2017年06月18日

少子高齢化社会が震災の復興をできなくさせている (南相馬市の高齢化率は53パーセントで一番高い方に)


少子高齢化社会が震災の復興をできなくさせている

(南相馬市の高齢化率は53パーセントで一番高い方に)

kaihamatunamiii1.jpg

40代以下津浪のの死亡者(南相馬市原町区萱浜(カイハマ)

年齢が判明している15,331人のうち 60歳以上の高齢者は10,085人と 65.8%を占めているまた、東日本大震災における震災関連死の死者数は、平成 24(2012)年 3月31日までに1,632人にのぼり、このうち66歳以上が1,460人と全体の89.5%を占めている。


例えば、母の実家のある集落は現在は約100人しかいない小さな村。昨年夏のお盆時期に1年ぶりに帰省したときには、そのうちの10人が他界していました。1年間で、村の人口の1割が亡くなっていたわけです。そして、その集落の最年少が56歳

宮城県塩釜市の58.0%。宮城県女川町55.1%、福島県南相馬市53.5%、宮城県七ケ浜町50.1%と50%以上は4市町。40%台は13市町村、30%台も13市町村あった。


ここのサイトの統計数はわかりやすい、本当に南相馬市が一番くらに高いのである。

高齢化率は六十五歳以下の人口が多ければ下がる、ただ老人の六十五歳以上の割合は三分の一となり30パーセントが平均である。
三人会えば一人は65歳以上である。
ともかく南相馬市53.5%は岩手、宮城、福島県のなかでも一番高いレベルである。
この高齢化が復興はばむ原因になっている

koureika111pp.jpg×100

小高の70以上の人は復興のことなど考えない、金をもらうこととあとは遊ぶことだけである。今度は沖縄に行くかなど遊ぶことしか考えない
かえって補償金で金に余裕ができたからそうなっているのである。

駅にいると鹿島の競輪の券売り場に行く人がいる、駅からタクシー利用してゆく
何もすることがないから老人が金あればパチンコだとギャンブルとかに費やしている
復興などなんにも考えていない、それは仮設に入っている時から変わっていないのである復興を考えて実際に実行しているのはほんのわずかなのである。
ボランティアが一番復興に熱心であるというのも皮肉である。
でもその人たちも一時的なものとして帰ってゆくのが多いのである。
第一そのボランティアも60歳以上が大部分なのである。
そこにもつくづく高齢化社会だと思った
74歳の人も来ていたし今に80歳のボランティアもいるようになるかもしれない
何か猫背になり歩くのも楽でない女性がボランティアで来たけどただ祭りを見に歩いている女性だった、それで土地の人から断られたというのもわかる
室原の人は何か地区の人が集まり拠点を作り復興しようとしているみたいではある。あそこはまだ街からそれほど離れていないからか養豚をしていた家である

浪江でも南相馬市だと近いから自分の土地を見に行っている人はいる、それで徐々に復興に向かうのか?それより老人が多いのだから復興に向かおうとしても苦しい
老人は苦労はしたくないのである。苦労する力もないのである。
この先どれくらい生きるかとなると苦労したくないし余生を楽に過ごしたいとなるからだだから小高や浪江のような所に帰りたくないとなる

この高齢化とは震災前から起きていたのである。それが震災でさらに打撃が加えられた
戦争で焼け野原になったときなぜ復興できたのか?
その時若い戦争引揚者が大量に帰って来た、その人たちが結婚して子供を産んだ、それが団塊の世代となり今は高齢化しているのである。
あのような焼け野原でもその時若い人が多く、子供もその時多かったのである。
それが今の高齢化社会とはまるで違ったものになっていたのである。
その若い労働力が高度成長になり日本は豊かになったのである。
今度は逆に団塊の世代が高齢化したとき日本は少子高齢化社会になり衰退しているのである。

津浪で死んだ人をみると本当に70以上が大半でありまた60以上も多い、その中でわずかに10歳以下がいたりする、20代も少ない、その割合が極端なのである。
だからそもそも震災がなくても津浪がなくても集落を維持できたかとまでなる
それだけすでに子供も若い世代もいなくなっていたのである。
それに津浪や原発事故が拍車をかけたのである。

なぜ復興が遅れているとかできないのかとなる若い人は流出したからである。
戦争のときあれだけ焼け野原になり何もなくなったのに復興できたのか?
それは若い人は多くその若い人は子供を作りその人たちが成長して高度成長時代の労働力となったからである。
復興というときいろいろあるがインフラの整備をまずしようとしている
でも復興が遅れているというとき人手不足とか資材の高騰とかありそれが足かせになっている、労働力がたりないというとき少子高齢化だからである。
老人ばかりで社会に活力が生まれない、介護で若い労働力を使われるようでは日本の経済も衰退してゆく

経済でもやはり人口が基礎のデーターになる、一万以下になると町が維持するのがむずかしくなると計算される、そういう町が増えてくるのだ。
そしてもう今までの町でも村でも同じように復旧するのはむずかしいとなる
別な新たな発想でコミニュティを作り直すということが言われる
それもそうである。小高とか浪江でも宮城県でも津浪だけの被害地でもそうである。
もう今まであったものを復旧することは復興ではない
新たな今までにない市町村の復興である。そもそも元にもどる復旧ができないからであるつまり前あったものを元にもどすのが復旧であり復興は新たなものを興すということである。それは農業は会社経営にしないと成り立たないとなっているようなことである。
それは今までのコミニュティ感覚の農業でなくなっているからだ。

そもそも高齢者が津浪で死んだ人が多かったというときそういう人口割合だったのである子供も極端に少ない、若い人も少ない、60以上とかの老人が大部分だったから割合として老人の死が目立ったのである。
新地の駅前開発でも工事がとまっている、やはり人手不足とか資材高騰とかなにか復興が遅れいてる、進まないのである。
新地駅は復旧ではなく新たに復興したから良かった、新地には若い人が住みたいというとき流出も少なかったのである。だから新地は復興に成功したとなる
他は遅れいてるし復興がなかなかできないのである。
高齢化率が25パーセントと低いからである。南相馬市の高齢化率はその倍だからいかにここが違っていて復興できないか一目瞭然なのである。




posted by 老鶯 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

2017年06月17日

原町区萱浜(カイハマ)、高平、北原、雫(しどけ)を尋ねる (津浪は高低差の影響が大きかった)


原町区萱浜(カイハマ)、高平、北原、雫(しどけ)を尋ねる

(津浪は高低差の影響が大きかった)


kaihamatunamiii1.jpg

赤い囲いは四十才以下の死者
今田家は三人いるから悲惨だった
あとはやはり七十以上が多い

kaihamatreee1.jpg
津浪にも残った樹、高台にあったから

shidokeeee111333.jpg
パノラマ写真
高低差が大きい、雫の方はかなり高い
車のある島商会まで津浪はきたが建物は助かった
hamahirugawooo1.jpg

hhamahiru1111.JPG

海岸にハマヒルガオと都草や野茨が咲いていた

でもマルハシャリンバイは咲かない、津浪で喪失

seatoom1.jpg

seatoom122.jpg

これは墓や地蔵を集めたが不思議である。
みんな笑っているのか?みんなで祈っているのか?
津浪の後の不思議の光景である
六年も過ぎだから笑っているというのも時間の経過のためだろう
死者は津浪で死んだ人だけでなく笑っているという感じになることがある
時間がたつと悲しいとういだけなく笑っているともみる
ただ津浪の被害はあまりにも大きいからその傷痕は消えない
これは若くして子供でも死んだ人をとむらう地蔵にも見える

maptakahiraaa11.JPG
クリック拡大

中世の板碑(津浪が来たのが青い線)


tanakajyoooooo111.JPG
クリック拡大

鹿島田中城(線が津浪の来た所)



萱浜(カイハマ)は北原とか雫(しどけ)からすると低い場所だった
だからあの辺は高低差が相当にあった、高い雫の方が津浪の被害がないから家が残っている、萱浜になるとそこは一番低い場所だった
今回の津浪はこの高低差が大きく影響したのである。

例えば海老を見るとそこは右田よりはずっと高いから津浪の被害がないと見ていた
実際に崖の上がさらに高いからそこに逃げた人が30人くらい死んだのである。
それはなぜか?
そこは高いのだがその高さより高い強い津浪がおしよせたからである。
でも海老は海に面してなければ村が消滅するようなことはなかった
海に接して面して集落があったから被害が大きかった
もし海より50メートルでも後退して集落があったら助かった、実際に10メートルくらい後退した高台の家は助かったからだ

それはなぜそうなったかというと海老は弥生時代からの住居が発見されたようにもともと住みやすい場所だったのである。そこは海が入り込んでいて魚もとれるような場所だったしもともとあとは湊となっていたのである。
そこは魚もとれる、帆掛け舟も出せる湊だった。
そういう場所は便利だから海に接して集落があり弥生時代からの住居跡さえ発見されたのである。
三陸などでもなぜ明治時代に今と同じような津浪の被害があったのに低い海に接した場所にまた住んだかというとそこが便利だから元の場所にもどってきたのである。
いくら津浪があっても魚介類をとって暮らすほかない時代である。
そうしたら海に接している所が危険でもまた住むようになったのである。

萱浜にも湊の機能が中世にもあったらしい、そこはかなり低い場所だった
湊という姓の墓もあった、鎌倉時代の海道の武士団という本でそのことが書いてあった。慶長津浪は戦国時代に起きていてその前に鎌倉の武士団が海道を行き来していたという
鹿島区の鎌倉武士の岩松氏も船で烏崎に来たという伝説がありそれは史実である。
ただ磐城から船できて鎌倉ではないらしい。ただ鎌倉時代はそれだけ船で運行する技術力が生まれていたのである。

いづれにしろ津浪は高低差が大きく影響した、萱浜の方が相当に低いのである。
雫の方になるとずいぶん高いと思った、だからそこは津浪の被害がなく家も残っているのである。
十一面観音の御堂も木立の中に残っている、かなり海に近くてもそこは高台だから残ったのである。
ただ島商会の車の置いてある崖の上まで津浪が来たのだから驚く、あの坂はかなり急だからである。
ただ辛うじて島商会は被害がなかったのである。あそこの高台に建てたことで助かったのである。低い所に建てたら根こそぎ津浪に破壊されたからである。
土地が安いということで高台に建てたのだろう。平地だと田んぼや畑になっていたので土地が手に入れにくかったためにあのような高台に建てた

それから津神社は高い所にある、あれは津浪とは関係ない、津(つの)神社でありツノガノアラシト系統であり渡来人系統なのである。
津浪に由来して建てられた神社は見つからないのである。
津浪にまねがれたとしてもそれは津浪神社とはならないのである。
ただ神社に古いものがある、また鎌倉時代にさかのぼると海側や低い場所は湿地帯であり人が住んでいないのである。
萱浜は越中などの移民が入ってきて開拓した場所だった。だからそこは湿地帯であり低い場所で条件が悪い所だったのである。
そういう条件が悪い場所に入るのは後から入って来た人たちであり前からいた人たちは住んでいないのである。

鎌倉時代の板碑がある地点からみるとかなり近くまで津浪がきている、おそらくその時代は湿地帯であり住めない場所だったのである。
鹿島区の田中城もこの板碑がある場所とにかよっているのである。
津浪がやはりかなり近くまで来ていた、その城は回りが湿地帯に囲まれていたのである。だから位置的に鎌倉時代の人の住める地点としてあったことがわかる

その板碑のある隣に氷川神社がある、これは埼玉県に多い、関東から鎌倉武士団が移住してもってきたものだろうか?中世に由来するとなるとなかなかわかりにくくなる。
高平と太田地域は相馬氏の支配下に早くからあったからそうかもしれない。
高平ー大内ー小島田が相馬氏の支配下にあった、屋形などは岩松氏の支配下にあったが後で相馬氏に属すようになった。

氷川神社の摂社に「門客人神社」があり、元々は「荒脛巾(あらはばき)神社」と呼ばれていたもので、アラハバキが「客人神」として祀られている。このアラハバキ社は氷川神社の地主神である[4]。現在祀られている出雲系の神は、武蔵国造一族とともにこの地に乗り込んできたもので[5]、先住の神がアラハバキとみられる[4]。

平安時代後期、平貞盛が平将門の乱において当社で戦勝を祈願し乱を平定したことから、関東地方の武士に幅広く信仰され、荒川流域に数多くの分社が建てられ、武蔵国中に広がった。

これはなかなか面白い、氷川神社がアラハバキ族の神社だった、このアラハバキは蝦夷とされているからだ。関東に蝦夷系統の神社が多い、それが東北にこの辺にも移されているのである
hikawa111.jpg
湊氏は安藤氏の系統につながるものらしい、安藤はまた阿部の末裔ともある
阿部氏は日本海の秋田を通じて船で最初に来て蝦夷と交流があり支配した
湊氏は秋田と関係しているのはそのためなのだろう。
だからなぜ萱浜の墓に湊氏があったのか?それはそこに船と関係して湊があったからではないか?もともと古代には泉かんが跡があるからそこはすでに湊の機能としてあった。
minatoooo1.jpg


「相馬恋唄」で歌手デビュー 原町の湊清一さん(75) 震災で自宅流失

湊氏がいてこの人も萱浜なのか?

鎌倉時代の歴史書によると安藤五郎が鎌倉時代初期に津軽地方に置かれ蝦夷対応に当たったのが初めとされているが、正確なところは不明である。鎌倉時代末期には御内人として蝦夷沙汰代官職を務め、津軽地方を本拠地に西は出羽国秋田郡から東は下北半島まで一族の所領が広がった

安藤と湊氏の関係があり結ばれている、それは阿部氏とか蝦夷につながる系譜がある。
蝦夷というとき海老もエヒであり蝦夷であり萱浜もカイハマであり蝦夷はカイと呼ばれていた、他にエとつく地名が南相馬市や浪江の沿岸地帯に多い、蝦夷というのはやはり東北一帯に秋田とも結ばれていたとなる
つまり秋田とか津軽(つがる)とかなると福島県では古代からかかわりが感じられないが蝦夷ということでつながりが見いだされるのかとなる
鎌倉時代はまだ蝦夷いうときその歴史が継続していたこともある、古代の延長として鎌倉時代があるからそうなる。蝦夷はその時遠い歴史ではない、まだ歴史としては身近なものとしてあった、だから蝦夷とのつながりが平泉でも取り沙汰されているのである。


posted by 老鶯 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震津波関係

付加価値の時代は新たな文化の時代 (フラワーアレンジメントから考える)


付加価値の時代は新たな文化の時代

(フラワーアレンジメントから考える)


sisterflowe1_FotoSketcher.jpg

「姉妹」

perpleeee11123_FotoSketcher.jpg

「清楚」


何やっても実際は簡単ではない、フラワーアレンジメントもただいろいろな花を挿せばいいと思っていたがそうでもなかった
それを知ったのはスーパーで売っていたすでにフラワーアレンジメントされたものだったそれは400円とか安くても作品として作られていて花束として売っていたのである。
それは簡単なようでもフラワーアレンジメントされていたのである。
それでそれを写真に加工してプログに出した

この花は結局ただ花を売っていただけではない、フラワーアレンジメントをしたのを売っていた、ということは花屋はそうしてフラワーアレンジメントして売ることが商売となるとき花を売るにしてもフラワーアレンジメントできないと売れないともなる
そうして結婚式と葬式のときは作って売っていることは確かである。

今回スーパーで買ったものは安いからそういうものではないと思った
ただ花をアトランダムに束ねただけかと思っていたのである。
でも良く見ると単純なのだがすでにフラワーアレンジメントとして作られていたのである。
フラワーアレンジメントは花が高いので金持ちでないとできない、ただ安いものでも売っているからそれでたりならいい、花をいろいろ買ってフラワーアレンジメントすると高くつくのである。
そして壺もフラワーアレンジメントの要素として欠かせない役割がある
写真をとると壺もとるから壺の役割が大きくなるのだ
壺によて印象が違ってくるのである。

これからの商売はただ花だったら花を売るだけでは売れない、単純なものでもフラワーアレンジメントされたものなら買うともなる
それは単純でもただ花を売っているのではない創作品だったのである。
そこに価値が生まれていたとなる
花があってそこに付加価値としてのフラワーアレンジメントがあるから価値があった

付加価値というときもともと機能的価値が基本にある、土器でもそれは物を入れるものとして機能性を追求する、でも今度は装飾性を追求する、それが縄文土器となった
機能性に付加価値を加えたのである。それが芸術だともなる
何でも最初は機能性を追求する、茶の湯でもそうである。茶碗はただお茶を飲むものでしかなかった、それが茶の湯に発展したのである。
それが人間的なことであり文化なのである。

つまりこれだけ物があふれると物としての道具としての機能性より付加価値があるものが求められる、なぜなら機能的な面は今度は機械化され自動化されるからである。
でもそうしても駅でメカニカルなものとヒューマンなものとして分けて見た
いくら機械化しても自動化してもそこにヒューマンなものが必要になる
そこに価値が生まれる、機械化すれば自動化すれば余計にヒューマンなものが価値が出てくる、ロボットには愛などは生まれようがない、ただ高度な知性は備えるようになる
でもヒューマンなものは必ず求められる、それが付加価値になる

要するに今は物があふれているから物だけ売っても売れない、そこに何でも付加価値が必要になる、それは芸術的なものとなる場合もあるしその他人間的なものとしてあることの価値が高まる、もてなしというときとても機械だけでロボットにはできないのである。
機械にロボットにできても人間にしかできないことがありその価値が高まるのである。

情報化時代というときこれも付加価値なのである。情報といっても無限である。
それがインターネットでキーワードでひけるとき情報の付加価値が生まれる
本の弱点はキーワードで関連したものを引用できないことなのだ。
情報のデーターベース化が必要になる、それは確かに個人的にもできるようになってはいる、蔵書もデーターベース化できる、だから知的な環境として自宅に図書館をもっていることにもなる、図書館は何か調べるのにもめんどうなのである。だから図書館に行かなくなったのである。図書館も飼料でもデーターベース化すれば調べやすいのである。

もう一つは物語性というのも価値がでてくる、例えばヨーロッパの修道院で作られた菓子が売っているというときそこで修道院のシスターが丹念に作ったものとして歴史を偲ぶのである。そういうことは日本でもある。その菓子は中世とかなると貧しいから貴重なものだった。そういう物語性はむずかしい歴史書を読むとういのではなく誰でも感じることができる、庶民的なものにもあるからだ、確か北海道のトラピスト修道院の菓子とかあるがヨーロッパだと中世からはじまっているからもし旅をしてその菓子を味わうとき歴史を偲ぶことができる、その中世の街にあってこそその菓子を食べたとき本当の価値を知るのである。
ただ自分はヨーロッパを旅してもそういうことはできなかった、旅はなかなかそういうことを知ることがむずかしいのである。
その土地の表面的なものだけを見て終わっているのである。

最近駅に興味をもってお茶の水という駅があり地名の由来を知るとなるほどなと思った。もともとは寺があり江戸城で殿様がその寺の井戸の水で茶の湯のために使ったことがその地名の起こりである。
するとそこから江戸時代が偲ばれる、水道の水ではない、井戸の水を使っていた。
そして茶の湯をたしなんでいたのである。その時江戸時代の感覚だと悠長な時間があった騒々しい時代ではない、ゆったりとして茶の湯をたしなんでいたのである。
その感覚はあまりにも今とはかけはなれいるから余計にそう思う
お茶の水駅でもそこは騒々しいとても茶の湯をイメージする場では今はないからだ。
でもその物語を知るとき江戸時代はまるで違ったものとしてあったのである。

殿様の茶の湯たしなむ江戸の町静かなる時のかつてありしも

江戸にはそういう悠長な時間があったとなる、それを偲ぶ物語があり付加価値が生まれるのである。




posted by 老鶯 at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部

2017年06月16日

冬の貴婦人(詩) (死者はどこにいるのか?)


冬の貴婦人(詩)

死者はどこにいるのか?


fuyukkkifu111.jpg

夏蝋梅の広い葉陰に
ひっそりと冬の貴婦人
石によりそいもの言わず
あるとしもなく
患いもなく咲いている
それは母のようでもある
おとなしい静かな女
死んだけどまだいるような
その花のように
自分を見ているような
死んだ人はどこにいるのか
その長く親しんだ所に
まだ愛着を覚えているのかも
ならばここに安らかに眠るがよし
我もここにありしも
姉もまたここにあるがよし
争わずにこの家にあるがよし
今望むことは患いなきこと
ひっそりとして誰にも迷惑かけず
患わせずあること
それが幸いなりしを知る
夏蝋梅の花に
蜂が一匹ささやき去りぬ


人間は外部の環境でも日々変わっている、この辺は特に変わりすぎた、信じられない変わり方だった、津浪原発事故で田んぼが草原になったり環境自体がありえないように変わってしまった。
そういうとりまく環境も変わるが人間の心の内部も心境は実際は日々変わっている
介護をしているとき、十年だから長かった、でも死んでみるとまた違ってくるし死者への思いは時間がたつごとにまた変わってきているのだ。

なかなか最初は死者を死んだ人として受け入れられない、それは人によって家族環境によって違う、いつまでも死者のことを忘れずに思っている人はいるし忘れる人もいるからだ死者は骨となり灰となり消える、では一体どこにいったのだろうとなる
墓にいるのかとなるとそれもわからない、ただ一応墓にいるとしてお参りしているのである。

死者はだから花の咲く庭にいるとかにもなる、母はおとなしい内向きの性格だった
だから冬の貴婦人にふさわしいとなる、何かこの花は目立たない、でもいつまでも咲いていることに気づいたのだ、それで百歳まで生きた母にふさわしいと思ったのである。

自分の家族は複雑だった、だから母というとき何か普通の母とは自分にはならない
でも何か不思議なのはその方が自分には良かったのである。
母を嫌う子供がいるとき母のエゴがむきだしになるからである。
自分の母が一人だったらそうなった、でももう一人姉がいたのでそうはならなかったのである。だから母といっても普通の母ではないのである。

ただどうしても女性はその嫁ぎ先が家になるのではないか?嫁という字がそれを物語っている、実家を出たら他人の家が家になる、それでも「女は三界に家なし」とは

「三界」は、過去・現在・未来の三世のことをいい、女はそのどこにも安住の場はない、という意味です。

三界で三千世界とも云うこと、それは広い世界を意味し、この世の別名だと云うこと…。また、女にとって生まれ育った家は自分の家ではなく、嫁いだ処が家になる

これは時系列ではなく場所のことだろう。この広い世界に安住となる家がないということである。

だからまた嫁ぎ先の墓に入りたくないという人も多く夫が死んだら婚姻を解消して親戚とも縁を切り嫁ぎ先の墓には入らない、それが果して女性として幸福だったのだろうか?
今さら実家の墓に入るというのも時間がたったし別になっているのだから納得できない
そもそもまた実家で受け入れてくれるだろうか?
女三界に家なしとは嫁ぎ先にもなければもう実家にもないのではないか?

よくスピリチャアル関係では人が死んだらどうなっているかを言う、それはあくまでもイメージの世界でカルタシスのように作り出した世界なのである。
だからこれを信仰ととりちがえるのは良くない、それは勝手に死者をイメージしてなぐさめているのである。
死んで天国に行くとしても天国はそういう場所ではないからだ。

ただ人間は何か死者が何なのかいうとき死者とか語るというときそうなりやすい、自然の事物にも死者が投影されるのである。
だから葉山信仰では死んだ祖先は山に眠り春には田植えの時は里におりてくるというのもそうである。
死者が自然の中に生きているということで死者は死なずその土地に継続して生きる
つまりこの信仰は稲作かあって成り立つことでありそれは土地と密接に結びついて成り立っていたのである。土地から離れてはありえない信仰だったのである。
大和魂などというときも日本国という土着した魂のことである。
それは国土から離れてありえないのである。
一神教は砂漠から生まれたというときそうしたことはない、土地と離れてある信仰だからである。天に本当のホームがある信仰だからである。
地上では遊牧民のように家をもたないのである。

それはそれで死者を想うことでも人は年月がたつにうちに心境が変わってくるのだ。
だからプログというのはそうした環境の変化とか心境の変化を日々伝えることに向いている、一冊の本ではそういうことはない、あとからまとめて書くということになるからだ。日々変わることを伝えることに向いている、なぜなら環境でも心境でも日々変わっているからである。

死者でも二年目三年目とか5年目とか十年目とかで死者に対する思いは変わる
それで仏教では何回忌として供養したのである。
それで供養して金をとるというシステムを作ったのである。
ただそれも人間は死者を忘れられないということがあったからである。
先祖崇拝はそれで世界的に起きた最も古い信仰にもなる
でもその信仰とは本当の信仰は別なのである。

死者はどこにいるのか?それはやはり愛する人のもとにいるのではないか?
死者を想う人がいればその人の元にまだいる、そうなるのが自然だともなる
だから死者でも無縁仏とかなると誰も想う人がいないとなる
でも結局はみんな最後は無縁仏なのである。
子供でもやがては親が死んでも日常の生活に負われて忘れるからである。
ただそれでもなかなか忘れない人はいるから個々人によって違う
自分は特別な事情があって親を思っているのである。

ともかく死者も美化されやすい、生きていれば嫌な面があり一緒にもいたくないということが夫婦でも家族でもあった、死ぬとそうした嫌なことをなくなるから美化されやすいのである。
ただ死者がどこにいるかとなると墓にいるというよりは長く暮らした家の方にまだいるともなる、なぜなら家での暮らしが長いからである。
だから死んでも愛着をもっていることは確かなのである。

私は死んだ母親の遺影を飾っていますが、毎日話しかけている。
そうすると、そこに母親がいるのがわかる。

「その人がいる」と想い続ける限り、
 その人は「存在」し続けます。

これは単純だけど死者に対してどう対処するか簡潔に示している
死んでもその人を思っていればいるが想わなくなればいないのである。
それは死者に限らない、生きていてもその人を想わなければその人はすでに死んでいる、いないと同じなのである。
今生きていてもそうである。もしその人を憎むとしてもその人はいる
憎むということはその人にこだわっている、愛の反面なのである。
人は無関心になればその人は死んでいるいないのである。
生きていても死んでいるのである。

その人の逝きしもなおも面影の浮かびて見ゆる我が家にありて

どこに死者の面影が浮かんでくるかというとどうしても女性の場合は家になる
家が長く住んだ場所だからである。だから家がなくなることは死者も思いなくなるということがある。それが原発事故で故郷や家が消失したことの大きな精神的損害だったともなる

鉄道や駅を維持するのは容易ではない (鉄道は公共性が高く自治体もかかわり維持すべき)


鉄道や駅を維持するのは容易ではない

(鉄道は公共性が高く自治体もかかわり維持すべき)


車両だけでも数億円単位(費用の回収に1年数万円落とす定期利用客が1万人必要という計算にすらなってしまう)、しかもそれは導入費用だけであって、車両の整備にもお金がかかります。当然、電気設備にも費用がかかるし、安全対策なんかはなおさらお金が必要

地方鉄道の復活のためのシナリオ

(国、地方の適切な関与)

これなどに簡潔に問題点をまとめてある。
自分が駅のボランティアして感じたことである。
鉄道はその設備でも駅舎でも老朽化している
鹿島駅のトタンをとりかえるだけでも相当な費用がかかる
そして毎日誰かがJRの職員か委託会社の人が来ている
線路を点検したり建物を見ていたりする
ホームでも長いし広いから整備が必要になる
雪が降るところでは雪かきが仕事になる

そして駅は鉄道会社だけのものではないし運営もできない
公共的なものとして鉄道と駅はある
JRで作ったトイレは最新式のものであるがそれを利用しているのは
農協の葬祭事業をしている人たちであり他にもトイレだけを利用する人が車で来ている
ところがそのトイレの掃除は障害者団体のあさがおがこの辺では担当している
それはJRで費用を負担しているのである。
ここに障害者がかかわっているというのは福祉でもあるとなる
なぜなら盲人が一人通勤している、その手助けもしたがそれも福祉である。

昨日は小学生が駅を先生に連れられて見にきた、野外学習である。子供たちにしても駅はなじみがなくなっている、
親と車に乗るのが多いからである。
でも鹿島駅では必ず孫を迎えに駅に来る祖父母がいる
駅前広場は小学生とか中学生でも高校生でも通学があり世代を越えてまた外部の人も行き来する場なのである。
駅は外部から来る者にとっては街の玄関になるのだ
駅にかかわって思ったことはそこは今の社会は老人は老人しか集まらない
パークゴルフ場でもそうである。子供は子供で学校という場で子供と先生としか交わらない、そういう社会にずっとなっている
でも駅はいろいろな人が世代を越えて交わる、外部とも交わる場だいうことを認識した
これは一つの発見だった

鉄道は鉄道だけとして切り離せないインフラである。公共性が高いのである。
だから近くの区の人が掃除したり花を植えたりしているのである。
ただ鉄道はもともと国鉄であり国が管理していたから地方自治体ではかかわっていなかったという、財政的にも優遇したりもしない、となると公共的なものとして維持できないから地方自治体もかかわり維持しようとしないと維持できなくなる
それは駅の区の人がかかわっていることでもわかる
鉄道は鉄道会社でJRだけで運営するものではないその土地の人もかかわり運営しなければ維持できないものである。そうししないと廃止に追い込まれる

それがわかるのはトイレのことである。そのトイレは農協の人も利用しているし外部の人も利用しているし車で来る人も利用している、それはたいしたことではないようでも実際は公園のように市で運営にかかわるものになっている、それを肩代わりしているのがJRだとなるからだ。それを全部JRに負担させるのはやがては採算がとれないと廃止に追い込まれることにもなる
駅に対して市町村でもそうした自覚をもっている人は少ないだろう
なぜなら電車の乗り方さえわからなくなっている人が多いからである。
何でも結局利用されないものは廃れる、ただ鉄道や駅が公共的な役割があるときあらしめるときもっと駅や鉄道について関心をもち利用することを考えねばならない

そういう自分も鉄道は利用しない、なぜか?駅からのアクセスが悪いからなのだ
駅から目的地に行くとなると足がないからだ
それで高校生でも他の人も家から車で迎えに来るのである。
車の便利さは目的地から目的地まで直通できるこなのである。
電車はそれができない、駅まで駅についてまたそこから目的地に行くまで時間と労力がかかるのである。それが最大の問題なのである。

この辺は仙台との行き来がもともとありまた常磐線が開通してからは3倍に増えたというときそれだけ外部の人がまだ来たりものめずらしがあり来る人もあり増えた
ただ以前として鉄道が現代にそぐわないものとなっているから経営的に苦しい
でも駅にいると駅は鉄道は街と一体化したインフラだから駅を中心に街作りをすることが望まれるというのは実感である。
常磐線はいわき市まで通じないと復興にはならない、それは後2年くらいかかる
常磐線は廃止にはならないだろう。阿武隈急行などはもう維持できない状態になっている鉄道の旅が長いから鉄道には関心がある、バスの旅には旅情がない、バスは鉄道は根本的に違った乗り物なのである。

鉄道はすでに歴史が長く文化なのである。ただ移動する手段ではない、バスは移動する手段である。鉄道は地域の文化でもあり国の文化ともなっていたのが大きな相違なのである
文化というとき田んぼがただ米を作る食料として見ているが原発事故で荒地になり蛙が鳴かなくなったとき生態系にも影響したように田んぼは長い歴史の中で文化になっていて心に影響していたのである。
景観も長い歴史の中で文化として形成されてきたのである。だから田んぼがない田舎が田舎なのかという疑問になったのである。
文化になるときただ腹を満たすだけの食料ではないしただ移動する乗り物でもない
文化は心に深くかかわるものとして人間的独自のものとして形成された
茶の湯だってもともとはただ茶を飲む、喉をうるおす、水分をとるというものだったが文化に発展させたのが人間だったのである。
だから文化というとき鉄道がなくなることは単に移動する手段だけがなくなったというだけにとどまらない影響がある。
何か大きな喪失感が残るのはそのためである。

2017年06月15日

冬の貴婦人と薔薇の花 (フラワーアレジメントには壺の役割が大きい)


冬の貴婦人と薔薇の花

(フラワーアレジメントには壺の役割が大きい)

kaennbana111_FotoSketcher.jpg


sisterflowe1_FotoSketcher.jpg

「姉妹」

perpleeee11123_FotoSketcher.jpg

「清楚」

壺と一体化しているのかフラワーアレンジメントである。
壺によって見え方が違うからだ

上のは壺があっていないのだ、ただ壺もそろえるとなると金がかかる
これらの花はスーパーですでにアレンジメントされたものだったのである。

単純なものでも映える、多くの花をさすとかえってだめにもなる

fuyunokifujinn1.jpg
冬の貴婦人

これはクリスマスローズとういうから薔薇の一種だけど薔薇に見えない



老鶯や長き土手道歩むかな

路地裏の曲がりし道や黒揚羽


駅にまた新たに花の植えにけり日々我ここに寄りにけるかな

華やかにはや薔薇は散りぬ石の蔭冬の貴婦人なお咲きにけり

蜂のきて夏蠟梅にささやきぬ庭の静かに継ぐ我が家かな

大輪の薔薇に向かいて今日も咲く百合の花かな朝日のさしぬ

移り来て住む人若し夏の日に薔薇明るく咲きにけりるかな

清楚なる紫の花壺にさし我が家落ち着く家族のなしも


何か最近いろいろ駅のボランティアなどして追われていた。だから仙台にも半年で一回しか行っていない、近くをぐるぐる毎日まわっているだけである。
原町や相馬市にも行っていない、なんかだんだん出無精になった
人ごみの中に出たくないとかなった、これも年なんだろう。
老人はあまり遠くに出歩くことに向いてない、家でじっとしているのがあっている。
行動範囲が狭くなるが深くものを観るということに向いている。

だから花というのは外で観るだけでなく身近で観ることが深く見れることになるからどうしても小さい庭でも必要になる
大きな庭だと管理するだけで水やるだけで手間になる、一人で家事全部しているし買い物もしているしできないのである。
自分のテーマは花でもあった、花は高山植物でも北海道でも見てきた。
北海道では花が見れるからだ。檜扇菖蒲なども見たしハクサンチドリも低地に咲いていたのである。北海道ともずいぶんご無沙汰している、20年くらい行ってない
10回くらいそれも一カ月くらいぶらぶら旅していた時がなつかしいとなる
北海道と沖縄は日本では外国なのである。風土がそうだからである。

冬の貴婦人は長く咲いている、目だたない花である。これが花なのかと思う
葉のようにしか見えないのである。ただバラが散ってもまだ咲いている
今年もずいぶん花は咲いたがその初夏の華やかな季節は過ぎた
すでに梅雨の時期に入ってきた。

フラワーアレンジメントは意外と壺が大事である。壺と一体化して花が映えることに気づいた、すると壺をいろいろ用意する必要がある、でも壺は高いからそんなにそろえられないだろう。自分が買ったのは安物だけど別に関係なくいい壺があった。
通販で買った、今はこういう点では便利である。何か買い物も自転車だとなかなか原町でも相馬市でも行けない、何か疲れるようになったからだ。
通販だとボタン一つ押せば配達してくれるから助かる、でもこういうのは買い物の楽しみがないというもいえる、ただ車がないと通販は便利だなとつくづく思う
重いものになると自転車では運べないということもある。
買い物のに関しては田舎でも不便はない、確かに実物をみるのが一番いいがそれができないにしても通販で買えることは田舎と都会の差をなくしたのである。

自分は都会には住めない、人ごみもいやだし騒々しいし嫌なのだ、前からそうだったけど老人になると誰でも都会は嫌になるだろう。
イギリスの貴族が田舎に土地をもつことだというときその意味がわかる
gentleman とはgentle とは静かな穏やかなという意味だからである。
都会ではgentle man にはなれないからだ。
冬の貴婦人ではないが本当の貴族は田舎に住むべきなのである。
田舎でイングリッシュガーデンのようなものを作り住める人が豊かな生活だったのである




八輪の牡丹

八輪の牡丹が我が庭に咲く
朝の光を吸い爛漫と咲き誇る
その栄えを誰が受けるのか
この家を築いた父と姉と母
しかしみな死んでいない
時にその牡丹の前にいる
明るく輝く咲く牡丹の前にいる
八輪の豊穣な牡丹
その前で満面の笑み
その家を栄えさせるもの
家々にその謂れがある
そを受け継ぐものは幸いなれ
ある町に一つの家が栄える
それには謂れがある
しかし富には何か呪いが隠されている
故にこの世の栄はつづかない
その豊穣の富を受け継げない
その後に石の陰にひっそりと
冬の貴婦人が咲いている
薔薇の花も華やかにいろいろ咲いたが散った
ただこの花はいつまでも咲いている
これは薔薇の花とは思えない
それから夏蝋梅の広い葉陰に咲いている
ただ一人自分だけがこの家を継ぐ
その日はまだ長いかもしれない
ここにじっくりと腰をすえて
その余生を実りあるものにしたい
花は尽きず咲いている
その花にあきることはない
それだけ花は豊富である






認知症のリスクも増加!? お酒を飲み続けると脳が萎縮って本当? 「アルコールが脳に悪いことはまちがいない」


認知症のリスクも増加!? お酒を飲み続けると脳が萎縮って本当?

「アルコールが脳に悪いことはまちがいない」


20〜30代は浴びるほど飲んでいたそうです。過去に飲んでいた経歴が40〜50代になって出てしまうこともあります。

毎日の飲酒は認知症の原因に?脳の萎縮を防ぐアルコール適量とは


 認知症の原因は本当のところはわからない、最近気になったのが認知症はすでに20年前からはじまっているという記事である。
80才でなるとしたら60才から認知症になる原因が作られていたとなる
さらに40代からも20代からも認知症になる原因が作られているという。
そんなに前から認知症になる原因が作られているのか?
それはどういうことなのか?

これを認知症ではなく一般的なこととして60代の老後のことを今は盛んに話題にされる高齢化社会だからである。
ところが60代から人間が変えられるのかというとむずかしい、人生はそれぞれ継続であり積み重ねたものである。特に老人は何でも経験したものとして結果が現れるのである。
金の問題も老後には大きいがこうして積み重ねてきた人生が60すぎて新たに変えられることはできない、継続であり結果でありもう変えられないというのが老人なのである。

それは人間の体にも影響している、酒を飲みつづけると何らか体にも特に酒は脳に影響している、なぜなら素人でも脳を麻痺させることはわかるからである。
脳が麻痺するということは一時的に正常な状態を失うことである。
それは明らかに脳が正常に働かないのだから脳が損傷しているのである。
酒を飲み続けることは脳を損傷させるということは理屈的にわかりやすいのである。
もちろん肝臓とかも酒を飲み続けると弱ってくる
習慣が人間を作るというときそうした悪い習慣も人間を作っているのである。
それは心身共にそうである、だから病気というのは生活習慣病とか日頃の積み重ねの結果として現れる、ただ遺伝病がありすべてではない、でも明らかに心身ともに60以降にその人の人生の結果が心身ともに現れやすいのである。

ただ別に酒を飲んでいなくても認知症になる人はなるから酒がすべての原因ではない
でもそもそもなぜ20年前とか40代とかに認知症になる原因があるというのだろうか?
生活習慣病からすると実際に公務員とか先生とか裁判官とかは認知症になる率が大きいのである。とするとここにも因果関係があるのかとなる
こういう仕事は何か創造性がないからだという、決まりきったことをしているからだという、それが脳の働きに影響しているから認知症になるとなる
生活習慣病として認知症になるということを統計的に見たのである。

例えばデスクワークしている人は猫背になりやすいというときそういう姿勢で長年仕事してきたからだという、それも生活習慣病なのかとなる
そもそも日本人の姿勢は体型は良くない、短足であるので何かそこが日本人の特徴であるそれは長年正座するとか無理な姿勢で暮らしてきたからそれが日本人の足を短くしてきたとか米を穀物を食べるために腸が長くなりそれが体全体に影響して短足になったという説もある、それはそういう生活習慣が民族的習慣でありそれが受け継がれて短足になったともなる、風土とかにも適応して人間も作られるというのはある

自分の姉が認知症になった原因は明らかに20年前にその原因を作っていた。
退職してから家事もなにもしない、自分にあったこともしない、看護婦をしていても退職して以来そういう関係も何もしていない、いつも食事も用意する人がいたから何もする必要がなかったのである。料理も何もしないのである。
なまけものになっていたのである。知的な活動もしない人だから頭も鈍化したのかもしれない。だから生活習慣病として認知症になるというのはある。
ただ退職する前は公務員であり結構頭を使っていたのである。
たから公務員だから認知症になるとも限らない,ただなりやすい傾向はある

いづれにしろ人間は後天的に作られるものである。先天的なものも大きいが人間の特徴は長く生きるから後天的な影響とか環境因子が大きく作用するのである。
才能がないにしても何か60以降になり華開くということがある。
自分はそうだった、第一本を読んでも理解できないことが多かった。
それが即座に理解できる、本を全部読まなくても拾い読みして深く理解できるのである。それだけ理解力がついたとからだともなる

いづれにしろ酒を飲むことは明らかに脳にとってはダメージである。それが積み重なれば余計にそうなる、脳の働きが悪くなり鈍化してゆくことはさけられない
酒は少量でも影響が大きいかもしれない、自分は今はビールでもコップ一杯でも酔うからである。酒を飲まなければそうなるのである。

人間は生まれつきの差も大きい、でも人間の特徴は心身ともに後天的に作られる度合いが大きいということである。経験でも恐るべき危機を脱出したとか何か大きな経験した人はその後の人生にも影響する、何かのきっかけで人間は大きくなる
それはその人の先天的なものではない、後天的なものとして心身を作っているからだ。
だから才能ある人でも体の丈夫な人でも酒を飲んだり不摂生したり努力を怠ればそれが心身に影響して自分を活かせないのである。
天才は例外でありそれはまねできないから参考にはできないのである。

だから教育というのは本当は相当に影響するし人間を作るともなる、なぜ侍が優れていたか?それは知識だけではない文武両道であり江戸時代の社会なのかでエリートとして作られていたからである。それで明治維新を成したのが侍がいたからだとされる
今は教育はない、教育はその社会全体で成すものであり学校だけでは成し得ないからである。結局自分を教育するのは自分しかなくなっているのが現代である。
他人の人生はいくらその人が優れていても他人の人生なのである。
自分の人生は自分で作り上げる他ないのである。

ただ大学でも個性があるのか?慶応ボーイと早稲田のバンカラとかそこに学べば校風に染まるということも環境因子なのである。朱に染まれば赤くなるということは常にある。
だから本でもくだらない本を読んでいたりテレビとかの漫談とかばかり見ていたりそういうことも難でもないようでも積もり重なって人間の心に影響してくるのである。
テレビは洗脳のメデアだから自分で考えることができなくなる
だから極力テレビを見ないとか自分に課さなければ酒と同じようになるのである。
それも麻薬なのである。酒なのである。人間の心を麻痺させているのである。
それが認知症にも通じるとまでなるから怖いのである。

でもなぜこれほど認知症が増えてくるのは解せないということもある
何が原因なのか?生活習慣病もあるが何か他の原因があるのか?
薬で治せるようになるのか?脳の損傷があり薬で直せるならやはり遺伝的なものもあるのか?
認知症は本当になんといっていいかわからない不可解な病気なのである。
自分が経験したことでは正常心をもつことがあり我にかえる時がありそれが一番不思議なことだったのである。
posted by 老鶯 at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 老人福祉医療問題

要になる祝島の漁業権問題(上関原発問題) 権利には責任が課せられている  


要になる祝島の漁業権問題(上関原発問題)

権利には責任が課せられている  

fishright111.JPG

漁業権放棄をするためには総会の3分の2以上の同意が不可欠で、なおかつ一人一人の組合員に書面同意を取り付けて補償金を分配しなければ「完全決着」にはならない。
kanameninaruiwaisimanogyogyoukenmondai.html


漁業権というとき権利である。それは法律的な権利というより慣習的な権利である。
ここではその権利を楯にして原発を作らせないように戦っている
原発を押し進めるのは県と国と電子力会社なのである。
その大きな権力に抵抗しているのが漁業権を楯にした漁業組合になる

この辺ではこの逆だった、漁業権は東電から金をもらうためにありそれを売り渡した、そして県と国が許可したのである。だから事故前から船主などは原発御殿を建てたとか補償金と関係ない人は回りで不満だったのである。

漁業権はシジミのことでもわかるように小さなシジミをとるとシジミがとれなくなる資源保護が目的だったのである。そのためのに権利でありそれを東電とか県と国に売り渡すためではなかったのである。

そもそも何でも権利を主張する時代だけどなぜ権利が与えられているのだろうかとなる
権利とは何かを守るために何かのために与えられている、ただ権利だけを与えられることはないだろう
漁業権は魚資源とかその環境維持のために与えられている
だから海が汚染されて魚もとれないとなれば補償されるのは当然だとなる

ところがこの辺では

漁業権者   私たちは漁業権を東電に売ります、だから補償金をもらいます

東電や県や国側  一切あとで文句は言わないでください
                       私たちは海を買ったのですから

海が売り買いできるものならこんなふうになる、だから海は誰のものなのか?
海を所有して売り買いできるものなのかとなる
漁業系権利はあくまでも資源の保護とかの目的のために与えられているのであり海を売り渡す権利として与えられていないからである。
法的にそこに権利が認められるのかとなる

土地でも家でも何でも所有はできる、でもその所有することには必ず責任とか義務が生じてくる、土地を所有していればこの辺では原発事故が荒地が多くなった。
そうするといつまで荒地にしていていいのかとなる、土地の所有者がいてその荒地を何もできない、もう畑にすることも田んぼにすることもできない人たちなのである。
それはいくら土地をもっていても迷惑だとなる、ただこの辺では宅地化しているから宅地として利用すれば金になる、それを待っているのか何なのか地主がいて権利があるからと何もできない、そして荒地のままなのである。
空家問題でも家の所有者がいるから勝手にできないが市町村全体からすると迷惑になる
誰かに住んでもらった方が活気がでる、いつまでも空家になっていてもそれは市町村にとって負の遺産になっているのである。

戦後地主が廃止されたのはむしろ田畑を耕す人の方に権利が移ったからである。ただ土地をもっている人が得することは良くないと廃止された。
ただ当時地主には地主の役割があったこともいえる、土地を管理していたことは確かであり有効利用もしていたが小作に配分されないので小作は不満だったのである。

いづれにしろ権利が与えられるとき責任も同時にもたされているのである。
ゴミを投げるのはできる、でもゴミを投げるにも権利があっても利用者は責任も課せられている、烏などに食い荒らされて困るというとき利用者も一人一人責任がありその対処方法を考えねばならないのである。
何か利用する権利があってもまた責任も負荷されているのである、だから権利ばかりに眼がゆき、権利だけを主張するのが民主主義だと誤った理解があった。

第一海を所有するというけどそんな責任をもてるのかとなる、どうしていろいろな権利が与えられるのか?その権利には責任が課せられている
大きな権利になればなるほど大きな責任が課せられている
その責任の大きさから権利を放棄したいとまでなる
責任をもちきれないからである。それで東電では原発でもしたくなかった、事故が起きたら責任を持ちきれないからである。
でも国で補償するということで原発を作ったのである。国家的事業として原発はあった。責任は国で負う、国民全部で負うとなっていたからできたことなのである。

契約は基本的にいかに責任をまねがれるかを条文にしている、それだけ責任が問われることを恐れからである。ましてや原発だったら事故が起きたらもう東電のような巨大企業でも責任をとれないからである。
だから漁業権者でもなぜ海を売り渡すような権利をもったのかとなる
もしその責任を問われたらどうするのかと考えたら簡単にできなかったかもしれない
今はこの辺では船主とか漁業権者に対する風当たりが強いからである。
こうなるいくら補償金をもらっても苦しいとなったからである。
つまり責任問題というのは本当に重大なものとしてある

金でも多くもっている人はそれだけで責任を問われている
なぜそんな大金をもっているのだ、その金はお前だけのものではないないとなりその金の使い道が追求されるからだ。
資本主義社会では金をもっている人が一番責任がある社会なのである。
その金が何に使われているのか厳しく追求されてもしょうがないのである。
いくら地位があり尊敬されるとしても金がついこないなら今の社会は意味がない
なぜなら老人を見ればわかる、誰も尊敬もしないが金があれば力をもつことができるからだ。老人を尊敬するという社会そのものが喪失しているからだ
権利が大きければ大きいほどそれにら比例して責任も重くなっともかくているのである。

その責任は一代だけで終わらないのである。子供にも責任が問われる、お前の親は漁業権を売って金持ちになった、お前の住んでいる家は海を東電に売り渡して得たものだとか言われる、そうなると子供の代まで責任が負わされることになる
借金は相続放棄すればちゃらにるながそうした責任は子供の代まで消えないとなるのだ。それはあまりにも責任が重すぎたからそうなったのである。

もしそういう責任があるとういことをありありと知れば簡単に海を売り渡したりできない他で大きな責任を自覚したら相当に緊張するし簡単には引き受けないだろう。
それより権利だけに眼がゆき利益を得ようとする、でも責任は自覚しないのである。
原発などその責任の重大さを真剣に考えたら誰も引き受けないものであったのだ。
科学者でも技術者でも会社経営としても引き受けたくないものとなっていた
電器製品、家電を作るようなものとはまるで違った代物だったのである。
そういう自覚に欠けて原発を作ったこと自体が間違っていたとなるのだ
原発は何かその危険なのに安易に作られた、だから事故が起きたらどうするかなども検討も準備もされなかったのである。
ただ「安全神話」のみが権力で作られていただけなのである。
それが一挙に津波とか地震で崩壊ししてしまったのである。
そしてその責任の重大さを自覚させられたのである。
posted by 老鶯 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2017年06月14日

真野川の河口にて(川の漁業権の問題) (シジミとりする原町の人と会う)


真野川の河口にて(川の漁業権の問題)

シジミとりする原町の人と会う

shijimi11.JPG

真野川の河口の方に行ってみた、シジミとりする人が二人いた、聞いてみたら小さなものしかとれないという、昨日も上の方でとる人が5人くらいいたという。
シジミがとれるようになったのか?小さいシジミしかいないことは川が津浪で川が変わってしまったためかわからない、そこは浅瀬になっているからシジミがとりやすい
深くなると船が必要になる。
右田の河口ではシジミはかなりとれた、自分もとったことがある。
右田のシジミはうまいいいシジミという評判だったのである。
でも漁業権をもっている組合からシジミをとることが禁止された
小さいシジミをとることがあり資源保護のためだった
そういうことはやはり漁業権の正当性が認められる

ただ今回の海の漁業権は東電に海を売り渡して補償金を前からもらっていた
それは多額であり事故の後ももらっているのは納得いかないと書いてきた
それで海は誰のものかという議論をした
漁業権は資源の保護などで必要なのであり東電などに売り渡すものとして漁業権はないのである。何かそうした明確に法的なものが漁業権にはない、慣習のようなものがあるだけである。法律として規制していればこうはならなかったかもしれない。
そもそも海を東電に売り渡す権利が船主とか漁業組合にあったのかという疑問があるからだ

無数の小魚が川に上ってきていた、ボラの子なのか?

幼魚のうちはしばしば大群を成して淡水域に遡上する

これだろう。その数は膨大である。前にも金沢で見たことがある、河口の状態が環境的に津浪の後どうなっているかわからない。魚は6年間もとっていないとすると増えたことは確かである。

シジミをとっていたのは原町のおばあちゃんだった、なぜかこの人はしきりに鹿島の人はかわいそうだという、補償金がわずかしかもらえなくてかわいそうだという
その人を最初はそんなに言うから鹿島の人だと思っていたのである。
自転車で原町から来ていたのである。新田川でもシジミはとれるという。
真野川は川が大きいからシジミは多かったことは確かである。

この川は県で管理していてもっと上流でアサリをとっていたら県の担当者に禁止されたという、それは放射性物質に汚染されているからかもしれない、

 福島県相馬市松川浦産のあさりから放射性セシウムが52ベクレル/kg出ています。(2013年11月27日 福島県農業総合センター調べ)位置としては、はやま湖からの水が流れ込んでいる可能性があります

6年ぶり、港に活気 相馬・松川浦アサリ漁再開

こういうニュースがあるからすでにアサリやシジミでも食べられるのだろうか?
ただ河口というのはセシウムのついた泥が大量に流れる所でありそれで阿武隈川の河口では放射線量が異常に高かった、だから河口では放射性物質がたまった泥が堆積している場所だからなんともいえないのである。
アサリをとることを禁止されたのはそのためなのかよくわからない。
別に老人は飯館村でも山菜を食べているから気にしない人は食べていたのである。

ともかくなぜ原町のばあちゃんは鹿島の人をこんなにかわいそうだというのかわからなかった、その人は原町だから何の不満もないが鹿島の人はかわいそうだと言っていたのである。
実際に鹿島の人の不満が大きいのである。そのことはプログで書いてきた
それは自分だけのことではない、鹿島の人の全員がそうなのである。
一番言っていたことは病院とかでも無料になっていたが鹿島の人はすぐに打ち切られたのがかわいそうだと言っていた。その人も病気で病院に行っていたからそこで鹿島の人が不満を言うのを聞いたからかもしれない、そうでなければそんなに原町の人が鹿島の人に同情することはないはずである。
それは相馬市の人も不満を言っていたからわかる。

鹿島の人で原町の人を悪く言う人はいない、そして原町の人がいくら補償金をもらっているからわからない、それがまた不思議だとなる、地域によっても違うからである。
石神辺りは放射線量が高いからそれなりにもらっている
それがわかったのは古い家を新築した人がいたからである。
それは明らかに補償金もらったからできたのである。

いづれにしろシジミでもアサリでも勝手に誰でもとっていいというわけではない、それは資源保護があるからだ、だからこそ漁業権は必要なのであった
シジミでも小さいうらからとっていたから増えなくなるからである。

あのばあちゃんは元気である。原町から自転車で来るくらいだからである。原町といってもすぐ隣だから遠いとは言えないが今なら車で来るからである。
シジミとりはこの辺では夏の風物詩である。何かこの辺でもそうした海の幸の恩恵があっていいとなる

大洗の船溜まりにボラの大群

ボラは数が多い、魚はこういうふうに大量に河口とかに入ってくることがある。


posted by 老鶯 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

集団就職の金の卵が故郷に帰る (真野川の橋の上で)


集団就職の金の卵が故郷に帰る

(真野川の橋の上で)

真野川の橋でやはり川を見ている人がいた

「水がにごっているね」
「鯉はいるけどな」
「昔こんなじゃなかったな」
「昔というとどのくらい」
「わたしは50年ぶりに帰ってきたんです」
「ええ、とすると集団就職の人」
「そうです」
「じゃ、苦労しましたね」
「本当に故郷は変わってしまいましたよ」
「この辺は特にそうですね」
「なんかのんびりしようとしたけどこの辺はそうもならない」
「それは言えます、あまりにも変わりましたから」

集団就職というとき自分の暮らすで三分の一くらいが集団就職だったかもしれない、ただその時何なのかのみこめなかった。
自分は大学に行って遊んでいたからである。その差が大きかったのである。
集団就職の人は相当に苦労したと思う。

「水がにごっていないときは魚とっていましたね」
「ヤスとかで魚を追ってとっていた」
「あの頃は水がにごっていない、きれいな水だった」
「そうです、きれいな水でないと魚はいない」
「上流がダムになったりして魚をとる人はいなくなった」

その人は団塊世代だから同世代だった、だから同じ経験をしていた。
鰻釣りのことも知っていた。田んぼの畦道で穴に餌をついたミミズをつけた棒を入れて釣るのである。子供のとき父親につれていかれて見ていた
それがかなり待っていないとかからないから嫌だった、何か自分は待つのが嫌な性分だったのである。常に動いていないとだめなのである。
子供だからというのではなく今でもそうだからである。絶えず自転車で動き回っているからである。
鰻とか鮎もその時は大きくうまかった、それを料理するとき手伝わされた、家族みんなで料理した、それが思い出となっている、でもその家族もみんな死んでいなくなった
ただ思い出だけになってしまったのである。
それで今日同じ世代の人と話して思い出がよはがえったのである。

団塊の世代でも今になるとこのように故郷に田舎に帰ってくる人がでてきている
今までそういう人と会わなかったのが不思議であった
自分は同級会には出ていないからでもあるがそういう人と会っても不思議ではなかったのである。
集団就職、金の卵、全学連とか学生運動などは団塊の世代の時代の青春だったとなる
ただ学生運動と集団就職の金の卵の相違は大きかった
自分は学生でも遊んでいただけだからである。一方は油まみれになり狭い宿舎につめこまれて下町の中小企業の工場で働いていたからである。
実はそういう所でアルバイトしていたことがあったから知っている
何か自分が働いたというときアルバイトしかないのである。
自分は別に金に困っていたから働いていたのではないのである。
働く経験をしていただけだとなる

これからはこうして集団就職した人たちも田舎に帰る人が増えてくる、でもこの辺は帰ってものんびりできるところではないのが不幸である。
若い人が流出したりして世話する人がいない、人手不足になっているからだ
そして老人ばかり増えても市町村では負担になるだけだとなる
いくら金があっても働いてくれる人がいなくては金も役に立たないのである。

その人も釣りをしているのでスズキのことを知っていた、海には大きな蟹も上がってきているとかスズキが河口で見たとか知っていたのである。
もともと田舎の出なのだから知っている
そして言葉使いが東京弁とこの辺の相馬弁になっている、でも東京にそうして長くいるとなまりが出ないのである。だからこの人は故郷の人なのかと思った
訛りでお里がしれるというが50年ぶりとかなるともう半世紀であり訛りが出ない
それでもなんか帰って二年間いるからなまりがもどってきたともなる
でもやはりなまりだけはなかなか消えるものではない、東京でそれだけ長く過ごしたことがなまりが出ないということがそれを示していたのである。


ガラスの箱をのぞきヤスで魚とる写真
posted by 老鶯 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 相馬郷土史関連

メカニカルなものとヒューマンなもの (AI社会でもヒューマンなものが残る)


メカニカルなものとヒューマンなもの

(AI社会でもヒューマンなものが残る)


現代はなんでもmechanicalなもの機械化することが多い、人間にとって機械は欠かせないそれで今は本当に人間社会は全自動化を目指して人間は働かなくてもいい社会になる
それが本気であり夢物語でもなくなっている
その時人間は何をするのか?人間はいらなくなるのか?
そもそも人間とは何なのか?そういうことまで問われる時代となる

それを英語でmechanical comnicationとかmechanical workとかmechanical learning
とかmechanical responseとか前にmechanicalをつけるとわかりやすい
その反対がhuman comnication human work とかなるからである。

それを駅で考えると mechanical stationとhuman stationになる
なぜなら無人駅でも自動化しているからそこはall mechanical stationなのである。
人間はいないのである。これからの社会はそうなってゆく
鉄道はローカル線だともうからない、だから極力人間を雇わない、全自動化した方がいいとなる、それで実用的にできる、実際そうなっている駅が多くなっている

ところが今日の鹿島駅で報告したようにそこに人間的なものが必要になる
盲人が一人定期的に通っている、その人が乗るとき危険なのである。
それで導いてやる必要がある、それは機械にはできない、そのことで盲人団体が無人駅化に反対しているというのもわかる

駅で感じたことは人間は無人化してゆく、機械化してゆく、駅でもスマホを見ている人が多い、すると回りも機械化しているしそこにいる人間もスマホだけと会話しているとかなる、もう人間はいらないとなる
でもそうなるとどうなるのか?人間的なものがない駅は何かが欠けているとなる

それで中学生が近くにお菓子屋があったとき腹が減って食べたいということを言った
それは貧乏ではない、たまたま金をもっていなかったのである。
それで買えなかった、それで自分が買って食べさせてやった、それがヒューマンなことだったのである。
自動化して機械化したらそういうことはなくなる、ただ機械化して自動化した駅を機械的に通りすぎるだけになる
そこにその駅の印象は消失するのである。
人と人は会話も情もかわさなくなる、人間なんていらなくなる、そしてロボットが観光案内でもするようになる、それも必要だがやはりヒューマンなものがなくなるということはありえないのである。

ただこれは駅だけの話ではない、どこでもこういうことが起きてくる病院でも学校でも店屋でも日常的に起きてくる問題である。メカニカルなもの自動化するとヒューマンなものは何かとかえって問われるのである。
そしてそのヒューマンなものの価値が上がってくる
医者でもAI化して診断するときでも医者の価値はヒューマンな対応が問われる
それが何かというとき医者はもう病気に対して処方するより人間的な対応がより求められるから悪いとはならないしそういう適正がないとすると医者失格にもなる

そういうことはどこの職場でも起きてくる、今だってすでにメカニカルなものの中で働いている、それが高度な仕事と思われるものも機械化するからだ
すでに翻訳は機械翻訳を参考にして翻訳者は訂正しているのが仕事になっているのだ。
いくら機械化してもそこにまだ人間がかかわる余地が残るからだ。

でもそもそも人間的なものヒューマンなものは何かというとき明確ではない
例えば情報というとき情に報えるというとき情報はただ機械を通じて伝えられるものではない、情報はまさに人間の情を通じて与えられるものである。
ただ道を教えてもそうである。だからこそありがとうと言うのである。
機械にスマホになればそれもなくなる、人間はいらない、土地の人でも教えてもらう必要がない、そこにはもう人間の情は通わないとなる
そういう世界とは何なのか?殺伐とした世界となってしまうだろう。

別にAI化の前に機械化するということは何か人間的なものを奪われるのである。
車社会になると歩くということがなくなる、それで街はシャッター通りになった
歩くということが人間的に見えるというのもあまりにも機械化したからメカニカル化したからそう見えるようになったのである。歩くことはもっともヒューマンなこと人間的なことだからである。
歩いて旅した時代なら世は道連れとかなりそこに人間的な交流が生まれるが車では生まれないのである。ただ通りすぎてゆくだけだとなる

そもそも全自動化店でロボットがそこにいるだけの店に人は行くとしてもそれだけでは満足しない、それでかえって人間的な対応してくれるサービスをしてくれる店を求めるようになる、だからこれからの商売は自動化する機械化する店と人間的対応する店とに分かれる、いくら機械化しても人間的なものヒューマンなものを求めるからである。
かえってそういう店が繁盛するということにもなる
自動化した店は店として利用してもまた人間的な店も残るのである。
それはどういうものかわからないけどそういう商売はなくならないのである。
かえって機械化するとそういうものが歩くことが人間回復になるように求められるからである。

飲み食いするにしても人間はただ腹を満たすだけではない、そこで会話したりすることが人間的になる、だから何か一人暮らしだとそういう場を求めるようになる
ただ飲み食いするだけではものたりないのである。
そこに人間的なサービスがあればいいとなるのだ
これからの世の中は機械化するけどスシだって実際に回転寿司となるとそうなっている
でも何かそういうものでは腹を満たすだけで満たされないということもある
そこに人間的なものを求めるのが人間たる所以なのである。

家庭でもすでに家事は機械化している、一人暮らしても家事は困らないのである。
オカズは買えばいいし料理はめんどうでもそれも機械化してゆく
その時妻の役割は何になるのか?お手伝いさんとか今はいらないのである。
だから一体なぜ皿二三枚洗うのにも雇う必要もないのである。
それでも人間的なものが必要になる、より人間的なものの価値があがる
一人暮らしだと淋しいからやはり女性がいると安らぎがあるとかなる
いるだけでもいいとかもなっているのが一人暮らしなのである。
ロボットと対話しても人間の代わりにはならないからだ
そこで求められるのは家事をすることではなくなっているのだ。

ともかくこれからの経済は社会は機械化であれ自動化であれAI化であれさらにすすむ
でもその反面人間的なものがかえって強く求められるのである。
するとその人間的なものは何か問われる、人間的なものの価値がかえってあがる
すると機械的なものと人間的なものとの区別をして対応する必要出てくる
そこに価値観が変わるからだ、それにどう対応するか教育ですら変わらざるをえない、
それは悪い方ばかりになるとはならない、なぜなら人間的なものがかえって価値あることは悪い社会ではないからだ。
そういう人間的なものが一番欠けた社会で殺伐としたとなった社会だからである。



posted by 老鶯 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部

2017年06月13日

鹿島駅のトタン屋根がいたんで直す (鹿島駅の駅舎もレールが使われていた)


鹿島駅のトタン屋根がいたんで直す


(鹿島駅の駅舎もレールが使われていた)

totannnn11.JPG
網は安全のため

tottann222.JPG

ここのトタン屋根も直すーレールの梁
totttannn777.JPG

レールの柱-ここは気づきにく

tottannn999.JPG
ここのトタン屋根も直す

tottannnn888.JPG

明治29年に製造とある


レールの製造は国産化が難しく、しばらく輸入の時代が続いたが、1900年(明治33年)に官営の八幡製鉄所が設立され、翌年11月からレールの生産が開始された」

多摩川(六郷川)の六郷川橋梁も、当初はイギリスから鉄と石材を輸入して架けることにしていたが、予算削減のため木橋に変更された


東京の駅もレールを使っている

お茶の水駅(レールがふんだんに使われている!)
or-jreast-chuo-ochanomizu01-01.html


トタン屋根がいたんで直す作業がはじまった。その範囲も広い、鹿島駅の駅舎は明治29年に建てられたから古い、今日良く見たら駅舎は鉄道のレールを使って作られていた。
それは原町駅がそうだったがここもレールを使っていた
これは東京の駅でもレールを使っている、お茶の水駅はレールの駅だった

「お茶の水」の語源は「お茶に使われる水」。現在お茶の水と呼ばれている場所には、高林寺というお寺があったんだ。そこにはきれいな水がわいていて、それを当時の将軍徳川家康に献上したところ、家康がとても気に入り、その水をお茶をたてるときに使うようになったんだって。

お茶の水というのにもこういう謂れがあった、インターネットでは調べやすいから知識が増える

「こちとら江戸っ子でぇ、水道の水で産湯を使ったお兄いさんよ♪」
という啖呵はこの水道の水だったんだそうな。

水道がすでに通じていたのが江戸だった、ローマ帝国の水道が石ではりぷくらされていたように水道は文明の基本にあるとすると江戸は文明都市だったともなる

何でも昔を偲ぶことは歴史を知ることである。それはささいなことからはじまる、むずかしいことだけが歴史ではない、身近なものにも常に歴史がありそれを発見する作業が必要になる。東京は歴史がわかりにくがこういう所に歴史があり興味が湧いた
別にお茶の水駅とかには何回も学生時代おりたがこんなことに興味をもたなかった

