2011年09月09日

南相馬市鹿島区の現在の状態


南相馬市鹿島区の現在の状態

azamiii11111.jpg
parkkk123.jpg
保育所前の公園の除染

bonsaiii123.jpg


karutenpoooo.jpg
仮店舗の建設


田は荒れて残れる人や秋薊


復興の希望のひまわり百輪ほど


鹿島区では人の流出はそんなにないだろう。原町区はやはり人口が多い分、子供をもっている人は一部流出している。また仕事がない人も出ている。仕事の問題が深刻なのである。
年金で暮らせる人は残る。老人は故郷に残りやすいのである。田が荒れている、これも湿地帯になるとそうは感じない、湿地帯化すると自然にもどるから荒れた感じにはならない、こういうところも放置したら日本では雨が多いから湿地帯化してゆく、水たまりができて沼になってしまうのだろう。


保育所前の公園では除染作業をしていた。あそこの公園に人がいたというのを見たことがない・・・この辺ではそういうことがある。公園は子供が多ければ集るだろうけどこの辺では公園はあまり利用しない、都会とは違って自然が広がっているからだ。今はたまに子供が公園で遊んでいるのをみかけるがここの公園で人を見たことがない、草や芝生には放射性物質がつきやすい、それをとりのぞいても燃やすこともできない、どこかに埋めることになるがそれでも放射性物質は残るやっかいなものである。除染するにしても河原の茂みやら森やらいたるところにぼうぼうたる草むらがあるのが田舎である。そういうところを全部除染などできない、ほんの一部、人が集りやすいところしか除染はできない、しかし除染しないと放射性物質は消えないから困るのだ。この辺はやっぱり子供がいるから優先的に除染したのだろう。


仮設に盆栽を飾っている。あのくらいの小さなものだったらおける。家では広い庭に置いていたのだろう。仮設住宅は昔の長屋ににている。あんなふうにして狭い所で暮らしていた。隣の声がつつぬけでありプライバシ-がない、自分の家は昔は長屋として貸していたからその話
を聞いているから知っているのだ。ツルハドラッグの前には仮店舗を建設している。おそらく小高区の人がふえたから小高区の人が出すのだろう。鹿島区は店すら何にもない、閑散とした町である。仮設ができてにぎわった感じになっているのも不思議である。


秋薊の季節だけど荒れた田にもふさわしいのが秋薊なのか?農家の人は今何を思っているのだろうか?仕事もしていない、除染の仕事や他の仕事をしているのかもしれない、それにしても
この辺の異常状態はつづく。避難しなくて良かったといえばそうである。それでも一人十万は東電からもらえる。小高区の人は一人十万仮設にいるかぎりもらえるから仕事がなくても生活はできるから津浪の被害にあった人達より恵まれているのかもしれない、ただ復興という点では放射能汚染は延々とつづくのだから不利である。


ひまわりはどこにでも植えられて咲いている。これは復興のシンボルになるのだろうか?
ひまわりは復興のシンボルには最適である。、力強い花だからふさわしいのである。この辺が正常化するのはいつなのか・・・もう正常化しないのか・・・・・なんとか南相馬市は浪江町とかと違ってやっていけるのか?医者や看護師が流出していることは復興するには最大の問題である。仕事もなくなっていることも若い人が流出する大きな問題である。老人はこの薊のように残るほかない、薊は荒れた田にもあっていたのか、薊はたくましい花である。

posted by 老鶯 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47831299

この記事へのトラックバック