2012年07月18日

虹-夏の彩り(抽象画) 具象画あって抽象画がある


虹-夏の彩り(抽象画)

具象画あって抽象画がある

nijiiii222222.jpgsunnlight222.jpg

summer waves

girlscolours.jpgnatunihihamonn11.jpgsummerwaves.jpg


抽象画には一つの原画からいろいろ発展する。それが普通の絵と違っている不思議がある。
これは明かにそうである。最初、これは虹だなと思った。感覚的に虹ではないにしろ光には見える。次にこれは太陽からの木漏れ日か散光のように見えた。次は押し寄せる波に見えた。・・・こういうふうに変化が楽しめる。
思うにやはり抽象画は全く具象画と違っているかとというとそうでもない、なぜなら抽象画から具象画をイメ-ジするからだ。全く具象画と切り離されることはないのだ。
ただ決して具象画から抽象画をイメ-ジはできない

抽象画⇒具象画のイメ-ジはできる、しかしこの逆のことはできない、
結局、自分で抽象画をパソコンのソフトで偶然作ることができてこれは何なのだろうとなった
でも自分でもわからない、ただこれは虹だなと即座にイメ-ジしてはっとした。
虹という具象画があって抽象画がある。抽象画があって具象画はありえないのである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57106596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック