2012年05月05日

福島県の桜散る(短歌で綴る) (福島県の広大さ-ハマ-ナカ-アイヅの風土の影響)


福島県の桜散る(短歌で綴る)


(福島県の広大さ-ハマ-ナカ-アイヅの風土の影響)

hamanakaaizu.jpg

sakurakumagawa.jpg
熊川の桜



(夜の森)
夜の森の桜を偲ぶあわれかな帰れぬ人もよその桜見ゆ

(大熊)
熊川を下り開ける桜咲き沖に船見ゆ鴎も飛びぬ

(白河)
双葉より白河に逃れ小峰城花散るあとやあわれ深まる

(三春)
優艶に時を惜しみて枝垂れたる滝桜の香りの濃しも

(二本松)
二本松散れる桜のそのあとにたずねてあわれ散り安きかな

(小高)
浮舟城荒れにしあとに桜咲き復興願う小高の人かな

(飯館)
飯館に花は咲きしも人住まず誰かよるべし花もちりゆく

(南相馬市大原-大芦)
墓一つ山の桜も散りゆきぬ誰がたずぬるやあわれ深まる


森の中隠れて花の咲きにしを花散りてしるその桜かな


来て見れば花は散りにき風うなり過ぎ行く時の今年も早きも


故郷を離れ散りじり何思ふよその桜も散りてあわれも


いずこにも桜はさきぬ日本なりそれぞれの思いあわれなるべし


小峰城に避難した双葉の人
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2011/11/post_2345.html




白河にも双葉の人が避難した。会津にも避難した。会津の城をながめ桜を見た。避難者は全国にちらばった。縁故をたどるときそれだけ今は遠くに嫁に行ったりする。もちろん外国まで行っている時代だから昔とは違う。ただ福島県内に避難したというときやはり地元ということがあるのか?
他の県にゆくよりは仲間意識がでる。自治体としてもサ-ビスがあるし情報も入ってくる。他県にゆくと福島県のテレビなどが見られないということがある。インタ-ネットは別である、だから全国にちらばっている人が福島県や浜通りの情報を求めていることがある。自分のプログでもそうである。
こういうときインタ-ネットは役立つ、ただもう一つ情報の活用がうまくいっていない。 福島県といっても実際は広すぎる。浜通りと中通りと会津があるけど会津は一つの別の山国である。会津自体が歴史もあるしその歴史の層も厚い。広大な森に歴代の藩主や会津藩にかかわりある武家の人の菩提がある。



会津武士桜に月や山に散る

秋日さし苔むし重なる菩提かな

歴代の墓の重なり秋の蝉


その中に三人女性の菩提かないかなる女(ひと)やあわれ深まる


奥山を藩主たずねて咲く桜会津知られじ山に月かな


会津は広すぎるのと山が多いしその山も高いから地理がわかりにくいのだ。会津というとき月にしても山に月であり山国の情緒である。この辺は海から月が昇り山に沈むけど山に月を見ることがない、谷間の月も見ることがない、2000メ-トル級の山が重なる会津で奥深い山の峰の間に月が落ちる。
その情緒はこの辺とは全然違っている。


ひんがしの 野にかぎろひの 立つ見えて返り見すれば 月かたぶきぬ 柿本人麻呂


これは山の中で歌われた。しかし海辺だったら海から日が昇る。浜通りではそうである。すると福島県全体ではひんがしは浜通りであり月かたぶきぬ・・・は会津になるのだ。無理やり福島県を一国とすればそうなる。その範囲は拡大化しすぎているけど無理すればそうなる。月は山にあう。


蕎麦 一斗打 草臥し 暮の月 蕪村
http://haikusenryu.yomibitoshirazu.com/yume_haiku/
yume_sobaudon_soba_haiku_sono4_buson.htm


蕎麦と月はあっている。山に月があっていると同じ感覚がある。檜枝岐などは相当な僻地でありだから平家の落人伝説が生まれた。そこでは蕎麦が主食であり米の飯は食べるのは贅沢であった。米は他から買っていたのだ。買うにしても駒止め峠がありあの峠は凄い峠だった。今は下にトンネルができて楽に行ける。昔は檜枝岐は交通が隔絶された陸の孤島だったのである。今は尾瀬などの観光地になったからわからなくなったのである。会津は蕎麦が主食とするような所であり食文化すら相当違っていたのである。


奥深き会津の山に没る月のあわれや主食は蕎麦なりし日かな


福島県の桜というとき他にいくらでもある。会津の桜は有名であっても訪ねることはなかなかできない。桜にも月があっているから会津武士は山をよりどころとしてある。この感覚は浜通りでは実感としてわからないのである。「会津武士桜に月や山に散る」山に咲き山に散る桜である。それは潔く高い山の清気のように清らかである。だから白虎隊の壮烈な悲劇があった。山国故の閉鎖された環境と言えばそうなる。会津という風土がそうさせたともいえる。貿易とか盛んな港があると適当な所で妥協している。そういうことができない「ならぬことはならぬ」とか頑固に拒絶して首相にならなかった政治家もいたことでわかる。海に接していると心は開けてくるが山は閉ざされるのである。山で形成される思想と海から形成される思想はまるで違ったものとなるのだ。


イサスミの杉の木立の森厳に齢を保つ薄墨桜


言い伝え残し会津の山の奥千歳桜の今だ咲かじも


京の姫幾年ここに過ごせしや御前桜の咲きて散りにき


桜前線の短歌
http://www.musubu.jp/sakuranewpage2.htm


御前桜は白河街道の福良には泊まったことがあった。あの時は風雨が激しかった。それも一興だった。自転車だからもらに雨風を受けた。


風雨なか御前桜や旅路きて我がしのべるや街道の道


福良なる土蔵の宿に我がとまる堀に菖蒲やあわれ深まる


茅葺きの家の通りや福良宿菖蒲咲きにつ曲がる細道


福良は情緒あるところだった。白河街道は昔の風情が残っている。忘れられた道として魅力がある。あそこから会津の城下に入った方が趣がある。御前桜はここにあった。この桜もあまり知られていないだろう。今また旅を思い出して書いている。前に書いていたからそれに追加して書いている。
インタ-ネットだとこういうことがしやすい、書き換えたり追加するのが簡単なのである。
だから前に書いたもののつづきかなり書いているのだ。元になるものがありそれに追加してゆく,補てんして書いてゆくのである。会津は広いから探求したらきりがない、高い山が望めるから気持ちいいのだ。会津はやはり山国であり山国の文化である。山によってたつ文化である。それは奈良ともにている。ただ奈良には山に囲まれていても広い平地があった。あの平地はもとは大阪湾から海が入り込んでいて湖になり湿地になり平地になった。琵琶湖もそうである。山国でも海が太古には関係していたのだ。(やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる やまとし うるわし」この感覚とは違っている。会津城があるところは多少にている。平地があるからだ。

福島県では夜ノ森の桜もいいが熊川の桜も見た。あそこに行ったのは貴重だった。あの一本の桜は津浪で流されたかもしれない、かなり海に近いからだ。あの道の脇には家があった。それも流された。今になるとこの写真は貴重である。今年の春では大原や橲原から行った昔の秘境である大芦の桜であった。桜一本の下に墓が一つあってあわれが深まる。墓一つだからその墓一つに注目されるのだ。
墓が多いと一つには注目されないのである。飯館村には今年は行っていない、あそこに桜並木がありその花影の下を歩いたことがある。飯館は別に自由に出入りできるからいい、浪江などは高瀬川などの景勝地があっても入れないから損なのである。あそこにも桜咲いていた。


高瀬川激つ流れや磐を打ち山桜映え芽吹きけるかな


都路は山のかなたや春なればまた行かむかな鳥鳴き飛びぬ


飯館に今年は行かじ静かにも花の影歩む日を偲ぶかな


高瀬川は流が激しい、その山のかなたは都路村であった。今は都路という名前は合併で消えたけどやはりこの名前だけでも都でもなんでもないのに山の都に行くという気分になるから不思議である。


月見れば 国は同じぞ 山へなり 愛(うつく)し妹は へなりてあるかも


山隔(へ)なりが日本の風土である。福島県は阿武隈山脈で隔てられ中通りがありさらに山国の会津がある。ここも山又山でありチベットかネパ-ルなのである。阿武隈高原でも山にさえぎられている。
会津になるとその峠は駒止め峠のようにはるかに高いものになる。山頂は湿原であり高山植物が咲いているからだ。

ともかく日本は桜の国である。桜は咲いてはかなく散ってゆく・・だから人生を投影しやすい、短い時期に一生が投影される。それで日本人のアイディンティティが桜になったのである。だから桜について語り尽くせないのである。みちのくの桜もいろいろある。ただ岩手県にしろ弘前の桜にしろかえって見なかった。西の京都、大阪は見た。


平泉夕べ桜や栄えたる昔の跡を旅人たずぬ


広瀬川流れの早し花の散る反る石垣燕飛ぶかも


海に映え桜は咲きぬ石巻正宗の心ここにあるべし


政宗は石巻の月の浦から支倉常長をヨ-ロッパに船で遣わしたように石巻に城を作る予定だったのである。より海に近く海を望んでいた
みちのくでは唯一視野の広い英傑だった。日和山には桜が咲いたがやはり今年は石巻は観光とはいかない、その前が津浪に襲われ無残すぎた。景色は変わらないしあの日和山は変わらない、みちのくといってもさらに奥深いのである。


 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55674083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック