思ひつつありけむものを.......


天地と  相栄えむと  大宮(を 仕へ祀れば  貴( たふと )く嬉しき 


天地と久しきまでに万代に仕へまつらむ黒酒白酒を


天地を照らす日月の極みなくあるべきものを何をか思はむ


吉野なる菜摘の川の川淀に鴨ぞ鳴くなる 山かげにして 」
             巻3−375 湯原王 (天智天皇の孫)




吉野というと桜で有名だがその華やかな表に対して裏側がいつも山陰になる吉野川沿いである。ここは今回の台風でも被害があったところである。相当に山深い場所である。

吉野川巌と栢と常磐なす我れは通はむ万代までに


これは別に吉野川を真野川としてもいい、


真野川の巌と栢と常磐なす我れは通はむ万代までに


現実にそこに原生岩と名づけた岩があった。万葉人は古代人は清浄な地を知っていたしその清浄な地がいつまでもあってほしいという願いが常にあった。万葉時代なら自然は今とは違い清浄な所が多かった。でも万葉人はいつまでもこの清浄な地がありつづけることを願った。それが現代になるとこうした古代人の清浄への感覚が消えた。清浄を保つ感覚は消えてただ経済的繁栄のみを望むようになった。それが原発事故で本当に飯館村とか真野川の上流も警戒区域となり入れなくなるということにさえなった。自分はそこに清浄の地を見出して通っていた。

自分はまた天地に仕えていた。天地とともにあることを願った。それが原発事故で失われようとしたとき怒りを覚えた。誰がそうしたのか?それは清浄の地域をないがしろにした地元の人の責任もある。ただただ物質的繁栄を求める文明自体にもあった。しかしこの地が自分の住む場所が放射能に汚染されると思わなかった。清浄な地域に通えるものと思っていた。万代までもあるこを通えることを願った。万葉人の願いは無惨に放射能によって砕かれたないがしろにされた。津浪は神の怒りだったかもしれぬ。


日本の清浄の天地を汚したものへの神の怒りだったかもしれぬ、特に東京の都会人は原発を清浄な地域にもってきて汚したのである。もちろん地元の人も悪いのは悪い。地元の人も清浄なものへの感覚が消失していた。ただ目前の金こそがすべてとなっていた。語られるのは望むのは金であり経済的な繁栄であれそれしかない。地元にある自然の清浄さを貴重なものだと思う人はまれである。今故郷を失われた老人は泣いている。その恨みは深い、誰が一体こうさせたのだ。それは自分にもふりかかってくる問題であった。故郷を失うことそれがどれほど辛いことか思いしらされた。こんなになるんだったらなぜ命がけでも反対しなかったのかと思う人もでているかもしれない,自分もそういう強い思いに欠けていた。原発の被害がこれほど広範囲なことに驚いたのである。


天地から離れた人間の傲慢が原発事故に
http://musubu.sblo.jp/article/47762171.html

posted by 老鶯 at 10:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
吉岡(口腔外科医)、広瀬高志、真光の坂口のぶ子坂口みきを庇う疚しい宮崎真一良、弁護士を通してくれ!チョロチョロ、出てこられても迷惑!薄汚い顔もストレス! 醜い顔、鏡に写せ!汚らわしい葛ども!
Posted by 山田 at 2011年09月12日 11:43
知り合いを増やして開業医として、宗教家として儲けたい為に俺を利用するな!お前らに教育されるほど落ちぶれてない!医者や俺以外の人間には偽善者を装う悪党ども!神や死者は必ず裁く様に事を運んでるぞ!
鶴ババは逃げてるが、法廷への招待状をプレゼントしよう。低俗な葛どもには何も渡さない!!鶴ババは人を苦しめといて「しんどいなぁ」と同調していたが、最低なサディスト!チンピラと付き合いする様な葛ども!大谷、心が不細工だから顔も不細工な広瀬、川村(歯医者)、宮崎はストレス解消に人を苦しめ人殺しまでする、サディスト!クリスチャンまで騙してクリスチャンへの冒涜!山田を使って嫌がらせするな!他人のメールや情報を悪用する様な葛ども!何処の誰かも知らない人間に利用される義務はないし精神科患者の犯罪者に利用知れる義務はない!よくも、同じ髪型した葛ども!目の前に出てこられるだけでストレス!制服隠すな!
人を教育出来る人間ではない人間に指図されたくない!被災地でボランティアして、残りの人生を償え!勿論、俺や母さんにも償ってもらうからな!覚悟しろ!
Posted by 汚らわしい坂口と男好きの広瀬千治 at 2011年09月12日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47822650

この記事へのトラックバック