2013年04月06日

飯館村から川俣に出て二本松の城へ (二本松の城は東北で一番魅力がある)


飯館村から川俣に出て二本松の城へ(短歌十首)

(二本松の城は東北で一番魅力がある)


天守閣春一望の眺めかな


小宮へと分かれる道や春なれど人住まずして淋しかりけり

旅心湧きにけるかな山木屋へ行く道分かる春の昼かな
東風吹かれ峠を越えて川俣へ安達太良山を望み下りぬ
飯館へ行く道さえぐ山仰ぎ春日は没りぬ安達太良山に
残雪の安達太良山や朝日さし桜に染まる城にこそあれ
残雪の安達太良山や城跡の椿の赤く夕暮れせまる
城の内井戸の深しも椿落ち侍ここに仕え登りぬ
城跡の松に茶室や椿落ち井戸の深きを我が思うかな
城跡の山をめぐりて一日尽く名残り惜しむや残る花かな


飯館村には三つの別れ道があった。小宮へ行くのと草野に行くのと原町や大倉に行く道である。歩きでも自転車でもこの分かれ道が印象に残る。こっちの道はどこへ行くととなるとその方向に思いをはせる。それが旅なのである。決められたコ-スを行くのは旅ではない、思いがけない所に出るのが旅である。だから自動車というのは旅にならない、遠くの目的地に行くのはいいが分かれ道の旅の旅情はない、分去(分かれ去り)という地名が各地に残っているのはどうしてもそこで旅人が分かれてゆく基点となっていたからである。別に旅は遠くでなくてもすでに散歩の延長としても旅はある。
特に阿武隈の道は多岐に分かれているからだ。山木屋への道は塩の道であり相馬の塩は二本松まで運ばれた。参勤交代でも二本松にでて江戸に出た道でもあった。二本松と相馬藩はそれなりにゆかりがあった。


ただ二本松の城のことで特別人物が浮かんでこない、あそこの城は山全体が城になっていて大きく感じるのだ。あそこをめぐっているだけで一日が過ぎる感じなのだ。大坂城などもそうだが一日めぐっていて日が過ぎてしまうだろう。頂上に天守閣があったというのもあそこは見晴らしが特にいい、福島の地理的中心とも思える場に立つことになる。360度のパノラマ景観がある。あれだけ高い所にあるので気持ちがいいのだ。会津の城などそれほど魅力がない、平城だから見晴らしがいいとはならないからだ。二本松の城は立地といい魅力があった。安達太良山もまじかに望まれる。春は1700本近くの桜に染められるのも圧巻である。

そして印象に残ったのは天守閣もあるが深い井戸が二カ所くらいある。その井戸を覗き込むと深いのである。その井戸から水をくみ上げて茶室があり茶でもてなす、そして落椿が赤く夕暮れがせまっていた。城の内にある井戸が生命線だった。籠城するときその井戸水でしのいだ。だから熊本城の井戸は120もあった。


1877(明治10)年の西南戦争では政府軍の重要拠点となり、司令官・谷干城以下4000人の籠城で、西郷軍14000人を迎え撃ちました。加藤清正が築いた「武者返し」石垣の前に西郷軍は誰一人として城内に侵入することができませんでした。西郷隆盛は「「わしは官軍に負けたのではなく、清正公に負けたのだ」と言ったと伝わります。


城というとそこが最後まで死ぬまで籠城しても命を城とともに果てるという感覚があったのだろう。その感覚は今はわかりにくい、白虎隊が城が燃えた、落城したというとき城のもっている意味がそれだけ大きかった。その感覚は日本の城は小さいからわかりにくい、ヨ-ロッパのような城郭都市になると市民が育成されたようにそういう感覚になるだろう。そこが自立した一つの生活の場であり命もそこに尽くして果てるともなる。城にはそれだけの意味もあったとなる。現代はそういうアイデインティティの場をもっていない、会社がそうなるが会社はあくまでも利益を追求している仲間であり命をともにするまでにはならないだろう。でも地域より会社がアイデインティティになっているのが現代なのである。原発事故でわかったように一地域の経済力よりはるかに巨大な経済力があったのが東電だったのである。地域の一員というより地域が東電の社員になっていたのである。


ともかくあの城内の井戸水でお茶をもてなされたら格別だったろう。それこそ茶の道を感じる場でもあったのだ。水道水ではそれを感じない。ゆっくりと井戸水をくみあげて茶を出す家庭に茶の道があった。茶道はやはり全体の自然に組み入れられて意味をもつのである。文化とはあらゆるものがそうである。一部分が文化ではないのだ。全体の中に機能しているとき文化があるのだ。だから時代時代の文化は再現しにくいのである。全体が喪失しているのだから部分的にだけ茶室とか再現しても文化にならないのである。それは文化全般にそうなる。明治時代は江戸時代の日本文化の国風文化が興隆する素地が残っていた。それが文学でも現れた。正岡子規でも漱石でも啄木でも文人が大和言葉をまだ自分のものとしていた。江戸時代の連続性がまだあってその言葉使い継続されていたのである。

現代はまさにそうした連続性はもうないけどどうしてもやはり文学関係では漢詩の詩語や大和言葉を使う必要が出てくる。でも明治時代のようにしぜんてものではなく作られたものになってしまう。
日本文化はすでに部分化して死んでいるのだ。それはヨ-ロッパだって同じなのである。グロ-バル化で文化そのものが世界的に一様化してしまった。文化は長い時間のなかでその国々に培われて生まれたものである。だから百年とかの短い時間では作れないのである。それだけ奥深いものが文化なのである。


二本松に行くにしてもやはり飯館村から水境峠を越えて安達太良山を望むとき川俣に二本松に出ると自覚させられる。それが電車だとそうはならない、そこに今は旅でも感動できないものとなったのだ。あまりにも便利になり感動できないのである。とにかく水境峠を越えたとき明かに別世界になる。安達太良山を望むときそうなのである。浜通りには高い山がないから山の神秘性が感じられないのだ。山はやはり高く山でないと山ではない、阿武隈山脈は高原であって山ではないのだ。だから山の神秘は峠を越えたとき感じられるのだ。逆に海の神秘も峠を越えて八木沢峠辺りで太平洋を望んだとき感じられる。その感覚は海側に住むものと山側に住むものの感覚の相違である。


あれが阿多多羅山、
あの光るのが阿武隈川。


安達太良山の、阿多多羅山はあだだらは何か音のひびきがどっしりしていいのである。だからこれだけで詩になっていたのだ。ただここには城のことは歌われていない、城ぬきでは二本松はありえないのだ。二本松は菊人形祭りがあっても春の方いいのかもしれない、二本松県というのが構想されていたようにやはり福島県の中心的位置にあったのは二本松城があったからである。あの城は東北では一番魅力ある城の感じがする。青葉城でもそんな感覚がしない、市街にビルや家で埋められと眺めがいいとはならないからた。「天守閣春一望の眺めかな」これを感じる城というのは意外に現代になると少ないのである。


二本松の城の桜(2)短歌十首
http://musubu2.sblo.jp/article/37187722.html


二本松の城の桜(1)短歌十首
http://musubu.sblo.jp/article/28451498.html


前に書いた短歌だけど忘れていた。読み返すと思い出した。これはこの連作になっている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64601098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック