2017年07月05日

夏の雲(駅の風景写真)


夏の雲(駅の風景写真)

summercccc2222333.JPG

summercccc11.JPG

一人待つ駅舎にあれや夏の雲

高校生夕べあまたや夏の雲


今日は結構乗り降りがあったが何か語るべきものはない、夏の雲が夕方に湧いていた、
駅というのは駅にただより見に来る人がいる、車でくる
野馬追いの写真を見ている人があった。何か様子をさぐりにくる人がいる
駅は広場的機能がある、ここでは道の駅がないから街の中心として外からの人もよる
一番利用しているのはトイレである、ここのトイレはきれいである。
JRが障害者施設の人に委託して掃除させているからだ
新しいこともある。これも実際は市でも関与せねばならないものである。

だからJRだけに金を払わさせるというのは良くない
鉄道は駅と一体としてある、その駅は街と一体としてあった
だから駅前通りになっていたのである。
それが車社会になったとき街と分離してしまったのである。

今日は夜に9時ころ10人くらん原町に行く人がいて乗った、めずらしいと思った。
何かここで会合なのかわからない若い人が集まったらしい。
夏だから人が夜も乗り降りすると活気がある
夏の月が輝いていた

三日くらい熱中症になり駅によらなかった、駅も日立木のような駅だったら淋しい
一人くらいしか乗り降りしない、それこそ無人駅なのである。
やはりある程度人が乗り降りして交わると活気がでてくるのである。
鹿島駅はそれなりに乗り降りがある、仙台に行く人がかならずいる
一番多いのはどこでもそうだが高校生である。
小高には高校生が300人とか中学生なども加えると500人とかいるといっていたから
駅もにぎわっているだろう。それだけが活気があるとなる
鹿島駅より高校生を見れば活気があるだろう。
その他は乗り降りする人はまれだから淋しいとなる

夏の雲がでていたけど写真では実際見た感じがでていない、何か平凡である。
そういう時がある。写真も万能ではない、ただもし入道雲のようにもくもくと湧く雲だったら目立つ、そういう写真をとることはむずかしい。
その時々の様子をリアルタイムで報告するのがプログの醍醐味である。
ただたいして報告することもなくなっている



タグ:夏の雲

残れさるべき神秘の領域(サンクチュアリー) (飯館村への道の詩)


残されるべき神秘の領域(サンクチュアリー)


(飯館村への道の詩)


神秘の領域

深い森の中に
揚羽が一羽
美しい羽を広げる
そを見る者は誰か
そのたまゆらの美
揚羽は森深く舞いさる
深くつつまれた森に
宝石のように
秘められて
たまゆら現れて消える
その森へ行く道は
草むして
あると思えば消える
人間の入るのをこばむように
そういう神秘の領域
サンクチャアリーとして
心に平安を与える


人間の思想形成は自然と離れてありえないだろう。政治とか経済の話ばかりになるのも耐えられないだろう。そういう世界の中でオワシスとなるべき所が必要である。
都会になるとそれがなくなる、ただ都会にも規模があるから10万くらいまでは郊外があり自然もある、相馬地方だと相馬市と原町と鹿島とか小高とか浪江とかでは感覚的に違っていた、飯館村となると森におおわれた神秘の領域になっていた、そこから発想されるものは自然と深く結びついていたのである。今も別にその自然が消失したというのではない
森は残っているからだ。

飯館村というとき飯館村に入る所も森がつづいている、南相馬市でも浪江でも相馬市でもそうである。この辺は高い山はないが森がつづいている、丸森が森とあるごとく森が深いのである。ただ杉林にはなる
そういう森が現実にあるというときそこから詩でも思想も生まれてくる

飯館村に入る道はいくつもありそこは深い森を通ってゆくのである。
そこは深い影をなす道である。飯館村は森の国だった、70パーセントが森だったから除染もできないのである。
この辺の自然の魅力としては飯館村は欠かせないものとしてあった
もちろんその村が消失したとかはない、でもその村があまりにも変貌してしまった
メガソーラ場とか田んぼでも土が削りとられるとフレコンバックがつまれているとかで
森の国としての自然と融合した昔の村ではない
それはこの辺でも山の方はそうなっている

ただこのサンクチュアリーはかなり日本でも消失している、ただ北海道は全体的にまだ残っている、自分はそうした自然から詩を発想して書いてきた
それは相当な量になるがこれはその一部である。
芸術は都会からは生まれない、自然が最大の芸術品であり人工的な風景にばかり接していたら心は荒廃して安らぎもないのである。
だから飯館村とかは貴重な場だったし他に橲原(じさばら)村なども心の中に常に反映してきて安らぎを与えるのである。

確かにサンクチュアリーとなると観光資源にはなってもなかなか経済的効果がない
その経済的効果がないことに価値がないのかとなるそうではない
精神的な価値がある、自分が古代文明に魅力を感じるのは自然と結びついて文明が作られれてた、マヤ文明でもカンボジアのアンコールワットでもエジプト文明でもそうである。そこに神話が生まれるというとき自然と融合していた文明だからである。
現代文明はただ経済の規模の増大であり技術の発展だけを追求している

今からふりかえるとアニミズム的文明とかなるがそれも自然と深く一体化していたからそうなったのである。科学技術文明とはそうしたアニミズム文明とは正反対のものにある
でも自然から遊離しているから危険な文明ともなっていたのである。
アニミズム文明とはそれぞれの地域に生態系があり必然的に発生したものである。
もちろん偶像崇拝として拒否するべきものでも自然と切り離せない密着した生活していた人々にとってはそれは必然だったのである。

この辺では葉山(端山)信仰などは稲作と密接に関係していて生まれたのとにている、水の管理が必要でありそれが山に負っていたから生まれた
もし本当にそうした自然と一体化して生活していたら原発など拒否していたろう。
そういう生活が遅れているとかと見るのは現代文明からの見方でありそれが災いを生んだ
夏でも飯館村にゆく道は木蔭の道がつづき涼しい、ただ自転車でそこまで行くのが日射病になってから怖くなり行けない、でも心の中にいつも近くの自然は反映されているのである。

posted by 老鶯 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 飯館村

2017年07月04日

押しつけられた強制された人生 (それでみんな人生を後悔する)


押しつけられた強制された人生


(それでみんな人生を後悔する)


人間は生まれたときから何かおしつけられる、第一親からおしつてされる、何々しなければならない、勉強しなければならないとかいろいろなことをおしつけられる
それは必要なことであるからしかたがない、ただ人間は成長しても以前として何かを押しつけられたものとして生きる、親の押し付けが一番にある
親は別に必ずしも子供のことを思うというけど自分の対面や見栄のために子供に勉強でもおしつける、そもそも勉強とは何かといったら親の対面のために見栄のためにするものでもないのである。

子供にとって大人は何かを常におしつけるものとしてある
あなたのやたたいことをやりなさいという親などいないのである。
だから自分は親に関していい感情をいだいていない、ただあなたの思い通りにしないということが家族の中でありそうなったのである
一般的にこういうことせありえないことである。
医者の家に生まれるともう医者になりなさいという押しつけの中で育つことになる
医者になるしかないとまで人生のコースが決められる
そういう押しつけの中で生きることは相当な圧迫感になる

そもそも人間とは他者に対して絶えず何かをおしつける存在なのである。
年頃だから結婚しなさい、お嫁に行きなさい、就職しなさいとかもそうである。
それは別に本人のために言っているのではない、自分の体面のために言っていることが多い、確かにそういうことは社会的に必要であり否定できないしいいことである。
ただ押しつけられるということが何にでもこの世ではある

例えば働かない奴は生きている価値はないとか働いている人は言う、働かない人は泥棒は同じだ、他人の労働によって生きているからだ、そんな奴は許されないとなる
働くことを否定しているのではない、働くことが強制されておしつけられていることを問題にしている
この世の中で別に働くなくてもいいということがあっても生きがいのために働く人はいるボランティアがそうである。働かなければこの世が成り立たない、働かない人はこの世に生きる資格がないとまでなる
働けという押しつけ圧力がこの世で最大のものなのである

押し付けというときそもそも金がなければ暮らしていけないから金がないということは何かをおしつけられる、嫌な仕事でもしなければならない、だからみんな俺たちは奴隷なんだよ、社蓄なんだよと嘆いている
それは社会の最も大きな圧力、プレッシャーが働けということだからそうなる
でも不思議なのは金があれば親の遺産でもあれば働かなくてもいい人は必ずこの世には少数でもいる、その人は働くことを強制されないのである。
そういう身分の人はいる、でもそういう人に対しても働くことの強制がある
そもそも誰かが働いているということはプレッシャーになっているからだ。

この世に生きるというとき絶えず何かこうして他者のおしつけによって生きているのが普通である。宗教なども他者のおしつけである。カルト団体とか組織になるおしつけなのである。それは大きな押しつける力が働いてそうなっている
そのおしつける力は何なのか?別に本来の宗教の求道とかは全く関係ないのである。
政治的組織としてのおしつけなのである。

それは目に見えて社会で勢力をもっているものはみんな押し付けであり強制なのである。戦争だったみんなが戦争をしたいわげではなかった、もちろん戦争したい人たちもいたし戦争にロマンを感じる人はいるしそれはそれで否定はできない
戦争するなということもまた今や押しつけなのである。
戦争をするなという団体が組織化して行動すればおしつけになるのである。
だから右も左も団体化すれば押し付けなのである。
民主主義はただやむをえないものとして多数決で決める、その多数とは押し付けなのである。少数者は多数によって押しつけられるからである。

人間二人でも必ず双方のおしつけがある、双方の価値観のおしつけがある。
そこに対立が生じる、結婚でも対立が生じる、それは様々な押しつけの結果としてそうなる、何かをおしつけないものはいないしまた押しつけられないものはこの世にはない
そしてこの押しつける力が社会で最大限になるときどうなったのか?
ファシズムとなりナチスとかになる、誰ももう戦争を否定はできない
それは強力の圧力となり死が強制されるのである。
その時戦争するという押し付けが圧倒的になりもうその押しつけに逆らうことはできなくり逆らうと社会から殺されるとまでなる

自由を探求してゆく

あなたの思想でも存在でも他者からおしつけられて作られている

すると個としての自由な存在はない、なぜなら他者から押しつけられたものだかである。押しつけられたもの中で思想形成もしている、その本人の思想は何もないとなるからだ
現実にカルト宗教団体でも左翼系の団体でも右翼系の団体でもそれは強力な押しつけるも権力としてさえ強制するものである。
本当に自分の価値観と思想で行動するならいい、他者からの押しつけがあり行動しているすると結果的に右でも左でも操り人形にすぎないともなるのである。

あなたが行動を起すときそうした押しつけられたものではない
真に自主的なものとして自らその価値を知り思想をもって行動する
そうなればその行為は押しつけられたものではない
その行動の価値と意味はその時ゆるがいがないものとなる
ただ右だ左だとおしつけられるものとして行動していれはどっちにしろ操り人形だとなってしまう。

人間はいくら自由社会だといってもこうした押しつける力によって強いられ生きている
真に自由に生きるとしたら労働だって金のためとかにはならない、そこに費やす労働の真の価値を知って労働するのである。そこまで現代で労働していることに価値を見いだしている人はまれだろう。そこに人間の労働の荒廃がある
理不尽な労働が強いられるのは自ら選んだものではなく押しつけられた強制されたものだからである。
趣味のような畑をしている人はその労働は押しつけられたものではない、でも他人の家事手伝いはおしつけられたものだからしたくないのである。
実際はしなくもいいものだからその畑がつづけられている
でも実りはわずかでありそれで一人分の野菜もとれないのである。
でもその女性はその労働を嫌っていないのである。
ただその畑はマイナスの収入でしかない、普通だったらやめているが援助があってつづけいるのである。

結局人生をふりかえるときただ押しつけられた人生を生きているとどうなるのか?
その本人を生きたのかともなる、ただ押しつけられた人生がすべて悪いとはならない
見合い結婚して押しつけ結婚して幸福になっている人もいるからだ
ただ本当に生きるとは他人や組織の強制に生きるのではなく自主的な思想と意志と判断で生きることである
そうして生きた人は不満がないはずである。
不満があるのは他人の押し付けで強制された人生を生きたという人がほとんどだからである。俺は医者になりたくなかった、でも家が医者だから医者にさせられたのだ
別に医者になりたくてもなれないのが普通だから贅沢だとみる一面もある
ただ何でもあれそうして強制された生を生きると後で後悔する
俺は大芸術家に本当はなれたとかなんとか言ってもどうにもならない、人生は一回しかないからである。

そもそも99パーセントは押しつけられて人生を生きて自主的に選び判断して生きた人生はまれだろう。実際はでは自分と一体何を求めているのか?
それさえ良くわからないからそうなる、自分の才能すらわからない、だから才能を開花させた人もまれである。本当は自分にはもっと才能があったというのは本当でもでは自分の才能を追求した人はまれなのである。
こうして不本意な生に終わる人がこの世ではあまりにも多すぎるのである。
結果的にこの世の中はメタンガスのように不満のみが噴出して空気を汚しているのである
自然だと花でも花は自分の本然を余すことなく出して咲いて散ってゆく
そこに後悔はない、自然には人間界のように押しつけるものがないからだ
すでにどういう花として咲くか定められていてそのように確かに花開くのである。
人間にもそれぞれにこうした個性があり花開くのが理想だけどほとんどできていない
別にそれは才能がなければできないというのではない、自らさえ才能の発見が成されていないのである。

清浄の空気の高みに
清廉の花は開く
高峰を望み
夏の日ざしを受けて
本分を尽くして
花は神の御意にかない
天に向き咲き開く
そして天の園でも花は開く






2017年07月03日

なぜ疑心暗鬼になるのか? (犯人が特定できないから)


なぜ疑心暗鬼になるのか?


(犯人が特定できないから)


今回の自分の家で起きた侵入でも金庫が確かに閉まってあけられなくなっていたのに開いていた、このことは一番の謎である。金庫がこんな簡単に開けられるものかと思ったからだ、まず金庫は小さいものはほとんど役に立たない、自分のは小さな金庫だった
それにしてもこれも不可解なのである。

すると犯人は誰なのか?それも探り得ようがない、外部のものか内部のものか、一体誰なのか?一回内部のもの犯行であり手痛い目にあったがそれは犯人が疑いようもなくはっきりしていたのである。それで自分は津浪が来る前の半年以上その人に対して呪いつづけていたのである。
額が大きいからそうなった、その人に呪い続けたというときその人だと疑いようもなくはっきりしていたからである。
これも呪うというときはっきりと呪う対象が明確化されないとできないのである。
その後は自分はあきらめた。

今回のまた別だった、誰なのか皆目検討もつかない、そこが不気味なのである。
こうなると疑い内部のものへ、回りのものへとあらゆる人に疑いをもつようになってしまう。これもまた困ったものになる
そう疑われる人も嫌だろう、実際は関係ない人が多いからである。
そこでなぜ警察では犯人の逮捕急いだり犯人でないものまで犯人にしたてたりするのか?
それがわかった、市民に不安をもたらすからである。
誰が犯人かわからない、すると住民は不安にかられる、その不安が実際に相当広い範囲に広がる
もし犯人が特定されてそれが真犯人でなくてもつかまえると安心することがある
それは人間の心理なのである。

加計学園問題でも東京都が利権化されていたがそれが闇につつまれている、それも明らかにされないということが疑心暗鬼をもたら国民に都民に不信感をつのらせる、はっきりさせてくれとなる
それをしないから不信感がつのり結果的に選挙で大敗したりする
苦しくてもこういうことをしましたと党なりで明確化して謝罪するとかすれば安心はする
でもその時信頼を一挙に失うからしない、しないとまた疑心暗鬼になってゆく
そういうことが最近の問題にもあり常にあったことでもある

このことは良く世界を操っているのはロスチャイルドだとかなにか常に言われる陰謀論とにている、その正体が実際はわからないからだ。
本当に世界を操るほどの力があるのか?それもわからない。
だけどそれが根強く存在するのは犯人が特定できないことにある
すると人間の心理として誰かに特定のものがその犯人だとしたい心理が働いているのである。

疑心暗鬼の問題の深刻さは厚い雲となって社会をおおい晴れないことなのである。
暗雲となってたれこめて消えないのである。
もしその暗雲が晴れるとするとともかく誰かが犯人であり特定される
そしてその人を弾劾して死刑にしてでも罰すると何か安心して暗雲が晴れるとなる
だから犯罪というのは無数にあるし犯罪を犯さない人もいない

ただその犯罪がもたらす影響について考える人はいない、もちろんそんなことを考える余裕があるなら犯罪など犯さないのである。人のことなど考えられないから犯罪を犯すのである。そして犯罪に対して理解を深めるというときそれは犯罪を受けた人が犯罪でいろいろな被害が受けるわかるのである。
人間は何かこの世で事件があっても無関心である。それは自分とかかわならいからドラマのように見ているだけなのである。
病気にしたって自分が病気を経験していない限り他人の病気には無関心なのである。
ただ今回の自分の熱中症のように誰にでもなる可能性がありそのことを書いたら警戒する人がでてくる

いづれにしろ副島氏が実際に盗難の被害にあって考え方が変わったというときそうである今までは他人事だったがそうでなくなったのである。人間は理論上は理屈は言えるのだが体験から語るのとただ理屈として語るのは違ってくるのである。

元日弁連副会長の岡村勲弁護士(71)の自宅で、 
夫人の真苗さん=当時(63)=が訪れた男に殺された。 

犯人(66)は山一証券との株取引で損をし、 
そのうらみから同証券での交渉相手だった岡村弁護士宅を訪ね、 
応対に出た夫人を用意したナイフで刺し殺した。

岡村弁護士は犯罪の被害者になって初めて「司法と被害者の距離を実感した」という。 

ここで死刑廃止論者が死刑を望んだのである。死刑廃止というのは理論的には人道的でいいとかなる、でも自分の身にふりかかったとき全く違ったものになる
株の恨みも怖いものだと思った。

疑心暗鬼になるとみんな信用できなくなる、それが深刻なのである。
もし誰か特定されればそういうことはない、それは病気でもそうだろう、何か病名判断してこういう病気ですからこの薬を飲んでくださいというとき安心する
あなたの病気は何の病気かわかりません、一応この薬を飲んでくださいとなると安心できないのである。
これは明らかに人間の心理なのである。人間は心理的なものがかなり影響する
人間の心理を知れば営業などでもうまくいく、まず体が弱っているときは薬を売りやすいそれが効く効かないではなくその時とにかく何か処方されて安心したいという心理があるからだ

いづれにしろ疑心暗鬼状態は影響が大きい、側近でも回りでも信じられなくなるからである。だから国を攪乱するには内部からすると効果的である。
日本の国内には在日であれ中国系であれまぎれこんでいて日本を操作していると常に右の人がいうのもそのためだろう。マスコミはそういう操作するものとしてある
でもなんかそれも明確化されていないから疑心暗鬼になるのである。
スパイがまぎれこむとみんなスバイに思いこんでしまうのである。
そうして疑心暗鬼になることで戦国時代であれば一つの藩の結束が失われる
国でもそういうことが起きてくる、内部攪乱されることの怖さがある。


posted by 老鶯 at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部

2017年07月02日

hard joined mountains(接合した山)


hard joined mountains


mountchiou1.jpg
接合した山

darkcloudmmmm.jpg

bluemountainnn12345.jpg

sunsetmmmmmmmm1234567m899.jpg
タグ:山の変化

危険な老人の熱中症


危険な老人の熱中症



外出時は、体への負荷が高まることに加え、汗で水分が失われたり、日差しや熱の影響を受けやすくなったりします。服装を工夫する他、水分や休憩を十分とって体を守りましょう。


年齢別では 65歳以上の高齢者がもっとも多く
2013年では 27,828人で全体の47%を
占めています。

 熱射病など入院して治療が必要な重症 

 けいれん 意識障害 高体温 手足の運動障害など

 熱中症を疑った時には、死に直面した緊急事態であることをまず認識しなければなりません。重症の場合は救急隊を呼ぶことはもとより、現場ですぐに体を冷やし始めることが必要です。



今回は救急車を呼ぶような状態だった、痙攣があり吐き気があり全体の体の痛みがあった対処方法として体を冷やすことが大事とあったからクーラーの部屋に寝ていれば良かったのかもしれない、緊急の場合どうしていいかわからないで失敗する
その時インターネットが役に立つ、前もそうして病気の対処方法を見て助かったことがある
人間は緊急事態に弱いのである。緊急のときかえって間違った対処方法をすることも多いのである。
前にも何度か熱中症になったがこれほどひどくはなかった
体が高温になっていたことは確かである。

それにしても曇った日でも危険である。特に10時から2時は危険だある、その時曇っていたので外出していた、自分はしょっちゅう自転車で外出している
動くないでいられないからだ。
ただ今回の熱中症で自分も老人になったと思った
老化現象としての熱中症だったからだ

ただ自分は筋肉は弱っていない、それだけ運動しつづけているからだ。
なんかこれで老人の仲間入りしたという感覚になる
暑いときはまず外出ができないからだ
健康年齢が70才というときそれが当たっている
個人差はあってもそれが平均的に割り出されているからだ

ただ夏は老人は家にいても熱中症になる、だから相当に気をつけないといけない
家のなかでも暑い所がありそこが危険になる、クーラーとかなくて老人が死ぬというのはそのためである。

こうなると秋になるのがいい、秋だったら外出しても熱中症にはならないからだ
老人にとって夏は危険であり外出もできない状態になる
老人は今日本中どこでも暑くなっている、自分の住んでいる所は涼しい方である
だからそれほど気にしていなかったのである。
こう考えると老後は気候がいいところが向いている
ここは気候的に向いていたのである。
北海道がいいとしても冬があるから厳しすぎるからだ

熱中症の怖いのは死ぬこともあり後遺症でパーキンソン病になっている人もいるという
自分は胃が直らずに吐き気がする、だから結構危険なのが熱中症だったのである。



posted by 老鶯 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 老人福祉医療問題

2017年07月01日

空間的拡大の世界から時間軸の世界へ (時代の変化で日常も変わる)


空間的拡大の世界から時間軸の世界へ


(時代の変化で日常も変わる)


人間の思考でも志向でも歴史でも必ず空間軸と時間軸で展開されている
それは卑近な日常でもそうなのだ、人間の生活そのものが空間軸と時間軸で日々展開されている
まずどんな人でも空間の中を生きている、その空間も日々生活する場は市町村単位であり狭い、戦前から戦後十年までは自給自足的生活でその生活範囲は狭い
だから主に時間軸の生活が行われていた、農業とか林業は時間軸の生活である。
野菜が果物が実るのにも時間がかかる、それは木を植えて実りになるまで時間がかかる
「桃栗三年 柿八年」とかなるし木も育つまで50年とかかかる
農業とか林業は時間軸の生活なのである。

こういうことは一年間の生活でもすでに時間軸になる、いや10分でも時間軸になる
電車を待つ時間など待つ時間が時間軸なのである。
駅というのは一つの空間であるがスペースであるが待つというとき時間軸なのである。
その待っている時間が実は充実した時間になっていたのでそのことを書いてきた。
待つ時間が意外と記憶される時間なのである。
だから駅でも長く泊まっているとそこが記憶されるのである。
早く過ぎ去るから今は記憶されずにただ空間を過ぎ去るだけの時間となる

逢隈駅蝉なく声のひびきけりせわしげにのる人見つ待ちぬ

あそこで3分くらい電車交換のために待つ時間があり蝉の声がひびいていたのである。
前の新地駅ではここも電車交換で5分くらい待つ時間があった
そこで虫が鳴いていたのである。津浪のくる前はその前に海に面して新地の家並みがあった、その待つ時間が記憶される時間になっていたのである。

今日書いたコンビニで新聞の立ち読みのことでもそうである。


この人は時々新聞を買っている

一カ月の間に10回かっているときもあった

今は立ち読みしているが買うかもしれない

だから注意をしない方が良いかもしれない

なぜなら一回注意したら買わなくなるから


こういうふうに継続した見方ができないのがコンビニでありスーパーなどである

こういうふうに身近な所でも空間と時間軸の見方がある、そこには時間で積み重ねられたものがある、でも時間軸では見ていない、つまり現代は空間の拡大化した社会であり時間軸では見ていないのである。
そもそもグローバル社会というのもそうである。空間が世界的に拡大化した世界である。国内でも広域化した社会である。車社会になれば常にその空間を移動する社会になる
そのためにそもそもコンビニはその空間を結ぶものとして設置された
国道沿いに車の便宜のために作られたのである。
一つのネットワーク化された店である。それは空間的志向から生まれたのである。

だからなぜ時間軸の思考に志向に無頓着になるかというと空間志向から作られたものだからである。

カスタマーというとき習慣化しているというときそれが客になるというときそれは時間軸で見ているのである。一年間も通う、すでに5年間も通うとかなると時間軸としてその客を認識する、いつも来る客となる、そういう客をまず大事にするのは当然だとなる
だから京都では一元さんはお断りとなるのはそのためである。
時間軸から客をもてなしているのである。それはお得意さんの思考なのである。

現代は空間的拡大の社会だった、海外までも拡大化してゆく社会だった
そこで欠けたものは時間軸の思考である。
高齢化社会というときどうしても老人は空間的思考が苦手になる、第一老人は記憶に生きるというときすでに時間軸の思考が主になっている
青年は荒野を目指すなどというとき世界旅行とか空間を拡大する志向になる
老人は過去を回想することが仕事になる、それは時間軸に生きていることなのである。
時間軸で見るから深い見方もできる

これからの社会は空間拡大の社会から時間軸の社会になる、それは中世的な世界ともなるこういう時代は宗教とか哲学とか芸術文化の時代なのである。
それは歴史をみればわかる、日本でも大和王権国家の統一の時は蝦夷征服とか日本の国家が空間的に拡大した時なのである。その時唐とかの交流もあり奈良時代の文化が生まれた次に今度は狭い閉鎖的な都の宮殿での時間軸の文化に移行した
それが平安時代の国風文化になった。

世界史的にもそうである。歴史は絶えず空間を拡大するものとしてあった
大帝国は空間の拡大である、ローマ帝国でもそうである。「すべての道はローマに通ず」というときまさに空間の拡大の文明だった、そしてまた時間軸として300年とかつづいたものとして形成されたのである。
モンゴルとかはジンギスハーンの世界帝国はただ空間を拡大化しただけであり時間軸で形成されるものはなかった、遊牧民の社会は空間の拡大に向いていたのである。
砂漠と平原は道になった、そしてそこに商人が行き来した、商業が発達した
イスラムが商業の世界だというとき遊牧民の社会だったからである。
商業や貿易は空間の拡大であり大航海時代もそうだった、アメリカの西部へのフロンティア精神も空間の拡大から生まれたのである。

人間の歴史は常に空間の拡大の歴史だった、それと同時に時間軸で文化は形成されてきたのである。
そして20世紀はグローバル社会であり空間の拡大化をめざした社会である。
21世紀は時間軸の社会になる、その土地土地で耕す文化の時代になる
宗教や哲学や芸術や文化の時代になる、それが普通の社会生活にも及んでくる
コンビニとかは空間の拡大とともに車社会とともに生まれたものである。
だからその限界が見えてきた、車社会もまた飽和点に達してそれによって失われたものが見直されるようになる。
だから今まであったものがこれからあるとは限らないのである。
人間の社会は常に変化だからこそ無常なのである。
変化に対応できないものは滅びてゆくのである。

空間の大きさは三重だ
休みなくたえまなく
長さは伸びようとつとめる
とこまでも遠く、はてしなく広さはそそがれ
底しれず深さは沈みゆく

それらはきみに一つの姿を示している
きみが完成の姿を見たいと思うなら
休みなくきみも前進すべきだ
疲れてたちどまることを決してするな
世界を形成させたいなら
広さの中に己を展開することだ]本質の啓示を願うなら
深さの中へ降りてゆくことだ
粘り強い前進のみが目標に導き
己を充実させることのみが澄明にみちびき
底の底に宿っているのが心理なのだ

(シラー)





タグ:空間と時間
posted by 老鶯 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本(世界)文化文明論

2017年06月30日

日射病で痙攣 (すでに5、6回日射病になっている)


日射病で痙攣


(すでに5、6回日射病になっている)

今回の日射病はひどかった、痙攣したからである。体全体も痛くなった
ただ曇っているからたいしたことがないと出歩いていた
自分は一日自転車で相当に走る、近くでも何度も走っている
だから筋肉は弱っていないのである。

ただ体が弱くなったことはわかった、なぜ日射病になったのか?
汗が出なくなくなっているだ、それで汗をかいたら直ったのである。
老人は汗が出なくなる、代謝機能が弱ってくる
汗が出れば日射病になりにくいだろう
汗が出ない代謝機能が弱ることで老人は日射病になりやすいのである。

こういうふうになったのは二年前からくらいである。
それまではこんなふうにならなかったからである。
曇っていても紫外線が出ているし結構強いのである。
それで昼間は外を自転車で走っていて日射病になった

でも自分の場合は動きたいとなる、それが徒になった
なんらかの老化現象かもしれない、ただ若い人もなるから体質的なものかもしれない
自分はもともと暑さに弱かったからである。

ともかく以前としていろな難がつづく、老化するというとき体の難が起きてくるのが辛い自分は筋肉はそれほど弱っていない、絶えず自転車で動いていたからである。
ただ日ざしを受けると弱くなっている
そうなると日中は出れなくなる、すると運動不足にもなる

特に、乳幼児と高齢者は熱中症になりやすいとされています。汗腺が少なく汗が出にくいということに加え、体温調節機能が低下しているため体温が上昇しやすいからです。

こういうことはある、老人は熱中症になりやすいのである。
だから暑いときは危険になる、注意が必要である。

posted by 老鶯 at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 老人福祉医療問題

2017年06月29日

野馬追いの旗が飾られた


野馬追いの旗が飾られた

kashimassssst1.JPG

perpleflowers1.jpg

kashimast22222.JPG
これだけ場所をとっていると狭くなる



紫の色を深めて駅前の花壇の花や電車待つかな

駅前のタクシーと書いてある場所は駐車できない感じになる
でも花壇の方はほとんど駐車していない
今日聞いてみたらタクシー会社でJRからその場を買っていたのである。
金を払って駐車場を買っていた、そこはJRの土地だったからである。
そこの権利はタクシー会社にあった

でも他の車がタクシーと白線で囲ってあるからそこに駐車するの
を遠慮する、でもそこにはほとんどタクシー会社の車は止まらない
せいぜい一台とまればいい、客がないからだ。
でもタクシーと白線で囲っていれば知らない人はとめないのである。
別にあそこはとめてもいい場所だったのである。

なぜそのことを言うかとみんなあそこは駐車するには狭いからである。
あそこだけでも自由に利用されるようにしていればそれなりにスペースが広くなるからだでもあの線を消さないことには外から来た人は遠慮する、すると駐車場として狭い

野馬追いの旗が駅に飾られた、通りにも飾られた
駅に飾られたのは6年半くらいぶりである
それまで駅は開いていても相馬市までしか行けなかった、常磐線が開通したのは去年の12月だったからである。
野馬追いには駅に来る人もいる、だからにぎわうことがある。
その時は確かにタクシーも利用される
でもその他はほとんど花壇の前の駐車スペースは利用されないのである。

駅は何か待つ空間としてもある、その待つ空間が人間的なものを産み出す
それが時間軸のことを書いたが時間をもつということでただ移動するだけの時間ではない人間的時間を産み出しているのである。

コンビニの立ち読み(新聞)を注意された (コンビニやスーパーは御得意(おとくい)さんにならない)


コンビニの立ち読み(新聞)を注意された


(コンビニやスーパーは御得意(おとくい)さんにならない)


custumerrrr1.jpg



この人は時々新聞を買っている

一カ月の間に10回かっているときもあった

今は立ち読みしているが買うかもしれない

だから注意をしない方が良いかもしれない

なぜなら一回注意したら買わなくなるから

こういうふうに継続した見方ができないのがコンビニでありスーパーなどである

この「立ち読みお断り」システム、かえって売り上げダウンになっていませんか。

立ち読みさせろ」って言ってるのではありません。買う前にすでに買ってある本と重複してしまわないかどうか(単なる増刷版だったり、単行本→文庫化だったり)チェックしたいのです。

コンビニより先行して立ち読みをお断りを全面に出したことで売り上げが上がりました。


大体この店の雑誌コーナーには立ち読みはご遠慮くださいという注意書きもなかったんや
なのにこのクソ店員にわしの立ち読みを妨害する権利があるんかいな!
わしは客はやぞ、客が居心地よく買い物出来るようにするのが店員の役目やろうが!


コンビニでもスーパーでも量販店でも問題になるのはおとくいさんとか常連客とかになれないことにあるのだろう。ただ人は物を買う人でありその人がいくら買ってもおとくいさんではない特別の人ではない、ただ多く買えばそれで商品券などがもらえるとかだけである。

人間の歴史をみれるとき言葉を調べるといい

客というときcustumerでありカスタムは習慣のことである。習慣のように常時通ってくる人である。そういう人が客なのである。

前に十年間コンビニに通ってもパン一つ間違ってボケットに入れた犯罪者扱いにされたことがあった、つまりコンビニとかでもスーパーでも電気量販店でもお得意さんになることがない、ただ電気量販店ではカードでその人がどれだけ店から買っているかわかるから多くかっていると違った目で見るかもしれない

今日はセブンエレブンで新聞を日刊現代と日刊フジとかを立ち読みして注意された
新聞は読むのは禁止されているみたいだ、でも新聞でもどんな記事があるのかと見ることがある、自分は結構買っている、ニュース関係に興味があるし自分もプログで書いているからだ。今日は卵とパンも買っていたから何も買わないわけではなかった
新聞に関してはローソンでも注意されたから禁止されているのかもしれない。
ただ自分は時々買っているから買わないということはないのだ
その日によって記事を見て買っているのである。

何かこういう問題は現代の商店の問題がある、つまりいくら買ってもお得意さにならないコンビニでも外部の人がくるしコンビニの店員も変わる、でも田舎だと同じ人がいる
その人は前にもみかけたのである。
現代は今までの社会を見直す時代に来ているのだろう。
確かに便利なものを追求してきたしそれはそれでいいものであった
でもそこにも何か足りないものを感じるようになった、車社会も飽和点に達したとき車社会で失ったもの自覚するようになった。
人間社会というのは商売でも同じ形態がつづかないという
それはなぜなのか?人間の求めるものが時代によって違ってくるからだろ
一時代はそれで良かったのだがまた何か欠けたものを意識して見直される
豊かになれば便利なものを安いものだけを追求しても売れないとかなってくる

自分が新聞の立ち読みは禁止にしろ感じたことは一応時々新聞でも買っている
するとその人が何を買っているかを量販店のように見れるといいのである。
カードだとスーパーでもコンビニでも何を買ったとか買った履歴が出てきてわかる
それは通販ではしている、何を買ったかを履歴でわかりそしてその人にあったものをすすめる、でもこれもあくまでも対面ではない
ある人はしょっちゅうキクチスーパーに対して文句を言っている
店員の対応が良くないことをしきりに言うのである。
シシドスーパはいいといつでも言っている、よほどキクチスーパーの対応に不満だったのである。別に自分はそんなものだと思っているから感じない
女性は細かいことにこだわるからそうなるのかもしれない
でもこれもいくら買ってもお得さんにならないということに問題があった
店員にとってお得意さんなどない、店員もまた変わりやすいからである。
ただクレマーというのもいて店員だけ悪いということない場合がある
その人はクレマーの面もあったからだ

それで確かに武田邦彦氏の言うシャッター通りが回復するという、メーカーが量販店と同じ値段で店に売らせるというのだ、そうなると個人的にサービスを受けられる方がいいという人がでてくる、特に老人にはいいのである、老人は電気製品でも使い方などいろいろわからなくなっている、すると説明されたりどういうものを買ったらいいかなど相談できるからである、これもまた時代の変化でそうなってくる
スーパー、コンビニ、量販店などで欠けていたものが補えるからだ
そもそもスーパー、コンビニ、量販店でもいつまで続くとは限らないという人もいる
また新たなものに変わってゆく、その一つが通販が盛んになったことである。
またそれと同時に小さな個人商店も復活することもありうる、それは前のようなものではなく新たなものとなって復活する

