2011年09月18日

原野化した南相馬市 (南相馬市はこの先どうなるの?)


原野化した南相馬市

南相馬市はこの先どうなるの?


takamatoo2233.jpg


高松

takamatoom.jpg

真宗系移民の墓

jyosenntama.jpg

akiya3333.jpg
空家

kurinikiii123.jpg
栗の木
kosodatejizou.jpg

子育て地蔵

horse111.jpg

katakura444.jpg

片倉村


odakakuhe.jpg

小高区へ道

tento1212.jpg

鹿島区川子の高台のボランティアのテント

南相馬市の原町区の高松から大木戸を通り片倉村を回ってきた。まだ今日も暑い陽差しだった。高松の墓所を見たら釈とあるから越中からなどの真宗系の移民の墓である。相馬藩では墓所を見れば必ず越中などの真宗系の移民の墓は一目で他から区別できるからわかりやすい、必ずそれは江戸時代の移民の末裔なのである。相馬藩では飢饉三分の一の人口が減ったときどれだけ困ったか真宗系統の墓を見ればわかる。墓所に三分の一も真宗系統の墓が残っているからそれだけ移民に負うことが多かったことがわかる。墓が語らずも証明している。
高松では山田という姓だった。高松は山田の姓が多いことがわかる。その辺で栗の木が一本あり大きなイガが実っていた。けれども家には人の気配がなく玄関はしめきっている。人はいない、前に無縁仏とあったがこれも何なのだろうと思った。


南相馬市では農家でも酪農家でも廃業する家が増える。田畑でも放置すると原野と化して荒れてしまう。元の田畑に戻す作業が大変だと経営が苦しかった農家はやめることになるかもしれない、南相馬市ではまだ原町区でも子供のいる家は避難して帰っていない家が結構あるのかもしれない、空家になっている所がある。子供を育てるのに難儀するから放射能の困る点だった。六号線の牛丼屋のチェ-ン店でも店員一人でてんてこまいだった。アルバイトの若い人を労働力として確保できなくなっているのだろう。若い人はいなくなるとこういう所に影響してくる。チェ-ン店のレストランは閉じている所が多いから淋しさを感じる。繁盛しているのはパチンコ屋だというのは仮設住宅に入っている小高区の人などが仕事をできないので暇で行っているからそうなる。パチンコ屋のアルバイトに行っている人を知っているからだ。そんな所には仕事がある。それも異常事態である。パチンコ屋だけが繁盛してもどうにもならないのだ。


高松から大木戸村辺りに来ると昔の街道からは離れている。原町は雲雀が原辺りから原はつく地名が多いように原っぱだから原町となった。その広大な原に野馬追いのための馬を放し飼いにしていたのである。その回りに柵を設けて木戸を回りに作っていたから野馬土手とか大木戸村が生まれた。原町村は野馬追いには一騎しか出ないあとからできた小さな村だった。宿場町となり人口が集中したのである。そして今は原っぱだった原野と化しているのも不思議である。元の原っぱにもどってしまったのである。馬が二頭を草を食べているが放射能の草である。牛はあまりいないだろう。農家も今や空洞化して原野が広がっているから荒寥としている。
途中の明治テックとかマイアスの工場も閉鎖中である。200百人とか働いていたらそこで仕事があるから人もいつく、その仕事がなくなると人は流出してゆく、流出してゆく人は若い人なのである。だから若い人がいなくなると働く人がいなくなりいろいろな店も閉じるようになるのだ。
高松から石神まで通りは閑散としていた。石神小学校も子供はいないから余計淋しいとなる。



明治テック株式会社

従業員数: 135人
建築工事用シートの分野では業界屈指の生産量を誇っています


マイアス電気株式会社
従業員数 62名



それから片倉村に出たらここも草茫々であり淋しい、トラクタ-で除染しているみたいだ。除染の草や土が積み上げられている。それもどこに始末していいかわからない、旧国道の浜街道を小高の方に行ったら立入禁止であり許可なく入ると罰金とられる。小高に家がある人もそうなるから悲しい。この道は車もほとんど通らない道になった。店はみんな閉じている。車が通らないとこれほど静かになるのかと思った。まるで江戸時代にもどったようだ。そこから原町の街中をぬけて川子に出るとテントを張ってボランティアの人がいた。横浜から来たとか歌を歌うとか言っていた。あそこは長居できるようになっているから便利だ。でも今ボランティアは何をするのか良くわからない、かたづけはだいだい終わったからである。