鉄道マニアなどコミ障の人が多いとか批判される、ただ人間はつくづく身近なものを見ていない、灯台下暗しなのである。だからこの鹿島駅でもここにも鉄道のレールを使われていたのかとはじめてわかった。他から来た人も必ずしも見ていないだろう。
何かわかりにくいからだ。

そもそもなぜレールの柱を使ったのか?明治30年にはまだ日本で鉄のレールが作ることができなかったのである。輸入品だったのである。それは主にイギリスから輸入したとなるイギリスで鉄道が作られたからである。だからイギリスの鉄道は明治以前からあり古いのである。
このレールの柱から感じたことは日本はその時貧乏であり鉄のレールが作れていないということだった、だから貴重だから柱にも使ったのである。鉄の柱も作れない時代だった。そこに歴史があったのだ。
人間は今だけに生きるのが多い、しかその今が実は歴史の積み重ねがあり今があることを忘れている、ただこうして鉄のレールが柱などに作られていることで昔をしのぶことができるのだ。

いづれにしろ鉄道はその保守管理に駅でも駅舎がありホームがあり高架の通路があり待合室がありとか金がかかるのである。
鉄道はレールだけのものではない、駅舎もホームでも鉄道の一部なのである。
だから絶えず人が来て保守管理が必要になるのだ。それで鉄道が維持できなくなるというときそうしたことに金が人手がいるからそうなる
阿武隈急行が維持できなくなるというのもわかるのである。
鉄道のインフラの維持は金がかかりすぎる、その割には乗る人が車の時代になり少なくなりすぎたのである。

橋にしても鉄か石で作ろうとしてもできなかった。木の橋にしたのは安上がりだからだった、そういう時代があったということも歴史をふりかえる意味がある。

concentration power(集中力)


concentration power(集中力)

wavessss123456.jpg


colourwavesss111222.jpg

colourwavesss222.jpg

spacecenterr1.jpg
enlarge
earthcenter1111.jpg

center of earth

抽象画の特徴は一つの原画から波及していくつかの抽象画が必ずできる
それが具象画との大きな相違である。
だから大量に抽象画が生まれるのである。
そこが面白いということにもなる
他ではなかなかこんなに大量に作れないのが普通だからである。

That of which the characteristic spills over from one original picture, and can do some abstract pictures by all means abstract picture is the big difference with the representational painting.
Therefore an abstract picture is born in large quantities.
This is because what I cannot readily make so in large quantities is common in the others that there becomes interesting.

by machine translation

2017年06月12日

田んぼが回復しないと復興を感じないのはなぜか? (田んぼと蛙は生態系で一体化したもの)


田んぼが回復しないと復興を感じないのはなぜか?

(田んぼと蛙は生態系で一体化したもの)


農家としては花を買って来て植える方をオススメいたします。『地力』とは地力が高いか低いかで野菜や果物の実の美味しさや大きさが決まります

田んぼは約2年作らなければ、床!、トラクターが剝くところより深く入りますのでトラクターは煮え込んでしまいます。
上部から50cm位で床、即ち足が入らない所を床と言います。
これが崩れると大変なことになります。
正規に作った稲でも毎年、下草、雑草を田んぼに入れればこれが肥になります。
休耕田は最低の田んぼですから、誰も作ろうとはしませんし、草の管理が1年大変なのです。

1年放置しただけで樹が生えてきますし
草も当然生えますので
休耕田の管理は面倒なものがあります。


休耕田は最低の田んぼですから、誰も作ろうとはしませんし、草の管理が1年大変なのです。

こういうことだったのか、田んぼの方が回復がむずかしかった、だから畑は原発事故以後もすぐに作る人はいた、田んぼはそうはいかなかった
飯館村は田んぼがほとんど回復していない、無惨に表土がはがされている
田んぼも肥料が必要であり肥料がなければ米でも育たない
それで右田の部落が橲原(じさばら)に肥料となる草刈り場の山を10町とかもっていたのである。そこに今住宅を建てて右田の人が移転しているという。

農家で苦労しているのが肥料なのである。それで角田の方に言って鶏糞を買って畑をしている人がいる、それは趣味の畑である、畑は趣味でもかえって金と労力もかかるのである
田舎では田んぼがない、田舎が考えられないのである。それはもう自然景観と同じとなり心も一体化している、田んぼは田舎では単なる米がとれるということではないのだ
オーストリアとかアメリカでも米は作られている、北海道でも作られている
でも日本の本州の田んぼはもう米をとるというだけではない、一つの心の原風景となっているのだ。だから田んぼがない田舎は田舎なのかとまでなる

それを一番感じたのは田んぼがこの辺で回復して蛙の鳴き声が盛んにひびいたときだった田んぼと蛙は一体化していたのだ、そこに蛙を餌としてとるために鷺がやってきていたのである。ただまだ鷺は今年はあまりみかけない、これから飛んでくるのか、前は鷺の巣が川の藪にあったりした、だから田んぼは自然景観と一体化した原風景なのである。

それで南相馬市は田んぼが作れなかったが相馬市に行くと田んぼがあり松の木がありそれが日本の原風景だと感じた、南相馬市では田んぼは荒地となり草原化したからである。
その草原化した風景は北海道の風景だったのである。
その草原に雲雀が鳴いたとき草雲雀というように雲雀は田んぼより草原にあっていたのかと実感したのである。これも不思議な経験だった。

いづれにしろ田んぼが復興しないと復興がないと感じるのはそのためである。

ケロケロケロ、田んぼがもどった、ケロケロケロ
俺たちはここに住む、俺たちの生きる場がもどった
ケロケロケロ、うれしいな、仲間ももどってきた
みんなで思い切り合唱だ
夜空には星が一杯輝きここが俺たちの生きる場だ

なんかこんなふうに蛙の鳴き声が盛んにひびいていた、そのひびく音が静寂の夜の田舎にひびわたったのである。
田んぼはそうして生態系と一つになった自然景観を形成していたから違っていたのである人間の生活の復興も蛙とか動物とともにもあったのである。
生態系というとき人間も動物でも生物でもその中に生きているからである。
だら蛙でも生きられないとなると生態系自体が破壊機能しなくなっていたのである。
原発事故はそうした生態系を汚染したからもうその土地に生きられないと帰れなくなり脱出したともなる、それが原発事故の罪深さだったのである。

まだ除染してもその効果は無駄だったとかなり4兆円の除染費用も浪費されたとかいわれる、土と水とか森の木とか汚染されることは生態系にとって致命的になる、動物も生きられないし人間も生きられなくなるのである。
浄化するためにはもう30年とかプルトニウムが消えるのは二万年とかなってしまうのが原発事故の過酷さだったのである。
原発事故は一回こんな大事故が起きたら住めなくなるということである。
それをこの辺では実際にそれを証明したとなる

posted by 老鶯 at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

駅で柏餅を中学生におごる (与えるにはタイミングが大事)


駅で柏餅を中学生におごる

(与えるにはタイミングが大事)


今日はなぜか受験のために仙台の中学生が来ていた、三年生の二人だった。
途中鹿島駅によったらしい、そこで一時間仙台ゆきが待つことになったのである。
何か一時間くらいローカル線だと待つことがある
その待つ時間が人間的なものを産み出す契機となる

その女子中学生は前にお菓子屋があったが腹減っていたが金がなくて買えなかった
金をたまたまもってきていなかったみたいなのだ
だから駅前の菓子屋を見て食べたいと言っていたのを聞いた

それで自分は柏餅を買ってきて食べさせてやった、一個百円だった
それはもらった人は意外だったろう
自分も今までそんなことをあまりしていない
何か自分がもらう方であり与えることがなかった
常に与えられ方だったのである
自分はだからもらったり与えたりするのが苦手なのである。

子供をもてば与えることは義務になるしそれは喜びである。
そういう経験もないというとき自分は与えられの常だったのである。
でも親の介護になったときはじめて与える側に立ったのである。

人間は与えるのももらうのも与えられることもむずかしいのである。
与えられる時は遠慮なくもらうべきである。
その人はその時与えたいし余裕があるからだ
金銭的余裕がある人は与えたくなるのである。
自分は遺産を受け継ぐまでそうした金銭的余裕がまるでなかった
だから常に与えられる側にあったのである。

与えられる、もらうことの上手な人はいる、でもそれが全く遂に遠慮もなくただ与えられることが当たり前となりそれより子供のように何でももらえるとねだるようになる
借金でもいくらでも要求してくるから与えるのも実際は金とかなるとむずかしくなる
金のやりとりほどめんどうなことはないからそこで金の切れ目縁の切れ目になるのがあまりにも多すぎるのである。

つくづく人間は与えるにしてももらうにしても何かめんどうなのである。
与えるにしても相手が嫌がることだってあるし別に金があるから買うからいいともなる
なぜ今回は与えられたのか?それは相手が中学生であり昼間ちょうど金がなく腹をすかしていたからである。そういうタイミングが大事なのである。
人間はつくづくタイミングである、旅とかなると一回しか機会がないことが多いからその時しかタイミングがなかったことに今になると気づいた
でも自分は何かそうした出会いのタイミングを逃したのは失敗だった

人間は変化するものであり状況も常に変わっていると書いた、そのことはタイミングを活かすことがいかに大事かとなる、そのタイミングを逃しているのが多いのである。
与えるにしても与えられにしてもタイミングがあるのだ
それを逃すとどっちもできない、その機会を逃してしまうのである。
人を助けるにしてもタイミングがある、その機会を逃したら後は二度とないのである。
自分が苦しんでいるとき誰も助けてくれなかった
それも自業自得、自分のカルマだったのだけどもしその時助けられていたら恩人となり
終生恩義を感じることになったのである。

意外とそういう機会を逃しているのが人間である。その時来た人は借金とか金がなくて苦しんでいるからできなかった、相手が苦しんでいるときチャンスになったがそれは助けることでなく相手の弱みにつけこむだけだったのである。
相手が困ったとき助けるというとき必ずしも金だけではないだろう
何か金でなくてもできることはある、津浪で苦しんでいたとき泥かきなどをして助けた人は恩義を感じている、恩人だとかなる
恩人になる機会は実際は人生の中でなかなかない、そういうタイミングがあったとしても逃しているのが多い、自分とは関係ないとなりちょとしたことで助けないのである。
そのことは自分が病院に入院するときその人はともかく金が欲しい欲しいしかない金をもらわなければなにもしたくない人だった
だから軽い荷物でももつことを嫌がっていたのである。
そんなことすら人間は他人のためにしないのである。
それも金の余裕とか心の余裕がないからできなかったのである。

もしかしたらこうしたちょっとした親切でも思い出となり鹿島駅のことが記憶されるかもしれない、これはどうでもいいことだが何か小さな駅は人情の駅になることがある
大きな駅はただ通りすぎるだけだからである。
確かなことは今は自分は金銭的にも与える方になっている
その金は無理したものではないからだ、ただ有効にタイミングが良く与えることがむずかしいのである。
だから与えるというとき大きなものでもなくてもささいなものでも効果的な場合がある
それはタイミングが良かった時なのである。
今回はたまたまそういうタイミングがあって与えることができたとなる
自分は与えるにしても与えられるにしても何か苦手である。
社交性がないというか何かうまくない、でも今回はタイミングが良かったからできたとなる、こういう時は与えても恩着せがましくなるとまた相手も嫌になるだろう。
それが中学生とかでありうまくいった、子供なら与えても当然だとなるからだ。

タイミングとは運なのである。株でもタイミング良く買えばもうかる、そのタイミングを逃せばもうけも逃げる、男女の出会いもタイミングである
そのタイミングを逃すとあとは二度とないとかなる、そして一生は短いからタイミングもねんなにない、だからこそタイミングを活かした人が運が強いとなる
運はタイミングなのである。タイミングを活かせないものは運もないのである。
あの人は運が強いというきタイミングを活かした人なのである。
商売でもそうであり何か幸運になるのはタイミングが良かったからだとなる

人間関係も外交関係も何でも日々変化している (人間はその変化に気づかない)


人間関係も外交関係も何でも日々変化している


(人間はその変化に気づかない)


人間というのはも日々変化している、その情況も同じではない、家族でもその情況は常に変化している、なぜなら子供が成長するから変化している、いつまでも同じ状態のものはこの世にはないのである。
人間関係も常に変化するのは情況が変化するからである。
自分はこれまで介護とか自分の病気とかで弱い立場にありその弱いが故にそこにつけこまれてひどいめにあってきた、でもその時は何もできない状態だったのである。
でも介護が終わり自分の健康も回復したとき違ってきた
何か頼る必要がなくなったのである。弱い立場ではないのである。
でもそういう変化に気づかず相手は弱いと思いつけこんでくる
それは相手の変化を見ないから察しないからそうなる
そして今度は反撃されることがあるから注意すべきである

つまりこの情況というのはあらゆる所で変わるのである。日々変わっているしそれが良くわからないのである。
外交関係でも常に変わっている、なぜなら中国との関係でも10年前と今では全く違った情況が生まれている、10年前だと中国があんなに発展していないだろう
すると日本ではまだ中国は貧乏国の後進国だと見てしまうのである。
10年すぎる中国はみるみる変わってしまっている
いつまでも世界は同じ情況になっていない、人間はその変化に対応できないのである。
イギリスもいつのまにか衰退してしまっていた、それでも大英帝国がなおあるように錯覚するのである。
日本とアメリカの関係もいつまでも同じではない、そんなにいつまでも日米同盟がつづくとは限らない、どこかですでにその情況は変わっている
それは中国の関係でも韓国の関係でもロシアの関係でもそうである。

ともかく世界は常に変わっている、この辺は津波と津波や原発事故でまるで変わってしまった、ただその変化に対応できないのである。
避難解除になったからといってすぐに帰れるわけではない、その心境とか情況も常に変わっているからだ、仮設に住んで復興住宅に住むことでも変わっている
そういう変化がこの辺は激しいのである。だからどういうふうに対応していいかわからないとなる

科学技術の面でも常に変わっているからこれについてゆくことも年取ればむずかしくなる老人は時代に技術についていけなくなる、だから老人は金をもっていても弱者化してゆくのである。時代の変化に対応できないからである。
車社会になったとき車をもっていないものは弱者になっている、だから老人でも車を80でも90でも運転しようとする、弱者になりたくないからである。

人間関係でも家族関係でもなんでも常に情況が変わってゆくことがわからない、すると突然離婚になったり何か破綻したりする、それは突然そうなったのではなく情況が変わるからそうなる、離婚でも経済的に苦しいからできないとなっていても何かで経済的に自立できるとかなると離婚になる、情況が変わるからそうなる

あらゆるところで情況が変わり変化してゆく、強いと思ったものが弱くなり見る影もなくなる、老人になるとそうなりやすい、そういう親が老化して弱者になることをまざまざと見たとき信じられないとなるのだ。
あらそるものは変化である。その変化に気づかないから相手が弱かったからいつまでも弱いと思っていると強くなっていることがありそのために今度は逆に攻められてひどいめにあうことにもなる

人間関係もいつも同じではない、それはそれぞれの情況が変わっていることに気づかないのである。それで突然変わったとかなる、それは相手がいつも同じ情況、状態にあると思っているからである。
個々人の単位でもそうだが国の単位でもそうである。今の日本は高度成長時代の日本とは違う、子供の貧困が6人に一人もいるとかなるとなんでこんなに貧乏になったのかとなる
そういう情況があることをなかなかのみこめないのである。
それは過去の繁栄を経験した人は余計にそうなる、なんでこんなに日本は落ちぶれたのかとなり信じられないとなるのである。

人間は情況を変化を見誤ることが致命的なにる、夫婦でも友達関係でも何でも情況が変わるからいつまでもつづくとは限らない、友達も結婚すれば別だとなる、
そして結局人間の関係は金の切れ目が縁の切れ目であり仏の顔も三度までとかなり縁も切れるのである。仏の顔が三度までというとき相手はいつまでもその人が仏のような人とと思いつづけている、でも情況が変わるし同じことは何度も聞かれないのである。
もういいかげんにしてくれるとなり切れるのだ。
人間の関係はまず常住なものがない、切れやすいのである。
それがこの世の人間関係だとつくづく思う、ただ家族は60年つづいたからその歳月故に死んでもつづいていることがある。その絆は死んでも切れないのである。
他の人間関係はつくづく金の切れ目が縁の切れ目とかなりやすいのである。
この世の人間関係の無情がある

だから外交のむずかしいのは相手の国でも常に情況が変わり変化していることを見誤るからである。アメリカでもトランプ大統領になったとき変わったがそれがどのように変わるわからない、アメリカの変化がわからないのである。
そのことから外交でも見誤り失敗するのである。
それほど人間はとりまく情況が常に変化している、それに対応できない、相手を察することもできないから失敗する
仏の顔も三度までというとき金を貸してくれたらまた貸してくれるだろうとなる
それも三度まででありそれ以上はないというということを思わない
それで金が貸してくれないというときその人は愕然として怒りにもなるのである。
なぜ変わったのだとなるがそういう情況を作り出していたことに気づかないのである。


何か巨大な勢力でも権力でもいつまでもつづかない、だからいつまでも今ある権力があると思うと失敗する、たちまちそのような権力も雲霧消散するからである。
まるで幻のように消えてゆくのである。そういう変化を人間の歴史はこれまでつづけてきたのである。津波でも原発事故でもそういう大きな変化でありもう対応できなくなっているのだ。
津波でも原発事故でもそれだけが変化ではとない、過去には二度の戦争があったし過酷な変化がありそのために犠牲になった
そういう変化があるのがこの世でありさけられないとみるべきだったのである。
でも平和がつづくとそれがいつまでもつづくと思ってしまうのである。
平和であることこそがまれなことなのである。
むしろ一生の間にはこうした大きな変化に見舞われることこそが人間社会でありそれは歴史をふりえればわかる
その変化こそが人間の歴史であり繰り返しだったのである。


人間万事塞翁が馬  (じんかんばんじさいおうがうま)

「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」という事です。

原発にしてもこの辺では悪いものではなかった、富をもたらすものだった、それが事故になったら一転して大きな災いとなり苦しむだけだとなった
でも見方によっては他に移っていいと思っている人もいるかもしれない、多額の補償金をもらって良かったと思っている人はいる。
原発事故でもすべてが悪いものとして働くだけかとなるとそうでもない面があるかもしれない。この辺などは前よりスーパーが二軒新しくなったりといい面があったからだ。
もちろん悪い面の方が多いのだが町自体が急激に衰退するということはなかった

ともかく人間は情況が常に変わるからこういうことが起きてくる、何か幸福になるのか不幸になるのかわからないのである。まず幸福の原因が不幸になり不幸の原因が幸福になっていることは普通にあるしみんな経験している
自分が幸福だったことが苦しみのどん底に落された。親が二人死んでただ苦しみしかなくなったのである。30年間の幸福は一瞬にして消失したのである。
それは津波や原発事故でもそうだったのである。
有為転変をまねがれえないのがこの世なのである。人間の歴史自体がそうだったのである

2017年06月11日

無人駅の問題 空家と同じで人がいなと荒れる

無人駅の問題

空家と同じで人がいなと荒れる



阿武隈急行 全 24駅中 16無人駅

無人駅といえども、冬季における除雪対策や列車ダイヤ混乱時の通報・連絡体制、駅構内における事故発生時対策について、有人駅と遜色のない対応が求められる

地域住民から除雪時の雪かきが不十分で通行の安全が確保されていない


無人駅には実際はいろいろな問題がある。人がいないと落書きされたとかある。空家と同じで荒れてくる
小海線の佐久広瀬駅がそうだった、そこが駅なのかという感覚になる
ただ落書きする場ではないかとさえ思った。落書きだけが目立った駅だったのである
鹿島駅はそういう駅ではない、常磐線には桃内-磐城太田-日立木-駒ヶ峰駅などが無人駅である。一人か二人しか乗り降りがない、全く乗る人もない時もある、これらの駅は常磐線でも感覚的に本当に淋しい駅である。なぜここに駅があるんだろうとも思える駅なのである。
鹿島駅は特殊な事情で無人化しただけであり無人駅ではもともとない。

無人駅になった結果、確かに雪かきをしていた。ここは雪が降らないからまだいい、雪かきは雪の降る場所では仕事になる、会津の方だとそうだろう。
それをするのはやはりJRの職員なのである。
この前は燕の巣で駅舎内が汚されたので三回も巣をとりのぞいて掃除したとかあった。
鉄道というのは鉄道自体の整備とか駅舎の掃除とか仕事がある。

だからしょちゅうレールとか建物とか点検に来ているのである。
安全も確保しなければならないからその手間と整備に費用と労力もかかる
鉄道は何かとバスなどより維持費がかかるのである。
レールでも点検をいつもしているのである。
電気類もありそれも点検するから鉄道の維持には手間と金がかかる

鉄道の無人化に盲人団体が反対したというのもわかる、一人通勤している人がいる
その人は電車に乗るとき危険なことがわかった、安全に乗れないのである。
だから盲人団体から反対があったのもわかる。そこで駅員が導いてやれば安全である
自分はそれをしてわかったのである。

JRにしてみれば人員を削減するというとき無人駅にするのもコストの面でそうなる
駅員一人雇ってそれだけの収入が見込めないからである。
鉄道が足の時代は終わっているからだ。だから電車にのっていないなと言う人が多いのである。乗り方さえわからなくなっているし路線図を見てもわからない
自分ならたいがいどういけばいいのかすぐわかるが乗っていない人はわからなくなるのだ要するに車時代になったとき「電車に乗っていない」ということが実感なのである。
それほど鉄道があっても鉄道にうとくなっているのである。

無人駅などは時々鉄道マニアがおりて写真撮ったりするくらいである。
無人駅というだけで実際は相当なコストの無駄になる、一人二人くらい乗り降りするにさくコストが無駄なのである。
乗る人でもそうした無人駅はとばして早く目的地に着きたいとなるだろう。
その方が効率的にもなる、無人駅は本当に山の奥で駅の前に二三軒家がありそんなところに電車が泊まるのも不思議だとなる
小海線の佐久広瀬駅などはそうである。山間深く一日聞こえたのは郭公の声だけだった
そういう駅がかえってマニアには面白いとなるのもわかる
こんなところに駅があるのか?それが不思議になる
そしてそういう駅は記憶に残っているのである。

いつ来るや次の電車は郭公の声のみひびき山間暮れぬ

そういう駅におりるといつ次の電車が来るのか時間がありすぎるとなる
でもその時間がいいのである。田舎の駅は待つ時間がある。
その待つ時間が人間的になる、そこで会話したりしたのが自分だった
普通の駅ではただ通りすぎるだけの場になっているからだ。

小海線 佐久広瀬駅

この駅は新しくした駅である。前はもっと長い駅舎で古くなっていた。

現代はみんな急いでいるから旅情がなくなっている、新幹線には旅情が感じられないのである。旅情が感じられるのは船なら遅いから感じる、スローになると人間的になり旅情を感じる、バイクとか車は早いから旅情を感じない、ただキレルという感覚なのである。
別れを惜しむというより人間と人間の関係がキレルのである。
そこに情が働く時間とゆとりがないのである。
現代でキレルというとき老人がキレルとか話題になったけどみんなキレルようになっているのが現代なのである。

いづれにしろ何か自分は鉄道には愛着があるのだ。今日の鹿島駅は横浜から来たとか10人くらい乗って仙台方面に去った、日曜日は乗る人がいつも多いのである。
阿武隈急行の存続が危ぶまれるのもわかる
あそこの車窓の風景で心に残ったのが枯野だった、枯芒だった

車窓見ゆ枯野の記憶消える線

阿武隈急行は常磐線より維持するのが厳しいだろう。阿武隈急行 全 24駅中 16無人駅
であり半分以上無人駅だからである。
途中に大きな都市がない、この辺では原町とか相馬市とか都市であるが阿武隈急行にはない、町しかないからだ。
ただ旅するだけなら情緒ある線だともなる
どういうわけか記憶として枯野の記憶なのである。鉄道はバスよりコストがかかりすぎるのだ。無人駅にしてもやはり問題があるし駅が死んでいるという感覚にもなる
だから何らかの車とコラボするとかで駅自体を活性化する必要があるのだろう。

今になると旅は思い出としてある、するとどこが記憶に残っているかが問題になる
きまぐれに降り立った淋しい駅が記憶に残ったりする、大きな駅は記憶に残りにくいのである。
要するに記憶に残らなかった駅は存在しなかったともなる、駅だけではない最後は記憶が薄れて消えてゆくのである。道でも何か明確にたどれないのである。
まず車とかなると道をたどることはほとんどできないだろう。ただ通りすぎただけとなるのだ。それは旅にすれば実りあるものとなっていなかったのである。


2017年06月10日

浪江の室原の人からこの辺の歴史をたどる (真野川にスズキが上ってきていた)


浪江の室原の人からこの辺の歴史をたどる


(真野川にスズキが上ってきていた)

muroharaaa111.JPG


murohra111.JPG


muroharaaaa3.JPG
クリック拡大


真野川の橋の上でしきりにススギがいる、光るのがスズキだという浪江の室原の人がいた鯉はいるけどススギが上ってきているとは思わなかった。

チヌやスズキは環境への適応性がかなり高い魚なので、海水域から汽水域、場合によってはほとんど淡水といったレベルのところでも生きていけます。
途中に堰などがなければ餌を求めて数Km上流まで上ることもあるようです。

スズキはこういう性質をもっているから確かにその人はスズキを見たのである。
釣りもしていたから直感的にわかったのかもしれない、なかなか常に見ていないとわからないからである。
この人は浪江の室原の人でありそこはかなり放射線量が高い、豚を飼っていたという、その豚を伊藤忠商事が買い上げていてこの辺でも売られていたという、豚としては高級なものだった

その人に親しみを覚えたのは室原というとき小出谷に通じている 、そこが父の出身地なのである。ずいぶん近いなと地図を見て思った。境遇も両親か死んだとか母親は避難中に死んだとかにていたこともあった。
ただ勘違いしていたのは室原は確かに近いとしても大柿ダムから山をおりた平地にありそこから浪江の街まで近いとなる、そこで豚を飼っていたのである。
だから小出谷となるとやはり相当に奥であり離れている
その時そこの親戚がダムができるといいなとしきりに言っていたのである。
なぜなら金がもらえるからである。山の暮らしは貧乏であり山を出たいと思っていたからである。それは戦後まもないころである。
1989年頃完成した、30年くらい過ぎている、このダムの水は小高でも田んぼなどでも利用している

室原というところには行っていない、小出谷には平地がない、前は谷であり川が流れている、その川は大柿ダムに流れている
あそこがまず平地がないということは田畑もまともに作れないということである。
だから林業などで生活していたとなる。電気が通じたのも戦後二十年くらいかもしれない電気がその時まで通じていなかった?とすると明かりはなんなのだったとなる
ネパールの山の暮らしでもそこには電気が通じていないから夜は真っ暗になる
そうした昔の生活がネバールには残っているからそこから昔を偲ぶということができる
何かにた暮らしがそこにあったからだ。ただ一回しか行かないので良くわからない
外国はわかりにくいし良く観察できないのである。

バスは三春の方まで通っていたのである。バスが盛況な時代があったのだ
その頃森林鉄道もいたるところにありそのことを姉は語っていた
浪江のの高瀬川沿いを葛尾村の落合まで通じていた、それも距離が長いから凄いと思った森林鉄道というとき木材の供給地として山でも暮らせたとなる
それで山持ちで大倉の女性が俺は相馬の女学校(じょがっこう)に行っていたんだよ、親戚が鹿島にいてそこから通ったんだよと言っていた
当時の女学校というとき本当に相当な金持ちしか行けない所だったのである。
あとは自分の母親が尋常小学校のようにそんなものだった
当時の女学校というのは特別な金持ちが行くエリートだったのである。
山持ちが金持ちになっていた時代があったからそうなった
だから優秀だった姉が女学校に行きたかったというのはそのためである。
ただ大倉の女性は年をとっていてそういうエリートだったと面影はまるでない、田舎のばあさんになっていた。

小出谷の親戚はそれから浪江の街におりてきて暮らすようになった、息子は原発で働くようになった、家も建てた、それは一つのこの辺の歴史である。
何か原発とかかわっている人が実際に多いのである。浪江だとすぐ近くだから余計にそうなる、将来的にも浪江が廃炉作業の宿泊所としてコンパクトシティとして生き残るというときもそうである。
山の貧しい暮らしから脱出しようとして原発があった、それは確かに豊かな生活をもたらしたのである。自分の父親は双葉の新山の酒屋に丁稚奉公したのもそのためである。
山の貧しい暮らしは戦後街の方が豊かになったとき比較したときその差が大きくなったから山を出るという人が多くなったのだろう。
それが今になるといいものとしてだけ働かなかったのである。

いづれにしろ室原というとき帰るのはむずかしいのだろう。なんか拠点をもうけて集まり復興しようとしているらしい、それはまだ浪江の街に近い感じだからそうなっていた。
地図で見た限りはそう見えるのである。
その人はなにもすることがなく淋しい感じである。
ただ浪江はここから近くなっているから帰れるという気分になることは確かである。
時々土地がある人は見に行っているからである。

スズキが川通じて上ってくるというときこの辺は山でも海との関係がある
中通りとかなると海との関係を感じないだろう。会津でもそうである。
それでお浜下りとして飯館村の佐須村の山津見神社から祭りの時来るのを見ている
今は車で神輿をのせて来ていた、そして松川浦に山津見という地名があるから社があって祀られていたからであろう
もちろん綿津見神社というとき海の神でも山にもあるから海と山の関係はもともと日本では深かった、海彦山彦の国だからである。
だからスズキというのが川に上ってきたというときスズキは結構大きいからそういことは知らなかったのである。これはかなり川上まで上ってゆくという、何か餌になるものがあるためである。その時そこに翡翠が姿を現したがすぐに隠れた、なかなか動くものは写真にとりにくい、翡翠は別に時々みかけるのである。

ともかく浪江辺りになると親戚関係になっている人も多い、双葉とか大熊は相馬藩内でも遠い感じになる、浪江は野馬追いにも出るから相馬藩内である。
南相馬市だけでも2000人くらい復興住宅とか家を建てたとか移住しているようだ
だから今は浪江の人が目立つのである。
posted by 老鶯 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治維新-明治以降

2017年06月09日

若い人は自分が何に向いているか知るべき (体力がすべての基礎であるのは変わりない)


若い人は自分が何に向いているか知るべき

(体力がすべての基礎であるのは変わりない)

勉強で上位の大学入るより 
スポーツやその他の手に職系でプロになって飯食う方がよっぽど難しい 
勉強よりスポーツ等の方が下という価値観は子供にとって間違いなくマイナス 
彼らは勉強して学歴はありますよっていう一般人よりは才能も努力の有無も何もかも上の存在なんだよ 
自分に能力がないって奴こそ勉強しないと駄目 
スポーツとかは逃げ道に全くならないし、むしろ勉強する事よりも厳しい道だと教えないといけない

人間は自分のことがわからない、自分がどんな人間なのかわからない、それがわかるのは老人になって死ぬ時やっとわかるとかなる
そこが人間の弱点である。人間は若い内はなんでもできるような錯覚になる

自分が何に向かって努力していいいのかわからない

それが致命的なのかもしれない、中学生で花に興味があり農業関係の高校に入るという中学生は目的意識があるからそれに向かって努力することができる
しかしそういう明確な目的意識がもてないで高校でも大学でも入る
ただ上から受験戦争で勝ち抜きいい大学に入れば大企業に入れるとかで勉強が強いられる何に向かって努力していいかわからないから学問も職業でも身につかないとなる
それはまた自分自身がどんな人間だかわからないからそうなる

勉強よりスポーツ等の方が下という価値観は子供にとって間違いなくマイナス 
彼らは勉強して学歴はありますよっていう一般人よりは才能も努力の有無も何もかも上の存在なんだよ 

まず人間は体力なんだよ、何をするにも体力が先にある、先天的に体力の差が大きい、
スポーツができる人はやはり生まれつき体力に恵まれている、その差が知力などより大きい、知力がある程度は努力すれば平均的なものは身につく、でも体力は身につかないのである。
だからスポーツできる体力ある人は学校でも最初から恵まれているのだ。
体力ある人はすでに意志と根性が備わっているからだ
第一人間の歴史でなぜ軍人が兵隊が高い地位についたのか?
ローマ帝国でもそうだがコロッセウムなどでも強い人間が選ばれた人間となったのか?
それは体力が戦争するには一番必要だからである。
日本だって侍は体力があるものがなるのでありそれは最初の支配階級になった
官僚は知力の人だが武士は体力がある人がなっていたのである。
武芸に秀でたものが重んじられていたのである。

自分に能力がないって奴こそ勉強しないと駄目 

本当にそうである、インターネットではいろいろな経験談を聞けるし似たようなことを言う人がいるので参考になる
自分は体力がないと自分を知ることが大事だった
そこが出発点としてではどうするのか?知力をつけることだ、そうしないと社会では自分は生きていけないと自覚することだった

体力というとき職人でも建築関係でも体力がないと勤まらないのだ。
大工なんかもそうである。自分が知った大工さんは体が自分などと全然違っていた
ちょうど柔道何段かの体である。太っていないが体の強さが違うのである。
だからうらやましいと思った。農業だってそうである。趣味的農業だって体力がいるのである。女性は耕すことを男に頼んでいるのである。つまり基本的に肉体労働は体力が基礎としてないとできない、もちろん機械化しているから力仕事はなくなるということもある
でも人間はやはり体力がないと人生を生き抜けないだろ。
なぜ男女差別が生まれたのか?男が体力的に勝っていたからである。
まず戦争できるのは男であり女はできない、世界史的にも戦争の繰り返しでありその戦争に勝ち残らなければ民族も滅びる、それに打ち勝つには基本的に体力が必要になる
女はそれができないから男が戦争で勝つことにより女は守られてきたのである。

人間は文明が発達すると体力ではない、機械の時代になると知力が優位になる
肉体労働は低いものとして見られる、それも確かだがやはり人間は体力があって何かをできる、遊ぶにしてもそうなのである。
登山とか自転車旅行とかでもそうである。これも体力ないとできないのだ
世界旅行でもそうである、これもバックパッカーになるときつくなる
自分は登山は途中であきらめた,負担が大きすぎるのである。自転車旅行は休み休み行けるからやれた、それでもやっとしてきたのである。

自分の姉は体力があった、全然違ったタイプだった、だからこそシンガポールで四年間従軍看護婦として勤めることができたのである。
それから家で店をやっていたとき古い自転車で農家から野菜を積んだ来たのだけどそれがかなり重いのである。でもそれを持ち上げ運ぶことができたのである。
昔になればやはり女性でも体力ないと生活できないのである。
農家などは特にそうであり美人より体力がないと仕事ができないから困るのである。
それで美人は遊女にされて美人でなく体力が女性は紙漉きにされたという、紙漉きは過酷な労働だったからである。
常に人間が生きる基礎になっているのが体力なのである。


知力には向いている人と向いていない人がいるとかある
でもむしろ体力がありスポーツに向いている人はまれだということもある
スポーツに秀でることこそまれだともなる
そうなると知力でもって生きることになるから勉強しなければならないとなる
知力はある程度は努力して積み重ねればつくことがある。
自分はその成果を今出している、それは天才でもない能力がなくても積み重ねたものがあるからだ。旅などでもこれも積み重ねなのである。だって本当の旅をするには時間がかかるからだ。するとそれだけの時間が必要になるからだ。
一気に全国を旅はできない、そうして旅をして知見を広めることができるのである。

とにかく人間は何かを蓄積している、雑学でもそうである。経験でもそうである。
一人の一生を見れば必ず何かを蓄積している、だから知見とか洞察力とかなると老人が優れいているのだ、若い人は体力があっても知力はつかないのである。
自分も若いとき本を読んでも理解できなかったのである。今になればすぐに理解できるのでてある。そして独自の見解を述べることができる
それは積み重ねたものが蓄積したものがあるからできるのである。

結局今度は老人になっても体力勝負になる、老人の体力は若いときの激しいスボーツをする体力ではない、健康を維持する体力なのである。
もう60代で病気になり脱落する人もある、その人は激しいスポーツをできた人でもそうである。必ず病気になり体力あった人もたちたち死んだり病気になり何もできなくなる
自分は何か姿勢でもいいし若く見られるのも不思議だとなる
20代で老成化して60歳くらいに見えていたからである。だから20代と今の姿が変わらないのである。

自分がなぜ体力がないのにそうなったのか?
それは環境に恵まれた結果なのだ、勤めていないし疲れたときは寝ていたし無理をしなかったからだ、会社に勤めていれば無理しても働くから鬱病にもなるのである。
人間は環境因子が遺伝とかよりその人を左右することは確かである。
才能ある人も環境恵まれなかったら貧乏でピアノもないとかパソコンもないとかなると才能が伸ばせるはずがないののである。
一方たいして才能がなくても自分のようなものでもそれなりのものが身につくことがある環境というとき時代もある、戦争の時代になったらもう才能もなにもない、ただ兵隊の駒として過酷な戦地で戦わされたからである。人間は必ず時代の影響を受けるのである。
これはどうにもならない、みんなその時代時代必死で生きる他ないのである。

いづれにしろもう老人は結果がでたのである。もう人生をやり直すことができないことを知り愕然としているのだ。時間は返ってこない、いろいろ嘆いてもそうである。
時間だけは後戻りできない、例え10億円もらっても若い時には帰れないのである
貧乏でも何か積み重ねて蓄積されることはある、でも老人はもう10億円あろうができないのである。経験だってできないのである
自分も50代に海外旅行していなければ今になるとできない、退職してから自由になりできると思ってもできなくなる、何か60代以降病気になったり介護になったりできなくなることが多いのである。確かに60代のパックパッカーもいたけど何かそぐわないのである。
バックパッカーは40代までが限度でありやはり若いときにするべきものなのである。
若いときしかできないことが多い、登山などもきついからそうである。
そして若いとき求道しないものは信仰にはいたらない、老人から宗教を求めるのは遅いのである。それはただの慰めにしかならない、若いときできることをしないともう遂に何もできない、後悔だけが残り終わるのである。

いづれにしろ今の時代は一流大学とか入っても意味がない、文系だったら東大さえ変わらない、それより何か目的意識をもって勉強すれば身につく
それはいろいろな勉強方法が生まれたからインターネットなどや豊富な映像でも学べるからである。大学の価値はもうないような気がする、文系の場合は独学力をつけることである。そういう環境がすでに調っているからである。大学という名にこだわる時代は終わったのである。知力の面からすると大学は文系の場合は無駄だとなる
ただ大学には何か別なものが友達を作るとか遊びで人間の幅を作るとかスポーツで体を鍛えるとか知力だけでないものを培う場所としてもある。
だから教育は変わってゆく、大学の名は一流もなにもない、文系なら特にそうである。
むしろ一流の料理人でも目指した方が得策となるのが現代である
時代が変わると価値観もがらりと変わるからだ、ただ体力だけはやはりどんな時代でも基礎として一番必要なものなのである。






抽象画(夏の海へ) abstract pictures (to the sea in summer)


抽象画(夏の海へ)

abstract pictures (to the sea in summer)

summmertree23.jpg

vvvvvttttt111111.jpg
 To the venice by train
fishflowers12.jpg

wavemmmmm1111.jpg

waveswwww111222444.jpg


具象画の場合は私は切り貼り絵になる、私は全く絵は描けないからだ。
抽象画と具象画が一体にもなる、具象画を抽象画にすることもある
その素材はインターネットにいくらでもあるからできる
だから抽象画もインターネットがあって生まれてきたのである。


 I cut it  and stick it、 when I make a representational paintingt, because I cannot drow picture at all.
a representational painting is united with an abstract picture an abstract picture is how much in the Internet, it is that therefore the Internet is to the abstract picture, and have been laid that it is possible