2013年03月16日

名所観光がつまらないのはなぜ(3) (福島県の奥の細道はどこに)


名所観光がつまらないのはなぜ(3)

(福島県の奥の細道はどこに)



名所観光がつまらないのはなぜ(1)
http://musubu2.sblo.jp/article/46974438.html


名所観光がつまらないのはなぜ(2)
http://musubu2.sblo.jp/article/46982436.html

名所観光がなぜつまらないのか、今はあまりにも簡単に名所に行けるということもある。新幹線で二時間で平泉についたよ、これが金色堂かやっぱりこんなものか、ここはこれくらいしか見るものはないな、次は何を見るんだ、もう終わりか、また新幹線で遠くへ行こうとなる。
これでは芭蕉の感じた「奥の細道」は全く感じられなくなったのだ。自分も前に書いたけど平泉で印象に残ったのが金色堂ではなくその裏方の普通の農家だった。それがいかにも農家らしい農家であり古い碑があり納屋がありとかで深々と雪に埋もれていたのである。そこにもののあわれ北国の情緒を感じた。観光地化した平泉には感じなかった皮肉があるのだ。


深々と雪に埋もれし農家かな金色堂の華やかさもなし


金色堂の華やかさもなくてもその土地に根を降ろした農家は平泉が栄えた時代からあったのだ。それは今も変わらずあったのである。必ず農家には風情がある。それも本当に農家らしい農家だったそうなる。そこに日常の暮らしがあり冬は雪に埋もれてひっそりとしている。今の農家は一面農家らしい農家が少なくなっている。農業だけで暮らしている農家が少ないと風情もなくなる。その風情は観光者のために作られたのではない、自然とまさに自然の暮らしのなかで自ずと生まれてきたものである。そこは観光地用に作られたのではない、そこが現代はあまりにもあらゆるものが観光地化してもののあわれを失ったのである。そして観光というときみんな急いでいる。だからともかくいいとこどりして早く見て早く帰ってゆく、それで旅が印象に残らないものとなった。旅には時間が必要であり現代はただ車で突っ走り通り過ぎてゆくだけなのである。歩いて通りすぎるなら体で記憶に刻まれることがあるが車だとそこで風も感じないし記憶に残らないのである。ただ遠くへ遠くへ通りすぎてゆく旅になってしまう。

福島県も相当に見どころある場所である。ところがこれも会津の白虎隊とか名所とかばかりに気をとられているのだ。別に名所でなくても見る所がいくらでもある。奥の細道というとき相馬藩などは注目されていないけどプログで何度も書いたように六号線ではなく日立木から入り松並木を通り城跡のある相馬市に入る道が歴史の道であり情緒ある道だった。そこは細く曲がりくねっていていかにも奥の細道の感じがでているのだ。あのような細い曲がりくねった道でありそこは歩いて旅する道だった。白河の関に出る道が森があり木暗い道であり境の明神がありいかに奥の細道に入る道としてふさわしいがあとは頻繁に車の通る道になるからその面影は全く感じられなくなるのだ。時々東京辺りから六号線を歩いてくる旅人がいた。でもその人も昔の街道を歩いていない、六号線はわかりやすいから歩くにしてもそうする。ただ歴史に興味ある人が街道の昔の跡を訪ねて歩いてインタ-ネットに出していた。その人は地元の人より詳しく見ていたのである。

昨日見たその日立木からの細いくねり曲がった道の脇に養蚕をした農家が二軒あった。それも気づいていなかった。六号線ができたのはすでに40年前とかなるにしてもその前は六号線がなかったからこの街道の細い道が唯一の道だったのである。相馬市まで鹿島から梨をリヤカ-で運んだという女性がいたがそれは六号線ではない、旧街道である。今になるとすべてが六号線で運ばれたような錯覚に陥るのだ。車がこんなに普及してわからなくなったのである。車時代になると車があるのが当たり前になるからわからなくなる。それまでの運搬は馬だったから馬頭観世音の碑が多いのである。


桑畑、麦畑、養蚕農家の景観は後進国では今でもそうである。ネパ-ル辺りでは麦畑と水田が半々にある。昔の景観が残っていることが後進国では面白いのである。過去にタイムスリップした感じになるからだ。養蚕農家を見るとそこに重厚な暮らしがあったと思う。三階建ての白川郷の合掌作りも養蚕するためにあのような作りになった。今は何か農家の重みがない、会津辺りにある曲がり屋でも生活の重みが感じられた。そこに生活がなくなるときやはりもののあわれは感じない、水田とか畑があるということが風景としても必要なのである。外国からTPPで輸入して米すら作れなくなったらどうなるのか、この辺の原発事故の放射能で荒廃化した大地のようになってしまうだろう。何だかわからないけどTPPはアメリカの策略であり地震は人工地震でありTPPを日本におしつけるためだったと言うひともいる。確かにもう放射能で農業も漁業も林業もできなくなったというとき何で食べてゆくのだとなる。自動車工場とか何か日本の農業は壊滅してしまうかもしれない、農業は日本の大地の景観を維持するためにも必要だった。それがなくなることは日本の精神自体にモラルにも影響してくる。
そういう観点から論じられない、ただ経済的効率のかみしか論じられないのである。そこに原発事故が起きたように大きな落とし穴があるのだ。


福島県の観光でどこがいいのかとなると推奨するのは松林があり静かな船津浜辺りがいいのではないか?真正面に秀麗な磐梯山が見える。松林があるのもいい、あまり観光地化されていない、志田浜は観光地化しているからいいとはいえない。そこから福良にゆく白河街道はやはり忘れられた奥の細道であった。そこを自転車で旅したから記憶に残っている。福良はその時まだ茅葺きの家が通りに何軒かあった。今はないだろう。何か寂れていたのだ。そこの蔵の宿にたまたま泊まった。それも情緒があった。その裏の路地に紫菖蒲が咲いていた。そこで思い出して一句作った。

kurayado1111.jpg


蔵の宿紫菖蒲に福良かな


福良から会津に出る道が情緒がある。でもあそこはあまり行かない、六月でしとしとと雨がふって田植えしていた情景も情緒があった。あそこはあまり車も通らない、今はこうして名所観光地を目指して一直線に行き一直線に帰る。そして名所はつまらなかったとあとでみんな言う。会津は白虎隊だけではないのだ。また八重の大河ドラマのように作られたものが今では観光になる。ドラマと歴史的事実は違っている。何かドラマが歴史的事実のように錯覚しているのだ。名所が架空のドラマによって作られているのだ。映画の舞台が名所になっていることでもわかる。そういうところに旅の感動はないのである。

白河街道の詳しい写真
http://www42.tok2.com/home/kaidoweb/sira/05.htm


こういうふうに詳しく見れないのだ。これを見れば白河街道の情緒が再現される。自分が旅してもやはり通り過ぎてみていない、自転車も通り過ぎるのが多いのだ。写真から一枚失敬した。

natukusa111111.jpg

夏草に埋もれむ道や雨しとと

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63759907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック