2011年09月25日

菊と石(秋彼岸にも死んだ正直な人が家に来る

<p><br /><strong><font size="4" color="#ffff00" style="background-color: #008000">菊と石</font><font size="3" color="#ffffff" style="background-color: #993300">(秋彼岸にも死んだ正直な人が家に来る)</font></strong></p><p><br /><br /><strong><font size="2" color="#0000ff">大輪の黄菊朝に映え硬き石</font></strong></p><p><br /><strong><font size="2" color="#0000ff">我が庭に石の硬さや菊映える</font></strong></p><p><br /><strong><font size="2" color="#0000ff">正直の女(ヒト)夢に来て秋彼岸<br /></font></strong></p><p>石と菊はあっている。石が硬いというとき人間が硬いということに通じている。前にもずいぶん石をテ-マにして詩を書いた。石だけの詩集になっている。石と性があっているということがあった。<br />石は誠実であり忍耐であり正直でありとかそういう徳も表現しているのだ。自然のものは人間の徳としてもある。そこに人間と自然の一体化かある。様々な花があれそれも様々な徳を示しているのだ。スミレとか小さな花は謙虚とか花言葉がいろいろある。自然の美というとき人間のモラルにも反映されるものである。美と義は別々のものではない,一体のものとししてある。石とか岩は聖堂とか神殿を形成した。ただ人間は社会生活で石のようになれというときむずかしい。相当に馬鹿にならない限りできないのである。嘘つかないで生きることもできない、世渡りをうまくやれよというときそうなるし堅物だとかなり敬遠される。でも人間は生きることは徳を高めることである。徳を体得することである。</p><p>それでまた正直一途の自分も助けてくれた女性が自分の家に来るのを夢見た。この前は墓参りにも行った。あんな馬鹿正直な女性はいなかった。わずかの金を借りても地道に返していたのである。一見見ていると馬鹿のように見えた。実際は馬鹿ではなかった。同情心があり義理と恩に厚い日本人の昔ながらの気質の女性だったのである。徳ある人だったのである。そういう人は今日本人でもまれだろう。地位ある人には金持ちにそういう人はいないかもしれない、何かとそういう立場の人は悪いことにも目をつぶらねばならないかもしれない、正直な人はまれだろう。地位ある人は権力ある人は徳を身につけることはむずかしいかもしれない、職人とか農民とかはもともと素朴でありえた。利得や権力から遠いからそれだけで素朴でありえたということはある。そういう昔ながらの日本人が消えた。すべてが金一辺倒の価値観になった。これもアメリカに習ったからである。</p><p><br />ただこうしう徳を軽く見るけど実際は人間にとって一番大事なものだということを一生をふりかえって気づくかもしれない、その女性が死んだ時、その人は正直の星となった。正直の頭に神宿る・・・というのはまさにそうだったのである。そういう徳は死んでもたずさえてゆく、死んだあとにも影響してくるのだ。生きている人にも影響してくるのだ。とするとそうでない人はどうなるのか、金持ちでも貧乏人でもどっちにしろ悪徳をもったまま死んでゆく人はどうなるのか?そういう人はやがて記憶されなくなる。地獄に冥府に行ってしまうのかもしれない、そこで罰が与えられるのかもしれない、だから生前に得したということが実は損したことになっている。徳の面で逆転しているのだ。<br />いづれにしろ嘘つくな、正直に生きろとか現代では教えられない、金になることがいいことだとばかり教えられてきたし現実の生活はそうなっている。別に教えられなくても金がすべてとなっているのだから人もただひたすら金を求めるようになるのだ。</p><p><br />でも人間が最後にふりかえるときあの世に何ももってゆくことはできない、財ももってゆくことができない、「天に宝を積め」というときまさに徳を積んだ人のことになる。経済的物質的には損しても天に宝を積んだ。そして死んでもその人は生者の元にやってくる。それが不思議な経験である。それは家族でも血がつながっていてもそうならない場合がある。あまりにもいいかげん親がいるからそういう人は子供の所にも死んでも現れない、忘れられる。しかし他人でも徳ある人は現れて力となっている。人間は死んですべて終わりかとなると違っていた。死んでもそうした徳を身につけた人は死後の世界からも影響していたのである。</p>
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48164545

この記事へのトラックバック