2018年03月21日

ボランティアと正規の仕事の相違 (金をもらえば義務と責任が生まれる)


ボランティアと正規の仕事の相違

(金をもらえば義務と責任が生まれる)


ボランティアしてみてわかったことはボランティアには義務とか責任がないことである。それが課せられていない,では一般の仕事はどうかとなると必ず義務と責任が課せられている,自転車屋でも安全に自転車に乗るようにして買うものに与えたり修理したりする
鉄道でもそうである。安全に時刻通りに走らせることに対して義務と責任が生じている
医者でもなんでも仕事は金をもらうしそこに義務と責任が生じる
金をもらうということは義務と責任が生じることなのである。

ではボランティアというとその義務と責任がない,時刻表を駅に置いたとしてなぜJRでは断ったのかというとその時刻表について文句が言われる,責任をおしつけられるからである。
そういうことがあるのかとわかった,確かに時間が間違ってたりすると駅に置いたのだからJRの責任が問われることにもなる,つまり苦情が来るとなる
たから駅に置くものはJRの許可がないと置けないルールになっている
でもパンフレットの類が責任はJRにはないのである。
それは観光案内でありその連絡は発行した商工会などにある
でも相馬市のレストラン案内のパンフレットも撤去されていたのである。
JRの許可がないと置けないということを知らなかったのである。

ボランティアの問題は何か?それは社会にも法的にも守られないし認められていないことである。
自分がしたことは誰も認めなかった,ただ道案内したときありがとうとか言われたからそのことで感謝されたから役に立ったとはなっている
でもこれをJRとか地元の人でも認めていない,ただありがとうと言ってくれたのだからそれが役に立つものとして認めたのである。
そういうことを言われたことがないので気分良くしたということは確かである。
JRでは駅でボランティアしようが一言も言わない,こいつうるさいなとかしか見ていないのである。それは他の人にもそう言っているからである。

ともかくボランティアの問題は義務と責任がないことである。
別に金をもらっていないのだから適当でいいし何かをしなければならないという義務もない,仕事だと定時に出勤しなければならないがボランティアは適当なのである。
金ももらっていないのだから真剣にやる必要もないし義務も責任もないのである。
そこにボランティアが認められない問題があったことに気づいた

まずどんな仕事でも義務と責任がある,それは金をもらい金を動かしているからである。銀行が投資信託をすすめるのはいい,でもその説明もあやふやでありもともと仕組みがむずかしくてわからない,それをいいことに手数料とる商売にはいいとなる
でも金を扱うということ顧客から金をあづかりそれを運用するとなると責任が生まれる
ただ株とか投資信託でも市場の相場に左右されるからどうにもならなといえばそれまでである
結局自己責任だとなる,知らないからあづけたのでありお前が悪いで結局は終わる
それは自己責任だから銀行にまかせたものが悪いのであり銀行は悪いとはならない
責任は全部自分になるとなっている

そうなるとするとよほど慎重にしなければならない,事前の知識も必要である。
経験者にも聞いたりといろいす調べてからしないといけない
なぜなら銀行にまかせたらまかせた方が悪いとなるからだ
だからそうして何も知らないでまかせる方が悪いとなるのだから慎重にすべきだとなる
一方で銀行で投資信託がどういうものかしっていて客にすすめる
そこにもやはり責任が生じていたのである。
なぜならわざわざ株をやりたいとか投資信託したいと銀行までゆく人はまれだからであるそうして一軒一軒回ってすすめることはやはり責任がともなっているのである。
そんなにもうかるものなのですか?銀行自体で投資信託をしていないとういことも聞いているからである。そういうものを客にすすめるのは詐欺的だとなるからだ

金とは何か?金から一秒も離れられない社会である。
たとえ仕事しなくても金をもつということはすでにそこに責任を課せられている
百万もてば百万の責任が課せられ、一千万もてば一千万の責任が課せられている
別に遺産としてもらったからどう使うとも勝手だとはならない
そうしている人もいるが社会から良くは思われないのである。
金とは社会的責任なのである。だからその社会的責任を果たせる者なら金をもってもいいとなる
そうでないものは日々の生活にかかるものはいいとしてもそれ以上の金をもたせるべきでないともなる
社会的責任として仕事があり金があるからだ

だから地区の協議会で地区の振興するというとき市から金をもらったら義務と責任が生じる,何をしたとか何に使ったとか報告する必要もあるし成果も出す必要がある
そうしないとしたらその金は市から出るとしても市民の税金とか国の金も使っていることになるからだ
国の金というときそれは国民の税金なのである。
それで生活保護はうるさくなるのである。

金とはなにか?義務と責任をもたされるのが金である。
だから途方もない金を資本主義の中でもうけたのもはそれだけの義務と責任が課せられているのだ,それをただ私益に贅沢に使うことは本来できないのである。
だから石の貨幣があるとしてそんな大きな石は流通もしないの貨幣だった
その貨幣は威信とかと関係していた,社会的威信として石の貨幣があった
別に流通しないがその石の貨幣をもっていることでその人は社会的威信をもつことができたのである。金だけが社会にとって価値あるものとはならない
その社会の中で何か認められるものがあればその人は価値ある人となる
現代はただ金をどれだけとるかもっているかで評価されるが社会的評価はそれだけではない,ただ金は具体的に人に義務と責任を課すのである。
それを果たせないとすると金は与えられないし与えるべきではないのである。

だからボランティアがいかにも人助けでいいようでもそこに問題があった
ボランティアなど義務も責任もない適当なものだ
だから重要な仕事はまかせられないとかなる
また仕事している人からすると鉄道会社でも義務と責任を課せられているから邪魔だとまでなってしまうのである。
それは自分が経験したことである。
仕事とは何かとなればいろいろあっても義務と責任が課せられたものである。
それは金をもらう報酬をもらうということでそうなっている
ただボランティアが何も与えられないかというとありがとうと言われることが報酬であるでもそれは仕事としてではない,JRの職員だったら給料をもらっているから義務と責任がありそれでクレームが言われるのが嫌だとなり駅に時刻表を置かせなかったのである

まず人間は仕事しないと社会のことはわからない,それで自分は社会性がなく社会のことがわからないとなる,こういうことは実際に仕事にたずさわらないとわからないからである
まず学問だけではわからない,現実の社会の場で実感しないとわからないのである。
ただ別に仕事しなくても義務と責任が社会に対してある。
それは国家に対しても自治体に対してもあるし家族に対してもある
日本国民であること国籍をもつことはすでに日本国に対して義務と責任がありパスポートでも付与されているのである。
ただ国家というと大きいから意識しにくい,でも戦争のときのように命までささげなければならなくなるときもある,その時国家の義務と責任を痛切に感じさせられるのである。
人間は義務と責任から逃れられない存在である。親と子でもお互いにすでに義務と責任がある,結婚でも義務と責任がある,金をもらえば責任が生まれる
でもその金でもいい金と悪い金がある,でも金をもらえば義務と責任がやはり生じる
金をもらったから義務があり責任があるからと悪いことでもしなくてはならなくる
報道関係とかなると大会社から宣伝費をもらうからそのスポンサーの悪口は言えない
そうして原発の「安全神話」は作られてきたからである。
金をもらうにしてもそれによって義務と責任がおしつけられるのである。
そういうことも世の中に多い,金でもなんでもいい面と悪い面に働くのが人間社会なのである。

だから別に金をもらわないから適当でもいいとはならない,出版とかになるとそこにいろいろな圧力がかかる,出版社は売れるものを書けとかなり自由な発言が規制される
ネットだと無料だから自由にみんな発言しているのである。
それは金がかからないからである。金がかかれば逆に今度はその金を払った人達,会社でも義務と責任が生まれる
だから無料だからといって義務と責任がないとはいえない
ただボランティアに関しては金をもらわないのだから適当にやっていればいいとなる
責任は問われないとなるからだ,でも報道関係でネットでも適当にフェクニュースでも流していればいいとはならない,報道するものの責任があるともなる
第一報道しているとしても自分の場合はボランティアでありネットで金をもらっている人は本当に少ないのである。そこにも問題があるが現実はそうなっている
ただ宣伝が全然なされていないかというとグーグルとかでネットでしているしネットが盛んになればグーグルがもうかるようになっているのである。


posted by 老鶯 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月20日

老人と病人ばかり増えてくる (夕張のようにこの辺もなってくるのか?)


老人と病人ばかり増えてくる

(夕張のようにこの辺もなってくるのか?)


夕張で見たのは辺境の貧しさではなく、唐突に終わりを告げた豊かさと、偽りの希望の残滓だった


昔は市立の総合病院だったものが財政破綻で縮小して診療所に改組したのだ。いまは市内にCTやMRIが1台もなく、人工透析も廃止して、病床数は171から19に減ってしまった。

そもそも貧しい山村であれば、このようなかたちで破綻しない。石炭産業が盛んで人々が集まったからこそ、夕張は他の地域よりもずっと豊かだったし、国のエネルギー政策転換の煽りを受けて急激に寂れてしまった訳だ


夕張と原発事故周辺はにている,そもそもエネルギー政策として石炭産業に頼った街だったからである。10万から一万に人口が激減した
石炭産業により異常に繁栄した結果だった
それはこの辺でも原発ある所は原発に頼る,でも一旦事故になったり石炭から石油とかにエネルギー政策が変わると一挙に衰退する
だからこれは限界集落とまた違ったものとしてそうなったのである。
エネルギーが石炭から石油に変わる,鉄道でも車に変わるというときこうした大きな変化が起きてくる

夕張のような状態が避難区域で起きている,もう町は運営できないような状態になっている,医療でもゴミ収集でも水道でもサービスが受けられない,受けるとしても馬鹿高くなる,すると若い人中心にここには将来がないと移住してゆく
住民がいないと公務員の役所に勤める人も失業したり月給が減りやめる人もでてくるそういうところで働きたくないともなる
それは浪江の人と良くあうけど浪江の人は浪江町であ南相馬市とか相馬市でも相当数復興住宅とか団地に住んでいる
浪江の人達を南相馬市でかかえるようになったのである。
小高はまた別であり南相馬市民としての問題だった
小高は浪江の人から言わせるといいとなっているのだ
実際浪江で電車で行ったとき街中には誰も住んでない,廃墟の街になっていた
あれを見ると帰る気がなくなるのがわかる

この辺の問題は全国的な問題,少子高齢化とかがあるが極端になる,それは夕張とにてくるのである。
ただまだそうした深刻な状況にはなっていないがいづれそういう深刻な状況になってくるなぜなら老人と病人が多いのである。
駅に来た人も浪江の人だった,病院に来る
杖ついてっと歩いている,妻が補佐している,子供たちはみんな散り散りになった
南相馬市でもなく遠くに去ったとなる,つまり老人と病人が南相馬市に移った人でも多いのである。
そうした人達を南相馬市でもかかえることになったのである。
そういう人は補償金で金をもらっているから老夫婦でも家を建てたという
でもそういう人達はもう生産労働をしない,ただ介護とか医療とかで南相馬市の人達に世話になるだけなのである。
一応金をもっているにしても人手不足人的負担も大きくなる
なぜなら浪江町でも若い人が南相馬市に移るというのではなく他に移住してしまっているからである。
そして取り残された老人達が復興住宅や団地に住んでいる

それから浪江町にしても土地があっても固定資産税がとられるとかありそうした家でも土地でも負の遺産になる,補償金がもらえるときは土地や家の賠償があった
でもそれがなくなればもうない,そして生産活動はできないのである。
果たしてそういう社会が成り立つのだろうか?
それは日本全国の少子高齢化の問題が夕張でもそうだが極端なものとして現れている
自分の家に来ている人も毎日のように病院通いである。
それで自分に負担を強いる,つまり老人と病人の街と化しつつあるのだ
そういう人達増えすぎればかわいそうだとか愛だとかも成り立たなくなる
その負担の大きさに個人でも家でも市町村でもつぶれてゆくともなる
もう夕張では透析もないとすると生きるためには外部に出るほかないとなっている

愛とか同情とかが成り立つのは余裕ある場合なのである
現実自分は全く余裕ない人が自分が介護の時とか自分が病気の時来た
だから犯罪にあい,事業に失敗して借金に追い詰められた人は金を欲しいというだけで迫ってくる,死んでくれれば金が入るとまでなってくるから恐怖だった
つまりそういう状態に市町村全体が追い詰められる
財政的余裕もなくなれば今まで受けていたサーヒスすら受けられなくなる
馬鹿高いものとなるからその金も払うことができない

南相馬市ではあと3年で原発の国からの支援が切られる、それで財政的に苦しくなる
それは市全体に影響する,この辺は何かと原発事故でも国からの支援がありかえって潤っていたということがあった
それもなくなる,だから夕張のように深刻な状態になる
それが最も顕著に現れるのが医療とか介護関係でありそういうものは負担が大きいからである。人的にも財政的にもそうである。
それは国全体でもその医療費が膨大なものとなり国がつぶれるとまでなる
つまり老人と病人で国がつぶれる危機とまでなる

そうなると老人を尊ぶ人などいない,今でもいない,早く死んでくれとなり病気になったら治療より早く死なせろとかなるかもしれないし現実になっている所もある
何かこうなるとかわいそうだとかいっていたら若い人たちとか世話する人からみると
もうその負担に耐えられないとなるのだ
それは自分が家族二人の介護で経験したことである。
一人はひどい認知症だった,一人は最後まで死ぬ一週間前まで立ってポータブルトイレに行っていて寝たきりでもなくオムツもしないから自分のようなルーズなものでも介護ができた
そして介護が終わったから自分ではふりかえり恩返しができたから良かったと思っているでもみんながそうはいかない,みんな介護でも事情が違ってくる
それは家族だけで処理できればいいが自治体とか国の負担にもなるし若い人の負担にもなる,実際に介護しなくても税金でひかれるからである。

いづれにしろ地方はさらに疲弊する,地銀も投資信託であこぎに稼ぐほかないとか銀行がなくなるとかあったりこれから地方はさらに衰退する
最大の問題は老人と病人が増えてそれがプレッシャーとなり自治体すら維持できなくなるそして老人が老人をめんどうみれない,頼れないのである。
老々介護とかなると過酷だし老人は将来の街作りをしようにもできない
それで小高に帰った老人が死ぬことしか考えられないという言っていた
こういう人が帰って何するのか,ただそこで死を待つだけにしかならない
そこは墓場の街になるのではないか?

ただそうして老人がみんな無用なものかといえばそうでもない,経験があり次世代に教えることができるものもある
でもとにかく老人と病人が多すぎることなのである。パークゴルフ場では元気な老人がいることはいる,でもどうしても老人はやがて病気になりやすいし介護状態になる人が増えてくるのである。
街に出ると杖ついて歩いているような人が目立つ,そういう人が増えることはとても活気ある街にはならない,地域振興の協議会などがあっても年配の人が多いだろう
すると何か街の将来を考えるとしてもできない,ただ老人クラブのようになってしまうかもしれないのである。

結局病気になったとしても一二週間で死ぬ,介護を最低5年とかさらに十年とかなるともうできなくなる,そうはいっても見捨てるわけにいかない
そういうジレンマにおちいる,家族を介護してもそういうことが起きているからだ
いくら愛だとか言っても限度がある,若い人がそれで人生を犠牲にされたらあとで親だって恨まれるのである。
そういうけど自分でも病気になり介護になれば頼らざるをえないのである。
ただ団塊の世代などは数が多いので2025年ころはもう負担が増して自治体でも国でもつぶれるというほどまでになる
そういう時期はすでにもうすぐであり始まっているのである。





posted by 老鶯 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

鹿島地区協議会で駅の活性化を考えていた (駅を視察もして予算が市より出ていた)


鹿島地区協議会で駅の活性化を考えていた

(駅を視察もして予算が市より出ていた)

stationnnn123.jpg

stationnn12345.jpg

これも知らなかった,駅の活性化を図る駅を視察していたのである。その予算は市からでていた,ここの協議会では10人くらい人が集まり鹿島区の活性化を推進する
その一貫として駅が入っていたのである。

しかしこの会で駅のことを無人化した鹿島駅のことをどさだけ知っているのか?
何かしたのか,要望を聞いたのか?
一番駅に関係していたのは駅前の自転車屋とか商工会で掃除した人とか地区で花壇の手入れをした人とがである。
ではこの協議会で何をしていたのか?
それが知らなかったのではっきりしない

無人化した駅で今何が要望されているのか?
それはいちいち時刻表を見に来る人がいるから大きな時刻表である
それを自分は無料で駅に置き配った
でもそれはJRの許可がないと置けない,パンフレットも置けない
だからそういう要望があるということをまず知らない
それはなぜか?
駅に直接かかわっていないからである。
自分は駅で案内しているからそれがわかったのである。

何か案内のパンフレットなど置けばいい,それは団体になるとしやすいのである。
なぜ駅に置けないかというと責任が生じるからである。
時刻表でももしまちがっていると駅に置くとJRに文句がいくばあいがあるからだ
ただパンフレットに関しては連絡先があるし関係ないと思う
でもルールだからとして食堂の案内をしたものも撤去された
これもルールにしばられた温情もない地域のサービスとか人のサービスを考えないJRだからこそである。

確かにここの協議会ではアンケートとかとり要望を調べている
でも駅に関しては直接関係していないとわからない
それで自分がJRにはじめてくる人が仙台行きと原町行きの番線がわからないので良く聞かれると言ったら表示板を作ったのである。
だから何か要望があれば別に個人でもしてくれたのである。
ただ要望しないとしてくれないのである。
時刻表についてもそれを必要な人がかなりの数いても要望としてまとまらないと作ってくれないのである。

でも自分はそのことを地域振興課に何回か言った,でも関係ないと何も教えてくれなかったのである,ではなぜ他の駅の視察に協議会で行ってそこに市の予算が使われているのか?
十人分の視察費用ならそれなりにかかるのである。
それなら時刻表とか案内とかのパンフレット置くようにJRと交渉すべきだとなる

つまり金をもらうことは責任が生まれているのである。
それは市から出たものとなると南相馬市民から出たものだからである。
勝手にそれを使うということはできない
ただ駅だけではないからそこにも金を使うことはありうる
でも駅の視察まで行っているのだから駅の活性化を計るとしたらやはり駅前の自転車屋と直接駅にかかわる人の意見を聞くべきだとなる

では市はどう関係しているのか?
その人たちの活動を認めて予算をだしている,ではなぜ時刻表が欲しいという要望があるその要望を知るべきだとなる,それはなかなか直接駅にかかわらないとわからないのである。
第一駅長すら鹿島駅に来るけど仙台行きとか原町行きがはじめての人にはわからないということを知らないのである。
なぜなら無人化しているからである。それを伝える人もいないのである。
それは外部からの要望でもあり内部の人もわからない
その駅にいた自分だけが知ったということにもなるのだ
つまりJRでは無人化をすすめている,その数も多い,でも無人化しても困ることがあってもその要望が何かわからないのである。
鹿島駅からの交通案内とういうのも置いたが撤去された
それもやはりはじめてくる人でも地元の人でもわからないことがある

ただボランティアでもなんてもしいいとはならない,何か責任が生まれている
無料でしても責任が問われるからJRでは駅に許可しないと置かせないのである。
ただパンフレットなどは何の責任もとる必要がないのである。
だからこれも置けいなというのはおかしいとなる
杓子定規に考えすぎるとなる
JRはまず人のサービスを全く考慮しない会社だからうそなっているのである。

ともかくこういう団体があるということすら知らない,でも広報誌に入っていたので知った
まず活動を知らせるということも市の予算からもらっているのだから必要となる
ただ報告はだしている,これも印刷などすると金がかかるし知らせるのに金がかかるとなる
インターネットはともかく無料なのである。だからやりやすいのである。
でもみんながしているわけではない,特に年配の人はしていない
そしてその地域活性化協議会でも老人が多いのである。
そこが少子高齢化の問題である。
小高でも浪江でも帰るのは老人であり駅で浪江の人にあうが杖ついて病院に来る人とか良くあう,そうした老人社会だから復興ができないのである。
若い人は外部に流出した
そして原町とか鹿島で相馬市でも新地でも周辺に移住したがそれも老人が多いのである。でも補償金で金があるから二人とも原町に家を建てたという
でもその子供は外部に流出しているのである。
つまり南相馬市とか相馬市とかでもそういう避難している老人をかかえてますます福祉にかねがかかるとなっているのだ

まず地域活性化というとき若い人がいないとむずかしいだろう。
ただ老人でも経験があるし何か教えることはある
ただ地域といっても意外と身近なことを知らないのである。
だから駅でも実際無人化してどうなったかを知らない
知っていたのは駅前の自転車屋と直接かかわった自分だったともなる
その他地区の人とか商工会とかになる
市の職員も知らない,でもそういう協議会に金をだしている
どうしてその金がてるのかというのも政治なのかもしれない
つまりそれも民主主義なのである。
市民が自発的に市政に参加するということである。

nomastation.JPG

これだけ無人化しているのである。
JR西日本でも東海でもそうなのである。これは多すぎると思う

タグ:駅の活性化

2018年03月19日

盛岡短歌十首(秋から冬) (盛岡は芸術都市:詩人の街(続2)


盛岡短歌十首(秋から冬)

(盛岡は芸術都市:詩人の街(続2)

moriokappp123new.jpg

springriverrr123.jpg

japanesecolours.jpg


中津川の瀬音を聞きつ岸歩む秋の日の石にさして休みぬ

長々と柳しだれて白壁の商家も古りて秋の日暮れぬ

上の橋わたりてあわれ芒かな晩菊映えて夕暮れにけり

擬宝珠の古きやあわれ芒かなその色錆つ秋の夕暮

上の橋わたりてあわれ夕ぐれや盛岡の街の青きともしび

啄木に賢治歩むや盛岡のともしびあわれ秋の夕暮

盛岡の銀行古りて秋の薔薇咲きつつあわれ心にしみぬ

盛岡に三色の秋の薔薇咲くや煉瓦の銀行古りて残りぬ

盛岡の城跡歩みて紅葉映え散りて美し流れの音聞く

盛岡の川の岸辺にコスモスのゆれて歩むも街のにぎわい

長々と柳しだれて白壁の商家の古りて秋の日さし暮る


盛岡は詩の街であり浮世絵のような版画のような絵になりやすい街である。
二つの川が流れていて中津川は浅い川であり瀬音がする、一方北上川になると
流れが速く深いからまた別である。
一番情緒があるの東北では盛岡市である。あとは東北で盛岡市のように感じる街がない,全体的にみて乱雑ではないし一応自然が街の中にあるたかもしれない
街が仙台のように拡大化すると情緒が失われるのである。

古い煉瓦の銀行が未だに残っているのもいい,あの銀行は貫祿がある
銀行というのはそれだけ文明の象徴だったともなる
何かそこでは質実な感じになるし銀行は今とは違っていた

ともかく盛岡市は啄木が住んでいたり賢治が来たりしていた街である
東北では仙台と並んで都会だったのである。
相馬市となるとそういう都会になっていない,仙台市は大きすぎるが盛岡はちょうど30万とかで大きいしまたそれほど大きくないということで情緒がある
岩手山とかもまじかに見えるし川が二つあるしそれがいいのである。
散歩するにもいいのである。

そして今は自分は介護を十年するようになってから遠くへ出かけない
ついに去年から春まで一回仙台に行ったきりで行っていない
ほとんど近間を回っているだけなのである。
ただこうして思い出す旅をしているのも不思議だとなる
盛岡はもう新幹線で50分でありここから仙台へゆくより近い
だからいつでも行けるのだけど回想の旅をしているのである。
ただ春の桜は盛岡では見ていないのである。

タグ:盛岡の短歌

道徳を離れて経済もありえない (人へのサービスにば愛とか同情心とかが必要になる)


道徳を離れて経済もありえない

(人へのサービスにば愛とか同情心とかが必要になる)

society111.jpg

社会を構成するものはなにか?
社会を大きく分類すると分解すると物作り,商品作り、製品化があり次にそれらを売るということがある、製品は消費者に利用してもらわなければ意味がないし価値もないし金にもならないからだ
製品をいくら作っても消費者に利用されない消費されないとするとそもそもその製品はなくてもよいものだったとなる
そして物作りとかなるとそこは人へのサービスはない,人へのサービスがあったとしてもそれを作り出す人には人とは直接かかわらないのである。
物作りというときそれを開発するのは研究部門でありそこでいい製品を利用者になるためのものを作り出そうとしている,それは主に理系の仕事だとなる

例えば自転車屋から考えると自転車を作る人がいる,自転車でもそこには様々な技術が駆使されている,今電動自転車時代だから電気系統もかかわるから複雑なのである。
そしてそこでの技術の開発は車でも飛行機でも電車でもにたものがある
軽量化でありパッテリーを長持ちかするとかいい素材の追及である。
鉄よりアルミニウムが軽くなりさらにカーボンだとさらに軽くなる
それは共通していたのである。
そういうふうに絶えず研究して新しい製品を作り出さないと売れない
それはまさにイノベーションなのである。
そのために投資する,それが資本主義だとなる
技術開発が常に必要なのが資本主義である。
それはあらゆる分野でそうなのである。薬の分野でもそうである。
病気との戦いは歴史的に継続されている,だから効果的な薬を産み出せば大きな利益となる,今は癌とか長寿にする細胞を若返らせる研究をしているうあるそれも発見があり実現してくる、人類はいい面と悪い面があるにしろさらに長寿化してゆくのは技術的に間違いないのである。
常に技術は進化して追及されているからである。

でも社会はこうして技術を追及する,ではその技術だけで事足りるかというとそうはならない,今AI化とかロボット化を追及している,すると鉄道でも無人駅にするしコンビニでもスーパーでもレジがいらないとか極力無人化する
病院でもAI化してロボット化がすすめられる,ロボットの方が正確に手術できるともなるそういうことは確実にすすめられてゆく、ではそれで人間社会は成り立つのか?
そうはいかない,どうしても人間がいなければならないものがある
機械ではロボットではAIではできないものがある

それがなにかというと人へのサービスなのである。製品を作る人は人とは直接かかわらない、でも薬でも売る人は人と直接かかわる,薬屋でも医者でもかかわる
この薬はききますよというのはわかる,では人間はその薬だけでたりるのか?
薬がすべて人間が直せるのか?そうはならない
その薬を与えるにしても医者であれ看護師であれその人に対して愛とか同情心とかをもって薬をわたすのと医者でも看護師でもただ病人をロボットがするように扱ないのである。もちろんロボットの役割はある,人が重いのでもちあげるとかはロボットがするがでは介護とかなるとどうしても愛情が必要になる,同情心とかも必要になる
それはロボットにはできないのである。機械にはできないのである。
だからいくらAI化してもロボット化しても機械化しても人間にしかできないことがある

この人とと直接かかわることが常にある,物を売るでも例えばヤクルトなどが成功したのはヤクルトを売る人に重きを置いて成功した
女性が一軒一軒回り配ることをして成功した,ヤクルト自体の製品だけの力ではないのである。サービスする人に重点を置いたのである。
そしてヤクルト配るにしても人から直接渡されるからそこに愛がこもるというか人間の心が加味されるのである。
そういうことはロボットとか機械とかAIではできないことなのである。
だから人間的なものは何なのだろうとなるとそうしたロボットとかAIにできないものである。
愛とか同情心とか優しさとかなにかそうしたものが人間的なものだとなる

そして一見ビジネスという何かそうした愛など同情心など全く関係ない非情な世界のように見える,でも人間はまず自己の利益を考えて生きている
これを否定はできない,そして会社に入ると会社の利益を考える,でも会社だけの利益を追及してそれが社会的に有益なのもの公益性がなっかたら会社が繁栄するだろうか?
自己の利益→会社の利益→社会の利益になればいい
そうならなければ会社でも社会にとって害悪となったりしたら存続できるだろうか?
銀行でも投資信託など自分の会社の利益になるだけのものを押し売りしてもうけていたら社会にとって利用者にとって必要なものなのか?
だから一見自己の利益になる,会社の利益になることはいいことおように見える
でも結果的に社会にためにならない,利用者のためにならないとしたらそういう会社が繁栄したりするものだろうか?
何かそういうことを会社が考えない経営者が考えないというのもおかしいとなる

経済とは何か?経世済民とかから経済がある、それはモラルのこと道徳のことである。
道徳を離れて経済はありえいなのである。では利益をあげることが不道徳なことかというとそうはならない,例えば駅で必要とされているものが大きな時刻表である。
それを自分は無料で置いた,なぜなら必ず時刻表を見に来る人がいたからである。
確かにJRでは小さな時刻表を置いているが小さすぎるのである。
字も小さすぎるからみにくいのである。
大きな時刻表を家にはっておけばいちいち駅に見に来る必要もない
それは原町と相馬市では商工会で大きな時刻表を出している
それをビジネスにして売って利益をあげても別に悪いことではないのである。
もうけることがみんな悪いことではない
そんなことしていたらこの社会は成り立たなくなる
ポーターのようなものでも金をもらって運んだら金をもらうことが悪いことではない
本人がそうしてもらいたいのであり金を払ってもそうしてもらいたい助けてもらいたいとなればビジネスになり金をもらうのも当然だとなる

とにかく社会にかかわり感じたことは経済は決して道徳と離れてありえないことである。道徳など愛とか同情心とかいたわりとか関係ない世界だと今は思っている
でもウェバーが資本主義は修道院からはじまったというとき神への奉仕であり他者への隣人愛としてはじまったことに由来しているというときそこに経済は道徳から離れてありえないからそうなったのである。
他者を搾取してむさぼるというのが経済ではないのである。
そういう会社が成功することはありえないのである。
そうなったらこの世は暗黒であり生きていることすらできなくなる


「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」(二宮尊徳)

常識とは、道徳であり、仁義であり、公共の利益であり、私の利益です

信用金庫の人がこう言っている、投資信託をすすめるような銀行にはそれがない
銀行員はノルマを課せられて自己の利益を目指す,銀行は銀行だけの利益を目指す
それも結局時代が変わり利益をあげられないからそうなったことはわかる
要するに常に時代が変化してゆく,それに対応できないものは滅びるのがこの社会だともなる
自分自身は社会から離れた人間であり社会性がなかった
ただ介護十年したとかその後今度はたいしたことではなくても無人駅などでボランティアして社会とかかわった,これは誰も認められないしJRからかえって煙たいものとして扱われ無視された,地域でもなんら認められなかった
ただ道を教えただけでありがとうと言われた,自分は何かそういうことを言われたことはない,そのことで自分も他者のために何かしているのかという意識をもったのである。
自分は他者に対してありがとうと言わなかった,だからそんなことでしありがとうというのが意外だったのである。それだけ自分には社会性がなかったのである。
都築詠一氏などがベートベンとか天才芸術家が社会性がないということを批判していた

何かそういう人は社会からはずれていてもいいということが言う人もいる
ただそれにも問題があり社会に生きることはどういうことなのか?
宗教でも社会にとって必要なのはなぜなのか?それが社会と全く離れてありえないだろう
また逆に社会にどっぷりつかって俗化してもありえないのである。
だから僧院とか寺とかに籠もり社会から離れた生活では何か説教することもできない
そういう人は社会から離れていて社会のことがわからないからである
ただ社会がすべてではない,社会は世の中はどうしても汚れたものでありどんなことしても改革できない,だからこそ世から離れた世界を追及するのも宗教だったとなる

宗教と経済は不可分に関係している,ただカルト宗教団体となると別物である。
資本主義が崩壊の危機にあるというときそれはモラル的な面にもある
一握りの人が世界の富を独り占めするようなことはモラルに反するからそうなる
そういう社会はグローバル経済でも世界の公益性に反するから資本主義は修道院から始まったものとはまるで違ったものとなり
崩壊してゆく,グローバル経済にはモラルがないからである。
道徳を離れて経済もありえないからである。


タグ:経済と道徳
posted by 老鶯 at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月18日

自転車は人間の性格などの相違とにていた (その多様性に共通性があった)


自転車は人間の性格などの相違とにていた

(その多様性に共通性があった)

byccc111.JPG

重くて走りが鈍い,悪路に強いマウテンバイクだった

byc22222.JPG

図体が大きいが小回りがきかない
28インチのタイヤが大きすぎる
坂をすいすいと上れない
bycc456.JPG

これは一番いいロードだった,軽快に走る,でも坂をのぼるとバッテリーがすぐきれてしまう
それが弱点だがあとは一番いいものだった
26万とか高いとしてもすでにロードとしてそれだけの価値あるものだった




自転車の種類はいろいろある,メーカーによっても違う。
基本的にロードとクロスバイクとマウテンバイクがある
でも同じロードでも乗り心地とかが違ってくる
百種類の自転車があるとしてその百種類の自転車はみんな乗り心地が違う
それがなんとも不思議なのである。

遠くに行くということで28インチのパナソニックの自転車をすすめられてかった、
それはバッテリー容量が多いということですすめられた
長距離用としてすすめられた,それは28インチのタイヤだから早く進むことは確かだったでも婦人用タイプでありスポーツタイプではない
だからデザインとか乗り心地は違っていた
早く軽快に走るものとは違っていた
そしてパナソニックの電動自転車は坂をスムーズに上りにくいのである。
ヤマハの電動自転車は坂を上り安いようにできている

本当に乗ってみてそれも一年くらいとか乗ってみてわかる
この自転車はこういう自転車なのだとわかる
ヤマハのパスブレイスはずいぶん前である。だから重いし走り自体が重いのである。
でも馬力がすごくて悪路をぐんぐん上るのには驚いた
だからマウテンバイクなのである。
でも遠出をするとなると重くて走りが遅いから向いていなかった
それで今度は軽いものにしようとした

今パナソニックの電動自転車は買い物用にしているがこれもあっているとは言えなかったタイヤが28インチであり大きから小回りがきかない,街を乗るのには適していないし何かぎこちないのである。
一番気にいったのはヤマハのYPJ=Rである。これは26万したとしても高いものではなかった
それだけの価値あるものだった,これ自体優れたロードだったのである。
電動はおまけについたという感じである。
ただこれは坂を上ると電池がすぐきれるので長距離に向いているとは言えない
めしてドロップハンドルだと危険になる,急ブレーキをかけにくいのである。

こうして自転車はつくづく一長一短でありなにもかも満足するものはない
それで人間を考えたら人間も同じだなと思った
人間でも同じ人間はいない,みんななにかしら違っている
性格も違っている,でもその人をわかるには自転車をのりこなして一年二年とかでその自転車の良さと悪さがわかる
人間も同じである。何でもいい人間はいない,何かしら欠点がある
何かが得意であり得意ではないものがある
人間は人間の数だけ多様なのである。だから自転車ともにているなと思った

東北人だからといって社交的ではない,接待とか商売が下手とかではない,一般的にはそういうイメージでも全然違った人もいるのである。
その人は一人親方として庭作りから大工でも塗装でも何でもできる
そして人を接待することがうまいのである。
しゃべることがうまいのである。そういう人は東北人でもいる
だからこそこの人は一人親方として営業もできる
営業となると人と接することであり商売であり話が上手でないとできないからだ
ただこの人の欠点は八方美人なのである。
なんでもできるのだかやらなくてもいい仕事まで手を出している
それも金のためならなんでもするという何でもできるという器用さがそうしている
器用貧乏なのである。こういう人もまたいる

大工というと職人気質であり全然話せない人も普通にいるからだ
でも親方となるとそうはいかないのである。
事業を起こして失敗した人も職人としては優れていたが事業で社長になると仕事をとりにゆかねばならない,営業になるから商売になる
それがうまくいかず失敗したのかと思う
自転車屋でも接待が営業がありそれに向いていないる人といない人がある
でも自転車屋は職人としての技術的な面と客に接するサービス業なのである。
この二つを兼ね備えている自転車は少ないだろう
自分の町の自転車は兼ね備えている,いつも店では誰かと地元の人と話しているのであるそしてその人も人と会話するのがうまいなと思う
だから別に東北人だからといってすべて商売に向いていないとはならない

隣の街の自転車屋は古いタイプの人なのだろう
お前はここで買う必要はない,いつも買っているところで買いと知らないことがあり
ミヤタの最近出た電動自転車について聞きたかったからだ
そこで外国製まで扱っていたからである。
それをただ聞きたいのにお前はここに来る必要ないとまでなっていた
一回も買っていないならいい,パナソニックの電動自転車を買っているしパンクしてタイヤも交換したことがあるからだ

それで開業して5年になり、リコのFC店でも潰れたお店も見てきました。
それを見て感じることは、やはり接客に問題がある店は愛されない。

こういうことは別に他にもある,歯医者とかにもある,そこも接客が悪かった
でも歯医者とか医者だと尊敬されるから低姿勢になって接客する必要もない
だがやはり歯を直すだけではない,接客がある
でも看護師が何人かいて接客を担当してくれからいいのである。
それでも歯医者は対人商売であり人と直接接するからそうして人への気遣いが必要になる客に直接接する仕事はとうしても人とも接しないで物作りに励んでいる人とは違う
相手をロボットのように見て診れないのである。
だからそうした接客AI化しても残るとなる
JRなどでもまず接客のこと人のへのサービスは念頭にないのである。
だから駅を無人化してコストを減らせばいいとしかなっていないのである。

いづれにしろ人間と自転車を比べるのも変だが自転車はそれだけ多様だとなる
一台一台個性をもっているのである。
その乗り心地はまた乗ってみないとわからない,人間一人一人もつきあってみないとわからないのである。
人間の場合は生い立ちも違うし住む場所も違っているし男女もあるし年齢差もあるから自転車より多様なのである。
そういう多様な人達とどう接するかとなると本当にむずかしいとなる
自転車もつくづく一長一短であり人間もそうである。
それがにているということも人間と共通点があるという発見があった
おそらく車でもそうである。それぞれに用途があり乗り心地も違うからである。
ただ車に乗っていないからわからないのである。
家にしてもみんな違ったものになっている,建て増ししたりもするし家の造りは違っている
住む人によっても家は違っていて個性がある,庭でもそうである。
だから時々他人をの庭を自分は見ているのである。
自分は石に興味があるから特別見ているとなる

posted by 老鶯 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

銀行は江戸時代の金貸しにもどった? (投資信託はだまし的要素があり危険)


銀行は江戸時代の金貸しにもどった?

(投資信託はだまし的要素があり危険)

日本古来のクラウドファンディング「頼母子講」とは

銀行というのがかかわってわからない,わからないのは金融業がわかりにくいからである自転車屋とかでもわからないことがあったがインターネットで調べるとそういうものかと納得する,でもまず銀行とか証券会社とかは理解できない
このサイトでは頼母子講から銀行が分化したとある,保険や投資もしていたのが頼母子講でありこれは相互扶助組織だった,何か協力するものとして生まれた
それは明治以降も活きていたという,つまりまだ銀行はそれほど普及していなかったのである。
自分の父親は酒屋をしていて暖簾分けした,それが双葉の新山だった,そこに姉が良く行っていてそこに銀行があり遊んでいたという,その時銀行はめずらしいものだったのである。

もともと金貸し業が基になっているのが銀行だというのもある
すると江戸時代のようなあこぎな金貸しの面もある
消費者金融の親になっているのが出資しているのが銀行だからである。
ヤクザまがいの人間を雇ってとりたてをするのは江戸時代と同じだとなる
ただ裏でいい顔して役人のようにしているともなる
今までは銀行をそのように見ていない,やはり高度成長が終わって利子がつかなくなったときから銀行は変質した
金を貸すもうけさきがないからそういうあこぎな金貸し業に先祖返りしたのかとなる

ただ資本主義社会では銀行は必要欠かせぬものとしてある,だから銀行の役割はある
ただ資本主義がもうこれ以上投資先がないとかなりただ金をためていても銀行にとっては負債を抱え込んでいると同じだとなる
金をあづかってもかえってそれで投資してもうけが出ている場合良かったのである。
それで地元でも助かった会社いるし育てられた会社もある
ただそれは高度成長時代に銀行は別に悪いものではなく良いものとして機能していたのである。

だから銀行が今地銀などでも苦境にありどうしてもうけるのかとなり投資信託とかすすめることになった,これはとてももうけられる仕組みになっていないのである。
ではなぜすすめるのかというと手数料を高くとれるからである。
銀行自身が投資して株をしているがそれは失敗したら損になる,リスクをかぶらざるをえない,でも銀行が手数料をとって買わせる株でも投資信託でも手数料がとれるから損することがないからである。

でもこうして自分でもそうだが投資信託は詐欺的商品だというとき何かわかりにくいからそうなっている,わかりにくいとごまかしやすくなるからしている
株だと意外と買った時点で安ければ株が上がればもうかるということは子供でもわかる
だから株の方がわかりやすいのだが投資信託をすすめるのである。
それは銀行や証券会社にとって都合いいものだからである。

銀行側にすれば借金している人のように追い詰められている,だからノルマも課せられているから押し売りのようになっている
そもそも貯金をしてもらってもそれは銀行の債務だというときそうなのだろう。
なぜならその金をあづけられても活かさなければただもっているだけでも費用がかかり事務費をとるということにもなる
では銀行自身が投資してもうければいいが銀行とはいえ株の世界では簡単にもうけられない,リスクがあり損することがあるからだ
だから投資信託でも株でも手数料を確実にとるのが一番楽なのである。

銀行はもう社会の中で正業として機能しなくなったのではないか?
それは銀行だけではない,官僚が経営する財務省でも不正が行われていた
財務省とは金融庁であり銀行を監督する立場にある
その大元が不正していたのである。そのために自殺した人まででてきた
財務省そのものが国民から税金をとりたてて不正しているとなる
金融資本主義は世界的にも格差社会を産みわずかの人達が私腹を肥やすものとなっているだから資本主義自体が危機になっているのだ
資本主義はもう機能しなくなっりつつあるのだ
すると銀行も機能しなくなりたまった金を活用できないのである。
もうけ先がなくなり預金者に投資信託などをすすめて手数料で稼ぐ
つまりあこぎな江戸時代の高利貸しのようになっている
銀行はこうなると社会にとっての悪であり必要ないともなる
銀行の役割が喪失したともなる

時代の変化で永続するものなどない,銀行もそのために変質した
何か変化しなければならないのだがそれができない
だから消滅の危機にあるのかもしれない,誰もそんなことしていたらかかわりたくないとなる
最初はいいにしてもいづれみんなそのことがわかる
得するのは銀行だけであり金をむしりとられるだけだとなる
そうなると預金者も銀行にいい顔をしなくなる
かつての銀行のイメージとは違う、あこぎの高利貸しにもどったともなる

そういうところで働いていると人相まで悪くなるかもしれない
消費者金融の人達とにたようになるかもしれない,紳士面していてもその中味はもう高利貸しと同じだとなる
銀行の社会的使命があったがそれが時代が変わり変質してもうその役目は終わったのかとなる
何か正業として利益をあげる方法がないのかもしれない
となると社会にとって害悪な存在ともなる,そういうことが預金者も気づきはじめたらどうなるのか?
銀行は信用されなくなりいらないとなる,でもどこに金をあづけるのかタンス預金なのかとなるとこれも危険である。
するとそれぞれ株をやればいいのかとなるとそれも危険である。
ただ銀行はかつての銀行とは違っていた,それだけはみんなも知るべきである。


posted by 老鶯 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月17日

北海道夏の旅短歌十首と詩(宗谷本線の咲来(サックル) 北海道の大地にリフレッシュせよ(詩)


北海道夏の旅短歌十首と詩(宗谷本線の咲来(サックル)

北海道の大地にリフレッシュせよ(詩)

monponn1.JPG

mobponaiii22.JPG

テレビで放送したものだけど開拓村の感じである。
煙突があるからやはり冬は厳しいものがあり北海道を感じる

宗谷本線・咲来駅に行ってきました。

ここに咲来(サックル)のことが写真付きででている



なかなかに電車の来ぬやその鉄路雨ぬれつづき夏草茂る

咲来(さっくる)に夏の日一人おりたぬ何をか見むや数軒の家あり

一軒のライダーハウスありにしと咲来(さっくる)あわれ夏の夕暮

人気なく流れに泳ぐ鮎なりき勢いよしはそれのみなりしも

人来たり驚きぬかなひそむ魚流れに群れの素早く泳ぐ

電車来ず鉄路に眠るでで虫や木立の影の鉄路をおおふ

砂浜に流木の山夏の日や荒き波音人一人来ぬ

海岸の果てなくつづく砂浜や何かとどめむアイヌの地名

波荒くうちよせ荒れぬ利尻かな鴎飛びつつ旅人行きぬ

礼文島遠き島かな夕暮れにレブンウスユキソウ咲きみちにけり

霧かかり磐(いわ)一枚ここに眠りて遠き島や夏の日暮れぬ

飛び交いぬ燕やかなたの宿遠し旅人交わり夏の日去りぬ

我が走る北海道や燕飛びまたはるかにもかなたへと去る

はるかなる大地つづきて雲雀鳴きいづこへ行かむ旅の空かな

今思い出すと不思議である。咲来(さっくる)という駅で一両の電車を来るのを待っていたそれはなかなか来ない,ふりかえるとなぜあの線が残っているのかと思う
採算は全くとれないし本当に乗る人もわずかである。
ただ観光路線として残しているのか?
鉄路があり雨にぬれて夏草にうもれる,テレビで見ていてその辺のことを行ったことがあるのでなつかしいとなる

自分は咲来(サックル)駅を下りて辺りを歩いていた,川がありその川でも辺りに家がわずかであり電車にしても一両でありなかなか来ない,ただ稚内まで急行は走っているが
あの辺りは本当に人家もまれな地帯である。
あういうところで自由に気ままにぶらついていたのが自分だったのである。
それは恵まれた時だった,北海道には十回も行っているから第二の故郷である

北海道は東北とあっても他に大きな区分けがあるが一つとはならない
北海道は一つの国のようになっている、そこで気候も相当に本州とは違ってくる
海に囲まれた島にもなっているから一つの別な国として意識させられる
沖縄ともにている,沖縄もまた別個の島であり国になっているからである。
福島県でも広いがそれが一つの県としての意識がもてない
北海道はあれだけ広くても一つの県として国としての意識がもてる
そこで北海道全体を一つのテーマとして詩でも作れるのである。
そこに多様性があっても一つの国として世界として構成できる
]だからこそ蝦夷共和国の発想が明治維新の時生まれていたのである。

北海道は日本では外国である、北欧とかににているのだろう。
だから宗教でもプロテスタントとかゲルマンのゴシック建築とかにあうとなる
樹だと針葉樹の世界でありトドマツでも太いからである。
それが北の風土ににあっているのである。

北海道は詩にしても一つの国として意識して作る,他にも一つの国として機能する世界を作りやすいのである。本州になるとそうした感覚はなくなる
山が多いせいで統一感を感じないこともある
山にはばまれて統一感を感じない,福島県でもそうである。
阿武隈高原によってさえぎられ福島市とか中通りは地理的一体感を感じにくいのである
平原があればそれはかえって一つの統一国家になりやすいことはあった
山にさえぎられればそこで地理的一体感は断たれるからである。
山は障壁となり壁となり人の出入りも防ぐ天然の要塞となるからである。
おそらく北海道には平原的な風景がある唯一の場所だから本州と違って統一感をもつのである。

それにしても何でも人間は最後は過去を回想する,どんな人生であれ語る,会社に勤めていたらやはり会社が人生だったからそのことを語る
それはつまらないものでもそうである。その人にとってはつまらないとしてもそれが人生だったのである。そこに人生の重みが生まれる
だって人生は一回限りであり一回しか経験できないからだ
誰でもその一生が意義あるものとしてあることを願うだろう
とにかく自分はこう生きたのだと語る,自分は旅を生きたから旅を今語るのである。
そんなの遊びじゃないかとなればそうである。
でもそれもやはり自分の人生だったとなる
つまり今も心は北海道にあるともなる


北海道の大地にリフレッシュせよ

北海道心身ともに健やかにす
北海道の大気を吸いこみ
その心は澄み大地から
力が沸き上がる
黒々と大地は耕され
原始の巌がそそりたつ
雲雀が一日とがめられることなく鳴いていた
その声はどこまでも広がる大地にひびきわたる
つばめは縦横に飛び交い
旅人もその果てし無き大地をめぐる
悠々として大地は実りをはぐくむ
夏の日、若き日よ、旅人は交わり去りぬ
ああ、その日よ,我が身も心も放たれぬ
その広々とした大地に空に
その森厳なる針葉樹よトドマツよ
風雪を帯び北の聖堂の列柱のようにたつ
しかし過酷なる北の大地よ
そこに成らず敗れし者も多し
摩周湖の水は底まで澄み神秘をたたえる
その透明の水に映るのは神の顔
北海道を囲む海よ,そそる岩壁に波はうちひびく
海岸に流木の延々と積まれて
広々として湿原に花々は咲き満ちる
池塘には花がうっとり我が身を写している
激しく鳥が全身で鳴く声が日がなひびきわたる
利尻島は厳しく極のように聳え立つ
群青の海の色は深く北の清冽な自然に打たれよ
ポプラは風にそよぎゆれその大空よ大地よ
深々と北海道の大気を吸い生気にふれよ
そこになお原始の日が息づいている
人はその厳しい自然に鍛えられ人格を形成する
北欧のような北の文化を形成する

todomatuuu123.jpg




posted by 老鶯 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道(俳句-短歌-詩)

自転車屋も人へのサービスが欠けていては駄目 (昔風の自転車屋はつぶれている?)


自転車屋も人へのサービスが欠けていては駄目

(昔風の自転車屋はつぶれている?)

もう一つの理由に、昔ながらのまちの自転車屋の入りづらい雰囲気がお客を遠ざけている事もあります。
昔ながらのまちの自転車屋というと職人気質で「サービス」という概念がない店が多いのです。
例えば、店主が店内でテレビを見ていて声をかけていいのか分からない店や、
店内が工具やバラした自転車部品で占領されて人が居るのか居ないのか分からない店などです。
そういった店は女性にはなかなか入りづらく、料金表もないために修理が頼みづらく
結局は、まちの自転車屋から遠ざかってしまうという悪循環です。


1.自社ブランド自転車開発で量販店に対抗
2.女性にも入りやすい店舗デザインと店作り
3.分かりやすくい料金表示
4.気軽に利用してもらえる接客サービス(空気入れ無料・ピカピカ洗車等)
5.他店購入の自転車も修理・点検OK!

接客に力を入れていれば、お客さんはついてくると思います。
技術は、後からでもどうにでもなります。
わからないことは、他のFC店や本社にも聞けますからね。

開業して5年になり、リコのFC店でも潰れたお店も見てきました。
それを見て感じることは、やはり接客に問題がある店は愛されない。
お客さんとは親しくなるのはいいことですが、
なぁなぁの関係になるのは良くないし、
技術的なことが分からないお客さんに上から目線で接客するのは論外です。
いつでも、丁寧を心がけて接客してほしいと思います。

まちの自転車店リコ


今生き残っている個人経営(街の自転車屋)の殆どは取引先が官公庁がらみのお店です。
市区町村役場、郵便局、警察・・・こいつらが税金で一流ブランドのママチャリや災害用名目で大量のマウンテンバイクを「定価」で購入し店側も「保守」という年間整備費を請求します。

苦戦しているのは旧態依然としたお店です。
古い「昭和的思考」から脱却出来ないお年寄りの経営するお店がそうです。

少なくとも真面目な自転車屋は、自分の整備不良がお客さんの命を奪ってしまうかもしれないといった責任を持って仕事をしています。
そこに通販で購入した安い粗悪品の自転車やろくに整備をしていない自転車を持ちこまれて、本心では「この自転車は危険なので買い換えてください」と言いたくても、なかなか言えるものでもありません。



自転車は好きであり自転車旅行は何度も一カ月とかでもしている,だから自転車には興味あるのだが自分はメカに弱い,だから自転車のパンク修理もできない
器用さがない,それで自転車の種類でもロードを知ったのは最近だというのでもわかる
まず自転車乗りでロードを知らない人はいないからである。
ロードの醍醐味を知らない人は自転車のことを知らないとなる
自分の場合はただ乗って自然を楽しみ遠くに行けばいいという考えしかなかった

自転車は種類が多い,そして一台一台乗り心地が違う,それもまた乗ってみないとわからないのである。だからみんな同じようで同じではない
普通通学とか一万二万の自転車なら同じだろうが今は電動自転車などで種類が増えたのである。

それで自転車を買おうとした,それはミヤタの30万もする電動自転車だった,それは長距離用でいいものだった,だがその販売店がこの辺にはなかった
それで原町の自転車屋に行って聞いてみた,そこは外国の自転車も扱っていたから扱っているのかと思ったからである。
そこではパナソニックの電動自転車を買っているし一回パンクしてそこで修理してもらった
だから全くはじめてではないのである。

でもミヤタは扱っていません,あなたは地元のH自転車屋で世話になればいいとか対応が冷たいのである。
ただ聞きに行ったのだからミヤタはあつかっていませんでもいい,話だけでも聞いてもいいはずである。それもしない,あなたはHさんに頼めばいい,ここに来る必要はないという感じである。あなたはここにはもう来るなという感じである

なぜそういう対応になったのか?
それで自転車屋のことを調べたらなるほどなと思った

少なくとも真面目な自転車屋は、自分の整備不良がお客さんの命を奪ってしまうかもしれないといった責任を持って仕事をしています。
そこに通販で購入した安い粗悪品の自転車やろくに整備をしていない自転車を持ちこまれて、本心では「この自転車は危険なので買い換えてください」と言いたくても、なかなか言えるものでもありません。

こういうことがあったのかということもある,実際に一回は28インチのタイヤで近くで事故を起し頭をぶつけて歯を三本折った,それは打ち所が悪いと死ぬこともあった
自転車は意外と危険であり整備も必要になる

自転車屋は職人である,でも一方で常に売ることもしているので接客サービスが要求される

それで開業して5年になり、リコのFC店でも潰れたお店も見てきました。
それを見て感じることは、やはり接客に問題がある店は愛されない。

接客に欠けるというのがある,その店は70近い人がしている店である
それも影響しているかもしれない,職人気質だと人のサービスより自転車の職人となり人へのサービスはないがしろにされる
これは鉄道でも同じだった,JRでは人へのサービスは欠けている
電車を作る安全に走らせる職人集団なのである。
人への接客とかサービスは関係ない,考慮していないからこそ駅の無人化をしようとしているのである。人はそこに必要ではない,ただ職人として電車を作り鉄道の保守管理をして時間通りに正確に走らせるということに力をそそいでいるのである。

自分の町にはもう一軒しか自転車屋がない,別に隣の町のスーバーとかにもあるけどここではない、その一軒がなくなればゼロになる
これも困ったことになる,自転車屋は後から世話になることが多いからだ,近くにないと困るのである。
何か自転車は町の顔のようにも思える,駅前に自転車屋がなくなったら相当に淋しくなる自転車屋には人の出入りがある
そしてその一軒の自転車屋は人の対応がいいのである。
それに感心する,田舎ではそもそも商売上手な人がまれかもしれない,接客が下手であるそもそも東北人は職人には向いている,でも接客の商売には向いていない
自分もそうでありこつこつ何か人とかかわからないでしているのが向いている
自転車屋は職人であるとともにそれを直接人に売るから接客が大事になる
それができているからあそこは田舎ではめずらしいとかなるのかもしれない
ただひどく嫌っている人もいるから評価は必ず分かれる
ただその人は異常なクレーマーなのである。それは田舎で最底辺で生きてきたために不満が多いからそうなる


リコジャパンとかチェ-ン店の自転車ができているということはやはり時代に適応できないからである。
品物の量も増えているしそれにも対応できない,サービスでも対応できない
昔風の職人気質の店では入りにくいこともある
ただここでは一軒しかないのだから嫌でも頼むほかない
それでも隣の街まで行って頼んでいる人もいる
いづれにしろ商売でも何でもむずかしい,接客があるとそれに向いている人といない人がいるし職人気質だと向いていないとかなる
その両方をかねそなえるとなるとなかなかできないのである。
だから地元の自転車屋はそれを兼ね備えているからめずらしいのかともなる
このことは医者でもそうだし何でも商売にかかわることに通じている
自転車屋だけの問題ではないのである。仕事全般に通じていることなのである。
だから自転車屋の仕事だけでもそこから社会が見えることはある
そこでは様々なことに社会全般にかかわるものとしてあるからだ
自転車というのも車とにているからである。車社会になったようにやはり自転車もそういう側面があるから社会を見ることがそこからできるのである。


何か仕事についてわからない,自転車屋でもこうしてインターネットだと内情がわかる
これもつくづくなるほどなと納得したのである。


posted by 老鶯 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月16日

グローバル経済の格差から起きた残酷な事件 (国と国の格差が大きくなり起きた事件)


グローバル経済の格差から起きた残酷な事件

(国と国の格差が大きくなり起きた事件)


フィリピン妻は結婚できない中年男を幸せにするか? 奇跡の婚活、夢の果てに=
鈴木傾城


この話はグローバル経済を象徴したものなのだろう。資本主義社会を象徴したものなのだろう。
それが余りにも露骨に残酷に現れたのである。
そこには何の愛情もなかった,ただ金が目的であり最後は金のために殺したのである。
その殺された人間もあわれであるが女性を金で買えるとした社会にも問題がある
グローバル経済では後進国と先進国の為替の差がまだ十倍とかある国がある
フィリンピンとかカンボジアとかがそうである。
カンボジアでは若い女性でも5ドルで売春されているとか安い
その女性にしても眼中には金しかないのである。

日本人の50代の男性もあわれだがもともと金で女性を買おうとしたことに間違いあった
だからその男性も悪いとなる
そしてグローバル経済の格差の中で生きているとこうしたことが露骨に現れる
その女性も金で殺し屋を雇い殺したのだから金がすべてだとなる

こんなことが起きるのはグローバル経済では露骨に国と国の為替が大きいとそうなるからである。
それは国内でも起きる,金持ちの家に今の貧乏人が家政婦であれ家に入ればその暮らしの差が歴然として露骨になるからだ
するともう労働するよりなぜこの家ではこんなに裕福なのだとなりなぜ自分はこの家で働かせられているのだとなる
そして盗みとか犯罪になりやすいのである。

この女性もまた相手が求めたきたものを金をもらい与える,しかし逆に金をとればあとは関係ないとして金で雇った殺し屋に殺させる
そこには非情な金の関係しかないのである。
人間の関係は金しかない、金の切れ目が縁の切れ目である
それを自分も介護十年で自分の病気でも経験した
借金で苦しむ人に殺されようとしたからである。
自分が弱ったとき金を要求する,そして死んだ方がいいとさえ思うようになっていたのである。
すでに心で人を殺していたのである。保険金殺人のようになる
そういうことは遺産相続で普通に起きていることである。

格差社会というときこういうふうに余りにも差があるときもう善悪の問題ではなく犯罪は起こる
江戸時代は身分社会だけど侍が特別贅沢していない,庶民と比べてそんなに贅沢していない,だからフランスのように貴族階級に対しての革命が起こらなかったのである。
身分差があっても日本では暮らしそのものはそんなに差がなかったのである。

グローバル経済がこうした国々の格差を露骨にする,給料が十倍とか違う,それがもし人が交わらなければ問題は起きない,貧乏な国はその国の中でその貧乏の中で生きてゆくほかない,そして貧乏人同士助け合うということもある
格差が国々で拡大して人と人が交わるとき問題が生じるのである。

おそらく物だけが入ってきているとしたら人が交わらないとしたらこういう問題は起きないのでないか?
その国がどんなに貧乏でもその貧乏を知ることはできない,また金持ちのことも知らない人と人が直接交わることは物が流通するのとは全く違ったものになる
一人の外国人がよその国に入ることは全然違ったものになる
様々なも軋轢を産む,文化も宗教も違うし差別なども身にしみて感じるようになる
それで日本に来たベトナムの実習生でも日本を恨んで妬み帰っていい印象をもたないようになるのである。
もし観光だけで来ているのならこうはならない,でも観光するにも金がいる
ただ今は平等に東南アジアでも中国でも日本に観光に来ているから格差はなくなったのである。
そして今度は日本人が中国人より貧乏になり観光に来た人達を接待するようになった
それがグローバル経済でもある
一旦経済の競争に負けたら外国人に使われるようになるのである。
女性も売られたりするようになる,それがグローバル経済なのである。


金,金,金・・・・

借金した者が飢えた獰猛な虎のように襲ってくる
ハエエナが屍をあさる,それは遺産を争う人ににている
弱きものは狙われ襲われ真っ先に餌食になる
弱肉強食の世界に生きざるをえないもの
獣の中で人は生きる
人の世では金がものいう
人は金に泣き金に笑い金に苦しみ金に翻弄されて生きる
一時たりとも金から離れることができない世
金をくれ,金をよこせ,金をください・・・
金でめんどうみろ・・・すべて人の世は金がまとわりつく
金の切れ目が縁の切れ目・・・・
そうしてすべては去った
一日でもいいから金から離れたい
金とは人間の欲でありその欲は消えない
そして心から思う
自ら額に汗して稼ぎ本当の実りを我が手でとる
金で買うのではない,自らの労働で実りを得る
または神から無償で果実が与えられる
あたかもマナのように与えられる
金をめぐってこの世はまわる
金から脱することができない世
家族も肉親でも金で争っている世
何かが間違っているとしても金から逃れられない世
いくらあっても金はたりない
それより人間の欲望は永遠に満たされない
餓鬼地獄に生きている人間
金が悪いのではない,それは手段にすぎぬもの
金にすべての悪をおしつけることはできない
それより金は現物を離れて操作される
我々は今金に操作される世界に疲れた
人間は金ではない,本当に価値あるもの得たい
金で計れない価値あるものもある
値段がつけられないか価値あるもの
そういう価値こそ本当に価値あるもの
それは金で変えられないから・・・・

posted by 老鶯 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

雲雀(ロードで走る-自転車選びに苦労する)


雲雀(ロードで走る-自転車選びに苦労する)

windssss111.jpg

新田川瀬音に岸の樹々芽吹く

走り去るあとにひびきぬ雲雀の声

坂を越えて大きく迫る春の山


ふんぷんと梅の香りの放たれる一日田舎をめぐり走りぬ


ヤマハのYPJ-Rは優れものだった,なぜだったのか?
車体が軽いことである。
16キロとかなると相当に軽い,それで電動自転車なのだけどバッテリー500グラムで軽い
他は3キロとか重すぎるのである。

それで悩んでいた人がいた,その自転車を改造してバッテリーを別な大容量のものにしていた,それは自転車屋でしていたのである。
とても坂は上れない,すぐにバッテリーが切れてしまうからである。
そこが最大の弱点であったからだ
それから自転車を軽くするために部品を改造することもしていた
自転車はいかに軽くするかが問題である。軽いと軽快に走る,でも電動自転車だと重くなるからだ

自転車は技術的にもやはり他の機械と車とかとも同じ問題をかかえている

●軽くすること→スピードがでる
●構造的にしっかり作られていること
●バッテリーをを長持ちさせること

自転車が軽いと軽快に走る,それを追及したのがロードである。ヤマハのYPJ-Rは軽いことと構造的にもしっかり作られている
ただバッテリーがあまりにも少なすぎるのである。だから長距離になるとかえって坂があるから疲れるとなる,ただ平地がつづけばこれは楽なのである。
日本では山が多く坂がありすぎるので自転車が使いにくい
オランダなどは坂が全くない,フランスでもドイツでも坂がない広い平坦な地がつづくのである。

長距離になるとこの年でできるのかとなる?
なぜなら筋肉が痛くなるし疲れる,でもしている人はいる
ただ坂が鬼門なのである。
それで今度はクロスバイクを買おうとした,ただミヤタのいいとして田舎では買えないものだった,販売店がなかったのである。
最近はミヤタは販売していない店が多くなったらしい
何か金融商品でも田舎では老人向きのがなく投資信託など銀行がもうかるのもすすめられた,そういう点で田舎は技術的な面でも遅れるのである。
なんでも通販で買えるというが通販では買えないものがあると思った

ともかく相当に自転車に乗ったが自転車のメカについてはわからなかった,自分はメカとかに弱い,それでロードも知らなかったしクロスバイクも知らなかった
ただ自転車は走ればいいと思っていたのである。
ただ坂がいやなので電動自転車を使うようになった
シニア向きに電動自転車が普及した面もある
30万とかで売り出しているのもそうである。
それだけの金をかけるとなるとなかなかできないだろう。
ただ車をもっいればいい車が欲しくなるのと同じで自転車もそうなのである。

自転車の醍醐味はロードにある,走りが全然違うからである。
でも荷物も乗せられないしドロップハンドルだと急にブレーキをかけられないスピードが出るから危険なのである。
坂で一回とめられず転んだのもそうである。そのまま転倒しないと坂をとめれずに下るから死ぬことにもなる,そういう危険なものである。

それで今度はクロスバイクを買おうとしたがいいものが見つからなかった
ヤマハのは30万以上で6月にはでる,でも重さは変わりないみたいだ
どうしてもバッテリーが重くなるからである
ただ30万クラスだとかなり使えるものになる

自転車のいいの自然と一体化することである。
この俳句も自転車で乗ってイメージして作っているし自転車に乗って俳句でも短歌でも作りやすいのである。
それは自然と一体化するからである。
ただこの年になると体がきついなと思う,でもそもそも長寿化社会,人生百年とかなると何か年齢についてこだわることは間違っているのだろう
確かにもう死んでもいい年でも今はそうでもないのだろう
年の感覚は人によって違うが今までの年の感覚ではなくなっている
だからまだ自転車でもロードでも乗り遠く行けるのかとも思う
40キロくらいなら普通に今でも行けるだろう,それこを越えると相当に厳しいなとも思う

ともかくも春なので運動しやすくなった,体を筋肉を鍛えればまた回復するかもしれない,新田川は浅瀬の川であり瀬音が常にしている川なのである。
これは真野川とかと違う川なのである。広瀬川も瀬音ゆかしきとあり瀬音がする街中の川である。川にも特徴がある
こうして音を聞いたり風に吹かれたりするのが自転車であり車ではできないのである
そのために自分はこれまで遂に死ぬまで自転車に乗っていたとなる
自転車人生だったともなってしまったのである。

brain of woman

brain of woman


womanbrain222333445566778899.jpg




womanbrain222333.jpgwomanbrain2223334455.jpgwomanbrain.jpg

新しいソフトを試しに使ったらこれができた,これは自分でソフトを試しに使っていたら偶然にできた
ソフトによってできるものが違ってくる,ソフトに影響されるしいかにソフトを使いこなすことができるかで抽象画の世界は広がる

I could do this if I used the new software to try it, this was made by chance if I used the software for my own test
Abstract painting world spread with how software can make different things, how software can be affected and how to use software

2018年03月15日

関西生コン家宅捜索・ユニオンの闇と、北朝鮮の影。一部野党に激震か? (マスコミで報道しない,もう信用できない)


関西生コン家宅捜索・ユニオンの闇と、北朝鮮の影。一部野党に激震か?

(マスコミで報道しない,もう信用できない)

kansaii45432.JPG

kansaiii23.JPG

kansaiii231.JPG

kansaiii12345.JPG

このことが報道されないのはおかしい,マスコミはなぜ黙っているのか?
これが重大な問題でてある。
それは国事にかかわることであり芸能ニュースとは違う
国民も関心をもつべきものだからである。

政治とかになかなか関心もてないが北朝鮮もかかわるから国民に関心をもたせるべきなのである。
これを報道しないマスコミはもう国事にかかわる重要なことも報道しない
もうマスコミはこれで信用できないとなる

それは原発でもあった,中で何が起きていても報道されない
そのうち大事故となり国民に知らされることになる
北朝鮮で核開発していてそのミサイルが打ち込まれても報道されないことで日本人が危機感をもたないからそうなる

別に自分は右でも左でもない
これはただ事実だけを報道しろというのは正論なのである。
その事実がマスコミでは報道されないのである。

でもネットをしている人はみんな見ている
今最大の話題なのである。
それはただ芸能ニュースとは違う,国事のことでありこれを報道しないことは
もう報道の役割を放棄したとなる

つまりなぜこれを報道しないのか?

その理由を問いつめるべきである。マスコミはもう報道機関としての役目を放棄した
それはそれでいいとしてただの芸能ニュースとかゴシップとかしか扱わない

国事とか重要ニュースは報道しない

そういうものとして見るべきでありむしろ重大ニュースは国事にかかわる国民のためのニュースはネットで知るべきだとなる
ただヤホーでも報道しないとなるからそうした報道機関も信用できないとなる
ただ自民党側が今籠池問題で追及されているから議員でもとりあげている
そこに偏りがあっても信用できる
別に左翼でもネットだと自由に報道できるから公平だとなる

これでマスコミの報道機関としての信用は墜ちた

重大なことを報道しないことで信用できなとなった,50万人とが閲覧しているからそれなりの影響力はある,youtubeは政治でもわかりやすいから見ている人が増えている
自分も最近見はじめたのである。

タグ:関西生コン
posted by 老鶯 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2018年03月14日

春の日にロードで走る(自転車談義)


春の日にロードで走る(自転車談義)

stone10.jpg

これはいい庭である。,これだけの庭を造るには相当金もかかった
大きな石はなく同じような大きさの石を丁寧に組んで作ったという感じだ


ところえて組まれし石の数十個作りし庭や春の日暮れぬ

一本のすぐたつ銀杏枯れにつつ長くもここに立ちにけるかな

雲雀鳴く声のひびきつ軽やかにロードの走るふるさとの道

春風にロードに走る早きかないづこへ気ままにわがめぐるかな

山鳩の今日も来たりて梅におふつつがなき日のもどるにしあらむ


今日は本当に春だった,あたたかい風が吹いてきた,それでロードで走る
ロードは早いから気持ちがいい,ただこれは早いので危険になる
慣れた道なら飛ばしてもいいが慣れない道だと危険になる
ロードがありクロスバイクがありマウンテンバイクがある
ロードはなにか短距離に向いていた
長距離だと坂を上るのがやはりきつい,それでクロスバイクの電動自転車を買おうかと思った,クロスバイクは何かわからなかった
自転車には長く乗っているけどメカのことはわからなかった

自転車はやはり技術的課題としては同じなのかもしれない,材質によって性能が違ってくる
鉄よりアルミニウムがいいしアルミニウムよりカーボンがさらにいい
軽くなるからだ,この材質の問題は車でも飛行機でも何でも同じである。
それから車の構造とか作り方とかも乗り心地に関係している
安い製品はそれなりのものであり高い製品は部品でも材質でも構造でもしっかり作られている,自転車は値段相応なのである。

電動自転車でE=bikeとかがブームなのだろう,最初に出したヤマハのJPYはロードで電動自転車にしたが16キロとか軽いのである。その軽さが軽快に走るようにできている
これは別に電動自転車ではなくてもロードとして走れるのである。
そういうふうに作られている優れたものだった
ただロードはドロップハンドルでありブレーキを急にできないということがある
何かそれで怖いというものを感じた
慣れた道ならいいが知らない道だと危険になる、曲がって突然に車に出くわしたりするからである。その時急ブレーキをかけられないのである。

その点クロスバイクはブレーキをかけやすい,ただこれは乗ってみないからわからない
一応遅かったが自転車はいろいろ乗った,今になると体力がなくなったから長距離は無理でもクロスバイクに乗ってみたい,それなりの遠出はできるだろう。
ロードは近間でスピードを出すと気持ちがいい,でも坂はすぐバッテリーが切れるので無理である。
ミヤタのクルーズは30万とかするが6月に出るヤマハのはさらに3万以上高いから比べると高いとは言えない
最後の仕上げがこのクロスバイクかもしれない,いづれ後は乗れなくなる

とにかく春になると遠くに行きたくなる,体も動きやすくなった
冬は自転車は風とか寒くて動けなかった
ロードは早くて気持ちいいが遠くになると坂あるので体力がないので行けない
金の問題もあるが年になると体力との相談になるのだ
激しい運動は若いときしないとあとはできない
そして自転車の旅でも旅は長距離をすることである。
そうするとそれが印象に残る,電車の旅だと地点地点の旅であり連続しないからだ
長い距離をとにかく走破することが旅を達成することなのである。
それはあとあとまで達成感として残るのである。

今年は平和な日常がもどってきたのかもしれない,30年間ほどは平和がつづいた
それがここ十年は介護で心身ともに疲れた
自分の家に来たのは金を求めて漁るハイエナの群れだった
それで金は大分使った,ともかく春の穏やかな一日だった

2018年03月13日

籠池問題で偏るマスコミの報道 (右に偏り左に偏る,バランスを計り見るのが大事)


籠池問題で偏るマスコミの報道

(右に偏り左に偏る,バランスを計り見るのが大事)


籠池問題は何なのか?わけわからなくなってきた
マスコミの報道だと籠池が一方的に悪く阿部首相が悪いとして追い詰めていた
マスコミがここだとたたみかけてきて政権打倒だと盛り上がった
でも今度は辻本清美が関西生コンとかと結びついて実は工作していたとか
民進党時代には公園の土地に金をつぎこんでいた
その額の方が大きく・・・学園はそこはゴミの廃棄場を学校にするのだから
回りの人たちにとってもいいことであるという
それよりもっと多くの金が民進党の時代に民主党の時代につぎこまれていた
辻本清美は関西生コンとつながりまた北朝鮮に通じてミサイルの資金として提供していたとかなる

それで公安なのか検察が捜査に入ったというのも驚きである。
なぜなら籠池問題では一方的に阿部首相が悪い悪いと野党側が追及してきたからである。何かこれは江戸時代の時代劇のように悪代官の阿部首相をこらしめろとなる

阿部首相が悪い
阿部首相が悪い
阿部首相が悪い
・・・・・・・

阿部首相は悪くない

こうしたマスコミの報道は何か真実より大衆に暗示をかけるものになる
その真実とか細かい事実とかを大衆はめんどうだから調べたりしないからである。
だからマスコミでは大衆に暗示をかけるように何度も同じことを言いそれを見ていると
なんだ阿部首相は悪い奴だとなり怒りにもなり政権打倒へと導く

ただこれは別にここで左翼系がマスコミを支配しているから一方的に阿部首相攻撃になるとか言う,でも逆に右翼系が一方的な報道になる

原発は安全だ
原発は安全だ
原発は安全だ
・・・・・
原発は安全でない

こうして安全神話が作られていたので原発が危険だという左翼系の学者は危険人物とされたしまて地元でも危険じゃないのかと言うこともできないでいた
なぜなら多額の交付金とか入り原発で働く人も多いからそうなっていた
本当にふりかえると報道はどっちにしろ左にしろ右にしろ偏るのである。

常磐線を浪江から富岡までを復旧するな,労働者を放射能汚染させるな,また車両点検で仕事が増えるとか汚染された町に住まわせるな,人のいないところに電車を通しても無駄と動労が前の国鉄の組合員が浪江駅が開通するとき騒いでいたのである。
でもそれはマスコミではテレビでは報道していないがわずかに開通の日に反対する人がいたのである。その騒ぎがテレビの画面に音声だけでも入ってきて
あれ,常磐線開通に反対していた人がいたというのに気づいてネットで調べるとそのことが出ていた,ネットにはどちらの意見も両方出ているのである。
マスコミは一方的になるのである。

もとかく報道はかたよる,籠池問題でも偏っていた,野党側の一方的追及に偏っていたのである。それで逆に今度は野党側の民進党の辻本議員が攻撃されるようになった
そこには裏があり辻本議員は籠池問題に深くかかわる人物だったのである。
つまり追及される側の人物だったということになりをとなっているんだとなる
報道は必ず偏って報道される,なぜなら報道する人が偏っているからである。
マスコミは左翼系が多いというとき偏る
でもまた右翼系でも偏るのである。原発は右翼系であり「安全神話」が作られた
だから武田邦彦氏は私は右翼でも左翼でもない,原発には反対だけど左翼ではない
でも原発に反対しないと左翼系の人は受け入れてくれないという
自分も別に右翼でも左翼でもない,ただ原発はなくした方がいいと思う
それはこの辺でこれだけの被害があったらみんな原発はいらないとなる
それは当たり前のことである,でも前の桜井市長が左翼系で原発反対でまた市長になろうとしたときそれだけの主張で市長になるのはまた納得いかなかった
それはこの辺では当たり前のことになっていたからである。

とにかく報道が偏るのはマスコミの場合はみんな左翼系だからそうなる
でも原発に関しては右翼系になっていた,だからこそ「安全神話」が作られた
朝日新聞でも安全神話に加担していたのである。
それは宣伝費を電事連からもらっていたからである。その額が800億円とかとてつもないものだったのである。
そして朝日新聞社をはじめ全部のマスコミの人が東電で中国に招待されていたとき原発事故が起きたのも皮肉だったのである。

インターネットでこの偏った報道は是正されつつある,でもマスコミの力はまだ強い
現実に関西ナマコン会社に検察の捜査が入ったということは報道されないのである。
報道されなければそれは社会に知らされないのだから知り得ようがないとなる
でもネットで騒いでいたので何だろうとyoutubeを見たら報道していたのである。
これは重大事件であ報道しないということはそれを無きものにしようとマスコミはしているのである。
報道の自由とういけどそれがマスコミにはない,ネットにはある
ただネットでも偏ることはあるがどっちも報道するので偏らない方だとはなる

posted by 老鶯 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

ベトナム人のIT人材を求める (日本人が後進国に追いつかれてゆく)


ベトナム人のIT人材を求める

(日本人が後進国に追いつかれてゆく)

大学の空洞化が静かに進んでいる。さまざまな世界ランキングでも、軒並み地盤沈下する日本の大学。東京大学はもう眼中にない。そう言い切る高校生も増えている。将来を担う若者に対する教育の劣化は、日本にとって致命傷となりかねない。大学改革は今度こそ離陸するのか。

「やっぱりベトナムの大学かな。技術者の人材の取りあいだよ」。アジア各国で、大学のレベル向上が目立つ国はどこか。日本のIT(情報技術)企業の人事担当者に聞いたところ、こんな答えが返ってきた。別の人材系企業の担当者も「ベトナムの人材は優秀」と同様の意見だった。

テレビでハノイ工科大学の学生をIT人材として採用する,それでベトナムでリクルートに会社が行く,その受け答えはすでに日本語でしている
日本語を勉強させる仕組みができている
ハノイ工科大学はベトナムで一番優秀な人が学んでいる
その学生は日本の会社で働きたいという意欲が強い
なぜなら給料でも六倍になるという,まだベトナムとは為替差が大きいからかつての中国とにている,中国はもうIT分野で日本より進んでいる
新幹線ももは満州のハルピンまできていると自分の町の男性が嫁いだ女性の故郷に行って教えてくれた

ベトナムからはここでも働いているしそれでかつての中国と同じように犯罪が増えている中国に代わりベトナム人になった
ただそうした単純労働者ではない,将来の技術者も少数でも日本に来ている
ベトナム人は日本人より向上心とかが強い,また発展途上だから上昇志向が強い
そこが日本人とは違う,そしてグローバル社会ではこうして頭脳が世界的に流出する
移動する、それでアメリカでは世界から頭脳を集めてIT大国となったのである。
グローバル社会とは物だけが自由に行き来しているのではない
人間の頭脳を流出する,日本でも優秀な人はアメリカに行くとなる
それは積極的にそうした人材を受け入れるからである。

ベトナム人とネバール人もIT人材として日本の会社が求めているという
なぜネパールなのか?それが解せなかったがネパールはインドなんだよというとき納得した
ネパールは文化的にはインドなのである。ヒンズー教だし経済的にインドの影響が大きいのである。物でもインドから入ってくる,出稼ぎでもインドに行く
インドから卵が入ってくるとか言っていた
そしてインドはゼロを発明したように数学が優れているからITに向いている
そのことはネパールに旅行したのでそうなのかと実感したのである。
だから世界でもその場に行かないとわからないのである。
ネパール人も日本に単純労働者も出稼ぎに来ている
英語ができるからベトナム人とは違っているのである
ベトナム人も日本語熱になるのは給料が高い日本の会社に入りたいからである。

文科系でも日本語ができれば日本語を学ぶ
ということは英語を学ぶというとき英語で仕事ができて給料が高くなるから学ぶということであり別にそれは日本語でも良かったのである。
英語の言葉が別に優れいてるからそうなっていたのではないのである。
欧米が世界を支配したからそうなっていたのである
日本人でも明治の時はそうだった,英語を学びヨーロッパに必死になって追いつこうとしていた
それで留学した学生が英語ができないと悲観して自殺したとかある
それだけ英語を学ぶのでも必死だったのである。
それは今ベトナム人が日本語を学ぶのとにているのである。
つまり文明度文化度が高ければその国の言葉を学ぼうとするのとにている
とにかく明治の時日本人の向上心は高かったから今日の発展があった

いづれにしろグローバル経済というとき人でも物でも自由に流通する
それを否定してナショナル経済にもどる,それは単純労働者が流入すること移民することで抵抗がありそうなった
でもそうした優秀な頭脳は日本でも歓迎だしどこでも歓迎なのである。
そうすれば国の発展に役立つからである。
グローバル社会とは知能とか頭脳のグローバルでもある,これはさけられないのである。そうしなければ世界から遅れてしまうからである。
自分がしている抽象画もグローバル社会でしている
やはりITを活用して生まれているからだ,それで定期的にアメリカなどの人が見ているのである。芸術の世界でもグローバル化するのである。


こうして日本は今成熟社会となり少子高齢化となり高度成長時代も終わり停滞している
まずそうしたベトナム人と日本人と比べた場合,その意欲とか向上心とか上昇志向が違う何か日本人はそうしたものを高度成長時代にもっていたものが失われた
非正規とかニートとかが普通にいてそういう人達は向上心もなにもないのである。
そこでグローバル化の競争にさらされて世界が格差社会になるとき日本は後進国においつかれ日本自体が今度は後進国になってゆく
会社の経営はすでに中国人ににぎられ日本人はIT分野で下請けになるとか逆の現象が起きてくるとなる
中国人もやはり向上心が強かったからである。

だから日本はそういう面でも危機であり将来的に後進国に追いつかれる,中国には追いつかれている,するとどうなるのか?
衰退国家になり中国などの従属国家になってゆく,
まず日本人には若者でもベトナム人のような強い向上心とか上昇志向がないからである。そうした意欲がない,成熟社会になるとそうなる
そしてベトナム人は大学の先生からして40代とか若いし若い人が多いのである
日本は少子高齢化だからますます停滞してゆく,向上心がない社会になっている
東日本震災でも復興できないのは少子高齢化のためである。
老人だけが残り復興できないのである。この差も大きいと思った
高度成長時代は子供の数も膨大だし若い人たちの社会だったのである。
そういう社会はどうしても向上心とか上昇志向が強い社会になる

少子高齢化社会は老人社会である,ただ見方を変えれば成熟社会としての良さはでてくるでも全体的にグローバル化した社会では日本は取り残されて停滞して衰退して
後進国に格下げになる,すでになっている
貧困化しているのがそうである。
世界が格差社会になっているというとき世界で頭脳でも競争しているからそうなる
そういう競争から遅れをとったら格差は拡大して日本がさらに貧困化して
遂に中国のようにまた東南アジアから追いつかれぬかれてしまうことになる
そういう危機感をもたないと日本はいつのまにか後進国となり貧困化して世界から取り残されてしまう,その時国防でも中国においぬかれ従属国家となる危機なのである。
ただ日本はそうした危機感をもっている人は少ない
それは高度成長時代での成功体験があり向上心を失っているからである。

posted by 老鶯 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2018年03月12日

春の川(春らしい一日)


春の川(春らしい一日)


springrivrrr1.JPG

誰か来る駅に待つかな春の雲

我が一人黙深くして梅におふ

夕空に一番星や春来る

一番星希望の星や春来る

春満月二度ほど我が家のぞくかな

水豊か流れてここに猫柳ありしを知るやまた来なんかな

春光の流るる川面にきらめき反射して
白鷺のゆくりかに舞いおりぬ
その優雅さやまた舞い去りぬ
桜はふふみ我が歩む土手の道
故郷のこの道にまた花は咲きなむ

自分はふいっと旅に出ていた,そういうときは恵まれていた
その旅ができたのも家に待っている家族がいたからである。
それがいなくなると何か家を空けると不安になるのだ
別に旅はできるのだが家を空けることが不安になる
火事でも起きないとかも不安になる
盗まれるのではないかとも不安になる
だから何か一人暮らしというのは自由があるようでなかった
何か旅に出にくいということがある
だから今は逆に駅で誰が来るのか待っているだけだとなるのも不思議である。
待つ人がいて旅にもでるとなる

今日は春めいていた,河原を歩くのは気持ちがいい,流れる川の面が春の光りにかがやいている,桜もふふみネコヤナギもあった,徐々にふくらんでくる
この辺では川の土手の道が散歩には一番いい
あそこには鷺の巣があり群れて眠る,なんか飛んで行きたくなる季節である。
ただなんか自転車でも腰いたいと筋肉が痛くなる
遠くに行きづらい,なんか近くを散歩するだけくらいになると行動範囲が狭くなる
でも近くに自然があるから気持ちいいとなる

雨がふったので水は豊かに流れている,今日は春になってきた
なんかだんだん遠くには行かず近くが生活範囲になるのかもしれない
それは介護十年ですでにそうなっていたのである。

一番星がきらめいたから何かこれも春らしかった,何か希望の星という感じになる
希望の星が新たな星が現れともなる
春満月がのぞいていたが月が変化するのは早い,ともかく春らしい日だった


タグ:春の川

ICE FOREST

ICE FOREST


icedforest345.jpg

icedway.jpg

icedforest111222.jpg
north pole

icedway1234543.jpg

iceforest456543.jpg

icedddd  forest.jpg

blueleaf11.jpg




タグ:ICE

大規模公共事業としての復興の失敗 (ハードからソフトの時代に変わっていた)


大規模公共事業としての復興の失敗

(ハードからソフトの時代に変わっていた)

誰も語ろうとしない東日本大震災「復興政策」の大失敗

津浪の跡が盛り土とかして高台を作る,高い防潮堤を作る,高台に移転させるとか大規模な公共事業となった、でもそうしているうちに人が流出してそこに住まない
区画整理して人を住まわせようとしたが家が建たない,若い人は流出した
第一商売するにも人がいないのだから商売にならない
女川でも地元の人より外から人が買っている,それは限界が来るし来ている
商売でも買う人が消費する人がいないと成り立たない,その人がいなくなった
残ったのは老人だけだとなる
小高の女性が言っていたけど自分は死ぬことを考えるんだというのもわかる
そういう老人が復興の担い手になれない

そして津浪の被害地にも復興団地が建ったがここは老人ホームだよと言っていた
老人の街であり街自体老人ホームになっている,そこで復興があるだろうか?
少子高齢化でありそこで復興は何かそうした大規模な公共事業のようなものをすることが住民に良く働かなかった
仮設暮らしのときは自治体の職員が回ってきて心配してくれた
でも復興団地に入ったらそれもなくなっ
つまり住む場所を与えたらあとは自治体でも政府でもめんどうみないとなった
それで仮設で暮らした人がおばしちゃんがみんな近くにいて仲良くなって楽しいと言っていた,それからボランティアも絶えず来ていたのでそれで気分良くしていたのである。
だから老人にとって仮設というのは長屋のようになり親しくなる装置でもあった
だから狭いということがあってもそれがそれほど悪いものでもなかったのである。
そこに何か現代の老人問題を考えるヒントがあった
老人の孤立化などが良く言われるが仮設暮らしだとそういうこともなかったのである。
みんな気遣いあっていた,だから一人暮らしの人は喜んでいたのである。
現代は人々が孤立しやすい生活をしているし老人は特にそうなりやすい社会になっていたからである。
復興団地では何か仮設のような人とのつながりがもてない,孤立化しやすく孤独死にもなる,それは神戸地震でもそうだった

要するに民主党のときコンクリートから人へという政策の変換をした,実はこれも問題があったのだがまた公共事業的なものを津浪の被害地にもちこんだのが失敗の原因だった
箱物を作ってもそこに暮らしがない,高台を作り整地しても人が住まない
学校を作っても生徒がいないとかなる
道路を作り高台を作り復興団地を作れば復興するということではなかった
コンクリートばかり考えて人がぬけていたのである。
人へサービスするという観点がぬけていた,それはJRでもそうである。
ただ人を物のように考えて輸送する移動させればいいというだけである。
人へのサービスは欠けている
そこに住む人が望むことと上から大規模な公共事業をするのとは違っている
そうして工事している間には若い人は流出したのである。
それまで待てなかったこともある

というのは3年が限度だというとき農家の人が3年農作業でもしていなと体がなまってできなくなると言っていたからだ
3年過ぎた時点で復興の基礎ができなかったらもう人は流出してゆく
そして他で生活基盤を築くから帰ってこないのである。
盛り土して高台を作り防潮堤を作り復興団地を作っても整地された所に人が住まず空き地だらけになっている
だからコンパクタウンの考えが必要だったという人も今になるといる
元の街の規模の復興は無理だったとなる
小規模の縮小した街を早いときから作り住まわせることが良かったのである。

日本は自然災害が多いのだが自然の恵みも多い,だから災害とも共存すべきだという考えが正しかったともなる
あれだけ大規模な事業をしても徒労だったともなる,肝心の人が住んでいないからである
時代的にもハードの時代は終わりソフトの時代になっていた,それはコンクリートから人へということでありハード面としてはインフラの整備ではない,大規模公共事業ではない志向が必要な時代になっていた,それは津浪の復興のことでも言えたが旧来の方法でしたから失敗したともなる
やはりその時の時代時代でそれに適応したものをしないと失敗するとなる
大規模公共事業として人を住まわせるよりその前に人が小規模でも簡易的にも住まわせる必要があった,だから意外と仮設商店街とか仮設として街を復興してそれから街を拡大してゆくという方法もあった,最初からあれだけの大規模な公共事業となると時間がかかりすぎたのである。
そして3年が限度だというときその時間もすぐに過ぎてしまったのである。

タグ:復興の失敗
posted by 老鶯 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

2018年03月11日

動労は常磐線の浪江から富岡の開通に反対している (放射能汚染の中で働かせられるし人がいない所に通しても無駄)


動労は常磐線の浪江から富岡の開通に反対している

(放射能汚染の中で働かせられるし人がいない所に通しても無駄)

douroumito1.jpg

動労水戸ブログ
12・10常磐線開通反対闘争に際して訴えます!


被曝か貧困かを迫る避難指示解除

安倍政権は、17年3月までに帰還困難区域を除くすべての避難指示を解除しようとしています。対象となっているのは、全村避難となっている飯館村、川俣町山木屋地区、富岡町や浪江町の一部です。富岡町については、地元の意向をまったく無視して、1月に前倒しをして避難指示を解除しようとしています。さらに、年間50ミリシーベルトをこえる帰還困難区域についても「すべての避難指示を解除する


いわき運輸区の運転士や車掌、保線区や電力区の労働者が被曝労働を強制されます。労働組合として当然反対すべきです。しかし、東労組も国労も富岡延伸には一言も言っていません。
 今後、車両の検修問題が大焦点になってきます。いわきから北を走る車両のメンテナンスをするのは勝田車両センターです。車両に付いたたくさんの粉塵を労働者が吸い込む。動労水戸の組合員が被曝するリスクが高まってきます

 動労水戸・會澤憲一君は「私はライフサイクルで水戸駅にいるが、徹夜勤務が一つで4人いればすむのに、5人がライフサイクルで行ったために日勤が発生している。日勤で、毎日除草とペンキ塗りだ。

 すべての業務の外注化―水平分業とローカル線を切り捨てて要員を合理化する、第3の分割・民営化ともいうべき体制を作ろうとしている。


このことは知らなかった,今日テレビで鉄道の復興のことを放送していたとき浪江駅開通の時,そこで反対する人達が騒いでいたのである。
その人たちは動労の人達だった,みんな浪江であれ双葉や大熊や富岡まで開通することは賛成していると思ったのである。
なぜなら駅にいるといわき市まで通じないことで不便を感じている人が多いからである。
それでなぜ労働組合では反対しているのかとなる,それは被爆するのとそもそも避難解除をする必要などなかったということがある
なぜなら人が住んでいない所に電車を通しても無駄とと言っている
それから被爆するから避難解除すべきではないということも言っている
でもそうしたらいわき市まで常磐線が通じなかったら復興はないのである。

労働組合とすると被爆してまで働きたくない,避難解除はするべきでなかった
被爆の危険がまだあるしもう帰らない所に常磐線を開通しても無駄とと言っている
それから外注とかありそれにも反対している,それでは安全が守れないとか正規の社員が言っている
自分が駅で毎日見ていたが本当に安全のためとか除草とか点検保守が大変なのである。
それで外注して下請けにさせているのである。
JRの正社員がしているわではない,外注して極力正社員を使わないで費用を削減しようとしている,その一貫として無人化自動化をすすめているのである。
労働組合としてはそれに反対している

でも鉄道の問題はコスト的に厳しいのである。第一三陸鉄道でももう維持することが前らかコストとしてはむずかしかった,鉄道の維持は保守管理の手間と金がかかりすぎる
鉄道の保守管理は大変なのだから当然それだけの費用がまかなえればいいがまず電車に乗る人が少なすぎる
だから切符を買って乗ったこともない人が多い,みんな車を利用しているからである。
常磐高速のSAのセディティ鹿島に行ってみるとわかる
その数は鉄道と比べると比べようがない,その数は多い,百倍にもなるかもしれない
そのように鉄道がりようされていれば問題は起きなかったのである。
当然コストがかかるからそれでは維持する費用をどうするんだとなるからである。
鉄道を維持したいという町の人が運動していても肝心の町の人すら鉄道をめったに利用しないのである。その費用をJRに負担させるのは無理だとなる
JRからすれば勝手だなとなってしまう。

只見線とかでも観光鉄道として維持するのも無理がある,日常の生活路線があって観光がある,日々の暮らしがあって芸術もありうる
観光だけの路線ではそもそも基本的に成り立たないと思う
ただ将来を見据えたとき一旦鉄道は廃止されたら元にもどらないというのは深刻である。現実に北海道ではそうなっている,もう電車は走らないのである。
そうなると観光としては影響が大きいとなる
地方の活性化にも大きな影響があるのは確かである。

ともかく常磐線開通に反対しているのは意外だった
そうしたら街の復興はない,では街を見捨てて廃止するのか?
そして避難解除しないとなると国では補償金を払い続けなければならない
それが嫌だから避難解除を無理やりにしたということもある
でもそんなに避難し続けているのも矛盾なのである。
なぜなら近くで浪江の人がすることもなく昼間から酒飲んでぶらぶらしているからである補償金をそうして出し続けたらそんな生活が延々とつづく
そしたら避難先でも迷惑だともなる,そのことは小高の人達が仮設で暮らしていたとき毎日パチンコ屋通いでありギャンブルで遊んでいたのである。
それと同じように原発避難者には厳しい視線が向けられる

だから何か動労の主張も全部是認はできない,復興をどうするのか?
では住むことをあきらめるとして鉄道も通さないとしてどうなるのか?
途中で切れると鉄道は活きてこないのである。
バスにもできるししているがそれでは鉄道が活きてこないのである。
だから動労の主張も復興についてどう考えるのか疑問である
では浪江とか富岡間とか住めないとするなら街全体を取り壊してそこに住まないようにするのか?
どうせ帰らない人が多いんだからということで街を捨てるのかとなる
現実を見たときそういうことも決断するのかとなる

鉄道の旅は長いからもともと関心があった,ただ自分は乗せてもらう方であり乗せてくれ人達が働いていて旅できたがそういう人達を考えたこともなかったのである。
だから世話になったと思い今になって無人駅でボランティアのまねごとをしたとなる
鉄道の運営をどうするのかとなるとこれは相当な難題であり自分にはわからない
でも無人駅で鉄道の運営のようなものにかかわったので関心をもったのである。

死者が帰ってきてもよりつく場がない (津浪から7年過ぎてこの世の無常の詩)


死者が帰ってきてもよりつく場がない

(津浪から7年過ぎてこの世の無常の詩)

死者はどこに逝ったのか
津浪が連れ去った
でも死者は霊となって
時々その住んでいた場所にもどる
でもそこによりつくものがない
七年過ぎて過去のものはすでにない
松原でも残った一本松は枯れて切られた
かつての松原を残すものは何もない
それで霊となって帰って来た死者は
ここはどこなんだ
自分の住んだ所なのか?
風力発電の風車やソーラーパネル
盛り上げた台地など
そこに昔あったものがない
津浪から残った社が一つ高台に残っている
これは確かに津浪の前にもあった
しかし住民はそこに住んでいない
死者が帰ってきても死者が帰る寄る場所がない
家があればそこには思い出が残っている
家にも庭にも思い出が残っている
すると死者はその家により昔をなつかしむ
その家もなくただ更地となったら
何をよすがに思い出すのだろう
死者はあまりにも変わってしまうと
昔あったものがなくなると
霊として帰ってきても居場所がない
しかし人間の無常は変わらない
人の世の変化はめまぐるしい
常に変化している
ここに家があったはずだったが・・・
今は何もなく松一本が立って残っている
ここに誰が住んでいたのだろう
ただまだ松一本が立っているから
ここに住んで死んだ霊はその松によりつく
でもこの松が消えると何も思い出す
よすがとなるものはすべて消える
死者は日々忘れられてゆく
今を生きることに精一杯だから
去る者は日々疎しとなる
それは生きているときでもそうである
生きながら忘れられる人が老人に多い
生きていても存在感がなくなり忘れられる
社会的用がなくなり忘れられる
人間とは常に忘却との戦いでもある
どんなことでも忘れられてゆくからである。
人は次々に死んでゆくからである
もう最後はそんな人いたのとなるのが普通である。
死とともに加速度的に忘れられてゆく
その人が存在したのかどうかわわからなくなる
それがこの世の無常である
ただ昔あったものをみんな忘れて新しいものにする
それが人間にとっていいことなのか?
一本の松が空き地となり残っている
そこには人が住んでいた
冬の日がさしてそこにいつまでも立っている
そこに立っていたいのかもしれない
その松に死者の霊はよりつく
この松がなければよりつくものがない
死者は淋しくまたあの世に帰ってゆくほかない
この世とあの世,彼岸がある
そこを死者が行き来するとして
その死者の霊のよりつくものがなければ
死者はただ困惑してここが自分の生きた場だったのか
それを確認もできなくなる
余りに変わり果てたふるさと
それはもう死者の霊が帰ってきても故郷に思いない
そして死者の霊はここは自分の生きた場ではないと
また彼岸に去ってここにはもどらないともなる
それは生きている時でも起きる
あまりにも変わりすぎた故郷はもはや故郷とは思えない
そういうふうに変わることがいいるだろうか?
でも無常の世の中だからどうにもならない
時代は常に変わってゆくのだから・・・・

津浪から七年過ぎたけどあまりにも変わり果ててしまった,
この辺だと風力発電の風車が海岸に並び,盛り土されて台地ができて
ソーラーパネルの工場地帯のようになっている
すると津浪の被害にあった海岸地帯に昔をあったものがなくなり思い出すこともできない右田の松原はいい松原だったけどそこにも人が住んでいたけど
人は住んでいない,松が切られた切り株などが残っていたけど今はそれもない
何か思い出すものがないのである。

すると津浪で流されて死んだ人の霊が帰ってきてもここがとても自分が住んでいた所だと思えなくなる,するとどうなるのか?
ここは自分の住んでいたところではないとなってまた彼岸に帰り二度とここにはもどらないかもしれない,それだけ変わってしまったからである。
これほど変わり果てると生きていてもここが故郷だったのかともなる

とにかく人の世は無常迅速なのだ,人自体も変わる,その人間関係も変わる,そういうことを津浪や原発で加速された,もともと無常の世だったがそれが津浪と原発事故で加速されたのである。そのスピードが早すぎたのである。
自分も家族二人が死んだ,そしてその死者もだんだん忘れすゆく
肉親すら忘れてゆく,現在に生きることが優先されるからそうなる
もう津浪から七年過ぎたら関心が薄れてゆく,だからもう外からの支援はわずかになる
でもここに生きる人達はそうはならない,ここで生きてゆくために苦闘しなければならないことがある

ただ他に移り住んだ人は人ですでに7年過ぎて別な土地で生きて人間関係もできている
するとますます故郷のことが遠のいてゆくのである。
現実は今生活する場となるのが人間だからである。それで復興はさらに困難になる
無常迅速というとき人間がいかに忘れやすいものかということでもある
次々に新しいことが起こり過去は忘れられてゆく
ただ死者の霊でも昔のままにあるものに寄り憑(つ)くともなる

だから家が昔のままにあればそこに死者が帰ってくるというお盆の風習はそういうことにからきた祭りだともなる
でももし家が新しくなると死者の霊が帰ってきてもそこを自分が住んでいた家と認識できないともなるのだ
それでここは自分の家ではないと別な家を探すようになるかもしれない
何か認知症の人とにている,見慣れた知った人はなんとか覚えているがその他は忘れてしまう,人でも何でも忘れてしまうのである。
人間は記憶していれば存在しているのだが忘れれば存在しないとも同じなのである。
旅行しても本当にそこにいたのかいなかったのかすら時間がたてばわからなくなる
数十年と過ぎればそうなるのである。
だから意外と老人になってからそのことがわかる,記憶は大事なものだったなと記憶が消えれば生きた証も消える,それで最後は人生で一番印象に残ったことを延々と語り続けるそれが生きたことだったからそうなるのである。

人間など例えば江戸時代に生きた人を考えるとわかる,その名前すら残っているのはわずかであり名前すら残らず消えている,生きていても今になればその人が生きていたことすらわからないのである。
今でもみんな人間はそういう無常の世に生きているのである。

posted by 老鶯 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

帰還しない原発避難者 (老人だけが取り残される)


帰還しない原発避難者

(老人だけが取り残される)

なぜ原発避難者が帰還しないのか?それにはいろいろ理由がある
7年過ぎた結果移った先で家建てたり子供も7年過ぎたらその移った先で別な暮らしになった,故郷のことを知らないという子供すらでてきている
津浪のことを知らない子供すらいる
それから放射能が怖いということもある
放射能は実際はどういう危険があるのかわからないものだからである。
もし心配すればきりなくなる,なぜなら遺伝子にどういう影響与えるのかもわからないからである。何世代も見ていないとわからないとしたら長く時間がかかる
それよりそんな長い時間を生きている人は考慮できないのである。

とにかく家を外に建てた人は帰らない,家建てた人は多いのである。
浪江の人でも老夫婦でも原町に家を建てたとか聞いた
そういう人も帰らないのである。
帰った人でも小高で30パーセント帰ったとなると多いがその中味はほとんど老人なのである。
それで困っているのが病院と老人ホームで介護士などで働く人がいないということであるそれはどこでもそうだが老人ホームが人手がなくて運営できないのである。
それは若い世代が流出したからなのである。
でもおばあちゃんとかおじいちゃんとかが住んでいる
すると家族として町を考えるとそういう若い世代が世話するのが責任がある
でもこの際,姑と一緒に暮らすのが嫌だから外に出たという話も聞くのである
そして取り残されたの老人だったとなる
そうした老人の町が成り立つのか?それでもう町は存続できないとみている人が70パーセントとかいるのもわかる
少子高齢化の影響とかが極端なものとしてこの辺では影響している

それはここだけではない,宮城県でも岩手県でも被害にあった人達は65歳以上の高齢者が多いのである。津浪の被害で死んだ人達も高齢者が多いなというときもともと65歳以上の人達が住んで多かったからそうなったのである。
若い人は少ないというときそれだけ少子高齢化であり地方は農業でも漁業でも跡継ぎがいないとやめる人が多かったのである。
大原の農家の人はそうだった,5町の田んぼをもっていても一人で農業していて息子は跡を継がない,公務員になっていて街内に住んでいたからである。
そして今は空家となっている
漁業の場合は事故前から原発の補償金をもらっていたからそれで生活も成り立っていた
事故後も補償金がもらえるから生活には困らないのである。
そうでなければ農業のように廃業する人が多くなっていた

それはここだけではない女川でも原発再稼働してくれとなっている
それだけ原発頼りの町になっているからである。漁業では暮らしていけないからそうなる
また復興できないというとき時代も影響している
復興というときそのレベルが高いのである。病院も必要だ,買い物のためにのスーパーも必要だ,介護施設も必要だ,・・・今まであったものが当然あるべきだとなるからだ
戦後の焼け野原から復興したとき何もない,でも若い人が戦地から帰ってきた不便な所に開墾に入った,そういう所で苦労した人はそこに特別の愛着があるというのもわかる
本当にそうして開墾に入った場所が多いのである。
その時なぜそういう過酷でもそこで生活したかというとそれしか方法がない,職がない
もともと戦争で生きる死ぬかを経験して来た人達だから苦労をいとわないということがあった
今は違う,生活レベルが高く設定されている,元のような町でなければ用意しなければ帰還しないとなっている
そこで自分たちは一からやり直すようなことはしないのである。
それなら外で便利な場所がいくらでもあるのだから移った方がいいとなる
老人はその土地に長く住んだから愛着があるから帰りたいとか帰っているのである。

何かこの問題は津浪でも原発事故があったからというよりその前にそういう問題をかかえていた、それが津浪原発で致命的になったともなる
限界集落とか少子高齢化とかがすでにありそれに津浪原発事故が拍車をかけた
そして立ち直れなくなったともなる
そしてこの辺では補償金をもらった結果,それが頼りになりもっと死ぬまで補償してくれともなる,現実に特別国民年金では足りないからと小高の人達は要求した
それより老人が多いけど補償金を打ち切られれば生活保護にしてくれとなる
そういうことを要求しやすいのである。
それは宮城県でも岩手県でも所得の低い人達とか国から援助されて金を借りたが返せないからその期限を延期してほしいというのも同じである。
それは事業している人達でも利益を上げられないから借りた金を返せないとなっているのと同じである。

それで今までの発想を変えてコンパクトタウン化する縮小経済になる,その規模に見合ったものにして再建を計るというのもわかる
今までのような規模でも経済を維持することは不可能だからである。
それは少子高齢化ではそういうことが全国的に言われた
それがまたどういうものか明確にはわからない、ただ今までのような市町村は維持できなくなる,だから発想を変える必要が生まれているのである。
今までと同じような市町村の復興はありえないということである。

ただ女川でも新しい街並みを作ったが商売にならない,地元の人達ではなく外から来た人を相手にしているとかなり原発再稼働してくれとなっているからいかにいくら発想を変えて新しい街作りしてもうまくいかないこともあるなと思った
つくづくそれだけ復興が困難なのである。
それは日本という国自体が衰退の方向に向かっていてそれも津浪や原発事故で拍車をかけたともなる
でも何かしら希望がある,その希望とは何なのか?
その希望があればそこにみんなで向かっていける
では戦後の焼け野原のときみんなどんな希望をもっていたのか?
不便な地域に開墾した人達も希望があって入ってきた,そしてそこで暮らしが成り立ったということもある,その後高度成長時代になり日本は世界に誇る経済大国になるという希望があったとなる,それは一時的なものとしてもあった
そういう時代を生きたのが団塊の世代だったともなる

ともかく後三年で国からの援助も切れるとなるとさらに厳しいものになる
外部からの工事関係者もいなくなる,今も減少しているのである。
飲食関係でも外部から来た人を相手にしていたところが多くなっていたからである。
それで仙台からユニットバスの会社がこの辺まで仕事を求めてきていたのである。
それは百万だから安かった,普通は二百万する仕事だったのである。
知っている人の40代の息子も除染していたが東京に仕事を求め帰らないという

こうして何か避難区域に残されたのは老人だけというがそうでないところも老人だけが増えてくるのである。
東京辺りから帰って移り住む人も増えているがその人達も老人なのである。
この問題はここだけではない少子高齢化の影響は全国的だからである。
だから市町村のダウンサイズ化,縮小化,コンパクト化を考える
またそうせざるをえなくなる,そうしないとインフラとか百倍もかかるとかなるからだ
そういう限界集落的な所はもう維持できない,それも税金になるので都会からそんなところに税金を使うなとなるからである。
自分としてはそうした地域の中の小さな地域でも人の暮らしがあり継続されてきたからあるべきだとなる,双葉町でも地区ごとに神楽がありその面が違っていたということでもわかるそういう狭い地域でも文化があり歴史が継続されてきたからである。
コンパクトタウンとかなるとそうした地域の中の地域性も失われるから多様性が失われるから文化的な面ではいいものではないのである。
ただ経済効率を考慮するとどうしてもコンパクト縮小化の街作りになってしまうのである




posted by 老鶯 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2018年03月10日

駅に表示された上り下りの番線はわかりやすい (民主主義はみんなの要望を代表者が伝えること)


駅に表示された上り下りの番線はわかりやすい

(民主主義はみんなの要望を代表者が伝えること)


timetable11.jpg
railwayss1.JPG

railwaysss345.JPG


駅で常に聞かれたのが仙台行きのホームと原町行きのホームである。
地元の人はそんなことわかりきったことである。
でもはじめての人などはわからなかった
それで最初に向こう側に渡る階段に表示してもらった
それでもわかりにくいと改札口に表示してもらいたいと
駅長に言ったら今回表示してもらった
その表示はわかりやすいものだった

何か要望がありそれを言わないと何もしてくれないのである。
その要望がわかったのは自分がいつもそこにいて案内していたからである。

それから一番要望が多かったのは時刻表なのである。
小さい時刻表は置いてあるがその字が小さいから見にくいのである。
それで自分で大きな時刻表を作って置いた
これは勝手に置くなということで撤去された
何かそれで聞かれると嫌だからという
駅を管理しているのはJRだからである。
それも一理あるが自分がしていることは常に無視されている
邪魔扱いなのである。

なぜそれが必要だと自分が思ったのか?
それは必ず毎日のように時刻表を見にくる人がいる
それは電車を利用してくる人いたり時間がわかる必要があるだ
ただJRでは小さな持ち歩きの時刻表は置いておく
でもそれが字が小さいので家に張っておくには大きな時刻表が必要なのである。

その要望はあるのだがではそれを自分だけでコピーして置くことはできない
一枚コピーすると十円かかるからである
それはJRに要求してもしない,すでに小さな持ち歩きの時刻表は出しているからそれでまにあわせろとなるからだ
ただ必ず駅に時刻表を見にくる人がいる
その人の数は本当に多いのである。
すでに自分が作った時刻表でも何百枚とかなっていたろう
でも置くことを拒否されたのでこれからは置かない
というより自分でも金がかかるから置きたくないとなっていた

ここで考えたのはこれだけ大きな時刻表が欲しいという要望がある
でもそれは個々人としてあっても全体として要望しないのである。
それを自分は駅にかかわり知っているからみんな欲しいとなれば
みんなで要望すればいいのである。
それが民主主義だなと思った
みんなの要望を聞きそれをしてくれる人に訴えることは民主主義の基本だなと思った
そういうことは別に駅だけではないあらゆるところにある
でもその要望をまとめて訴える人が代表者がいないと実現しない
その代表者となるのが議員とかなる
そういう仕組みが民主主義だなと思った

いづれにしろ仙台行きと原町行きが何番線かはわかりやすくなった
駅長にここに表示してもらいたいと自分が言ったとき
時刻表があり一番下に何番線とかでている
でもそんな小さなものを見る人はいないのである。
だから駅というのもその場にいないと何が必要なのかもわからないのである。
確かに自動化しているから地元の人はわかる
でも駅は外部からはじめて来る人も多いのである。
だからはじめてくる人は自動化してもわからなかったのである。
そこが自動化の盲点だったとなる
でも交通とかなるとはじめて来る人がいるからそのことに対して自動化しても対処できなかったとはなる,自動化は万能ではないのである。

そして駅はJRだけのものではない,広場とか待ち合わせとか交流するとか何か街とかかわり活かされる,その意識がJRに欠けている
ただ自動化して通りすぎるだけのものと考えているのだ
人へのサービスが抜け落ちているのがJRだったのである。
だから人のサービスなど考えないからこそ自動化をすすめているのである。

タグ:時刻表

一番の支援は町に人が住むこと (原発避難区域の復興)


一番の支援は町に人が住むこと

(原発避難区域の復興)


富岡町で帰ったのは450人くらである。でもショッピングモールとかができたから買い物はできる,その他の医療関係とかはできていない
そこで人をなんとか集める工夫が必要だと言う,クリエター系とかはパソコン一つで仕事ができるとか原発の廃炉作業員を住まわせるとか外国人でも呼び込んで観光地にするとか都会の老人を移住させて住まわせるかとの提案があった

つまり人が住まなければもう町自体維持できない状態に追い込まれているのである。
自分もそのことを思っていた,いろいろ外部から支援があった

一番の支援は何か

それは町に住んでもらうことである

これだと自分は思っていたのである。人が住んでくれないことにはどうにもならない
450人くらい帰ってどうするのだとなる
小高はそれでも3000人くらい帰ったからいい方なのかとなる
小高の有利な点は原町が近いから車があれば買い物でも何でも困らないのである。
原町は大きい街だから富岡とは違っていたのである。

外部から人を呼んで住んでくれといっても今の状態で町の人も帰りたくないのだから無理である
第一クリエター系というけどそういう人はしっかりと町に生活する人がありその上に存在できるものではないか?
クリエターだけの町とか老人だけの町とか観光地化して外国人だけの町とかなるとそんな街が成り立つのかという疑問もある
ただそれはそれで一つの提案であり何か模索せざるをえないのである。

まずいくら帰りたいといっても家を建てた人は帰らないことは確かである。
それは一つの大きな決断をしたのである。
そういう人達にまた帰ってもらいたいとはならないだろう。
7年もすぎた結果もう仕事をもち生活基盤を築いたとなれば帰らない
その中間で復興住宅とかに住んでいる人はまだ帰ることを模索しているが
実際は帰りたくないと言っている
一方で帰りたいというとき他に移り住んでも居心地が良くない
賠償金で暮らしていけるからいいねとか新しい家を建てたことで移り住んだところで軋轢が生まれる
それでナンバーを見て嫌がらせを受けたというのもわかる

何か今の世の中のことも影響している,金があれば何でもできる,いくら文句言っても金があれば家を建てることができる,第一家を建てているのは地元の大工に頼むわけでもないからである。大手の会社で家を組み立てるだけなのである。
だから地元の人に気を使う必要もないから家を建てられるのである。
ただ移り住んだ所にもコミニュティがありそこで軋轢が生まれる
つまり金が万能になったことでそうしたコミニュティとの軋轢が生まれる
金があればどこにでも住んでいいしそこで家を建てようが買い物でも金があれば何不自由ないとなる社会である。

だからこそ賠償金をもらっていち早く移り住んで家を建てたのである。
金はそもそもそうした人間のコミニュティを破壊するものとしてもあった
グローバル経済になって金だけが世界で通用してなんでもできるとなるとコミニュティも破壊されるのである。金が絶対になると暴力的になるのである。
いちいちコミニュティの許可など必要ないのである。
セキスイハウスでは69億円くらいだましとられても何の影響もない
一兆円産業になっている,それだけ住宅建設でもうけているのである

社会が広域社会になるとそもそもそうして一カ所に代々住むということがなくなる
この前駅であった人は陸前高田で働いて神戸に行くとか福岡に行くとか日本中飛び回って仕事していた,その人は沖縄の人だったのである。
仕事自体が広域化しているから一つの町だけで暮らすという社会ではなくなっいる
そういう社会の影響もあって逆に一つの町でも村でもコミニュティが崩壊しやすいということもあった
それもまたいい面と悪い面をもたらしたのである。

ただ移り住んだ人も苦労している,別な土地に溶け込む必要がある,それをうまくできる人とできない人もいる,何か仕事もしないでぶらぶらしているとあの人達は賠償金で遊んで暮らせるからいいねとかねたまれたりするから受け入れられない
ただ移り住んだ土地で何か貢献するもの仕事でもできる人は歓迎される
会津で職人の技を活かした人とか大工とかはスキルをもっているから歓迎される
農業でも土地を借りてしている人もいる
移り住んだ人は人で苦労していることになる

ともかく7年も過ぎたらもう帰る人とか帰らない人でも固定してしまったと思う
その中間で迷っている人も実際は帰らない方に傾いている
浪江とかに行くと帰りたくなくなるというのがわかる
駅前にも誰も住んでいない廃墟の街になってしまったからである。
あれを見たとき心もなえてしまう,でも人が住まない限り復興はない
その人がそこに住むことが最大の難関になっているから復興はむずかしいとなる

posted by 老鶯 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2018年03月09日

震災から7年目の原発避難区域の復興 (分断されてしまって復興はすすまない)


震災から7年目の原発避難区域の復興

(分断されてしまって復興はすすまない)


浪江町内の帰還困難区域から中通りに避難している女性(60代)の目は、怒りと同時に哀しみに満ちていた。
 「避難先に家を建てるのは当然でしょ?かつての自宅と同じような規模の家に住みたいと考えるのは当たり前でしょ?それなのに、周囲からは『賠償金をもらってるから、あんなに立派な家が建てられるんだ』なんて陰口を叩かれる。直接、言ってくる人もいますよ。5年8カ月が経ったって、いまだに言われます

原発避難者からみればそうなる,一方でその原発避難者を受け入れた方にするとそうはならない,原発避難者は補償金をもらい立派な家を建てられた
地元に住んでいる自分たちは建てられない,かえって病院は混むしなど不便になった
なぜあの人達だけがなんでも優先的にされ優遇されるのだろう?

何かそれはここでも起きた,小高の人達が大勢避難して仮設に住んだとき同じような問題が起きた,いわきの場合二万人も移住したから問題が大きくなった
ここでも小高の人が鹿島に移り住んだ時,同じような問題が起きたのである
自分も介護していたから介護でも何でも優先になったからだ
それで手厚い補償金を小高の人達はもらっているとういことで鹿島の人達は不満になった小高の人達にすればそんなこと当然である,鹿島の人達には人間の情もないのか
冷たい奴らだなとなって南相馬市は分断されたのである。
そしてともかく仮設にはボランティアがきて応援したから余計にそうなった
みんな遠いところが来て支援している,それなのに近くなのに支援しないのかとなった
ただ仮設すまいが狭いにしてもそれで毎日顔合わせて話ができるかなどばあちゃんが喜んでいた人もいたのである。
それで離れて暮らすより老人は集まって暮らすのがいいのかなとも思った
田舎だと離れて暮らしている人が多いからである

自分でもふりかえれば高速とか病院は一時的ではなくずっと無料にすべきだったのであるそれも早い時期に打ち切られたのである。小高はずっと支援があった
それも小高の人にしてみれば当然だとなっていたが鹿島の人などは不満だったのである。ただ小高の人は鹿島の人に何か考慮したことはない
支援されるべきであり鹿島の人も支援するのが当然だとなっていたからである。
鹿島だって生活が苦しい人もいるし自分のように介護で四苦八苦していた人もいたのである。自分の場合はただ責められるだけだったから不満になったのである

原発避難者にしてみれば失ったものが大きい,そのことは書いた,でもそれは理解するにしてもよその土地に移ればそれはそれとしてそればかり考慮できないのである。
元から住んで家も建てられない人がいるのに次々に新しい家を建てられて住むとなると
何なのだとなる,原発特権者と化してしまった
かわいそうだとなり何でも許されるということになってしまった
そして何か文句言うと失ったものがどうのこうのとかかわいそうと思わないのかとかなるから何も言えなくなる
そして原発を建てたのはお前らの責任じゃないか,お前らは金欲しくて原発を建てたんだから責任があるとか言われる
そのことは外部でも言われている,結局原発避難者は勝ち組なんだよなとされる
実際に双葉とか大熊とか一番被害があった町は一番原発の恩恵も受けていたからである。親子関係でも一番かわいがられたものが子供がめんどうみるべきだ介護すべきだとも言われる
一番得したのは双葉とか大熊なんだ,だから責任がある
それなのにまた補償金で潤っている,いわきではそれを指をくわえて見ているだけだとなる

南相馬市でも原町でも鹿島でも相馬市でも新地でも相当に新しい家が建ったのである。
特に船主だった人はいちはやく家を建てた,まず原発事故前も事故後も生活には困らな一番手厚く補償金をもらっていたからだ
海に汚染水が流れればまた補償金が追加されるからだ
これも矛盾だったのである。なぜなら別にその回りの人はみんな漁師でもないからであるそれで事故前ら原発御殿が建っていて不満だったが何もいえなかったのである。

ともかくこの辺は原発事故などで補償金をめぐって複雑な対立の場にもなったのである。震災7年すぎても何か復興とは何なのかわからないのである。
町が元通りに復興することなのか,個々人が家族が他に移って復興することなのかわからない,ただ他に移って家を建て仕事ももって生活している人はそれで復興しているのである。だからそういう人にもう支援する必要もないのである。
補償金はそのために使われ復興したとなる

復興というとき結局町自体を復興すること元にもどすことなのである。
それがもうできなくなっている,7年もすぎたら生活が別になっているし家も建てたのだからもう故郷にはもどならないからである。
それで取り残されたのが老人だとなる,その人たちは復興住宅に住んでいる
人間はまず自分のことを先に考える,町をどうするのかなどなど考えない
手伝いさんなどでもまず他人の家のことだからゴミ一つ拾わない
ただ金をもらっているからするだけである,皿を二三枚洗う意外何もしない
これもしてくれと命令するとしかたなくしているだけである
でも自分は家に住んでいるから家族が住んだ所だから愛着があり一人で掃除もするし
死者を供養もしている
故郷に住んでいても町に住んでいても自分の家はそうして掃除もするしきれいにしたいと思う,でもあとは金をもらわないかぎり何もしないとなるのとにているのである。
「絆」を盛んに言われたが実際は外との絆は生まれたが内部の絆は分断されたのである

つまりそもそも人間は故郷といってもまず家族であり家族を優先的に考える
まず町があって家族があるのではない,家族があって町がある
それは国家があって家族があるというより家族があって国家がある
国家というのは大きすぎて家族のようにはならないからである。
でも緊急の時,危機の時は国家のために人は戦争で死んだのである。
もし町でも故郷でも家族のように思っていたらこうはならなかったかもしれない
放射能汚染のこともあるがまず家族を優先して他に移り住むことを考えた
それでいち早く他に家を建てそこで住む算段をしたのである。
だから町からは人は消えたし帰ったのはほとんど老人である。
つまり老人は故郷でも家でもそこで暮らした愛着があるからそうなった

いづれにしろ震災から七年すぎて復興は町自体でも帰らない人がいて帰ることを望む人とか帰った人とか分断されている,心は一つになっていない分断されたのである。
そうして分断されたから7年過ぎても復興はしていない
ただ原発避難区域意外では復興している,原町でも鹿島でも復興している
常磐高速ができたり風力発電ができたり新築の家が増えて新しい街ができたようになっている,何か都会化したのである。
明かに原発避難区域以外は津浪があったがそれなりに復興しているのである。

ただ浪江とか小高でもそうだけど一旦町が破壊されてしまうと何か住みたくない
それを再建する気力もなくなる,何かそれは人間の心理的なものが影響している
一旦町が破壊されるとまた同じように復興する気力がなくなる
もしどこかに北海道にでも移り新しい町を作るんだというなら気持ちも違ってくる
そうして移住して新しい町を作った人達がいた
でも一旦あのように廃墟のようになるとそれを復興する気力がなくなるのである。
今まで普通にあったものがなくなる,でも前のように復興することが苦痛になる
もともとあったのにそれをまた同じようにすることでは復興ではない
それは人間の心理的な影響がある

もっといい町を復興させるとなると違ってくる,その点で女川町などはある程度成功しているのかもしれない,全く新しい町に生まれ変わろうとしているからである。
それでも人は流出している,石巻でもどこでも本当に復興自体がむずかしい
だから不思議なのはなぜ日本はあれだけ戦争で破壊されても何もないところから復興できたのかということである。
それはやはり時代の差だったのだろう。あの頃はまだ日本は貧乏であり豊かな生活をしていないからである。
そして時代にも恵まれた,高度成長に向かう時代だったからである。
今の時代は衰退の時代でもありそれも影響している

兵隊として戦った人達はやはり苦労している,だから苦労をいとわないということがあった,今の人は贅沢を覚えているからそんな苦労をしていないから苦労したくないのであるそういう時代の影響もあり復興できない,そもそも誰が復興の主体になるのか?
外部で一時的に支援しても帰っていった,山木屋の人がいっていたが大学でいろいろ一時に来たがあとはこない,残って継続して支援しているのは一つだけだとか言っていた
外部の支援はそんなにつづかない,では誰が復興してゆくのか?
残ったのは老人が多いしその復興の主体になるものがいない
戦争の引揚者は若い人が多かった,焼け野原に帰ってきても若いから労働力となったのである。それで過酷な開墾地に入った,そこで半分はやめたのもわかる
でもそれだけ若い人が戦地から帰ってきたということは今とは違っていたのである。



posted by 老鶯 at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

利益だけを金だけを追及していると判断を誤る (でもそれから逃れられない人間)


利益だけを金だけを追及していると判断を誤る

(でもそれから逃れられない人間)

人間の最大の問題は何か?
それは生きる限り利益を追及することから逃れられないことである。
なぜならあらゆるものが会社でもそうだし教育関係でも医療関係でも
利益追及から逃れられないからである。
利益追及ということはあらゆることが金だということに通じている
人間は生涯金から離れられないのである。
地獄の沙汰も金しだいになる
結果的にそれが人間を社会をゆがめることになる

原発事故でもどうして起きたかとなれば金が関係している
政府と東電がかかわり莫大な金が使われた
その金は地元にもばらまかれその金によって原発は実際は地元の人によって積極的に誘致されたということもある
放射能の危険を知らなかったというがその前に金が利益になるからということで危険より利益を金をもらうことを優先したのである。
つまり人間は社会でも利益が優先でありそのために狂わされる
実際に金に狂っているというのが社会である。
金によって人生は狂わされ社会も狂わされている

例えば教育とか医療は金を利益を本来は追及するものではない
でも現代は医者でも医は仁術ではない,医は算術になりいらない薬や無駄な治療をして保険の点数を稼いだりする
それはまた病院側にすれば金を稼げなければいい医者や看護師とかも雇いないしいい機械も用意できないとなれば患者も獲得できないともなるからだ
だからあらゆる分野で金が追及される

それから宗教の分野でも金が利益が追及される,会員をなぜそんなに増やさなければならないのか?それは勢力を拡大して世間に圧力をかけ自分たちの利益を追及するためだともなる
教育でもそもそもなぜ自分たちの団塊の世代は数が多いから競争が激しい
それで受験戦争があった,その勉強はなぜするのか?
教えられることは勉強しなければ立派な人間になることではない
一流大学に入らないと損するからだ利益にならないからだ
出世もできないとか言われる,立派な人間を育てることを目標としていないのである。
知識とはなんのためにあるのか,もう利益のために金をもうけるためにあるとなる
そうしてみんな金に狂わされてまともな議論もできない
早期教育がどうすればいいのかというときそれを推進させるのは塾を経営する人達はそれでビジネスをするためであり金になるからかかわってくる
そういう人達はとてもそうした議論すらできない,まず利益になるということで議論するからである。

芸術だって利益から離れられない,売れないものは何の価値もないとされ芸術家などなんの価値もないとされるのである。
自分がしていることは実際は遊びであり金儲けのためにしていない
プログも無料で提供できるから何か利益のためにしていない
本なら出版社とか書店がかかわりそこでも売れないと困るから売れるものを書けと有名な人でもそうさせられるのである。
そこでゆがめられるのである。何か本当に著者が書きたいことも書けないのである。

広告自体がおかしい,薬とかいろいろな宣伝でもこれが効きますよと言っているのは
金をもらっているからでありその薬が飲み物が効くかどうかそう宣伝している人すらわからないのである。
それは金をもらえるから言っているだけなのである。
こうして金によって狂わされているのが人間であり社会である。
マスコミがおかしいのはそうして会社から宣伝費をもらって成り立っているからである。
そこに公正な報道などない,東電からも何百億円の宣伝費がマスコミに流れていたから
原発の危険をマスコミでは報道しなかったのである。
その利益に目がくらみ判断が誤るのである。マスコミの害はみんなが見ているからそれで今度はみんなの判断も誤ってしまうことなのである。まず重大な事実があっても報道されないことがあるからだ

奇妙なのはチンパージーに遊びを覚えさせたがそこでその遊びをやらせる動機を餌を与えることでやらせようとしたら遊びをやらなくなった
チンパージーは純粋に遊びを楽しんでいたのであり餌のためにししていたのではなかったのである。
芸術は本来遊びの要素が大きい,餌が与えられるから金になるからするというわけではない,評価はされるにしろそれがすべて金でされるものではない
かえって金のためにすると芸術は汚されるとういことがある
芸術とか学問でも宗教でも利益を金を追及してするわけではないからだ
真善美を純粋に追及するものである。真理を追及するときそこに利益追及とは違うのである。
それがすでに幼児からでも小学校からでも利益追及がはじまっている
早期教育によって天才を作るというとき親がそれによって将来利益になるということを考える,それを推進されるのはそれで金ももうけになる,塾関係だとなる
それが必要なのかどうかは議論はそういう利益と関係している人にはできない
利益にかかわらず追及すれば議論もできる
何か利益とかかわり金とかかわるとき議論もゆがめられるのである。
だから原発でもものすごい利益と金がかかわっていたから最初から危険のことなど議論もできなくなっていたのである。
科学的真理とか事実とかあってもそれも利益とか金のためにゆがめられるのである。
だからまともに議論もできないのである。

自然界はチンパージーの例でも純粋であり本当に正直である。
花を見ていればそれが何か利益になるから咲いているのではない
ただ神に与えられた美を示すために咲いている,ただそれだけのことである。
自然に咲いている花でもそれをとって売ろうとすれば利益から花をみているとなるからだ自然界は何かそうして利益のために存在しているのではない
人間社会になるとすべてが利益のために存在するようになる
あらゆるものが利益の追及なのである。
そうはいっても人間ならうまいものを食べたいとか家ももちたいとか車をもちたいとか
いろいろな欲望がありそれが悪いとはいえない,そのためには利益を追及する金をが欲しいということは悪いとは言えない,そのために働いているのだともなる

ただ人間は利益だけから金だけからみていると追及すると判断を誤る
原発でもそうである。まず金ありきからはじまっているから判断を誤ったのである。
銀行にしても投資信託をすすめたのは銀行の利益を優先していすすめる
投資信託は銀行にとってもうかるからであり顧客のためではない
だから株が上がったのに銀行員が投資信託をすすめたのは判断を誤ったともいえる
自分の利益を優先するから銀行の利益を優先したからである。

そういうことは無数に社会ではある,それが日常だともなる
ただ問題はそこで大きな判断の誤りがありとりかえしのつかないことになる
原発事故のようになりもう後でそのことをなにかにや言っても無駄だとなってしまう。
そしてそうした判断の間違いは戦争とかなる何百万人も死ぬとさえなるから怖いのであるもし純粋に真善美を追及していれば誤ることはないのである。
ただそれを追及することは至難の技だとなる
この世で生きることもできないともなってしまうとなる
世の中はそういうものだとしてあきらめて妥協して生きるほかないとなっているからだ
別にそうはいっても正当な報酬で生きている人はいる
仙台からきたユニットバスを作った人は百万だったがガス屋の人はこれは二百万するといっていたからだ,すると別にその仕事はどこも悪いものはない
それだけの仕事をしたのだからそれも安くしてくれたのだから顧客のためになっていたのである。だからすべてこの世の中は利益を追及してもそれが正当な報酬を利益を得て生活している人も普通にいるのである。
でも利益追及のために社会全体がゆがめられていることは言えるのである。

posted by 老鶯 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月08日

価値観が変わるということはどういうことなのか? (食べることより場の雰囲気を楽しむ)


価値観が変わるということはどういうことなのか?

(食べることより場の雰囲気を楽しむ)


人間は豊かになれば食べることより何かその場の雰囲気とか部屋の装飾とか何か別なものを求める,都会で釣り堀のついたカフェができたり何か装飾品を作る場を提供したりと
ただコーヒーを飲むだけではない,付加価値を求める
食べるものは何かあきる,自分は一人だから外食するがどこでも定番は決まっていて同じになる,すると食べることに飽きるのである。

ただ場所を変えて食べたりすることが気分転換になる,だから深野のユッサに行ったり前は小池のコモドインのレストランに行ったり最近では常磐高速のセディティに行った
最近できたバンドミミという磯部のパン屋にも行った,そこには休む場所が外にもうけられていてそこは民家だった
海も見えたから場所てきにいい場所だった
パンも食べるにしてもその場の雰囲気によって気持ちが変わるのである。
勉強するとき場所を変えて本を読んだりすると何かインスピレコーションが湧いたりする
人間が求める価値は必ずしも食べるというだけではないのである。
その雰囲気とか場がありそれで気分転換になったりする
人間が旅行するというとき食べる楽しみだけではない,雰囲気がまるで変わってしまうからである。
近くでも場所を変えると雰囲気が変わる,飯館村は森につつまれた村である
だから雰囲気的に一番気持ちが変わるのである。
それがあんなふうになったのは本当に残念だった

相馬地方でも浪江とかも高瀬川とかあり海もあり港もあり川が二つ流れているとか風景的にも良かった,相馬市は城下町としてありまた違っていた,新地は海に山が迫っていてやはり地形的に違っていて長い手を伸ばして貝を食べていたという手長の巨人がいたというのも地形から現実にそうだったのである。貝塚が高台にあったからである。
つまり今回津浪にあって消失した海側の村には人は住んでいなかったのである。

人間の価値観は様々である。食べるものだけに価値を置くの貧乏なときである。
今でも食べることは楽しみでもそれよりその場の雰囲気とかに価値を求めたり
その土地の人情に価値を求めたりといろいろ多様になるのである。
物というのも飽和状態になると何か人間的なもの人間の交流をもとめたりする
中国人は最初は爆買いだったが次は事を求めて旅にくる
日本の文化を知りたいともなる

自分はもともと喫茶店が好きだった,ある場所に旅してそこで喫茶店で休み何かイメージして短歌とか俳句を作る,それでそういう休む場所が必要になっていた
ただ今は喫茶店だけではやっていけないから少なくなった
喫茶店がどこにでもある時代でなくなった
喫茶店とかレストランでも場所が関係してくる,なにかごみごみした街中より見晴らしのいい所がいい,多少食べ物は劣っていてもそういう場所だと気持ちいいとなる

ともかく人間の求める価値観は変わってくるのである。
豊かになれば余計にそれぞれの求めるものが違ってくるから価値観も変わってくる
自分だと橲原(じさばら)とかにも喫茶店などあればいいなと思う
あそこは安らげる場所だからである。大原などもそうであり他にもある
ただ今は喫茶店だけでは成り立たなくなる
旅館でもいい庭がある所に泊まってみたいと今では思う
ビジネスホテルなどの安宿ばかり泊まってきたからである。
ただ正直今は何か外国人が多いとか旅行しにくいししたくなった

駅も自動化したがそこにたりないものがある,それは人間的情とか何か機械ではAI化ではできないものである。それをシリーズで伝えてきた
今求めているのは機械化AI化できるものはする,でもそれでたりないものは人間的なものとしとて残りその価値が高くなる時代である。
ロボットに感情は持てないからである。感情的なものは人間たる所以だったのかともなるその人間的なものをみんな求めるようになる
ただ物を作ったり売ったりするのはAI化したロボットがするようになる

でもAI化とか機械化とかでは絶対にできないものがある
それはその場の雰囲気であり風景であり自然なのである。
そういう雰囲気を楽しむことを人間はできるがAI化したロボットにはできない
地理は複雑な要素がありそれをAI化で読み解くことができないのである。

確かにAI化とか機械化の時代が現代を象徴している
そしてしきりに人間の脳とは人間の人間たる所以(ゆえん)は何なのだろうと
AIの開発者が自問自答しているのもわかる
機械化AI化をどこまでもすすめていってもどうしても機械化AI化できなものがある
それは人間にしかできないから最も人間的なものが残りそれが仕事になる
それは感情なのかもしれない,うれしいとか悲しいとか笑うとか感情をロボットはもつことはできない,知性的な部分はAI化できても感情はできない
それでキリストは「悲しむものは幸いである」ということを言った
これも何なのか?悲しむということは人間しかできないのである。
悲しみ涙を流すことは人間にしかできないのである。そこに人間たる所以があるとしたともとれる、ここに何か深い意味がありこれがわかることは容易ではない

いづれにしろこれからはAI化機械化はすすめられる,コンビニでも駅でもどこでも自動化して人件費をはぶきコストを抑える,それが人間にとっていい社会なのか?
でも資本の論理でコストを抑え効率的に運営するにはそうなるのである。
そういう社会で何が重要になるのか?
かえって人間的なもの感情であり情が見直されるとういこともある
ロボットには情はもてないからである。
江戸時代は貧乏であり医療でも発達しないから病気を直すことができなかった
でも情に厚い時代だった,人情の時代だったのである。
文明は知、情,意が人間にあるとして知の部分が肥大化しすぎたのである。
その知の部分はAI化しやすいのである。

要するにAI化とか機械化をすすめると価値観が変わる,物が豊富になれば物の価値は低下する,高度成長時代まで物がないのだから物があればいいという時代だった
自分の家で店をしていたが物を置けば売れる時代だったのである。
何も物がない時代はそうなっていたのである。
今は物があふれているし物だけでは満足しない時代になった
そういう時代の価値観は変わるのである。
腹を満たして終わりとはならないのである。



posted by 老鶯 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月07日

春の日(常磐高速SAのセディティ短歌十首) (猪苗代より来た人とあう)


春の日(常磐高速SAのセディティ短歌十首)

(猪苗代より来た人とあう)

sedetty1.JPG

sedetty123.JPG
鹿狼山(がろうさん)が見える
swdetty2345.JPG

yuzuuu1.JPG

春の日に来る人あれ遠くよりセディティに我も来たりて迎えぬ

春の日に常磐高速行き交いぬしばし寄りなむ鹿島なるかな

高速に近くに見える鹿狼山春の日に来てセディティ休む

葉牡丹に小さき花の鉢植えをセディティに置き春の日休む

猪苗代まだ雪厚しセディティに春は来るも嘆き帰りぬ

猪苗代真白き雪に染められぬ波打ちひびき磐梯山見ゆ

猪苗代松に雪かな打ち寄せる波のひびきて夕暮れにけり

会津なれなお雪埋もれ遠きかな久しく行かじ旅の日思ふ

社一つ雪にうもれてあわれかな会津の冬の長くありしも

セディティに我がより駅により人の行き交ふ春となるかな

梅開き柚子もなりにき小山田の細き道をし帰りくるかな

一本松切られてなしも右田浜津浪の後に何か残らむ


sedate(セディティ)

sed- 座ること・腰掛けることを表す印欧語根(sit)。語幹sessを持つ語(assess, possessなど)、reside, sessionなどの由来として、座ること、据えること。

この言葉が何なのかわかりにくかった,鎮座するという日本語を機械翻訳したらこの言葉がでてきた

鎮座するというときsed- 座ることだから通じている,鎮静するという意味でもある

セディティというのがなにかなじめない言葉である。意味はいいのだが発音しにくいしてわかりにくいのである。
だから意味はいいとして名付けたのはいいかどうかわからない

ばあちゃんが休んでいたので話しかけた,その人は猪苗代から来ていた

「春になりいいですね、どこから来ました」
「猪苗代だよ,雪で困ったよ,雪は嫌だよ」
「猪苗代はそんなに雪降ったかな」
「猪苗代は雪降るよ,今年は特に降って積もったよ,溶けないよ」
「そうだったかな,ここは雪は降らないけど今年は寒かったよ」
「猪苗代は若松市より降るんだよ」
「若松市より降る,あっちの方が降ると思ったけど・・・」
「猪苗代は会津よりふるんだよ」
「ここは春になると東風(こち)が海から吹いてくる
それで放射性が福島市の方まで流れたんだよ」
「そいうことか,こっちは雪がふらないからいいよ」

今日は東風が吹いていた,それは山側にも吹いていた,これは二月から吹き始め3月になるとさらに吹く,それで原発が爆発したのは3月11日でありその風に乗って福島市まで放射性物質を運んだのである。
だからつくづく不運だったのである。北風だと海の方に風が吹いて海に流されたからである。現実に海側は放射能の汚染度が低いのである。浪江の請戸では原発の煙突が見えても0.5とか低かったのである。山側はどこでも高く飯館村は一番高くなったのである。
それは風向きでそうなったのであり不運だったのである。

駅でいろいろ案内がてら話したが常磐高速のセディティでは話にくい,でも今日あったのは原町の人と相馬市と楢葉の人と猪苗代と仙台と茨城の人とかであった
駅でもそうだがどこから来ているから興味があるからだ
楢葉の人は学生であり仙台にいるという。いろいろな人が交わるのが駅でありSA(サービスエリア)である

猪苗代のように福島県でも地域差がある,ハマ,ナカ,アイヅとあり気候も相当に違うのである。たから福島県は大きすぎて一つとなりにくいのである。
浜通りと阿武隈高原を越えた中通りでも気候は違う,会津はもっと違うのである。
だから猪苗代がそんなに雪が積のかということが意外だったのである。
つまり福島県はそれだけ広いから地理とか気候でもわかりにくいのである。
ただこうして地域差があることが面白いのである。
ちょっとでも話すると何かこうして地域差があり気候が違うんだなとわかる
だから駅でも常磐高速のSAでもそういう地域差がある人と交わると面白いのである。
ただあそこは駅のように話せない,話にくい場である。
でもあそこに行くといろいろの地域の人が交わる場なのである。
ただあそこから鹿島の方に来るかとなるとあまり来ないだろう。
鹿島の一本松は切られた,あれを見に来る人は結構いたのである。
何かあと見るべきものがない,ただ鹿島には道の駅がないからあそこにSAができたことはいいことだった
レストランとかあり食事ができるのもいい,だからあそこに気晴らしに寄るのもいいとなる

とにかくこの辺は本当に変わりすぎた、海側でもそうだしまるで変わってしまったのである。こんなに変わるものかど驚くばかりである。
常磐高速は車社会だから鉄道よりこれで変化した,人の流れが鉄道とくらべものにならないからである。それだけ車社会になったことをここにくれば自分は車はないが実感するのである。

文明は効率を追及してきたAI化機械化である (効率的でない機械にできないものが見直される)


文明は効率を追及してきたAI化機械化である

(効率的でない機械にできないものが見直される)

文明というときいろいろな見方がある,便利さを追及してきた,A地点からB地点に行くのにどれだけ早く行くかを速さを競う,徒歩から馬車とか蒸気機関車から現代の新幹線まで常に速さを競ってきた,それがリニアになるともう極限状態の速さである
距離を空間を狭くしたのである。それが文明の発展だったということは具体的でわかりやすい
それは物流と人間の交流も促進させるから今のグローバル経済になるのは必然だった
第一交通が発達しなければ海外に行くこともできない,船で何カ月もかかるとしたら
できないからだ

文明と共に時間が発明された,時間の感覚は時代によって違う,江戸時代なら現代のように一時間ごととかに分けていない,おおざっぱであり時間の流れはゆったりと感じていた現代は一分一秒刻みで時間が計られるのは効率的に仕事をするためなのである。
時間の効率化が資本主義社会ですすめられた,時は金なりというときそうである。
資本主義というとき時間自体が効率化するように土地でも物を作るのでも効率化する
土地でも効率的に利用して生産をあげることに努力する
文明とはあらゆるものを効率化することである。
それで機械が不可欠であり機械によって効率化を促進する,その前に流れ作業をオートメーション化する,そういう流れ作業は人間がしていた
それはだんだんロボットがするようになる,事務でも知能化したAIがするようになる
人間の労働そのものが実際は効率的ではないからだ

効率というとき中国でコンバインでも麦を刈るのと人間が手作業でしているのではもう千倍との効率になる,それで麦刈りする中国での出稼ぎ労働者が仕事がなくなった
でも機械ではできない,平坦な土地ではない複雑な地形の所は人間でしかできないからしている,それは今は日本でも田植えをしているが田植えをできない所がでてくる
それは田んぼの縁(へり)なのである。そこは人間がしていたのである。
何かしら人間しかできないことは必ずある

経済の原則では経済合理性から効率化とかは自ずと追及される,AI化になると知能も機械化され効率化される,事務でも知的な仕事でも一見機械にできないようでもパターン化したものがありできるものがある
感心したのは翻訳である。これは人間より優れていて機械翻訳で習って外国がを勉強できる,それは効率的だとなる
効率化というとき知的な分野ではパソコンができたとき知的作業は相当に効率化してきたのである。
いちいち紙に原稿用紙に文を書いていたら効率が悪いのである。
自分は悪筆だからワープロを早い時期からはじめていた,それでオワシスの親指シフトを覚えた,ワープロで通信も早い時期からはじめていた
つまり文章を紙に書いていると効率的でないからそうなったのである。
だから人間は何でも効率化を目指しているのである。

しかし効率化はすすめてゆくと人間社会はどうなるのか?
それが問われる,一つの例として無人化した駅でボランティアしたことを書いてきた
JRでも効率化するために人件費を削減するために駅の無人化をすすめているからだ
人間はコストがかかるから効率的ではない,それは資本家がコストを削減するのは効率的でないからである。機械の方が効率的なのである。
それは例えば家事でもそうである。戦前は中流家庭でも女中を二人雇っていた
それだけ労働を必要としていたのである。それが戦後は家電化して家事労働は機械化したから効率化したから女中という仕事はまれになった
戦後まもなくも竈で炭を使ったりして米を炊いていたのである。
それだけで相当に手間だったのである。人手が必要としていたのである

JRでは確かに駅を自動化するためにゲームのように電車の運行がわかるようにしたし別に困らないということはある
JRの経営はまず人へのサービスというのをそもそも極力省くことである
ただ時間どおりに電車を走らすことであり人へのサービスなど考えていないのである。
要するにJRはすべてを機械化して自動化して極力人を減らすことをしている
そこでは人間へのサービスはない,すべて機械化して自動化する
駅で迎えるのはロボットでいいという考えである。そうすれば効率化できるからだ
社会でもそういう考えになる,資本家は人間を雇うと何かとめんどうだからである。
実際に家事で皿二三枚洗ってもらうのにまず金を要求されるしその家族のことやら何からいろいろめんどうなるのである。そもそも人間は機械やロボットのように効率的には絶対に使えないのである。
そのめんどうなのもが人間なのである。皿だけ洗うなら機械の方が楽だとなる

でもこの効率化ということには非効率な人間はいらないとなる,資本家から人間の労働は非効率だからいらない,みんな機械化してAI化して人間を排除しろということになる社会である。
それが人間にとって幸福な社会になるのかどうかはわからない,ただ文明とは何でも効率化なのである。効率的でないものは排除されてゆく
そして最後にSF的悪夢社会が生まれる,AIが人間は最も効率的ではない,排除しろ抹殺しろとかなる
それは別に空想の世界でもなんでもない,現実にこの社会で実行されてきたことだから怖いとなる
ナチスではいかに人を効率的に殺すかということでガス室が発明された,その数には問題があるが戦争になると人間をいかに効率的大量に殺戮するかとなるとき核兵器になる
そういう空恐ろしいことが現実に実行されてきたからである。
一見文明というのは肯定されるがそういう人間にとって恐ろしいものでもあった
鶏でも卵を産む機械にされているがそれも人間に適用されるのである。
いかに効率的に鶏に卵を産むかを考えるからコストを考えてケージで飼い卵を大量生産さけるのである。
それでニワトリは庭の鳥であり庭を歩いているときまさに庭鳥だった,それを見て何かほっとしたのである。

ただいくら機械化AI化しても人間が成すべきことはなるし機械に代われないのである。
逆に機械化できないAI化できないものが価値がでてくる
それは人間にしかできないものであり人間的なものが重んじられる逆説が生まれる
接客行となる職業はAI化しにくいのである。
医療関係や介護であれ人と人とが交流するものはAI化しにくいのである。
情的なものがかかわるのはAI化しにくい,AIには感情をもつことができないからである。AI化してもロボットには感情はもつことはできない
つまりそうすると感情をもっているということが人間的なものなのかとなる
笑ったり悲しんだり喜んだりすることが最も人間的なものなのかとなる
接客業ではそういうことが要求される,物を作るなら他でも事務でもAI化できるが機械化できるが情が必要なものはしにくいからだ
ロボットが愛情をもつことはありえないからである。

だから駅でも病人がきて病院にゆく,そこで話するとき大変ですねとか同情したりする
中学生がきてたまたま金がなくて腹が減ったと言っていたので近くの菓子屋から菓子を買ってあげる,その他自分のしたことは何か駅は自動化しているのだけど電車に乗るにはそれほど困らないようにはしている
でも何かそうした人間的なものが欠けている
ただ駅は自動化して通りすぎるだけの所とも違っていたからである。
人々の出会いと別れの場でもありそういう演出する場でもある
広場としての機能もあった,JRでは駅はただ電車に乗るだけの人を運ぶだけのものとしてしか考えていないのである。
それで障害者から苦情が来たというのもわかる,駅員はコストがかかるから効率的ないから排除するということになったからだ
障害者というのはそもそも効率的でない存在だからである。
それで認知症の人が踏み切りで事故で死んだ、それで電車が遅れて損害を出したから賠償金を払いと高額な金を要求したのである
JRではそこに人を見ていない,人へのサービスというのはないのである。
ただ人を物のように運べばいいとしかないのである。

いづれにしろ人間というのはそもそも効率的なものではない,効率化によって非人間化される,効率的でない所に人間的なものとなり人間味がでてくる
電車でも外の景色を見るとき観光のため一時とまるときがある,それは効率的ではないのだが人間的であり景色を楽しめるとなる
そういうことは人間社会ではいろいろある,それこそ人間が生きることだともなる
効率化をおしすすめると人間はもう生きるのも苦しくなる,それで鬱病が増える
効率化しなければグローバル経済の競争に勝てないとなり人間は効率化のために酷使される
だから文明に反逆することは効率化を拒否することだともなる
文明とはそもそも人間の幸福を追求してきたのもではない,効率化コストを削減する資本家の論理もあるしそれは資本家の富を増大させるということでそうなった
その富は投資家など資本家に蓄積されるだけだとなる,それで世界の何パーセントかの資本家に富が奪われているのである。
格差社会になるのはこうした人間を無視した効率化をすすめるからだともなる
それが人間全体を幸福にすればいいがめそうはなっていないから問題なのである。

おーい雲よ
悠々と
馬鹿に呑気そうじゃないか
何処まで行くんだ
ずっと磐城平の方まで行くんか

山村暮鳥

こういうことが人間的になる,旅でも実際は決められたレールの上を走るだけなのは面白くない,江戸時代のように歩いて道が分かれこの道はどこに行くのかというとき旅がまさに未知(道)への誘いがあり魅惑的になる
そういう旅を自分は自転車でしてきたのである。

日永きやこの道いづこへ分かれ道

阿武隈高原を気ままに自転車で行ったことが思い出される,それは実に恵まれた時だったなぜなら介護十年してそれができなくなったからである。

posted by 老鶯 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会労働問題

2018年03月06日

AI化自動化が人間を幸せにするのか? (便利さ効率化を求めて不孝にもなる文明人間)


AI化自動化が人間を幸せにするのか?

(便利さ効率化を求めて不孝にもなる文明人間)

人間の歴史は別に幸福を求めてきたわけではない,第一幸福というのは計ることができないからである。
原始人と現代人の幸福を計ってもできない,原始人が日本なら縄文人が現代人と比べて不孝だったのかというとわからない
そんな時代は食べるに精一杯で幸福もなにもないという見方もある
でも原始人は縄文人は自然に則って生活していて幸福だったという見方もある
原始人ならもう病気になったら死ぬ他なかったから不孝だったともなる
現実に縄文人の寿命は30歳とか言われているからだ
そうなると百歳生きる現代人は幸福だとなる
長寿は人類の願いだったから今実現しているとなるからだ

ともかく人間は幸福を求めてきた歴史ではない,便利さを求めてきた歴史である。
鉄を発明したとき農耕は飛躍的に発展して収穫量も増えたし開墾も容易になり
人間が住む土地が広がって人口も増えたのである。
鉄の発明はそれだけ人類を変えて便利にして生産量をあげたのである。
それで幸福がましたともみるしまた鉄を発明した結果,それが武器となり殺傷力がまして人間が戦争で多く死ぬようになった
それで鉄の時代は人間を不孝にしたという見方もある

人間の歴史はまちがいなく便利さをもとめるのが文明である。
駕籠で人間を運んでいた江戸時代から急激に鉄道ができて蒸気機関車で物でも人でも運ぶ時代になったことの変化はあまりにも大きかった
その技術によって社会もまるで変わった,それは車社会で変わったのと同じである。
通信でも飛脚が手紙を運ぶ時代から電話の時代からインターネットの時代,携帯からスマホの時代と飛躍的便利になった
そういう技術の変化が日本だと明治以降から世界的には19世紀から起きてきた
その変化も激しかったのである。
遂には飛行機の時代となり世界は一気に狭くなったのである。
戦艦大和などは船の時代の産物でありそれが太平洋戦争で飛行機の時代となりアメリカに敗れたとなる
その時原爆が落されて原子核の時代に突入していたのである。
それは恐るべき殺戮兵器であった,人類を滅亡させる威力があることで恐怖した

つまり人間はこうした科学技術を追及してきたのは便利さのためである。
でもそれが幸福を追求するためのものではない,幸福とは何かわからないからである。
ただ便利さとか効率とか生産の増大とかを追及してきたのである。
人間がその科学技術によって幸福になるか不孝になるかなど考慮していない
だから核が発明されてそれが核戦争になって人類が滅びるとしたら最悪であり科学技術は人間に最大の不孝をもたらしたとなる

人間は便利さ効率さ生産の増大とかを求めるが幸福は求めていない
もし幸福を求めるとしたらその幸福とは何なのかが問題になる
でもそれを定義することはできない
飢えるよりはうまいものをたらふく食べるのがいいし寿命が伸びるのはいいとかは幸福として定義はできる,でも寿命が伸びたら伸びたで苦しみも増してくるとしたら寿命は長いのが幸福ともならないのである。
だから本当に幸福とは何かなど計れないわからないからそうなる

人類の願望として飢えとか貧乏とか病気の克服はテーマとしてありそれは克服することは幸福度が増すということは言えた,だから科学技術はそういう点では貢献して幸福度を増したとは言える
でも人間の幸福は計れない,なぜ20世紀に世界戦争で何千万もの人間が日本では300万人も死なねばならなかったのか?
それで人間の幸福度が増したのかとなる,戦争はあったにしても近代以前は局地戦争だったからである。犠牲者も少なくてすんだともふりかえり見る
人間にとって幸福とは何かとなると戦争などないことが幸福であることは間違いないのである。

飢えない
食料は豊かであり保証されている
戦争がない
病気がない
長寿である

この辺が幸福を計ることができるものとなる,でもその他は幸福を計るものがない
便利になったから効率的になったからとかなってもそれが幸福にはつながらないのである旅行でも新幹線で一日で京都まで行ったとしてもそれが幸福な旅だったのかとなるとそうはならない,江戸時代のように江戸まで歩いて旅した人は本当に旅していたと見る
だから旅をするという観点から見るとこれだけ旅しやすいのに不孝だともなる
要するに人間の幸不孝は計れないからである。
何が人間を幸福にするのか不孝にするのか?それは様々な要素があり計れないからである

ただはっきりしていることは人間は幸福を求めてきたのではない,便利さや効率さ生産の増大を求めてきた,その結果として幸福とはなったとはいえない,第一幸福とは何か定義できないし個人的にも違ってくるからである
さほど金にならなくても働きづめなのは嫌だ,のんびりしたいとなる人もいる
でもがつがつ働いても稼ぎ贅沢な暮らしをしたいう人もいるからである。求める幸福はそれぞれ違っているから計ることはできないのである。
幸福というとき苦は楽の種というときもそうである。
苦があって楽があるからだ,楽ばかりだと楽は楽でなくなる
うまいものばかり食べていると本当にうまいものの味もわからなくなる
腹が減っていればなんでもうまい,そういうとき何を食べてもうまく幸福になる
このように人間の幸福はわからない,幸福を求めて生きている訳ではないからだ
また人間は幸福をいくら求めても幸福にならないともなる
幸福を求めたが不孝になったということもある,思わず意外に幸福を感じたということもある,つまり幸福というのはそれぞれ違ったものでありわからないからである。

人間は便利さ効率や生産の増大をも求めても幸福になるとはかぎらない,別に幸福を求めてそうした科学技術を利用するわけではない,科学技術でも人間を不孝にすることがあるだ,何かそれでAI化自動化がバラ色だと見ているがそれも嘘だと思った
それによってもう人間はいらない,ロボットだけでいいとなる世界は人間砂漠であり
悪夢の世界になるかもしれない,なぜなら人間の幸福を求めてそうしたAI化自動化になるのではない,便利さや効率化を求めてそうなっているだけだからである。
これだけは知っておく必要がある,AI化自動化は人間を幸福にするとは限らない
不孝にすることもある,人間はいらない,人間は効率的ではないとかなり人間はAIより無能だとなりもうそういう人間は始末すべきだというSF的な悪夢が実現するかもしれないのだ
そうなるとそんな科学技術は人間を不孝にするのだからいらないとまでなる

車より自転車や歩く方が人間的だとか幸福にするとか今でもある
だからいくら科学技術が発展しても人間は幸福にはならない,必ず悪い面が生まれ人間を不孝にもすることは確かなのである。
そういうことは20世紀で経験済みだからである。
むしろ非効率でスローの方がいいとかもなる,それが人間的だなと人間として幸福だなともなる,スローライフが言われるのも今の高速な極度の効率を便利さを追及するものが決して人間を幸福にはしていないからである。
高齢化社会になると価値観が変わる,なぜなら老人の価値観と若い人の価値観は違うからである。
どうしてもめまぐるしく変わる早いとか効率的だとか合理的だとかよりスローで変わらない世界とか非効率でもそこに人間的なものを見いだす社会がいいとかなる
経済合理性だけを追及することに合わなくなる,人間的なもの金だけではない,情ある社会がいいとかなる,高齢者と若い人の幸福とするものが違ってくるからそうなる
そして現代は高齢者の価値観が優位になる,それは悪いことではない
それは別に年齢に関係なくそういう時代の価値観に転換する時代だともなるからだ




posted by 老鶯 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本(世界)文化文明論