ただ雑誌が見れないようにして紐でしばっているとかえって売れたというのも不思議である。あのようになれば自分は買わない、自分が買うときはどういう記事なのか、ある程度知らないと買わないからだ、それは本でもなんでもそうである。
田から新聞でも今日はどんな記事があるのかと買う時買わない時がある
ただ今回新聞は立ち読みが注意されたからもう買うか買わないとなると買わないとなる
別に買わなくてもいい方が多かったからそうなる
ともかく問題はその人がどういう客なのか10年間通っても関係ない、おとくいさんにカスタマーになれないことが問題にある
それは店の方でも客になる方でもいいとならない、双方にとって良くない
ただこれも時代でありそういう売る方と買う方両方に見直すものが生まれてきたのである
個人の仕様に従って作られる

(made according to the specifications of an individual)

これからの売る方と買う方の関係はこうなってゆくのではないか?
個々人に対応する売り方である。個々人の求めるものが多様化したからである。
例えは食堂に毎日のようにゆくとする、すると同じメニューではあきる、それで今日はあたのために一品違ったものをそえましたとかなるとうれしい、またあなたの要望によりつくりますとかなるとうれしい
ただそうなると作る方もめんどうになる、金もかかるとなるからむずかしい面はある
都会だといろいろオカズを用意するがそういう需要が田舎にはない
人が少ないからないのである。都会では老人様の食堂もできているからだ。

そうした多様性に答えるものとしてキーワードで調べるインターネットの情報システムに移行したというのもそうである。
実際はやはりインターネットで日刊新聞でも読む時代なのだろう。
ただそうなると月いくらと払わねばならない、他にも読むものがあるから金がかかりすぎるのか問題なのである。それでいくつもの雑誌を読めるというサービスが生まれたのも時代である。
ともかく時代は常に変わっているのである。その変化に対応できないと商売でも何でもうまくいかなくなる、その変化をなかなか読めないのである
だからいつまでも今までの商売の仕方が変わらないということはないのである。

シャッター通りの大変革!(武田邦彦プログ)
posted by 老鶯 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部

2017年06月28日

金庫が開き証書がなくなった謎 (泥棒のプロが入って来たのか?)


金庫が開き証書がなくなった謎


(泥棒のプロが入って来たのか?)


証書をとりごそうとしたらなかった、それはいつもの場所に置いてあいていたはずである他に置かない、何枚かあった、銀行の人が来たので出そうとしたがなくなっていた
それがなぜ忘れたのではないと自分で思ったのはダイヤル式の金庫が空いていたのであるダイヤル式の金庫は暗唱番号がわかなくなり閉めたままにしていたからである。
それを使わないで失敗したこともあった、そもそもダイヤル式の金庫は開けられないはずである、でもプロになれば開けられるのかもしれない、鍵屋だとできる
そういう機械があるからだ、ただその金庫には一銭の金も入っていなかった、書類もなにも入っていない空の金庫だった
今回は内部のものではない、第一金庫は開けられないからである。
外部のものだとすると物騒になっているとなる、ただ夜に入って来たとは思えない
それでも二階に寝ているとわからないということはある
証書は二階に置いていた、だからこれも謎である。どこか別な所に置いたとういことありうる
何か一人暮らしは物騒になる、不用心になる

別に今回は何の被害もない、小銭も盗まれてもいない、証書はめんどうでも再発行できるし通帳もあり印鑑もある、実際の被害はなにもなかった
だからなんとも不思議だとなる、第一証書をもっていても金を引き出すことは不可能だからである。ではどこか別な所に置いたのか?
そう思えないのはどうして金庫が開いてのかということである。
それで誰かかが物色したのかと思った
内部のものではないというときとてもダイヤル式の金庫は開けられないからである。

ただ一回も外には出かけていない、留守にしたことは昼間にあったが一日も外に泊まったりはしない、その間に戸を開け忘れたことはあった
それで入り安い面はあったがそこも謎である。
謎ではあるがプロが入ってきたとしか思えないのだ

別に被害がないから騒ぐこともない、ただ結局金は親族でもどんな人でも信用してまかせられないというのは本当だろう。

税理士も、親戚も旦那も妻も子供も信用してはいけない

「だまされるな」「警戒せよ」「用心せよ「「近寄って来た人間は信用するな」

税金恐怖政治が資産家を追い詰める(副島隆彦)

これが金に関してはこうなる、妻子でも信用できないのである。
タンス預金しているといつのまになくなるというとき家の者が使っているのである。
それが金というものなのである。だから万全の安全対策が必要である。
その安全対策をしていない人が悪いのである。自己責任になってしまうのである。
会社でも銀行だって横領事件が必ずある、だからこそ管理をする、調査することが義務なのである。信用するしないの問題ではないのである。

金に関しては人は信用できない、これは別に人を信用しないということではない、金がかかわるといくら信用ある人間でも別だと割り切るべきなのである。
いくら信用したって金に関してはそういうことが起きるからだ
今のように格差社会とか貧乏社会になると常に金は危険なものになる
これは覚悟してなけれはならない、副島氏も一千六百万相当が盗まれた
一千万くらい手元に置けと講演していたというから馬鹿だとなった
それも自分で経験している、タンス預金はするべきではない
盗難は巧妙になっている、仏壇の下に隠してもプロはわかる

そしてこんな有名な人でも警察はなにもしてくれなかったのである。本当に警察は何もしない、それが現実である。有名人でもそうなのだから普通の人は相手にもされない
そして昭和恐慌のとき(昭和5-8年)の時ものすごと泥棒が増えた、電気を夜もつけぱなしにしていたという、今もそういう時代にもどりつつあるというのは本当だろう
困窮している人たちが回りに増えれば必然的にそうなるのだ。
資産家にとっても格差社会や貧困化する社会はいいものではないのだ。
安心して寝ることすらできなくなるからだ。
資産家が高い塀で囲んでいるのもそうである。もう戦国時代のように要塞化でもしないと財産も守れないともなる、田舎でも困窮している人はいるし増えてくる

今は田舎も都会も同じようになっている、金に振り回されているのは同じだからである。資産家と小金もちは違う、この人は資産家だから被害も大きくなり不安も増大してゆく
監視カメラから金庫でも特大のものを用意するとか守るために苦労する
外国の資産家は警備員を雇っているからそうなる、日本ではいろいろなハイテクでも何でも利用して守るとなる
自分も今度は銀行の貸し金庫を利用することにした、いちいち出すのがめんどうでしなかった、なんとか整理できたから利用するようにする、金は妻子にもまかせることができないというとき別に一人暮らしだからではない、みんなそうなのである。
それが金というものなのである。

いづれにしろ自分は金の扱いとかわからないし大金を使うとかできない、そういう経験がないからだ、何か経験がないことをするのはめんどうなのである。
必ず失敗する、大金を使い慣れていなければ大金をもつと失敗することがある
日頃の習慣でそうなっているのだ。習慣の力は大きいのである。
いくら金が入ってたとしても金持ちのような生活はできないのである。
自分は資産家でもなんでもない、遺産でちょっと恵まれたというだけである。
でももっと困窮している人が増えていることで安心できない社会になったのである。

butudannnnnn1111.JPG

副島氏


posted by 老鶯 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部

責任は否が応でもとらされるのが人間 (金の多寡で責任の度合いも決まる資本主義社会)


責任は否が応でもとらされるのが人間

(金の多寡で責任の度合いも決まる資本主義社会)

●否が応でも」で、承知不承知に関わらず、何が何でも、という意味に用いられる

仕事や人間関係にトラブルが生じると、必ずといっていいほど始まるのが「責任の押し付け合い」です。誰がミスをしたのか、そもそも誰が責任をとるべきなのか、といったやりとりを見ると「責任なんて、背負いたくない」と思ってしまいますね。

自分が一度でもミスしてしまった場合、それがずっと自分の看護師としての人生についてまわります


ゴミみたいな給料で責任感持たせられてたまるかよ 
経営者が責任感の欠片も持ってないってのに


非正規は責任感が無い奴が多いよ 
実際、責任が無いからね 
要は投げやりなのよ

責任取らされたりするのが嫌で非正規選んでる人多いよ

非正規に責任はない 
正社員じゃないのだから会社の将来を考える必要もない 
やる気いらない、対価を稼ぐだけ 

派遣社員には責任感がない 
仕事に誇りを持って、その道を極める 
そういう日本人らしい労働姿勢こそが日本の誇りなんだよ 
責任感のない派遣社員増やしたの誰だよ

非正規は責任感ないっていうより、信用が出来ないから責任のある仕事は任されない。 
非正規採用である時点で会社から一線引かれてることに早く気付こう。

労働者側から見れば責任感やる気は対価に見合わないだろ。それがほしければ相当の対価を出せよ。



看護師とか医者はやはり厳しい、ミスを許されない職業だからそうなる
ミスしたら患者が死ぬこともあるから厳しいとなる
そのミスが一生つきまとうとなるのも厳しい
あの人はだめな人なのよとされてしまう。
それだけ責任をもたされている仕事だから待遇もそれなりのものになる


職業に貴賤はないというけどやはりそうして責任のある仕事と責任のない仕事に分けられる、掃除する人は多少汚れが残ってもそれが生死にはつながらないからだ
建築関係などでも手抜きしたりしたら本当は地震の時その結果が現れる
それは命にかかわってくる、タカタのエアバッグなどでもそうである。
その責任が問われて一兆円も損失となり倒産するようにもなる

例えば商品でも野菜でも安いならそんなものだろうとなる、高ければいいものでなければならない、電気製品でも三万のノートパソコンを通販で買ったけど壊れた、するとその値段だからそんなものだとなる、これが十万だったらあきらめることもできない
十万の責任がその商品にはあるとなるのが資本主義社会なのである。
値段によって責任の度合いが決められているのである。
家だって安ければそんなものだろうとなる、責任も問うこともできない
そのくらいしか払っていないのだからとなる

だから責任のある仕事にはそれ相応の地位と給料があってもしかたがないとなる
そうしないと本当はそんな重い責任の仕事を引き受けないともなる
非正規はそんな重い責任はとらないだろうしまかせられないともなる

ただ結局誰も責任から逃れられないようになっている、責任はまたカルマなのである。
その人が作り出したカルマなのである。そのカルマを果たすことが強いられる
そのカルマというときいろいろなものがある。
借金したということはすでにカルマを作ったことでありそれを他人に肩代わりできない
その人の家族のカルマとなってゆく、例えば子供をもつ人は持つ人で責任が生まれカルマをもつ、では持たない人は持たない人でカルマをもつ、身寄りがないとなるとそれも経験したように悲惨なことになる、それもカルマだった
ニートとか非正規とか責任ないからいいとなるが後で責任をとらされる
社会的に優遇されないし下流老人の最低限で生きていかなければならないとかなる
また金があっても身寄りがないとかなり苦しむ

要するに人間は生まれたことはカルマを背負うことなのである。生まれたこと自体責任を負わされているのである。子供が泣いて生まれてくるというときそのカルマを背負って生まれるからだともなる、
日本の国土に生まれたものは日本の国土のカルマを背負う、地震とか津浪が来るのもカルマだった、だからこいういう国土のカルマに原発は作るべきではなかった。

人間は責任をもてと言ってももちきれないこともある、裁判官などがそうである。
人が人を裁けるかとなったら裁けない、人は裁くなと神が言う時そうである。
それはあまりにも責任が重すぎるからである。
人を裁けるのは神しかないからそんな重い責任を負うことはできないのである。
最終的に責任をもっているのは神だともなる
なぜなら神は全能だから責任をもちうるからである。
人間は全能ではないから必ずミスがあり過ちがあるから責任がもちえないのである。

だから原発の「安全神話」などももろくも崩れ去ったのである。
そして誰も責任をとらないが責任を地元の住民は責任をとらされているのである。
責任は別に当人がとらされるとは限らない、事業に失敗すると家族でも親戚でも回りにその責任が及んでくるのである。だから事業は慎重にすべきであり回りの同意を得てやれともなる、失敗したら家族にその責任が回り親戚にも回ってくるからだ
それは原発ともにていたのである。
だから土地の所有者と県で許可するようなことをするべきではなかった
広範囲な住民との話し合いで対話してするべきものだったのである。
結果的には今や浪江の人でも他でも避難した人が住んでいるように広範囲なものとして
責任がとらされている、原発を作った町だけの問題ではなくなったからである。
もしそこだけで責任がとれればいいが回りにも波及しているからである。

posted by 老鶯 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部

2017年06月27日

復興住宅に移り住んだ浪江の人 (真野川の橋の上で話す)


復興住宅に移り住んだ浪江の人

(真野川の橋の上で話す)


復興住宅に住んだ人は日立木に行ったことがなっかのか?日立木という地名がわからなかったのである。日立木に行ったのだがその地名がでてこないのである。
近くの鹿島の地名などは出にくいと思っていた
地名は意外と原町でも相馬市でも狭い地域になるとなじみがないのである。
自分にしても浪江などわかりにくいのである、室原の場所が山の方だと錯覚していたのもそのためである。小高も浪江も実際はわかりにくいのである。

その人は請戸の出身だというとき請戸は港だけではない、広い土地がある。だから南相馬市立病院で同室だった人は10町の畑で野菜を作り昔の平に売っていて財を築いた、表彰されるような優秀な人だったので習いに来ていた人たちがいた
その人は農家の人で大工をしていたという、何か話がちんぷんかんぷんな所があった
大工とか肉体系の仕事の人にはそういうことがある。
小高の一人親方は話がうまいし庭作りもできたし何でもできた、商売さえできる
そのなんでもできることで仕事を広げすぎたということはある

その人はこの辺の事情を知るために車で回っている、人間は浪江となるとまた近くてもわからないことがある。
何か川が木で覆われているので気にして市役所に連絡して木を切ってくれと頼んだ
川が狭いし土手のすぐ近くだから氾濫することを恐れたのかもしれない
でも真野川はもう氾濫しない、洪水にはならない、河川改修したからである。
それまで二回水害にあったから危険な川だったのである。
ここで問題になるのが浪江の人は南相馬市の市民ではないことである。
税金も払っていない、するとそういう要求が市にできるのかとなる
これは避難民が他の市町村に住んだとき起きたことである。
二本松市に浪江の人たちが住む一画を作る町を作るというときもそうである
やはり税金の問題が生じる、税金を納めないとしたら権利もないとなるからだ
そういうふうに今回はいろいろな問題がこの辺では生じた
実際に近くに浪江の人が家建てたり住んでる、でもおそらく南相馬市民になっているのかどうかはわからない、浪江町民になっていて補償金がもらえているからである。

その人は農家であり大工していたという、それで近くに立派な入母屋作りの家のことを言っていたのはそのためだった、その家は大きくて目立つ古風な作りの家だからである。
それは一目見ただけで相当に金がかかっていることがわかる、建売住宅がほとんどなのにこれは違っている、その家は建築関係の仕事しているから金持ちだったのである。
ということは特別注文できる家だったとなる

その人が言うには土地が誰の土地でもなくなってが利用できないようなことを言っていた土地の持ち主が死んだので利用できない、死んだ時点で利用できないと言っていた
でもその土地を受け継ぐ人がいないということはそれは市町村のものになるのである。
身寄りのない人などの財産は遺産は市町村のものになるのである。
なぜその土地のことを言ったのかというとそういう土地が避難区域では増えているということである。誰の土地なのかわからない、権利を消失したような土地が増えている
死んだ人もいて誰の土地かわからなくなっているのである。

空家が増えたのもそうだが土地でも誰の土地かもわからないものが増えたためだろう。
今日のテレビでそうして所有者がわからない土地が九州くらいあるというから驚きであるこの辺では特に増えた、その理由はやはり少子高齢化とか土地が安いとか土地を維持する利益がなくなっている、それで土地を受け継ぐ意志がない人が増えたためだという。
避難区域になったところはまず土地の価値はほとんどなくなっている
ただそこが放射性物質の処理場になるとき価値が生まれる
定期的に収入が入るからである。だからそうした所有者のわからない土地はやがては市町村のものになり国のものなり放射性物質とか廃棄場にされる可能性が高いしまたソーラーパネル場にされやすいのである。または中国人にいつのまにか買われていたとかも起きている、それは北海道で顕著なのである。

tochiiiii11.JPG

土地に手をつけられないというとき土地所有者がわからなくなっているからだ
勝手に開発したりすると後でもめたりするからだ

そして明治以降土地の私的所有が認められて無数に細かく土地が分割されたのも問題だったのである。
それで開発するにしてもめんどうでできないという状態になったのである。

(所有権の取得時効)
第 162 条 二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
2 十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その
占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得す
る。

誰の所有かわからないで放っておくとそれは誰かが利用しているとその人のものになる
何かそういうことがこの辺では空家や空地だらけになっているのだからそういう問題が起きる、市町村とか国で利用しても文句言う人もいなくなる
そこで勝手に放射性廃棄場にされたりするのである。


それから浪江の町長は本宮に新しい家を建てたとか言っていた、浪江に住まないでそんな所に新しい家を建てるのはおかしいとか言っていた、飯館村の村長でも福島市にマンションを買ったとか言われ批判されたこともあった
ただこの前のNHKのテレビではそうではなく狭い借りた家に住んでいるとか写していた
しかしNHKでもそういうことは装うからわからない、実際は違っていてもそうなる場合があるからだ。確かに本宮に新しい家を建てて浪江の復興をするというのも変である。
そもそも浪江の復興は人が住まないとはじまらないからである。
イノシシが街の中を歩いているとかなっているからだ
ともかく小高でもそうだが人が住まないと荒れるだけなのである
だから帰るのは老人だけにしろ住むことから復興がはじまる、だからこれはおかしいというのもわかる、とにかく復興を考えると人が住まないとだめだと思う
老人でも人が住んでいる町と住まない町には相当に差がある
浪江は街中が人がほとんど住んでいないからだ

何か市長村長でもいろいろ言われるのはやむをえないだろう。それだけこれも責任が重くなっているからである
なんとか復興しようとするときその指導するものが別な地域に家を買って住んでいるのかとなると指導される方もやる気がなくなるだろう。
浪江の人はすぐ近くに家を建てたりして住んでいる
空家に住んだ人もいた、浪江の人は今は目立つようになった
ただ浪江は本当に街中に人が住んでいない、小高はまだ住んでいる人がいるからましだとなる、浪江の復興ははじまったばかりである、でもやはりこの復興は長期戦になる
だから確かに近くになれば浪江まで見に行けるから二本松とかとは違う状態になる
身近に感じるからである。
ボーリングして井戸を掘っているのは水が使えないためである。
この辺でも水は飲んでいる人は少ないだろう、自分も飲み水はペットボトルである。
洗濯するにしても水が使えないとなると苦しい、浪江だと山の方が高濃度に汚染されているからだ、だから住むような環境にまだなっていないのである。
そもそも少子高齢化で水道のインフラ維持に金がかかりすぎてもう維持できない自治体が増える
だから浪江とかになるともう水道のインフラを維持できない、他でも人口が極端に減少すると維持できなくなる
そしたら井戸を掘って自家用でまかなうという昔にもどるともなる
原発避難区域ではこうして少子高齢化とかの日本の未来の極端なものとしてあらゆるものが現れているのである。


いづれにしろこういう思わぬ状態になったとき上に立つ人の苦労も大変だと思う
今までは公務員は楽で収入がいいとか地方では言われねたまれたけどここではそういうことはない、それで公務員をやめたいという人がいるのもわかる
様々な問題があり事務処理でも増えるし過酷だとなってしまったからである。
何か外から援助に来た公務員が自殺したなどがあったからだ
それほど追い込まれたということでもあった。
要するに放射能でもなかなか消えないのだから復興は長期戦になる
でも長期戦になるなかで離脱してゆく人も多いし現実若い人は帰らないのである
時間がたつにつれて復興するより復興から遠のいて忘れられてゆくということもある
ただまだ浪江から近くに移り住んだ人は浪江が近くなのだから身近になり復興を考えるということはある、そういう点では近くに移り住む効果はあるとなる

災害のときの公務の業務量は3倍から5倍になります。震災の前から、公務員を削り続けて、普段でも業務を回すのはギリギリの状態でした

クレーム処理のために公務員が存在するような状況になって、どんどん、どんどん、メンタル不全など体調不良が多くなって仕事ができなくなってしまう公務員が増えてしまう

公務員は恵まれていると言われてきたけどこの辺では違う、やめたいとなるのもわかる
特に避難区域になった所はそうである。
クレームが多いということは震災地域では不満が多くなるしその不満の捌け口が公務員になっているからだ。
でも公務員とは気軽な仕事ではなくもともとそういう責任があった仕事だったのかもしれない、市町村民を守る仕事で責任が重いから優遇されていたとなる

つまりこれも今になるとその責任の重さを自覚されたのである。
公務員が倒産することはない、でも市町村自体が倒産の危機になる、そうなるとその責任も重くなってくるのである。その責任を引き受けるからこそ優遇されていたともなる
だから公務員は楽だからとして入って今になって苦しいから嫌だというのは勝手だという意見もあるだろう。
ともかくこの辺では様々な責任が問われたのである。
posted by 老鶯 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2017年06月26日

AI化と原発事故 (人間の判断も必ず誤るそして責任を問われる)


 AI化と原発事故

 (人間の判断も必ず誤るそして責任を問われる)


 AIの判断でも人間の判断でも必ず誤る、でもAIの判断は機会の判断はミスは責任が問われない、間違いましたとかで終わりである。人が死んでもそうである。
人が何万人とか死んでもAIの判断が間違っていても責任はとらない
責任をとるのはAIを作り操作する人間なのである。

医療関係では病院では医療ミスがさけられない、だからそのミスに備えている
人が医療ミスで死んでも責任が問われないようにしている
医者の責任はそれだけ重いから責任逃れをする体制を整えている
だから医療ミスがあってもたいがい病院が権力があるので逃れられるようになっている
医療ミスで死んでも裁判で勝ち目ないとなっている
それだけ医療ミスを恐れているからそういう体制をとっている

これを原発事故で考えると一旦事故が起きたらこれだけの重大な被害があり責任が問われる、でも原発事故では病院のように医療ミスが起こることを想定していない
「安全神話」が作られて事故は起きないとなっていたから病院のようにそうしたミスが起きたらどうするのかということは念頭になかったのである。

でもAIでも人間の判断は必ず誤る、ミスは起きる、これはどんな世界でも確実なのである確率的にも医療ミスでも交通事故でも飛行機でも工場でもなにかしらミスがあり事故が起きる、それはもうさけられないのである。
原発だけが事故が起きないなどありえないことだったのである。
でも事故が起きたらどうするのか?そういう対策は全くしていなかったのである。
なぜなら事故は起きない「安全神話」を作っていたからそれに備える必要がないからだ

これだけの被害にあったときその責任が70兆円も廃炉にかかるとかもう日本が傾くくらいの責任があった、となると原発を作るとき簡単にはできない
医者は医療ミスが起きても問われないようにしているから手術もできる
それだけ命にかかわるからそうしているのである。

ともかくAIが判断するにしても人間が判断するにしても必ず誤りがありミスがある
するとそのミスに備えることが不可欠なのである。
そのために保険をかけることもある。
でもなぜか原発はそういうことをしなかった、備えなかった
それは「安全神話」を作ったためにそうなったのである。
安全神話となればそれは宗教ともなる、信じるか信じないかになる
要するに事故のために備える必要をなくさせたのが安全神話だったのである。
それは政治とかマスコミとか科学者が一体となり作ったものだったのである。

そもそも原発は一旦事故が起きたらもう国が滅びるほどのものだからそれに備えることもできない、だからこそ安全神話が作られて行われた
それは戦争でも神国だから勝つというのではじめられた
負けることは想定しない、でも負けることもありうる、でもそれを想定しない
なぜなら神国だから勝つとなるからだ
だから負けたらどうなるのか戦争したらどうなるのか、その犠牲は甚大になるものを想定しないのである。
そういうことを想定したら戦争も原発もできないからである。

どんなことしたってAIであれ人間であれ判断は誤る、ミスはある

これこそ確実であるからこそもし戦争に負けたらどうするのか、その責任はどうするのかを考えねばならなくなる、現実に3百万人の死者の霊をどうするのか未だに議論されるのもそうである。その責任をどう果たすのかということが問われる
どこの墓でも戦死した墓があり階級が記されている、それは日本のために戦い死んだという誇りがあって当時は墓に記したのである。でも今それが誇りになっているかというとなっていないのである。

要するに何をしてもいい、でもその責任の重さを自覚してやるならいい、一旦事故が起きてもその責任とれるならいい、でもその責任がとれない、保証しないとなるとどうなるのか?AIだったら責任は問われない、人間は問われるのである。
戦争でなくても原発事故でなくてもAIが判断しても人間が決めるのだから人間は責任から逃れることができないのである。

だから人間の判断は誤る、ミスが起きる→それに備える

このことが必要であり保険が生まれる、もしそうしたことが備えもできないとしたら責任を負えないとしたらやるべきではないとなる
病院で死ぬのは社会的にその家族とか怒りになるだけかもしれない
でも戦争とか原発事故になると被害がその国土にも及び原発事故だと水も飲めない、土は汚染されて食料もその土地から得られなくなる、木材も使えないとか生活の基本になるのものが汚染されるから住めなくなるのである。
人は死んでいないと言っても人は住めなくなるのだからその被害は甚大なのである。
その責任をとれるのかと今になると問われる
もはや実際にその責任はとれないのである。元にもどるには何十年かかるとかそれよりプルトニウムの毒が放射線が消えるには二万年かかるとかなると住めなくなるほどの被害だったのである。

これからも日本で原発をつづけるというときこれだけの責任が負う覚悟でするのかと問われる、科学者は実際に原発にたずさわった学者は武田邦彦氏は今度は住民も原発を作らせるときその覚悟が必要だと言っている
この辺のようにもう故郷に住めなくなる覚悟で作らせて事故が起きたら今度は今回のような手厚い保証ないという覚悟でするべきだと言っている科学者がこういうのも無責任だが住民にもそういう覚悟で責任をとってもらうということなのである。
でもその責任の範囲は広範囲になるしさらなるもっと大きな被害になったら日本の国土が汚染されて住めなくなるのである。

つまり戦争の時のように日本国民がその責任を負わせられるのである。
その覚悟が国民にあって原発を継続するのかともなる
結局責任は戦争の時と同じように指導者は戦争をすると判断したものはとらない
国民がとらされるのである。3百万人の死がその責任だったのである。
国民自体がそういう重い責任があり覚悟しているのかとなる
責任が希薄だから戦争でも原発でもはじめる、でもその後に戦争に負ける、事故があり
その責任が国民にも回ってくるのである。

責任が比例して地位があり給料が高いのも仕方がない、それは責任ともなっているからである。政治家でも科学者でも官僚でも東電の幹部でもなんでも責任が重いから給料が高いのである。それは責任をとるということでそうしている
掃除している人とかいろいろな仕事があってもたいして責任がないものもある
銀行とか会社でも大金が横領すれることがしばしばある、でも責任はそれほどとらない
一方で百円盗んでも刑務所に入れられたりもする、江戸時代は五両盗んだら首が飛んだ
金の額でそうなっていたのである。
だから金をもっているだけでまた責任が問われる、遺産でもなんであいつはあんな金を親からもらえるのだとなり責任が問われる
実際に仕事でも10万で仕事させるのと20万で仕事をさせるとき20万の方が責任が重くなるもし五万で引き受けたとしたら何か手抜きとかまずいことがあっても5万なんだからしかたがないとなるのである。金の多寡によって資本主義社会では責任が問われているのである。

それで江戸時代の侍には庶民はなりたくなかった、侍は切腹して責任をとらされるからである。それを見ているから気楽な庶民の方がいいとなっていたのである。
いくら地位があっても嫌だとなるのが普通なのである。
現代ではそうした責任感覚が希薄になったがやはり以前として責任は必ず生じる
AIは責任をもたないが人間は責任をとらされるのである。
そこがAIと人間の根本的な相違だったともなる。

いづれにしろ人間には責任がつきまとっている、犬猫を飼うにも捨てないでちゃっと飼いとか言われるから簡単に飼いないともなる、発言するにもインターネットなどは責任がないとういけど何か読まれる数が増えると責任が出てくるとなる
それでマスコミでは大勢の人が見るから影響力が大きいからマスコミ自体が批判されるようになったのである。
報道するとか出版するとか何かを公にするとき責任が生まれる
ただ普通はそういうことはできないから発言もできないから発言できない人は責任もないとなっていたのである。

今になるとマスコミが批判されるのはそれだけ大勢の人に発言する権利をもっていたからである。マスコミはただの媒介するメデアではない、マスコミ自体が大衆を操作する洗脳するメデアだったのである。だからこそその責任が問われる
発言できないものは責任はないからである。
批判は自由である、でもまたそこに責任がともなってくるのである。
インターネットは責任がないという時代もあったがやはり責任を課せられるようになっている、発言する権利を得ればそれとともに責任も生じてくるのである。



posted by 老鶯 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

AIの判断と人間の判断 (データーの処理能力の相違なのか?)


AIの判断と人間の判断

(データーの処理能力の相違なのか?)


AI化はすでにコンピュターが生まれたときインターネットが生まれた時はじまっていたのである。コンピュターがインターネットが人工知能ではないか?
インターネットに接続して知識を吸収していることがすでにAI化した中に入っていることではないか?
インターネットは天文学的な膨大な情報がある、それも日々増加している
それは本の世界とも違う、ただ本でもインターネットのように検索可能にすると本の情報が利用しやすくなる、それも実際はできる

AIと人間の根本的な相違は情報の処理能力である。なぜ将棋でもむずかしいものがコンピュターにもう勝てないのか?それは人間の能力をはるかに超えた情報の処理能力だった
その譜面を記録しいるのが人間にはとても及ばないからだった
つまり人間の記録する記憶する能力はコンピュターと比べるとあまりにも小さいのである人間の記録する記憶する能力は非常に低いのである。

第一人間は忘れる、自分の書いたものも忘れる、それでプログでも何でも書いたものを記録したものを読んでこんなことを書いていたのと改めて発見しているのである。
人間ほど忘れやすいものはないのである。
旅行してもどこに行ったのかもわからなくなる、特に団体旅行だおしゃべりなどしていると回りの景色も心に残らないのである。
だから写真撮ったりメモすることも大事になる、そこから思い出す作業ができるからだ
つまり旅でも何か記憶していないと忘れて行ったということにもならないのである。
それで自分は旅を記憶したものを短歌や俳句や詩にしている、でも記憶していなければできない
でも時がたてばなんでも忘れることが人間の弱点なのである。

コンピュターの優れた面と人間の優れた面がAI化で浮き彫りにされる
例えば株式予想とか天気予報とか何かそうしたものは膨大なデーター処理することによって見えてくるものがある、何か予測するというとき過去のデーターが必要になる
ところが人間はその過去のデーターでも膨大であり一部しか目を通せない
その一部のもので判断するから誤るのである。

それは地震とか津浪でもそうである。その記録でも実際は膨大である、相馬地方でどのくらいの地震があったのか?江戸時代でもあったが小さいと忘れているしまた記録がわずかだからその記録から読み解くことがむずかしい
でもそうした過去の記録はあったが無視していたのである。

現代になると地震でも記録されるからその記録は膨大になる、そのデーターはもう人間では処理できない、大きな地震でも全国的になると震度5などいくらでも起きているからだそういうデーターを処理して予測することがコンピュターにできるようになるのか?
すでに株はAI化して予測している、その膨大な情報からチャートして図を形成すればわかりやすい、一秒感覚で売買して利ざやで稼いでいるいうから驚きである。
それは結局膨大なの情報の処理能力がコンピュターにあるからなのだ

それに比べるとあまりにも人間の情報能力は小さすぎるのである。
すると予測することも判断することも誤ることになる、そして人間の判断能力がAIより優れているとは限らないのである。
例えば戦争でもAIが判断したらアメリカと日本の国力とか総合的に膨大なの情報から判断したら負けるとでる、でも日本では人間が判断すると負けないとなる
その判断は人間だと政治力とか経済とか神がかりなものとか他にも恣意的に判断する
日本は神国だとなれば戦争にも負けないとして戦ったことでもわかる
それはカルト宗教団体ともにている、神の加護、仏の加護があるから負けない
そうして選挙運動している団体もあるからだ

何かそうして人間の判断は不思議に科学者でも非合理的な判断をする
おそらく科学者が科学的に合理的に判断すれば原発事故は起こらなかった
そこに政治的経済的判断が介入してきた、政治家は原発を作りたい、地元の人も金になる仕事が欲しいとして安全を無視する、それは科学的合理的判断ではない
一旦高く土盛りして原発を建てたのにわざわざ金がかかる経済的にコストがかかるとして土地を削った結果として津浪の被害にあった
高い所だと電源が下に置くからコストがかかったからである。
人間の判断にはそうした科学的ではないものが必ず入ってくる
そして「安全神話」が作られたというときもそうである。
それにはマスコミを加担して強力なものとなっていた、マスコミもまた判断を誤らせるこためにあった。

だから人間の判断がみんな正しいとは限らないのである。もちろんAIのコンピュターの判断も正しいとはならない、AIの判断に従ったら致命的なもの人類滅亡になるというのもありえないことではないからである。
ただ原発をAIが予測したらどうなったのか?
様々な見地から膨大な情報を駆使して判断したらどうなったのか?
まず日本だったら地震が多いから建てるべきではないと判断しているかもしれない。
人間の判断はそうはならない、政治的なものや経済的なものや他にいろいろな要素があり判断しているからである。

AIというより科学者が発明したものだから科学的思考が入っている
そして原発でも科学者が判断すれば事故にならなかったかもしれない、そこに政治的なものや経済的コストとか他の要素が入ってきて科学的に判断できなかった
それで湯川秀樹博士が原発を建てるというとき時期が早いと言っていたのはそのためである。現実にアメリカの旧式のお古のマーク1の原子炉を買わされていたから危険だったのである。そして日本ではまだ原発の技術が不十分だったからである。
だから日本では技術的に無理なのに政治的経済的なものでも判断してそれが事故につながった。

何かを判断するとき将棋だったら確実に膨大な譜面を記録してその情報から判断している駒一つどう動かすかの判断が膨大な情報からしている、すると人間が記録しているのは記憶しているのはわずかだから人間の判断は誤るとなる
それは将棋という限られたものゲームのなかだから解析されてもうコンピュターには勝てなくなったのである。
ただ判断をすべてコンピュターにゆだねることはできない
でも人間の判断も誤るとういことである。それが甚大な被害につながる、戦争でも300百万人死んだとか今回の原発事故とかなる、それは科学的な判断ではない
政治的経済的なもの神ががかりなものなどの判断が加わるからである。
また民主主義は大衆のファナテック(狂信的)なものが加わりナチスのようなものにもなってくる
そこではもう科学的合理的判断はできなくなり甚大な被害となる
もしかしたらAIだったらそんなあまりにも馬鹿げた恐ろしい戦争などするなと判断する
でも人間はそのAIの判断には従わないのである。


タグ:AI化 AIの判断
posted by 老鶯 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2017年06月25日

女性の人格障害はなぜなるのか?豊田真由子衆院議員(42)の暴言 (この世に人を選ぶほどむずかしいことはない)


女性の人格障害はなぜなるのか?豊田真由子衆院議員(42)の暴言


(この世に人を選ぶほどむずかしいことはない)


この女性に興味をもったのは異常な女性とかかわってひどめいにあったからである。
一人はおとなしい女性だと思っていた、ただ母親が三人変わったという特殊なことで影響したことはいえる、実際はだいだいその女性とは20年間とかかかわらないからその間に結婚もしたし変貌しているのが当然なのである。
まず人間関係は10年とかでも一年でも疎遠になると連絡がないと事情がわからなくなる
親族でもそうである。だから何が事件があったりすると連絡が来て困るのである。
「便りがないのはいい便り」になるのである。

その女性の異常はどこから生まれたのか?女性は環境の影響を男性より強く受けるかもしれない,女性の場合は育ちが大きく影響するものかもしれない。
いい家柄の女性はやはりいい女性になっているかもしれない
ただ貧乏な女性でも性格のいい人はいくらでもいるからわからない
あまりにも裕福だと高慢になってしまうだろう。人の苦労もわからなくなる
それは男性でも同じである。

女性は一般的に感情的であり理性的ではない、すると感情が制御できないのできれやすいとなる、認知症になると感情が制御できない、怒ると暴力になる、それは病気だったのである。ただ病気と正常はどこが違うのかともなる
もうこの女性は異常の領域に入っているとみんなも感じているからである。
この女性はただ学歴があっても人を使うことができない人だった
そもそも人を使うことほどむずかしいことはないのである。
自分も一人の女性をほんのわずかなことをしてもらうのにも大変であり雇いたくなくなったからである。自分には人を雇う能力などないからである。
またそういう身分でもないからである。

ただこういう女性でもいい面を発揮すれば女傑とかなっているのだ。
何かできる人間なのである。自分の身内はそうだった、過酷な戦争体験もしているし異常に強気だけど何かをできる、実行できる人間なのである。
だから確かに人を馬鹿にするということで共通性がある
でも人生経験があるから違ってもいる

女性はやはり上に立つのは向いていないという意見もわかる、感情的になるとか理性的合理的に考えられないとか何か女性は経営者などはに向いていないから政治家にも向いていないとなる、ただ女性でも男性的な女性は普通にいるから政治家でも女性の首相が世界でいることでもわかる、その辺は判断しにくい。

でもあの女性はおとなしと思っていたのにあんなに暴力的にまでなったのか?
それが良くわからない、何かよ抑圧されていたことはわかる、親におさえつけられていたこと育ちではそうだった
そういう家族環境の影響があり次に夫が問題だったかもしれない、何か夫がおとなしい女性的な夫に見えたのである。そういうことも影響したかもしれない。
その女性は別に金に困ったことはない、世間的に苦労したことはない
経済的に子供から恵まれていたのである。

ただ人間はどんな人でも人格異常性がある、勝気な人が悪いわけではない、そういう人は人に負けないような強い意志をもちなにかができる人である。
一方で内向きな人は極端になると人と接することもできないコミ障となり引きこもることになる、でも内面を追求する哲学者とか思想家とか芸術家には向いているとなる
人の性格を見ていると自分でもそうだがいい方面に性格が活かされれば別にいいわけである。勝気だったら政策でも強い意志でもって通すということができる
ただ悪い方向に向かうと異常になり人格障害になるのである。

要するに人間はバランスがいいことが大事なのである。内向きな人は極端化するとひきこもりになる、だからある程度は社会と交わる工夫が必要になる
外向きの人は人で感情をおさえるとか謙虚になるとか必要になる
そのバランスがとれないと異常人格にもなる
女性一般の問題として感情的になるということがあることは確かである。
感情が制御できない、それは理性とか合理的精神となる前頭葉が男性より弱いということにあるかもしれない。
感情は前頭葉でおさえる,その前頭葉の制御がきかなくなるとき感情はおさえられなくなる、それが病気となったのが認知症だったのである。

この前頭葉は、「辛抱を重ねる」ことで大きく育ちます。

「辛抱すればするほど、辛抱強くなる」ということです。

これもそうだがおそらく勝気な人はその性格をうまく活かされればいいのである。
内向きの人は辛抱強くなる、でも内向きの辛抱強いといっても勝気な人のように何か成す実行力がないのである。だから経営者とか政治家には向いていないのである。
つまり人間には向き不向きがありそれは性格そうなのである。
自分は内向きだから経営者とか政治家とか商売には向いていない、だから内向きの仕事につけばいいとなるが、この世にはその性格にあった仕事など与えられない
文系だと営業にまわされるとなるとそれは外交的な性格が外向きの性格がいいとなるからだ。それ故に自分は環境に恵まれて無職に終わったとういことである。

いづれにしろ人間学歴だけではとうにもならない、現実に人を使うとなると容易ではないそういうことを学校では教えてくれない、学業成績と人を使うことはまるで違ったものである。それができるのは何なのか?それが学歴だけではないということは確かなのであるだから学歴からだけ見て人を見ると失敗する
理系は何かそもそもそういう素養を積んでいるが文系の素養はわからないのである。
文系の学歴は何か具体的に社会で役にたつように見えないし現実にそうである。

ただ人間ほどわからないものはない、

「子曰く、後生畏るべし。いずくんぞ来者の今に如(し)かざるを知らんや」

 (孔子は言われた。私よりも後に生まれた者には畏れをもって接しなければいけない。将来、努力次第で今の私よりすぐれた人物になる可能性があるからだ)

若者は上の人から軽く見られる、それは師でもそうである。師は弟子を奴隷のようにさえみる、自分をもちあげるものとしてしか見ない、優れた上の人ならみんなそうである。
つまり弟子でも師を越えるような人を絶対望まないのである。
権力者でも下の者は自分の地位を脅かすものとして恐れている
こんな人がこんなふうになるのかなど師にもわからないから会社でも人を採用することは本当にむずかしいのである。だからこの女性を政治家にした採用した人も人を見る目がないとなるがそもそも人を見ることがむずかしいから学歴とかで見るのが楽だから当たり障りないからそうしているだけなのである。 

要するに現代は複雑な社会だから膨大な知識が要求される、すると人格的な面が見逃される、人格的には普通の人がいいものをもっている、今回の女性議員のような人はあまりいない、40代の人をみているが性格が素直だとかこんな女性はまれのようにも思える
ただ一人はこの女性とにていたし異常人格になっていたので女性でもなんでもいろいろな人がいるから一般的公式のようなものないから人間の判断は誤るのである。
posted by 老鶯 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

長野県南部 震度5強 (あらゆることに地歴の学問が基礎にあることを知るべし)


長野県南部 震度5強

(あらゆることに地歴の学問が基礎にあることを知るべし)

naganoearth111.jpg

巨大地震が連続して起きた慶長時代とにている

(東北と九州(熊本)に起こり今度は関東へ迫る恐怖)

今回の長野県の震度5強の地震は熊本からつづく中央構造線と関係あるのか?

図を見ればぴったりあっているから不気味だとなる

中央構造線
A4%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0%E7%B7%9A

何かある時地理感覚が大事になる、地図を見てもなかなかわからない場合がある
長野県というとき長野県の範囲はどの辺なのかというのもわかりにくい、県からイメージするのがわかりにくい、県は広いからわかりにくいともなる
ただ地理はどこでもわかりにくいのである。
自分は全国を隈なく旅したからある程度イメージできる

木曽町が震度5だったのというとき中山道の木曽町に泊まったこともあるからだ。
そして長野県というとき松本市から糸魚川の塩の道は有名でありここを歩いたことがあるそれで糸魚川が火事になったとき長野県の塩の道からイメージしたのである。
でもそこが新潟県だということはわからなかった
富山県との境だった、県からはなかなかイメージしにくいのである。


7世紀に成立した。成立時の範囲は、現在の岐阜県南部と長野県木曽郡
木曽は古代から長野県の中心部だった
ただ木曽というと中山道でありそこから尾張へ名古屋へ出る
名古屋というと信長であり接して美濃があり斎藤道三が有名になる
秀吉の一夜城は美濃国へ向かう途中にある
ここにも名古屋から自転車で行ったことがある、その時夕月が一夜城の上に出ていたのである。

夕月や美濃に接して一夜城

これもなんか不思議なの感覚だった、これも地理の感覚がわからないと実感しない場所だったのである。

そして長野県と接して山梨県がありここは甲斐であり武田信玄の騎馬軍団である。
それで飯田線を一両の電車が走っている、あそこも線としては長いが本当に人が乗らないのである。
長篠駅がありここで武田の騎馬軍団が信長の鉄砲隊により武田は負けた
その長篠から豊橋にでると東海道であり名古屋なのである。
ただここまで出るには飯田線は長いから時間がかかった、長野県には相当に辺鄙な所がある、だからここも山深いからわからない所がある、御岳山がありそこに玉滝村があるが
ここが震度5だったとある

地理を理解するにはまず地図を見てもわからない、やはり鉄道でも旅するのが一番だとなる、ある程度の輪郭がわかり実感するからである。
地理がわからないと歴史もわからないしまた地震があった、どこだとなりそれがどういう地点なのかもわかりにくい、木曽町辺りから震源地となり回りに拡大した
ただ長野県は山梨県とは違う、それも混同しやすいのである。
静岡県まで影響があったがそこは徳川家康の三河である。
尾張と三河は接している、このように地理は歴史的なものからもイメージしているのである。

地震と何の関係があるのかともなるがやはりその場所がどういう場所だったのか実感するには地理感覚が必要になる、それは地図を見てもわからないのである。
だから長野県と富山県や福井県のことがわかりにくいのである。
おそらく歴史的に信長とかには興味があるからそこから美濃とかをイメージして長野県もイメージしているのである。
それで地歴という造語は的を得ていた、地理と歴史は一体なのである。
それは地震のようなものでも関係してくる

東日本大震災でも太平洋岸が地理的に一体の地域だと地理的にも歴史的にも認識したのである。古代に多賀城がありその時同じように大被害がこの地帯にあった
貞観津浪でありそれは相馬市でも海岸から奥にボーリンド調査で津浪で運ばれた砂が発見されたのである。それは今回の津浪が来る前の7年前のことだったのである。
その時そのニュースに注目している人は少ない
相馬地方では津浪など来ないという確信までになっていて逃げない人がいたからである。それは老人に多かったのである。

地歴というとき長い時間感覚で見るものである、それが欠けたいたから今回のように備えることができなかったのである。
ただこれだけ自分が旅しても地理の感覚を養うことはむずかしい。東北とかだとある程度わかるにしてもそこから離れると地理的一体感がなくなるからだ
そして日本の地形は山が多いから余計にわかりにくいのである
福島県の地理を知ることだけで容易ではないのである。

いづれにしろ地理は地図を見ただけではわからない、立体地図を見てもわからない
その地を実際に歩まないとわからないのである。
土地の高低などもわかりにくいからである。電車だと土地の高低はわからないのである。車だと電車よりはわかるかもしれない、電車だと峠でもトンネルを通るから峠を越えるという感覚がなくなる、福島市に出る所に峠駅がある、そこで力餅というのも売っている
それは峠を越えるために売られていたのもである。
その峠を越えると福島市に出るからそこではある程度峠を感じたのである。
でも日本で地理を知るには山が多いから峠を実地に越えてみないとわかりにくいのである
この地理はあらゆる学問の基礎を成すものである。例えば官庁に勤めていて全国の市町村のことを知るためには単に数字として統計として知るだけではなく地理を知る必要が出てくる、将来消滅する市町村とかあるがそれもやはりその地理的な場所がどういう所か知る必要出てくる。それを一回も行ったことがないならイメージできないのである。
自分は全国を旅したからなんとか全国の市町村でも地理的にイメージできる
だからこの辺で除染とか工事関係で全国から来た人とちょっと話したときその場所がある程度イメージできるから話して通じることができたとなる

それは外国でも一回行った所はイメージしやすいのである。ベトナムかとかネバールとかは行ったからそれでイメージしやすい、スリランカは行っていなくてもインドに行ったからイメージする、ヒンズー教の寺院が多いことも知っているから共通点がある。
ドイツにも行った、そこでケルンに裁縫関係の人がソビエト連邦時代に8年間とかいたというときも話をあわすことができたのである。
ただ日本でも広いし地形が複雑だから地理を知ることは容易ではない、ましてや外国になるともうお手上げだとなる、それでも大雑把な所を知っていれば実際に行っているとイメージしやすいのである。

posted by 老鶯 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題の深層

2017年06月24日

南相馬市鹿島区建売住宅500万値下げ! (供給過剰な住宅?)


南相馬市鹿島区建売住宅500万値下げ!

(供給過剰な住宅?)
house11111.JPG


house222222.jpg

クリック拡大
house333333.JPG

house44444.JPG

house555555.JPG
また新しい住宅地がすぐ近くに作られている



とにかくこの辺を見ていると家が次々と建てられつづけたし今も建てられている
津浪とか原発事故で家を建てる人が多いことはわかる
外からも家を建てる人が多い、最近は畑に小高の人が家を建てるとかある
大東建託は今も建てているし15棟くらい建っている
なんか多すぎる感じがする、そんなに入る人がいるのかとなる

今日見たらフォレストホームの建売住宅が1900万になっていた
前は2400万とか2500万だった、同じような住宅である。
500万も下がったということはやはり供給過剰になって売れないのか?
こんなに値下げするのはなぜだろうとなる

日本は全国的に空家も膨大であり近くでも四軒くらい空家があるが入っていない
それももったいないと思う。
実際マンションでもアパートでも建て売りでも供給過剰になっていないか?
税金対策で無理やり大東建託などがアパート経営しても部屋が埋まらないで借金をかかえたとかある、近くでも大東建託のアパートを建てた人は一億円かかるという
それを15年でかえす計画だというが本当に成り立つのだろうか?
この辺で家が建つのは特殊な事情であるからだと思っていた
でもここももう家が建ちすぎるのではないか?

だから500万も値下げして売り出している、入る人がいないから安くして売り出す
500万となると大きい、2400万だと高いな見ていた
でも1900万となると安いと今では見る、建物は同じだからである。
これなら買うという人が出てくるようにも思える

何か今は家でもなんでも供給過剰の時代になっている
高度成長の耳朶はマイホーム時代であり売れたが今は少子高齢化になれば家もあまってくる、現実に空家が膨大にあまっているからだ

自分はビルとか土地関係の投資信託を銀行に頼んでいるがなかなか経済とか株でも理解できない、ただここは具体的にわかりやすいからピンときた
500万も下げるとということは土地の価値とか家の価値が下がっていることである。
この辺は一時土地の値段が三倍にもなったとか言われた
それだけ家を建てる人が増えたからである。今になるとそれも一段落して値下げになった土地の値段も下がったのかとなる

前は西町の区画された土地は70坪で700万円だった、でもいつまでたっても売れなかったのある。それをいつも見ていたからわかる、今やそこは新住宅街になっている
鹿島では高級住宅地がありこうした安い建売住宅地ができた
安い住宅地はやはり庭がとれない、窮屈なのである。
高級住宅地は庭が広いし家も大きいのである。値段的には三倍はしている感じになる
それだけの金持ちが建てている、船主が多いとか言われるが誰が住んでいるかわからないここには子供に聞いたら烏の人なのか住んでいる
津浪の被害にあった人も住んでいる、外部から来る人も住むのでその辺はわかりにくい。
部屋を見ると狭いようで広いとも思った。居間が15畳もあるし6畳の部屋が三つに八畳の部屋もある。だから狭いようで広いのである。子供をもっていても住める広さなのである市営住宅でも狭いように見えても中が意外と広いのである
だから家は外から見てはわかりにくいのである。

場所的には小学校は近いし駅も近いとあるが駅は歩いて10分くらはかかるだろう。
でも遠いとも言えない距離である。そういう点では便利である。
でも2400万とかで買った人は今は損したと思っているかもしれない
値段は時価だからこんなに変化するのも驚きである。
株だってこうして急に値下がりするから怖いのである。
これは身近だから具体的にわかりやすかったのである
なにしろ自分は毎日街を巡り歩いてるので気にかかるのである。



posted by 老鶯 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

なぜ復興がむずかしいのか? (Designの意味)


なぜ復興がむずかしいのか?

(Designの意味)


de-signでsignがドイツ語で存在するという意味でdeは否定する接頭語になるという解釈だ興味深い

この辺でなぜ復興がむずかしいのか?それはデザインすることの意味に通じている
今まで存在していたものがsignしていたものが消失した
避難解除されても街自体が空家だらけである。
つまりザイン(存在)していたものがなくなったからである。
ではその後どうするのかとなると街をどうデザインするのかとなるとお手上げだとなる
存在したものザインしたものがなくなった後にどうするのか?
それがDesign(デザイン)の意味だったのである。

浪江町とかでは廃炉作業員のための宿泊所のコンパクトシティにするとかある。
それは今まであったものがなくなる、ではどういう街をデザインするのかとなると
そうなったのである。
それは津浪の被害地でもそうである。
街が消失してその後にどんな街を作るのかとなるとき今までの発想では作れなくなったのである。デザインするとは今まであったものがなくなりその後にデザインすることであるだから復旧と復興は違う、復旧なら今まであったものと同じものを作ればいいとなる
でも復興となると新たに興す作業が必要になる、デザインすることが必要になる
だから復興がどこでもむずかしいのである。

つまり何もなくなった、この跡をどう活かすのかとなると今まであったものを復旧するのとは違うからとまどうのである。
人間の発想は今まであったものを基にして考える、それも必要だが歴史的継続としての復興もある、でもまたなんなにもなくなったときそこにデザインすることも必要になる
そもそもこのDesignという言語自体不思議である。
デザインとは今まであったものsign(存在)を否定することがデザインになっているからだ
ただ津浪であれ原発事故の被害地であれ現実にそういうことが起きているのだ。
今まであったものが存在したものザインしたものがなくなっているからだ。
そこに新たな街をデザインすることが要求されているからだ。

浪江町の駅前が壊されているというときそこに新たなものデザインする、それはどういうものになるのか?
復興とは前より良くなってみんな帰りたい住みたい街になることだというとき新地駅前は開発されてそうなった、人口も減少していないのである。
駅と駅前は新たにデザインされて復興したとなる

別に鹿島などは前より良くなっている、スーパーが一つ増えて古いスーパーも新しくなったとかツルハドラッグが二つできたとか最近新しいラーメン屋ができたとか
コモドインホテルができてランチが食べられるとか老人の施設ができたとか街には次々に新しい家が建ったとかある。
ただ津浪の被害地とか原発事故の避難区域になったところは今まであったものがなくなったからそこに新たな街を村をデザインすることが要求されているのである。


posted by 老鶯 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島原発事故関連

2017年06月23日

車社会を見直すとき (車は効率的な乗り物ではないー車社会の異常性に気づけ)


車社会を見直すとき

(車は効率的な乗り物ではないー車社会の異常性に気づけ)
carspace11.jpg

車を考えるとき車をもっていない人は車のことがわからないのである。
それで原町のモスバーガーが車のない人も入れることが二十年間わからずに大失敗だったいつも喫茶店を探していたがあの辺になかったがあったのである。
こういうことは車がない人にありうることなのだ、車社会になっているとき車のことがわからないのである。
だから車社会で車をもたない人は弱者になり一段と下のクラスに見られる、車もない貧乏なのかとみられる、そして金持ちは車の善し悪しで判断される、いい車をもっている人は金持ちである。
この辺で原発避難者は多額の補償金をもらった人がいてそういう人はいい車を買ったりしたからわかり反発を受けたのである。

車をもっていない人は車が社会でどう活用されているわからないのである。
ただ交通というとき鉄道が全盛の時代がありバスも活用されていた時代があり車社会になったのである。
車がなぜこれほど普及したのかそれは家からすぐに乗れて行動範囲が広がるからである。ただ車を見るとき車で見落としているのは盲点は車は空間占有率が高いことなのである。一軒車は小さいが意外と場所をとる、車は一台に一人しか乗らないことが多い
すると50人乗って移動するとどうなるか、50代の車が連なり百人になると百台も連なるのである。百台の車がつらなるとき道路をそれだけの場所をとる
だから渋滞にもなる、それで津浪のとき車が渋滞して被害になったのもわかる

誰でも車を日常的に使っていると何かあったとき車をまず利用しようとする、それは習慣なのである。自転車を足としている人は自転車を利用しようとするのである。
車は津浪から逃れるのにいいとみんな思っていた
ところが早いから逃げられると思ったが渋滞になって車が動けなくなったのである。
それは車がその時一度に百人も逃げるというとき百台にもなるからである。
それは道路を埋めて渋滞になったのである。
車は場所をとる乗り物なのである。例えは乗り物でもバイクとか自転車とかなるとそれほど場所をとらないのである。自転車だったら百台置けるところを車だと十台くらいしかおけないのである。それだけ場所をとるのが車である。
だから歩いて生活していた通りがシャッター通りになったりしたのは車社会になったからである。駐車するスペースがとれないからである。
道にとめて買物しているが危険にもなるからだ。

車社会を見直すというとき、車をなくすということではない、お前は電気もなにもない江戸時代に帰れとかいうとき電気をなくすことではない、車をなくすことではない
電車とかバスでももっと活用して車を減らすということである。
車は実際はエネルギー効率が相当に悪いし二酸化炭素も出している
エコな乗り物ではない、そして金がかかるということである。
車をもたないと生涯で二千万くらいかかるとも言われる
自分は車をもたなかったからそれだけたまったのかともなる
車に金がかかりそれで貧困化している日本では車をもつことは苦しくなっている
皮肉なことは都会は車なくても電車があるから暮らせる、田舎は車がないと暮らせないという矛盾がある、田舎では車は一人一台もっているのも贅沢だとなる

また高齢化社会で運転できなくる人が増えてくる、すると社会的弱者になり買物すらできなくなる、そういう買物難民がすでに増えている
車社会だから近くに店がない、みんな遠くにスーパーなどを作ったからである。
それも車社会が作り出したものなのである。
それが高齢化社会になったとき不利なものとして働くようになった。
高齢化社会はスロー社会だと暮らしやすい

盲人が電車に乗るのは停車時間が一分とか短いからである。それだけ時間も効率化したのはいいが障害者にとってはそのスピードに合わせられないのである。
それは高齢化社会になるとそうしたスピードに合わせることが苦痛になるし事故にもなる車社会が見直さなければならないというとき社会を歪(いびつ)にしてしまったことがあるからだ。街の中心部がシャッター通りになったり街としての機能を失ったとかである。
手押し車で買物も苦痛だという老人が街中にいた、近くに店がないからである。
だから高齢化社会は車社会を見直すのにはいいのである。
それは老人だけではないみんなにとって住み安くもなるのである。

例えば広域化社会とかグローバル社会とかも社会を歪にしてしまった。
そんなに遠くと関係して生活するということがいいことなのかどうかである。
基本的なものは地元でまかなうというのが人間的な生活になるからだ
そして足りないものは補うのがいいのである。
外部からのもので買ってばかりいることは豊かなことではない
ただそうはいっても矛盾しているのは自分は買物は地元の店ではしない
それは買物が毎日結構手間だからである。いくつもの店を回るのが手間になるからだ。
だからそういう矛盾は常にある。

車の一番の問題は何かというときそれが場所をとる、空間を占有する率が高い、実際に道路を毎日埋めて走っているのをみればわかる、それも日常の風景だけどよくよく考えてみれば異常な風景にもなる、車がない時代の人が見たらこれはなんなんだとなる
正常とか異常の感覚はとにかく慣れてしまえばそれが正常なのである。
何か異常と思えるのも社会に存在して慣れてしまえばそれが正常になるのだ。
その異常性に人間は気づかなくなるのだ。
車があって当然じゃないか、何を馬鹿言っているんだと実際なっているからだ。
車社会が正常なものであり車がないことは異常なのである。
戦争ばかりしていたら戦争状態が正常になり戦争がないことが異常にもなる

現代に何が正常なのか異常なのかわからなくなっている
それで異常なものにたやすく席巻されるのである。
それがカルト宗教団体とかであり他にも様々な異常なことがあっても気づかないのである車社会を見直すというときそういう異常性があるんだということを気づかない
車がこれだけあふれて空間を占有して金がかかりエネルギーを使い効率も悪いということを考えないのである。

この辺では原発事故で故郷が捨てられて空家だらけになった、その時異常の世界が映画のようにな世界になった、そして今までありふれたものが見直された
田舎の農家に通じる一本の道がアットホームに人のぬくもりを感じたというのもそうである、そんなの当たり前じゃないかとなるけど現実に人が住んでいない家がどうなるか
その異常な世界を見たとき今まであったありふれたものの価値が見直された
そのありふれたものの価値を見いだしていなかったからだ。

原発も異常なものだったが異常と認識できなかった、科学の時代に原子力があるのが普通である、先進国なら当然だとなっていた。だから原発が日本でこれだけ増えて危機感も感じないでいたのである。
人間は異常性に気づかないのである。車があるのは当然であり車がない社会は考えられない、でも車社会はもう飽和状態である、何か別な交通手段、今まである鉄道でも見直すときなことは確かである。路面電車などが見直されたのは実際に運行するようになったのはそのためである。ただそれも都会として規模が大きくないとできない
規模の小さい市町村では交通をとうするかが課題になっている
posted by 老鶯 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済社会問題の部