南相馬市はこれから一体どうなるのだろうか、原野化した田畑は来年回復するのか?それとも当分そのままなのか、若い人は去って老人だけの斜陽の街と化していくのか?今みる限りはそうなっている。こんな風景は本当に異様である。常磐高速道路は工事をつづけるにしても大幅に遅れるだろう。それでも原発事故で得した人もいるだろう。家族が多いと得する。小高区なら5人家族の家を知っているが50万が一月に支給される。その額は大きい。一年つづけば貯金さえできる。運の強い人はこういうときでも得する。いい悪いにしろ金銭運も運なのかもしれない、原町区の人は一時金の支給で終わるからかえって損だともなるか仕事がない人は出て行ってしまうだろう。津波の被害には補償はなく原発事故には補償があるのでその差も大きいのだ。いづれにしろ南相馬市では福祉関係のサ-ビスでも他の市よりは劣る。その他医療も正常化していないし看護師も出て行った人が多い。そうなるとますます活気を失い人が出て行く、何らかの方策を建てないとずるずる衰退してしまうのではないか?

江戸時代は移民政策で盛り返したが今度はどうしたらいいのか?中国人でも移民させるのか、中国人ならこれくらいの放射能は気にしないかもしれない、黄砂の方がひどいからだ。放射能のこを良く説明したらこれならたいしたことがないとなるかもしれない、それでも研修生も中国にいち早く逃げた。放射能は怖がればきりがないからだ。老人は免疫があるから居残る。ただ草茫々の元の原っぱに残されるのか?そういう異様な状態からいつ脱すことができるのか?ソ-ラパネルの会社が来るなどはいい面である。その他になにかいいことはないみたいだ。工業商業もしぼんでゆゆき農家もだめになるとすると衰退するばかりではないか?相馬市の方はまだ南相馬市よりはいい。南相馬市から相馬市に移った人もいる。相馬市は普通に田畑を作れるからいいのだ。ともかく南相馬市はどうなるのか、立入禁止区域から野良犬などが入ってきてウィルスをばらまくとかも騒がれている。こんな異様な世界はまるで映画のようである。でも現実なのだから現実を見つめる他ないのである。

posted by 老鶯 at 21:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連
この記事へのコメント
明治テックは再開してますよ。
日曜だからお休みだっただけじゃないですか?
Posted by 通りすがり at 2011年09月19日 07:59
 私の高校時代の友達も原町に住んでいます。嫁ぎ先の敷地内に建てた自分の家も嫁ぎ先の家も津波で木端微塵、土台だけになってしまいました。
四月下旬に同じ市内の彼女の避難先の実家へお見舞いに行って来ました。そのときは常磐線に緊急停車した車両がそのままになっていたり、田んぼには雑草が生えてはじめでした。
あれからの状況はこのHPで知ることが出来てとても感謝してます。
Posted by みさえ at 2011年09月19日 12:28

明治テックは仕事していた

休日で休んでいたんですか
あそこは大きいから閉鎖したら影響大きい

近くでも実際に歩き見てみないとわからない
近くでも実体がわかりにくい

でも原町区で空家になっている所
結構あるみたいだけど・・・

仕事ないとか人口が流出していることは
確かでしょう
Posted by プログ主(小林) at 2011年09月19日 20:50

私の高校時代の友達も原町に住んでいます。嫁ぎ先の敷地内に建てた自分の家も嫁ぎ先の家も津波で木端微塵、土台だけになってしまいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・

地元に住んでも地元のことをみんなしりえないです

これだけの災害になるとみんなしりえない
相馬市で仮設に入っている人が5千人いたのに驚いた。

相馬市では原発の避難者はいないからそんなに津波の被害者がいたのかと今日のニュ-スで驚いた。

本当はもっと詳しく報告できる
車がないのでできない

ただ歴史などは他の人より知っているから
地元の観点で報告できるのが強みです

今回の災害はやはり現場を踏まないと
なかなか実感しえないでしょう

テレビや活字や写真だけではしりえないです
ともかく様々な問題が噴出しているし
それにどう対処していいのか地元の人も
わからないというのが現状でしょう
Posted by プログ主(小林) at 2011年09月19日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48020063

この記事へのトラックバック